muromachi cafe 3+5@三越前

muromachi cafe 3+5@三越前
muromachi cafe 3+5@三越前
駅直結ビルの地下1階にあるカフェ。
地下といっても大きな吹き抜け空間があり、開放感のある店内。
木などの自然素材が多用されていて、落ち着いた雰囲気で居心地いいです。

今回は朝時間に利用。
注文したのは、モーニングセットB。
選べる朝食からはオープントーストをメインに、サラダ・スープ・コーヒーのセット。
なかなかのボリュームなうえに、味もしっかり。
朝から食べるには、十分な内容。
これが580円で食べられるとは、お得感いっぱいですね。

ちなみにドリンクのみだと200円。
店内は、出社前に新聞を読むなどしながら寛いでいる人がいっぱい。
納得なお店です★

| | TrackBack (0)

にくがとう@人形町

にくがとう@人形町
にくがとう@人形町
お肉さんありがとう!なお店の2階で、貸切肉会してきました。
個室感がハンパなく、冷蔵庫から勝手に飲み物を取り出すスタイルは、アットホーム感ありますね。

メニューは、5500円/人でおまかせに。今回のラインナップは
・前菜 自家製キムチとナムルの盛合せ
・刺身 ツラミ・ハツ・ハチノス・上ミノ
・握り カンボジア産粒生胡椒
・温菜 タンスジのブルゴーニュ風 ~エスカルゴバター~。
・焼肉(塩編)にくがとうの厚切り上タン
にくがとうのハツ タスマニア産粒マスタードで
・焼肉(たれ編)元祖イチボの一枚焼き すき焼き風 日本一のこだわり卵付き
        自家製手こねユッケバーグ
        和牛赤身ロック
        ロック飯 高知県産にこまる米
・箸休め 野菜サラダ
・焼肉(たれ編)にくがとうのカルボ
        マニアなタンスジ
        リードヴォー(仔牛胸腺)のバルサミコソース
・〆物 本んのコムタンスープ
    自家製トマトソースの冷製パスタ

焼肉は、お店の方が目の前で焼いてくれました。
さっと炙るだけのものなど、一番いい火加減で食べれるのは、嬉しいです。
そして、肉の数々!
食べてるときは気付かなかったけど、改めて見返すと、すごいですね。
もちろんクオリティも高く1日1組のみの利用で、これでこの値段とは、お得すぎです!

| | TrackBack (0)

来々軒@水天宮前

来々軒@水天宮前

来々軒@水天宮前

知らないと、入りにくい系なお店。
いや、知ってても入りにくいかも。
お店のおじさん含め、昭和レトロなテイストの店内は、時が止まったかのよう。
黒電話、シビレるなー!
でもよく見ると、エアコンが最新型だったり、冷蔵庫が新品だったり。
新陳代謝は、確かに行われているようです。

注文した玉子チャーハン(680円)は、強い火力でぱらっぱらに炒められています。
玉子のふんわり感がいい感じ。
塩と化学調味料とラードの、昭和テイストのシンプルな昔懐かしい味。
意外とクセになる味です。
添えられた、醤油味の中華スープも懐かしい味わいです。

チャーハンだけでもボリュームたっぷりなのに、勢いでギョーザ(520円)も注文。
町の中華屋さんって感じの、手作り感がいいです。
皮がモチモチしていて、ニラ入りのあんがしっかり。
見た目以上の満足感を得られます。

2階には宴会場なのか広い部屋なのかがあるらしく、お客さんがちょいちょい上がっていきます。
中には、タクシーで乗り付ける人まで!
意外と人気あるのかな?
こういうお店、いつまでもあり続けてほしいですね。

| | TrackBack (0)

ANDON@三越前

ANDON@三越前

ANDON@三越前

開店日、10月16日の夜に訪問。
おむすびスタンドですが、夜はお酒やつまみが出ます。
私も、おむすび食べに行くだけのつもりが、つい美味しいお酒に手が出てしまい…

秋田の日本酒「刈穂」「ゆきの美人」に合わせたのは、”ぼだっこ”という塩辛い鮭。
これが、お酒の進むこと!
一切れで、軽く1杯はいけちゃいます。
感覚でいうと、福井のへしこみたいな感じかな?

おむすびで使っているお米は、お店を立ち上げたオーナーが秋田で生産しているお米”トラ男米”。
海苔は、日本橋らしく山本山で。
ほどよく握られたやわらかさ、こだわりの塩加減、なかなかの美味しさです。
シメは、トラ男米による手作りきりたんぽ。これも美味。
思ってた以上に、美味しいお店でした。

内装にこだわりを持つ、リノベーション系の店舗。
単なるおむすびスタンドではなく、様々なイベントなどをしかけられる空間。
そして、東京と秋田をつなぐ拠点をも目指している、交流の場。
だからか、この夜は知らないお客さん同士で盛り上がった!
なかなか面白い場所です。
今後の展開に期待ですね!

| | TrackBack (0)

人形町らーめん いなせ

人形町らーめん いなせ

人形町らーめん いなせ

仕事帰りの晩ごはんに訪問。
飲みではなく食事となると、ラーメンとか中華屋とかになっちゃうんですよね。

注文したのは、ニラもやらーめん(620円)に味玉(100円)をトッピング。
しっかりした太めな麺は、なかなかの食べごたえ。
とんこつ醬油でこってりしたスープながら、思ってたほどしつこくない?
ニラ・もやし・ほうれん草が、いい具合にバランスとって中和してくれてるのでしょうか。
味玉もしっかり醬油味で、このスープとよく合います。

それにしても、メニューや名前が面白かったり、生ビールが290円とお得だったり。
お客さんもひっきりなしに訪れるものの、回転がいいからすぐ入れます。
人気なお店なんですね。

| | TrackBack (0)

汁なし担担麺ピリリ@水天宮前

汁なし担担麺ピリリ@水天宮前

汁なし担担麺ピリリ@水天宮前

おしゃれな雰囲気の担担麺専門店。
メニューは大きく「白胡麻」「黒胡麻」とわかれており、今回は黒ごま汁なし担担麺(880円)を注文。
辛さを選べるとのことで、辛めでの注文です。

運ばれてきて、まず真っ黒なビジュアルにビックリ。
そして、鼻をつく山椒の香りのインパクト。
シビレがかなり効いてるものの、これがいい刺激なんですよね。
一方で、辛めで注文したものの、辛さはそれほどでも。
もちろん辛さやシビレだけでなく、肉味噌の美味しさ、干しエビの旨味もしっかり。
なかなかの美味しさで、いい感じにまとまっています。

油そばのような感じなので、よく混ぜてから食べてね、とのこと。
でも、麺はねっちりと絡み付いていて、なかなか上手く混ぜることができません。
つーか、無理(笑)
美味しいんだけどねー…

| | TrackBack (0)

NIHONBASHI BREWERY@日本橋

NIHONBASHI BREWERY@日本橋
NIHONBASHI BREWERY@日本橋
クラフトビールが楽しめるお店。
お店オリジナルの「NIHONBASHI IPA」は、ポートランドのオーガニックブルワリーとの共同開発。
アルコール度数も高めで、じっくり美味しく飲めます。
他にも、世界各地のクラフトビールが楽しめ、ずらーっと並ぶタップが見てて楽しいです。
もちろん、ビールに合うつまみも揃っていて♡
リノベーションしたオフィスの1階にあり、お店の雰囲気も感じよくオシャレ。
気分いいです♪

| | TrackBack (0)

文明堂カフェ@三越前

文明堂カフェ@三越前

ちょっと前の話。
時間ができたので、お友達を呼び出してお茶の時間。
カステラを売っている店舗の奥に広がる落ち着いた空間は、完全に別世界。
この、ちょっと知る人ぞ知る展開って、ココロくすぐられますね。

いただいたのは、焼立て”三笠”パンケーキ~特製餡とホイップクリーム 抹茶アイス添え~。
見た目からして和風だなーと思ってたら、大正時代からの伝統の文明堂どら焼き”三笠山”の生地でつくっているのだとか。
カステラのような食感のパンケーキは、ベースが和菓子?だからか、餡との相性もなかなか。
見事な和風パンケーキに仕立てあがってます。
ホイップクリームが混ざると、レトロモダンな洋風になるのが、またおしゃれ。
そして、見た目にもまん丸で滑らかな形が見事、。
こんなに綺麗なパンケーキって、なかなか無いんじゃないかな。
伝統が、いい具合に現代風にアレンジされています。
日本橋って、こういうものが似合う街なんですよね♪

| | TrackBack (0)

利久庵 日本橋店

利久庵 日本橋店
2016年・大晦日の年越し蕎麦を食べに、こちらのお店へ。
回転がいいので、それほど待たずに入店できました。
店内は昔ながらの蕎麦屋さんといった感じで、お勘定場にその名残を感じます。

いただいたのは、大ざる(900円)。
更科っぽい上品な蕎麦で、細さがさらに上品さを演出。
それでもしっかりとした食感なのが、技なんでしょうね。
本物の蕎麦を使っているからこその、優しいヌメリがいい感じです。
辛めのつゆとの合わせは江戸風で、蕎麦湯で割って飲むのがいい味。
さらに、蕎麦の上の海苔が美味しいこと。日本橋ならではの粋だねーと思いつつ、
気分のいい年越しとなりました♪

| | TrackBack (0)

鰻 高嶋屋@三越前

鰻 高嶋屋@三越前
鰻 高嶋屋@三越前
日本橋の老舗鰻屋さん。
建物の構えもいい感じで、常連さんも多いとのこと。
お店の方とのやりとりなど、下町の老舗らしさを味わってきました。

最初の骨せんべいは、完全にからっと揚がっており、スナック菓子のようにクセになる味。
肝焼きは新鮮だから楽しめる、臭みが全くないしっかりしたもの。添えられた山椒の佃煮で酒が進みます。
ダシの効いたう巻きは、鰻の濃厚さとだし巻きのあっさりさが見事に融和。
白焼は本当にそのまんま焼いたもので、鰻そのものの美味しさ。自分ですりおろした山葵醤油でいただくと、これまた旨味が増すこと!
そしてメインの鰻重。ふわっふわな鰻の上品さと言ったら。タレもやさしい味で、鰻への味付けも一般的な蒲焼きにいく手前程度で、品があります。
肝吸いもいい香りだし、中の肝もふっくらプリプリだし。

日本橋の老舗の味、しっかりと堪能してきました!

| | TrackBack (0)