【武雄・熊本の旅・3日目その4】どんどん@水天宮前



帰りは一気に飛ばして(というより寝てて)、気付けばTCAT。晩ごはんたべに、TCAT横にあるセルフ式うどん屋さん”どんどん”へ。



閉店まであまり時間ないから、揚げ物のレパートリーは少ないなー。



注文したのは、しょうゆ・中・冷で。決して一等賞な味わいじゃないけど、これがほっとして落ち着くんですよね。



物足りないかな?と思って、海老かきあげも注文。アルコールに浸った胃袋には、適度な脂分が必要なのよ。

こうして、弾丸九州旅はおしまい。
前半と後半でノリが違うのも含めて、いろいろと楽しかった!
メンバーに恵まれたこともあるかな。
また行きたいなー!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【武雄・熊本の旅・3日目その3】ナチュランネ熊本 in 早川倉庫



黒川温泉を出ると、一気に熊本市内へ。レンタカーを返却して向かったのは、早川倉庫。



感じのいい倉庫ですが、イベント…?



そう、今日は”ナチュランネ熊本”というナチュラルワインのイベントに参加!



ミニライブのあと、会場のみんなで「乾杯!」



倉庫の中はこんな感じで、ワインを提供するブースが並んでます。



とにかく、どのブースもワインの種類が豊富で…次どれにするか迷っちゃいます。



そんな中の目玉は、県内唯一のワイナリー"熊本ワイン"による、デラウエアを使用した、亜硫酸無添加・瓶内一次発酵なナチュラルスパークリング。とにかく美味。



会場の雰囲気は、こんな感じ。それほど広くなく、だけど適度な密度で心地いい一体感があります。



外にはフードのコーナー。おつまみはこちらで。



海の幸のマリネを扱っていたお店(名前忘れちゃった)。おいしいタパスがあって、美味しいワインがあって。



いろんなワインいただいたな。楽しかった!
こうして遊びに行って熊本のワインを楽しむのも、熊本応援のやり方のひとつだと思ってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【武雄・熊本の旅・3日目その2】ふもと旅館の朝食@黒川温泉・熊本



朝ごはんは、割と普通なラインナップ…かと思いきや、野菜・果物・ヨーグルトを使ったスムージーを用意してくれてるのは嬉しいですね。



メインのお盆。品よくおかずが並んでます。



朝から湯豆腐って、何気に嬉しいですよね。
写真には撮らなかったみたいだけど、お米が美味しかった!これポイント高いです!



こうして、黒川温泉での滞在も、あっという間におしまい。
またリピートしなきゃって思っちゃいますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【武雄・熊本の旅・3日目その1】ふもと旅館の温泉@黒川温泉・熊本



翌朝、もちろん朝風呂へ入りに行きますよ!



目指すのは、川の反対側にあるお風呂。廊下のようですが、川を渡る橋になってます。



さ、露天風呂に行こっ



…と思ったけど、雨が結構降ってる。さすがにあきらめたほうがいいかな。



ということで、移動して内湯へ。もちろんこちらも十分に気持ちいいお湯です。それにしても、朝風呂っていいですよねー♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【武雄・熊本の旅・2日目その11】ふもと旅館の温泉@黒川温泉・熊本



ふもと旅館の特徴は、なんといってもお風呂。貸切のお風呂が、とにかくいっぱいあって、湯めぐり手形では入れない宿泊者専用のお風呂がいっぱいです。



空いてたら入るスタイルの貸切風呂なので、順番待ちに使うのか、足湯があります。



まず最初に入ったのは、野天風呂。石組みの湯船は広く、半露天になってます。



こんこんと注がれる温泉のお湯。これを貸切利用できるなんて、なんて贅沢!



こちらは、大きな岩をくりぬいた露天風呂。



一番人気な、たち湯。こちらの湯船、かなり大きいですよ。



湯船の底、左に行くにしたがって深くなっているの、わかるでしょうか。一番深いところで、1.5m。本当に立つように入浴します。手足を思いっきり伸ばせるから、気持ちいいんですよねー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【武雄・熊本の旅・2日目その10】ふもと旅館の夕食@黒川温泉・熊本



宿の夕食は、食事処で。



あらかじめ配膳されていたのは…広すぎてカメラにおさまらない!



馬刺し、見た目にもいい色してます。



脂のっててウマウマ♪



刺身こんにゃくは、舌触りがいい感じ。



滑らかな茶碗蒸しも。



小鉢盛りは、少しずついろんな味を楽しめるのが嬉しいです。



辛子蓮根とか、熊本らしいものも。



ここはビールでしょーということで、地ビールの「湯上り美人」で一杯。



そして、メインのあか牛ステーキ。



脂が甘いの!お肉が柔らかいの!とにかく美味しいの!



今度は、「湯上り美人」の黒ビールいただいちゃいました。



揚げたての天ぷらが出てきたら…



続いて揚げ胡麻豆腐。どれも美味しい!としか言いようがないくらいでシアワセです。



シメのご飯は、むかごごはん。



さらにシメにアイスとフルーツの盛り合わせ。贅沢すぎる晩ごはんでした★

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【武雄・熊本の旅・2日目その9】温泉街とパティスリー麓@黒川温泉・熊本



新明館からの帰り道…といってもほんの数分ですが、温泉街を散策。この小さな路地を中心に、温泉宿やお店が建ち並んでます。雨だから歩く人少ないけど、これも風情があっていいかも。



温泉街にある、黒川地蔵尊。きっと、温泉の中心に位置しているのでしょうね。



あ、浴衣で歩いている人がいる!私も浴衣なんだけどね。こういう雰囲気いいですよね。



こちらは、パティスリー麓というスイーツのお店。熊本・阿蘇の季節の素材等を使い、ロールケーキが人気なんだそう。



実際は、翌日の車の中で、塩こうじのシュークリームいただきました。



サクサクなシュー生地の上には、塩麹を使ったクッキー。カリッとした食感に仕上がってます。なめらかなカスタードクリームは濃厚ながら、甘すぎないのがポイント。これ、すごく美味しいです!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【武雄・熊本の旅・2日目その8】新明館@黒川温泉・熊本



黒川温泉は、温泉手形を持つと他の宿の露天風呂に入れるのが特徴。今回は新明館に行ってみました。



さきほど見えた、赤い橋を渡るみたいです。こういう場の変化・リズムっていいですよね。



お!日本秘湯を守る会の宿なんだ!



早速訪れたのは、岩戸の湯。



その名のとおり、岩肌の見える露天風呂!ただ建物が上にあり、川も柵で見えなくなっているので、ちょっと残念かな。



続いて訪れたのは、穴風呂。



中は本当に洞窟になってる!なんでも手掘りなのだとか。



結構奥行があって、迷路のようにぐるっと湯船が回っています。温泉のテーマパークみたいで面白い!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【武雄・熊本の旅・2日目その7】ふもと旅館@黒川温泉・熊本



途中買い出しをしつつ、車は一気に黒川温泉へ!今宵のお宿、ふもと旅館に到着。



メインストリートの細い道沿いに佇む、小さな旅館です。



エントランスには、温泉の湯気が出ている場所が。



この箱に顔をあてる…顔湯なんですって。



建物に入ると、小さなロビーとフロントが。



ちょっとした飾りつけが、感じのいいお宿です。



通された客室はちょっと狭めだったけど、自由に使えるマッサージチェアがあるから許す!



水回りなど、いろんなところが凝ったつくりになってます。



私の部屋じゃないけど、川沿いの部屋からは落ち着いた温泉街の様子が。



反対側は、ほとんど山!本当に山奥の小さな温泉街です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【武雄・熊本の旅・2日目その6】高森田楽の里@熊本



レンタカーを借りて、一気に高森町へ。向かったのは、森の中の一軒のレストラン” 高森田楽の里”。



大きな茅葺屋根の建物は、築年数200年以上なのだとか。



重厚なお店の入口。瓦がいいですよね。



店内の様子…というか建物内の様子。いくつかの囲炉裏を囲って食べるみたい。テンションあがる!



…かと思いきや、通されたのはこちらの別棟(汗)森との一体感があって、意外と気分いいんですけどね、



炭火を囲っての食事になります。注文したのは、小枝定食(1980円)。



最初にきたのは、生揚げ。アツアツで、素朴な美味しさ。



続く山菜の付出しは、干し椎茸、かぼちゃ、切り干し大根のにしめ、マスの三配酢〆、小ネギのぐるぐるとゆずこんにゃくの酢味噌添え。お酒欲しくなるけど、運転あるからガマン!



気がつくと、お店のおばちゃんが炭火のまわりに串を挿していました。じっくり炭火焼きです。



網の上では、牛小枝串を焼くところ。



炭火のまわりと上との共演。



まずは、最初に焼きあがった牛小枝串から。柔らかくて美味しい!ネギの甘みもいいね。



続いて豆腐。柚子味噌をつけていただきました。豆腐の芯までしっかり温まってて美味しいかも。



里芋には赤味噌をつけて。ホクホクした食感が嬉しいですね。



最後に、きび飯とだご汁。



だご汁、野菜がいっぱいで過度な味付けしてないから、素材そのものの味わいです。



そうそう、やまめが最後に焼きあがったので。炭火で塩焼きしたやまめって、どうしてこんなに美味しいんでしょう。



かなりお腹いっぱいで、きび飯食べれない…と思ったけど、焼きおにぎりにしたら食べれてしまうマジック!
のんびりおしゃべりしながら過ごしてたからマヒしてるけど、きっと、ものすごいボリューム食べてるような気がする!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧