【武雄・熊本の旅・1日目その3】ShinShin 博多デイトス店



福岡空港に到着後、そのまま地下鉄に乗って博多駅へ。向かったのは駅の商業施設にある”博多麺街道”



ランチに訪問したのは、人気ラーメン店ShinShin。



店内の厨房。さすがにここでスープは作ってないよね?



早めのお昼だけど、店内はお客さんでいっぱい!



注文したのは、ランチラーメン(600円)をかためで。塩気が強めなスープは、豚骨としてはさっぱり系。東京の人でも食べられる、あっさりした味わいです。



麺は、かなり細いです。ただでさえ細めな博多ラーメンでも、さらに細いほうじゃないかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【熊本県小国町フィールドワーク】まとめ

00
日本の森林の恵みを、日常生活でも取り込む勉強会。
都市にいるだけではわからない、
資源としての森林保全から加工・活用事例までの流れを、
熊本県小国町にて実際に触れ、学んできました。

01
【1日目】
羽田空港→熊本へ
ぴらみっと
小国杉の競り体験
小国杉アロマ抽出工房
小国杉の枝打ち体験
小国杉伐倒
製材所見学
小国ドーム
杖立温泉 白水荘
杖立温泉 温泉街(その1)
杖立温泉 温泉街(その2)
杖立温泉 白水荘での宴会

02
【2日目】
杖立温泉 白水荘の朝ごはん
鍋ヶ滝
一目山
わいた温泉郷
地熱乾燥施設
ゆけむり茶屋
道の駅小国 ゆうステーション
松石庵
大観峰
いきなりステーキ@熊本空港

| | TrackBack (0)

【熊本県小国町の旅2日目その10】いきなりステーキ@熊本空港



そんなこんなで、熊本空港に到着。木の大屋根が特徴的なこの空港で、今回のフィールドワークは解散!



飛行機の時間までまったり…と思ってたら、遅延ですと!晩ごはんの時間が中途半端になっちゃうし、どうしよう…



仕方がないので、フードコートへ(笑)どれにしようか一瞬だけ迷ったけど、いきなりステーキへ。



基本スタンディングなこのお店も、フードコートということで、座って食べることができます。



大きなメニューには書かれていないのですが、注文口に掲示されているのは、あか牛のサーロイン。全国のいきなりステーキでも、ここ熊本空港のお店でしか扱っていない、ご当地ステーキです。



もちろん注文しましたよ。そしたら、奥から別の肉の塊を出してきて…



厚みが無いと美味しくないでしょ、ということで、ざくっと大きめにカット!



注文したのは200gなんですが、回りを落として大きさを調整。これって、贅沢な使い方じゃない?200gで3,600円と値は張りますが、あか牛だし、贅沢カットだし、文句ないです。



しばらくして、焼きあがったステーキ!専用ソースもあるけど、ここはやっぱり塩コショウでしよ!



焼き加減はレアで。もう、赤身のお肉がジューシーで…うまいっ!普段いきなりステーキには行かないけど、これは美味しいよ!最後の最後まで満喫した、熊本県小国町の週末フィールドワークでした♪



おなかいっぱいになったら、出発の時間。今回はソラシドエアの機材です。



機内のこのカラーリング、結構好きです。山で木々に囲まれてたから、かな?



CAさんの制服も、結構好きです♪



そして、座席間隔が意外とあるんですよね。エンタメ設備はありませんが、国内線ですから、この広さがあれば十分です。



もう夕日が沈もうとしているころ。



離陸してしばらくすると、熊本市街が見えてきました。向こうに見えるのは島原半島かな?



快適なブランケットをかけて一眠りしていると、あっという間に羽田空港に到着。沖止めだったけど、飛行機のすぐ隣にタラップで降りるのって、なんか嬉しいですよね?
でも…あーもー帰ってきちゃった!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【熊本県小国町の旅2日目その9】大観峰



帰りがけ、阿蘇外輪山にある大観峰へ。これまで勉強の名のもと体験をしてきたから、これだけ観光地っぽい所に来たのは、今回の行程では初めてかも。駐車場には、車もバスもいっぱい停まってたよ。



お約束の記念碑。大観峰と書かれた石碑のようなもの、いっぱいありました。



駐車場から続く歩道をのんびり歩いていると…



歩道の終点から眺める阿蘇五岳の風景!これは確かにすごい!時間が無いから~って言ってたけど、これは立ち寄るべしですね。



外輪山もくっきり。



横をみると、パラグライダーの出発点が。



上昇気流にのって、空高くあがるパラグライダー。この景色を眺めながらは、気持ちいいんでしょうね。



後ろを振り返ると、遠くの山なみに風力発電機が!今日の午前中、あそこに行ったんだーって思うと、なんかすごいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【熊本県小国町の旅2日目その8】松石庵@道の駅小国 ゆうステーション



ついでに訪れたのは、道の駅小国に隣接する、松石庵というおまんじゅう屋さん。



立派な木の看板は小国杉…いや、杉材だったらこんな形じゃないよね?



おまんじゅう屋さんだけど、人気なのはソフトクリーム。フレーバーもカップも、何種類か用意されているよう。



いただいたのは、プレーンな小国ジャーシー牛乳100%の手作りソフトクリーム。アーモンドとバター風味のコーンは、このソフトにあわせて用意しているのだとか。濃厚だけどしつこくなく、程よい甘さでなかなかの美味しさでした~★

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【熊本県小国町の旅2日目その7】道の駅小国 ゆうステーション



勉強の時間が終わったら、あとは空港に向かいます。途中で立ち寄ったのは、道の駅小国 ゆうステーション。独特な形状の建物ですが…



こちらも、木造立体トラス構造。



ディテール、確かに小国杉が使われてます。



最後ということで、お土産物をこちらで購入。爆買いとまではいかないまでも、いっぱい買っちゃった♪



建物の外に出ると…線路!?



実はここ、旧国鉄宮原線の肥後小国駅跡地。だからステーションなんですね。



待ちきれずに食べたバターサンドは、小国ジャージー牛からできたバタークリームに、あんこが入ったもの。濃厚だけどしつこくなくて美味しい♪



帰りのバスの中では、タルトフロマージュを。小国ジャージー牛乳、九州産チーズクリームを使用し、カソナードのクッキーをのせて焼き上げたもの。甘さ控えめで、中しっとり表面サクサクの、食感の違いがまたいい感じです。一緒に飲んだ、阿蘇小国ジャージー牛乳のカフェ・オ・レも濃厚で美味しかったー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【熊本県小国町の旅2日目その6】ゆけむり茶屋



続いて訪れたのは、わいた温泉郷にある"ゆけむり茶屋"という食堂・温泉・土産物の複合施設。



建物の前の岩からも、湯気が噴き出しています。



建物の横には、勢いのある噴気を活用したかまどが。



この温泉の蒸気を利用したのが、今日のお昼ごはん。テーブルに並んでいる篭をあけると…



中には、温泉の蒸気で蒸し上げられた野菜や肉類がぎっしり。湿気とともに高温で一気に蒸されているからか、素材の甘さが際立ってて美味しい!蒸されてるだけに、しっとりとした感覚も見事で、かぼちゃやじゃがいものホクホクさ、鶏肉のホロホロさが見事です。お世辞抜きに美味しい料理だよ!



ちなみに、館内のお食事処はかなり広いです。



お土産物コーナーも充実。温泉熱で乾燥させた椎茸なんて、最高なダシが出るんでしょうね。



あ、昨夜見た伝承芝居のポスターが貼られてた!2日間に渡ってくり広げられるんですよね。



そして、猫は涼を求めて日陰でお昼寝…お邪魔だったね。



お昼ごはんの後は、ちょっとした講義を。楽しそうな「旅」って言ってるけど、これは立派なフィールドワークなのです!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【熊本県小国町の旅2日目その5】地熱乾燥施設



このわいた温泉郷では、地熱を利用した発電等も行われているそう。そして、比較的面積を占める大きな倉庫のような建物。



扉をあけると、どーんと木材が保管されています。



実はここ、単なる保管庫ではなく木材加工の前段階、乾燥の工程で温泉の熱を使う地熱乾燥施設なんです。



よく見ると、下にはパイプが何本か。この中を温泉が通っており、その熱で乾燥させています。時々水分を噴射することでじっくり乾燥させているらしいです。



一番上に挟みこんでいる木材の分だけ、乾燥して縮んだのだとか。地熱乾燥によるものは細胞が痛まないので強度も強く、構造材に用いられるのだとか。それだけでなく、燃料を使わないことから自然環境にも負荷をかけないのですって。大地の恵みってすごいわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【熊本県小国町の旅2日目その4】わいた温泉郷



続いて訪れたのは、わいた温泉郷。



いきなり、民家の間から湯煙があがってる!



のどかな田舎の風景ですが、違うのは温泉のパイプが川沿いに通っていること。



にしても、川にまで湯煙が出ているとは。



そして、住宅地からも湯煙が出ているとは!この建物は元々居酒屋だったらしいのですが、ある日突然目の前で温泉が噴き出し、危ないので営業停止になったのだとか。恐るべし温泉力。



畑からも、湯煙もくもく。



その畑をよく見ると、穴が開いててお湯が湧き出てる!ここは、大地が生きてます!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【熊本県小国町の旅2日目その3】一目山



車窓からは、水を張った状態の水田を多く見かけました。景色が映りこむ風景が見られるのも、この時期ならでは。



車は、一目山という山へと向かいます。途中、放牧地のゲートをくぐり、一般車の入れないエリアへ。道路上には、牛が嫌がるテキサスゲート(とここでも呼ぶのか?)が設置されてました。



あとは、ぐんぐん標高を上げていきます。なだらかな山の風景が見えてきたと思ったら…



どーんと開放感のある風景に。遠くに阿蘇五岳を眺める、一大パノラマです。



そして、風力発電の設備が見えてきました。



なんか牛がいっぱいいる!ということで、途中下車。標高1000mを越えているというこのエリア、ちょっと日本じゃないっぽい風景ですよ!



遠くに阿蘇を眺め、牛がのんびり過ごしている風景。これだけ視界がいいこと、そしてこの場所に牛がいるということ。これだけ条件が揃うのも珍しいらしく、地元の方も盛り上がってました!



風力発電と牛とのコラボショット。この場所だけでも、かなりのんびり過ごしてたかも。



風力発電のある場所から、真っ直ぐな道をさらに先へ進むと…



moreTreesの森という場所へ。坂本龍一が代表を務める同団体と小国町が共同で管理する森。



森のなかは手入れが行き届いて…ちょっと密集してるかな?それでも、光がちゃんと差し込む、管理された森です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧