【阿蘇旅・3日目その4】熊本→羽田(ANA機内食など)



阿蘇で過ごす時間はおしまい。羽田に向けて出発です。



ブリッジから少し離れると、遠くに阿蘇外輪山が見えた!



離陸直前。滑走路がのびる風景って好きです♪



安定飛行に入ったら、早速の機内食。アルコール飲めないから、せめてペリエでアルコール気分。



出し巻き玉子、ぶり照焼き、赤パプリカ甘酢漬け、春菊と大根の煮浸し、鯖の〆蒲鉾、椎茸肉詰めフライ、煮物、渋皮栗甘露煮。上品な味付けだけど、パターン化してるよな…なんて思うのは贅沢ですよね。



もう一品は、馬肉味噌ご飯に、阿蘇古高菜漬け。熊本らしい組合せだけど、肉味噌は言われないと馬肉ってわからないくらい馴染んでました。



食後には、コーヒーとお菓子で。このチョコ菓子、しっとりとして好きなんです。



途中まで曇ってた風景も、名古屋を過ぎたあたりから雲がきれてきて、浜名湖がくっきりと見えました。



御前崎から駿河湾をぐるーっと見たところ。



ちょっと遠くだけど、富士山と駿河湾。大瀬崎もしっかりわかります。



気付くと伊豆大島の上空。三原山の噴火口がくっきり見えました。



こうして、阿蘇の地形と温泉を訪ねる旅はおしまい。今度は、南阿蘇でゆっくりしたい!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【阿蘇旅・3日目その3】ANA LOUNGE@阿蘇熊本空港



セキュリティエリアに入って、とりあえずラウンジへ。



受付で、まさかいきなり団子をいただけるとは!



ラウンジ内で、お茶と一緒にいただくことに。



ちゃんと温めてくれてて、美味しいです。ここのは、お芋が中央にくるバージョンなんですね。



ラウンジ自体はそれほど広くないです。



ソファ席も、狭い空間にずらーっと並んでいる感じ。



ドリンクコーナー。ビールがあるのは嬉しいけど、車の運転が待っているのが辛い…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【阿蘇旅・3日目その3】阿蘇熊本空港




ゆったりとチェックアウトしたら、本当はもっと阿蘇で過ごしたかったけど、飛行機の都合で一気に熊本空港へ。



左側の白い部分が元々の建物、さらに外側を木でお化粧した格好になっていて、その間は大きな木の吹き抜け空間になってます。



空港内の浄水器も、くまモンだ!水道水だったとしても、水が美味しいです。



今回食べ損ねた熊本ラーメンは、お土産で購入。有名店のものですね。おうちで食べよっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【阿蘇旅・3日目その2】朝食@アーデンホテル阿蘇



朝ごはんは、昨夜と同じ食事会場で。



ビュッフェ方式ですが、素朴な食材が並んでいるのはちょっと嬉しいかも。



今朝のお皿は、こんな感じ。



自家牧場産のハムと、阿蘇の採れたて野菜たち。



温泉卵は嬉しいですよね。



食後には、自社牧場のジャージー乳牛よりつくられたヨーグルト。濃厚でコクがある味わいは、なかなかの美味しさでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【阿蘇旅・3日目その1】朝の風景@アーデンホテル阿蘇



朝風呂に行くために、ちょっと早起き。阿蘇中岳を臨む景色は、凛とした空気に包まれて気持ちよかったです。



明るくなってくると、外輪山のはじっこが目の前に!



ぐるーっと外輪山が囲む風景は、やはり独特ですね。



庭園の池に写りこむ空がいい感じ。



建物前、ちょっとだけ色づいていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【阿蘇旅・2日目その14】夕食@アーデンホテル阿蘇



お風呂のあとは、夕食の時間。今回は大広間での食事です。



温泉旅館らしく、最初に据えられているお膳。



お肉が見た目以上に美味しく思えたのは、お風呂上りだからでしょうか。



お約束のお刺身。こういう場所でお刺身って、無理して出さなくてもいいのにね。



あんかけ豆腐。薄めの味付けが好み。



辛子蓮根は必需品ですね。



馬刺しが出てくるところ、熊本って感じ。



茶碗蒸しが出てきて…



天ぷらが出てくる、典型的な温泉旅館の夕食の流れ。



最後は、ご飯と赤だしで。熊本って赤味噌なの?



デザートが出てきたら、夕食はおしまい。このヨーグルトは美味でした!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【阿蘇旅・2日目その13】大阿蘇火の山温泉@アーデンホテル阿蘇/どんどこ湯



こちらの宿、もちろん温泉です。部屋で落ち着いたら、早速お風呂へ。木に囲まれた脱衣室、凝ってます。



内湯は、温度の違う浴槽が2つ。源泉かけ流しの硫酸塩泉で、約50度のお湯が毎分553リットル、贅沢なお湯の使い方です。



白濁のお湯って、温泉って感じしますよね。



巨石が配置された露天風呂は、紅葉が浮かんで風流ではあったものの、外気が寒すぎるのか、ちょっとお湯の温度が低かった。気持ちよさそうなんだけどね。



ここの宿の特徴として、日帰り入浴施設「どんどこ湯」を併設していること。



渡り廊下を歩いていくと…



どんどこ湯の入口。結構大きいです。



館内には食事処も完備。高い天井って気持ちいいですよね。



館内は入浴客でいっぱいだったので、パンフレットの写真から。このような露天風呂がいくつかありました。こっちのお湯はちゃんと温かったから、ゆっくりくつろげましたよ♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【阿蘇旅・2日目その12】アーデンホテル阿蘇@阿蘇・赤水



暗くなる前に、今宵のお宿「アーデンホテル阿蘇」に到着。



今となってはレトロな雰囲気のフロント。



大きなソファが並ぶラウンジも、昔ながら。



でも、ここから眺める庭園は、感じいいんですよね。



庭園は思いのほか広さを感じましたが、もうちょっと明るい時間だと見事なんだろうな。



紅葉のピークは、ちょっと過ぎたかな。



片隅で飼っているウサギたち。



通された客室は、ベッドと畳の和洋室。



畳エリアがあると、落ち着くね。



テレビまわりだけ見ると、ビジネスホテルみたいだけど…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【阿蘇旅・2日目その11】旧洋裁女学校@一の宮町宮地



カフェでまったりしたあとは、旧洋裁女学校をのんびり散策。今でも色鮮やかな木造の校舎。



ぐるっと回って正面へ。



建物内に入ると、当時の廊下の様子が留められています。



振り返って、建物玄関の雰囲気。



広い教室は、アンティークの家具屋さんとして営業しています。



廊下との壁の上部、明かりとりのガラスがはめ込まれています。当時としては贅沢なつくり。



入口に戻って、お店の看板。洋風な看板がしっくりくる不思議さ。



敷地内では、豊富な湧水が溢れ出ています。



この湧水を使って、飲み物を冷やしています。



冷やされているのは、くまモンのソーダ!



この素朴な造りの建物は、何だったのでしょうね。



こちらの小屋では、雲海珈琲焙煎所がお店を構えています。小さなコーヒーロースターの淹れたてコーヒーを飲みたかったけど、この日は臨時休業。残念。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【阿蘇旅・2日目その10】カフェ ティアンティアン@一の宮町宮地



続いて向かったのは、阿蘇神社近くにあるカフェ ティアンティアン。150年前に建てられた旧洋裁女学校の建物をリノベーションしたお店です。



お店の黒板。



入口に、小さく置かれています。



かわいらしい看板も、軒下につけられています。



エントランスまわり。



一歩中に入っただけでも、アンティークな家具が。



店内は、とにかくおしゃれな昭和レトロ!天井が高い木造の建物、居心地いいです。



レースのカーテンに、夕方のやわらかい陽射し。ほっと落ち着く空間です。



窓から見えるのは、隣接する旧校舎の風景。これだけでもキュンキュンしちゃいます。



注文したオリジナルブレンドコーヒー(550円)は、酸味を抑えたコクのある深煎り。器がステキなだーって思ってたら、パリの蚤の市で買ってきたものなんですって。



一緒に注文したのは、フルーツのタルト。あまおうを使った、クリスマス仕様だそう。写真はケース内に入っていた、ホールの状態のもの。ステキでしょ?



ピースで持ってきてもらいました。卵やバターは使っていないとのことで、ブラウニーみたいな感じ。
そしてフルーツが美味しい!とくに、あまおうの甘さといったら、もうヤバいよ。
お店の雰囲気だけじゃなく、味もちゃんとしているステキなお店です。
ランチメニューも用意されていたから、機会あったらここで食事したいな♪







食後は、建物の中をふらふら。どこをとっても可愛すぎて、ヤバいです☆
お店の方とお話ししていたら、その時々で見せる表情が違っていて、常に新しい発見があるのだとか。
納得しすぎで、いつまでも居たくなります♡

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧