【インドネシア・カリマンタン島】

00

今回はmore treesさんの企画で、
オランウータンのリハビリプログラムをはじめ、
環境と生態・生活を取りまく熱帯の現状を見てきました。

01

【1日目】
ANA SUITE LOUNGE@羽田空港
ビジネスクラス@ANA
ジャカルタ スカルノハッタ国際空港
エアポートホテル@ジャカルタ国際空港
IMPERIAL KITCHEN & DIMSUM@ジャカルタ国際空港T2

02

【2日目】
ガルーダインドネシア航空 国内線ラウンジ@ジャカルタ国際空港
ガルーダインドネシア航空 ジャカルタ→バリクパパン
水上集落
サンボジャロッジ
オランウータンアイランド
夕食@サンボジャロッジ

03

【3日目】
朝食@サンボジャロッジ
記念植樹
昼食@サンボジャロッジ
ブラックリバークルーズ
夕食@サンボジャロッジ

04

【4日目】
朝食@サンボジャロッジ
ブキット バンキライ
キャノピーブリッジ@ブキット バンキライ
昼食@サンボジャロッジ
マレーグマ@サンボジャ・レスタリ
サンボジャロッジ
夕食@サンボジャロッジ

05

【5日目】
朝食@サンボジャロッジ
石炭の露天掘り跡地
パームプランテーション
BOS財団の森へ
昼食@サンボジャロッジ
ノボテル@バリクパパン
オーシャンズ@バリクパパン
バー@ノボテル・バリクパパン

06

【6日目】
朝食@ノボテル・バリクパパン
アンコタとオイルプラント@バリクパパン
マーケット@バリクパパン
ショッピングセンター@バリクパパン
お昼ごはん@SOLARIA・バリクパパン
スーパー@バリクパパン
国内線ラウンジ@バリクパパン空港
ガルーダインドネシア航空 バリクパパン→ジャカルタ
国際線ラウンジ@ジャカルタ・スカルノハッタ空港
ANAビジネスクラス ジャカルタ→羽田

| | TrackBack (0)

ANAビジネスクラス ジャカルタ→羽田(インドネシア・カリマンタン島6日目その10)



帰りのビジネスクラスは、既に夜仕様。テーブルには水が用意されています。



朝ごはんは事前に申請しておいて、適当な時間に起こしてもらうスタイル。私は、ちょっと遅めに起こしてもらうようお願い。



パジャマを用意してもらって、離陸前にトイレで着替え。これでリラックス機内モード。



離陸後、枝豆とサーモンのフォカッチャサンドと、野菜・果実ジュース。そんなに寝れる時間が長いわけじゃないから、ノンアルコールにしてみた。



ラウンジでもう少し食べたかった…ということで、寝る前に軽食でナシゴレンを注文。最後のインドネシアっぽい食事は、日本人にとって食べやすい味わい。



ナシゴレン食べながら見たのは、水曜どうでしょう。映画だと寝れなくなっちゃうからね。



ご飯食べ終えたら、歯を磨いてシートを倒して、おやすみモードに。



鹿児島近くまで来たところで起こしてもらって、朝ごはん。



鮹と胡瓜の酢の物 海老芝煮と、鴨ロース煮 カステラ玉子。



牛フィレ肉の照焼ソース餡とご飯。



そしてフルーツ。



まだ暗い機内で、食後のコーヒーで目覚ましモードに。



真夜中にはくっきり見えた星空も、夜が明けるころには、ひときわ輝いている星だけに。金星かな?



早朝の羽田空港に到着。こうして、長いようであっという間のインドネシア・カリマンタン島の旅はおしまい。
オランウータンを象徴とする自然保護活動を中心に、様々な自然の姿、保護の反対側でおきていること、地域における生活の営み、産業など、総合的に体感することができました。これだけ体系的に体感できたのは貴重な経験で、かなりお腹いっぱいです。普段の生活・仕事にも、少なからず影響することでしょう。
改めて、今回のツアーを企画・実施していただいたmore treesさん、現地のBOS財団、価値観を共有した参加者の皆さまには、感謝でいっぱいです!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国際線ラウンジ@ジャカルタ・スカルノハッタ空港(インドネシア・カリマンタン島6日目その9)



出国手続きを終えたら、とりあえずガルーダインドネシア航空のラウンジへ。





ながーい通路に、これまでのCAさんの制服がパネル展示。



ラウンジの受付。



とりあえずシャワー!汗かいたから、生き返った!



洗面台はシンプルな造り。



タオルは、シャワー利用時に新品を受け取り。



汗を流したら、ラウンジでゆったり。



…と思ってたのに、なにこれすごく混んでる。



カウンターもあるけど、アルコールは無さそう。





とりあえず晩ごはん♪



ノンアルコールは充実してます。



とりあえず、野菜とお肉のバランスをとって。



ヌードルバーでは、タイミングよくスタッフさんが作ってくれた。





なんだかよくわかんないけど、とりあえず鳥のダシが効いてて美味しかった。



そうこうしているうちに、搭乗時間近く。ラウンジからちょっと遠かったので、早めに後にすることに。



それにしても、出発ロビーも広いなー。お店も充実してるっぽい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ガルーダインドネシア航空 バリクパパン→ジャカルタ(インドネシア・カリマンタン島6日目その8)



そうこうしているうちに、搭乗時間に。
ボーディングブリッジが変更になってたけど、ラウンジの受付で教えていただいたので、迷わずに新しいスポットへ。



こちらは古いターミナルビル。今後はチャーター便などで使うのだとか。



ビジネスクラス、どれくらい値段違ったのかな?



すぐに上昇し、恐らくバリクパパンの上空。すごく大きな川。



コナンやってたので思わず見てしまった。時間がギリギリで全部見れるか…





機内食は、鶏肉といんげん。やはり辛いソースで。それにしても、いんげんポピュラーなのかな。



夕日が沈もうとしている頃。雲がいっぱいで、もうちょっと切れてるとよかったのに。



そうこうしているうちに、スカルノハッタ国際空港に到着。早い。コナン最後まで見たかった(泣)



帰りは沖止め。ちょっとテンションあがる。この後大雨だったから、ギリギリセーフ!



ガルーダインドネシア航空のCAさん。同じ便だったのか、違う便だったのか。



国際線乗り継ぎ前に、一度荷物をピックアップ。



ガルーダの上級会員だと、アライバルラウンジでいろんなサービスがあるらしい。



一度外に出て、エスカレーターで3階へ。広いフロアで、羽田行きの便にチェックインです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国内線ラウンジ@バリクパパン空港(インドネシア・カリマンタン島6日目その7)



お土産買ったら、ホテルに戻って荷物をピックアップ。
そのまま、バリクパパンの空港へ帰途につきました。



それにしても近代的で大きなターミナル…と思ってたら、最近新しくなったんですって。



ビジネスクラスは、ソファでゆったり座ってチェックイン。



制限エリアに入ると、オランウータンなどカリマンタンを象徴するディスプレイ。





搭乗時間まで時間あるので、ガルーダインドネシア航空の国内線ラウンジへ。



ゆったりした造りで、ゆったりした椅子が並びます。
利用者が少ないから、のんびり過ごせるのがいいです。







国内線ですが、フードメニューが充実。



お酒は出ないのでしょうけど、バーカウンターもあります。



お腹すいてなかったので、コーヒーのみながらくつろぎ時間。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スーパー@バリクパパン(インドネシア・カリマンタン島6日目その6)



最後、お土産購入がてらSC内のスーパー2ヶ所を訪問。
まずは、西友的スーパーから。





カラフルなポップが並ぶところ、棚が大きいところ、西友みたい。



レジが大きい!



金額がすごいことに!…って、日本円では大したことないんだけど。
西友的スーパーでも、エコバッグが普及してることに感心です。



こちらは、成城石井的スーパー。





フルーツなど、並んでいるものが違います。
まさか、富士などの林檎まで並んでいるとは!
ホクトのエリンギなんかもありましたよ。



ドリアンもしっかり並んでました。
どららもそうですけど、違う国のスーパーに立ち寄るのって楽しいですよね。



A&Wあった。やっぱルートビアなのかな。



ナニコレニホンゴ的パン屋さん。



メニュー、日本人絶対読まないって確信してますよね。
スカデマフィンって何??



女性服のフロア。





ブルカの専門店がずらーっと並んでました。
これも日本では見られない光景。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お昼ごはん@SOLARIA・バリクパパン(インドネシア・カリマンタン島6日目その5)



お昼ごはんどうしよう…とモール内を適当に歩いていて発見したお店。
ショップリストの中華を目指してたんだけど、どうやら地元系っぽい。







テラス席もあり、内装もわりとおしゃれな感じ。
こういうお店、日本にもありますよね。



メニューボード。ちゃんとハラル対応です。



ここでランチしたのは4名。
ということで4名で料理をシェアです。
野菜のスープは、優しい味わいでなかなかの美味しさ。



何かの麺は、鳥の甘辛あんかけソースでした。



ソーセージナシゴレンは、日本人なら美味しいっていう味。



ここまでは地元っぽいメニューですが、最後はお店の人イチオシのモッツァレラチキン。
モッツァレラチーズをチキンで挟んで揚げたものですが、これが美味。
普通に代官山あたりにありそうな感じ。
やっぱ地元の若者は、地元メシよりも西洋料理が人気なんですね。



一緒に頼んだ飲みものは、アイスレモネード。
一瞬迷ったけど、やっぱり氷が入ってて焦ったけど、そのまま飲んでもお腹壊さなかったです。
衛生的なお店だったから大丈夫なのかな?

全体的に、想定外にクオリティが高く美味しいお店でした。
もっとも、私たちにとってはリーズナブルに思えても、地元の人にとっては高いんでしょうね。
屋台だと、もっと安そうだし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ショッピングセンター@バリクパパン(インドネシア・カリマンタン島6日目その4)



道路をまたぐ貴重な横断歩道を渡って。



エネルギッシュな道路・風景が、眼下に広がります。



恐らくバリクパパンでも高級な部類のショッピングセンター。



入口にはセキュリティが。
中にはブランドショップが並びます。



旧正月と重なってることもあって、館内は春節モードです。



高級コンドミニアムが隣接するSC。



絶賛販売中のようです。
モデルルームの見学を進められたひともいましたが…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マーケット@バリクパパン(インドネシア・カリマンタン島6日目その3)



訪れたのは、民芸品などが扱われているマーケット。



狭い通路の両側にお店が並ぶさまは、上野のアメ横のよう。
実際、ここで商品を仕入れる業者さんもいるのだとか。



民芸品のお店は、1軒しかなかった。
剣とか吹き矢とか、絶対飛行機に持ち込めなさそう。









カラフルな女性用の衣料や雑貨が並びます。



路地のほっとスポット。





このゴールドは本物!?
お客さん割といたし、商品購入時になんかちゃんとした紙に書いてたけど…



リラックスした雰囲気の軍人さんも。お休みなのかな?



籠に入った鳥も。これは観賞用ですよね、きっと。



トカゲ!?



ドリアンも!



マーケットからの帰りもアンコタに乗って。
道路の反対側に渡るの、バイクや車がどんどんくるので、慣れないと結構こわい。



帰りは違うルートで…黄色いアンコタで。



車内も黄色だよ。
アンコタには、駐在など仕事で来ている人こそ、逆に乗らないんだろうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アンコタとオイルプラント@バリクパパン(インドネシア・カリマンタン島6日目その2)



ホテルをチェックアウトしたら、表の通りまで歩いて。
途中で見かけたのは幼稚園かな?カラフルです。



公園もトロピカルな感じ。



市内の移動は、地元の足ともいえるアンコタという相乗りバスで。
色と番号によって、行き先やルートが違うんですって。
今回は、青の6番に乗車。



地元の人と混ざって、狭いワゴン車に乗車。



車内も青色です。ドアは開けっぱなし。
特にバス停があるわけでなく、ドライバーはそれとなく停まり、
降りる場所でしっかり意思表示。
値段は均一らしいけど…インドネシア語ができないと、これひとりじゃ絶対乗れない。



小さな車体を活かしてか、生活道路のような狭い路地も進みます。
これがこのバスのルートのようで、市民の生活を垣間見るような感じ。
考えてみたら、車もタクシーもバイクも使わない人が利用するんだから、交通弱者のための足なんですよね。
貴重な経験です。





住宅街の小さな道を抜けると、車窓からは巨大なオイルプラントが見えてきました。
オイルで発展している都市の姿の一面ですね。
そういえば、昨夜のシーフードレストランでも掘削会社の日本人とお会いしたっけ。
この町で、日本人と出会うのは珍しいって言ってた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧