カフェ・デザール ピコ(Cafe des Art Pico)@門前仲町

カフェ・デザール ピコ(Cafe des Art Pico)@門前仲町
以前から気になっていたカフェ。
今でこそスペシャリティコーヒーを出すお店も増えてきましたが、
こちらでは、生豆を直接輸入し、その日の状況に応じて店内で焙煎しています。
メニューには、様々なオリジナルブレンドコーヒーやスペシャリティコーヒー。
もちろん豆の購入もできるとこのと。

いただいたのは、アジアンピコブレンド。
インドネシアのゴールデンマンデリンをベースとしつつも、
個性的な香りや苦味をブレンドによって飲みやすくしています。
そのせいか、あっさりしててマイルドながらも、コーヒーらしさを味わうことが。
スイーツとの組み合わせにぴったりですね☆

| | TrackBack (0)

まごころ厨房@門前仲町

まごころ厨房@門前仲町
木場にある有名ラーメン店の2号店が、隣の門前仲町にあります。
店内は狭く、カウンター席が6席程度。必然的に行列ができます。
それでも、事前に食券を買って渡すせいか、意外と回転は早いです。

いただいたのは、濃厚しおらーめん味玉(800円)。
スープは豚骨と鶏ガラを組み合わせたものに、昆布や煮干しなどでできたもの。
白菜やタマネギなどの野菜も入っています。
手作りの塩をベースとした味で、とろっとしている濃厚なスープ。
こってりとしつつも、鶏ガラや魚介のせいか、意外とさらっといただけます。
このバランスが、なかなかいい感じです。
そして、太めの麺にこのスープがよく絡むので、ラーメンとして美味しくいただけます♪

| | TrackBack (0)

はやふね食堂@清澄白河(森下)

はやふね食堂@清澄白河(森下)
元々労働者が多い地域の、昔からある大衆居酒屋。
夜の風景を見るたびに、いつも気になっていたのですが…
とうとうランチで訪問です。
ランチといっても定食があるわけでなく、夜と同じメニュー。
壁に貼られている短冊から、自分が食べたいものを選ぶシステム。
飲みたければ酒だし、食事にしたければご飯だし。

というわけで、さば塩焼、なす焼き、ご飯(並)、しじみ味噌汁をチョイス。
味は…うまい!
業務でやっているようなレストランとは違う、手作りの味。
おやじさんとおかみさんの愛情がしっかりと込められていることが、
口にしただけで伝わります。
湯飲みの比べてもわかるとおり、ボリュームも大。
それでいて、おしんこ30円からと、値段はリーズナブル。
このお店が支持されている理由が、よくわかります。

| | TrackBack (0)

ベッラ・ナポリ@清澄白河(森下)

ベッラ・ナポリ@清澄白河(森下)
清澄白河・森下両駅の中間にある、高橋商店街(のらくろーど)。
決して活気があるとは言えないこの商店街ですが、下町の名店とも言えるお店が数軒。
そのなかでも一際光るのが、このピザ屋さん。
東京で美味しいピザ屋は?と聞かれると必ず出てくるほどの有名店。
お店の名前が入ったタイル貼りのピザ釜は、ナポリから職人さんをよんで造ったそうです。

いろいろといただいたのですが、今回紹介するのはマルゲリータ(1500円)。
北海道白糠産モッツアレラ、バジル、パルメザンチーズをのせたもの。
ナポリ系のピザは、中のもちっとした食感が最高!
釜焼きならではのいい感じの焦げ目も芳ばしく、表面はかりっとしています。
この火加減が最高の状態です。
味のほうも、モッツアレラの塩気と旨味が十分に楽しめるもの。
いくらでも食べたくなるピッツァです☆

| | TrackBack (0)

ピッキ(PIZZERIA PICCHI)@門前仲町(清澄白河)

ピッキ(PIZZERIA PICCHI)@門前仲町(清澄白河)
東京都現代美術館からほどちかい場所にある、イタリアンのお店。
赤を基調としたスタイリッシュなお店で、テラス席も完備。
名前のとおり、ピザがメインのようですが、パスタも美味しいとか。
店内には大きなピザ窯があって、次々と焼きたてのピザがテーブルに運ばれてきます。

ランチでいただいたのは、サラダとピザのセット(900円)。
+100円でサラダを大盛りに、+200円でドリンクを追加しました。
大盛りのサラダは、本当に大盛り!食べ応え満点です。
そして肝心のピザは…サルモーネを注文。
サーモン、オリーブ、モッツァレラ、プチトマトがトッピングされています。
特にトマトソースがあるわけでもないので、生地とトッピングの味がそのままに。
それぞれの具材から出る塩気がい感じに交ざり、まさに塩味のピザ!
生地は表面が焦げるくらいになっているものの、表面はパリッ、中はしっとり。
バジルの香りもステキで、この素材だけで調和のとれた味わいが産まれるのは、奇跡のような存在。
美味しいです!

一応参考までに、ベーシックなマルゲリータもいただきました。
こちらのトマトソースはなかなかの味で、シンプルながらも奥の深い味わい。
ごまかしのきかない定番料理なだけに、その美味しさもなお一層です。
この値段でこれだけのものを出されちゃ、たまりませんよ!

食後には、エスプレッソできゅっとしめて。
やっぱりイタリアンの食後は、エスプレッソが似合います。
美味しい☆

| | TrackBack (0)

スプツニ子!@うさぎスマッシュ展(東京都現代美術館)

スプツニ子!@うさぎスマッシュ展(東京都現代美術館)
この展覧会は、外国人の作家さんによる展示がいっぱい。
見てる角度が違うから、受け取る側も楽しいです。
そんななか、唯一の知っている作家さんが!
他の作品とは隔離された空間での映像とインスタレーションの融合作品。
大胆な作品が話題を呼ぶスプツニ子!さんですが、
今回は、理系女子の持つ宇宙へのファンタジーな世界観。
スピーカーから流れるのは、ボリュームの大きな聞き慣れたミュージック!
こういう世界観も、現代社会の要素に対するアプローチとしてのデザインになるんですね。
そして、こうしたデザインも含まれるところが、この展覧会のキュレーションの面白さです!

| | TrackBack (0)

定食カフェ ラハン@清澄白河(森下)

定食カフェ ラハン@清澄白河(森下)
清澄白河と森下の間、森下公園の向かいにあります。
元々は違うカフェが営業していたのですが、最近新たに定食カフェとして開店したようです。
店内は木を中心とした、落ち着いた雰囲気。
窓の向こうには森下公園の緑が見えて、ほっとする空間です。

ランチでいただいたのは、照り焼きチキン アボカド豆腐ソース(800円)。
照り焼きチキンは、かなり醤油の味が濃い目。これ単体だと、ご飯が進んでしまいます。
そこで、アボカド豆腐ソースの登場。
アボカドそのままだと思い食感も、豆腐を一緒になることで、軽やかなソースに変身。
これが照り焼きチキンと合わさることで、味が全体的にマイルドになります。
和え物もみそ汁も、全体的にやさしい味。
食べ終わったあとの満足感がちゃんとあるランチです☆

| | TrackBack (0)

深田荘@清澄白河

深田荘@清澄白河
名前のとおり、元々は下宿のような建物。
それをリノベーションして、
1階はキッチンのついた多目的スペースとギャラリー、
2階は当時の雰囲気を活かした個室で、SPAや雑貨、ワークショップなどのお店が並びます。
この2階の廊下の雰囲気が最高。
当時の面影をそのまま活かしていて、どこか懐かしい感じ。
一から新しくしてしまうリノベーションもありますが、
こういう元々の良さを引き出している空間は大好きです☆

| | TrackBack (0)

アライズ コーヒーロースターズ(ARISE COFFEE ROASTERS)@清澄白河

アライズ コーヒーロースターズ(ARISE COFFEE ROASTERS)@清澄白河
お寺が集まるエリアにある、今年9月に開店したばかりのコーヒー屋さん。
狭い店内はウッディな内装で、コーヒー豆が並ぶカウンター、そして大きな焙煎器があります。
それほど広くないので、椅子はちょこっとだけ。
自家焙煎コーヒー豆の販売だけでなく、
お店でドリップしたコーヒーをいただくことができます。
この日は豆が7種類あり、好みを店主に言って選びます。
オーダーしたら、その場で豆を挽いて、丁寧にドリップ。
コーヒーが美味しいのはもちろんのこと、
豆の種類によって、味・苦味・香りが全く違うのが面白いです。
こだわりのコーヒーは、いわゆるスペシャリティコーヒー。
これが1杯350円という、超良心的な価格設定。
もちろんテイクアウトもできるのですが、ここは下町の狭い店内。
いつしか、店主、お客さんとの会話が弾みます。
こういう、人の距離の近いお店って、温もりが感じられて楽しいです♪

| | TrackBack (0)

こうかいぼう@門前仲町

こうかいぼう@門前仲町
かなり有名なラーメン屋さん。
いつも行列ができているのを横目に通り過ぎていましたが、
とうとう訪問してきました。
いただいたのは、一番ベーシックならーめん(600円)。
スープは豚骨、鶏ガラ、昆布、煮干し、鰹節などでとられたもの。
一見濃そうな感じですが、口に含むと思った以上にあっさり。
物足りないかな?と思いつつも、いただくうちに、スープの旨さ、奥深さが感じられます。
何度たべても、いつまで食べても飽きない味わいです。
チャーシューも脂分が少なく、あっさりしています。
メンマもなかなかの美味しさ。
全体的なバランスが非常にとれています。
行列ができる有名店なのも、納得の一品です。

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧