チーズのこえ@清澄白河

チーズのこえ@清澄白河

チーズのこえ@清澄白河

バレンタインデーの特別企画「チョコレートソフトクリーム」をいただきに訪問。
同じく清澄白河にある、bean to barのタブレットチョコをつくるアーティチョーク チョコレート(Artichoke chocolate)とのコラボレーションしたこのソフトクリーム、こだわりがとにかくすごい!
生産者からしっかりと届けられたカカオ豆を焙煎し、丁寧につぶしてつくったグレナダ産のチョコレート。
これを一度北海道の工房へ送り、チーズのこえで使っている北海道産の牛乳、砂糖だけをつかったソフトクリームにまぜあわせ、再び清澄白河の地へ。
保存料も乳化剤も冷凍もしていないピュアなソフトクリームは、期間限定なのはもちろん、数量も限定となっているそう。
ソフトクリームにトッピングされているのは、もちろんアーティチョークのチョコレート。
ビターなチョコレートと濃厚なソフトクリームとが合わさった大人な味は…もうシアワセとしか言いようのない味。
本当に、バレンタインの2月14日までの6日間期間限定なので、かなり貴重な体験ですよ♪

| | TrackBack (0)

LE DELIZIE DEL MONDO@清澄白河

LE DELIZIE DEL MONDO@清澄白河

LE DELIZIE DEL MONDO@清澄白河

比較的最近オープンして、気になってたお店。
やっと訪問することができました!
雰囲気のいい素敵な店内は、ご主人もDIYで作られたもので、
壁に飾られてる作品は、ご主人のお姉さんによる作品なのだとか。
ギャラリーで個展開いたり、絵本を出版されたりするほどの方だそうです。

ランチにいただいたのは、1500円のパスタセット。
前菜の釣り太刀魚のカルパッチョは、新鮮で脂ののった太刀魚が、
色鮮やかで種類豊富な野菜の上にののったひと品。
味付けは、シンプルに岩塩とオリーブオイルで。
見た目にも嬉しいですが、味付けがシンプルなだけに、素材の良さが十分に引き出されている品です。

そしてメインの、鶏モモ肉のトマトラグーソース。
パスタは、アルデンテの手前加減。
ソースはトマトの酸味がフレッシュで爽やかな感覚。
お肉がいっぱいで、溶けたチーズが全体と見事になじんでます。
とにかくこれ、おいしい!
しかも、思ってた以上におなかいっぱいになるよ。

食後はセットの紅茶を飲みつつ、ご主人とおしゃべり。
実は共通項があったりと意外な側面を見つけたりして、楽しい紅茶の時間となりました。
こういうコミュニケーションが生まれるのが、このエリアの飲食店ならではの楽しみなんですよね♪

| | TrackBack (0)

こがね製麺所 森下店

こがね製麺所 森下店
本店を丸亀に構える讃岐うどん店。
2月1日にオープンしたばかりらしく、早速訪問してきました。

入口と出口が分かれており、暖簾をくぐると機械で食券を買うスタイル。
食券を買うと同時に注文が厨房に入るらしく、そのまま奥に進むと注文した品が出てくる早さ。
サイドメニューの天ぷらを自分で取って、そのまま会計するみたい。
お好みでネギ・生姜・天かすなどを入れるシステムで、セルフ式のお店です。
このあたり、大手チェーン店でも馴染みのパターンですね。

注文したのは、釜たま小(350円)。
玉子は自分で混ぜたかったなーと思いつつも、
麺が温かいうちにお店の人が混ぜてくれてるから、十分になじんでます。
これにダシ醤油をさっとかけると、讃岐で食べるうどんそのまま!
軽いコシながらも、まずまずの喉ごし。
ここ、美味しいうどんのポイントね。
食べ比べてないからわからないけど、美味しい部類なのは確か。
この辺り、讃岐うどんのお店って無かったから、重宝するんじゃないかな★

| | TrackBack (0)

心らん@清澄白河

心らん@清澄白河

心らん@清澄白河

天ぷらを中心とした小料理屋さん。
前から気になっていただけに、やっと来れた!という想いです。
もちろんランチでの訪問です。

注文したのは、天ぷら御膳(1100円)。
からっと揚がった天ぷらは、くどくない衣に仕上がってます。
ししとう、穴子、舞茸、かぼちゃ、鶏、さつまいも、海老という構成。
海老はプリプリだし、舞茸の香りはいいし、衣の食感は気持ちいいしで、
お値段以上の満足度があります★
こういう天ぷら、つゆで食べるか塩で食べるか、
両方用意されると迷っちゃうんですよね。

そうそう、添えられた筑前煮も美味しいかったです♪

| | TrackBack (0)

サッカール 清澄白河店

サッカール 清澄白河店
清澄白河が注目される以前から、この街にお店を構えるインドカレー屋さん。
以前から気になっていたけど、やっと訪問することが出来ました。
店内は、正直最近流行りのお店とは縁遠い、ちょっとだけインドテイストな雰囲気。
逆にそれが落ち着くんですけどね。

いただいたのはカレー2種類のセット(1100円)で、キーマと野菜を辛口で注文。
無難に美味しい味わいで、もちもちの焼きたてナンとの相性はバッチリ。
ただこのナン、ボリューム多すぎなのが嬉しい難点です。
セットには、サフランライスもついているから、食べ残しちゃうほど。
タンドリーチキンは、味こそいいものの、作り置きで温かくないのが残念。
まぁこれはランチだから仕方ないかな。
セットにはドリンクがついてくるので、ラッシーを注文。
カレーまみれになった口のなかを、いい感じで中和してくれます。
おなかいっぱいランチ、いただきました★

| | TrackBack (0)

フジマル醸造所@清澄白河

フジマル醸造所@清澄白河

フジマル醸造所@清澄白河

前から行きたいと思っていたお店、やっと行けました!
その名のとおりワインの醸造を行っており、
自社醸造ワインの他、各種ワインが楽しめるというお店。
ビールサーバーのようなものでワインを提供するみたいな、面白い取組みもされています。

大人数で伺ったので、いろんな料理をシェア。
見た目美しい生ハムを含むシャルキュトリー、
チーズの声さんコラボの北海道チーズ+パーラー江古田のパン、
香り高いハナビラ茸とともに提供されたさつま若しゃものスライス、
豚足にミンチを詰めたと聞いていたけど全く形の違う、味わい深いザンポーネとレンズ豆の煮込み、
見た目にも美しく、皮までカリッカリに仕上げられたスズキのロースト、
何だったか忘れたけど味わい深くて嫌味のないチーズ、
そしてなんといっても香りがヤバいほどに豊かすぎる、黒トリュフのリゾット。
シメには、植木鉢のようなパンナコッタに、ティラミスの原型ともいえるズッパ・イングレーゼ。
元々はワインメインに考えていたけど、どの料理も、シアワセすぎるくらいの美味しさでした★

そのワインも、かわいいオリジナルのラベルとともに、何品種かいただきつつ。
ワイン、全く知らないのですが…どれも軽やかで飲みやすかった!
最後にはイタリアの、ちょっとかわいいラベル・ボトルのワインで。

ここで終わりかと思いきや、食後には1階のワイン醸造所まで見学させていただきました!
できたてのワインが詰まったタンクがたくさん並び、これから瓶詰めを行うのだとか。
こういう工房は、萌えますね。

本当に、楽しくも美味しい時間を過ごせたことに、感謝です!

| | TrackBack (0)

ブルーボトルコーヒー 清澄白河ロースタリー&カフェ

ブルーボトルコーヒー 清澄白河ロースタリー&カフェ

ブルーボトルコーヒー 清澄白河ロースタリー&カフェ

超久しぶりに訪問!

お店の数が増えてきたこともあってか、ここロースタリーは落ち着いた雰囲気。

天井の高い空間で、ふらっときて、ふらっとコーヒーが飲める。

これができるだけでも、気分いいってもんです。



いただいたのは、コスタリカのシングルオリジン。

もちろんハンドドリップで。

紅茶のような華やかな香りに、朝から気分上々です♪

後から知ったのですが、某親分と入れ違いだったとか。

うーん、ご挨拶したかった!

| | TrackBack (0)

EN VEDETTE@清澄白河

EN VEDETTE@清澄白河

EN VEDETTE@清澄白河

昨日オープンしたパティスリー アン ヴデット。
清澄白河に有名ケーキ屋さんはあるけど、こうした本格的なパティスリーって初めてかも。
白を基調としたお店には、開業祝いのお花がいっぱい。
ショーケースには、そのうちいろんなケーキが並ぶのでしょう。

この3日間は、オープニングメニューということでケーキセット、バームクーヘン、焼き菓子詰め合わせのみ。
購入したのは、2000円相当のケーキセット(1500円)。
5つのかわいらしいケーキは、どれも納得の味わいです。
何個でも食べられそうで、ちょっとヤバいかも。
特に抹茶のムース、中にある柚子ムース?の香りがものすごく豊か。
抹茶の香りを包み込むような感じで、新鮮な感覚の組み合わせ方です。
シュークリームも、生地がいい感じです♡
今回はベーシックなものが多い組み合わせだけど、
お店が本格的に稼働したら、どんなケーキが並ぶのかな?
今から楽しみです♪



唯一の難点は、隣から鰻のこうばしい香りが漂っていること。

スイーツモードでお店にきても、身体が鰻に反応してしまう・・・

| | TrackBack (0)

麺屋 宮本 清澄白河店

麺屋 宮本 清澄白河店

ラーメン屋さんとして8/25にグランドオープン。
以前お寿司屋さんだった場所で、当時の落ち着いた雰囲気がそのまま残っています。

ランチにいただいたのは、味玉つけ麺(950円)を大盛(+100円 +100g)で。



スープは流行りの魚介系とんこつで、ゆずの皮が入っていて、柑橘系の香りがほんのり。



ボリュームたっぷりの冷たい麺は、つけ麺にしては細め。
丼の底にはすのこが敷いてあって、きれいに水切りできているのは嬉しいポイントです。
チャーシューは炙られており、いい香り。
味玉はかなり醤油な味だけど、デフォルトで半玉ついてるみたい。
白濁なスープ割りは感じよく、特製らーめんのスープみたいになります。
美味しいには美味しいんだけど、やっぱり流行りの味だなーというのが正直な感想、かな。

| | TrackBack (0)

八仙苑@清澄白河

八仙苑@清澄白河
夜をノンアルコールで過ごすのは、どの街でも至難の業。
それは清澄白河でも同じで、どうしても飲み屋さんになってしまうんですよね。
そんななか貴重なのが、中華料理屋さん。
こちらは昔ながらのお店ですが、昼も夜もお客さんが入ってます。
しかもお店の方は中国の人なのか、店内では中国語が飛び交ってる!
目の前で中華鍋が宙を舞う様子が、見てて楽しいです。

注文したのは、豚肉とキクラゲ玉子青菜炒め定食(750円)
典型的な街の中華屋の味の、美味しい方といった感じ。
それでも、強火のラードで炒めたおかずは、
筍・青菜がシャキシャキ、キクラゲもしっかり噛み応え。
玉子もふわっと仕上がっており、豚肉は厚く食べ応えあり。
好みにもよるんでしょうけど、なんだ、美味しいやつじゃん!

添えられた中華スープも、ふわっとした玉子を纏う薄い塩味。
何気に、本格的な味してます。
一見地味なお店でしたが、なかなか侮れないお店でもありました。

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧