きくちゃん@清澄白河

資料館通りにある居酒屋さん。
毎週土曜日だけは、ランチ時にラーメン屋さんとして営業します。
ウッディな店内は、昔なつかしい雰囲気。
カウンター席と小上がり席があるものの、それほど広くもなく、
お店の方も含めて、アットホームな雰囲気です。

ラーメンは一番ベーシックな醤油(650円)をはじめ、
リーズナブルなものがいろいろラインナップされています。
今回選んだのは、ごまらー油ねぎラーメン(750円)。
250円追加で、チャーシューがついてきます。
スープは鶏ガラ醤油味。これが実に美味しい!
こってりしてないものの、適度に満足する濃さ。
正当派の醤油ラーメンです。
居酒屋ランチの域を越えていて、ラーメン専門店に負けない美味しさ。
厚みのあるチャーシューは、かなり柔らかく煮込まれていて、これまた美味。
ごまらー油ねぎのアクセントもいい感じで、ぴりっとした辛さがアクセントを添えます。
満足度の高い内容でした☆

| | TrackBack (0)

味処 ふう香@門前仲町

北側にある、葛西橋通り沿いにある定食屋さん。
有名ラーメン店「こうかいぼう」の反対側にありますが、人気の差は歴然。
かなり地味なお店です。
店内は思った以上に広く、実直そうなご夫婦がお店を切り盛りされています。

ランチにいただいたのは、タバスコ焼き定食(850円)。
豚のしょうが焼きからしょうがを抜いて、タバスコを効かせたような味。
豚肉は厚みがあって、柔らかくてなかなかジューシー。
そして味付けですが、確かにタバスコの辛さ!
程良い辛さなので、口の中がヒリヒリすることもなく、ちょうどいい具合に食欲を刺激します。
千切りキャベツが、いい口休めに。
実直そうな店主の姿勢が、そのまま味に現れている感じ。
なかなか美味しいです☆

| | TrackBack (0)

おはしkitchen@門前仲町

おはしkitchen@門前仲町
永代通りから一本入った細い路地。
昔から続くお店など、飲食店が集積するエリアにある居酒屋さん。
各地の農家さんなどから仕入れる素材を活かしており、
料理のラインナップも、季節に応じたものになっています。
店内はそれほど広くなく、カウンター越しのキッチンからは、全体が見渡せます。
落ち着いた雰囲気で、いかにも和風居酒屋って感じ。

ランチでいただいたのは、日替わりのおばんざい定食(880円)で、
今日はチキン南蛮。
揚げたての鶏肉に、ほどよいタルタルソース。ちゃんと甘酢にさっとくぐらせているのがいい感じ。
この定食のすごいところは、メイン以外のおばんざい。
トマトやコーンなど、今が旬の素材をふんだんに使った小皿が並んでいます。
数えてみると…小皿5皿にお新香、ご飯、味噌汁、日替わりメインという構成。
この値段でこれだけのバリエーションは、嬉しくなっちゃいます。
味の具合は、どれも手作り感あふれるもの。
規格品ではない、きちんと料理したランチをいただけるのも魅力的です☆

| | TrackBack (0)

ヒキダシカフェ@清澄白河

ヒキダシカフェ@清澄白河
開店してまだ2週間程度の新しいお店。
清澄白河駅からほんの近く…だけど清洲橋通りから一歩入った路地にある、裏路地カフェ。
通りすがりに立ち寄るなんて立地ではなく、このお店目的に訪れるような場所です。
元々は革製品を扱っていた工房をリノベーションしたお店で、
オーナーは内装系のお仕事。
このお店の店舗デザインから施工まで、オーナーのこだわりで出来ています。
天井の高い店内の正面には、大きな引き出しの壁。
隣には、一段あがった天井の低いソファ席があり、ちょっとした密室のような雰囲気。
木のあたたかみをふんだんに感じる空間には、ほっとする、ゆるーい空気が流れています。

ランチにいただいたのは、お肉の定食(950円)で、豚肩ロース肉の生姜焼き。
ローストポークに生姜ソースをかけたような感じで、お肉は柔らかく、ソースもいい味。
手作り感のある味わいで、お店の雰囲気だけでなく、味的にもほっとします。

今でも夜営業しているそうですが、
将来的には週末中心に深夜営業もやりたいとか。
アルコールの時間は、また違った雰囲気になるのでしょうね☆

| | TrackBack (0)

ことぶき本店@清澄白河

ことぶき本店@清澄白河
清洲橋通り沿いにある、昔っからある雰囲気の食堂。
お店の構えも、昔ながらのたたずまい。
最近新しくなった暖簾には「洋食と中華」。不思議な組み合わせです。
店内に入ると、昔の食堂らしいテーブルと椅子が並びます。
おしゃれとは違う、昔ながらの昭和な食堂。
ずらーっと並ぶ短冊には、350円のラーメンを筆頭とする中華メニューから、ハンバーグなどの洋食、カレーや焼き魚など。
とにかくメニューは豊富です。

お昼に選んだのは、キクラゲ肉炒めライス。
出てきたのは、ボリュームたっぷりの定食!
キクラゲはかなり肉厚で上質なもので、コリコリ感がたまりません。
しかも、これだけふんだんにキクラゲを使っているのは贅沢ですよ。
シンプルな塩味というのも好印象。
ボリュームがあっても、最後まで美味しくいただけるのは、この味付けならでは。
さらには、これが650円という値段設定も驚き。
ほかのどのメニューもリーズナブルな値段設定で、まさに昔から続く街の食堂。
他のメニューも食べてみたいです!

| | TrackBack (0)

大屋台@門前仲町

大屋台@門前仲町
駅周辺の繁華街から少し離れた、葛西橋通り近くにある中国料理のお店。
街の中華料理屋さんという感じの、普通のお店です。

お昼にいただいたのは、上海焼きそば+半炒飯セット(750円)。
これが予想以上に美味しい!
焼きそばはラードで炒めたような感じで、オイスターソースと合わせてシンプルな味付け。
火力が強いのか、たっぷり野菜のシャキシャキ感がしっかりと残っています。
炒飯もいかにも中華屋さんの味で、ふわふわな玉子と刻みネギのみのシンプルなもの。
味付けも塩のみで、胡椒すら使っていません。
どちらもシンプルなのですが、食べ終わったあとは満足感で満たされました。
街の中華屋さん、あなどってはいけません!

| | TrackBack (0)

中国料理 一龍@住吉

中国料理 一龍@住吉
半蔵門線・新宿線住吉駅から少し歩いたところ。新大橋通り沿いにあります。
外観はシンプルでパッとしないのですが、なぜか惹かれるものがあったので入店。
中国人っぽい人が運営しているようですが、店員さんの対応がいい感じです。
麺類、飯類など、メニューはかなり豊富で、正直迷います。

結局、短冊に書かれていた「野菜特盛りタンメン(810円)をオーダー。
運ばれてきたのは…ものすごいボリューム!
れんげと比較すると、その大きさがわかるかと思います。
どうせもやしで増量してるだけ、と思ってたら、麺もボリュームたっぷり。
あっさりしているものの、美味しさがしっかりしています。
シンプルなものだからこそ、味にはっきりと現れます。

併せて、おすすめの「キムチ餃子(480円)なるものもオーダー。
大ぶりな餃子ですが、これがなかなかの美味!
モチモチした皮のなかには、旨味の効いたキムチがたっぷり。
シャキシャキした食感のキムチと、モチモチした皮との対比がおもしろいです。
ニンニクもしっかりと効いていて、いいアクセントになってます。
ジューシーさとはまた違う、オリジナリティのある味わいは、ついビールがほしくなるもの。
地元では支持されているお店らしいですが、納得です。

| | TrackBack (0)

いり江@門前仲町

いり江@門前仲町
駅からすぐ近くにある甘味処。
門前仲町といえばいり江、というくらい有名なお店ですが、
やっと訪問する機会が訪れました!
それほど広くない店内には思ってたほどお客さんがいなかったものの、そのうちいっぱいに。
ウエイティングスペースもしっかり用意されているところを見ると、ちょうどタイミングがよかったようですね。

こちらでは、あんみつ(730円)をいただきました。。
みつは白みつと黒みつを選べるので、黒みつを選択。
思ってた以上に大きな器で出されます。
あんこやフルーツがたっぷりで、その下に隠れるように寒天もたっぷり。
もちろんみつ豆も。
寒天はシンプルながらも素直な存在で、黒みつをかけた途端に表情が変化します。
甘さ控えめで上品な味わいは、日本らしくほっとするスイーツです。
繊細な味だからこそ、その差がはっきりとでる「あんみつ」。
人気店なのも、納得の味わいでした。

| | TrackBack (0)

フィールド@清澄白河

フィールド@清澄白河
東京都現代美術館の正面にあるカフェ&バー。
開放的なお店で、大通りに面して大きな開口が。
日によっては開けていて、オープンエアのような雰囲気になります。
アボカド料理をウリにしているらしく、ランチメニューにもアボカドを使った料理がいっぱい。

そして、ランチはハンバーガーがウリのようですが、先日ハンバーガーを食べたばっかりなので、
たっぷり野菜のチリタコライス。アボカド+チーズトッピングを追加で(1180円)。
スパイシーなタコミートは、ほのかに炭火焼きのような香り。
刺激的なチリマヨネーズソースが食欲を増進させるものの、
アボカドと一緒に食べるとマイルドなテイストに。
なかなか美味しくて、ご飯が飲み物のように進みます。
レタスいっぱいなうえに、別にサラダもついてくるのも嬉しいところ。
いいランチですね♪

| | TrackBack (0)

フルータス@門前仲町

フルータス@門前仲町
富岡八幡宮の参道入り口。永代通りを挟んだ反対側にあるのが、このフルーツパーラー。
一軒家の1階をリノベーションしたお店は、ちょっとくたびれた感じ。
店内も7席ほどと狭い空間。
トイレに行くにも、果物が入った段ボールの山の横を通り抜けなければならないほど。
それでも、熟れた果物を選び抜く店主の目には、目を見張るものがあります。

今回いただいたのは、メキシコ産マンゴーパフェ(2160円)。
階段裏に鏡が仕込まれていて、マンゴーをカットしている様子をライブで見ることができます。
テキパキとしたナイフ捌きは、それだけでも職人技です。
そしてドヤ顔とともに出されたのは、巨大なパフェ。
なんでも、マンゴー1個分が使われているのだとか。
たっぷりトッピングされたマンゴーは、甘さがしっかりしていて濃厚すぎる!
マンゴー特有のクリーミーな舌触りもそのままで、見事にカットされてます。
一緒にのってるマンゴーアイスも、しっかりとした味わい。
あっさりしているので、果実との相性もバッチリです。
コーンフレークなどが入ることもなく、
このボリュームを最後までマンゴーの味を楽しめるのも嬉しいところ。
というか、マンゴーづくし、ヤバいシアワセです☆

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧