深川日和@清澄白河

深川日和@清澄白河

深川日和@清澄白河

民家か倉庫か何かの建物を改装したお店。
外観は普通の四角い建物ですが、店内は白で統一された空間。
並べられた什器や振り子時計などが、アンティークなアクセントを加えています。
急な鉄骨階段を上ると、2階は落ち着いたカウンター席。
一見カフェのような雰囲気ですが、飲食店なんですよね。

いただいたのは、ざるぞば+漬けサーモン炙り丼(980円)。
シンプルなお蕎麦は、蕎麦の淡い香りとともに、しっかりした食べごたえ。
十分に美味しい部類のお蕎麦です。
それほど濃くなく、軽めなダシもいい感じ。
蕎麦湯が無いのは、ちょっと残念ですが。
添えられたおでんも、薄めで上品な味わい。
全体的にバランスの取れた内容です。

追加でセットにした丼。
漬けを炙ったことによる、脂と醤油の香ばしい香りが広がります。
そのままだとくどくなりそうですが、大葉のアクセントがいい感じ。
さわやかにいただける、夏でも美味しい丼に仕上がっています。
イクラは見た目だけでなく、味のアクセントの役割も。
セット丼としては、なんの申し分もない内容です。

つまりは、雰囲気がいいだけでなく、美味しくいただけるランチってことね♪

| | TrackBack (0)

七福@清澄白河

七福@清澄白河

七福@清澄白河

しばしの改修期間を経て、新しくなった店舗。
…とはいっても住居併用店舗で、ビルになっていないのが嬉しいです。
店内も、清潔感が加わったうえで、雰囲気は以前のお店そのまま。
メニュー表示に、昭和テイストを感じさせます。
実用洋食を名乗っているのも、以前のまま。
そして、暖簾に「とんかつ」と書かれているの、初めて知りました。
実は、とんかつがウリだったのでしょうか?

メニュー豊富で迷うなか、せっかくなので味噌カツライス(770円)を注文。
ビジュアル的にも嬉しい、赤味噌のタレじゃないですか!
食べてみると、名古屋っぽい甘めの赤味噌味。
私の好きな、本物タイプ!
もちろん豚肉の脂の美味しさ、サクサクの衣、そして揚げたてでアツアツという、
カツとしての基本の美味しさは、しっかりと守られています。
添えられたマカロニが、昭和テイストを醸し出してくれます。

お店の構えや見た目は変われど、その意気込みは昔ながら。
やっぱりこのお店、好きです♪

| | TrackBack (0)

すし力@清澄白河(門前仲町)

すし力@清澄白河(門前仲町)
貴闘力が展開する飲食店。
これまでの焼肉と違い、今度は寿司です。
店内には、もちろん貴闘力の現役時代の写真が飾られています。
カウンター席だけでなく、テーブル席・小上がり席の展開。
おつまみ類も揃っているので、居酒屋的な利用ができるお寿司屋さんです。

今回いただいたのは、アナゴの骨・穴子白焼・焼き茄子・コーンの天ぷら・あさり酒蒸し…。
どれもいい感じのつまみです。
中ジョッキと書かれたビールは、どう見てもグラスサイズ。
これで500円はちょっと高くないか?
…と横を見ると、倍の1000円で力士サイズ1リットル。
こちらは迫力あるジョッキで、飲みごたえ十分!

そしてシメのお寿司。
おまかせの10貫にぎりは、中トロ・赤身・白身2種・赤エビ・イクラ・玉子・帆立・タコ・イカという構成。
ネタは悪くないんだが…シャリがもう一歩。
ちょっと水分が多かったかな?
いつもこんなシャリじゃないよね?多分今回たまたま失敗したんだよね?
だけど失敗したシャリを出すのは…と悶々としつつ、
気分よくシメることが出来なかったのが、残念な点かな。

| | TrackBack (0)

cafe 物語舎@木場(門前仲町)

cafe 物語舎@木場(門前仲町)

cafe 物語舎@木場(門前仲町)

今年の3月にオープンしたばかりの、住宅街の中にある小さなカフェ。
白を基調とした明るい店内には、のーんびりした時間が流れ、わりかし居心地がいいです。
店内にたくさんある植物は奥様のものなんですって。

いただいたエチオピア(450円)、酸味少なめのすっきりした味わいで、豊かな香りも楽しめます。
一緒に注文したチーズケーキ(400円)は、甘すぎずしっとり食感。そのまま食べても、もちろん美味しいです。
添えられたホイップクリームやブルーベリージャムとの相性もしっかり。
意外なのがブラックペッパーで、荒技ながらも、意外なアクセントが面白いです。

今はまだ近所の方のご利用が多そうですが、こういうカフェがあっても面白いですね。

| | TrackBack (0)

ランビック(RAMVIC)@清澄白河

ランビック(RAMVIC)@清澄白河

ランビック(RAMVIC)@清澄白河

この街は、コーヒーやスイーツを焙煎所や工場直売といった形で楽しめる、面白いお店。
こちらのポップな壁面の倉庫も、ケーキを作っている工場。
以前オーナーに伺うと、ここで作られたケーキが、いろんな飲食店に卸されているのだとか。
例えば渋谷にあるアノお店のケーキも、ここで作られているんですって!

工場の片隅には、小さな出入口。
中に入ると、工場直売のケーキが買えます。
ホールはさすがにボリュームありすぎなので、シュークリーム(130円)を注文。
サクサクの生地に挿まれているのは、たっぷりクリーム。
そのボリュームを主張するかのような、巻き巻き感がビジュアル的にも美しいです。
肝心の味はというと、見た目以上に甘さ控えめ。
そのためか、たっぷりボリュームにもかかわらず、さらりと食べちゃえました。
サクサクのシュー生地とクリームの相性もバッチリ。
人気商品なのも、納得です。

そうそう、よく誤解があるようですが、
こちらのお店、確かに近所の人気店「藤堂プランニング」と関係はあるのですが、
藤堂プランニングが出したお店でも、姉妹店でもないんですよ。
本当は…言っていいのかわからないから、ここではヒミツということで★

| | TrackBack (0)

Nocturne #22 In C Sharp Minor, Op. Posth.

Nocturne #22

Nocturne #22

久しぶりの清澄白河でのコーヒーは、こちらのアパレルショップで。



倉庫を改装したショールームは天井が高く、白を基調とした店内、ゆったりとしたレイアウトと、空間が広々と感じられます。
2階でデザイナーさんが新作を作っている、まさにこのブランドの拠点です。



そんなショールームの片隅がカフェスペースになっているので、こちらでひといき。
いただいたのは、コーヒー(500円)。
丁寧に淹れられており、昨日までいたアメリカのものとは大きな違い。美味しいです。
何より、ゆったりした空間、ゆったりしたソファ、アップテンポなJAZZをBGMに、吹き抜ける爽やかな風を感じながら過ごすことほど、気持ちいいものはありませんよね★


| | TrackBack (0)

ディデアン@門前仲町

ちょっと前の夜に訪問。
深川不動堂のすぐ前にあり、いつも店頭で甘酒売ってるから、
甘酒や甘味店のイメージだったけど、実は薬膳のお店なんだって。



ちょっとレトロテイストな店内には、年季の入った摩訶不思議なお酒が並んでいたり。
お店の雰囲気も相まって、かなり不思議な空間です。

夜なので、お酒でも飲みましょうか。
普通のアルコールもありますが、ここは薬膳のお店。
せっかくなので健康酒でもいただきますか。



すずめ蜂・サソリ・ヤモリ・マムシ等が揃うなか、蟻を注文。
さすがに蟻そのものはグラスに入っていないけど、何ともいえない味。
味を確かめようとロックにしたけど、これは何かで割ったほうがいいかも。
身体に良さそうな味わいは、強壮・リウマチ・肝炎に効くそう。
もう、漢方の世界だね。



スープは高麗人参で。
冷え症や風邪気味に効果があるらしく、こちらも滋養強壮系の味。
わりとあっさりしてて、はやり身体に良さそうな感じです。



お店には窯が完備されているらしいので、せっかくだから窯焼き野菜のおまかせ盛合せも注文。
野菜の甘さがぎゅーっと濃縮されている!
火が通りつつも、しっとりと水分を残しているのは窯焼きならでは。



そして窯焼きと言えばピザでしょ!
注文したのは、ブルー・ブリー・モッツアレラ・パルメジアーノの4種のピザ。
ブルーチーズがしっかりと効いていて、チーズ好きには堪らない味。
生地も、さくっとしながらも水分を含んだもちっとした食感は、窯焼きならでは。
なかなか美味しいです。



最後のデザートは、お店のウリでもある愛玉子をレモンシロップで。
台湾の高山で育った天然ものから作られた愛玉子自体は淡い味しかしません。
よって、シロップなどの味の意味が出てくるわけですが、
このレモンシロップ、爽やかながら甘さ控えめで、なかなかの美味しさ。
食事の最後、いい感じでしめることができました♪

無農薬・減農薬野菜や果物にこだわり、化学調味料を使わずに調理しているだけあって、
全体的に身体に優しい感じでした。
実際、アルコールは翌日に残らなかったし、食事も胃への負担が軽かったような感じだし。
なかなかいいお店ですね★

| | Comments (0) | TrackBack (0)

洋食屋ポンド@清澄白河

洋食屋ポンド@清澄白河

洋食屋ポンド@清澄白河

こんなとこ!?
…と言いたくなるような路地裏に構えるお店。
周囲の暗さとは対照的に明るい店内。
お店の中に入った瞬間、ほっとします。

夜ご飯に…となると、それにふさわしいメニューも並んでいるものの、
お店の名前「Pond」にならった、ポンドメニュー=1pond(約450g)メニューも気になる!
ということで、Wハンバーグ(450g・2200円)を注文。
選べるソースは、デミとサルサで。

このハンバーグ、素直に美味しいです!
ちゃんと手作りで、良質のお肉を使っているみたい。
箸をいれると、脂がじゅわーっと溢れ出します。
最高やね。

デミソースは定番の美味しさで、軽い苦味がいい具合。
サルサソースも定番のあの味。タコスチップにつけそうだけど、ハンバーグとの相性もアクセントとしていい感じ。
そもそも、これだけのボリュームを軽々と食べれてしまうことにビックリ。
これこそお肉の質の良さ、味の良さの証拠ですね。
ご飯(250円)をつけるかどうか迷ったけど、お肉の美味しさにつられて注文することに。
ビールもいいけど、この美味しさは、ご飯と一緒が合います!

| | TrackBack (0)

ぱぱす@門前仲町

ぱぱす@門前仲町

佐賀町の倉庫エリア。
細い路地に面した、本当に目立たないレストラン。
夜は地元の方が利用していそうな居酒屋さん。
昼は日替わりスパゲッティのお店。
店内は、富岡のお祭りでいっぱい。
そんな、地域密着なお店です。

いただいたのは、ペペロンチーニ。
ミニサラダと飲み物がついて800円と、お値段も地元ユース価格。
具はシンプルにガーリックと唐辛子だけ。
たっぷりオイルにスパゲッティが浸かっていますが、これがなかなかの味。
定番の味だからこそ、美味しいと思えるのは実力の現れか?



せっかくなので、サルモーネもひと口。
サーモン・ほうれん草が入った生クリームのスープスパも、濃厚ながらくどくない。
こちらもほぼ定番ながら、美味しいと思わせるクオリティ。
遠方からくるほどじゃないでしょうけど、近所にあったら嬉しいお店ですね。
平日だと、近隣で働いている人が食べにくるのかな?

| | TrackBack (0)

アロハロコ@森下(清澄白河)

アロハロコ@森下(清澄白河)

アロハロコ@森下(清澄白河)

芭蕉稲荷神社のすぐ近くにある、ハワイテイストの自転車屋さん。
オリジナルの自転車販売だけでなく、レンタサイクルもやってます。
ここでオシャレな自転車借りて、清澄白河を巡るなんてことできちゃいます。
さらにさらに、こちらではハワイ産のコーヒーもいただけちゃいます。
今回は、自転車を見に行きがてらの、コーヒー目当ての訪問です。

いただいたのは、マウイモカ(500円)。
通常と比べて小粒なマウイ島・ハレアカラ山で生産された豆は、
コーヒーチェリーを6ヶ月熟成させ、
豆に果肉の風味を十分に移してから脱穀しているのだとか。
お店では、これをフレンチプレスで抽出。
コクや深み、油分がほどよく注がれた一杯は、
ワインのようなフルーティな華やかさがありながらも、
クリアで雑味なく、穏やかな酸味の味わいです。
ハワイといえばコナ・コーヒーが有名でしょうけど、新しい味に出会っちゃいました!

店主とは、コーヒー飲みながら自転車談議。
今度は自転車乗りに行かなくっちゃ!

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧