福みみ 渋谷店

Img_6627

備長炭で焼き上げる焼鳥屋さん。
本来は夜営業なのですが、コロナ禍のためかお昼も営業していたので、立ち寄ってみました。

注文したのは、焼鳥丼セット(800円)。
ランチも備長炭なのか分からないけど、目の前で丁寧に焼いてくれます。
こうばしい香りが、焼鳥からしっかりと。
海苔の香りと相まって、食欲をそそります。
焼鳥のサイズ的にはもう一歩という感じですが、副菜もしっかりしてるので満腹感あります。
地下の落ち着いたお店で、目の前に並ぶお酒を眺めてながら焼鳥食べてると、昼間から飲みたくなりますね(笑)

|

ピーステーブル@渋谷

Img_6585Img_6579

野菜中心のヴィーガンレストラン。
疲れているとき、身体が求めるように引き寄せられます。

ランチに注文したのは、今月のパスタランチ(1580円)。
最初に出てきたのは、紫カリフラワーのポタージュ。動物由来の素材使ってるんじゃないの?と思うくらい濃厚で、ほのかな紫カリフラワーの香りがいい感じです。
天然酵母のパンはナチュラルな甘さで、オリーブオイルでシンプルにいただくのが美味…と思いつつ、このあとのパスタに半分残しておきました。
続いて提供されたのは、淡路島の新鮮サラダ。歯ごたえがしっかりした、力強い味わいの野菜に添えられたのはクコの実、豆乳とセロリのドレッシング。身体が気持ちよくなる美味しさです。
そしてメインのパスタは、かぶと生姜のズッパ。ズッパって何?って思ってたら、食べるようなスープのことらしいですね。パスタはもちろんですが、野菜たっぷり具沢山のスープは、まさに食べるように飲む感じ。ニンニクが丸ごと使われていたりと、コクだけでなく食べ応えも充分。残していたパンにソースをつけて食べると、至福な気持ちになれます♪

セットには、食後のドリンクまでついてきます。
私が選んだのは、ホットルイボスティー。
ポットで提供されるから、ほっとする香りとともに、ゆったりと過ごしてきました。
仕事の間のお昼休みに気分転換するには、ベストなランチといえるでしょう♪

|

SHE WOLF DINER@渋谷

Img_5758

東武ホテルの一画にオープンしたアメリカンダイナー。
テラス席もあり、犬連れでも来店できます。
代々木公園近くなこともあり、のんびりした空気感ありますよね。
店内はもちろんアメリカンテイストで、英語系ラジオがBGMに流れてます。
 
ランチに注文したのは、ベーコンチーズバーガー(1400円+税)。
塩コショウが効いた、130gの肉肉しくもジューシーなビーフパティの存在感が見事。
こげるような香ばしさが、食欲をそそります。
ベーコンやチェダーチーズでコクが加わるとともに、アイオリソースでガーリックの隠し味も。
それでいて、トマト、レタス、オニオン、ピクルスが加わり、食べやすい仕上がりに。
ボリュームあって、かっ喰らう感じがいいですね。
 
セットのドリンクは、ジンジャーエールで。
甘い系だったのは残念だけど、ボリュームあるのもアメリカっぽい。
こういうお店、好きです。

|

九四六屋@渋谷

Img_6264

釧路の幸を楽しめる居酒屋さん。
コロナ禍でランチも始めた、とのこと。
大漁旗が掲げられたり、夜は海鮮が美味しそうな感じです。

注文したのは、豚丼・ハヤシあいがけ(1100円)にパクチー追加(+150円)。
豚丼は、十勝で食べるようなもの。
蒲焼のような甘めのたれに、スモーキーさが加わる焼きっぷり。
パクチーの香りが加わり、さらに山椒もかけて、風味豊かな仕上がりになってます。
しかも、お肉のボリュームが単品なみにあり、食べ応え充分です。
ハヤシいらないんじゃね?という勢いです。

それでも、ハヤシライスとしても充分な美味しさ。
トマトの甘味や酸味がしっかり効いてて、牛肉や玉ねぎもたっぷり入ってて。
こちらも、豚肉いらないんじゃね?という勢い。

一度で同時に楽しむもよし、2回に分けて楽しむもよし。
メニューがこの2品に絞られているものの、満足できる内容です。

|

中華そば コヨシ@渋谷

Img_8155

12月18日にオープンしたラーメン屋さん。
ランチに、食券機の一番左上にある特製中華そば(1000円)を大盛(+150円)で注文。
澄んだスープからは、煮干しと鰹節と思われる香りがしっかり。
あっさりかと思いきや、コクと脂もしっかりある醤油タイプで、喜多方に似てるかな。
ちょっと太めでコシのあるストレートな麺に、スープがいい感じに絡みます。
厚みがありながらもしっかり味が染みたチャーシューの存在感は絶大。
食べ応えのある、バランスのとれた美味しさです。
 
改めてメニューを見ると、高知産の生姜をトッピングできるのだそう。
身体もあたたまりそうですし、気になりますね。

|

PESCARICO@渋谷

Img_7984Img_7987

1月4日にグランドオープンした、フィッシュバーガーのカフェ。
白を基調とした店内は明るく、NHKを眺めるボックス席はお籠もり感覚。
おしゃれなだけでなく、意外と居心地いいです。

ランチに注文したのは、フィッシュバーガーのセット(1800円+税)。
ヒラメ、マグロ、アジ、サーモンなど様々なお魚が用意されているなかで選んだのは、サメ。
宮崎県産のチョウザメを使ったバーガーとのこと。
サメと名乗るもののサメの仲間ではなく、腎臓を持っているので老廃物は体外へ排出される生き物。
だから、タイやヒラメのように臭みがないのだそう。
そのためでしょうか、普通のフィレオフィッシュのように、白身魚として普通に食べられます。
ブリオッシュのようにほんのり甘く軽いバンズに、たっぷり野菜、甘ダレ&タルタルソース。
食べやすくて、意外と食べ応えがあって、美味しいです。

添えられたピクルスの軽い酸味がいいアクセントで、芋感が残ったマッシュポテトも美味しく、バランスのいいプレートですね。

選べるドリンクは、ホットコーヒーで。
ブラジルの豆を使った浅煎りで、軽やかながらコーヒーならではのコクもしっかり。
飲みやすく美味しい一杯は、添え物のおまけ程度ではなく、本格的なもの。
コーヒーだけ目的でも十分な味わいです。
注文の時点では「高いセットだな」と思ったものの、それぞれがちゃんとしているから、相対的には納得です。
絶対的には、普段使いには厳しいですが…

|

カフェ キャリオカ@渋谷

Img_4969

ずいぶん前から、この地で営業している喫茶店。
木を基調とした落ち着いた雰囲気は、年月を重ねてこそ出るものでしょう。
落ち着いた空間で、ほっとひといきです。

 

ランチに注文したのは、サンドイッチ(450円)と本日のコーヒー(450
円)。
セットだと50円引になります。
最初に、なぜかサラダの登場。
注文していないけど、これは飲み物についてくるのでしょうか?それともサンドイッチ?
ささみ・アボカド・南瓜・玉子が入る、おまけ以上に本格的なもの。
これだけでも、意外とお腹しっかりです。

 

サンドイッチは、注文が入ってからの手作り。
作り置きではないのが、嬉しいです。
タマゴサンドは適度な塩気が効いていて、溢れるくらい玉子が入っててふわっとしてます。
ハム・チーズは王道の組み合わせで、ハムが二重になっているのが微妙に嬉しく、キュウリの食感アクセントがいい感じ。
特別なわけじゃないけど、シアワセになれる美味しさです。

 

そして、日替わりのストレートコーヒーはコロンビア。
サイフォンで丁寧に淹れてくれた1杯は、苦みなく、すーっとした香りが鼻の奥に抜けるもの。
思った以上に美味しく、落ち着きます。
お店の雰囲気的に喫煙者が多いんだろうな…と思ってたら、なんと禁煙。
コーヒーの香りを素直に楽しむことができます。

 

こんなにステキなお店なのに、初めての訪問なことに自分でもびっくり。
営業時間が限られてるから、なかなか立ち寄りにくいけど、機会あればリピートですね♪

|

むさしのうどん桜@練馬春日町

Img_4679

「武蔵野うどん」というジャンル、はじめて知りました。
何が特徴なんだろう?
モチモチした麺かな?
そう思わせるくらい、モチモチした食感と、しっかりとしたコシが特徴的でした。
厨房に設置された、大きめの釜に目がいきますね。

注文したのは、肉汁(700円)。
ちょっと甘めの、醤油ベースのしっかりしたタレにつけていただきます。
そのままでも肉の旨味で美味しいけど、添えられた薬味を加えてもいい感じ。
テーブルに置かれたすり胡麻を加えると、風味が増してさらに感じよく。
七味でアクセントを加えるのも、いい感じです。
思ってたよりも美味しいですね。

家庭的なこじんまりとしたお店で、お店の方もお客さんも、どこかのんびりした雰囲気。
町では見かけることが少ない、ほっとするお店です。

|

金のうなぎ 中村橋店

Img_7308

11月にオープンした、築地場外市場発祥のうなぎの専門店。
チェーン店のような雰囲気ですが、ここと上野毛にあるだけのようです。

ランチに注文したのは、金のうな重(王)。
大ぶりの鰻を一尾まるまる敷き詰めた、目にも嬉しいお重。
ふたを開けた瞬間に広がる、こうばしい香り。
適度に脂がのり厚みと弾力のある身と、サクサクに焼きあがった薄めの皮。
関東風なのでしょうけど、焼きがしっかりしているためか関西っぽい仕上がりです。
タレを控えめにしていて、鰻の美味しさをストレートに味わえます。
さらに、風味が豊かなでフレッシュなブドウ山椒を加えると、より締まった味わいに。

美味しいです。
ニホンウナギのなかでも、青手と呼ばれるものを使っているとのこと。
しかも、肝吸い、奈良漬け、さらには食後のコーヒーもついてきて、
通常4,880円のところ、オープン記念で2,928円。
大満足です。
白焼きもあるらしいので、また食べにきたいですね♪

|

トンカツおそめ@江古田

Img_4127

長いことこの地で営業しているであろう、とんかつ専門店。
奥には小上がりのような場所がある雰囲気ですが、基本的にカウンターのみの店内。
ゆっくりとした時間が流れています。

ランチに注文したのは、ロースかつ定食(1300円)。
ボリュームはそれほどですが、肉そのものが甘く、脂も程よく甘いです。
ソースでも美味しいけど、塩で食べると甘味がさらに増します。
身もほどよく柔らかく、控えめにサクサクした衣が気持ちいいです。
手作り感たっぷりなお新香が美味で、ご飯だけでなく、お茶との相性もばっちり。
食後にpinoをいただける、茶目っ気あるサービスも嬉しいですね。

ちょっと高めでしたが、680円でサービスカツ定食も提供しています。
良心的な値段設定は、学生街ならでは。
令和の時代に昭和が残っているようなお店、いつまでも続いてほしいですね。

|

より以前の記事一覧