« March 2021 | Main | May 2021 »

挽肉と米 渋谷店

挽肉(ハンバーグ)と米(ごはん)を味わうためのお店。
吉祥寺の人気店が3月に渋谷にもオープン、やっと訪れる機会がきました!
 
メニューはシンプルに、ハンバーグとご飯・味噌汁のセット(1500円)のみ。
90gのハンバーグ3個まで、セットでいただけます。
店内は、ハンバーグを焼く台・ごはんの釜炊き台を囲むカウンター席のみ。
目の前で、朝に店内で挽いたばかりの挽肉の塊が、炭火の上で次々と焼かれます。
自分の分が焼かれたら、目の前の炭火の網へ。
食べるころ合いを見計らって、次のハンバーグを出してくれます。
 
いろんな食べ方があるのですが、まずはシンプルにそのままで。
どうやって食べよう…と思ったけど、お店のアイコンにもなっているとおり、オンザライスで!
しっかりと味がついていて、とにかくジューシー。
もう、このままでいいんじゃないの?と思うくらいの美味しさです。
2個目は、ざっくりとした大根おろしと一緒に。
ハンバーグの脂分といい具合に調和します。
自家製ポン酢と一緒に食べると、これまた美味。
 
これで満足しそうな勢いですが、豊富な薬味でまだ食べてない!
ということで3個めは、
・爽やかなレモンの酸味と青唐辛子のアクセントが嬉しい「青唐塩レモン」
・オリーブオイルに漬けてマイルドに仕上がった「青唐辛子のオイル漬け」
・実山椒、青葱、生姜、ごま油を合わせたスパイシーな「ジャンマー」
の3種類をつけていただきました。
どれもがハンバーグにいいアクセントを加える美味しさ。
変化が楽しいです。
 
ここで、もう少し食べたい…ということで、ハンバーグを1個追加(+400円)。
釜炊きならではの甘さを引き出した青森県産の青天の霹靂に、サービスの生卵をオン。
食べる醤油を添えて、最後のハンバーグと一緒に。
肉のジューシーさ、醤油の旨味、黄身の甘味、そして炊き立てのご飯。
もう、完璧なカルテット、究極の卵かけご飯と言っていいでしょう。
 
どの食べ方でも美味しいだけでなく、目の前で作られる、焼かれる、炊かれる、運ばれる、食べ方を変える、という一連の流れが楽しいです。
目で、耳で、鼻で、箸で、そして食感で。
五感をふる回転させるエンタテイメント性こそ、このお店らしさですね。
かなり、大満足なランチでした。
行列ができる人気店なのも、納得です。
 
ちなみにお店の入店方法は、毎朝9時から店頭で始まる記帳で受付すること。
事前予約などないので、ここに並ぶのがマストになります。
今回は朝8時前に到着したものの、すでに先客が。
8時半には、50人ほどが並んでいました。
恐るべし人気ぶりです。

|

正太郎うどん@上井草

本格的な武蔵野うどんを味わえる専門店。
大きな厨房を囲むように、広めなカウンター席が囲むつくり。
奥の大きな釡で、おじさんが黙々とつくってくれます。
メニューはシンプルに、つけうどん・かけうどんの2種類。
つけ汁に肉・きのこのバリエーションがあるものの、ご飯ものなどを用意しない、直球なお店です。

注文したのは、つけ肉汁うどん(750円)。
まずは、そのボリュームに驚きます。
お皿が大きくてスケールアウトしているのですが、お箸と比べるとサイズ感もわかるかと。
麺の量は、普通で450g。
太くて力強いコシが特徴的で、弾力がすごいです。
それでいて、のど越しはもちっとした感じ。
小麦の味わいがしっかりしています。
つけ汁は、軽く甘さを感じる特製のもの。
お肉や野菜の旨味も加わり、麺との相性はばっちりです。
ボリュームが多いから、途中でネギ・すりごま・一味でアクセントを加えて。
こっちも美味しいですね。

食べ終えたあとに、満足感しか残らない美味しさでした。
最近、武蔵野うどんを食べる機会が多いですが、讃岐とは違う関東ならではの美味しさ。
東京で、もう少し流行ってもいいんですねどね。

|

CIDERNAUT@渋谷

NHK西門近くにある、シードル専門店。
ずらーっとならぶタップには、様々な樽詰サイダーが。
ものすごく気になりますが、今回はランチでの訪問です。

注文したのは、プルドポークのベーグルサンド(セット1100円)。
味はしっかりしつつも、適度に脂分が抜けたプルドポークが、たっぷり詰まっています。
あっさり感じたのは、すりおろしリンゴの甘さと爽やかな酸味のおかげかな?
ほんのり甘みのする、もちもちでボリュームあるバンズで、食べ応えも充分。
見かけ以上に、おなかいっぱいになります。

おしゃれなお店で、扉をあけたなか、風を感じながら過ごすのが、なんと気持ちいいこと。
仕事中の昼休みに訪問すると、シードル飲めないのが非常に残念です。

|

えびくら@渋谷

コロナ禍で飲食店も早く閉まってしまうなか、早めに残業を切り上げたため、立ち寄ることに。
さっと食べられて、昼も夜も同じ値段、しかも駅に近くて便利…というラーメン屋さんです。

注文したのは、海老つけ麺(880円)。
小麦を感じる麺は、太めでもちもちした食感。
濃厚なつけ汁は海老の風味が効いていて、干し海老のアクセントも。
食べるように飲む感じですね。
途中、えび油を加えて風味をオン。
最後に、スープ割で一気に飲み干して。
美味しいのでしょうけど、身体が疲れきってるためか十分に味わえなかったのが残念です…

|

NIKUZO 江古田店

本格的な焼肉屋さんで、ランチタイム。
焼肉メニューもありますが、焼かないメニューも充実。
迷った挙句、チヂミビビンパセット(1100円)を注文。
焼き立てのサクサク食感なチヂミが、香りもよくて意外な美味しさ。
ビビンパは一般的な美味しさながら、野菜をいっぱい摂れるのは嬉しいですね。
韓国料理屋さんらしく、サラダやキムチ・冷奴・韓国のり・スープと副菜も充実。
食後には、セルフの梅シャーベットでさっぱり。
おなかいっぱいになりました!
 
今度は、焼くランチ食べてみよっと♪

|

La毛利@大泉学園

白石農園に面したレストラン。
ウッディな建物の大きな窓からは、畑が広がる風景。
お店に入っただけで、スローな気分になります。

ランチに注文したのは、パスタコース(1760円)。
最初に出されたバケット、これだけでもテンションあがる美味しさ。
ハード系の、表面がカリッとして、中がもちっとした仕上がりに悶絶。
もったいないからとゆっくり食べてたら、お代わりどうぞ、だって♪

選べる前菜は、自家製ハムのサラダ仕立て。
野菜の甘さに嬉しくなりつつ、自家製ハムの深い旨味に衝撃。
いやこれ、ワインほしくなる美味しさですよ。

メインのパスタは、7種の野菜のスパゲッティ。
お肉を使っておらず、野菜食べてる!感満載なのですが、ものすごい満足感。
バジルアクセントのトマトソースがかなり美味しく、パンにつけて最後までいただきました。

ランチセットにはドリンクがついてくるのですが、コーヒーを選択。
そして、追加で注文したデザート(660円)を注文。
迷った末に選んだのは、いちごのショートケーキ。
地元大泉の、関口いちごファームのいちごを使用している、とのこと。
スーパーには出回らないような、いちごの甘さにやられました。
これを、ふわっふわな軽さのたっぷりクリームで包んで。
スポンジもふわっふわで、全体的にものすごく軽い感覚なんだけど、適度な甘さで、味はしっかり。
落ち着きのあるコーヒーとの相性はぴったり。
なにこの完成度!デザートだけでも食べたくなるじゃん!と言いたい美味しさです。

かなり不便な立地ではありますが、人気店なのも納得です。

|

加藤農園@石神井公園

23区でも農業が盛んな練馬区にある、いちご農園。
不定期に開催される直売所で、紅ほっぺ と よつぼし を購入しました。
販売所は、栽培しているのと同じビニールハウス内。
ミツバチが飛んでいるので、ドアを開け放しNGです。
横で採れた完熟の苺をそのままパックに詰める、まさに地産地消です。

家に戻り、早速実食。
紅ほっぺ(L・700円)はスーパーにも並ぶ品種ですが、完熟ならではの味の濃厚さ。
しっかりした甘味と気持ちいい酸味のバランスがよく、ものすごく美味しいです。
完熟で販売できるのは、輸送しないから痛まない、収穫から消費までのタイムラグが無いからでしょう。
そしてもうひとつの、よつぼし(大盛り・650円)は、2017年に登録されたばかりの新しい品種。
とにかく際立つ甘さで、ナニコレ?って思わず言ってしまうほど。
風味もしっかりしていて、酸味は抑え気味で、とにかく美味しいです。
イチゴ界のシャインマスカット、みたいな感じでしょうか。
こちらも、完熟ならではの豊かな味わいなのでしょうね。

そしてこの日は、農園の前にキッチンカーが登場。
生酵素の乳酸菌入り 完熟いちごジュース(500円)をいただきました。
暑い日差しのなか、濃厚な甘さとすっきりした酸味の一杯は、身体を生き返らせます。
いちごそのものとは違う美味しさですね♪

|

志村電機珈琲焙煎所@豊島園

元々は電気屋さんだった場所で、ロースタリーとしても営業するカフェ。
生豆が並ぶ木箱から好きなものを選び、その場で焙煎して豆を購入することもできます。
もちろん、店内のエスプレッソマシンで抽出したコーヒーを飲むことも可能。
今回は、店内でいただいてきました。

注文したのは、カフェラテ(440円)。
気持ちいい泡と豊かなエスプレッソの香りに包まれた一杯。
気持ちいいです。
せっかくなので、イチゴタルト(430円)も注文。
フレッシュなイチゴの酸味と甘みがいいですね。
どーしてもイチゴを食べたかったのです♪

それにしても、おしゃれなお店です。
おしゃれなだけでなく、ちゃんと美味しいのが嬉しいですね。
きっと、また来ます!

|

七一飯店@渋谷(恵比寿)

週に1日、水曜日のみ営業する台湾料理のお店。
7日に1日で、七一飯店。
店内は、まるでガレージにでも迷い込んだような世界。
ガジェットが積みあがる壁に萌える人、ぜったいいるはず!
ゆるーいBGMが、まどろみのランチタイムを演出します。
 
ランチに注文したのは、魯肉飯(ルーローハン・770円)に玉子(110円)をつけて。
醤油ベースで味付けられた豚バラ肉は、台湾らしく五香粉の香り。
濃いめのタレでご飯が進むものの、玉子の黄身と混ざることでマイルドに変化。
日本人向けにアレンジされた味なので、台湾の夜市ほど汁気もないため、食べやすいです。
お代わりOKな高菜が、いいアクセントになってますね。
そして、スープは鶏ガラベースでさっぱりした仕上がり。
週1なのがもったいないくらい、美味しい組み合わせです♪

|

プルミエメ@代々木八幡

5月1日オープン予定で、現在はプレオープン中のカフェ。
「ちょっとよそゆきの朝ごはん」をコンセプトに、一日を通して朝ごはんが楽しめるそう。
古いビルの2階で、現在は看板も何もないため、ちょっとした穴場感。
無味乾燥なドアを開けると、そこは緑を木を基調とした、すっきりとした気持ちいい空間。
ディスプレイや使われている食器など、おしゃれ要素いっぱいです。
カウンター席の前に設置された大きな鉄板で料理する、カフェらしからぬスタイルです。
 
豊富なメニューのなかから迷ったすえに、ムイエットプレート(1600円)を注文。
目の前の鉄板で、発酵バターを使ってパンとアスパラガスを焼いてくれます。
ベーコンも焼き、ガラスの塗料を使った重厚感のある金属製の器へ。
赤と白の2種類の玉子は、自分で割るスタイル。
細長く切られたパンをディップして食べるのですが、これが面白い。
いい演出です。
生でも食べられるアスパラガスは甘味が強く、デュカスチーズ・原木ベーコンの旨味はしっかり。
私の好きな、淡路島の脱サラファクトリーの塩を使っているのも嬉しいポイント。
ビーツのサラダ、トマトのピクルスなどで添えて。
いやこれ、朝からシアワセな気分になれる美味しさですよ。
 
一緒に注文したドリンクは、コールドブリュー(600円)。
澄み切った一杯は、軽やかな香りと味わい。
濃厚なアイスコーヒーとは、また違う美味しさです。
 
プレオープンで既に話題のお店。
グランドオープンになったら、大人気になると思います!

|

しょうが焼きBaKa 渋谷宮益坂店

昨日、4月19日にオープンした、しょうが焼き専門店。
豚モチーフのデザインが、いたるとことに散りばめられています。
 
ランチに注文したのは、桃豚の上ロースオススメ盛(1100円)。
柔らかく、旨味や甘味がしっかりした豚肉の美味しさ。
でもそれ以上に、辛味すら感じるほど強烈な生姜のインパクトが大きいです。
奥久慈卵の濃厚な黄身で、かなりマイルドに味変。
インパクトとインパクトが、真っ向勝負な味わいです。
 
添えられた豚汁は具沢山で、食べ応えのあるもの。
ご飯のボリュームは、同じ値段で変更可能。
目の前には、取り放題のお新香が。
美味しいことは確かですが、若者向けのランチですね。

|

しら河 今池ガスビル店@名古屋

今池駅直結のビル内にある、ひつまぶしのお店。
観光客の姿はほとんどなく、地域に支持されているような雰囲気。
 
夕食に注文したのは、しら河のひつまぶし(2800円)。
かりっとした香ばしい皮、脂がのったふわっとした身が特徴的で、うな重でもない、ひつまぶしに特化した焼き加減です。
まずはそのまま、次に薬味をかけて、さらに次は出汁をかけて茶漬け風に。
そして最後に、好みのスタイルで食べるという、ひつまぶしのお作法で。
醤油やみりんをベースに数十年継ぎ足したタレはしっかりした味わいで、どの食べ方にも最適化されてます。
関東の人にとって茶漬け風の食べ方は不思議でしょうが、出汁をかけても美味しさキープな鰻の焼き加減が、他の食べ方とは違うポイントかも。
出汁の風味がしっかりしているから、単なる茶漬けとも違って旨味豊かです。
注文してから、後から出汁を持ってきてくれるので、アツアツの状態で食べられるのも嬉しいですね。
ひつまぶしの人気有名店は他にもありますが、味・値段のバランスから満足度は高いです。
 
せっかくなのでう巻き(3切880円)もいただいたのですが、こちらも美味。
お酒が欲しくなる一品です。
お酒といえば、メニューはひつまぶし以外にもつまみがいろいろ揃っているのも嬉しいですね。
機会があれば、ゆっくり過ごしたいものです。

|

山本屋本店 エスカ店@名古屋

名古屋駅前の地下街にある、味噌煮込うどんのお店。
本店と総本家の違いが、いまだにわからないのですが…
 
ランチに注文したのは、ささみと九条ネギ味噌煮込みうどん(1630円+税)。
ぐつぐつな熱さでなかったのは残念ですが、
噛み応えのあるしっかりした麺、味噌の甘味・旨味が効いた汁、久しぶりにいただきました!
うまく書けないのですが、独特な美味しさですよね。
煮込みなのに麺がのびきっていないのも、名古屋の味噌煮込みうどんの好きなポイント。
穴の開いていない蓋によそって食べるのが、名古屋流。
スープは出汁がしっかり効いていて、ストレートな味噌味ながらマイルドな仕上がりに。
途中で玉子を崩してさらにマイルドに変化させると、最後まで飲みきってしまいます。
九条ネギのシャキシャキしたアクセント、あっさりとしたささみの旨味。
添えられたお漬物はお代わりOKで、優しい味わいがいい口直しに。
 
たまに食べたくなる一品なので、久しぶりに食べられたこと自体にテンションあがりました♪

|

ほんのり屋 東京本店

東京駅 八重洲中央口の駅ナカにあるおにぎり屋さん。
新幹線にも近く、車内持ち込みのテイクアウト利用が多そうですが、イートインスペースも完備してます。
 
今回は、朝ごはんで訪問。
大きさは小ぶりながら、ふわっとした握り加減がいい感じです。
期間限定の蛸めし(280円)は、蛸めしがそのまんまおにぎりになった感じ。
三陸産の蛸自体やわらかく仕上がっているうえに、ご飯にもきっちり味が染みてます。
風味もしっかり感じられ、思ってた以上に美味しいです。
炙り紅鮭(280円)はたっぷり具材が入っていて、安定の美味しさ。
おにぎりに添えた味噌汁(170円)は簡単なものながら、出汁も効いた味わい。
 
軽く朝ごはんを食べたい、小腹を満たしたい、そんなニーズにはぴったりですね。

|

春水堂 渋谷マークシティ店

海外へ行けない分、せめて気分だけでも…という気持ちで訪問。
食事メニューも揃っているので、ランチしてきました。
 
注文したのは、牛肉麺(1050円)。
醤油をベースに煮込んだ牛肉がたっぷり入った麺は、台湾のソウルフード
ほのかな八角の香りがするものの、上品な仕上がりになってます。
ワイルドな台湾での味わいとは違うものの、美味しいですね。
せっかくなので、ドリンクセット(+500円)にしてタピオカミルクティーを注文。
春水堂といえば、タピオカミルクティーですよね。
今となっては他のお店との違いがわからないものの、優しい味わいが美味しいです。
 
台湾へ遊びに行きたいなー♪

|

スープとカレー@江古田

スタジオなど各所でのケータリングも行うカレー屋さん。
店名は「スープと」ですが、スープカレーはありません。
 
ランチに注文したのは、組み合わせを選べるあいがけ(1200円)。
黒酢ポークは、スパイスの手前に黒酢特有の甘さを感じる味わいで、さっぱりした仕上がりに。
コリアンダーチキンは、スパイスの間にコリアンダー特有の香りが広がるもの。
どちらもお肉がたっぷりで、というよりもお肉を食べている感じで、食べ応え充分です。
ほどよく辛さが効きつつも、スパイスを楽しむような感じ。
思った以上に美味しいです!

|

アーンドラ・ダイニング 渋谷

昨日、4月13日にオープンした、南インド料理のお店。
同日は南インドの新年ということで、おめでたい日のオープンです。
 
ランチは、オープン記念のスペシャル(2000円)のみ。
マトンやチキンに変更もできるとのことですが、せっかくなので基本セットのオールベジタブルで。
とにかくカレーの種類が豊富です。
一番のお気に入りは、コリアルというカレー。芋を炒めたものでしょうか。
他にも茄子、野菜などなど。
マンゴーなんてのもあったけど、果実の甘さを感じるけど、南インドでは子どもが好きなカレーなんですって。
お正月で、子どもに振舞われるのだとか。
どのカレーも美味しく、スパイスの具合が全く異なる味わいで、食べ比べが実に楽しい!
しかも、どれもお代わりOKなのだそう。
思わず3種類のお代わりお願いしちゃいました。
 
サラサラなギーライスでインドを感じたり、ふわっと揚がったプーリを初めて体験したり。
甘さ控えめなラッシーは、サービスで。
お店の方の気さくな対応も含めて、美味しくも楽しい時間でした♪

|

京熹@江古田

昨日4月12日にオープンした、四川料理のお店。
店内には中国語が飛び交うものの、建物自体も新しいためかチェーン店っぽい雰囲気。
実際は、近隣にある中華料理店の姉妹店のようです。
 
ランチに注文したのは、マーボー豆腐定食(850円)。
ボリュームある麻婆豆腐は、甘味とすら感じる旨味がしっかり。
適度な辛さ・適度なシビレで、豆板醤・ラー油・花山椒が効いた、四川風な美味しさ。
じわっと汗がでます。
ご飯が進みそうですが、お代わりOKなのは嬉しいポイントです。
取り放題でサラダと粥が用意されていますが、かつお出汁の効いた粥が意外な美味しさでした。

|

和食割烹 やまぼうし@渋谷

3月15日にオープンした和食料理店。
大きな木のカウンターが特徴的で、料理する様子を眺めながらいただきます。
 
ランチは、限定10食の松花堂弁当(2000円)のみ。
注文を受けてから、丁寧に造りこんでいくお弁当。
和食割烹ならではの上品な味わいで、美味しいの一言です。
とにかく品数が多く、目で見て楽しむお弁当。
熱いものには火を入れ、冷たいものには包丁を入れ。
サクサクの揚げ物、ふわふわな茶碗蒸し、しっかり味がしみ込んだ煮物。
程よい熟成具合で気持ちいい食感のお刺身など、嬉しくなる品がいっぱいです。
 
そしてこだわりのご飯は、木蓋の土鍋で炊いたもの。
甘味と旨味がはっきりしていて、昆布やお漬物が実に合います。
山椒が添えられた赤だしも、いいですね。
嬉しいことにお代わりできるので、ついもう一膳。
 
美味しいだけでなく、気持ちいい時間を過ごすことができました。
仕事の合間、かなりのリフレッシュです!

|

Good Eats by CITY ICECREAM&COFFEE@清澄白河

4月1日にオープンしたばかりのしたばかりの…何屋さん?
タピオカ、おにぎり、サンドイッチ、アイス、ソフトクリーム、コーヒー…メニューはいろいろ。
人が集まる近所の駄菓子屋、そんな雰囲気のお店です。

中途半端な時間だったので、店名にもあるアイスクリームを注文。
6種類が並んでいたので、ダブル(540円)を注文。
焼き立てのコーンを柔らかいままカップに入れるから、独特な形状に仕上がります。
チョコ&チョコチップは、チョコの味がしっかりしたアイスと、カリッとしたチョコチップの美味しい組合せ。
一方のりんごミルクは、さっぱりした美味しさで、りんご果肉のシャキシャキ感が気持ちいいアクセント。
この2種類の組み合わせ、ある意味最高かも。
美味しいです。

話を聞くと、NYでおにぎりやってたり、タピオカがウリだとか。
残念ながらスパムおにぎり売り切れだったので、またの機会に!

|

CAFE TANTON@清澄白河

4月1日にプレオープンした、倉庫を改装したドッグカフェ。床にリードをかけるフックがあったりしますが、みんな大人しい!普通に入っても、なんの違和感もないです。

ランチに注文したのは、デミグラスとチェダーチーズのハンバーグプレート(1150円)。100円追加して、サラダを2倍に。
メインのハンバーグは、手作り感溢れる手捏ね。お肉がしっかり詰まっていて肉感あるうえに、食べ応え十分です。肉汁が溢れ出るのもいいですね。
デミグラスソースとチェダーチーズの組み合わせ、テッパンすぎる美味しさです。
添えられたご飯は、嬉しい玄米。しかもボリュームたっぷりだから、しっかり食べられます。
ランチには、スープとサラダもついてきて。
カフェではありますが、しっかりご飯です。
店主の人柄のよさも、居心地のよさにつながりますね♪

|

ビーフキッチン 渋谷店

4月3日に渋谷ストリーム2階でオープンした、人気焼肉店。
白のタイルを基調とした清潔感あるお店で、目の前の焼き台を使うシステムです。
 
注文したのは、お得な切り落とし定食(1300円)。
平日ランチ限定のメニューで、構成内容は日によって違うみたい。
それでも、お肉のボリュームはたっぷりあるうえ、柔らかくて臭みは全くなし。
しっかり漬けこまれたタレの味がいいので、美味しくいただけます。
定食には、スープ・もやしナムルがついてきて、ご飯のお代わりOK。
この値段・この立地でこの内容、満足です!

|

ふたご 渋谷南口店

ホルモン系の焼肉屋さん。
大阪焼肉とあるのですが、そういうジャンルがあるんですか???
普段は夜営業ですが、コロナ禍でランチも対応しています。
 
注文したのは、焼肉定食(1000円)。
ごま塩キャベツ・ナムル・キムチに続いて、スープ・ご飯・メインの到着。
お肉には甘めのタレがしっかり漬けられていて、ご飯がすすみます。
見た目以上に食べ応えありますね。
厨房で焼いてくれるので、クイックランチにはちょうどいいです。
本当は、目の前の焼き台で、自分で焼いて食べたかったのですが、時間の都合で断念。
昼間だけど、ビール飲みたくなります。

|

オオナミ@桜台

天然酵母のパン屋さん。
店主一人でまわしている感じで、かなり自信をもってパンを提供されています。

クロワッサン(200円)は、一般的なものとは全く別のもの。
仕込水を使わず、卵を使用しているとのこと。
噛むほどに甘味を感じるモチモチとした食感。
生地の味、小麦の美味しさが、そのままストレートに伝わってくる感じ。
美味しいだけでなく、なかなかの珍しさです。

一緒に購入したチーズプレッツェル(180円)は、ロールパンの生地にチーズを入れたもの。
こちらも、通常のプレッツェルとは違い、しっとりもちもちとした食感。
天然酵母で優しく仕上げた、小麦の美味しさが伝わる一品です。

全体的に、旨味がすごくしっかりしたパンです。
しかも、値段が良心的ですし。
こういうパン屋さんが近所にあると、嬉しいですね。

|

えっぺ@飯山

北陸新幹線飯山駅の1階にある、立ち食いうどん・酒場。
本数が少ない新幹線を待つ間、さくっと立ち寄ることができます。

ランチに注文したのは、本気のサバカレーうどん(850円)。
カレーらしくスパイスが効いた、マイルドでクリーミーなスープが特徴的。
具材として入っているのは、サバのサバの水煮缶。
骨までやわらかいサバの旨味が、カレーと感じよく融合しています。
長ネギやえのきが入り、レモンのアクセントが加わっているためか、特融の臭みがないです。
ちょっと苦手な人でも、ものすごく食べやすく仕上がっています。
見た目のインパクト以上に、やさしい味わいですね。

ところで、何でサバの水煮缶?
なんでも、飯山市はサバの水煮缶の消費量が日本一で、どの家にもストックがあるのだとか。
夜には、サバの水煮缶を使ったおつまみも充実しているのだとか。
そういえば、隣では昼間から飲んでいる人たちがいたし。
気になりますね!

|

ウエストバレー@斑尾高原

斑尾高原スキー場のゲレンデ内にある大衆食堂。
スキー場本体とは違って、個人経営っぽい感じ。
いわゆるゲレンデ食ではなく、普通の食事ができます。
作り置きではなく、注文を受けてから作ってくれるのが嬉しいです。

ランチに注文したのは、カツカレー(1200円)。
野菜の旨味がしっかり出ていて、辛さよりも甘味が先にくる感じ。
食べすすむうちに、じわじわとスパイスが効いてきます。
ボリュームあるカツは、うれしい揚げたて。
ルウがかかっていても、サクサクした食感が気持ちいいです。

美味しかったので違う日にも訪問し、タンメン(1000円)を注文。
キャベツの甘さが際立つ美味しさで、野菜だけでなくお肉もたっぷり。
澄んだ塩ベースのスープにも、野菜の旨味がしっかり。
注文を受けてから具材を炒めているので、いいにおいが店内に充満してます。

どちらも、町なかの定食屋さんとして出しても、遜色ない美味しさです。
ゲレンデでこのクオリティを食べられるのは、嬉しいですね。
カウンターに並んでた日本酒、美味しいんだろうなー…

|

よし野@氷川台

いたって普通の、町のお蕎麦屋さん。
…かと思いきや、定食類がやたら充実。
一品もの、お酒も揃っていて、居酒屋的な雰囲気です。

ランチに注文したのは、かつ丼セット(980円)。
出汁が効いた、蕎麦屋らしいかつ丼。
弾力系で軽めのつゆのもり蕎麦。
オーソドックスだけど、リピートしても飽きないバランスが感じのいい美味しさです。
そして、ボリュームがしっかり。
近所にあったら、確実に通いますね。

|

がんちゃん@平和台

地域密着の、町の中華料理屋さん。店内の長いカウンター席に大きなモニターは、おひとり様も多いのでしょう。

ランチに注文したのは、札幌味噌らーめん(750円)。
濃厚な香りがする、しっかり味噌味。
ラードが少ないからか、脂っぽくなく食べやすいのもいいです。あっさりしながらも、食べ応えは十分な美味しさです。
丼が大きく、普通サイズでもものすごいボリュームです。

それでもつい、半チャーハン(450円)も注文。厨房から、中華鍋で炒めている音がはっきり聞こえます。
ぱらっぱらな食感で、旨味が効いた味わい。町中華より、味に深みがある感じです。

メニューはかなり豊富で、どれにするか迷うほどです。
店内は、結構な賑わい。地域から愛されている感で溢れてますね。

|

十割そば ひかり@栃木県高根沢町

車でないと来れない場所にある、一見普通の民家。
のぼりが出ていないと見過ごしてしまう、お蕎麦屋さんです。

ランチに注文したのは、ぶっかけそば(大盛・1300円)。
地元高根沢産(右)とやや離れた場所の馬頭産(左)の2産地相盛りです。
違いは…正直わからないくらい、どちらも力強い香り。
コシもしっかりしています。
そのまま食べても美味しいのですが、福島の温泉水から作った塩で食べると、嬉しくなる美味しさ。
つゆがあることを忘れるくらい、どんどん食べてしまいそう。

しばらくしてから、つゆをお皿に投入。
つゆに蕎麦をつけるのではなく、つゆをぶっかけるみたい。
大辛大根のツンとする辛味が、ものすごい刺激となって伝わってきます。
これクセになりそう。
削り節の風味も加わって、とにかく食が進みます。
いやこれ、なかなかの美味しさで、もう一皿お願いしたくなるほどです。

益子焼でしょうか。器も気持ちいいので、見ても楽しいお蕎麦。
そして高根沢産なんて珍しいと思ってたら、やはり量は少ないんですって。
こういうお蕎麦に出会えると、嬉しくなっちゃいますね♪

|

2-7珈琲の丘@那須烏山

ニュータウンのご自宅を改装し、午前中のみカフェとして営業。
高台の庭先にはテラス席を設け、全面に眺めのいい風景が広がっています。
気持ちいい風を感じながらの、モーニングです。

注文したのは、小倉トースト珈琲セット(680円)。
十勝産小豆を使ったあんこの優しい甘さと、バターのコクと塩気の美味しい組合せ。
苦味や雑味が控えめで、深い香りとコクを楽しむ珈琲。
ヨーグルトやゆで卵までついてきて、感じのいいモーニングセットです。
なんといっても、この風景を眺めながらぼーっと過ごしていると、運転の疲れも吹き飛びます♪

|

ピポンペン@渋谷

NHK西門近くにある、台湾料理?のお店。
古い建物をリノベーションした店内は、思った以上に高い天井。
ピンクの屋台をモチーフにした雰囲気が、かわいくて感じいいです。
 
ランチに注文したのは、魯肉飯+おまかせお惣菜3品(1100円)。
店内で食べるときは、スープかドリンクの注文も必要とのことで、ジャスミン茶(150円)も合わせて。
ランチは、アルマイト?のお皿に全てがのるスタイル。
魯肉飯は、台湾の屋台にあるものとは違い、ごろっごろとしたお肉がいっぱい。
料理研究家・小堀紀代美のレシピによるものらしく、ほんのり五香粉が効いて台湾の風を感じるものの、日本人でも食べやすいアレンジ。
添えられたお惣菜は、どれもがさっぱりとしていて、魯肉飯との組み合わせも抜群。
いやこれ、美味しいですよ!
一緒に注文したジャスミン茶も、いい口直しです。
お店オリジナルのグラスがかわいいです♪
 
ランチは他に、選べるプレートもあります。
屋台のようにお惣菜が並ぶなか、好きなものを選ぶのは楽しそうですね。
魯肉飯にするかすごく迷ったのですが、次の機会にはアラカルトで選びたいです★

|

ZEBRA Coffee & Croissant 渋谷公園通り店

3月30日、津久井の人気ロースタリーの支店が、パークコート渋谷ザ・タワーにオープン。
ホール横の広場に面している、居心地のいいお店。
マンション居住者はもちろん、一般の人も利用できるので、朝時間に立ち寄ってきました。
店内の造りはちょっと複雑で、入口すぐに客席、奥に厨房とカウンター。
間に、タワーマンションのロビーを挟む形になっています。
 
注文したのは、カフェラテ(490円)とクロワッサン(380円)。
きめ細かい泡がクリーミーで、エスプレッソの豊かな香りがひきたつカフェラテ。
外はサクサク・中はしっとりを体現した、ものすごいボリュームのクロワッサン。
どちらも美味しい!の一言です。
お店の名前・ロゴにもなっているクロワッサンの存在感、大きいですね。
 
駅から少々離れているので、いつでも気軽に、というわけにはいきませんが、
区役所や代々木公園、NHKあたりに用事がある際は、立ち寄りたくなるお店です!

|

« March 2021 | Main | May 2021 »