« February 2021 | Main | April 2021 »

emma.@渋谷

NHK西門近くにある建物の一室。
恐らく元々は住宅だったであろう場所をリノベーションし、大きなカウンターの抜け感が気持ちいい空間に。
女将が一人で切り盛りする、アットホームなお店です。
 
ランチは、一汁三菜の日替わり(1100円)1種類のみ。
今日は、カジキと春キャベツの味噌バター炒め。
味噌の旨味とバターのコクが感じよく合わさって、野菜の甘さとともに深い味わいに。
ほっこりしつつも、食べ応えある美味しさです。
ふわっとしたカジキも、気持ちいい仕上がりになってます。
 
定食には副菜として、スナップえんどうとしらすの新じゃが和風ポテサラ、ツナと春にんじんのしりしり。
ふっくらとした土鍋ごはんに、だしの効いた具沢山なお味噌汁。
女将の人柄があふれる、やさしいランチでした。
職場からもう少し近かったら、確実に通うお店ですね!

|

活惚れ@渋谷

静かな住宅街のなかにある、おしゃれな和食屋さん。
基本的に夜営業なのですが、コロナ禍でお昼も臨時営業。せっかくの機会なので、遊びに行ってきました。

ランチに注文したのは、刺身盛り定食(2200円)。
とにかく豪華、の一言です。
キンメ、マグロ、ハマチ、サバ、ホタルイカ等々、ネタが新鮮で美味しいです。
脂もいい感じにのっていて、炙った身からは食欲をそそる香ばしさが。
イクラや雲丹は、おもわずご飯に乗せて丼仕様にしてみたり。
楽しいです♪
隣の人がビールのんでたのも、納得です。

小鉢も充実していて、煮魚の味加減は絶妙。
サラダにはシラスがのってるし、菜の花では季節感を感じるし。
ご飯がすすむ~と思ってたら、嬉しいことにお代わりOK。
値段はちょっとはりますが、中身もそれだけ、いや値段以上に充実しています。
期間限定なのが惜しい!と思ってしまいますね。

|

へぎそば匠 渋谷文化村通り店

普段は夜しか営業していない、新潟名物へぎそばのお店。
コロナ禍でランチ営業している貴重なタイミングに行ってきました。
 
注文したのは、へぎそば(780円)を大盛(+300円)で。
つなぎに布海苔を使い、ヘギといわれる器に、波をイメージするように盛り付けるのが特徴的。
ぬるっとした舌ざわり、弾力のあるかみごたえ、見事な緑色と、これぞへぎそば!と言いたくなる美味しさです。
瑞々しいお蕎麦で、のど越しも気持ちいいです。
ちょっとあまめのつゆが、いい感じに合うんですよね。
久しぶりにいただいたけど、東京でこの味を楽しめるのは、嬉しい限りです♪

|

地蔵@大泉学園

古民家っぽい内装の、人気とんかつ店。
ランチタイムから少しずらしたものの、お店の外までウェイティング。
それでも、待っている間にお茶を出していただいたのが、嬉しい配慮です。

ランチに注文したのは、ロースかつ御膳(180g 1480円)。
自分ですった胡麻をたれに入れるため、豊かな香りがしっかり。
肝心のロースかつは厚みがあるうえに、絶妙な火加減がやわらかくてジューシー!
お肉の、脂の甘味をしっかり感じることができます。
サクサクな衣も気持ちよく、美味しいロースかつですね。
選べるご飯は、野沢菜を選択。嬉しいことにお代わりOKです。
かつのボリュームがしっかりあるので、思わずお代わりしちゃいました。
具沢山のお味噌汁もお代わりOKなんですよ。

総じて、満足度の高い内容です。
奥のテーブルで、昼間からビール飲んでる人たちが羨ましかった…

|

すーさん@桜台

千川通りの桜並木に面した、たこ焼・焼きそば・お好み焼きのお店。
そとにも席を用意しているので、桜を眺めながら過ごすことができます。

今回注文したのは、ねぎだこ(600円)。
ふんわりクリーミータイプで、中にはたこがたっぷり。
選べるソースの種類は多いですが、一番ベーシックな甘口のソースで。
はふはふしながら食べ、思ってた以上に美味しいかも、
いつもお客さんがいるのも、納得です。

そして、コロナ禍で花見宴会ができないなか、お花見しながらまったり。
お店では、ビールなどのアルコールも売ってるし。
ものすごく飲みたいところですが、運転があるため泣く泣く断念。
それでも、気持ちいい時間です♪

|

Kotli@渋谷

のんべい横丁の一画にある、パキスタン料理のお店。
お父さんがパキスタン人の美人店主による、オリジナルレシピのカレーなどをいただけます。
小さなお店ですが、居心地のいい雰囲気です。
 
ランチに注文したのは、2種カレー(1200円)。
チキンキーマはクローブが効いた独特のスパイス使いで、青唐辛子の辛さがストレートに。
新じゃがいもは、全体的に優しい仕上がりに。
無水らしく、味が濃いのも嬉しいですね。
スペアミント・パクチー・青唐辛子・ヨーグルトなどを混ぜた酸味のきいたチャツネで味を調えたり、爽やかなピクルスを間にはさんだりすると、味の変化が楽しく最後まで飽きない一皿です。
そして、もちもちした全粒粉のチャパティとの相性もよく、お腹にもしっかりたまります。
 
ここのカレー、相当な穴場かも。
美味しいだけでなく、他では食べられないオリジナリティがあります!

|

パンコントマテ 江古田店

よく見かけるイタリアンのチェーン店?チェーン店っぽくない雰囲気が、居心地よくていいです。

ランチに注文したのは、ナポリタンコンボ(1290円)。
うどんのように太くもちっとした麺が特徴的。
厨房を見ると、うどん釜のような大釜で茹でているようです。
味付けは王道のケチャップ味で、タバスコ・粉チーズが合います。
コンボということで、ソーセージ・ベーコン・なす・しめじ・トマト・ピーマン・しいたけと、具材は豊富。
しかもみな大振りで、しっかりと食べてる感がします。
ランチは、いくつかの選べるメニューから2つをチョイスできるもの。
私は、大盛りと自家製アイスハニーレモネードにしたのですが、大盛りのボリュームがすごい!
お腹いっぱいになれます!

|

電光石火 渋谷センター街店

昨日3月23日にオープンした、広島風お好み焼きのお店。
スタッフさんはみな広島出身という、本物のお店。
新しくオープンした商業施設 HULIC & New UDAGAWAの9階ということで、眺めがいいです。
店内は、鉄板カウンター席と、普通のテーブル席。
もちろん、カウンター席を選ぶよね。
 
ランチでの訪問ですが、特にランチメニューは無いみたい。
グランドメニューの、電光石火(1276円)を注文。
目の前の鉄板で手際よく作る様は、さすが広島出身。
キャベツたっぷりなのが、広島風らしいですよね。
そばと合わせて、食べ応え充分です。
ダブルの玉子で包まれ、たっぷりネギがトッピングされているのが、ビジュアル的にもいいです。
ネギのシャキシャキした食感だけでなく、大葉の風味、イカ天のアクセントもいい感じに効いています。
もちろん、豚肉はしっかり。
そして、定番のオタフクソース。
 
九州出身者としては、やっぱりお好み焼きは広島風だよなーと思いつつ、
鉄板から直接ヘラで食べていたら、「食べ方が慣れている」と店長さんからひと言。
それが普通と思ってたけど、この食べ方に驚くお客さんが多いんですって。

|

魚がし寿司@桜台

裏路地にある、少々地味なお寿司屋さん。
店内は清潔感があり、カウンターにいるのは若い大将。
ネタケースを前にしたカウンターのお寿司屋さんって、嬉しいですよね。

ランチに注文したのは、海鮮丼・竹(800円)。
見た目が華やかなだけでなく、ネタの鮮度もいい感じです。
しゃりもちゃんとした酢飯で、お寿司で使っているのと恐らく同じ。
海鮮系居酒屋の海鮮丼とは違い、お寿司屋さんらしい海鮮丼です。
美味しいだけでなく、この値段でこの内容は、嬉しいですね。
おまけの小鉢が、意外にも充実していて、これだけでビール飲めそう。
隣のテーブルでは、昼からいい感じに飲んでるし。
いいなー

|

がんバル@練馬(桜台)

昨日3月21日、練馬駅と桜台駅の中間にオープンしたイタリアンバル。
シンプルな店内はバルっぽくないですが、味のある手作り看板が目立つお店です。
 
今回はランチで訪問。
オープン2日目で、ランチメニューはあと2~3日後にはじめる、とこのと。
代わりにグランドメニューをリーズナブルに提供しているそうです。
 
注文したのは、卵とベーコンのカルボナーラ(920円)。
目の前に提供された時点で、たっぷりかけられたチーズの香りと、炒めたベーコンの香ばしさがしっかり。
もちろん、口に含むと香りで溢れかえります。
パスタ自体は、軽くもちっとした感じ。
パワー系な印象で、チーズ好きでベーコン好きには、たまらない美味しさですね。
それでも、植物性クリームを使って脂肪分を抑えめにしているのだそう。
がっつり食べたいとき、嬉しい一皿です。
 
お店のイチオシは、アヒージョとのこと。
最初に言ってよーと思いつつ、次の機会のオーダー決定です。

|

3 Little Eggs ららぽーと富士見店

豊洲とは違って、結構大きな商業施設。
意外と飲食店が少ないなか、人気のオムライス店に入ってきました。

ランチに注文したのは、イタリア野菜のラタトゥイユ(1180円)。
選べる卵のタイプは、もちろんドレスで。
ドレスのようなひだが特徴的ですが、意外とふわっとはしておらず。
ふわふわを求めるなら、もうひとつのクラウドのほうがいいのかな。
フレッシュバジルの風味がしっかり効いたフレッシュトマトのソースが、なかなかの美味しさ。
ドレスの下のケチャップライスとの相性もばっちりです。
そして、茄子などの野菜もたっぷり入っていて、食べ応えも充分です。
見た目だけでなくちゃんと美味しかったので、人気なのも納得です。

|

カルダモン@氷川台

地域密着系の洋食屋さん。
「ピザハウス」と名乗るものの、ピザ以外のメニューも充実。
のんびりとした雰囲気が、居心地いいお店です。

ランチに注文したのは、オニオン・ガーリック・ソーセージ・トマトのミックスピザ(1000円)。
とろーりとしたチーズが印象的な美味しさですが、オランダ産のゴーダチーズを使っているとのこと。
具材のシャキシャキ感がよく、ガーリックのアクセントも効いてます。
具材たっぷりで、見た目以上にかなりの厚みなためか、サクサクやモチモチとは違う、手作り感のある生地が崩れそうです。
今回は、150円を追加してミニサラダセットに。
おまけのサラダにしては充実していて、レタスがちゃんとシャキシャキしています。

普段使いできる、便利なお店ですね。
今度は、パスタやオムライスも食べてみたいです!

|

IGOR COSY@渋谷(神泉)

神泉駅すぐ前にある、和食中心の居酒場さん。
木の温もりが落ち着くこじんまりとしたお店で、ゆっくりと過ごしたくなる場所。
駅前なのに、隠れ家的な雰囲気があります。
 
本来は夜のみの営業ですが、コロナ禍でランチも営業しているとのこと。
注文したのは、手造りアジフライ定食(1000円+税)。
からっとした衣に包まれた、厚めでジューシーなアジ
ヨーグルトと胡瓜を使ったジャジキソースとの相性もよく、さっぱりした感覚です。
そして、おばんざい定食と銘打っているだけあって、小鉢が充実してます。
鶏とザーサイのガランティーヌは、和のなかにフレンチのテイストを感じる、やわらくてジューシーな仕上がり。
人参とピーマンの和え物は、さっぱりとした口当たりが、いい箸休めに。
そして小松菜・なめこ・とろろは、何も言わずにご飯にかけて。
いやこれ最高に楽しい定食です!
ご飯がとにかく進むのですが、嬉しいことにご飯・みそ汁ともにお代わりOK。
食べすぎとはわかっていても、つい箸が進んでしまいます。
 
せっかくなので、名物の笹豚焼売も追加注文(2個300円+税)。
せいろで蒸したてが提供される嬉しさで、おおぶりの焼売には餡がぎっしり。
ジューシーな豚の旨味と脂をしっかりと味わいつつ、たけのこの食感、帆立の甘味、そして雲丹の風味で深い仕上がりに。
これは美味しいですね。
夜、焼酎と合わせたくなります。
 
お水の代わりに冷たい緑茶をいただいたり、食後には熊本・江口農園のタンカンをいただいたり。
そして、きさくなスタッフの皆さま。
自分だけのお気に入りにしたいけど、みんなにも知ってほしい、味と居心地が両立する気分いいお店です♪

|

あわよくばあー@渋谷

渋谷マークシティの下、道路から直接入る場所にあるバル。
最近はじめたランチは、天ぷらを中心としたラインナップです。
 
注文したのは、大穴子天丼(1350円)。
まずは、穴子の大きさにびっくり。丼から完全にはみ出てます。
ネタの種類がとにかく多く、パズルのような組み合わせ。
さらにその上に、イクラをトッピング。結構な量で、ネタの隙間にこぼれるほど…。
もう、力業のような天丼ですね。
ちなみにネタは大穴子のほかに、海老・海老かき揚げ・かしわ・かぼちゃ・茄子・ブロッコリー・海苔。
食べやすいように別皿を用意していただけますが、ボリュームとにかくすごいです。
本当は玉子の天ぷらも追加したかったけど、きっと食べきれなかったでしょう。
おなかいっぱいです!

|

呑兵衛@渋谷

広島出身の店主による、お好み焼きのお店。
東京らしく関西風やもんじゃ焼きまで幅広いラインナップですが、ここは広島風でしょ!
久しぶりに堪能してきました。
 
ランチに注文したのは、安芸の宮島焼き(1260円+税)。
客席からも見える厨房の鉄板で焼いてくれ、目の前の鉄板に出していただきました。
もちろん、直接へらで食べましたよ。
見た目にも、タマゴのビジュアルが印象的!
食べてみると、キャベツとネギのWシャキシャキが気持ちいいです。
麺が細めなので、キャベツと見事に一体化。
時おり訪れる、豚肉やイカ天のアクセント。
そして何と言っても、オタフクソース!
ソースの裏で、チーズや紫蘇のアクセントがいい具合に効いています。
東京で、こういうお好み焼きを食べられるのは嬉しいですね♪
 
普段は夜しか営業していないお店ですが、コロナ禍でランチタイムも営業。
ランチメニューが用意されているわけではないのですが、代わりにドリンクサービス。
ジャスミンティーをお願いしたのですが、ハイボール飲んでるみたいな絵。
本物のお酒が飲みたくなります♪

|

渋谷とんかつ げんかつ

昨日3月15日にオープンした、とんかつ専門店。
SHIBUYA109からすぐ近くという立地で、本格的なとんかつをいただけます。
ただし、お店自体はカウンターだけの簡素なつくり。
食券を事前に購入するスタイルです。
 
ランチに注文したのは、林SPFの上ロースカツ定食(1800円)。
注文してから肉をととのえて、衣をつけ揚げるスタイル。
低温で一定時間揚げたら、油からカツをひきあげ、余熱で最後の調整。
火加減のいいお肉は柔らかく、ほのかにピンク色をしています。
適度な肉の甘味で、美味しい豚肉ならではの味わいです。
ロースだけど、くどくないのも好印象。
そして、薄く軽やかでサクサクな衣。
王道のソースだけでなく、削りたての岩塩、さらには山葵醤油まで。
岩塩では、豚の味わいをストレートに楽しめます。
 
場所柄どうかと思ってたけど、意外にも美味しかったです。
豚肉は、国産の林SPFだけでなく、カナダ産の日本名ブランドも。
もちろんいろんな部位があるので、他のものも食べてみたいですね。

|

Casa de SARASA@渋谷

DJ SARASAさんプロデュースのメキシコ料理店。
店内は陽気なテイストで、基本的には夜に盛り上がるお店。
コロナの影響か、最近ランチをはじめたので、やっと足を踏み入れることができました。
 
注文したのは、煮込みタコスのエンチラーダ(900円)。
トルティーヤの皮の間に、ティンガというほぐし鶏肉がミルフィーユ状に。
全体をまとうのは、サルサロハという焦がしトマトのサルサ、チーズ、パクチーなどなど。
トマトソースの香り、サルサの刺激、パクチーの風味が、食欲をそそります。
鶏肉はツナみたいな食感で、ちょっと独特。
トルティーヤが程よく柔らかくなっていて、ナイフで切って食べる感覚が面白いです。
カジュアルな美味しさで、コロナビールが欲しくなっちゃいますね♪

|

KOFFEE MAMEYA kakeru@清澄白河

最近オープンした、倉庫をリノベーションしたカフェ。
いや、ここをカフェと言っていいのでしょうか。
とにかくオシャレでストイック。
豆だけでなく、空間や器、提供の方法まで、こだわりの詰まった場所です。

まず、豆の種類が豊富。
シートに並んでいるのは、22種類の豆。
原産地・ロースタリーの名前が刻まれ、煎り具合・口当たりのマトリックス表示。
化学の元素周期表のようです。

注文したのは、コーヒーマメヤ コース(2500円)。
数ある豆のラインナップの中から1種類だけを、7種類の飲み方で楽しむコース形式です。
今回の豆は、Code BlackのWorka Sakaroというエチオピアの豆。
こうしてみると、コーヒーって情報を飲んでいるようですね。
情報処理できない私は、飲み方だけを単純に楽しんできました。

まず最初は、コールドブリューの2種類、ストレートとモクテル。
つづくミルクブリューはミルクティーのようなテイストの、ストレートとモクテル。
目の間でのペーパードリップで、華やかな香りと軽い酸味・さわやかな苦味を楽しみつつ。
最後に、濃厚なクリーミーさのラテと、しっかりとした酸味ながら苦味・えぐみを感じさせないエスプレッソ。
どちらも、添えられた菓子とともにいただいて、お砂糖などの代わりに。
どれも同じ豆なのに、飲み方でこんなに違うんだ!って感動しちゃいました。

メニューを見ると、コーヒーカクテルという魅惑的な言葉が。
お店の方に相談すると、まずはコーヒーハイボール(1200円)を!ということだったので、言われるがままに。
カンパリにコーヒーを漬け込んだそうですが、口にした瞬間ゴング鳴った!というインパクト。
カンパリって、こんなに変化するんですね。
語彙が乏しくて申し訳ないのですが、走り抜ける香りがとにかく衝撃的で、何杯でも飲みたくなる美味しさ。
ひとりで、お店の方を巻き込んでテンションあがってました♪
こうなると、他のカクテルも気になります!

|

NICO 25 TO GO@清澄白河(森下)

地元では人気のNICOにある、カレーとクラフトビールのお店。
コロナ禍で2階がお休みになっているなか、1階のカウンターで過ごしてきました。

ランチに注文したのは、丹波山産鹿肉ジビエカレー(1200円)。
スパイス感を抑えめにして、ストレートに鹿肉を喰らいます。
臭みなど全く感じず、やわらかくて食べやすいお肉がいっぱい。
無水なのか、ドライカレーのような感覚です。
ジビエが苦手な人でも、安心して食べられる美味しさ!

せっかくなので、このカレーに合うジンをマスターに選んでもらいました。
いただいたのは、TATSUMI DISTILLERYというクラフトジン。
岐阜県郡上八幡にある辰巳蒸留所によるもので、単独でも気持ちいいスパイスを感じる味わい。
たしかに、カレーのスパイスと合う!
ジビエとの相性もよく、カレーとジンのマリアージュに感動です。
この組み合わせ、クセになりそうです★

|

ひで@渋谷

花街としての円山町の情緒を今でも残す、おでん割烹料亭。
現在でも芸者さんを招いて「お座敷あそび」ができる、渋谷では貴重な場所です。
そのような料亭ですから、基本的に夜のみの営業。
ただし、コロナ禍にあって、今はお昼も営業しているとのこと。
貴重な機会に、ランチしてきました。
 
注文したのは、おでん定食(1100円)。
優しい出汁で味付けられた、上品な味わい。
大きなおでんネタにはしっかり味が染みていて、昆布も鶏肉も、箸で崩せるほどの柔らかさ。
おでん割烹と名乗るだけあって、嬉しい美味しさです。
添えられた赤だしはしじみのダシがしっかり効いていて、マグロの刺身は熟成具合が絶妙。
お座敷で、お酒とともに楽しむのもいいけど、こうしてランチでしっかり味わうのもいいですね♪

|

マッシュポテト@練馬

バブル前のころおしゃれだった雰囲気の喫茶店。
柱にかけられた手作りの時計が、ものすごくいい味しています。

ランチに注文したのは、もうもうライス(800円)。
人気メニューらしいですが、洋風の牛丼、になるらしい。
挑戦してみたものの、ジャンクな美味しさが意外にもいい感じ。
ごはんの上にお肉や玉ねぎたっぷりのハヤシソース?がかかり、その上にチーズやハムなどでピザっぽい仕上がりに。
オーブンにかけられていて、器ごとアツアツです。
粉チーズやタバスコで味を調えると、ますますピザっぽい感じ。
ドリアかな?

添えられたサラダには、りんごの下に柿が添えられたもの。
食後のデザート的な感じです。
コーヒーもつけることができるのですが、時間がなかったので今回は飲まずに。
ゆるーりとした空気が流れるなか、ゆったり過ごしたいですね。
メニューが豊富だから、夜にくるのも楽しそう。

|

橙@桜台

遠方からも買い求める人がいるほどの人気ベーグル専門店。
白を基調とした店内は、それほど広くないものの、その種類は豊富。
どれにするか、かなり迷います。

今回買い求めたのは、オレンジクリームチーズ(270円)。
大きさは一般的ながら、重量感はしっかり。
生地にオレンジピールが練りこまれ、さわやかな風味がいい感じ。
真ん中にはクリームチーズがたっぷり入っていて、ちょっと嬉しいです。
肝心の生地は、もちっとした食感が気持ちよく、適度な水分で食べやすく。
普段ベーグルを食べない私ですが、これは美味しいです!
食べ応え、ありますね。
今度は何人かでシェアしながら、他の味も試してみたいです。

|

肉賊カウぼーず@練馬

基本的に夜営業の、熟成肉バル。
気になっていたのですが、コロナ禍のランチ営業で行ってきました。

注文したのは、サーロインステーキ(1380円)。
さすがに熟成肉ではないのでしょうけど、肉の旨味がしっかり。
ランチでもミディアムレアなのは嬉しいですね。
濃厚なガーリックソースがしっかり効いていて、ガーリックライスも食べ応えがあって。
マッシュポテト、ベイクドポテト、ほうれん草がついてきて。
さらには、ミニサラダとドリンクもついてきて。
アイスコーヒーで、食後まったり過ごせて。
なかなか満足なランチです。

コロナ落ち着いたら、夜飲みに行きたいですね♪

|

牡蠣入レ時@渋谷

以前より気になっていたオイスターバーも、コロナ禍でランチ営業。
なかなか行く機会がなかったので、立ち寄ってみました。

ランチは2種類。
でもせっかくの牡蠣のお店なので、牡蠣玉うどん定食(800円)を注文。
和風のかきたまスープに入っているのは、広島産のおおぶりな牡蠣が4個も。
ぷるんとした食感が気持ちいい、海の香りが濃厚な味わい。
もうこれだけで満足です。
うどんは正直普通だけど、スープがあっさりしていて、牡蠣の美味しさをしっかり堪能できます。

セットのおにぎりは、牡蠣の炊き込みご飯。
磯の香りがひろがりつつ、生姜がしっかり効いていて味がしまります。
この値段でこの内容、満足度高いです。
不謹慎ながら、ずっとランチやっててほしいな…

|

鮨処白河@清澄白河

千寿司からの暖簾変えのようで、お店の雰囲気や決済システムなど、当時のままです。
私にとっての大きな違いは、ランチ営業でしょうか。
早速いたたぎました。

注文したのは、サービスランチにぎり(1100円)。
しっかりと美味しいネタで、豪華さよりも中身を追求している感じ。
見た目お得感あふれるランチが多いなか、実直な美味しさです。
きっと、季節や仕入れによってネタも変えているのでしょうね。
こういう内容・お値段のランチにぎりでしたら、普段使いしたくなります。

|

タッポスト チャオラ@豊島園

旧としまえん近くの、小さなイタリアン。
ピザが人気らしく、外からもピザを焼く様子が見えます。

ランチに注文したのは、マルゲリータ(950円+税)。
モチモチした生地の、食感の気持ちよさが絶妙。
濃厚なモッツァレラチーズとトマトソースの程よい酸味の組み合わせがよく、アクセントの塩加減がよく。
マルゲリータが美味しいと、嬉しくなりますよね。

もう1枚のマルゲリータは、チーズを白糠のモッツァレラに変更(+300円)してもらって。
濃厚なチーズの海が、ヤバいと言いたくなるコクの深さ。
ふんだんに使われていて、贅沢としか言いようがないです。
ランチセットには選べるドリンクがついてくるので、赤いオレンジジュースに。
ピザのコクとジュースのさわやかな酸味が、神のような組み合わせです。
きっと、ワインと合わせても楽しいのでしょうね。

ピザがあまりに美味しかったから、ビアンカネーヴェ(1400円+税)も追加注文。
トマトソースを使わず、モッツァレラチーズがベースとなった白いピザ。
堂々とトッピングされているのは、大量のルッコラと生ハム。
チーズのコクと塩気がストレートに効いたベースに、生ハムの旨味、ルッコラのシャキシャキ感。
最高です。
思わずシェフに「美味しかったです!」と何度も言ってしまいました!

|

シズールデリ&サンドウィッチーズ@桜台

隣接するシーフードレストランの姉妹店。
店名のとおり、デリとサンドイッチに特化しています。
木と青を基調としていて、南のリゾートっぽい雰囲気。
旅行に出かけたくなります。

ランチに注文したのは、ガーリックシュリンプ(1100円+税)。
おおぶりのぷりっぷりなブラックタイガーに、ガーリックがしっかりと効いたソース。
食べるときに皮をとるから、ガーリックソースも一緒に取れるのがもったいない…と思うのは、私だけでないはず。
それでも、身までソースの味がついてて、美味しいです。
さっとレモンを絞って、風味を加えるのもいいですね。
添えられたポテトサラダが律儀な美味しさで、シャキシャキのサラダとドレッシングも美味。
嬉しいプレートランチです。

本来だったら別料金のドリンクも、LINE登録したら無料でいただけました。
クランベリージュースを選んだのは、さわやかな酸味から。
油たっぷりのガーリックシュリンプと、感じいい組合せです♪

|

天廣@練馬

武蔵野台地にあって、江戸前の天ぷらを食べられるお店。
そういえば見かけないな…と思ってたら、やはり少ないらしく、遠方から通うお客さんもいるのだとか。
厨房を囲むように配置されたカウンター席だけのため、週末は混みあうのだとか。
行列ができることを避けるために、予約優先にしているそうです。

ランチに注文したのは、天丼(1500円)。
海老2本、穴子、白身魚、茄子、蓮根、南瓜と、ネタのボリュームもしっかり。
継ぎ足して煮詰めたタレのつけかた、甘さが絶妙。
丼のご飯の底にたまらない程度がベストなんですって。
その代わり、天ぷらにべちゃっとつけてないのがいい感じ。
からっと揚がったサクサク感と胡麻油の香りを、気持ちよく楽しめます。

最初の突き出しは、サービスで2品。
ひじきの煮物は、出汁がしっかり効いた優しい味わい。
子持ち昆布のぷりぷり食感も気持ちよく、だし醤油・鰹節アクセントがいい感じ。
これだけで、日本酒が飲みたくなります。
そして味噌汁は、出汁がしっかりした豆腐・しめじの合わせ味噌。

他の天ぷら・つまみが気になるほどの、満足度です。
今度は夜、日本酒に合わせてゆっくり過ごしたいです。

|

アランダルース@江古田

異文化の香りする、スペイン・モロッコ料理のお店。
海外へ行けないぶん、国内で旅行気分です。

ランチは、大きくパエリア(1100円+税)とタジン鍋(1200円+税)。
最初に出てくるサラダは、ランチセットにありがちな内容ですが、刻み野菜がいいアクセントになっているのか、なんか美味しいです。
ビーフのタジンはシナモンやら何やらの独特なスパイスが効いていて、牛肉がしっかりとやわらかく煮込まれています。
野菜にもしっかり旨味が染みていて、オリジナルのスパイスも食べやすく、なかなかの美味しさです。
一緒にたのんだミートボールのタジンは、牛肉100%の手作りミートボールのトマトソース煮込みって感じ。
豆などの野菜もたっぷりで美味しいものの、恐らく現地では食べないだろう半熟玉子は、日本ならではのアレンジですよね。
どちらもボリュームたっぷりで、せっかくのバケットを完食することができず。
ソースにつけたら絶対に美味しいのに、ちょっと残念です。

その代わり、モロッコティー(+100円)を追加注文。
ミントとレモンバームが効いた爽やかな風味で、軽く甘めなバランスがちょうどいい具合。
甘ったるくないのでハーブをすっと楽しめるだけでなく、
かわいいグラスとポットにテンションがあがります。
食後の、気分いい時間ですね♪

|

P/man@渋谷

自家製熟成肉を楽しめる居酒屋さん。
コロナ禍において、ランチタイムにテイクアウトのお弁当を販売中。
店内での食事もできるとのことで、カウンターで食事してきました。
 
注文したのは、炙りロース豚重(1000円)。
炙られた香ばしさが食欲をそそる豚ロースが、お重にたっぷりのっています。
お肉たっぷり食べられるうえに、想像通りの美味しさで、嬉しいです。
半熟玉子と一緒に食べると、お肉がマイルドな感じに。
紅生姜のフライやネギと一緒に食べると、お肉がすっきりした感じに。
変化を楽しみながら食べられるのも、嬉しいですね。
 
夜時間に訪問したことがないのですが、自家製の熟成肉食べたいな…

|

そばだ家 渋谷店

本日3月1日にオープンしたお蕎麦屋さん。
立ち食い的な感じですが雰囲気はよく、国産蕎麦粉十割使用。
お水を用意していない、現金が使えないなど、ちょっと特徴的です。
 
ランチに注文したのは、桜えび揚げ玉ぶっかけ蕎麦(冷・650円)。
細くてもしっかりしたコシが特徴的。のど越しも気持ちいいです。
サクサクした揚げ玉の食感が気持ちよく、桜海老の風味が鼻腔をくすぐり。
出汁の効いたつゆも濃すぎず、美味しいバランスです。
せっかくなので、和牛の牛すじ煮込み小丼(380円)も注文。
しっかり味が染みた煮込みで、味が濃すぎずやわらかい加減がいい感じ。
七味をかけながら食べると、アクセントになって味がしまります。
このあたり、煮込みならではですよね。
 
メニューを見ると、お蕎麦は冷たいものしか用意していないみたい。
蕎麦そのものを楽しんでもらう指向のようですね。

|

« February 2021 | Main | April 2021 »