« July 2020 | Main | September 2020 »

長瀞駅

Img_1252

Img_1255

Img_1257

今回は車で来たけど、電車でもアクセスのいい長瀞。
主要観光地が、駅周辺に集まっているので、車がなくても便利そうです。
駐車場も駅周辺なので、利便性は同等かも。

 

その中心となる、長瀞駅。
タイムスリップしたかのような、レトロな雰囲気が感じいいです。
木の温かみ、そのままですね。

|

高坂SA下り@関越自動車道

Fullsizer_20200831073701

久しぶりのお出かけで、朝ごはん休憩。
昔ながらのサービスエリアで、フードコードに昭和感ただよってます。

 

注文したのは、東松山味噌かつ丼(820円)。
朝から厳しいかな?と思いつつも、少しでもご当地ものを、という気分で。
出てきたのは、想像通りなかなかのボリューム。
オレンジ色のソースが気になりますが、地元で焼き鳥でも使う辛味噌ベースなのだとか。
辛く塩気のあるソースで、とんかつとの組み合わせが面白いです。
肝心のカツは、すぐに提供できるようあらかじめ揚げられているもの。
これは仕方ないけど、その割には厚みもあり柔らかいので、満足感はあります

 

満足感というか、満腹感ですね。

|

CAFE KALDINO@練馬

Img_9821

輸入食材のKALDIが展開するカフェ。
KALDIの食材を店内で…と思ってたけど、普通のチェーン系カフェみたい。

 

注文したのは、アイスコーヒーと抹茶マスカルポーネのケーキ。
抹茶の香りと濃厚なマスカルポーネの組み合わせ、意外といいね。落ち着いた味にまとまっている感じです。
すっきりと飲みやすいアイスコーヒーも感じいいです。
駅に隣接する商業ビル内にあって、実質駅すぐなので、便利なお店です。
サンドイッチとか、季節のドリンクとか注文したほうが、より楽しめるかもですね♪

|

ステーキマン 新座店

Img_0879

晩御飯どうしよう…と悩むなかで見つけたお店。
屋根の上にいるスパイダーマンに気をとられつつ、入店。
店内はウエスタン調で、いろんなタイプの客席があります。

最初に登場したのは、グリーンサラダ(200円)。
サラダに入った大きな器から、1回だけすきな量を入れられるとのこと。
もちろん、自分なりのギリギリいっぱいで。
取り終えてもドレッシングはテーブルに置かれたままで、小皿もいただけるから、みんなでシェアできる嬉しさ。

そしてメイン注文したのは、日替わりのビッグステーキ240g(1100円)。
今回は、チャックアイという、肩ロースの部位。
熱々の鉄板で運ばれてくるのですが、240gはなかなかのボリューム。
火加減がいいのか、お肉が固くないです。
というか柔らかい。美味しい。
正直この値段だから期待してなかったけど、いい意味で裏切られました。
選べるソースは6種類。
一番ベーシックな特性バターにして、そのまま食べたり、ステーキ醤油をかけてバター醤油にしたり。
自由に使える塩コショウの種類も豊富で、アンデスやシチリアの岩塩、果てはオリジナルのコーヒーソルトまで。

さらには、ガーリック・オニオンの2種類の美味しいスープも飲み放題。
ごはんはお代わりし放題。
さらにはさらには、ステーキ食べ放題なんてものまで。
地元の人にも人気みたいで、早い時間でアッという間に満席、ウェイティングです。
とんでもないお店、見つけちゃいました!

|

キッチン ロックポット@上板橋

Fullsizer_20200828083501

緑豊かな城北中央公園に面した洋食屋さん。
ゆったりとした店内は木を基調としていて、ほっとする空間です。

 

ランチに注文したのは、ビッグハンバーグランチ(250g・1320円)。
まずは250円追加して、スープをビジソワーズに変更。
濃厚なじゃがいもの甘味そのものの冷製スープは、広がる自然を思い描くやさしさ。
ハンバーグは、注文してから厨房からペチペチと空気を抜く音がする作り立て。
優しい肉肉しさとでも言うのでしょうか。
ナイフを入れると適度な脂が出つつも、しつこくない仕上がりがいい感じです。
濃厚なデミグラスソースとの相性もバッチリで、肉の旨味が広がります。
なかなかの、レベルの高さです。
添えられた焼き野菜も甘味が増してるし、マッシュポテトもきめの細かい滑らかさが気持ちいいし。

 

正直地味な場所だけど、かなり穴場なお店です!

|

REINO COFFEE STORE@中村橋

Fullsizer_20200825080301

Img_0623_20200825080301

駅からすぐ近くにある、落ち着いたカフェ。
店内には焙煎機もあり、豆の販売もしているようです。
スイーツのラインナップも魅力的で…迷いますね。

 

結局、久しぶりにカフェラテ(450円)を注文。ゆったりとした優しい香りに、なめらかな泡の感覚を楽しんで。
プリン(450円)は、濃厚でしっかりした食感のもの。人気のタイプで、こちらも美味しいです。
まったりと過ごせる、気分いいお店ですね。
近所だったら、コロナじゃなかったら、スタッフさんとおしゃべりして過ごしたかったな♪

|

菓人@新座

Img_0907

駅から離れた住宅地にある一軒家洋菓子店。
こじんまりとしたお店ですが、店内でお茶することもできるみたい。
今回は閉店ギリギリの時間だったので、持ち帰りにしました。

いただいたのは、店名と同じ菓人(310円)。
スポンジの間にたっぷり入っているクルミの食感が気持ちよく、濃厚でしっとりとしたチーズの主張しない甘さがよく。
締まったスポンジも、チーズやクルミとの相性ぴったりです。
派手さはないけど、堅実で落ち着いた美味しさです。

地元の人しか知らなさそうな場所だから、穴場なお店といえるのでしょうね。

|

博多ラーメン ガツン 扇橋店

Fullsizer_20200823093701

清澄白河の先、住吉近くにある博多ラーメン店。
外にまで広がる豚骨臭に、奥行のある厨房・大きなずん胴。
食べる前から期待できます。

ランチに注文したのは、ガツンラーメン(600円)。
お店の、一番ベーシックなラーメンです。
運ばれてきたのは、かなり濃厚なスープの丼。
豚骨臭さがちゃんとある正統派で、東京ではあまりお目にかかれないタイプ。
ちょっと醤油ダレを感じるものの、しっかり豚骨スープです。
こういうスープに、かためのストレート麺が合うんですよね。
1杯までは無料の替え玉は、網杓子のまま丼に入れてくれる嬉しいサービス。
カウンターに置かれた紅生姜には「食べ終る前にちょこっと入れて口直しするのが博多流」。
私は替え玉のときにおかずとして紅生姜入れる派だけど、最初から入れないんですよね。
ついでに博多の人は、替え玉文化があるから、途中でスープを飲まないんですよね。

清澄白河の山小屋が閉店してしまった今、東京でこういうラーメンに出会えると思ってなかったから、かなり嬉しいね!

|

snow goose@中村橋

Fullsizer_20200822073201

Fullsizer_20200822073202

Img_0596

建物の隙間に、ひっそりとたたずむ一軒家。
こじんまりとした、雰囲気のいいイタリアンのお店です。
それほど広くない店内ながらも、厨房にはピザ焼きの石窯まであります。

 

今回は、ランチでの訪問。
前菜は、ビネガーが効いてさっぱりした、大麦と貝のサラダ。
ロマーナというナポリピッツァ(1700円)には、トマトソースをベースにバジル・モッツァレラ・オリーブ・アンチョビという組み合わせ。
ふわっとした生地は、石窯ならではの焼き具合。しっかりトマトな酸味を感じるソースに、広がるバジルの香りが嬉しい1枚です。
パスタ(1500円)は、枝豆とズッキーニのアーリオ。ガーリックが効いたオイルベースで、ホクホクした枝豆、程よい塩気、モチモチした食感が気持ちいい一皿。
どちらも、なかなかの美味しさです。

 

せっかくなので、食後のドルチェも。
迷った末に、桃のティラミス(650円)を注文。
しっかりした桃の甘さとティラミスの甘くビターな組み合わせが、なかなかの面白さ。単体で食べるのとは違う美味しさが、このドルチェの面白さです。
一緒にいただいた、香り豊かなアイスコーヒーとの相性もいい感じです。

 

総じて、満足度の高いお店。
駅からすぐ近くなのに、ちょっとした隠れ家を見つけたような嬉しさです。

|

CHEESE CHEESE CAFE 守谷店

Img_0536

渋谷で人気のチーズをメインにしたお店。
明るく開放的な店内はゆったりとしていて、渋谷とは違う居心地のよさです。

 

ランチに注文したのは、ふわふわチーズの雪山ボロネーゼ(1500円)。
テーブルに運ばれてきたのは、お肉たっぷりのボロネーゼ。
チーズは?と思ってたら、目の前で仕上げてくれるんですって。
スタッフさんがチーズとナイフを持ってきたら、イタリア伝統のハードチーズ「ベラ・ロディ」を、これでもかと削り続けて。
ボロネーゼが見えなくなってしまうくらい。
これがまた、ふわっふわで気持ちいい食感。
もう贅沢というか何というか、チーズ好きにはたまりません♡

 

ランチタイムは、500円追加でドリンク・サラダ・スープのセットに。
なんとどれもお代わりOK!
サラダのお代わりはもちろん、ドリンクもスカッシュレモネード、グレープフルーツ、アイスコーヒーと種類を変えて。
時間制限があるわけじゃないから、まったり過ごせるし。
時間があるときには、かなりおススメな組み合わせです。

|

パンダエクスプレス@渋谷

Fullsizer_20200820084001

Img_0959

先日オープンしたRAYARD MIYASHITA PARKのフードコートに、新規オープン。
アメリカへ旅行に行ったときの、あの味を、日本でも食べられるとは!
早速行ってきました。

開放感のあるフードコートに並ぶのは、PANDA EXPRESSのほかにもKUROOBI、TACO BELL…アメリカのフードコートみたい。
ケース内に並ぶ料理を選んで一つのお皿に盛るスタイルも、アメリカと同じ。
違うのは、サイズでしょうか(笑)
注文したのは、メイン1種・サイド2種のプレート(1050円)。
メインの炒麺は、ほんのり香る焼きそば。味はあっさり系。
サイドには、オレンジのアクセントが爽やかで甘辛しょっぱい味付けのオレンジチキン。
そして、独特な醤油タレのモンゴリアンポーク。

直接比べてないから正確にはわからないけど、アメリカで食べた味そのもの。
いい感じにチープというか、ジャンクというか。
日本で食べてみると、アメリカ版中華ファストフードなんだなって、よくわかる。
海外へ行けないぶん、ちょっとした旅行気分です♪

そうそう、フードコートに「水」が無いのが残念。
のどがかわくから、必然的にフリードリンク(+250円)を追加注文。
そんなに飲まないから、これは痛いです。
ペットボトル持ち込んでる人もいて、それ正解!と思ったけど、持ち込み禁止なんだよね。
隣のマックで飲み物だけ買うのも手かな。
うーん…

|

TRUNK BY SHOTO GALLERY@渋谷

Img_0664

Img_0718

ウエディングを中心に、イベントやパーティのスペース。
cafe & nomad working spaceとして営業していたので、ちょっと立ち寄り。
電源、wifiも完備していて、本当にここで仕事してもいいんだって。
かなり広くゆったりした、スタイリッシュな空間。
エントランスまわりのフラワーマーケットでは、センスいいドライフラワーが。
ゆるりと過ごすのに、かなり気持ちいい空間です。

いただいたのは、アイスコーヒー(300円)。
軽くビターな味わいで、暑い日には気持ちいい1杯。
飲み物だけだと、本当に作業で立ち寄る感じです。
スイーツとセットで、ゆっくり過ごしたいですね。

|

つかだ食堂 渋谷南口店

Fullsizer_20200818081501

渋谷マークシティのすぐ横にある、塚田農場が手がける定食屋さん。
夜も定食が食べられ、夜飲みにも対応しているという、なかなか便利なお店です。
お昼はもちろん、ランチメニューで夜よりも安く食べられます。

ということで、日替わり定食(880円)の生姜焼きを注文。
たっぷり生姜が効いた一皿で、意外と美味しいです。
生の生姜を使ってるのかな?身体があたたかくなる感じです。不調気味だった体調も、整いそうな感じ。
しっかり味付けだから、ご飯が進みます。
のどもかわくから水もお代わり。嬉しいことにレモン水・キュウリ水も用意してくれてます。
定食に添えられたポテサラも、家庭の味みたいな仕上がり。
全体的に美味しく、個人店なみの満足度です。

お会計のあと、塚田農場オリジナルのうまい棒もらっちゃいました。
やきとり味とのことですが、ちょっと甘めのタレ味でした。
こういうお土産も嬉しいですね♪

|

ル・ヴェール@清澄白河(住吉)

Img_0774

駅から少しはなれた、さらに大通りから一歩路地を入ったところにある、かなり目立たないイタリアン。
近隣には大型マンションもあるから、近所の人が利用するのかな?

ランチに注文したのは、自家製サルシッチャとブロッコリーのオイルソース・スパゲティーニ(1200円)。
アルデンテの気持ちいい食感が、ファーストインプレッション。
さらっとした質のいいオイルに程よい塩気、そしてしつこくないガーリックの効き具合。
肉肉しさを持ちながらも、さりげない美味しさのサルシッチャ。
アクセントを添える、ブロッコリーの食感。
シンプルなだけに、バランスの取れた美味しさが光ります。

かなり穴場なお店で、勢いさえあれば夜も来たいです。

|

キイロイジュース@清澄白河

Img_0802

8月7日にオープンした、バナナジューススタンド。
暑い日に店内で飲めないのは残念ですが、外でキンキンに冷えたバナナジュースというのも、悪くないです。

オーダーは、フレーバーなどいろんな組み合わせがあるみたい。
今回は最初なので、黒ごま+きな粉のオーソドックスな組み合わせで。
和風テイストで、プレーンなバナナシェイクとは違った美味しさ。
フルーツ系のフレーバーにすると、また違った印象なんでしょうね。
食べるように飲む感じで、朝から開いているから、朝ごはん代わりになりそうなほど。
バナナって低カロリーで、栄養価も高いので、暑い日に飲むのは理にかなってますよね。

たぶん、また行く!

|

曼陀琳@渋谷

Fullsizer_20200815100401

NHK近くにある、おしゃれ中華屋さん。
最近できたみたいで、コロナの影響でランチ中心の営業みたいです。

注文したのは、冷やし中華(900円)。
くらげ等が入った本格的なものですが、お酢が効いたたれなど、普通の冷やし中華と大きくは変わらないかな。
もちろん、いい意味でですけどね。
辛子が欲しくなる、そんな美味しさです。
添えられた白いのは包子?と思ったら、皮だけ。これはちょっと残念。
おかずが3品並ぶランチプレートもあるから、そっちが満足感高いかも。
もっとも、狂いそうなくらい暑い日は、冷やし中華食べたくなりますよね。

|

らーめん 太陽@江古田

Fullsizer_20200814080701

Fullsizer_20200814080702

地味ならーめん屋さんながら、有名なお店なんですね。
昔からやっているっぽい、学生街ならではの雰囲気です。

 

注文したのは、ラーメンと餃子のセット(780円)。
煮干しからダシをとった和風ラーメンは”ザ・醤油”なシンプルな味わい。
シンプルだからこそ、素材の良さがストレートに伝わってきます。
調味油も程よく効いているから、物足りなさも感じないバランス。
奇をてらっていない、何度でも食べたくなる美味しさで、こういう素朴な一杯が意外と見かけないんですよね。
しかもボリュームたっぷりで、単品だと480円。うれしいです。

 

セットの餃子はボリュームたっぷりで、折り目含めて見た目が美しいです。
もちっとした厚めの皮のなかには、ジューシーなあんがたっぷり。
ニラがたっぷり入っていて、美味しささらにパワーアップ。
この餃子と一緒に、ビール飲みたいな。

|

神山町 魚金@渋谷

Fullsizer_20200813075901

お魚メインの居酒屋さん。
ランチ営業もしているとのことで、行ってきました!

ランチメニューはどれも魅力的で、正直迷います。
迷った挙句、「迷って決められない貴方に」と書かれた幕の内定食(1408円)を注文。
サービスでいただいた、かぼちゃの冷製スープ(これも濃厚で美味)を飲んでいると…
大きめなお盆に、これでもかと並ぶお皿。
焼き魚は、単品メニューにもなってた秋刀魚。
ぶり?の刺身に、ホタテクリームコロッケ…どれも美味しいです。
しらすは、そのままでもいいけど、ご飯にのせてしらす丼に。

暑い日が続くと食欲がなくなりますが、
同じさっぱり系でも、こういうランチは身体が嬉しくなりますね♪

|

登龍門@桜台

Fullsizer_20200812084201

中国人系の中華居酒屋。
中国的な装飾が店内にあふれ、昭和歌謡を中国語で謡うBGMが、ゆるーく流れています。
こういう雰囲気、結構好きです。

 

ランチに注文したのは、豚肉と玉子・きくらげ炒め(650円)。
塩ベースの味付けで、油をあまりつかってないから、あっさりしてます。
コリコリきくらげの弾力がうれしく、たっぷりニラがいい役割。
ふわっとした玉子スープも、中華料理ならではの味わい。
こういう、シンプルだけど押さえた食事、嬉しいですね。

|

MOKO@氷川台

Fullsizer_20200810054201

住宅地にある、南の島を少し意識したような、創作家庭料理の居酒屋さん。
メニューのラインナップが面白く、どれにするか迷います。
迷った挙句、いろんなおかずが一緒になったよくばり盛セット(1380円)を注文。
大きなコップで出されるセットドリンク(アイスコーヒーを選択)を飲みながら待ってると…
やがて、揚げたての定食が登場。
瑞々しい茄子のはさみ揚、生姜醤油の下味が効いたとり唐揚げ、カリッカリに仕上がった旨味凝縮の豚肉。
なんというか、ガッツリ系ですね。ボリュームもたっぷりだし。
それでも、サクサクな衣が気持ちよく、意外と食べれてしまうのが不思議。
もちろん、食べ終えたあとの満腹感…いや満足感はしっかりです。
機会があったら、今度は納豆チャーハン食べてみたいな♪

|

THE GIANT STEP@豊島園

Img_9315

おしゃれなハンバーガー屋さん。
コロナ禍で変則的な運用になっているけど、それでも居心地・雰囲気のいいお店です。

 

ランチに注文したのは、ベーコンチーズバーガー(1140円)のオリジナルスタイル。
スモーキーで肉肉しいジューシーなパティは、黒毛和牛100%。存在感がいいです。
厚みのあるベーコンも、しっかり食べている感。
チェダーチーズのコクが加わるうえに、ブロッコリーのコリコリした食感も。
いろいろカスタムできるのですが、ベースがとにかく美味しい。
こういうハンバーガーを食べると、嬉しくなっちゃいますね。

 

せっかくなので、レモネードも追加注文。
果実感たっぷりの、生レモンを使ってるような感覚のさわやかさ。
炭酸と程よい甘味が適度に\効いていて、暑い日にぴったり。
小さな解放感ですが、しっかり満喫してきました。

|

多来福@練馬

Fullsizer_20200807064501

駅からは少々離れた場所にある、町の中華料理屋さん。
地元の方々で賑わっている、地域の人気店です。

ランチに注文したのは、ニラそば(750円)。
シンプルな鶏ダシの醤油ラーメンのうえに、丼いっぱい一束分の刻みニラ。
ゴマ油で炒めた香りが、ふわっとあがります。
青いニラの海に浮かぶ、白と黄色の島のように浮かぶ玉子。
もう、これだけでインパクト大。
もちろん、味もよし。
隣の人が食べていたチャーハンや餃子、マーボー丼も気になるところ。
人気店なのも、わかる気がします。

|

白龍トマト館@江古田

Fullsizer_20200806181601

季節の野菜を味わえる中華料理。
トマトの大きな看板が目立ちますが、店内は意外にも落ち着いた雰囲気。
意外にも居心地いいです。

ランチに注文したのは、カリカリ揚定食(1050円)。
薄くのばした豚肉をカリカリに揚げたもので、パーコーメンの上にのってるカツみたい。
本当にカリカリな食感で、噛むと出てくる旨味がいい感じ。
そのままでも美味しいけど、塩気の効いた豆板醤との組み合わせが絶妙。
テーブルに置かれたにんにく醤油で味変しても、いい感じ。
添えられたセロリ・芋・サラダも、アクセントとしていい華を添えてくれます。

思ってた以上に美味しい定食でした。
今度は、看板メニューのトマトタンメン食べてみないと!

|

SORAYA@門前仲町

Img_9600Img_9583

ナチュラル志向なクリエイティブスペース「YANE」の中央を占めるカフェスペース。
緑、そして木をはじめとした自然素材に囲まれる空間は、とにかく居心地いいです。
ソファスペースもあるようですし、ゆっくり過ごしたくなる場所ですね。

 

今回はお茶で訪問。
シナモン香る自家製のアイスチャイ(520円)は、ジンジャーも効いてさっぱりしたもの。
コクがしっかりしつつもベリーやソースの酸味が効いたブルーベリーレアチーズケーキ(800円)との相性もばっちりです。

 

ケーキもチャイもいいけど、やっぱりここは落ち着く場所です♪

|

アライズ コーヒー エンタングル@清澄白河

Img_9644

いつも行ってるアライズコーヒーロースターズの、しっかりお茶できるカフェ。
ものすごく久しぶりの訪問です。
店内の雰囲気もいいんだけど、ちょっと混んでたので小さなテラス席へ。
こちらもまた、気分いいです。

 

注文したのは、アイスコーヒー(450円)。
アライズらしいビターさと、アイスコーヒーならではのしっかりした香ばしさ。
ホットはシングルオリジンのドリップですが、アイスはいい具合に豆をフレンドしているのですね。
これはこれで、感じのいいすっきりとした美味しさです♪

|

Diner vang@清澄白河

Img_8722Img_8726

最近オープンした、おしゃれベトナム料理屋さん。
小さなテラス席の横には、バインミーのスタンド。
テイクアウトもできますが、ベトナム語が飛び交う店内でも食べられます。
ベトナム人のお客さんもいたから、ちょっとした旅行気分です。

ランチに注文したのは、バインミー(チャーシューミックス 700円)。
お皿で出てくるかと思ってたら、テイクアウトと同じ紙袋に入れられての登場。
パクチーが効いた優しい味で、フランスパンも食べやすく、気軽な一本です。
今度は、フォーとかいってみたいです!

|

RAMEN GOTTSU@練馬

Fullsizer_20200801071701

住宅街のような商店街にある、人気ラーメン屋さん。
黒のタイル貼りに木のカウンターが、おしゃれな雰囲気です。

注文したのは、味玉らーめん(950円)。
雑味のない魚介の香りがしっかりする、とろっと濃厚な豚骨系スープ。
一口目はしつこいかな?と思いつつも、すりおろした柚子を混ぜるとマイルドな味わいに。
ストレートな麺との絡みもいい感じです。
低温調理と思われる鳥チャーシューに、ボリュームたっぷり豚チャーシュー。
味玉もいい味しているけど、太めなメンマが丁寧な仕上がりに。
ここ、ポイント大きいです。
美味しいラーメンであることは、間違いないですね。

|

« July 2020 | Main | September 2020 »