« May 2020 | Main | July 2020 »

うに小屋 渋谷店

Fullsizer_20200630183301

気になってた居酒屋さんが、コロナ禍でランチも営業。
テイクアウトもあるのですが、せっかくなので店内でいただくことに。

注文したのは、うにイクラ丼(1800円)。
たっぷりイクラの醤油漬けな塩気と、雲丹の甘味がいい感じ。
ご飯にたっぷりのっている様は、至福のひとときです♪
ご飯がちょっとかためだったのが残念ですが、テイクアウトで考えるとちょうどいいのでしょうね。

|

Bar serefe 86番@渋谷

Img_8459

バーの間借り営業でランチの提供。
そのうち夜もダイニングとして営業する予定だそうです。
今回は、ランチセット(1100円)を注文。
最初のじゃがいもの冷製スープは、食べる感じの濃厚さで、オリーブオイルと塩気が効いたもの。
サラダには野菜がいっぱい。さつまいも・かぶ・ズッキーニ・パプリカの新鮮野菜に、生ハムという嬉しい組み合わせ。自家製ドレッシングが美味しいのも、ポイント高いです。
メインのパスタは、ツナと季節野菜のタプナードソース。
淡路島の手打ちパスタを使っているとのことで、もちもちした歯ごたえが気持ちいいです。
オリーブ・ケッパー・アンチョビが効いたソースに、チーズがたっぷり。
食べ応えあって、なにこれ美味しい!

間借り営業と侮るなかれ、本格的な美味しさです。
そのうち人気出そうだな。

|

高しな 門前仲町店

Fullsizer_20200629115501

佐賀をテーマにした居酒屋さん。
ふもと赤鶏という佐賀の地鶏と、佐賀の日本酒を扱う、基本的には夜営業のお店。
新型コロナの影響でランチタイムも営業しているとのこと。

 

注文したのは、やきとり丼(950円)。
注文してから、炭火でしっかり焼き上げてくれます。
炭火焼きならではの香ばしさ、嬉しいですね。
ふわっとしつつも弾力のある身は、鶏肉のよさ、焼き加減のよさが見事に合わさってます。
ちょっと甘めのタレも、佐賀の醤油を使っているのかな?
そのまま食べても美味しいのですが、玉子の黄身を崩すと甘みが増して、これまた美味。
駅すぐ近く、雨に濡れずにアクセスできる立地で、この値段でこの内容。
見事です。

|

長寿庵@小竹向原

Fullsizer_20200628164901

この町の長寿庵は、蕎麦にとどまらないつまみの充実度。 座敷もあるし、立派に宴会できそうです。

 

注文したのは、カツ丼セット(1100円)。
ちょっと太めな蕎麦は、しっかりした優しい味。
肉厚なカツがのったカツ丼は、だしの効いた蕎麦屋の味。 安定の美味しさですが、カツのお肉の柔らかさ・美味しさが印象的です。
つまみが充実しているだけあって、サイドメニューも食べてみたいかも。 蕎麦屋で一杯というより、もう居酒屋で一杯ですね!

|

有昌@渋谷

Fullsizer_20200626190501

渋谷・並木橋で人気のあったラーメン屋さんが、場所・営業形態を変えて、神泉の「串焼き千羽」にてランチタイムのみ営業。裏路地ながらも、赤い看板が出ているのでわかりやすいです。

注文したのは、しいたけソバ(800円)。
澄んだ塩ベースのスープで、ものすごくやさしいダシの香りが広がります。
麺はそうめんのように細く繊細で、するっとのどを通るもの。
さっぱりしているものの、旨味やコクがしっかりしているのもポイントです。
味がしっかり染みた椎茸、油いためでコクを添える小松菜、シャキシャキした食感アクセントの白髪ねぎ。
それぞれの薬味が合わさることで、全体の深みがさらに増しているかも。
3つの具材が影響して、食べ終えたあとのスープの味が変化してるのが面白いです。

食べ応え十分な、美味しい麺です。

|

カトレヤ@桜台

Fullsizer_20200625195001

洋食っぽい名前ですが、とんかつのお店。
木を基調とした店内は、喫茶店かスナックのようですが、お花のアクセントがあったりと地味にお洒落です。

ランチに注文したのは、カツカレー(1350円)。
注文のあとに揚げるカツは、低温なのかジュワーッとした油の音がいい感じ。
お肉がたっぷり入った、小麦粉を使った甘めの日本的なカレーのなかで、カツの衣はサクサク感をキープしているのが嬉しいです。
溢れだす豚の脂やうま味と、カレールウとの一体感が見事。
この絶妙な加減、なかなか出せるものじゃないです。
意表を突いた美味しさに驚きつつも、お客さんがひっきりなしに入れ替わる様子に納得です。

|

ザ ベルウッド@渋谷

Img_8278Img_8265

6月20日にグランドオープンしたカクテルバー。
大正モダンな内装に、大正~昭和初期の歌謡曲がBGM。
落ちついた雰囲気ですが、ぐるっと回って、今はこういうのがおしゃれなんですね。

ランチに注文したのは、たまテリバーガー(1150円+税)。
メニュー監修は、神南「konel」のシェフとのこと。
自家製テリヤキビーフ、スモークベーコン、玉子の組み合わせは、間違いのない定番。
おしゃれ空間のおしゃれバーガーという感じで、そこそこのクオリティです。
サクサクのバンズが気持ちいいけど、運ぶ際ちょっと崩れたのが画的に残念かな。
ネット記事によると、カクテルコンペ世界一バーテンダーがプロデュースしたとのこと。
朝からお酒を飲めるのもポイントで、仕事帰りの放送局関係の人に重宝しそうな感じです。

|

江古田HUT

Img_8156

小屋のような小さなコーヒー屋さん。
隣のスペースでお茶できるので、天気いい日はこちらで。
建物の間を抜ける風が気持ちよく、絶対ネコの集会所になってるに違いない!

 

注文したのは、深蒸し煎茶のアイス(400円)と、ドーナツ(280円)。
煎茶はじっくり蒸されているらしく、渋みが少なくまろやかな味わい。かなり濃いので風味が豊かなうえ、エナジードリンク的な感覚で元気でそうな感じ。
ドーナツは揚げたてかのようにふんわりしてて、とにかく軽い!ほどよい甘さがしつこくなく、まさかのアイスティーに合うという。
この組み合わせが正解なのかどうか分からないけど、なかなかの美味しさです。
縁側のような外で食べるのも、また気分いいんですよね♪

|

パーラー江古田

Fullsizer_20200622110901

前から気になってた人気のパン屋さん。 タイミングよく店内に入れたので、カフェ利用してきました。
民家を改装したお店で、暖かみのある雰囲気がステキ。 ショーケースや姉妹店に運び出す食パンが、ひっきりなしに焼き上がってます。 ちら見したけど、奥には大きな工房がありそうです。

 

注文したのは、トーストセット(980円+税)。
もちっとした食感の厚切りトーストは、小麦粉の甘さを感じる美味しさ。シンプルにオリーブオイルで食べると、パンの美味しさがストレートに伝わってきます。
他にもハード系のパンが何種類か並んでますが、どれも美味しい! ハード系なのにかたくなく、いや表面はかたいんですけど塩梅の良さで、しかも中はやわらかくて、ものすごく食べやすいです。胡椒・レーズン・プレーンなどいろいろな種類が並ぶのも、面白いです。
これは、人気なのも納得ですね。

 

セットでは、好きな飲み物を選べるとのこと。
迷った挙げ句のコーヒーは、ペルーの豆をドリップで。目の前で丁寧に淹れた一杯は、すっきりとした奥深い豊かな香りがしっかりと。
パン屋さんだけど、専門店のような美味しさ。

 

今度は、ワインでゆっくり過ごしてみたいな。

|

フェリーチェ@都立家政

Img_7843

ガーデンスクウェアという、ガーデニング・フラワーショップ・カフェ・レストランの複合施設。
今回は、カフェのテラス席でまったり。
緑いっぱいの敷地にあり、テラスから見える風景はもう東京23区じゃないです。さわやかな高原にでも来たような感じ。
吹き抜ける風も気持ちよく、居心地いいです。

 

テラス席では、パニーニ(500円)とレモンスカッシュ(550円)を注文。
塩気の効いた生ハム・リコッタチーズ・ルッコラが挟まるフォカッチャのパニーニ。
はちみつとアガベシロップに漬け込まれたレモンの果肉たっぷりの、自然な甘みのレモンスカッシュ。
テラス席ならではの美味しさもあるのでしょうけど、とにかく爽やかです。
やっぱり、自然の中って身体が嬉しくなるんですね。

|

B2@清澄白河

Img_7625

最近オープンしたベーカリーカフェ。
おしゃれな店内の奥には、大きな珈琲豆の焙煎機も。
開口部が大きいから、のんびりと過ごすことができます。
BGMがYMOなのも、時代がぐるっとふた周りくらいしたのかな、という感じ。

 

注文したのは、洋ナシのパイ(280円)とコールドブリューのアイスコーヒー(550円)。
洋ナシのパイは果物そのもののナチュラルな甘さが引き立ち、サクサクした生地が心地いいです。
アイスコーヒーは酸味や雑味を感じさせない、すっきりとしたフルーティーな香りがひろがるもの。
この組み合わせ、お互いの美味しさを引き立て合うような感じ、いいです!

|

じゃんか@渋谷

Fullsizer_20200619075001

夜営業だった(と思う)焼肉屋さんが、コロナ禍においてランチも営業しているっぽい。
注文したのは、いくらのロース丼(1300円)。
丼にのっている山葵を醤油にとき、わさび醤油で食べるのがいいとのこと。
やわらかくて脂の旨味を感じさせる上品なお肉は、A5ランク和牛を使っているのだそう。納得です。
上質なお肉には、なぜかいくらが合うんですよね。
脂×脂のコラボレーション、とでも言いましょうか。
見た目にもですが、食べても嬉しい組み合わせです。
ちょっと贅沢ランチですね♪

|

BISTROT PELMENI@渋谷

Img_8068_20200617183701

5月にオープンした、ペリメニとワインのお店。
緑あふれるエントランスが心地いいです。

ランチに注文したのは、店名にもなっている国産牛肉のペリメニ(1000円)。
ペリメニとはロシア風水餃子とのことですが…

まずはサラダから。
ボリュームしっかりなうえ、赤キャベツ・パテ・かぶなど、なかなかの充実っぷり。
自家製と思われるドレッシングも、いい味しています。

メインのプレートは、ペリメニとバターライスが一緒に盛られたもの。
もちもちした皮の中には、肉汁あふれでる牛肉がたっぷり詰まっていて、気持ちいい弾力です。
ペリメニの上には、クリームソースのしっかりした味、ひきたて黒胡椒の香り、香草のアクセントのハーモニー。
なかなかの美味しさで、バターライスとの相性もばっちりです。
添えられた焼きトマトの甘味も、単調になりがちなお皿にアクセントを打ってくれます。

正直、食べる前は「しょせん水餃子でしょ」って思ってたけど、意外な美味しさに出会えて大満足。
時間があったら、デザートセットにしたかったな…

|

名古屋バル@渋谷

Fullsizer_20200617085201

店名のとおり名古屋めしを食べられるお店で、ランチに豚ロース味噌カツ定食(900円)を注文。
さらっとした味噌だれは軽めで、八丁味噌ではなさそうだけど名古屋らしく甘めテイスト。
ロースの脂との組み合わせもよく、普段口にしない人でも食べやすいアレンジで美味しいです。
私は、もう少し本場に近いほうがいいかなと思うのですが、東京でこれを食べられるのは嬉しいですね。
小鉢も充実しているし、みそ汁は赤だしだし。
名古屋成分が足りなくなったとき、手軽に口にできる気軽さがいいです。

|

ラハメン ヤマン@江古田

Img_7434

レゲエを愛する店主が、ジャマイカと和をくっつけたぜ!というラーメン屋さん。
店頭にジャマイカの国旗が掲げられる、純和風なお店のBGMはレゲエで店主はアフロ。
店内に香るのは、魚介系の和風だし。
なかなかカオスですが、ゆったりながれる空気感、居心地いいです。

 

ランチに注文したのは、らはめん(700円)に味玉トッピング(+100円)。
魚介のダシがきいた豚系のしっかりした醤油スープに、毎朝打っているという自家製のもちっとした麺が絡みます。
煮込まれたバラ肉チャーシューも、しっかりした味。
コクがしっかりしているものの、しこくなく、あっさり感すら感じる絶妙さ。
変化球なラーメンがくるのかと思いきや、意外にも王道というか、美味しさをしっかり追及しています。

 

いやこれ、大満足。
隠れメニュー含めて、リピート必須ですね!

|

酪農ビストロ 環@桜台

Img_7406

目の前のとろーりチーズにテンション上がるひととき。
この日は久しぶりのアルコールだったので、まずは白穂乃果 無濾過ビールから。そのあとはワインをのみつつ、
・前菜盛り合わせ(プロシュート・生ハム・豚バラ肉のリエットなど)
・ステーキ盛り合わせ(ハラミ・サーロイン・肩ロース)
・熟成ラクレット
・デザート(かぼちゃプリン・ランゴ オ ショコラ)
リーズナブルに満足できたので、普段使いにいいお店ですね♪

|

Apollon's Gold@江古田

Img_7214Img_7219

おしゃれでこだわりがあるっぽい、小さなコーヒースタンド。
カウンターの内側には小さな焙煎器があり、PCで管理しながら目の前で焙煎していました。
ひとりでお店をまわしているようなので、程良い頃合いに注文。

 

注文したのは、エチオピアの豆をドリップで。
流行りの浅煎りで、果実感のある香りが広がります。
軽めで酸味が抑えめなので、すっと飲みやすい一杯です。
カップもオリジナルのかわいいもの。テンションあがります。

 

一口だけもらったのが、コロンビアの豆をアイスコーヒーで。
ワイングラスで飲むのが特徴的かも。
見た目おしゃれなだけでなく、せばまったグラスの口から、華やかなな香りが広がります。
ワイングラスの特徴をよく活かしてますね♪

|

濃菜麺 井の庄@練馬

Fullsizer_20200613174501

コンクリート打ち放しの室内に、屋台のようなカウンターのつくり。
おしゃれなラーメン屋さんです。

ランチに注文したのは、濃菜麺(820円)+味玉(100円)。
豚骨こってり系でかなりの脂を包含する、食べるように濃いどろっと濃厚スープ。
ちゃんぽんのように太くもちっとした麺と、いい感じに絡みます。
シャキシャキな炒め野菜がたっぷり加わるうえに、黒胡椒の効いたローストポークもトッピング。
若い人が好みそうなパワーですね。
かなりなボリュームでしつこそうだけど、意外にもさっと食べられます。
旨味が勝っているのかな?
行列ができるのも、納得の美味しさです。

|

楽椿@渋谷

Img_7370

神泉の商店街にある居酒屋さん。
本来は夜のみの営業ですが、コロナ禍においてランチも営業していました。

注文したのは、楽椿鶏定食(990円)。
お店の名物、若鶏の半身揚げが豪快に盛られた一皿。
若鶏らしく柔らかでジューシーな身に、カリッカリになるまで揚げられた皮。
スパイスの効いた味付けが絶妙で、酢醤油のかかったキャベツといい、いい感じにビールのつまみ!
もちろん定食で、ご飯と一緒に食べてもいいんだけど、やっぱりビールっすね!

|

ステーキ食いやがれ@門前仲町

Fullsizer_20200610195801

カジュアルな雰囲気のステーキ屋さんで、週末限定の炭火焼きステーキランチを注文。
ちょっと奮発して、300gのUSビーフステーキ(2200円)を注文。
炭火焼きらしい薫りに胡椒の香りが加わり、ヨダレたれます。
塩胡椒で十分味がついていますが、特製のにんにく醤油でさらに旨味豊かに。
ぽん酢にんにく、塩レモンなど味を変えてると、350g(50gサービス♪)なんてあっという間です。
セットのドリンクは、200円追加でビールにもできるのですが、今回はアイスティーで。
途中、ビールにしなかったことを激しく後悔です(笑)

|

アカシア@小竹向原

Img_6569

静かな緑道に面した、自家焙煎の喫茶店。
クラシックをBGMに、大きな窓に広がる緑豊かな景色を眺めながら、のんびりとした時間を過ごすことができます。

 

注文したのは、ケーキセット(1100円)。
しっとりして滑らかな舌触りの、優しい甘さのモンブラン。
マイルドで華やかとは違う落ち着いた味わいのフレンド珈琲。
カップの種類が豊富で、お客さんに合わせて出してくれているみたい。

 

他のお客さんの様子とみていると、どうやら地域コミュニティの場にもなってるみたい。
こういうお店が近所にあると、リピートしたくなりますね。

|

Bliss CAFE@清澄白河

Img_7676_20200608203601

ランビックが移転して、カフェも併設して再スタート。
新型コロナの影響でイートインはないけど、お店の前のベンチでいただくことができます。
本当は、ショーケースに並ぶスイーツを食べたいところですが、
今回は北海道ミルクソフトクリーム(450円)を注文。
かなり濃厚ながらもしつこくない絶妙な美味しさは、北海道の牧場で作られているソフトクリームみたい。
外で食べてるから、なおさらかな。

 

お店にきたときはお客さんほどんどいなかったけど、偶然だったのかな。
帰ることには、ものすごい行列ができてました。
映え要素もいっぱいだし、インスタにもいっぱいあがってるし。
もちろん美味しいから、納得ですけどね。
落ち着いたら、カフェ利用でスイーツとコーヒーいただきたいな♪

|

GROWERS CAFE@武蔵関

Fullsizer_20200607222801Img_7787

植物園なみに充実したガーデニングショップ、オザキフラワーガーデンにあるカフェ。
地域野菜や生産者、コミュニティを意識しているらしく、緑や花々に囲まれたテラス席や天井が高く開放的な店内と、居心地の良さは抜群。
どこかの高原に来たみたいで、ここが東京23区であることを忘れてしまいそうです。

 

注文したのはプレートランチ(1480円)。
スープに続いて運ばれてきたのは、野菜たっぷりのプレート。
菜園風チリビーンズソースを添えたハンバーグをメインにしつつ、十五穀米や、身体によさそうなおかずがいっぱい。ハンバーグにすら、野菜がたっぷり練り込まれているんですよ。

 

食後は、オーガニックデトックスというハーブティーでまったり。
オリジナルのスイーツも充実してるみたいなので、今度はテラス席でまったりしたいな。

|

ハタメキ@清澄白河

Img_7693

6月3日?にオープンしたばかりの、アンティークに囲まれた喫茶店。
通称「清澄長屋」をリノベーションしたお店で、単なる喫茶店でなく、いろんなことをしていく場所みたい。
そんな店主は、舞台や着物の着付けをされているのだそう。

 

いただいたコーヒーは、ハウスブレンドをエアロプレスで。嫌味のない、マイルドで豊かな香りがたちます。カップがまたかわいいんですよね。
合わせたお菓子は、キャロットケーキ。シナモンが効いた優しい味で、チーズクリームの塩気とのバランスが絶妙。意外な美味しさです。

 

久しぶりの清澄白河だけど、気が付くと知り合いとお店でお会いして、そのまま車座で話し込んだり。
そういうゆるっとした空気感が、この町の良さなんですよね♪

|

松月庵@桜台

Img_7299

意外と晩ご飯を食べられるお店って少ないんですよね。
コロナ禍で営業していないお店も多いし…
ということで、無難?にお蕎麦屋さんへ。
メニューの種類が豊富で、かなり迷うのですが…

ネットでみかけた「いなじうどん(850円)」を注文。
いなじ=伊那路なのかな?
どうやら、豊橋カレーうどんをアレンジしたものみたい。
山芋・ごはん・カレー入りっていったい???

運ばれてきたのは、かなり大きなカレーうどん。
ダシの効いたとろっとした蕎麦屋のカレーうどん、っていう感じ。
たまに食べたくなる味ですよね。
豚肉もいっぱい入っているし、安定の良心的な一杯ですね…

と思っていると、底になにかが入っています。
すくってみると、なんとご飯が!
山芋は、カレー汁の中にあってご飯が崩れないような役割を果たしているみたい。
食べてみると、カレーライスというよりカレーめしといった感じ。

同時に、カレーうどんとカレーめしの二種類を楽しめる一品。
かなりカオスな感じだけど、意外だけど納得な美味しさです。
ただ、ボリュームすごいから気を付けないと、です。

|

徳華飯店@桜台

Fullsizer_20200603194801

桜並木の千川通りに面した町中華。
ちょっとレトロな昔ながらの雰囲気が、たまらないのです。

 

ランチに注文したのは、肉野菜炒め定食(750円)。
醤油味で、あまり(ほとんど)ラードを使っていないからか、さっぱりした仕上げです。
一方で旨味はしっかりしていて、野菜シャキシャキなのがうれしいです。
キクラゲも入っているし、お肉もたっぷり入っていて、満足度はしっかり。
こういうお店、いつまでも残っててほしいです。

|

まさ屋 渋谷店

Fullsizer_20200602175101

テイクアウトで先行オープン、店内飲食を6/1にオープンさせてばかりのラーメン屋さん。
店内でも使い捨ての容器を使用し、現金決済を行わず電子マネー・カードのみ。
そのスタンスも変わっているのですが、具がない「かけラーメン」のみというメニュー構成も変わっています。

今回は、ランチに極太麺A麺(醤油・大)を注文。
通常480円でも安いのに、オープニングキャンペーンで半額の240円!
太めでもちっとした、しっかり噛み応えのある麺。
背脂が入り濃厚でコクがありつつも、飲みやすい豚骨醤油スープ。
一味がいいアクセントとして効いていて、具がなくても、麺とスープだけだけど、これはこれでいいかも。
ニンニクを入れることもできるらしいけど、マスクしてるから今回は我慢。きっと、入れるとさらに美味しいのでしょうね。
食べ終えたあとの満足感、意外とあります。
たまーに、さくっと食べたいときにいいかもです♪

|

格之進TOKYO@桜台

Fullsizer_20200601202801

熟成肉の焼肉で人気の焼肉店。
コロナ禍にあってか、先日よりランチ営業を始めたみたい。

注文したのは、焼肉カルビ定食(1500円)。
旨味もやわらかさも絶妙で、お肉の質はさすがですね。
昼間っから、ステキな気分になれるのは、美味しい焼肉だからこそ。
シアワセな気分になれます♪
食後にアイスコーヒーがついてくるのは、嬉しい配慮ですね。

やはり、夜もいかなくっちゃ!

|

« May 2020 | Main | July 2020 »