« August 2019 | Main | October 2019 »

大勝軒まるいち 渋谷店

Fullsizer_20190925191601Fullsizer_20190925191602

建物の隙間のような場所にある、つけめんの人気店。
南池袋のお店からの暖簾分け、いろいろありますよね。
素人には、その違いわかりません…

渋谷のお店はかなり狭い場所で、
1階にカウンター席、地下1階に厨房とカウンター席が並ぶ効率的なレイアウト。
注文したのは、つけめん(大・煮卵付 990円)。
魚介系のスープは、登場当初は新鮮ながらも、今となっては安定の美味しさ。
むしろ、最近のお店の味に慣れたせいか、ちょっと薄い気も。
麺が柔らかめだと思うのは私だけではないみたいで、かためで注文してる人が多かったです。
素直に完食したものの、スープ割をお願いしてまで飲み干そうとは思わなかったレベル。
でも、スープへの感覚は、その日の体調によって印象がちがってきそう。
今度は、もうちょっと汗かいた日に来ようかな。

|

ガネーシュN@大阪天満宮

Fullsizer_20190923201601

天神橋筋商店街を歩いているうちに、行列ができてるお店を発見。
緑いっぱいのお店をのぞいてみると、カリーとチャイだって。
気になったので、この日のランチ決定!

注文したのは、あいがけ(1000円)で、この日はポークビンダルーとダールの組み合わせ。
ポークビンダルーは、インドでは珍しく豚肉を使ったカレーで、軽い酸味がいい感じ。
ダールは豆と野菜のカレーで、これはもう定番ですよね。
どちらも、上品でいい感じにスパイスが使われているみたい。
食べたときは素直に美味しい!って感じだったけど、後々になって身体の内側から温まる感覚。
行列ができる人気店なのも、納得です♪

|

共栄堂@神保町

Fullsizer_20190919202401

すっごく久しぶりに訪問。
神保町といえば、外せないカレー屋さんですよね。
今回は、ポークのソース大盛(1150円)を注文。
まず、カレーとご飯が別々に提供される昭和スタイルが嬉しいです。
たっぷり入った豚肉は、かなり煮込まれているのか程よい柔らかさ。
サラッとしたカレーは独特なスパイスの調合で、辛くなないんだけど後からじわっとくるタイプ。
他では味わえない美味しさは、今でも変わりませんね。
たまには来なくっちゃ!

|

Café 1894@丸の内

Img_7720Img_7707

東京駅の前、三菱一号館美術館にあるカフェレストラン。
1894年に竣工した三菱一号館を復元した建物で、構造も当時のままレンガ造なのだとか。
お店がある空間は銀行営業室として使われていたところで、
高い天井や窓口・装飾など、当時の面影がいい雰囲気です。

今回は、宴会利用のコース料理。
食事は、普通に美味しいです。
何よりも空間がステキだから、スパークリングワインも美味しいです♪
まわりはカップルや女子グループばっかりだったから、
私たちはちょっと浮いた…じゃなくて目立ってましたが 笑

|

美志満@桜台

Fullsizer_20190914205001

用事ついでに美味しいお店でも…って探す様子は、孤独のグルメの井之頭五郎みたい。
なんて思いつつ、歩いていて「いいな」って感じて入ったラーメン屋さん。
実は人気店なんですね。
店内はカウンター席だけで、店主一人で切り盛りしているから、時間がかかるみたい。
そんなお店へ、並ばなく入れたのは偶然でしょう。

 

注文したのは、塩味玉らぁ麺(850円)。
見た目、油がたっぷりで濃そうかと思ったけど、食べてみると意外とあっさり。
それでいて旨味がしっかりとしていて、飽きのこない美味しさに仕上がっています。
そしてモチモチした中太平打麺に、このスープがいい具合に絡みます。
人気店なのも納得です。
そうそう、味玉も絶妙なとろとろ具合で、これまたいい感じです。

 

後で説明を見ると、スープの脂はコクのある親鳥から取っているそう。
またスープ自体も豚の背骨に加え、香味野菜や日本酒をベースとした澄んだもの。
味付けは、国内外の塩をブレンドしたうえに、白醤油、魚介を加えてまとめたのだそう。
店主のこだわりが詰まっています♪

|

サエキ飯店@目黒

Fullsizer_20190913125501Img_7598

話題の料理人が一人で切り盛りする人気店。
香港人が作る賄いをイメージした中華料理は、とにかく手の込んだもの。
そして、素材の旨味を十二分に引き出した、ものすごく優しい味。
合わせたのは、ジョージアのワイン。
万全ではない体調だったものの、するっと身体に入ってきます。
微妙に不便な場所ですが、人気なのも納得です!

(今回のメニュー)
・ハトの紹興酒
・豚足のなんちゃら
・緑なす
・大根餅
・豆腐ようにつけた豚肉
・磯つぶ貝を紹興酒で
・金華ハムとクレソンのスープ
・白イかと空心菜のXO醤炒め
・高知のマハタ
・ホタテのチャーハン

|

豚珍館@新宿

Fullsizer_20190912184401

西口の雑多なエリアの、さらに路地の2階にあるとんかつのお店。
行列もできていて、どうやら人気店っぽいのでランチ訪問。
運よく列が短かったので、それほど待たずに呼ばれました。
狭い店内はとにかく活気で、サラリーマンだけでなく女性・外国人観光客まで。
幅広い支持を集めているようです。

注文したのは、とんかつ定食(980円)。
男性と女性でご飯の量を変えているようですが、ものすごいボリューム。
そして、とんかつも厚めでなかなかのボリューム。
揚げたてなのは嬉しいけど、お肉の食感がちょっと微妙だったかな。
よくメニューをみると、ロースかつもあったから、こっちを選ぶべきだったかな?
でもまぁとにかくお腹いっぱいで、午後の仕事に響きました(笑)

|

PELLS@渋谷

Img_5196Img_5191

ランチに注文したのは、チキンオーバーライス(1000円)
ターメリックライスの上には、甘辛のソースで炒められた鶏肉と、たっぷりチーズ。
とろーりとろけるチーズの甘味とソースの辛味が、いい具合に合わさってます。
軽食を扱うお店にしては、美味しいほうかと。
ドリンクを注文しなければいけないらしく、自家製レモネードも注文。
暑い日には、気分がリフレッシュできていいです♪

ツタに覆われた建物で、どこかビンテージ感のあるお店。
店内には、ゆるーい時間が流れています。
感じはいいんだけど、店員さんも常連さんたちで盛り上がっているのが、
部外者には、ちょっと居づらいかな。

|

味の譚@渋谷

Img_7547Img_7545

9月6日にオープンしたばかりの中華料理屋。
内装は新しく、奥に広い窓があるから、居心地悪くないです。

ランチに注文したのは、キクラゲ・玉子と肉炒め定食(780円+税)
コリコリなキクラゲ、ふわっとした玉子。
醤油ベースの中華風味で、安定の美味しさです。
ただ、ボリュームがすごくて、食べ残してしまいました…。
それなのに、開店記念として餃子のサービスが。
たっぷり餡を包んだモチモチの皮を、かりっと焼いて。
美味しいんですが…食べきれないっ。
それでも、駅近くでこの値段はすごいです。
今度は「おかず少なめで」って注文しないと、ですね。

|

肉と日本酒@千駄木

Img_7464Fullsizer_20190905193501

10年ほどぶりに訪れた三崎坂。
お友達に誘われてきたものの、こんなお店があったとは…知りませんでした。
今回は、店内を45名で貸し切り。そのパワーはすごいです。
お肉はコースになっていて、60種類の日本酒とビールが飲み放題。
最初のナムル・キムチをビールで美味しくいただき、アイドリング万全。
メインのお肉は、塩・タレががまんべんなく提供されます。
30日熟成したタン塩、大根をシャトーブリアンで巻いた”ぶり大根”、ロース、カルビ山椒焼き…
どれもが柔らかく旨味しっかりで、美味!
酒屋セレクトの豊富な地酒を、冷蔵庫から勝手に取り出して飲む贅沢。
本当に、肉と酒に溺れるかのよう。
いいっすねー♪

|

フィオーレ ピザ ダイニング & バー @渋谷

Img_6674Img_6678

本日9月2日にオープンした、ピザダイニング。
お昼は野菜を中心としたランチビュッフェで、種類豊富なサラダだけでなく、ローストビーフや日替わりメイン(初日は唐揚げ)、スープ、ドリンクが飲み放題。
野菜を中心とした料理は時間とともに変化してきたので、飽きることなし。
ローストビーフは臭みがない美味しいもので、肉感もしっかりしてて何度でもおかわりしたくなるクオリティ。
ミネストローネも豚汁も、具だくさんで飲み応えばっちり。
センター街にありながら、ちゃんと美味しく食べられるのが嬉しいです。
さらに、客席がゆったりとられているから、食後に飲み放題のドリンクでまったり。
緑を基調とした店内は明るく、気分よく過ごせます。
しかも、通常1200円のところ、今回はオープン記念で600円!
大満足です♪

|

« August 2019 | Main | October 2019 »