« April 2019 | Main | June 2019 »

煮込みや四兵衛@渋谷ストリーム

Img_0391

最近の再開発ビルながら、町なかと変わらない値段でランチを食べられるお店が多い渋谷ストリーム。
夜がメインなのでしょうけど、お昼もちゃんと食べられるのが嬉しいです。

注文したのは、煮込みハンバーグ定食(1080円)。
サラダや副菜も並ぶ、ちゃんとした定食スタイルです。
メインのハンバーグは、手造り感のあるもの。
ひき肉がぎっしりつまっていて、食べごたえバッチリです。
煮込まれているからか適度に脂が抜けているものの、お肉のジューシーさはしっかり。
その脂も、旨味とともにデミソースがしっかり受け止め、いい味に仕上がってます。
お肉とソースの一体感は見事ですね。
ランチは880円から揃っているのも嬉しいポイント。
こういうお店がある施設には、通いたくなります。

|

RETHINK CAFE SHIBUYA

Img_0684Img_0680

天井高の高い開放的な1階と、ワークスペースを兼ねる2階で構成されるお店。
とは言っても、仕事で使っている人はわずかで、女子高生のたまり場状態。
お客さんは女性ばかりで、スタッフはイケメンが揃ってます。
提供されるメニューは野菜を中心としたもので、どれも健康的なもの。
疲れてるときには、身体にいい作用が働きそう。

ランチに注文したのは、スパイス香るソイボロネーゼとスーパーベジ(set 980円+税)。
ベース・サラダ・メインを好きなように組み合わせることもできるけど、今回はレコメンドの組合せから。
一見ヘルシーなようで、実際ソイミートとか野菜とかだからヘルシーなんだけど、意外にもお腹いっぱい。
味もしっかりしているから、満足感をしっかり得られることができます。
さらにレモンスカッシュが、暑くてだるい身体にいい刺激。
男性でも、おっさんでも、満足度の高いランチを食べることができました。
しかも、ドリンクセットにしなければ800円を切る値段設定。
職場から近ければ、リピートするのになぁ。

|

龍圓@田原町

Img_0528Img_0514Img_0510

中華でありながらも、こだわりのワインが揃うお店。
一番安いのがシャブリという、どんだけなラインナップです。
静かな店内で、いわゆる中華というよりフレンチみたい。
実際、提供される料理はフレンチかのよう。
たしかに、ワインと合います。

今回お願いしたのは、6000円+税のコース料理。
最初に、ふわふわっとしたピータン豆腐。
マダコやイカには、チーズと合わせて。
お皿との組合せが美しい、よだれ鶏。
ほのかな春野菜の苦さが大人の味な春巻。
カニたまは、添えられたサマートリュフで巻いて。
ナス和牛炒めになると、中華っぽい感じかな。
もち豚肉団子蒸しスープも、中華を越えた感覚。
パラパラっと炒められた食感が気持ちいい、ちりめんじゃこと菜の花のチャーハン。
そしてシメは、メロンの杏仁豆腐。
いやはや、このお店は美味しいです!

|

北海道スープカレー Suage 渋谷店

Fullsizer_31

本日5月27日にオープン。
札幌では行列ができるほどの人気店で、海外にも展開している…らしいお店。
店名のとおり、野菜の素揚げを中心としたトッピングが充実していて、注文後に揚げているらしです。
お客さんも多いため、注文してから出てくるまで、ちょっと時間がかかります。

ベースに選んだのは、パリパリ知床どりと野菜カレー。
選べるカレーは、定番のSaugeスープを辛口で。
具材は、知床鶏モモ肉、じゃがいも、ニンジン、かぼちゃ、ナス、水菜、ゆで卵、まいたけ、ピーマンと充実。
大きな野菜はどれも素揚げで、素材の美味しさをしっかり閉じ込めてます。
鶏肉は皮がバリバリになった串焼きで、食感とともに感じのいい香ばしさ。
肝心なカレーは、複雑なスパイスの絡みが美味しく、表面の油が熱さをキープ。
食べ進むうちに身体が芯から熱くなり、汗がじわっとでてきます
さらに、途中でご飯にレモンを絞ると、爽やかさが加わっていいアクセントに。
食べてる途中の変化がありつつの、美味しいスープカレーは、行列ができるのも納得です。

|

げん田@代官山

Fullsizer_30Img_8538

以前からこの地に構えていたであろう、とんかつ屋さん。
再開発のビルの地下にあるものの、他の店舗とはちょっと離れた場所にあります。
それはまるで、独立したお店かのようです。

ランチに注文したのは、とん汁定食(1080円)。
サクサクな揚げたての衣が、いい食感です。
揚げたてで熱いから、醤油をかけると火が通って香ばしいかおりが。
マニアックな食べ方かもしれないけど、私の好きな食べ方です♪
もちろん、メニュー名になってる豚汁も具沢山で美味。
都会の真ん中の、エアポケットのようなお店です

|

Petalo@渋谷ストリーム

Img_0486Fullsizer_29Img_0480

意外と(お財布的にも)居心地のいい渋谷ストリーム。
今回は、おしゃれな雰囲気のイタリアン。
夜は、生ハムがウリなのだそう。
ランチタイムも生ハムは用意されているけど、お値段的に厳しいかな。

注文したのは、オイルパスタ(1080円)。
キッシュ・ポテサラ・ハムがのったサラダが、想定外に充実した美味しさ。
セットドリンクで選んだ本日のスカッシュは、爽やかな風を届けてくれるゆずハチミツ。
そしてメインのパスタは、静岡県産シラス・ワカメ・オクラを使ったもの。
磯の香りがし、オクラのネバネバ感を感じる一皿は、夏の海感覚。
季節を先取りした美味しさです。
場所・値段を考えると、納得ランチです♪

|

猫の目堂@清澄白河

Fullsizer_28Img_0569

GWにオープンしたばかりのカフェ&スイーツ。
猫にまつわるお店ではなく、猫のように…との想いとのこと。
それほど広くない店内は意外にも満席で、あとから来るお客さんを断るほど!
そんなに人気なの…と思ったてたら、みんなゆっくり過ごしているからね。

注文したのは、ブレンドコーヒーとケーキ。
マイルドでやさしい味わいのコーヒー(560円+税)は、喫茶店のブレンドならでは。
ケーキは、ごろごろメロンの五三ショートケーキ(650円+税)。
長崎カステラの五三焼きをイメージしたスポンジに、さっぱり優しいクリーム。
メロンのフレッシュなアクセントも合わさって、軽い感覚に仕上がっています。
ボリュームがすごいけど、さらりと食べられてしまうほど。
ケーキとコーヒーをセットにすると、なかなかのお値段になってしまいますが、
まぁたまに訪れるにはいいかもですね。
あ、これって観光地的発想!?

|

支那麺 はしご@銀座

Fullsizer_27

どうやら担々麺の人気店らしいです。
時間をずらしての訪問だったのですんなり入れましたが、
すぐに入れるなんて今日は珍しいって、他のお客さんが言ってたから、絶妙なタイミングだったのでしょう。

注文したのは、排骨担々麺(1000円)。
カレーの香りがふわっとする、カリカリにあがった豚あばら肉。
素麺のように細くコシがある麺。
醤油ベースのスープには、胡麻ペーストとほんのり八角の香り。
担々麺としてのコクもしっかりしていて、全体のバランスもいい感じ。
なかなかの美味しさで、人気店なのも納得。

|

くま田@代官山

Img_0410Fullsizer_26

こんなとこに和食のお店があったんだ!
と、ある種代官山っぽいテイストのビルにあるお店。
看板が無かったら、通り過ぎていたところです。
ランチは、週3日しか営業していないそう。

注文したのは、自家製 甘塩サーモン一夜干し定食(1500円)。
出てきたのは、旅館の料理か?と言いたくなる豪華な並び。
小鉢5品は、じゅんさい・いか明太・青菜のお浸し・貝・ひじき。
味噌汁の代わりに、具だくさんなあら汁。
お新香だって、種類豊富で妥協のない自家製。
忘れてたけど、メインの鮭は旨味が凝縮した、ジューシーな味わい。
パリパリした食感の皮も気持ちよく、とにかく美味。
それられた大根も、単なるおろしでない手の入れ方。

これだけでも満足と思ってたら、食後にちょっとしたデザートまで。
いや、正直1500円って高いと思ってたけど、この内容ならアリです★

|

コリーナ@渋谷

Fullsizer_25Img_0438

昨日5/15オープン、本日5/16ランチ開始のイタリアンのお店。
テラス席があって、渋谷の路地を見下ろしながら、気持ちいい風にあたれるのはポイントです。

ランチに注文したのは、厚切りベーコンと丸ごと玉ねぎローストカルボナーラ(1500円)。
オーブンで1時間ローストした玉ねぎは、素材の甘さが豊かでしっかり!
スモーキー感も楽しむことができます。
アツアツ玉ねぎと、まわりのチーズを絡ませて食べるの、美味しいです。
カルボナーラ自体も濃厚なもので、食べごたえのあるベーコンに加え、たっぷりチーズを絡ませて食べるのがいいです。
そして、見た目以上にボリュームたっぷり。
きっと、食前のサラダも効いているはず。

美味しいお店なのもそうですが、面白いのがオーダー方式。
テーブル毎のQRコードを読み取り、そのまま自分で注文。
さらには、会計も同じ画面でできる便利さ。
クレジットカードの番号を入れると、支払完了の通知がスタッフに届くらしい。
スマホで会計を済ませたら、そのままお店を出てOK。
中国でアリペイとか使った同様の仕組みがあるらしいけど、とうとう日本でも実現ですね!

|

麺屋 鶏路地@渋谷

Img_9455

センター街の、通称ラーメンビルにあるお店。
窓のない地下のお店は、このビルの他とはちょっと雰囲気が違います。
…が、お店のレイアウトや食券方式は、他と同じですね。

注文したのは、特製鶏そば 塩(900円)。
どろっと濃厚なスープながら、味はさっぱりしているのが特徴的かな。
塩味なので、スープの味がそのままストレートに伝わってきます。
チャーシューも鶏肉を使うなど、徹底的に鶏にこだわってますね。

|

まるひら@代官山

Fullsizer_23Fullsizer_24

おしゃれな建物にある、穴場的日本酒バー。
ネットには情報出てないけど、ランチも営業してるみたい。
早速行ってきました。

6種類あるメニューのなかから、豚みそほう葉焼き定食を注文。
副菜のひじきがいいダシ効いてたり、コールスロー的野菜も胡椒の効きがいい具合。
麻婆豆腐は辛味の効いた広東風…つまり日本オリジナルなテイストで、これも美味。
具だくさんな味噌汁は、お揚げの油がいいアクセントで、だしも効いててこれまた美味。
そしてメインの豚肉はやわらかく、味噌の甘みがいやらしくないバランス。
どれもご飯が進む…と思ったら、お代わりOKだそう。
これで1000円とは、納得感を越えた喜びがあります!

|

PIZZARIA LA VALLE di TOKYO@渋谷

Img_0354Fullsizer_22

先週5月9日にオープンしたピザ屋さん。
おしゃれなお店の中央には、大きな薪窯が!
ガスではなく、本当に中で薪が燃えています。
これは期待できそう。

ランチにはパスタも並んでいるけど、ここは絶対ピザでしょ。
ロマーナというピザ(1100円+税)を注文。
もちろん、薪窯で焼いた焼きたてです。
大きなピザは、厚めでモチモチした生地のナポリ風。はさみで切りわけるのが面白いかも。
肝心な味わいは、トマトソースの酸味、アンチョビの塩気、ニンニクのアクセント、ブラックオリーブの旨味、オレガノの風味、チリの辛さがいい具合に合わさったもの。
このピザ、美味しい!
サイズが大きいから、何人かで数種類をシェアするのが楽しそう。

セットのサラダには、自家製のキャロットドレッシングが。
ドリンクが別料金なのは残念だけど、100円だから時間あれば追加してゆったり過ごしてもいいね。
機会があれば、また訪れたいお店です♪

|

笑の家@伊豆稲取

Fullsizer_21Img_0299Img_0295

稲取まで来たからには、はやり金目鯛…ということで、地元の人に教えてもらった居酒屋さんへ。
それほど広くない店内は賑やかで、地元の人でいっぱいです。
なんとか、カウンターへ座ることに。

 

温泉に入ったあとなので、もちろん生ビール!
つまみは、金目鯛の煮付けと伊豆鯵のなめろう。
どちらも美味。
煮付けは濃すぎず、味加減がいい感じ。
脂ののった鯵も、なめらかな舌触りと味噌・薬味のバランスが絶妙。
帰りの電車の時間さえ気にしなければ、他も食べたかったな♪

|

誇宇耶@伊豆稲取

Img_0233Img_0236

地元の方におすすめいただいたお店がお休みだったので、みなさんのお昼ご飯とご一緒させていただいたお蕎麦屋さん。
古民家風の店内は、天気のいい休日のためか、お客さんで賑わってます。

注文したのは、鴨汁せいろ(大・1250円)。
軽くぬめり感のあるワイルドな蕎麦は、香りもしっかりした本物の美味しさ。
毎日石臼で挽いている手打ち蕎麦なのだそう。
鴨汁も旨味がしっかり出ていて、やわらかい鴨肉、そして脂がいい調味料。
黒七味が感じのいいアクセントになります。
若干濃いめですが、つけ汁にはちょうどいい感じ。
そして、食べ終えた後の濃厚な蕎麦湯。
美味しいお店です♪

|

グリーンサム@渋谷

Fullsizer_20Img_0135

本日5月10日にオープンしたパン屋さん。
緑いっぱいのお店で、店内にはギャラリーとして絵画が飾られてたり、陶芸や器が展示されてたり。
モルタル打ち放しの、おしゃれな雰囲気です。

本当はいろいろ食べたかったけど、並んでたのはオニオンパン(270円+税)のみ。
そのかわり、ちょうど焼きたてが出てきたところ。
フライドオニオンの香ばしサクサク食感と、もちもち食感の生地の組合せがいい感じ。
なかなかの美味しさです。
食パンやハードパン、他のパンも気になるところ。
今度は朝よってみようかな♪

|

UB1 TABLE@渋谷

Img_0082Img_0092

ユナイテッド株式会社が社員食堂を、一般の人でもレストランとして開放しているお店。
産地や生産方法にこだわった食材を使い、フードロスを減らす取り組みを行っている社会貢献型レストラン。
もっとも、社食を一般開放している時点で社会貢献型ですけどね。

 

ランチは日替わりの丼・デリ・定食の3種類で、どれも1000円。
今回はマグロカツ定食を選択。
添えられたグリーンサラダ・玉子とアンチョビのポテサラ・豆のお総菜で、野菜もしっかり。
メインのマグロカツは生でも食べれそうな鮮度で、ほのかにピンク色の火加減が絶妙。
しかもご飯は雑穀米だし、ご飯も味噌汁もお替わりOKだし、レモン水やら何やらが用意されてるし。
しかもしかも、スペースがオシャレ!社員専用エリアなんて、もっとステキ空間な予感。
こういう社食がある会社って、すごく羨ましいです。いいなー!

|

PARA TACO DAIKANYAMA

Img_0044Fullsizer_19Img_0055

ベジタブルタコスなど、ジャンクではない身体に気を使ったお店。
雰囲気がいいだけでなく、食材にも気をくばっているからか、
モデルさんのようなお客さんでいっぱいです。

注文したのは、ランチのベジタブルタコス(1300円)。
セットのスープは、豆とキヌアがたっぷりで、軽く効いた酸味が身体によさそう。
メインのタコスは4つ。
生地もそれぞれ違うもので、具もたっぷり溢れ出るほど。
豆、きんぴらごぼう、豆腐withバジルソース、茄子with生姜。
和の要素とタコスの組合せが、新鮮な感覚です。
しかもオーガニック・無農薬野菜で、調味料には添加物が使われていないのだとか。
あっさりしているけど、なかなかの美味しさ。
意外にもボリューミーで、かなりお腹いっぱいになります。
セットドリンクはレモネードを選んだけど、甘すぎずあっさりした、ナチュラル感たっぷりな感じ。

身体が疲れたとき、また来ようと思いたくなるお店ですね♪

|

北陸×イタリアン バルッチャ道玄坂@渋谷

Img_0027

何度か訪れている、北陸の幸を活かしたイタリアンのお店。
夜は新鮮な魚介とともにワインを楽しめるお店です。
ランチも以前は北陸の幸が使われていたような気がするのですが、
久しぶりに訪れると、パスタなど普通のイタリアンになってましたね。

今回注文したのは、ルビートマトとパンチェッタのアラビアータ。
ドリンク付で800円、サラダも追加すると1000円。
野菜が欲しいのでサラダセットにしましたが、生ハムが美味しいです。
メインのパスタは、唐辛子のピリ辛アクセントと爽やかなトマトの酸味がいい感じです。
軽くスモーキーなパンチェッタも、いいアクセント。
全体としてのまとまりもよく、駅近という立地も含め、いいお店であることには変わりないですね。
できれば、北陸の幸を味わいたかったけど…

|

麺堂 稲葉@古河

Fullsizer_17Fullsizer_18

茨城県古河市。地域で人気のラーメン・つけ麺のお店。
行列のできるお店で、店内や待合いの列にはB`zの曲が。
店内にはB`zで溢れ…店名の稲葉も、ひょっとして!?

 

注文したのは、鶏白湯つけめんの塩味(800円)をベースに、麺大盛(+100円)、トッピング特のせ(+280円)。
濃厚だけどしつこくないスープは、鶏ガラベースだからでしょうか。
ポタージュみたいな感じで、柚子・生姜が加わり、あっさりした感覚に。。
しかも塩味なので、スープの美味しさがストレートに伝わってきます。
そして、太めでコシのあるモッチリした麺も特徴的。
この麺に、スープがいい感じで絡み、つけ麺としての存在感が増します。
チャーシュー・メンマのトッピングも手作り感が伝わる優しさで、味玉はスープと合う控えめな味加減。

 

全体的に満足感の高いつけ麺で、意外と他では出会えない系かも。
古河に来たなら、訪れたいお店ですね。

|

NICO2@藤岡

Fullsizer_16Img_9906

渡良瀬遊水地へ行ったついでに立ち寄ったお店。
何屋さんと呼べばいいのか。
いやお店自らが「セルフサービスレストラン」と名乗ってます。
ますます謎は深まるばかり…ということで、ランチタイムに訪問!

 

カオスな看板に戸惑いつつ、人の気配が無いことに一瞬不安がよぎる店内。
何のことはない、人の少ない地域だから、わざわざ訪ねて来る人も少ないだけみたい。
実際、食べてる途中に観光客が2組ほど入ってきたし。
で「セルフサービスレストラン」とは、最初に注文・会計を済ませ、番号を呼ばれたら自分で取りに行くっていうだけのこと。
普通のお店じゃん。
ランチメニューは10種類で、どれも850円+税。
カツカレーにすごく惹かれたけど、ここは初心貫徹のダムカレーで。
渡良瀬遊水地の谷中湖って、一応ダム扱いで、ダムカードも用意されているそう。
そんな谷中湖がハートの形をしているので、カレーもハートの形。
もちろん、決壊させて遊ぶ…じゃなくて食べます。
見た目だけかと思ってたけど、スパイスが軽く効いた甘めのビーフカレーは、意外にも美味しいほうかも。
なかなかのボリュームですが、ルーもたっぷりなので、最後まで美味しくいただけます。
たぶんこれ、カツカレーだともっと美味しいかも。
ネタ的にはダムカレーだけど、ランチ的にはカツカレー食べたいな。

|

« April 2019 | Main | June 2019 »