« June 2018 | Main | August 2018 »

丸山珈琲 小諸店(高峰高原2日目その5)



高峰高原からの帰り、まっすぐ高速に乗ってもいいんだけど、
せっかくなのでお茶して帰ることに。







大きな焙煎機を併設した、丸山珈琲唯一の焙煎所です。



その横に広い客席があるのですが、これまたゆったりしたつくりでいい雰囲気。





大きな窓からは、さきほどまでいた高峰高原や浅間山がくっきり。





ゆったりしたソファは、一度座ると立ち上がれないという、危険な代物です。



珈琲の種類がとにかく多いので、お店の人がおすすめしてくれた
ボリビアのカルロス・イトゥラルデ ティピカ(深煎り)をフレンチプレスで。
チョコのようなしっかりさと、グレープのようなフルーティさが同居した、軽やかな後味。
おすすめだけあって、美味しいです。



合わせたスイーツは、メープルナッツとドライフルーツのアイススティック。
クリーミーなアイスクリームと、香り豊かなナッツ・ナチュラルな甘さのドライフルーツの組合わせは見事。

東京では味わえないゆったり空間で、とにかくいい時間過ごせました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ビジターズカフェ(高峰高原2日目その4)



帰り道、再びビジターズカフェへ。



昨日の昼と違い、緑がくっきりしてます。



今回の目的は、ソフトクリーム。
しかも、嬬恋村のキャベツソフトなんですって!
どんな味なんだろう…と思って食べると、意外とキャベツっぽくない!
いや、もちろんキャベツの風味があるんだけど、しっかりソフトクリームです。
キャベツが違和感ないくらい馴染んでます。
これ美味しいわ!



ビジターセンターの近くには、ニッコウキスゲがいっぱい!
池の平湿原でも見られたけど、ここまでたくさんは群生してなかったから、見ごたえありの圧巻です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高峰温泉のお昼ごはん(高峰高原2日目その3)



池の平湿原から宿に戻ったら、事前にお願いしていたお昼ごはん。
私が選んだのは、おにぎり弁当。
登山だったら本当に弁当なんでしょうけど、食堂で食べるのでお皿に盛られて。





握りたてのおにぎりは、ふわっとした握り加減にほどよいごま塩。
いい海苔を使っているのか、なかなかの美味です。
もちろん、湿原を歩いた後だからっていうのもあるでしょうけどね。



そして、汗を流しに温泉へ。
チェックアウト後も、宿泊者専用のお風呂に入れさせてもらえるのは嬉しい配慮です。
3度目の野天風呂は、また違った雰囲気で楽しいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

池の平湿原(高峰高原2日目その2)



2日目の午前中は、宿が主催する池の平湿原観察ツアーへ。















高山植物がいっぱい咲いていて、山はすごくにぎやかでしたよ。
これも、自分だけで行くと「花がいっぱいー」で終わっちゃうんだけど、ガイドさんの案内つきだから楽しいです。
(って花の名前すぐ忘れちゃうんですけどね)









外輪山をぐるっと回ったあと、内部の湿原へ。
湿原の中をとおる木道の風景もいいけど、風がなく鏡のように映しだす池の風景も素敵です。
全部で2時間半くらいの行程は、あっという間におしまい。
楽しかったです!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高峰温泉の朝(高峰高原2日目その1)



一夜明けて、朝!
上空から見ると、本当に山のなかに建つ宿なんだなーと実感。



結局朝だけだったけど、浅間山方面もくっきりした天気でした。





でもって、朝風呂ですよね。
例の雲上の野天風呂、朝の凛とした空気が気持ちいい!







朝風呂の後は、朝ご飯。
シンプルなんだけど、美味しいです。
思わずご飯・味噌汁ともにおかわりしちゃいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高峰温泉の夕食(高峰高原1日目その5)



夕食は眺めのいい食事処で。



食前酒は、ナナカマドのお酒ですって。しかも33度くらいあるのだとか。甘いからって油断大敵です。



続いて飲んだのは、東御市の地ビール「オラホ・ゴールデンエール」。フルーティーで飲みやすい美味しさ。







料理は、前菜の茄子 オランダ、煎り胡瓜、陸ひじきポン酢漬け。



刺身蒟蒻は、臭みが全くないピュアさ。



たっぷりな高原レタスのサラダも嬉しいですね。



冬瓜と鰻の煮物は、ダシがしっかり効いてます。



台物は、信州豚の陶板焼き。柔らかくて美味。



さらに、鮎の塩焼まで登場。とにかく新鮮で、頭からガブリと食べちゃいます。



最後に季節野菜の天麩羅。ズッキーニ・もろっこインゲンはわかるけど、軽井沢菜・葛なんて初めて食べたよ。葉がしっかりしてるんだね。



そしてご飯・味噌汁・野沢菜で食事を終えて、



食後のデザートには、朝摘みブルーベリー。
これだけ山の中なのに、もちろんバスも来るくらいの場所だから不便じゃないのは分かってるけど、
決して豪華絢爛ではないけど、素材を活かした料理の数々、すごく美味しかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高峰温泉のお風呂(高峰高原1日目その4)



高峰山から戻ってきたら、汗を流すべく温泉へ。
向かったのは、標高2000m 雲上の野天風呂。
建物とは離れたところにあって、少しだけ森の中を歩くのも、ワクワクする仕掛け。



肝心のお風呂は、これぞ温泉!的な、硫黄の香りする白濁のお湯。
小諸の町までは見えなかったけど、ゆるやかな稜線が流れる山の風景を眺めながらのお風呂独占。
最高っす!





他にも、館内には2か所の内湯が。
硫黄泉・炭酸水素塩泉らしい香りが、室内に満ちています。
白いお湯って、いかにも温泉って感じしますよね。
むっちゃ気持ちよかったです!





お風呂場で、そして館内に、飲泉できる場所が用意されてました。
ちょっとだけ飲んだけど、硫黄の香りしっかり。
飲泉できるって貴重ですよね。
しかも、持ち帰りOKなんですって!



そんなお風呂は、日本秘湯を守る会のお宿。
とにかく最高なお風呂です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高峰山(高峰高原1日目その3)



荷物を整えたら、まだ時間があるので近くの高峰山へハイキング。
往復1時間半くらいかな?
宿の前には、1日2本のバスがくるバス停がありました。
たった2本な気もしますが、うち1本は新宿発着なのがすごいです。



で、高山植物を眺めつつのハイキング。



途中、お昼ごはんを食べたビジターセンターとの別れ道。



涼しいなか、適度な汗をかきながら森の中を歩くのは、気分いいです。



そんなこんなで山頂に到着。



岩がごつごつした場所は、あまり山頂っぽくなかったけど、一応標高2,106mあるらしいです。



山頂には小さな祠、高峰神社があります。安全を祈願して、山の神様にお祈り。



本当は、ここから見下ろす小諸市が絶景らしいのですが、暑すぎて霞んでました。



向こう側の山には、池の平湿原も見えましたよ。



上空からみた山頂の様子は、こんな感じでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高峰温泉(高峰高原1日目その2)



お昼ごはんを食べたら、その足で今宵のお宿へ。





ランプの宿として知られる建物は、もっと山小屋的な雰囲気かと思ってたけど、意外と近代的。



部屋も普通だったし、いやセンサーつきのウォシュレット完備だし。



共有スペースのお休み処では、そば茶もいただけました。これが美味しいんだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ビジターズカフェ(高峰高原1日目その1)



東京の暑さから逃げるように、高峰高原へ。
まず最初に立ち寄ったのは、高峰高原ビジターセンターです。





とは言っても、到着したのはお昼過ぎ。まずはお昼ごはん…ということで、ビジターセンター内のカフェへ。
木を使った店内の雰囲気もいいのですが、ここはやっぱりテラス席!
もう、東京とは気温が10度くらい違うからね、快適すぎです。





注文したのは、天空シチューセット(1300円)。
絵的にはパンのほうがいいんでしょうけど、気分は米だったのでライスにしてもらいました。
で、このシチューが絶品!
たっぷり入った野菜が、とにかく甘くて美味しい!
嬬恋村で採れた野菜なのかな?
クリームで仕上げたトマトスープの、優しくもしっかり効いた酸味がいい感じ。



食後のセットコーヒーは、まぁ普通なんだけど、
水と空気が美味しく雰囲気もいいから、気分いいっす!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

澄み藤@渋谷

澄み藤@渋谷
澄み藤@渋谷
7月17日に開店した鉄板焼のお店で、週替わりランチの国産鶏ももの生姜焼き丼(1200円)を注文。
カウンターの鉄板で焼いてくれるのかと思ってたら、別に作ってた生姜焼きをご飯のうえに。
ちょっと残念だけど、鶏肉の卸とつながりのあるお店らしく、弾力・鮮度はいい感じ。
生姜の効いたタレの塩梅もよく、美味しい丼です。
食前のサラダ、食後のドリンクもセットだから、落ち着いた空間でゆったり過ごせるのはポイント。

今度は、目の前の鉄板で焼いてくれるハンバーグを注文しなくっちゃ!

| | TrackBack (0)

並木倶楽部@渋谷

並木倶楽部@渋谷
かつての恵比寿 黒毛七厘の料理長が心機一転で開店したお店。
夜はいろいろメニューがあるようですが、
お昼は人気メニューだったハンバーグとメンチカツに絞ったもの。
他の選択肢はありません。

ということで、ランチにハンバーグステーキ(1100円)+メンチ(300円)を注文。
有名焼肉店「本牧亭」協力のA5ランクのお肉は、とにかくジューシーのひとこと。
上品ながらもパワーある味わいで、濃厚なソースに負けない力があります。
逆にメンチカツは、旨味を閉じ込めたサクサク衣のおかげか、ソース無しでも十分な旨味。
同じ挽肉なのでしょうけど、ハンバーグとメンチカツで、味が全く違うのが面白いです。

地味なお店ですが、このお店の実力は確かです。

| | TrackBack (0)

麗郷 富ヶ谷店

麗郷 富ヶ谷店
麗郷 富ヶ谷店
渋谷の人気台湾料理店の、代々木公園近くにある支店。
お店の雰囲気はだいぶ違うけど、腸詰がぶらさがっているところなど、本店と同じです。

本店とちがって、こちらにはランチメニューも。
注文したのは、油淋鶏定食(970円)。
軽い酸味のソースが、暑さで弱った身体に染みます。
からっと揚がった鶏肉は、細く刻まれて。
あらかじめ用意されているものをドカッと乗せたようで、
バラバラだけど、ボリュームはしっかりです。
普段使いできる美味しさですね。

添えられた黒いゼリーが、軽い苦味で不思議な感じ。
調べたら、仙草という植物由来のゼリーなんですね。
なんだか、身体によさそう。

| | TrackBack (0)

Cafe Eighty Eight@渋谷

Cafe Eighty Eight@渋谷
Cafe Eighty Eight@渋谷
7月18日にオープンしたレストラン。
以前は違うお店でしたが、落ち着いた雰囲気はそのままです。

ランチに注文したのは、週替わりプレート(880円)の厚切りポークジンジャー。
最初に、ラタトゥイユも入ったたっぷりサラダ
続くメインプレートは、お肉のボリューム感しっかり。
肉厚ながら、意外な柔らかさに加え、生姜がたっぷり効いたソースが抜群です。
添えられた夏野菜も、いい感じに美味しいです。
お肉のプレートのはずが、しっかり野菜摂れるのは嬉しいですね。
今日みたいな暑い日には、スタミナもつくし食欲も出るしで、嬉しい内容です。

セットドリンクが別料金150円なのはちょっと残念だけど、
ランチ自体の値段を抑えめにしているのが、良心的です。
なかなかいいランチですね♪

| | TrackBack (0)

新潟三宝亭 渋谷宮益坂店

新潟三宝亭 渋谷宮益坂店
新潟三宝亭 渋谷宮益坂店
7月14日にオープンした、新潟系ラーメン屋さん。
開店記念で、らーめん全品半額とのこと!
ランチは多少並びましたけど、早速食べてきました。

注文したのは、全とろ麻婆麺。
普段1000円のところ、期間限定の500円です。
もちっとした麺にかかっているのは、アツアツでとろみのある麻婆豆腐。
旨味がしっかりしてるだけでなく、辛味もしっかり。
ほのかに花椒が効いているのも嬉しいですね。
暑い日に、汗をしっかりかきながら食べるラーメン。
思ってた以上に美味しいです。

ランチタイムは半ライスもついてくるとのこと。
らーめんを食べ始める前、とろみが残るタイミングで麻婆豆腐をのせて麻婆丼に。
これまた美味で、てか単品でもいいんじゃない?という美味しさ。

らーめんは辛味を増したり、パクチーや排骨トッピングもできるみたいだから、
次はアレンジ加えてもいいかも。
ちょっと間を空けて再訪ですね♪

| | TrackBack (0)

インクローチョ@代官山(渋谷)

インクローチョ@代官山(渋谷)
インクローチョ@代官山(渋谷)
どの駅からも離れた場所にある、落ち着いたイタリアン。
ちょっと穴倉のような雰囲気、まるっとしてて居心地いいです。

ランチに注文したのは、豚とサラミのピリ辛ボロネーゼ(1300円)。
まず最初に、フォカッチャとバーニャカウダ。
完全無農薬野菜で、見た目地味な印象ですが、シャキシャキした食感は見事。
しっかりした味付けのバーニャカウダソースが美味で、ランチでこれは嬉しいかも。

続くメインのボロネーゼは、美味しいの一言。
挽肉・茄子・トマト・チーズ、そして辛さのバランスが見事。
具沢山で、食べごたえがしっかりしているのも嬉しいポイント。
これに、食後のドリンクがついてきて、のんびりひといき。
なかなかな満足度です!

| | TrackBack (0)

あずき@渋谷

あずき@渋谷
あずき@渋谷
カジュアルイタリアンなお店ですが、ランチは普通の定食。
いや、納豆がついてくる時点でイタリアンじゃない!とツッコミたくなるお店。
店内の雰囲気はいいから、夜はいけるのかも、ですけどね。

注文したのは、ガーリックポークステーキ(880円)。
サラダ、スープがついてくるうえに、もやしたっぷりの鉄板に乗ったやきとん!
厚みのある豚肉は意外にも柔らかくて、臭みもなくいい感じです。
オニオンソースがいい味してて、ガーリックチップがいいアクセント。
悪くないです!
食後のドリンクもついてくるので、まったりできるのもポイント。
この値段でこの内容なら、何も文句無いですね。
強いて挙げるなら、お皿で納豆ご飯は食べにくいことかな。

| | TrackBack (0)

餃子酒場 ツツム@池尻大橋

餃子酒場 ツツム@池尻大橋
ランチメニューは、餃子以外も充実。
でもせっかくだから…ということで、焼餃子定食(830円)を注文。
8個盛られた焼き餃子は、薄めだけど弾力がありモチっと感のある皮。
あんもたっぷり入っていて、なかなか食べごたえあります。
逸品とまでは言わないけど、まぁ美味しいほうかな。
酢醤油+ラー油で食べてもいいけど、お酢+コショウだと餃子の味がストレートに伝わります。
8個もあるから、2種類のタレだと飽きずに最後までいけます。
ご飯お代わりOKなので、大食いな人は余裕でお代わりでしょう。
温泉玉子も添えられているから、これだけでもご飯食べれるしね。

この内容で830円という値段設定が、嬉しいですね。

| | TrackBack (0)

食堂とだか@五反田

食堂とだか@五反田
食堂とだか@五反田
昨夜、久しぶりに行ってきました。
レモンを皮ごと絞った「とだかハイボール」を飲みながら、
・ウニ・オン・ザ煮玉子
・アワビの肝蕎麦
・揚げ胡麻豆腐
・鴨と島らっきょうの串焼き
・モロヘイヤのお浸し
・鮎の餃子
・ザーサイと糸こんにゃく
・とうもろこしの揚げ物
・甘納豆チーズタワー
・牛ごはん(トリュフ入り)
というラインナップを堪能。
どれも美味しいし、もうシアワセすぎ。
次行けるのが来年度…楽しみです!

| | TrackBack (0)

Beef Bank Shibuya

Beef Bank Shibuya
Beef Bank Shibuya
7月1日にオープンした、肉系丼のお店。
メニューは大きくローストビーフ丼とフィレステーキ丼の2種。
お肉の量やトッピングにバリエーションがあります。

今回注文したのは、フィレステーキ丼(200g 1300円)。
高温で焼き上げた赤身肉…とのことですが、ワクワク感が無いのが残念。
もちろん、レアなお肉はたっぷりあるんですけどね。
お肉自体は、フィレというより普通の赤身肉という感覚。
ステーキソースはご飯にかかり、お肉には塩コショウのみというのは嬉しい配慮。
塩コショウでシンプルに食べても違和感を感じないレベルのお肉です。
アクセントにガーリックパウダーをかけたら、いい意味で意外な変化だったから、
炙りモッツァレラチーズ、ガーリックバター、ねぎ塩などのトッピングを加えると面白いかも。
お肉の量のわりには値段が抑えられてる点も、好印象ですね。

| | TrackBack (0)

grigio@代官山

grigio@代官山
grigio@代官山
路地をさまよってると、一際賑わっているお店を発見。
外のカウンター気持ち良さそうだな…と思いつつ店内に入ると、
狭さゆえの居心地の良さ。
活気があって、目の前でライブに料理つくってる様子が見えて。
感じいいお店です。

ランチに注文したのは、ガパオ風鶏そぼろライス(800円)。
最初に噛みごたえのあるサラダの登場。
続くメインは、葉のままのバジルの香りがすーっとするプレート。
アクセント的に辛さが効いているものの、エスニックさが抜けた感じ。
鶏肉が比較的大きく、そぼろというよりしっかり食べる感。
そして、目玉焼き(注文してから直火で作ってくれる)の黄身を崩して、マイルドな味に変化。
これもまた、食べてて楽しいです。
なかななの美味しさで、お客さんで賑わっているのも納得。
またリピートしたくなるお店です♪

| | TrackBack (0)

オドルバルキタオ@渋谷

オドルバルキタオ@渋谷
7月1日にオープンしたバルで、本日のプレートランチ(850円)を注文。
ローストポークは厚みがあり、ボリュームもしっかり。
豚肉特有の臭みがあったのは残念だけど、柑橘系のソースがカバー。
焼き野菜やサラダ・タコものっていて、それなりの美味しさです。
みんなハンバーグ注文してたから、同じのにすると印象違ってたかも。
お店の雰囲気は悪くないんだけどね。

| | TrackBack (0)

« June 2018 | Main | August 2018 »