« December 2017 | Main | February 2018 »

香家 渋谷ヒカリエShinQs店

香家 渋谷ヒカリエShinQs店

香家 渋谷ヒカリエShinQs店

渋谷ヒカリエの建物内ではなく、脇道沿いに構えている担々麺のお店。
一見すると、普通の路面店っぽい感じ。
建物と道路の間にあるためか、店内はかなり細長いです。
そして、お客さんが全員女性とな!?

この系列店は、新代田のお店には何度か足を運んでたけど、
いつの間にか渋谷にも出来てたんですね。
ちょっと嬉しいです。

注文したのは、ハーフ&ハーフ(1100円)。
ひとつは、青鬼・担々麺で。スッキリした胡椒の香り・シビレ、そして胡麻の甘さ。この美味しい組み合わせがクセになる味わいで、丸麦入りご飯との相性がバッチリです。
口直しにセットのアイスプーアル茶を飲みながら、もうひとつの麻辣・汁なし担々麺を。
底にあるタレに、麺をぐるっと絡めてから。
太めでしっかりした硬さの麺を食べる感じで、もちろん辣油が効いてます。粒のままの山椒は、カリッカリ食感とともに弾きだされる香りとシビレ。
どちらもシビレと辛さがいい具合に効いていて、口の中がヒーハー。

久しぶりに食べたけど、やっぱ病みつきになりますね★

| | TrackBack (0)

The Manhattan FISH MARKET 渋谷店

The Manhattan FISH MARKET 渋谷店

The Manhattan FISH MARKET 渋谷店

1月27日にオープンしたばかりのシーフードレストラン。
日本では珍しいハラル認証を受けたアメリカンスタイルのお店で、
カジュアルな雰囲気が居心地いいです。
世界15ヶ国で展開するチェーン店なのだとか。
外国人のお客さんも多く、ムスリムの店員さんもいるのは安心できますね。

ランチに注文したのは、グリルド グローリー ドリー(1058円)。
野菜たっぷりで濃厚なクリームスープやミニサラダがセットでついてきます。
メインの白身魚は、あっさりしたソテー。
あまり下味はつけておらず、ソースの味で楽しむような感じ。
その下のご飯は細長米で、外国で食べるような、あっさりした味付けがされています。
野菜にも薄ーく味付けがされており、調味料を追加する必要がない加減がいいです。

とにかく全体的にあっさりしており、ヘルシーな感じです。
ちょっと物足りない?と思いつつも、食後には十分な満腹感が。
なかなかいいお店かも!

| | TrackBack (0)

タイダイニング プラー・ローマー@渋谷

タイダイニング プラー・ローマー@渋谷

タイダイニング プラー・ローマー@渋谷

デルフィーニというイタリアンのお店が、タイ料理店としてリニューアルオープン?
…といっても、店内外の様子はほどんど変わっていませんが。
メニューと店員さんが変わっているようです。

ランチに注文したのは、トムヤムヌードル(1000円)。
辛味と酸味の効いたスープに、モチっとした米粉の麺。
イカ・エビ・マッシュルーム・もやしの定番具材に、パクチーもトッピング。
まぁこんなものかな。
ミニサラダ・ミニデザート(タピオカミルクっぽいの)・選べるドリンク(今回はジャスミン茶)もついてきます。
おしゃべりしながらランチタイム、にはいいかもですね。

| | TrackBack (0)

【北海道(キロロリゾート)その8】アイススターホテル



アイスレストランに隣接して、宿泊施設がありました。



客室内は、こんな雰囲気。氷のテーブルに、氷のベッド。なかなか幻想的な空間です。



氷のベッドには毛皮が敷かれているうえに、寝るときは寒冷地用の寝袋を使うそう。体験として泊まりたいという気持ち、もちろんあったよ。



でもやっぱり、メインのスキーで体力温存を考えると、こちらのホテルでぬくぬくと身体を休めるほうがいいよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【北海道(キロロリゾート)その7】アイスレストラン



冬季限定のアイスレストランが、今シーズンからオープン!



晴れてたらまた違った表情なのでしょうけど、確かに氷の建物です。しかも大きい!



中に入ると…幻想的な空間じゃないの。意外と寒くなく、むしろ風が当たらないためか、温かくすら感じます。スキーウエアだけどね。



メニューはチーズフォンデュの一択。まずはスープから。氷でできたテーブルが溶けないよう、お皿は木の板の上で。



一緒にいただいたのは、ホットワイン。マグカップで運ばれたときはあったかいんだけど、しばらくすると冷たい普通のワインに。やっぱりここは、寒いようです(笑)



続いて、メインのチーズフォンデュ。



具材はこんな感じ。ホクホクのお芋インカの目覚め、ピリ辛ソーセージ、ライ麦パン、そして野菜いろいろ。



寒いなか、ぐるぐるーってチーズに絡めていただきます。結構ワインが入っているみたいで、チーズも濃厚で、なかなか美味しいです。



食後には、アップルパイ的なデザートが。バニラが効いてて美味しいんだけど…そろそろ寒くなってきた頃。



部屋の雰囲気も、暗くなるとまた違ってきます♪

アイスレストランの外観も、夜はライトアップされて幻想的な雰囲気に。日本で楽しめるとは思ってもなかったよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【北海道(キロロリゾート)その6】リビエルージュ@シェラトン北海道キロロリゾート




基本的にはホテルの朝夕食会場ですが、繁忙期はランチ営業もしています。



ゲレンデを臨む、高い天井の開放的な空間。



メニューは限定されていますが、その分カフェテリアよりもゆったり過ごせます。



こちらのカウンターで料理を提供。



注文した”北海道プレミアムビーフハンバーガー”、ボリュームがすごかった!



ゲレンデを眺めながらのご飯ってのが、気分いいですよね♪



違う日には、ビーフシチューを注文。お肉がいっぱいで、しっかり煮込まれてて味が染みてて、なかなかいいです。



ご飯添えですが、お店の方から”ライス or マッシュポテト?”と英語で聞かれたときは、一瞬焦った。意味が分からないってことじゃなくて、日本なのに英語なんだーって。私に続く人も、一瞬戸惑ってたよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【北海道(キロロリゾート)その5】スキー場



一応ゲレンデの話も載せておくと…山頂、寒いです。



シンボルの鐘も、静かなたたずまい。



寒いなーと思ってたら、マイナス12度だそう。まぁキロロの山頂っぽいと言えばそれまでなんですが。



でも、たまに一瞬晴れ間が出たりして。



こうなると、青い空と白い森のコントラストが見事なんですよね。



ゲレンデも気持ちいいよ!



ゲレンデの奥のほうにある、山小屋風の休憩所。本当に椅子・テーブルとトイレがあるだけだったけど、人が少なくて居心地よかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【北海道(キロロリゾート)その4】トリビュート・ポートフォリオホテル



今回宿泊したのは、ゲレンデから少し離れたこちらのホテルで。



エントランスホールが、なかなかの豪華さ。



エントランスホール内、フロント前のロビー。華やかながらも落ち着いた空間です。



ホールを上から見たところ。全体的にアイヌをイメージしているのだとか。



ホテルに隣接して、ちょっとした広場があります。



ここにある温泉、露天風呂が、結構気持ちいいんですよ。



湯上りには、広々とした休憩室で。



ずらーっと並ぶマッサージチェアは、なんと無料で利用できます!これは嬉しいサービスですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【北海道(キロロリゾート)その3】夕食@POP・キロロリゾート



今回宿泊した、トリビュート・ポートフォリオホテル内にあるレストラン。



この日の夕食は、ビュッフェ方式のこちらで。ハイシーズンは混みあうので、ビュッフェとはいえ予約必須です。



レストランの雰囲気は、ゲレンデに望むシェラトンには劣るものの、落ち着いてて悪くないです。
食事の種類は、なかなか充実。



やっぱり取り過ぎちゃうんですよね…



ローストビーフ・フォーストポークは取り分けてくれます。



意外なことに、インディアンキーマカレーが美味!



そしてタンドリーチキンもまた美味!日本にはあまり無いスパイスを使っているそう。



食後にはスイーツで…明らかに取りすぎです(汗)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【北海道(キロロリゾート)その2】朝食の機内食@ANA(羽田→新千歳)



プレミアムクラスで出される朝ごはん。幹線は、朝食もお皿に盛ってくれるんですね。飲み物は身体に気を使って野菜ジュースで。



お皿には、生ハムと野菜のトルティーヤロール、グリル野菜とチキンのサンドイッチ、小エビと胡瓜のマリネ、豆サラダ・チーズとスクランブルエッグ。



フルーツとして、パイナップル、リンゴ、キウイが添えられてました。



4種のきのこのスープは、コンソメベースに乾燥きのこを入れるスタイル。



ちょっと足りないな…ということで、ペリエとともに帆立の雑炊を追加でお願いしました。



塩味が効いてて、柚子がアクセントに。乾燥米ながらも十分な美味しさです。



食後には、コーヒーでほっとひといき。ブラジル産のシングルオリジンだそうで、普通席のコーヒーとは差をつけているそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【北海道(キロロリゾート)その1】早朝の羽田空港



今回搭乗するのは、朝7時発の飛行機。



ちょっとだけ早めに空港へ到着、ラウンジで軽くおにぎりでも。



夜が明けようとする時。この瞬間が好きです♪



しばらくすると、明るくなってきました。



飛行機に乗り込み、ボーディングブリッジから離れたタイミング。太陽がのぼりはじめたころ。



離陸するタイミングで、富士山がくっきり見えました。



眼下には、目覚めようとする東京の風景が。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

富士㐂 渋谷道玄坂

富士㐂 渋谷道玄坂
1月オープンの、際コーポレーションによるとんかつ専門店。
いろんな業態で展開していた場所で、新たなる門出です。

メニューを見ると…意外と高い(汗)
仕方ないので、岩中豚 厚切りロース(2380円+税)を注文。
店内はカウンターのみで、目の前で揚げてくれる嬉しいスタイル。
サクサクとした衣は、揚げたてならではのアツアツさ。
醤油をかけると広がる、軽く焦げた香り。
これ、揚げたてならではの特権。

肝心のカツは薄いピンク色をしていて、柔らかく臭みも全くなし。
ロースならではの甘みが、しっかりしています。
伯方の粗塩(ほんとかな?)で食べると、お肉の甘みがさらに強調されます。
もちろん、ソースで辛子と一緒に食べるもよし。
220gというボリュームは、とにかく食べごたえあります。
美味しい+食べごたえ=嬉しい、の数式が成立します。
添えられた千切りキャベツもたっぷりだし、赤だしもしじみ汁だし。
ご飯のおかわりもOKらしいので、大食漢にはもってこいででは。
ただ、もうちょっと安いと嬉しいな…

| | TrackBack (0)

来々軒@水天宮前

来々軒@水天宮前

来々軒@水天宮前

知らないと、入りにくい系なお店。
いや、知ってても入りにくいかも。
お店のおじさん含め、昭和レトロなテイストの店内は、時が止まったかのよう。
黒電話、シビレるなー!
でもよく見ると、エアコンが最新型だったり、冷蔵庫が新品だったり。
新陳代謝は、確かに行われているようです。

注文した玉子チャーハン(680円)は、強い火力でぱらっぱらに炒められています。
玉子のふんわり感がいい感じ。
塩と化学調味料とラードの、昭和テイストのシンプルな昔懐かしい味。
意外とクセになる味です。
添えられた、醤油味の中華スープも懐かしい味わいです。

チャーハンだけでもボリュームたっぷりなのに、勢いでギョーザ(520円)も注文。
町の中華屋さんって感じの、手作り感がいいです。
皮がモチモチしていて、ニラ入りのあんがしっかり。
見た目以上の満足感を得られます。

2階には宴会場なのか広い部屋なのかがあるらしく、お客さんがちょいちょい上がっていきます。
中には、タクシーで乗り付ける人まで!
意外と人気あるのかな?
こういうお店、いつまでもあり続けてほしいですね。

| | TrackBack (0)

Tamarind@GINZA SIX

Tamarind@GINZA SIX

Tamarind@GINZA SIX

先日初訪問のGINZA SIX。
屋上や館内をふらついた後、夕食でこちらのインド料理屋さんへ。
注文したのは、タマリンドコース(3000円)。
最初のパニプニは、薄めに揚げたパン?の中にパクチーとミントのソースを。爽やかながら、かるーくスパイス感がいい感じ。
サラダに続くタンドリーチキン+シークカバブも、ジューシーで程よいスパイス加減。
選べるカレーは、”マムサム ヴェプドゥ”というアーンドラ地方のドライなマトンカレーを。クセがなくて食べやすく、なかなか美味しいです。生姜たっぷり入ってたしね。
添えられたナンは水分しっかりモチモチしてて、焼かれた部分はパリパリという美味しいやつ。
最後に、食後のヨーグルトでしめて。

お値段それなりですが、割と美味しかったので許してあげる♪

| | TrackBack (0)

HOTEL EMANON@渋谷

HOTEL EMANON@渋谷

HOTEL EMANON@渋谷

毎度毎度のランチタイム。
残雪のなか、静かに営業していました。

注文したのはライスプレート(1080円)で、豚ロースのグリル。
スモーキーな香りが食欲をそそり、ジンジャーソースが程よく添えられてます。
安心できる美味しさってやつですね。
食前のサラダで野菜もしっかり摂れ、バランスもちゃんと。
静かな雪景色を眺めながら、カウンターで追加のコーヒーでひといき。
この、のんびり時間が私のお気に入り♪

| | TrackBack (0)

NICK STOCK 渋谷道玄坂

NICK STOCK 渋谷道玄坂
NICK STOCK 渋谷道玄坂
今日の朝ごはんは、お肉で人気なお店で。
少し前まではパンケーキがあったり、ゆで卵食べ放題があったけど、今はやってないみたい。
ちょっと残念。

注文したのは、トーストセット。
厚切りトーストにサラダ・目玉焼き・ベーコン・ドリンクの組合せ。
サクサクしたトーストにはバターがしっかり染みこみ、コーヒーとの相性はバッチリ。
他の具材も、そのまま食べてもいいし、トーストと一緒でもいいし。
安定の組合せです。
渋谷で、朝からこれだけの内容で540円は、なかなか満足度高いです。
強いて言うなら、アクセスがちょっと不便…もうちょっと駅から近かったらなー…

| | TrackBack (0)

橙@池尻大橋

橙@池尻大橋

橙@池尻大橋

渋谷から歩いて訪問。来れなくもない場所です。
年季の入ったお店で、いい味した雰囲気です。

かなり豊富なランチメニューで、どれにするか迷いましたが、
本日の麺セット(900円)を注文。
鶏白湯麺は、味はしっかりながらも、かなりあっさりしたスープが特徴的。
麻婆豆腐飯は、胡椒のシビレが効いているタイプ。
味的には平均的な美味しさなんでしょうけど、ボリュームがすごい!
特に麻婆豆腐飯はミニ丼と書かれていたのに、十分に一人前あるんじゃない?って言いたくなるくらい。
周りを見てみると、普通の定食もボリュームしっかりだし、ご飯のお代わりができたりするし。
お客さんでいっぱいだなーって思ってたけど、このボリュームを求めてたんだね、きっと。

| | TrackBack (0)

スマイルキンパ(SMILE KIM BAP)@渋谷

スマイルキンパ(SMILE KIM BAP)@渋谷
1月11日にオープンした、キンパ…韓国風海苔巻き専門店。
基本的にテイクアウトですが、イートインスペースも4席ほど。
店内で食べるときは、お茶が用意されています。
今回は、開店記念でわかめスープもいただきました。

注文したのは、牛肉とたっぷり生姜 8種具材のキンパ。
牛肉にはコチジャンベースの味付けがされており、生姜の細切りのシャキシャキ感もしっかり。
出し巻き玉子が入ってたり、野菜がたっぷり入っているのは嬉しいです。
お米が少なめだから、具材をしっかり食べている感じかな。
このボリュームで500円は高い気もするけど、具沢山なおにぎりと考えると、妥当かな。
ただ、男性にとってはボリューム足りないかもね。
種類を変えて2パック、海苔巻1本分がちょうどいいかも。
美味しいのは美味しいんだけど、レパートリー的にはどうだろう。
ゆったりしたお店のつくりは、客側からすると気分いいんだけど…と考えてしまったり。

| | TrackBack (0)

HOTEL EMANON@渋谷

HOTEL EMANON@渋谷
ちょっと前のエマノンランチ。

このときは、久しぶりのサラダランチ(1150円)だよ。



リースのように並べられた彩り野菜には、タイのカルパッチョと梅肉ドレッシングが。

この組み合わせ、なかなかの美味しさで、ワイン欲しくなっちゃいます。

サラダ自体も、食べごたえがあるしっかりした野菜で、

いっぱい咀嚼するから、見た目以上に満腹感あるんですよね。

ちょっと間があいたけど、やっぱ私にとってはこのお店は落ち着きます♪

| | TrackBack (0)

シュトコーヒー(SHUTO coffee)@渋谷

シュトコーヒー(SHUTO coffee)@渋谷

シュトコーヒー(SHUTO coffee)@渋谷

神泉の商店街にできた、おしゃれカフェ。

コーヒーとともにアルコールメニューも充実していて、

店内はカフェというよりもバーの雰囲気。

フランスの自然派シロップ”1883 MAISON ROUTIN”を初めて日本で扱っているそうで、

様々なフレーバーシロップを使ったジントニックが面白いのだとか。

水を一切使わない”ばなならて”も気になるとことです。



今回注文したのは、パニーニランチ(1100円)。

豆たっぷりのミネストローネは、豆が溶けてとろっとろに。

スープだけでもお腹いっぱいになりそうな、食べてる感覚です。



メインのパニーニは、石神井公園の”GTALIA DA FILIPPO”による、純国産小麦を使用したもの。

カリッカリに焼かれたパンはピザ釜で焼いたもので、軽い塩気を含み、食べごたえしっかり。

たっぷり入ったスモークサーモン、そしてチーズとの相性はバッチリです。

トマトやレタスも入ってて、なかなか美味。

そして、想像以上にボリュームたっぷり!

聞くと、食べきれずに持ち帰る女性もいらっしゃるのだとか。



セットのコーヒーは、嬉しいことにいろいろと選べるらしいです。

迷った末に、オススメのカプチーノで。

「本来は男性客には出さいんだけどね」と言われつつも、かわいく仕上げてくれました♪

泡が細かくて、口当たりが気持ちいいです。

南イタリアをイメージして焙煎したというオリジナルエスプレッソ豆の香りもいい感じ。

この豆を使ったカクテルも用意されているのだとか。



マスターの人あたりもよく、雰囲気もよく、居心地のいいお店。

今度は、夜に来てみたいですね。

| | TrackBack (0)

豚八戒@阿佐ヶ谷

豚八戒@阿佐ヶ谷

豚八戒@阿佐ヶ谷

餃子が有名で、予約が取りにくいと評判の人気店。
運よく1日1組の2階部屋を予約できたので、みんなで行ってきました!
適度な狭さの2階は、誰かの家に来たかのようにくつろげます。
中華を意識した内装に加え、注文は管に向かって話しかけるスタイル。
料理は、カラカラと滑車で籠を引き上げるスタイル。
もう、これだけで遊び心ウキウキです。











注文したのは、ひととおりの餃子。
羽根付焼餃子、四川風麻辣水餃子、精進蒸餃子、海老水餃子、豆腐水餃子。
どの餃子も、いちいちコメントするのが面倒なくらい絶品。
全部味が違うってのが嬉しいですね。









他にも、じゃがいもの細切り、高菜と枝豆のあえものとつまみ、
棒々鶏、油淋鶏を注文しつつ、紹興酒で一杯…じゃなくて何本だ?













そして、1階では注文できない、2階オリジナルの火鍋。
今回は半分の人数分で注文したのですが…それでもすごいボリューム!
野菜はあらかじめ部屋にセットされているのですが、
途中から魚や肉が、次々と例の滑車で運ばれてきます。
赤の辛いスープと白の薬膳が効いたスープがいい味しているうえに、
種類豊富な具材(キノコだけでも何種類?)からでるダシで、かなりいい味に仕上がります。
もう、残ったスープを合わせて飲むだけでもシアワセ…ですが最後は麺でシメて。



これで、一人5000円程度ですからね。
満足度、ハンパないです。
また予約取れたら行きたいなー♪

| | TrackBack (0)

メウンノム(辛いやつ)@渋谷

メウンノム(辛いやつ)@渋谷
渋谷・百軒店の入口にある黄色いビル。
目立ちつつも通り過ぎる建物ですが、ここの2階に韓国料理屋があったとは、全く気づきませんでした。
聞くと昨年11月頃にオープンし、ランチは最近はじめたとのこと。
まだまだこれかららしく、お客さんもまばらですね。

注文したのは、日替わりワンコインランチで、海鮮スンドゥブチゲ。
それほど辛くなく、適度な辛さで食べやすい…と思ってたら、ジワジワと身体が温かく。
いい感じに効いているようです。
アサリがちゃんと入ってて、豆腐が多いものの、海鮮っぽい旨味もします。
何よりも、出来あいではなく、一から作ってくれるのが嬉しいかも。
これで500円ですからね。嬉しいよ。
韓国人のお兄さん、これからお店頑張るって言ってた。
お客さん入るといいね。

| | TrackBack (0)

BBQ ブッチャー@渋谷

BBQ ブッチャー@渋谷
BBQ ブッチャー@渋谷
百軒店の入口にある黄色いビル。
まさかここに、ランチ営業している居酒屋があるとは…
入口も一瞬どこだか分からなく、これまで全く気づきませんでした。
ただ常連さんには愛されているお店のようで、夜はメニューが無いという変わりよう。
気になります。

今回はお昼の訪問なので、日替わり500円ランチを注文。
今日は豚しゃぶテリマヨです。
なんとなく想像はしていたのですが、なかなかボリューミー。
丼のようなご飯は、おかわりOK。ちゃんとごま塩まで用意されているよ。
スープは、かつおだし?のシンプルな味。
そしてメインのおかずは、たっぷり豚バラ肉に甘めのテリヤキソースがたっぷり。
これにマヨネーズが加わるという、鉄板な組み合わせ。
もう、見ただけでカロリー高そう。
千切りキャベツが無かったら、苦しんでたかも。
それでも、当然ながらご飯が進む、非常にキケンなランチでした。

| | TrackBack (0)

ink. by CANVAS TOKYO@代官山

ink. by CANVAS TOKYO@代官山

ink. by CANVAS TOKYO@代官山

インスタ映えするカラフルなラテで人気なカフェ。
白を基調とした店内は、それだけでも絵になります。
ランチでの訪問ですが、ラテってセット料金は無いのね。
一瞬迷ったのですが、そのためにお金払うのもね…
ということで、プルドポークバーガー 90gのセット(1350円)を注文。
プルドポークはちょっとパサパサで、コンビーフみたいな感じ。
もうちょっとジューシーさがあってもいいけど、独特なBBQソースは美味しいですね。
クレソンや玉ねぎなどの野菜がたっぷり入っているのも、嬉しいポイント。
そのためか、見た目ほどしつこくなく、あっさりしてて食べやすいです。
セットのドリンクはルイボスティー。
ちょっとだけ、身体のこと考えてみました♪

| | TrackBack (0)

渋谷 更科

渋谷 更科

渋谷 更科

センター街の入口にある蕎麦屋さん。

ここに来るの、何年振りだろう?

それでも、落ち着いた雰囲気は以前と変わらず。

時代を経ても、ここだけは昭和なままですね。



お昼に注文したのは、ランチセット(918円)。

冷たい天ぷらそばは更科?の割にしっかりした風味。

センター街でこれだけのクオリティを食べられるのは、貴重です。

セットについてくる炊きこみご飯は薄めの味付けで、やさしい感じ。

セットとしては重量感に欠けるけど、中身は十分です。

しかも、海老天もついてて、この良心的な価格設定。

これからも続けてほしいお店です。

| | TrackBack (0)

【北海道(小樽・キロロ)その11】門左衛門@羽田空港



羽田空港に到着。おなかすいたので、晩ごはんに門左衛門というてんぷら・そばのお店へ。



店頭で天ぷらを揚げている様子を実演してるのがいいですね。



店内は、厨房を囲むようなカウンター席。



そしてテーブル席には、飛行機の出発案内モニターが用意されています。



天ぷらも食べたいし、蕎麦も気になるし…ということで、海老天丼(950円)にわりこそばをつけて注文。



海老天丼は、店頭で揚げているだけあって、アツアツなまま。カラッと揚がっているのがいいです。つゆは甘めで、ネタは海老2本のほか、さつまいも、いんげん、舞茸、白身魚、茄子と充実。ボリュームもあり、食べごたえ十分なばかりでなく、美味しいのがいいです!



わりこそばも、意外にも美味しいかも。甘めのつゆにつけるのは、しっかりした蕎麦。天丼で油っぽくなった口が中和される感じで、組合せとしても悪くないです。お腹いっぱいだけどね。


こうして、当初予定を繰り上げた北海道スキー旅は終了。残念ではあるけど、また機会見つけて出かけるもんねっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【北海道(小樽・キロロ)その10】ANA SUITE LOUNGE@新千歳空港



新千歳空港のANA側は、最近新しくなったばかり。自動荷物預け機が配置されたほか、メンバー専用の入口も落ち着いた雰囲気に。



荷物を預け、セキュリティを抜けると、上に向かうエスカレーターが。



エスカレーターであがると、正面の木の壁にキラキラしたオブジェ?でお出迎え。



振り返って、ラウンジの受付があります。手前にANA LOUNGE、奥にANA SUITE LOUNGEという配置。



今回は、こちらANA SUITE LOUNGEへと向かいます。



ANA SUITE LOUNGE側の通路を進むと、正面に外の風景が。これまで完全室内窓無しだったので、この違いは大きいです。



ラウンジに入ってまず目に入るのが、この苔山。窓の向こうに見える風景をイメージしているのだとか。



ラウンジを監修した隈研吾氏によるメッセージが置かれています。



ラウンジ全体の雰囲気。手前のカウンター席に苔山があります。



反対側から見たところ。木の使い方が控えめながらも、和紙を用いた天井が落ち着いた雰囲気に。



奥はゆったりとしたソファ席。隈研吾氏が監修として入りながらも、ANAらしく落ち着いた空間に仕上がっています。



和のテイストの、落ち着いた照明もいい感じ。



ドリンクなどのコーナーは、国内線ラウンジにしては充実しています。写真はほんの一部。



こちらでいただいた、札幌の洋菓子店”きのとや”のチーズタルト(北海道素材の濃厚チーズムースが最高)、北海道のYOSHIMIによるバケット2種(ベーコンとチーズ・くるみとクランベリー)、ラスクが思いのほか絶品。他にも北海道産ななつぼしを使ったおむすびやスープ類も充実してましたよ。



ビールはお約束のSAPPORO CLASSIC生だけでなく、耕人舎のピルスナーも。時間帯によって用意されるビールの種類が違うらしいのですが、これは嬉しいですね。空港からの運転の心配が無いから、安心して飲めます。



安心といえば、鍵付きの荷物スペースが用意されているのもポイント。充実したラウンジなだけに、羽田空港でもこれくらいやってくれればいいのに。逆に、ここのラウンジにシャワーあると便利なんだろうなーと思ってみたり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【北海道(小樽・キロロ)その9】小樽→新千歳空港



この日の小樽は晴れていた!海までまっすぐのびる小樽駅前の道。あの先には有名な小樽運河もあり、足を運ぶ観光客がいっぱいいたなー。



本当だったらもう少し滑ってる予定だったのだが、都合により急遽東京へ戻ることへ。まさかこのタイミングで小樽駅へ向かうことになるとは…



小樽築港駅を過ぎると、電車はしばらく日本海沿いに走ります。この風景がなかなかいい眺めで、いつもは横から見るところ、今回は一番後ろにかぶりついて眺めてみました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【北海道(小樽・キロロ)その8】めんこい亭@小樽



元旦早々から、観光客向けではないお店なんて早々開いていないところ、辛うじてのぼりが立っているのを発見。どうやらラーメン屋さんみたい。



階段をのぼると、ディープな雰囲気の扉。



店内に入ると、これまたディープな雰囲気。でも他にお客さんいるし、他に開いてるお店ないし、いいか。



注文したのは、野菜塩ラーメン(680円)。良心的な値段設定ながら、運ばれてきたのは思ってた以上にまともな丼。



食べてみると、あっさりしていながらも塩の旨味がちゃんとしてます。



そして、ラード炒めの野菜がたっぷり。これが味を整えていた決め手かも。期待していなかっただけに、意外な美味しい出会いに満足です!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【北海道(小樽・キロロ)その7】籔半@小樽



年越し蕎麦を食べに、こちらの蕎麦屋へ。



雰囲気のあるたたずまいで、雪のなか明るく照らされている様は、何ともいえない温かさを感じさせます。



店内は、ちょっと歴史を重ねた雰囲気…



かと思いきや、お店の奥には石蔵が。小樽全盛時代のものを、今でも使っているそうです。



最初は蕎麦だけにしようと思ってたけど、おしながきを見てると、酒のつまみが充実していること。



思わず”蕎麦屋親爺の隠し酒”を注文。しっかり辛口でキリッと爽やかながら、お米の味も感じることができる、非常に飲みやすくキケンな地酒です。
添えられているのは、蕎麦の実が入っている蕎麦味噌。これがまた、酒の進むこと。



合わせたのは、小樽らしく鰊漬けで。”酒のつまみ”の一言がぴったりくる一品で、鰊の身が感じよくしまっていて、軽い酸味を伴った漬け加減が絶妙です。



もう一品、蕎麦屋ならではの”そばもやし”を。いわゆる蕎麦の実のスプラウトで、茎がしっかりしており、シャキシャキした歯ごたえが感じいいです。



一通り楽しんだあとで注文した蕎麦は”うにとじ”。その名のとおり雲丹の卵とじなお蕎麦です…が、これが絶品!見た目も豪華ですが、味もとにかく豪華!



身が締まった雲丹の甘さがしっかりしているうえに、磯の香りもたっぷり。この雲丹の旨味とふわとろ卵とじの相性が見事すぎて、言葉にできませんね。柚子のアクセントも感じよく、このお蕎麦に出会えただけで、シアワセすぎです!



雲丹のダシが出た独特な旨味の蕎麦汁も最高なら、それを割る蕎麦湯も濃厚ながら自然な感じで、なかなかの美味しさ。本当に最後まで満喫させていただきました!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【北海道(小樽・キロロ)その6】アンディアモ@小樽



せっかくの小樽ステイ、リゾートでは無理な美味しいもの食べるよ!
ということで、夕食にイタリアンのお店” アンディアモ”へ。
裏路地に面した、大きな窓が特徴的なお店です。



店内に入ると、大きなカウンター席が。ここで落ち着くのもよし、奥のテーブル席に籠るもよし。
今回は、なんと大きな窓際のひとつしかないテーブル席を用意してくれました♪



まずは、スパークリングワインから♪



注文したのは、4200円のコース料理。最初に出てきたのは前菜盛合せ。
椎茸の詰め物、ゴルゴンゾーラのムース、そしてテリーヌ。想像してたより美味しいよ、これ!



もちろん、白ワインと一緒に。雪を眺めながらの、落ち着いたコース料理っていいですね。



続いてピザ。早くもって感じですが、運ばれてきたマルゲリータはお店の看板商品らしく、もちもちした生地が特徴的。それとチーズが濃厚で、トマトソースもいい感じ。美味しいです。



パスタは、サロマ産牡蠣のオイルソース。牡蠣からふんだんに溢れだす磯の香りと旨味を、オイルソースがしっかりキャッチ。アルデンテのパスタと絡まり、見た目以上に華やかな仕上がりに。



そしてメインの肉料理に、仔牛のカツレツ ミラノ風が登場。こちらも人気メニューだそうで、柔らかいお肉の旨味、パン粉の加減、トマトベースのソースがいい感じに合わさっています。



こちらも見た目以上の美味しさで、赤ワインがいい感じに合いますなー。



シメのドルチェは、フランボワーズのソルベとティラミスで。



フルーティなソルベは口直しにぴったりで、ティラミスはコクがありながらもあっさり目。食後のコーヒーに合いますね。

思いがけず美味しいイタリアンディナーに出会えて、しかもリーズナブルに出会えて、大満足な夜でした♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【北海道(小樽・キロロ)その5】ダブルブラック マウンテンカフェ@キロロリゾート



スキーの合間には、ダブルブラック マウンテンカフェでひとやすみ。



オージー経営のカフェで、店員さんには日本人・白人の両方がいます。



お客さんは白人系外国人が目立ち、店内では英語が飛び交っています。



置いている本も、ニュージーランドのだったり。



前にも書いたけど、このカフェではALLPRESS ESPRESSOの豆が使われています。



クリーミーな泡が美味しいラテでひといき。雪景色を眺めながらのラテって、美味しいですよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【北海道(小樽・キロロ)その4】朝里ビュー@キロロリゾート



違う日のランチは、せっかく眺めのいい山頂にこれたのでこちらで。ゴンドラ降り場と同じ建物にあります。



過酷な環境ということもあり、地味な入口ですが…



店内はそれなりの広さで、居心地いいです。



そして、窓に広がる眺望!



遠くには日本海まで見渡す、絶好のロケーションです。



注文したのは、海老フライカレー(1380円)。メニューのレパートリーは昨シーズンから減少していますが、スパイシーさが意外と美味しいです。



そして何と言っても、この景色を眺めながらというのが、最高の贅沢ですよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【北海道(小樽・キロロ)その3】ルミエール@キロロリゾート



シェラトン北海道キロロリゾート内にあるカフェテリア。



…というと聞こえはいいけど、ようはゲレンデレストランね。大混雑で、いつも席を探すのが大変です。



注文した十勝豚丼(1380円)は甘めのタレで、ほんとにかるーくスモーキー。まぁまぁ美味しいんだけど、基本的にクイックメニュー。これだけ多くの人数を捌くためには仕方ないんですよね…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【北海道(小樽・キロロ)その2】スキー@キロロリゾート



朝の小樽駅。裏手の天狗山までくっきり見える、いい天気。



小樽からキロロリゾートまでは、バスで片道50分。リゾートのホテルは年末年始高すぎるので、今回は小樽ステイで通うことに。それでも、途中朝里川温泉の風景など見えると、気分いいものです。



キロロリゾート入口の看板。宿泊はシェラトン系、スキー場運営はニュージーランド系になったこともあり、看板もいつの間にか変わってました。



メインの建物、マウンテンセンター。ちょっと早めに着いたからいいけど、この15分後にはチケットを買い求める列で大混雑!



でもゲレンデは、本州と違って空いてるよ!



ゴンドラで山頂へ。



山頂には鐘があって、タイの映画で登場したためか、ここだけ目当てに来ている観光客の姿も。











遠く日本海まで眺める風景のなか滑るのは、気持ちいいね!
山頂は吹雪くことが多く、これだけくっきりと景色を楽しめるのはラッキーです♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【北海道(小樽・キロロ)その1】羽田→新千歳(ANAプレミアムクラス機内食)



毎年恒例の北海道スキーツアー。今回は夜の便で北海道入りです。



離陸してしばらくすると、東京の夜景がはっきりと。心の中ではピチカートファイブの曲が流れてたよ。



安定飛行に入ってすぐ、機内食が配られます。



今回は運転しないので酒じゃーということで、十六代九郎右衛門 特別純米酒を。創業1650年・木曽路の地酒だそう。しっかりとした味わいながら柔らかい余韻がいい感じ。居酒屋ANAの開店です♪



おつまみは、鮭幽庵焼き、チーズちくわ、南瓜煮、蟹かま磯辺揚げ、薩摩芋干し葡萄寄せ、奈良漬けクリームチーズ和え、芽くわい蜜煮、人参梅煮、みそ椎茸と青唐、鰯つみれ煮、竹の子味噌煮、出汁巻き玉子、笹見梅肉揚げ、蓮根梅肉煮。
見事に酒のつまみが並んでいます。



温かい器は、豚バラ治部煮、厚揚げ、牛蒡、つと麩、人参。こちらもお酒が進む内容で、結局もう1本追加でいただくことに(笑)



シメのご飯は、じゃこと大根ご飯。今回の料理は、目黒の精進料理店”らかん亭”監修とのこと。



食後には、オリジナルのコーヒーでひといき。そういえばプレミアムクラスの値段が上がるんだよね…と思うと、利用頻度下がるんだろうな…



新千歳空港に着くと、飛行機の遅れもあり電車まで一直線!そのまま寝落ちし、気が付くと朝里駅。昼間だと、駅舎の向こうに海が見えるんですよね。



雪が積もる駅の風景は、風情ある…と思うのは東京に住んでるからですよね。地元の人は大変なんでしょうね。



そうこうしているうちに、小樽駅へ到着。



駅前広場を上からみたところ。夜遅いからか静まりかえっていて、雪景色が独特な雰囲気を醸し出しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

旬彩串揚げバル 元@渋谷

旬彩串揚げバル 元@渋谷

旬彩串揚げバル 元@渋谷

昨年末、12月25日にオープンした、カウンターだけの小さなお店。
店内は明るく、道路に面して全面ガラス張りで中まで見通せるので、入りやすい構えです。

ランチに注文したのは、極味ささみカツ御膳 2本(1000円)。
最初に別皿で出される千切りキャベツ、モグモグ食べてるとウサギになった気分。
続いてメインのお膳。選べるご飯は雑穀米で。
メインのささみカツは、1本60g程度。これが2本分。
ふわっと柔らかい食感は、ささみとは思えない、初めて出会う感覚。
甘さすら感じるお肉は、下味をつけてるのかな。
塩とソースが用意されている…と思ったら、ソースにはごまペーストが入っているみたい。
細かいこだわりを感じたランチでした。

| | TrackBack (0)

むし焼包餃子@渋谷

むし焼包餃子@渋谷

むし焼包餃子@渋谷

センター街の入口にある餃子屋さん。
小さな入口、階段を下りていくと、意外と広い店内。
しっかりと厨房を確保しており、鍋をふるう様子もしっかり見ることができます。

ランチに注文したのは、とり唐天津チャーハンセット(700円)。
ふわっと仕上がった玉子の上には、ねぎ油のたれがかかった唐揚げがたっぷり。
中のチャーハンは作り置きでなく、注文後にちゃんと中華鍋で作ってます。
しっかりパラパラとした炒め具合は、さすが火力の強い中華鍋。
味付けは、旨味調味料が効いてるものだけど、これはこれでいいのでは。
意外と美味しいうえに、玉子・唐揚げ・ねぎ油タレの組合せがいいです。

セットには、他にもスープと焼き餃子がついてきます。
焼き餃子は一度蒸したあとに焼いているそう。
ミックスには野菜がたっぷり入っていて、シャキシャキした食感がいい感じ。
えび豚には餡がたっぷり詰まっており、プリプリした食感がいい感じ。
そして、酢醤油に加える自家製辣油がいいアクセントに。

これだけの内容・立地でこの値段とは、
格安チェーン並みと思っていただけに、意外な驚きでした。
夜も定食が食べれそうな雰囲気だから、残業帰りに寄ってもいいかも♪

| | TrackBack (0)

« December 2017 | Main | February 2018 »