« 食堂ヒゲ@池尻大橋(渋谷) | Main | PEKO CISE tokachi ohira kitchen@渋谷 »

セルサルサーレ@恵比寿

セルサルサーレ@恵比寿

セルサルサーレ@恵比寿

“塩の魔術師”とも言われるシェフ濱口氏による人気店。
どの料理にも巧みに塩が使われており、その種類なんと20~30種類!
食材や調理方法に合わせて使い分ける、とにかく”塩マニア”な世界です。
定番メニューのカプレーゼは、塩の浸透圧による加減を調整したり、
フォアグラのブリュレは、くどさが無い仕上がりに。
いちいち料理の美味しさを説明するのが面倒なくらい…いや理解できないくらい、
細部までこだわり抜いたコース料理です。

今回のラインナップは、
・長崎県産真鯛 カプレーゼ。文句無しの美味しさ



・洋風茶碗蒸し。地鳥のコンソメに生ハム・ポルチーニ・みつば・柚子と、和伊の共演。



・じゃかいものビスワーズ。隠し味の果物当てクイズ、外してしまった…。



・せいごがにのリゾット。キャビア添えの豪華版で、磯・蟹の香りがすごいことに。



・子持ち鮎のコンフィ。骨まで食べれるし上がりで、塩使いの絶妙さを感じやすかったかも。



・グリーンサラダは、鮎のコンフィを乗せて食べるもよし。



・菊の根のポタージュ。ブラッターチーズで濃厚な味わいに。



・アマダイの鱗焼き。鱗をバリバリ食べる感覚がステキ。エディブルフラワーに加え、ふわっとした泡の中には雲丹も。



・口直し?のオイスターリーフ。牡蠣の香り・味がする不思議な葉っぱ。



・フォアグラのプリュレ。エスプレッソのパンとの相性、バニラ塩でくどさが消えたフォアグラが最高。



・パスタ。トマトベースで、、タカアシガニによる甲殻類の味わい・からし菜のアクセント。



・梨のピクルス。ネパール産胡椒で甘さにピリリ感が加わり、爽やか口直し。



・えぞじかのロースト。レアに近いジビエには燻製塩を。添えられたインカのめざめ燻製には、相変わらず驚かされます。



・シメのデザートは、お米で出来たもの。牛乳とレモンの皮と生クリーム・シナモンでデザートな仕上がりに。



これらを、様々なワイン(よく覚えていない)とともに堪能。
至福のひとときでした★

|

« 食堂ヒゲ@池尻大橋(渋谷) | Main | PEKO CISE tokachi ohira kitchen@渋谷 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2915/66078062

Listed below are links to weblogs that reference セルサルサーレ@恵比寿:

« 食堂ヒゲ@池尻大橋(渋谷) | Main | PEKO CISE tokachi ohira kitchen@渋谷 »