« January 2017 | Main | March 2017 »

文明堂カフェ@三越前

文明堂カフェ@三越前

ちょっと前の話。
時間ができたので、お友達を呼び出してお茶の時間。
カステラを売っている店舗の奥に広がる落ち着いた空間は、完全に別世界。
この、ちょっと知る人ぞ知る展開って、ココロくすぐられますね。

いただいたのは、焼立て”三笠”パンケーキ~特製餡とホイップクリーム 抹茶アイス添え~。
見た目からして和風だなーと思ってたら、大正時代からの伝統の文明堂どら焼き”三笠山”の生地でつくっているのだとか。
カステラのような食感のパンケーキは、ベースが和菓子?だからか、餡との相性もなかなか。
見事な和風パンケーキに仕立てあがってます。
ホイップクリームが混ざると、レトロモダンな洋風になるのが、またおしゃれ。
そして、見た目にもまん丸で滑らかな形が見事、。
こんなに綺麗なパンケーキって、なかなか無いんじゃないかな。
伝統が、いい具合に現代風にアレンジされています。
日本橋って、こういうものが似合う街なんですよね♪

| | TrackBack (0)

宇田川カフェ@渋谷

宇田川カフェ@渋谷

宇田川カフェ@渋谷

2月24日に新規オープンしたばかりの、宇田川カフェ系列のお店。
スペイン坂のお店は閉店し、従来の宇田川カフェは改装にはいり、
ここロフト近くのお店が、新たな基幹店になるとのこと。
井の頭通りの裏側ながらも、真っ青な外観が印象的な建物。
落ち着くソファに青い空間、シカのはく製?など、なかなかワイルドな内装。
開口部も多く開放的なお店で、2階席は4月からオープンさせるのだとか。
本社も、同じビルの3階に移転してきたそうです。

ランチにいただいたのは、チキンソテー(1080円)。
しっかりとボリュームのあるお肉には、塩胡椒とハーブがきっちり効いてます。
これにレモンをきゅっと絞ってアクセントに。
カリカリにグリルされた皮の食感が気持ちいいです。
安定したカフェごはんって感じ。
最初に出されたスープは鶏ガラそのもので、ダシはしっかりしているものの、味は薄め。
十分な美味しさだけど、塩を追加でもらってる人もいたほど。
食後には、お約束の宇田川コーヒーでひといき。
深入り豆を使ったブレンドコーヒーは、ちょっとビターな風合い。
これもこれで、口の中がさっぱりします。

お店の雰囲気がいいから、夜の居心地もいいんだろうなー。
そこんとこ、従来の宇田川カフェと似てるし、フラミンゴにも近いかも。
渋谷駅から近い立地だから、使い方もまた変わるんじゃなかな?
今後の変化が楽しみです★

| | TrackBack (0)

炉端と天ぷら屋台 さくら亭@渋谷

炉端と天ぷら屋台 さくら亭@渋谷
以前がっつり系とんかつ屋さんだった場所に、いつの間にかオープンしていたお店。
海鮮系をメインにしているっぽい居酒屋さんへ、ランチ時間に行ってきました。

注文したのは、さくら亭 天丼。
サクサク天ぷらの上に、ダシの効いた溶き玉子が、タレのようにかかる珍しいスタイル。
天ぷらの良さが…と一瞬思いつつも、サクサク感を感じることができる美味しさ。
この意外性が面白いです。
ネタはナス・エビ・カニカマ・オクラ・キス。
揚げたてで、どれもからっとしているのがいい感じ。
これ、夜も割といいんじゃないかな?
この天丼に、マグロの刺身、たっぷりあさりの味噌汁がついてきて1,000円。
食べ終えたあとの満足感を味わえるひと品です。

| | TrackBack (0)

【香港3日目その8】NH860(香港→羽田)




早速搭乗。787-9なので、まだまだ新しい機内。



扉が閉まる前、今の場所をチェック!意識してなかったけど、香港島から空港って結構離れているよね。



帰りの飛行機のチェックは、行きと同じなのでパス。機内ではゴーストバスターズ見たけど、前作…最初の作品のほうが面白かったな。



選べる機内食は、カツカレーを選択。



日本でよく食べるような味で、程よいスパイシーさ。ずっと中華が続いてたから、枝豆ご飯がほっとします。



一応前菜という位置づけの、海老・ポークハム・スモークハム・レタス・ポテトとセロリのサラダ。



ANA機内食定番のお蕎麦には、なめこがトッピング。海苔かけて、そばつゆで。味は普通なんだろうけど、美味しく感じるのは、日系航空会社ならでは。香港発でこれを味わえるのは嬉しいですね。


こうして、あっという間の香港3日間はおしまい。
とにかく濃くてんこ盛りなスケジュールで、いろんな経験(食べてばっかりだけど)させてもらえました。
そして、同行したメンバーに恵まれてたなー。この仲間、やっぱりステキ過ぎます。
香港でコーディネートしていただいた先生、東京から本企画を立てていただいた先生、そして私と同じように参加したみんなに感謝ですです♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港3日目その7】香港国際空港



バス降り場からのアプローチも電車同様シンプルで、この橋を渡るとそのままチェックインカウンターへ。



本当に時間ギリギリだったので、手続きの様子の写真無し。そのまま出国手続きへと向かいます。



ギリギリ間に合ったーけど、ゲート集合まで時間があんまし無い!ラウンジに行く時間もなく、バタバタと空港中央の連絡通路を進みます。



途中にブロックで出来た?巨大なアヒルのモニュメント?を横目に。ちゃんと水が溢れ出ている芸の細かさ。



クリスマスということで、ゲート案内板にも装飾が。でも日本語で「季節のご挨拶」と書かれても、ピンと来ない。



ゲート近く、無料の水飲み場があるのには驚いた。しかもお湯まで出るようで、ここでカップラーメン作ってる人もいた。



ほとんど休憩する間もなく、羽田行の搭乗案内。最後の最後でバタバタして、もうちょっとゆっくりしたかったなーと思いつつも、エビワンタン麺食べれたからいっか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港3日目その6】空港へ



お昼ごはんを終えると…飛行機の時間ヤバいんじゃない?そのままバスで空港へ。遠くに見えるのは九龍駅周辺の再開発エリア。



九龍半島に渡り、広い高速道路で一路空港へ。



途中、いくつかの橋を越えます。ビクトリアハーバーの外側には、多くの貨物船の姿が。



またまた橋を越えるみたい。地図で確認すると、電車とは違うルートのようですね。



これぞ構造美!な橋脚からのびるワイヤーのライン。



そうこうしているうちに、空港へ到着。このとき、チェックイン締切り20分前。ギリギリセーフ!?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港3日目その5】正斗麺粥専家



香港での最後の食事、ランチは正斗麺粥専家で。工事中なのか仮囲いで覆われてます。



お店の入口



分かりにくけど、お店の看板



横から見ると、ネオンサインが目立ちます



店内は、モノトーンを基調とした落ち着いた雰囲気



天井の照明がかわいらしいです。



まずは青菜の炒め物から。



エビワンタン麺は、エビの香りがしっかりする、干しエビのスープ。プリップリな食感がいい感じ♪





あんかけチャーハンは、安定の美味しさ。



もうひとつの人気メニュー、牛肉麺も注文。ケチャップを使っているような、エビチリに似た感覚が、見た目を裏切る面白さ。ちょい辛いのが、いいアクセントで食が進みます。



今回、最後にワンタン麺を食べれてよかった~と思いながらお店を出るとき、馬のオブジェが目に入ってきました。高級感を演出?



そのすぐ下には、テイクアウトか配達用の包みが。この辺りのアンバランス感が、香港らしい手軽さでいいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港3日目その4】文武廟善徳宮



文武廟善徳宮にきた。文神と武神が祀られた香港最古の道教のお寺。



狛犬ならぬ、狛獅子?



中でお参り。厳かな雰囲気で、真剣にお祈りをする地元の方。撮影はできないからね。



建物の横で燃やしているのは、お札のようなもの。



境内で、不思議な人形劇やってた。



隣の建物の上にあるのは…



大量に吊されてる渦巻き線香



高層マンションに囲まれた小さな廟だけど、立派なパワースポット。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港3日目その3】中環のまちかど2



さらに丘の上へと進んでみる。



カラフルな学校。声からして小学校かな?



レンガ仕上げの建物。



元々レンガ造だった建物を改修したっぽい趣き。



Bridges Streetという通りらしい。



後ろの建物のファサードもかわいい配色。このエリア、ちょっとセンスいい。



高低差といえば階段。結構高くまで登ってきたみたい。



階段を降りてみた。緑が多くて気持ちいい場所。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港3日目その2】中環のまちかど1



朝ごはんの後のバスで移動中、映画「恋する惑星」でも出てきたミッドレベル・エスカレーターの下を通過。本当は立ち寄りたかった場所。



途中でバスを降り、ちょっと散策。香港のバス停。



店頭のショーケースにあったこれは、何?



丘に上がる坂、丘の上の集合住宅、坂をまたぐ連絡通路。



坂の反対側を見ると、建物の間の遠くにビクトリア・ハーバー。



坂の途中の壁に書かれてたイラスト。



カゴを運ぶお兄さん。



香港の警官。映画と同じ制服。



肉とイカが同時に吊り下げれれてた。



道路に面した1階はお店、その上は集合住宅、さらにその上には近代的な建物と、スカッと広がる青空。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港3日目その1】陸羽茶室@中環・士丹利街



最終日の朝ごはんは、老舗飲茶のお店「陸羽茶室」で。1933年創業なのだとか。



外観は、植民地時代を思わせる、バルコニーのある建物。1階の階高を高くとっているのも、重厚感を感じさせています。



インド人のドアマンが開けてくれると、2階へとのぼる階段からして雰囲気あります。



客席もまた、味わい深い雰囲気。



個室のドアの並び方なども、いい感じです。



円卓のテーブルセット



円卓の間を、ワゴンをもった店員さんが点心を持ってまわります。















朝ごはんは、とにかく点心をいろいろ。
どれも美味しいのは、言わずもがな。



お茶は独特な銀のやかんで出てきます。無くなったらお湯を追加してもらえます。



しめはエッグタルトで♪



帰り際、メニューの紙をいただいてきました。
よく見ると日付が入ってる!毎日変えてるのかなぁ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港2日目その16】スイートルーム@カオルーン・シャングリ・ラ



団体行動解散後は、またまたお友達の宿泊先訪問。
今晩は、一瞬予約を考えたカオルーン・シャングリ・ラ。
どやっと言わんばかりの看板です。



エントランスロビーは、シャングリ・ラらしい落ち着き。
特有のフレグランスが好きなんですよー。



ロビーに飾られたお花。



そして噴水まで!



片隅には、大きなテディ・ベアが★



落ち着いたフロント。他のシャングリ・ラとは違いますね。



エレベーターホール



ふかふかな絨毯の廊下



そして、今回おじゃましたスイートルームのリビング!



窓際の落ち着いた雰囲気



窓からは、ヴィクトリア・ハーバーを一望!



ゆったりとした寝室



キッチンのようなスペースがあるかと思えば



水回りも広い!
やっぱ、シャングリ・ラいいよな~と思ったのでした



で、二次会的にリビングでホームパーティー!
シメのラーメンは、コンビニで買い込んできた出前一丁のカップめん。
いろんな味が揃ってるんだけど、意外と美味しかったんだな♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港2日目その15】杏香園甜品店@九龍城



続いて、食後のデザートとして、九龍城にある杏香園甜品店へ。



お店のロゴ



清潔感のある店内。白を基調としているのは、お店が清潔であることの証。



いただいたのは、マンゴー入り・くわいのスープ。



ごろっとたっぷり入ったマンゴー。これだけ贅沢に使っていると、嬉しくなっちゃいますね。
くわいのスープが甘いのが、不思議な感覚のスイーツでした。



お店があるのは、こんなエリア。九龍城っていうから昔の要塞のような建物群を想像してたけど、普通に地名なんだね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港2日目その14】鉅記海鮮酒家@鯉魚門



建ち並ぶお店の中から、今回訪れたのは鉅記海鮮酒家というお店。お店の構え撮りたくても、通路?が狭くて無理です(笑)



もちろん生簀が並んでます。注文すると、ここから出して料理してくれるらしい。



店内の様子。表からはわからないくらいの広さがありますが、ものすごく賑わってます。



もちろん大きな丸テーブルで。中華料理は、やっぱこれですよね。



まずはビールで♪



まずは肉でダシを取った、みかんの皮のスープ。かなり独特ですが、優しい味でした。



これがダシをとった後の肉の山!つい箸をのばしてしまいそうですが、これは見るだけ。メインは海鮮ですからね。



このあとは、海鮮料理が次々と!エビから始まり



貝(名前忘れた)



春雨の下に帆立



ハタハタをセロリとともに



ハタハタの残りを揚げたもの



ここでもアワビが登場



アワビを撮ってるところ



アワビを取り分けてるところ



カニも豪快に!



パキっと割って食べます



とにかく、これだけでかなりのボリューム。
食後のデザートにスイカが出てきたけど、食べきれません…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港2日目その13】鯉魚門



船を降りて目の前に広がるのは、鯉魚門の賑やかなネオン群。



海鮮料理を食べさせてくれるエリアなのですが…入口の公園には、いきなり魚のオブジェ!



海鮮街はこの先ね。これだけ見たら、日本の看板そっくり。



屋台のようなお店も並びます。



肝心の海鮮街までは、こうしてお店の間を通ります。



生簀がならぶ鮮魚店。こうしたお店もいっぱい。



そうこうしているうちに、道路は行き止まり…かと思いきや、いきなり狭くて細いアーケードに入ります。



もう、両側は生簀が並ぶ海鮮料理のお店が建ち並ぶストリート!



この狭い通路?を多くの人が行きかい、呼び込みの声とともに、ものすごい活気!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港2日目その12】珊瑚海(CORAL SEA FERRY)



再び九龍半島へ戻りますが、時間と道路状況の関係で、珊瑚海という船で移動することに。どことなくローカルな雰囲気の船乗り場です。



この改札のバーをぐるっと押して中へ。向かうは鯉魚門です。



それほど広くない待合所。



照明など、古き時代を演出しています。



昔使われていたポストなんでしょうね。



ちょっとわかりにくいけど、航路図。ビクトリアハーバーの東側を結んでます。



ほぼ30分おきに走る船の時刻表。片道9HKDだそうです。



時間になると、ゲートが開いて乗船です。このゲートも、なかなか味のある雰囲気。



続々と船に乗り込む人たち。観光客からすると不便な場所を結んでるようですが、一般市民の利用が多そうです。



1階船室の様子。天井に張られているネットは、イメージでしょうか?



1階船室の奥のほう。ひょっとして木造???



船の2階はオープンな造りになってます。もちろんここに座って、景色を楽しむことに。



やがて船は離岸。さきほどの建物、思ってたよりも小さいんですね。



目の前を大型客船が横切ったら…



元啓徳空港方面を眺める景色が広がりました。



振り返ると、高層ビルが立ち並ぶ香港島側の風景が。これぜーんぶ住宅なんですよね。



ビクトリアハーバーのほぼ中間あたり。のんびりした船旅です。



やがて鯉魚門の夜景が見えてきたら、船は九龍半島側に到着。



このエリア、三家村というんですね。船旅は、あっという間に終了です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港2日目その11】香港人の家



今回は、ご厚意で香港人のご家庭におじゃま♪
玄関を開けると…何このセンスの良さ。



ちょっとこのリビング、ステキすぎです!!!



リビング奥のダイニングもステキ。



こんな蝋燭を置く台がある家庭なんて、そうは無いですよ!



調度品が、いちいちステキすぎです。



ビンテージもののピアノまで。



とにかく家具がおしゃれ。



椅子やソファには可愛らしさも。



先ほどのパン屋さんで買ってきたエッグタルトで、お茶の時間。
空気感が上手く伝わってないだろうけど、なんかね、上質な暮らしってこういう事を言うんだなーって思わされた時間でした★

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港2日目その10】櫻島麵包餅店@湾仔



続いて、榮發海味の近くにあるパン屋さん「櫻島麵包餅店」へ。Sakurashima Bakeryって、日本語みたいな読み方するんですね。



このパン屋さんに惹かれたのは、店頭に並ぶエッグタルト!
美味しそう!
今回一度も食べてないから、気になります!



ショーケースには、ケーキ類も並んでました。



薔薇が美しいフルーツケーキですが、食欲となると…どうなんでしょう?



ベーカリーということで、もちろんパンも売られています。ラインナップは、どこか懐かしいパンって感じで、味があっていいです。



ちょうどパンが焼きあがったタイミングだったみたい。この時間でも焼いてるってことは、結構売れてるのかな?そういえば、パンもエッグタルトも盛況だったし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港2日目その9】榮發海味@湾仔



多くのお店が並ぶなか、立ち寄ったのが「榮發海味」という海鮮系乾物のお店。



干しエビや貝柱など、乾物がいっぱい。



牡蠣の乾物までありました!



これは…アヒル???



これは…何???多分動物系…



このお店は、他よりもお客さんがいっぱい!話によると、クオリティの高いお店らしいです。たしかに、かなりいいダシ出ましたからね♪



お店があるのは、こんな路地。わかりにくいけど、歩道には人がいっぱいです!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港2日目その8】街をぶらぶら



湾仔の、賑やかなマーケットを散策。



金魚屋さんを発見。ウォン・カーウァイ監督の「恋する惑星」でも金魚屋さんが出てきたけど、本当に生活に密着してるんだ!



上を見上げると、集合住宅から伸びた物干しに洗濯物が!これも香港っぽい!



別の建物は工事中。竹の足場が見事です。



乾物屋さんもいっぱい。



豆も袋に入っていて、量り売りしてます。



十分にオイル焼き?されたダックが吊るされているのは、横浜の中華街でも同様にみられる光景。



さらに細い路地に入ると、張り出たテントで屋根が出来たような感じ。隙間から見える高層マンションとの対比が面白い。



いろんな路地がいろんな方向から交差するから、鋭角な建物も出来てたりします。新旧が隣り合わせの風景。



お店の上、建物の屋上の小屋のような場所は、床屋さんでしょうか?アメーバのように建物が増殖してますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港2日目その7】湾仔街市(Wan Chai Market)



次に訪れたのは、湾仔街市というマーケット。清潔感のある新しいエントランスですが…



上部はマンションになってます!どうやら一体開発された街市のようですね。調べてみると、2008年にオープンしたとのこと。



内部は整然としていて、街なかの街市とは違い、ちょっとしたショッピングモールのよう。



生魚が並ぶ魚屋さん。香港では、調理の段階まで生きた状態で売られるのが普通なんですって。



魚屋さんって、街なかだともっとアレですが、ここは清潔感があります。



いろんな点心?食事を売ってるお店…というか屋台みたい。



メニュー表記は、どことなく台北に通じるものが。



果物屋さーん



八百屋さーん



やたら茄子がでかくないか?



この豚さんの看板は…



お肉屋さんらしい。目の前でさばいているのが豪快…だけど日常の風景。



魚屋さんが魚をおろすと、こうなるらしい(汗)



エビも生簀に入って、活きがいいよ!



なかほどにある、湾仔街市の看板。



豚のシルエットが、素晴らすぎる…



不思議な豆?果物?中からはライチのような実が出てきました。
清潔感のある街市だから安心して買えたけど、美味しかった♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港2日目その6】どこかの商業施設



次にバスが到着したのは、どこかの町なか。
行程がお任せだったので、もう自分がどこに居るのかわかりません(汗)
分かったのは、目の前をトラムが走っている、ということ。



道路を渡るとき、トラムの線路と交差。なんか好きな風景。



細い路地の両側に立ち並ぶ建物、行きかう車。この雑然さが香港っぽい。



…かと思いきや、気が付くと歩行者専用の路地を歩いてます。どうやら一帯を再開発したっぽい雰囲気。



歩道にはオブジェが並んでいたり



建物間をつなぐ回廊が、空中をまたいでいたりします。



ポケットパーク的なところでは、ちょっとしたイベントスペースも。



おしゃれな飲食店もいっぱい並んでます。



歩道に面して並ぶテーブル。こういう場所で食事するの、気分いいですよね。



広場の一画から地下に入るところ。どうやら地下街もあるみたい。



日本のコーヒーメーカーが手掛けるカフェもありました。



地下フロアのインフォメーション。



こういう伝統的な雰囲気のお店もあるんですね。



ここにはスーパーも併設されてます。



野菜コーナー。香港で野菜は栽培されていないので、ほとんどが中国などからの輸入に頼ってます。



お店の雰囲気。日本でいう成城石井のような感じ?



インスタント味噌汁のコーナーも。裏側を見ると、日本の商品をそのまま輸入しているみたい。



お惣菜コーナーも充実。どんなお惣菜が並んでいるのか、見てるだけでも楽しいです。
全体的に輸入品が多いな…と思ってたら、やっぱり高級なスーパーなのだそう。
だた、ここに限らす香港では、スーパーに並んでいるのはほとんどが海外産。
香港で生産されているのは、限られているんですって。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港2日目その5】イートン ヒーン@ザ エクセルシオール



向かったのはホテルの2階。ビビッドな赤が印象的なこの場所。



木の重厚さとの組合せが面白いこの場所。



極上の本格的広東料理をいただけるレストランです。エントランスは、もうホテルのフロントのよう。



照明がオリエンタルな趣きです。



割と席数もある広い店内は、ランチということもあり賑やかな町かどのよう。



テーブルセットがきちんとしているのは、格の現れ。



ジャスミン茶だったかな?ティーポットは常にあたたかい状態で。



まずはお茶をいただきつつ…てかノンアルコールだよ!



どちらもキノコのようですが、片方は饅頭のような感じ…だったかな。独創的な一皿。



ソースをかけていただきます。



見た目藁のようですが、ちゃんとした食べ物でした。何というか、とにかく不思議。



ここまでの料理一式。



続いて点心の登場。



この海老が、いい香りするんですよー★



やばい、記憶が定かじゃない…



骨付き肉を、めでたい魚に見立てて盛り付けたもの。



一見普通の麺のようですが…



ちょっと太いのは、魚の浮き袋!



食べれるの?と思わせるデザート。ほんのりとした自然の甘み。



こちらはもちっとした食感が面白いデザート。
どの料理も独創的な形をしつつも、美味しいのが嬉しいですよね。
広東料理って味付けが優しいから、日本人でも安心して食べられます♪



食事が終わったら、バスに乗り込む前にトイレへ。お茶いっぱい飲んだからね。
トイレに行く通路が、重厚なおもむき。



アイキャッチとなる装飾も、センスあります。



お店に置かれていたワインボトル。
香港の人が飲むお酒って、ビールかワインなんですって。
紹興酒は飲まないのが、新鮮な驚きでした。



…ということで、立派なワインセラーが鎮座していました。



食事を終えて、ツリーの前でバスが来るのを待ちます。



帰りは、ホテルの正面エントランスから。インド人っぽいボーイさんがちょっと印象的。イギリス時代の名残!?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港2日目その4】銅鑼湾おさんぽ



講義が終わって外に出ると…町じゅう渋滞だらけ!
次の場所へ、バスから徒歩移動へと急遽変更!



LEE GARDEN ONEなるショッピングモールの入口。



中に入り、インフォメーションの横を通過。



中央の吹き抜けに面して、クリスマスらしい飾りがある…



と思ったら、建物を通り抜けて裏側へ。抜け道に使ったんかい!とツッコミつつも、道路の上にまで電飾が並んでいるのは、日本では有りえない風景。夜は賑やかなんでしょうね。



こちらはLEE GARDEN TWO。先ほどのSCの姉妹館でしょうか。ガラスのファサードが軽やかな建物です。



2階に雑貨屋さんがあるーなんて思いつつ



いきなりコーナーに古い建物が登場。奥には新しく大きなビル。この対比が香港らしい面白さ。



だんだん人が増えてきたよ。



…と思ったら、何この人ごみ!東京よりすごくない???
FOERVER21もあったから、香港の人が日常的に集まる繁華街なんでしょうね。



香港そごうの本店みたいな感じのお店。トラムも通る繁華街。



信号が変わって一斉に人が渡る風景。渋谷のスクランブル交差点がすごいって言われるけど、ここも迫力あるよ。



こんなに繁華街でも、上を見上げると集合住宅があるところ、香港っぽいなーと思うところ。



ぐでたまって香港でも人気なの?



ここ通るの!?って言いたくなる裏道を通り抜けて、ザ エクセルシオールというホテルに到着。一応エントランスですが、かなり裏口的な感じ。



中に入ると、クリスマスツリーが飾られているロビーが。白いロビーだから、ツリーの存在感がすごいね!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港2日目その3】香港大学専業進修学院(HKU SPACE Po Leung Kuk Stanley Ho Community College)@銅鑼湾



次に訪れたのは、こちらの建物。



香港大学とPo Leung Kukによる共同研究機関のようです。



建物の前にある、学校名称の碑。



学校の位置づけがイマイチ分かっていないのですが、とりあえず中へ。



もちろん、他の学生も集うキャンパスです。今回は10階の教室へ。



フロアから見える外の景色。狭い土地の間にあるテニスコートが、密集する建物の間にオープンスペースを作っています。



ここで、ちょっと講義を受けてきました。普通の観光だと体験できない学びの時間です。先生ありがとうございます♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港2日目その2】麥明記Mak Ming Noodles@西環



海安咖啡を出て、チャーターバスは発展した町を走ります。先ほどのお店とのギャップが…



と思っている間に、2軒目の朝ごはん(笑)、麥明記に到着。サインがちょっと賑やかなお店です。



シンプルな食堂といった趣の店内。麺類で有名なお店とのことですが、今回は営業時間外の朝に、特別にお店を開けていただきました。



奥の厨房で用意してくれているのは…



粥!
香港のお粥が食べられる!





いろんな具材のお粥をみんなでシェア。



お粥は塩味がきいており、魚のダシが効いています。
サラダ油を少しだけ使っているとのこと。そうすると、お米の粒が無くなり、滑らかな食感になるのだとか。



日本で食べる病人食とは全く違う、きちんとした食事のお粥。香港ならではです。



卓上に用意された調味料。コショウをお粥に入れると、塩コショウ味になって、これまた美味。



ここで、揚げパンの登場。



お粥に揚げパンを浸して食べるの図。しんなりとしたパンが、いい味してます。



特別な計らいで、営業時間だけでなく、厨房まで見せていただきました。ずらーっと並ぶお粥用のお皿。



奥では麺を茹でる釜が。そう、本来は麺が有名なお店なんですよね。



いろいろと特別なご対応、ありがとうございました!



お店を出て空を見上げると、大きなマンションの下にあったんですね。



味のあるマンション群。香港らしい光景。



真上を見上げた風景もまた、日本では見られない光景。面白いです。



再びバスに乗って移動。車窓から眺める風景が好き。屋台のような場所で食事をする家族の様子は、朝ごはんから日常的に外食をする香港人の様子ですね。



お肉屋さんでは、そのものが吊り下げられています。日本ではお目にかかれない光景。そのすぐ横に生花店があるという衝撃。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港2日目その1】海安咖啡@上環



2日目からは、本体にここペニンシュラのロビーで合流。今日からバスで集団行動です。



最初に来たのは、上環エリア。お店の前は近代的になってますが、昔はここが海だったんですって!



2日目の朝ごはんは、ここ海安咖啡で。レトロな雰囲気の構えは1952年から続くもので、移転などせず当時のまま営業している冰室(香港風カフェ)は奇跡的なのだとか。



お店の入口の扉。お店の字体がいい味してます。



店頭のショーケース?にはパンのようなものが並んでいました。



ざっくりとしているものの、清潔感のある店内。



店内には、丸いテーブルのほかにボックス席も。このシート、さすがに張り替えているのでしょうけど、いい感じにレトロ感あります。



店内には、昔の写真やレトロな小物などが並んでいます。



至るところに掲げられている「福」のマーク。



ショップカードが用意されているのは現代的…だけど懐かしい感じ。



メニューの一部。もちろん、いろんな料理が用意されていますよ。



海安咖啡のご主人さん。



こちらでいただいた朝ごはんは、フレンチトースト。油揚げのような揚げパンのようなものにバターが載っています。



これにハチミツをかけて…



いただきます!思ってた以上にサクサクしていて、独特な食感。どこか懐かしい味わいで、見た目ほど重くないのがいいですね。朝ごはんにピッタリかも。



一緒にいただいた飲み物は、ミルクティー。一見普通のミルクティーですが…



中に入っているのは、なんとあずき!
ミルクティーに甘さが抜けているのか、あずき自体は甘くなく、ほどよい味わいの豆を食べてる感じ。
そしてミルクティー自体も、砂糖やシロップとは違う、ナチュラルで程よい甘さ。
こりゃ美味しいわ!



地元のカップルも、朝から食べにくるほど、地域に密着したお店のようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ケニックカレー@渋谷

ケニックカレー@渋谷

久しぶりの訪問!
お店は女性客で満席だし、ケニックさん忙しそうだし。
あんまお話できなかったけど、久しぶりでした♪

で、久しぶりに食べられたのが、無加水のキーマカレー。
いつもの、絹ごし豆腐トッピング(950円)で。
野菜の水分だけで仕上げたキーマカレー、スパイスもしっかり効いてて、とにかく美味。
美味すぎるから、本業からいつの間にかカレーメインに転向しちゃうくらい。
そのキーマカレーに豆腐を組み合わせちゃうというのが面白いところ。
意外と合うんですよ!
冷奴に食べるラー油をのせる…みたいな感じかな。
サクサクしたオニオンフライの食感も気持ちいいし。

今度はパクチー系いってみたいなー★

| | TrackBack (0)

炉端かば 丸の内店

炉端かば 丸の内店
宴会利用で訪問。
山陰地方を中心とするチェーン居酒屋ですが、東京でも数店展開。
山陰の海・山の幸が、リーズナブルに味わえるので、ランチ含めて重宝しています。

今回は、3時間5000円の飲み放題コース(クーポン利用)。
分厚いベーコンサラダ、天ぷら、大山鶏、魚の干物、骨まで食べれる魚の揚げ物、カニ入りちらし寿司、おしんこ…
とにかく種類が豊富で、かつどれも美味しい!
極め付けは、メインの刺身桶盛り。
何種類あるんだろう?とにかくボリュームにびっくりだけど、どのネタもちゃんとしているのが嬉しいです。
鯖は目の前で炙ってくれるパフォーマンス付き。
この内容・この立地で、この値段はステキすぎです★

| | TrackBack (0)

マッドバーガー@渋谷

マッドバーガー@渋谷
サインギラギラではないけど、ちょっとアメリカンテイストなお店。
名前の通り、狂ったかのようなハンバーガーを出しれくれるお店です。

注文したのは、ダブルチーズバーガー(1900円)。
正直高い…けど、バーガーの厚みも高い!
そしてビジュアルだけでなく、肉がうまい!
粗挽きのパティは肉そのものの旨みで、ステーキのように肉喰らってる感じがしっかり。
紙袋に包んで食べるのですが、肉汁が溢れだすこと!
その肉汁も、ポテトにつけて食べると絶品!な感じです★
バンズの間には、レタス、トマト、クラッシュオニオン&レリッシュ、レッドチーズ、モッツァレラチーズ。
タルタルソースがいいアクセントになっていて、チーズと合わせて適度な塩味。
それでも、肉が主役ですけどね♪
これで、この値段で飲み物込みだったらカンペキだったのになぁ…

| | TrackBack (0)

シャンウェイ@外苑前

シャンウェイ@外苑前
シャンウェイ@外苑前
2度目の訪問。
相変わらず入口がわかりにくく、店内も狭いです。
よくもまぁ大人数で予約取ったよなーと、自分に褒めてあげたいです。

で、何も考えずに毛沢東スペアリブを注文。
サクサクでスパイシーな衣といいますか調味料といいますか、
ただ辛いだけでなくオニオンやニンニク、クミン、海老、そして様々なスパイス…とにかく旨い。
もちろん、この山の中にあるスペアリブ自体も、
一度からっと揚げられているものの、柔らかくてジューシーなお肉でウマウマ。
丁寧に箸やフォークを使うのではなく、手づかみでガブリと食べるシアワセ。
やっぱ、たまには食べたくなる一品ですね★

もうひと品は、黒チャーハン。
醤油系でしっかりと味がついたもので、ご飯というよりも酒のつまみ。
紹興酒がよく合う美味しさです。

もういっちょ、シャンウェイ餃子も。
かなり大きめな餃子で、端と端をくっつけて、くるっと丸めたのが特徴的。
モチモチした皮は、表に見える側だけが鉄板でかりっと焼かれてます。
すでにタレがかかっているので、そのままかぶりつくと、豪快に溢れ出る肉汁。
肉らしい味わいの餡で、ステキすぎです。

他にも、お店オススメの沖油紅油鶏も。
雛鳥を長時間蒸しあげたもので、見た目以上にお肉がほろっと崩れます。
しかも、骨までほろっと崩れて食べれてしまうほど。
ネギ醤油と一緒に蒸しあげられるなか、ネギ・干し海老・生姜も加わることで、中までやさしく味が染みてます。
この味加減、柔らかさ加減も絶妙ですね。

他にも四川風麻婆豆腐だったり、油淋鶏だったりと、いろいろ頼みつつ。
紹興酒がどんどん進みます。
やっぱりこのお店は、他とは違うシアワセがありますね。
しばらく空いたら、また行くんだろうなー★

| | TrackBack (0)

HOTEL EMANON@渋谷

HOTEL EMANON@渋谷
毎度毎度のエマノンランチ。
外食のバランスを考えて、今日はサラダランチに。
濃厚なきのこのポタージュに続いて、メインプレート。
かなり大きなお皿には、三浦野菜がいっぱい!
葉野菜・根野菜と種類が豊富で、何よりシャキシャキ鮮度の良さが嬉しいです♪
マッシュルームの香りも、いい感じなんですよね~
カリカリチーズのアクセントも、味にバリエーションを与えてくれます。
そして何といっても、たっぷり生ハム。
ちょっと厚めにカットされていて、ボリュームたっぷり!
塩気もちょうどいい具合で、生ハム好きにはたまらない一皿に仕上がってます。
相変わらず、満足度の高いサラダランチよのぅ★

| | TrackBack (0)

Tee-Tee 渋谷店

Tee-Tee 渋谷店

Tee-Tee 渋谷店

12月に二子玉川から移転してきたハワイアンカフェ。
パステルグリーン&白で、カワイイが溢れる店内。
カップもディテールも、細かいところまでこだわりが。
青学が近いこともあり、店内は女性客だらけ。
もちろん店員さんもカワイイ女の子。
…おっさん一人で入店して何が悪い(笑)



ランチに注文したのは、エッグベネディクト(1248円)。
なかなかいい味したオランデーズソースが、たっぷりかかってます。
赤玉の卵を使ったポーチドエッグにナイフを入れると、溢れだす黄身がいい感じ。



濃厚で、なかなかの美味しさ★
お皿に残ったソースや黄身は、添えられたクロワッサンにつけて最後まで♪
バターしょうゆ味のベイクドポテトもついてくるので、ボリューム的にも十分。
ミニサラダもついてくるので、バランスも取れてるよね、きっと。

食後には、選べるセットドリンクからコーヒーを。
オリジナルのマグカップで、ほっとひといき。
さらに、帰り際にはテイクアウトのハワイアンコーヒーまでいただいちゃった♪
今度は、パクチーのオックステールスープラーメン食べてみたいな。

| | TrackBack (0)

二葉亭 慈恵会医大付属病院

二葉亭 慈恵会医大付属病院
受診ついでにランチ訪問。
外来病棟と同じ建物の7階にあるものの、診療エリアの殺伐とした雰囲気と違い、
ここはのんびり、まったりとした空気が流れてます。

注文したのは、コクとろ極みカレー(1200円+税)。
ごろっと大きな牛肉が目につくものの、かなり煮込まれて柔らかいです。
もちろん、しっかりと味が染みてます。
そのカレーは、ビーフシチューのような感じで、トマトの酸味もしっかり。
欧風カレーみたいな感じかな?
甘さすら感じるのは、炒めた野菜をたっぷり使っているからでしょうか。
それでいて、あとからじわじわとスパイスが効いてきます。
なかなかの美味。
病院でこのクオリティを食べれるとは思ってなかったから、嬉しいサプライズです♪

| | TrackBack (0)

YOU@東銀座

YOU@東銀座

YOU@東銀座

歌舞伎座に隣接する喫茶店へランチ訪問。
オムライスが人気なお店とのことですが…何この行列。
しかも女子ばっかりだし。男性一人客なんて、私だけだよ!
それでも、1時間ほど待って入店しました。
店内は昭和レトロな落ち着いた雰囲気で、飾られたサインは歌舞伎座で公演された方のものかな?

注文したのはランチセット(1100円)で、もちろんオムライスを。
まあるい形の卵は、ふわっとふるっとぷるんと。
崩したときの、とろっと感もいい感じ。
生クリームやバターがたっぷり使われており、クリーミーな味わいです。
この感覚が、人気の秘訣なんでしょうね。

ベースのケチャプライスは軽くかためで、玉子とは対照的な食感。
胡椒が軽くきいており、いいアクセントに仕上がっています。
量が少ない?と思ってた、玉子たっぷりでコクあるから、食べた感はしっかりあります。

セットのドリンクは、コーヒーにしてみました。
コーヒーそのものは、割と無難なブレンド。
ただ、添えられているのが、無糖の生クリーム。
オムライスで使っているのと、同じものかな?
コーヒーに入れると、上品なウインナーコーヒーっぽく変化。
これ美味しいです★

| | TrackBack (0)

本宮前@真岡

本宮前@真岡
昔っから続いているっぽい、鰻・鮎のお店。
外観はかなり地味で、見過ごして一度通り過ぎるくらい。
民家のような外観ですが、店内は広々としています。

注文したのは、天然うな重(3000円)。
まず、天然うなぎが食べられるだけでも貴重です。
肉厚で締まった身の、弾力ある食感が見事。
これがかなり独特で、東京で食べる鰻とも全く違った感覚。
関西系も含めて、初めて食べた部類かも。
脂ののりは軽めなので、くどくなく食べることができます。
蒸し工程は入っているのかな?
焼き工程はしっかりと入ってます。
この工程も、独特なんでしょうね。

そして、若干臭い?それとも鰻本来?と思わせる香りがほんのり。
これも、初めてであったと思わせる感覚。
そして、山椒をかけると見事に消えるマジック!
山椒の、本来の役割を初めて知った気がします。

タレは甘めでかなり濃いめ。
同じ味で、肝焼きの串がのっているのも、このうな重の特徴かも。
量が少ないからあっという間に食べてしまいましたが、歯ごたえはしっかり。
珍味なんですよね。

サラダが安っぽかったり、汁物が味噌汁だったりと、いろいろと残念なところはありますが、
お重がしっかりしているから、許してあげましょう。
全体的に美味しく、東京ではまず見かけないタイプのお店でした。

| | TrackBack (0)

炉庵@益子

炉庵@益子
炉庵@益子
いちご狩りのあと、お昼ごはんに立ち寄ったお蕎麦屋さん。
市街地からは離れているのか、周囲はのどかな雰囲気。
わりと広めのお店で、大きな座敷的が特徴的。
そして、店内に並ぶ益子焼きを見て、ここが焼き物の里であることを実感。
目的が違うと、同じ町でも違ってみえるのが不思議です。

注文したのは、手打ち十割そば 天ぷらつき(1420円)。
締まりのある味わいのお蕎麦は、十割ならではの気持ちいいぬめり感。
蕎麦の味が、しっかり濃いです。
そして、お蕎麦が入っている器が益子焼!
器が違うだけでも、違った味わいになるのが不思議ですね。
つゆは薄めのあっさりしたもので、江戸前との違いがはっきり。
蕎麦湯で飲むと、同じように美味しいです。

セットの天ぷらは、そばつゆで食べてもよし、塩で食べてもよし。
からっと揚がった食感はよく、舞茸の香りや海老の弾力がいい感じ。
おまけ程度ではなく、本気の天ぷらなのが嬉しいです。

全体的に満足のいくお店でした♪

| | TrackBack (0)

佐野SA 下り線

佐野SA 下り線
先日の話。
休憩がてら、せっかくなので軽食コーナーで佐野ラーメン(730円)を注文。
あっさりした醤油ラーメンだけど、軽食コーナーだからか、まぁ普通の美味しさ。
仕方ないね…と思いつつも、麺はしっかり佐野していました!

| | TrackBack (0)

HOTEL EMANON@渋谷

HOTEL EMANON@渋谷
毎度毎度のエマノンランチ。
今日はパスタランチで、菜の花とスルメイカ・ボッタルガのオイルパスタ(1250円)を注文。
暖かい日中に春の気配を感じつつ(花粉もだけど)、春らしいランチ。
苦味のない菜の花、やわらかいスルメイカ、そしてカラスミのアクセント。
軽やかな味わいながら、きっちりと唐辛子のアクセントがついたオイルベースの塩味。
ちょっと高いけど…(汗)
パスタの前に出てきたサラダには、ラズベリーのドレッシングが。
これもフルーティで、なかなかの美味しさ。
食後はコーヒーを追加注文してまったりしつつ。
今日は朝早かったから、ゆっくりした時間必要♪

| | TrackBack (0)

俺流塩らーめん 渋谷本店

俺流塩らーめん 渋谷本店

少々間をあけての訪問。
ランチに注文したのは、ゆず塩らーめん(890円)。
あっさりした塩味に、柚子の香り。
鶏ガラとネギからでたスープの旨味で、飽きない仕上がりになってます。
味としてはシンプルだけど、よくできてる、そんな一杯かな。
自由に入れられるトッピングが充実してて、今回は好物の岩のりを。
たっぷり入れると磯の香りが広がり、塩らーめんとの相性もバッチリ。
よくできてます♪

| | TrackBack (0)

月詠珈琲@渋谷

月詠珈琲@渋谷

水槽を目の前に、カウンター席でゆったりくつろげるお店。
半地下ということもあり、周囲の喧騒からは切り離された空間です。

注文したのは、シングルオリジンのエチオピア(500円)。
程よいフルーティさが、心地よい美味しさとして口の中、鼻腔を刺激する一杯。
陶器の器が、視覚・触覚に刺激とまどろみを与えてくれます。
目の前の水槽と相まって、様々な感覚に癒されながら過ごす時間は、気分いいもの。
たまには、こういう時間も必要だよね♪

| | TrackBack (0)

スパゲッティーのパンチョ 渋谷店

スパゲッティーのパンチョ 渋谷店
大盛りナポリタンで有名なお店。
行列こそ出来てなかったものの、相席でどんどんお客さんが入ってきます。
効率的に動く店内は、狭いながらも活気でいっぱいです。

ランチに注文したのは、ナポリタン(680円)。
トッピング入りを売りたいのか、食券はものすごく見ずらい所にあります。
ただ、他の人のお皿を見て、思わず玉子トッピング(50円)を追加してしまいました。

味は、普通に美味しいナポリタン。
具もたっぷりあるのは嬉しいのです。
選べる麺のボリューム、今回は大の600g。
かなりのボリュームで、アルマイトのお皿の上に山のように盛られていますが、
これを食べきってしまうのが不思議。マジックです。
でも食べ続けてると飽きるので、タバスコ入れたり粉チーズ入れたりして味を変えつつ。
粉チーズが入っている容器、想定しているかのうような巨大サイズ!
タバスコも巨大サイズ!
チーズ好きには堪らないサービスです♪

| | TrackBack (0)

牛かつ もと村 渋谷道玄坂店

牛かつ もと村 渋谷道玄坂店

人気牛かつ店が、とうとうSHIBUYA109近くにもオープン!
地下にある9席の小さなお店は、穴場的存在なのか、行列が無いです。
食べ終えるころにはお客さん並んでたけど、待たずに入れることが多いです。

そんな貴重なお店で、牛カツ麦飯セット260g(2100円)を注文。
ほんとうは麦とろを付けたいところだけど、好きなんだけど、
口のまわりが痒くなってしまうので、今回はパス。
また別の機会に。

運ばれてきたのは、中が赤いレアなカツ。
あれ?ちょっと脂が多くない?
…と思ってたら、旨味を調整するために牛脂を入れてるって。
だからか、目の前の石板で石焼するのが推奨、というかマストらしい。
牛かつ もと村って、こういうスタイルだったっけ???
昔はもっと赤身だったような気が…
まぁ、石焼きすると甘みも増して美味しいんだけどね。

ちなみに、牛カツはわさび醤油、山葵ソース?、岩塩で食べます。
いろんな食べ方があるから、ボリュームあっても飽きないです。
ご飯のおかわりもできるから、ついつい…

美味しいには美味しいんだけど、牛脂たっぷりの断面を見て、ちょっと気分よくないかも。
もうリピートしないかもだなぁ。
もちろん個人的見解なので、牛脂注入肉でも問題ない人は満足できると思います♪

| | TrackBack (0)

アストラルランプ(astral lamp)@渋谷

アストラルランプ(astral lamp)@渋谷

ちょっと間をあけてのランチ訪問。
相変わらず女性客でいっぱいのカフェですが、なんで男がいないんだろう?
ランチ、けっこうがっつりめなのに…と思いつつ着席。
注文したのは、特製ねぎ塩ダレのサクサク鶏唐揚げライスプレート(1000円)。

わかめスープに続いて、メインプレート。
きっちり下味のついたから揚げには、ちょっと濃いめの塩ダレがかかる安定の美味しさ。
レモン添えられてるのは、味のアクセントになって嬉しいですね。
唐揚げの間にレンコン揚げも入ってて、ネギやカイワレとともに、いい食感のアクセントになってます。
そして、安定のボリューム感(笑)
私でもお腹いっぱいになるんだから、女性にとっては大変な量なんじゃない?

| | TrackBack (0)

チーズのこえ@清澄白河

チーズのこえ@清澄白河

チーズのこえ@清澄白河

バレンタインデーの特別企画「チョコレートソフトクリーム」をいただきに訪問。
同じく清澄白河にある、bean to barのタブレットチョコをつくるアーティチョーク チョコレート(Artichoke chocolate)とのコラボレーションしたこのソフトクリーム、こだわりがとにかくすごい!
生産者からしっかりと届けられたカカオ豆を焙煎し、丁寧につぶしてつくったグレナダ産のチョコレート。
これを一度北海道の工房へ送り、チーズのこえで使っている北海道産の牛乳、砂糖だけをつかったソフトクリームにまぜあわせ、再び清澄白河の地へ。
保存料も乳化剤も冷凍もしていないピュアなソフトクリームは、期間限定なのはもちろん、数量も限定となっているそう。
ソフトクリームにトッピングされているのは、もちろんアーティチョークのチョコレート。
ビターなチョコレートと濃厚なソフトクリームとが合わさった大人な味は…もうシアワセとしか言いようのない味。
本当に、バレンタインの2月14日までの6日間期間限定なので、かなり貴重な体験ですよ♪

| | TrackBack (0)

七草十花@大島

七草十花@大島

七草十花@大島

住宅地のなかに突然現れる、雰囲気のいいカフェ。
アプローチを抜け店内に入ると、木を多用した落着きある空間。
奥にはグランドピアノが置かれています。
カウンター席なんか、落ち着くんでしょうね。
もちろん、テーブル席も居心地よかったです。

今回は、ヴァイオリンとピアノの小さな演奏会で訪問。
ハンドドリップのコーヒーをいただきながら、ゆったりとした午後のひととき。
普段クラシックを聴かない私ですが、これだけの近さでヴァイオリンの生音を聴くのは、気持ちいいです。
ピアノの音も迫力あったし、音色もよかったし。
大きな空間での演奏もいいけど、こうしたアットホームな演奏会も、なかなか素敵ですね。
そして、演奏者を応援するカフェの姿勢もステキ。

品もよく落ち着く空間だから、普段のメニューも気になるところ。
また来たいな、って思わせる何かがあるカフェです♪

| | TrackBack (0)

りんすず食堂@大島

りんすず食堂@大島

りんすず食堂@大島

食堂とありますが、ラーメン屋さんです。
有名店なのか、テレビや雑誌など、いろいろ取り上げられているようですね。

ランチにいただいたのは、レモンラーメン(650円)。
その名のとおり、レモンの輪切りがたっぷりトッピングされているだけの、シンプルなもの。
スープ自体はかつおぶしのダシをベースに、干し椎茸・鶏のスープを組み合わせた、熟成醤油を使ったもの。
適度に濃厚ながら、上品であっさりとした仕上がりになっています。
これに、レモンの風味と酸味が加わると、爽やかなスープの完成。
さっぱりした感覚は、なかなかいい相性です。
日本のお蕎麦の手法?も取り入れているらしく、なかなか面白い感覚。
これで650円とは、かなり良心的ですね。

そして、スープがあまりにも美味しかったので、100円追加で岩のりご飯を注文。
これに、残ったスープをかけて雑炊風に。
たっぷり岩のりの風味が引き立ち、こちらも美味です。

話題になったころは行列が出来ていたそうですが、今は落ち着いていただくことができます。
ブームは過ぎたみたいですけど、美味しさは変わんないよ♪

| | TrackBack (0)

LE DELIZIE DEL MONDO@清澄白河

LE DELIZIE DEL MONDO@清澄白河

LE DELIZIE DEL MONDO@清澄白河

比較的最近オープンして、気になってたお店。
やっと訪問することができました!
雰囲気のいい素敵な店内は、ご主人もDIYで作られたもので、
壁に飾られてる作品は、ご主人のお姉さんによる作品なのだとか。
ギャラリーで個展開いたり、絵本を出版されたりするほどの方だそうです。

ランチにいただいたのは、1500円のパスタセット。
前菜の釣り太刀魚のカルパッチョは、新鮮で脂ののった太刀魚が、
色鮮やかで種類豊富な野菜の上にののったひと品。
味付けは、シンプルに岩塩とオリーブオイルで。
見た目にも嬉しいですが、味付けがシンプルなだけに、素材の良さが十分に引き出されている品です。

そしてメインの、鶏モモ肉のトマトラグーソース。
パスタは、アルデンテの手前加減。
ソースはトマトの酸味がフレッシュで爽やかな感覚。
お肉がいっぱいで、溶けたチーズが全体と見事になじんでます。
とにかくこれ、おいしい!
しかも、思ってた以上におなかいっぱいになるよ。

食後はセットの紅茶を飲みつつ、ご主人とおしゃべり。
実は共通項があったりと意外な側面を見つけたりして、楽しい紅茶の時間となりました。
こういうコミュニケーションが生まれるのが、このエリアの飲食店ならではの楽しみなんですよね♪

| | TrackBack (0)

串だおれ 渋谷 宮益坂店

串だおれ 渋谷 宮益坂店
串揚げ屋さんって言うから大阪のお店と思いきや、新橋のお店なんだ!
二度漬禁止とか、完全に大阪のノリなんだけど…ビリケンさんもいるんだけど…
でも確かに、渋谷にある会社が運営しているようですね。

ランチに注文したのは、豚バラカツ丼。
期間限定で、どのサイズでも500円!
…なんだけど、サイズの違いはご飯の量だけで、カツの量は変わらないんだって。
だったら、ご飯少なめの並盛で…とは言っても、ごはん180gだそう。
通常650円が500円だから、ちょっとだけお得なのかな?
丼には、ソースにくぐらせたカツが5枚。
味的には、割と定番というか、想定の範囲内。
悪くはないんだけど、驚きもないというか、規格的な感じというか。
ただ、飲み物がドリンクバーになってるので、食後もコーヒーをお代わりしつつ、のんびり過ごせる。
500円でドリンクバー付きは、嬉しいポイントですね♪

| | TrackBack (0)

HOTEL EMANON@渋谷

HOTEL EMANON@渋谷

HOTEL EMANON@渋谷

毎度毎度のエマノンランチ。
出迎えてくれた華やかなお花は、パーティーで使われたものを頂いたものだとか。
こういう演出を、ランチタイムでも丁寧に拾ってるセンスが好きです。

今回のサラダランチ(1150円)は、カプレーゼ風。
きのこのスープに続いて出てきたサラダには、クリームチーズとバジルソースが。
甘いトマトや葉野菜と一緒に食べてもいいんだけど、バケットにつけても美味しい♪
内容が毎週変わるから、本当に飽きずに通うことができます★
…なので、ポイントカードも貯まったので、食後にティラミスをいただいてまったり。
今月で辞めちゃうスタッフの彩音ちゃんとゆっくりおしゃべり出来たのも、
雨天で客足が少なく、接客に余裕があったからこそ。
お店がゆったりしていると、こちらの気分もゆったりできます。
今日のタイミングを逃すと厳しいだろうから、一緒に写真撮ってもらっちゃった♪

| | TrackBack (0)

頂マーラータン 渋谷店

頂マーラータン 渋谷店

頂マーラータン 渋谷店

1月にオープンしたばかり、麻辣湯のお店。
冷ケースに並ぶ60種以上の具材から好きなものを選び、厨房に渡して調理してもらいます。
スーパーでの買い物感覚に近いかも。
で、具材3種と春雨がセットになって、730円。
ホームページの画面を見せると、具材1品をサービスでつけることができます。

どれにするか本当に迷った末、ほうれん草・しいたけ・鶏団子・みょうがをチョイス。
スープの辛さを選べるそうですが、おすすめと書かれた2番の中辛で。
運ばれてきたのは…ビジュアル的バランスは、悪くないんじゃない?
醤油味のスープには30種以上の薬膳が入っており、鶏や豚のコラーゲンも入っているそうで。
キクラゲや貝柱も入ってたけど、これも薬膳のひとつかな?
割とあっさりしてて、飲みやすく美味しいです。
適度な辛さが、辛すぎずいいアクセント。
血行促進 整腸作用 発汗作用などを謳ってますが、確かにじわっと汗かきました。

春雨はしっかりした弾力で、のびきっていないのがいい感じ。
別料金で中華麺にも変更できるらしいですが、ここはヘルシーに春雨でしょ。
それにしても、選ぶ具材で印象変わりそうで面白いですね。
他の具にしたらどうなる?って、リピートしても飽きない仕掛け、できてます!

| | TrackBack (0)

ビストロ ブラウン@渋谷

ビストロ ブラウン@渋谷

ビストロ ブラウン@渋谷

2月1日にオープンした、お肉系ダイニング。
壁面に部位と値段が書かれるなど、店内も肉を前面に打ち出してます。
そんなお店へ、ランチ訪問。
注文したのは、ミートボールナポリタン(500円)。
スパゲッティの上にのってるのは、ミートボールというよりハンバーグ!?
ボリュームしっかりな肉の塊は、脂も適度にのっていて、お肉度合もしっかり。
下のナポリタン部分にも、ミンチがたっぷりと使われています。
ちょっとふにゃっとした食感のパスタでしたが、肉々しいことは確か。
上下あわせて、しっかりとお肉をいただいてきました。
これで500円は、お得そのものです!

| | TrackBack (0)

ニット@錦糸町

ニット@錦糸町
ニット@錦糸町
朝時間に訪問。
時代が止まったままのような昭和レトロテイストの喫茶店で、落着きのある、静かな時間が流れています。
おしゃれなカフェが広がるなか、かえって貴重なお店です。

ホットケーキやナポリタンが人気なようですが、
今回はモーニングセット(550円)を注文。
3種類のなかから、トースト&ゆで玉子を選択。
定番メニューながら、厚みのあるトーストはかりっと焼かれつつも、しっとりとした食感。
ボリュームも見た目以上にあり、満足感たっぷりです。
時間が止まったかのように、コーヒーを飲みながらくつろぐひととき。
ステキすぎです★

| | TrackBack (0)

東京ムスリム飯店(東京穆斯林飯店)@錦糸町

東京ムスリム飯店(東京穆斯林飯店)@錦糸町

東京ムスリム飯店(東京穆斯林飯店)@錦糸町

ハラル認証を取得した中華料理店。
もうこれだけで、異色な存在です。
好奇心から入店したものの、日本人客は私以外に1組だけ。
あとは中華系が多く店員さん含め中国語が飛び交うものの、ムスリムっぽい方も。
確かにここは、貴重な存在かも。
お店の雰囲気もイスラムをちょっとだけ意識したもので、
モザイクタイルの壁は、なかなか見事です。

ランチに注文したのは、鶏肉の黒胡椒炒め(864円)。
メインとしてのおかず以外は、すべて食べ放題。
ビュッフェ方式で、好きなだけ食べることができます。
もっとお腹空かせてくるべきだった、とちょっと後悔。

メインの鶏肉の黒胡椒炒めは、中華らしく強火で炒められた味。
黒胡椒はアクセント程度の効き具合で、食べやすい仕上がりに。
一見ラードで炒めてるっぽいけど、ハラルだから違うんですよね。
それでも、普通の炒め物と違わない仕上がりに、ビックリです。

取り放題のおかずは、野菜を多めにしてみました。
麻婆豆腐は唐辛子の効いた四川風。
花椒は効いてなかったから、特有のシビレは無かったけど。
それよりも、豚肉が使われていないためか、どことなく物足りない感じ。
うまくスパイスでカバーされています。

鶏の唐揚げは、普通かな。
やっぱり揚げたてのほうが美味しいです。
大好きなザーサイの味が、ちょっと薄かったかも。
仕上げのデザートも、まぁまぁの美味しさ。

値段・ハラル対応という面を考慮して、この内容なら全く問題なし。
貴重なお店で、異国気分を味わってきました♪

| | TrackBack (0)

こがね製麺所 森下店

こがね製麺所 森下店
本店を丸亀に構える讃岐うどん店。
2月1日にオープンしたばかりらしく、早速訪問してきました。

入口と出口が分かれており、暖簾をくぐると機械で食券を買うスタイル。
食券を買うと同時に注文が厨房に入るらしく、そのまま奥に進むと注文した品が出てくる早さ。
サイドメニューの天ぷらを自分で取って、そのまま会計するみたい。
お好みでネギ・生姜・天かすなどを入れるシステムで、セルフ式のお店です。
このあたり、大手チェーン店でも馴染みのパターンですね。

注文したのは、釜たま小(350円)。
玉子は自分で混ぜたかったなーと思いつつも、
麺が温かいうちにお店の人が混ぜてくれてるから、十分になじんでます。
これにダシ醤油をさっとかけると、讃岐で食べるうどんそのまま!
軽いコシながらも、まずまずの喉ごし。
ここ、美味しいうどんのポイントね。
食べ比べてないからわからないけど、美味しい部類なのは確か。
この辺り、讃岐うどんのお店って無かったから、重宝するんじゃないかな★

| | TrackBack (0)

【香港1日目その14】ホテル パノラマ バイ ロンバス‎@尖沙咀



今回の行程、宿泊先もみんなバラバラ。
景色がいいから!と言われたので遊びに行ったこのホテルの客室、コンパクトながらも風景がいい!



窓に広がるのは、ビクトリアハーバーの眺め。
安宿と違い、ちゃんとしたホテルにしとけばよかったかなーと一瞬後悔。



そのホテルの最上階に展望台があるよって言われたので、夕食のあとおじゃまさせていだたきました。



ソファもあって落ち着けるバルコニーから見えるのは…



こんな景色!目の前の工事中のビルが邪魔だけど、ビクトリアハーバーの夜景がしっかり!



東側を見ると、遮るものがないすっきりとした夜景が。川のように横たわるビクトリアハーバーの風景、なかなか素敵です。



反対側、九龍側を見たところ。隣のハイアットがちょっと邪魔だけど、それも都会っぽい風景のひとつになってます。



だだっ広い空間だけでなく、ちょっとした小部屋のような空間も。額縁のように切り取られた夜景が、目の前に広がってます。



このホテルからの眺めを見れるなんて思ってもみなかったから、宿泊してたお友達に感謝!
私はこのあと自分のホテルに戻って、ゆっくり寝ます。おやすみなさーい!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港1日目その13】阿一海景飯店@尖沙咀



今宵の夕食は、このおじさんのお店「阿一海景飯店」で。なんでもこのおじさん、香港で鮑大王と呼ばれるほどのオーナーシェフなのだとか。



看板はふざけた感じですが、店内は落ち着いた雰囲気。ミシュラン一つ星のお店とのこと。



窓からは、ビクトリアハーバーを眺める夜景が素敵すぎます!



コーナーの席なんて、最高な場所ですよ!



今回座ったのは窓際の丸テーブル。整えられたテーブルセット。



まずはビールで乾杯!



最初に出たのは、酔っ払いエビ。



ビールもいいけど、お茶いただきながらっていうのも楽しいんですよね♪



チャーシュー入りパイナップルパン



アワビのせチキンパイ。不思議な組合せに戸惑うばかり…



エビ蒸し餃子



あさり蒸し 黒豆味噌とにんにくがけ



このあさりが大きいこと!



豆苗と豆腐入り海鮮スープ



ネギ醤油の焼き鯛



北京ダックは、一度その姿ごとテーブルに運ばれて…



その後、隣で見事に皮を切り分けたあと…



各テーブルへ!



アヒル挽肉のソテー・レタス包み



多くの蒸し籠で運ばれてきたのは…



ジューシーな小籠包



エビ・干し貝柱・チャーシュー入り雲南ハムソースチャーハン



蓮あんとタピオカ入り焼きプリン



口休めのカシューナッツクッキー



最後にデザートとして、キンモクセイのゼリー



一つ星の有難さを今一つ理解できなかったけど(失礼!)、どの料理も絶品で、口にするたびにただただ唸るばかり。
美味しい食事、素敵な夜景、そして痛快な仲間との会話という素晴らしい時間は、長いはずなのにあっという間に過ぎちゃいました。



帰り際、おじさんの持ってるアワビを食べようとする私…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港1日目その12】ビクトリアハーバー、シンフォニー・オブ・ライツ





ペニンシュラから移動して、ビクトリアハーバーへ。
やっぱりこの眺め、何度見ても気分いい!





そして音楽とともに、シンフォニー・オブ・ライツ。
ちゃんと音と光がシンクロしているのが、このスケールでシンクロしてるのが、すごいと思ったり。



振り返ると、文化センターの壁面を使ったプロジェクションマッピングが!



旧九龍駅の塔にも、映像が映し出されています。



そしてこの時期限定の、クリスマスバージョンのストーリーが流れました。
英語・中国語・広東語の3バージョンですが、絵が香港っぽいテイストだからか、子供向けに見えてしまったよ。



夜景を楽しんだら、夜のネイザンロードを歩いて移動。



この、突き出るサインがいいんですよね。



重慶マンションの夜の風景。



竹の足場の下も自由に歩けてしまう安全管理 汗



所々に設置されている案内板は、夜でも浮かび上がるような存在感。



iスクエアの前に置かれていた、クリスマス????な置物。



こっちはクリスマスっぽいかなー。



一気に2階(日本でいう3階)まで登るエスカレーター。



高層階へは、このフロアからの専用エレベーターであがります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港1日目その11】ペニンシュラをうろうろ



他のみんなとの集合は、ここペニンシュラのロビー。



ツリーのまわりには、プレゼントの包みがいっぱいだよ。



ちょっとだけ時間があるから、館内をうろうろ。
階段をのぼって振り返ると…なにこの素敵な風景!



階段の装飾アップ。



廊下に飾られてたリースが、上品でカワイイです。



マジで彷徨っていたら、さきほどロビーで流れていた生演奏をかなでていた楽器隊のバルコニーに出ちゃった。
ここから眺めるロビーの風景って、なかなか素敵な雰囲気。



そんなことしているうちに、集合時間。
みんな集まって外に出ると、エントランスの庇には星がいっぱい。



こんなところに、狛犬ならぬ獅子がいたんだね。



そして空を眺めると…雪がいっぱい降ってきてる!



車寄せがいい雰囲気。私が泊まってるホテルとは違うなー(あたり前)。



噴水もライトアップされているよ。



正面から見ると、トナカイがそりをひいて、サンタさんが空を飛んでる♪



サンタさんアップ!
前回も同じ装飾だったような気がするけど、これは雰囲気あっていいですよね。



そして、この風景を撮影する人たち(笑)



ペニンシュラの夜景・全景。落ち着きがありつつも華やかさが同居した、センス溢れる姿です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港1日目その10】ペニンシュラでアフタヌーンティー



ロビーに入ると、そこは華やかな雰囲気!



階段だけでも、絵になっちゃいます!



アフタヌーンティーは、14:00から18:00まで。1時間くらい待つという事前情報だったけど、時間ずらして行ったからか15分ほどで案内してくれました。



クリスマス仕様のメニュー。



席について眺めるロビーは、また違った雰囲気。



テーブルセットもゴールドと白な感じで。



紅茶を注いでいただきつつ。



とにかくヤバいほどいい香りで、アールグレイをベースとしながらも、様々なフレーバーがミックスされたかのよう。
お湯のお代わりをいただけるから、何杯ものんじゃった♪



で、トレイの登場!
上部にあるリボンの装飾が、またテンションあがるんですよね♪



一番上のお皿は、スイーツ中心で。



二段目は、軽いお食事系。



三段目はマフィンで。



クイニーアマンやチョコなどは、さらに別皿で。



お茶会の全体像だよ!
のーんびり過ごしたけど、このひとときが堪らないんですよねー★



ロビーの雰囲気も、時間が経って外が暗くなると、また違った感じに。
そろそろチェックかな。



会計を済ませたら、プレゼントをいただいちゃいました。何だろう…



ペニンシュラオリジナルの、クリスマスツリーのオーナメント!
これは嬉しいプレゼントだよ♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港1日目その9】尖沙咀をふらふら



両替もせずここまで来たので、とりあえず香港ドルを入手せねば!
歩道の標識が手書き風なのが面白かったりしつつ。



ホテルからすぐのところにある、重慶マンションへ。



中をさまよいつつも、とりあえず両替。レートは普通かな?空港にはTravelexしかないから、こっちで両替したほうがはるかにお得。そして、ここまで両替なしで過ごせたことも発見。



それにしてもインド人多いなー。



ぐるっと回りつつの、外からの全貌。もっと奥深くまで進む勇気…というか行き方すら分からなかった(汗)



ネイザンロードの、こうしたはみ出した巨大看板が賑やかな香港っぽい雰囲気。



そして、ペニンシュラまで来てみました。



噴水きれー!



見上げると、風格ある建物がそびえてる!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港1日目その8】HARBOUR BAY HOTEL@尖沙咀の客室



建物をリノベーションし、最近オープンしたばかりのホテル。
狭いながらも客室は清潔感があります。てか、思ってたよりも広い!



自由に使えるスマホも完備。でも聞いてみると、電話はできるけどネットはWiFiのみなんだって。
テザリングさえできれば、羽田でルーター借りる必要無かったんですけどね。



ツインルームしか無いホテルなので、一人でノビノビ使ったぜ!寝心地がいいベッドだったのか、夜はぐっすり眠ることができました。



水回り。



ベッドルームの片隅に設置されているのが、コンパクトというか面白いというか、他ではなかなか見られない造り。



陶器のボウルに凝った水栓と、こだわりを持っているかのような造り。



アメニティ一式。ちゃんと歯ブラシが用意されているほか、ミネラルウォーターも用意されているのは嬉しいですね。



シャワーは独立タイプで、トイレと一体じゃないのが嬉しい。



レインシャワーって気持ちいいんですよね♪



シャンプーなどのアメニティも完備。ただ使い心地は、ANAでもらったほうが気持ちよかったから、そっちを使うことに。



スリッパも用意されてるのは、嬉しいかも。無い場合に備えて、羽田のANAラウンジでもらってきたけど、ここでは使わずに済んだよ。



部屋には、ちゃんと大きな窓がある!
安宿だと窓が無かったりするから、これだけは拘って選びました。



窓からの景色、すぐ隣が壁なんかじゃなく、ちゃんと開放感があるのが嬉しいね。
そりゃもちろん、向いのハイアットのほうがいいんだろうけどさ。



スイッチなどは、ここに集中して完備。



エアコンがデジタル表示で、細かく設定できるのも便利。



荷物を置いたら、早速お出かけ!
廊下の雰囲気も落ち着いていて、寝るだけの宿だけど、最低限この程度は整っててほしいですよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港1日目その7】HARBOUR BAY HOTEL@尖沙咀へ



バスを降りると、ホテルと一体となったK11という商業施設へ。
中央のガレリアの、風に揺られてガサガサと音が出る装飾が面白い。



そのまま、ゴチャゴチャとした町なかを歩きつつ



1階にちょっとお洒落なカフェがある建物。



その建物の角をまがると…



今回宿泊するHARBOUR BAY HOTELが見えてきた!



建物の大きさと比較して、エントランスはこじんまりとしたもの。



ドアをあけると、すぐにエレベーター。



そして小さなフロント。小規模ホテルで団体客が居ないだけあって、細かいところにも対応していただけるのが便利。ついでに、チェックアウトも待たされずスムーズに行えたのも便利。



きっちりとクリスマス仕様になってます。
チェックインしたら、客室に行くよ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港1日目その6】香港国際空港→九龍(エアポートエクスプレス)



イミグレーションを通過すると、すぐ目の前にエアポートエクスプレスのチケット売り場。
このシームレスさがすごい!



チケットを購入したら、そのまま到着ロビーへ。



高い天井が気持ちいい空間には、初期型の飛行機模型が飾られてた。



ロビーにもチケット売り場があったんだね。



そして自動券売機まで。



到着ロビーの中央にある、電車乗り場への通路。サインが大きくでているので、どっちに進んでいいのかわかりやすいです。



この通路を抜けると…



そのままホームという快適さ。ターミナルビルと鉄道が、段差なく見事に一体となって設計されてます。
日本の空港も、これくらい徹底的にやってほしいものです。



都心部の九龍までは2駅。



2両目という意味かな?行き先が「to city」とシンプルなのもわかりやすいポイント。



車内はいたって静かです。快適な椅子が並びつつも、お客さんが少ないのは、値段が高めだから?
香港の人はバス等を利用しているのかな?



ちなみに、こちらがチケット。90HK$は確かに高い…



空港を出てすぐ、車窓から見えた風景。狭い平地に高層マンションという、香港っぽい風景。



だいぶ街に近づいてきたかな?



こうして、20分強で九龍駅に到着!
久しぶりに来た~!



ホームの天井の形状が整っていたり、



出口を示すピクトグラムが分かりやすかったり。漢字文化圏の人にとっては、文字がそのままサインですからね。



ふりかえって、電車の様子。ホームドアで完全に区切られているから、安全です。



改札は空港駅にはなく、ここ九龍駅だけになります。



自動改札に先ほどのカードをピッとあてると、ゲートが開きます。



改札を出てサインに従って進むと…



大きな吹き抜けのある空間に出ました。



そしてサインを見失い…シャトルバス乗るにはどこに行けばいいの?と思ったら、この大きなエレベーター全体がサインになってた。逆に気付きにくいw



煙草吸っちゃだめよーって注意書きだよね?



ガラスでできたエレベーターのカゴに設置されている操作盤。



そして、ガラスでできたカゴと昇降路。大型荷物対応の大きなサイズながら圧迫感が無いのは、カゴの形状にあると思われ。



あったあった、バス乗り場。



壁面には、ちょっと隙を見せるとアートっぽく装飾されてます。



このシャトルバスは、エアポートエクスプレスを利用した人は無料で利用でき、ホテル(またはその近く)まで連れて行ってくれます。



インフォメーションは微妙に機能してなかった…と思ってたら、バスが遅延してたらしい。



意外と広いバス乗り場。数系統あり、待合の椅子が並んでます。



バスが出発するまでの時間が表示されています。



私が乗るのはK3。時間表示が無いのは、渋滞で大幅遅延してるからみたい。



K3系統のバスが立ち寄るホテル一覧。



バス乗り場はこんな感じ。



K3のバス停。



やがて、思ってた以上に小さなバスが到着。どうりで一度で乗れなかったわけだ。



車体が小さいので、荷物スペースが前方に設けられています。



九龍のターミナルを出発!



再開発エリアだからか、外の風景が香港っぽくない!



でも、竹の足場を見かけると、ここが香港だなーって思ったりして。



ハイアットリージェンシーのバス停で下車。ここから徒歩2~3分で今回の宿泊先へ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港1日目その5】香港国際空港



そんなこんなで、やっと香港に到着!霞んで見えるのは気のせい?PM2.5?



飛行機を降り、入国審査へと向かいます。空港内のサインが中国語中心になると、気分は香港。それにしても、わかりやすいサイン計画です。



クリスマスということで、特別装飾が施されていました。そういえば前回のクリスマス訪問時は、空港内にサンタガールがいたけど、今回は見当たらないなぁ。



インフォメーションが、適切な位置にわかりやすく配置されているのも、この空港が利用しやすい特徴。



さて、左側のイミグレーションに向かいますよ!



こちらがイミグレーション。



ずらーっと人が並ぶ様子。中国人が多そうな雰囲気。こりゃ時間かかるだろうな…と思ってたら、意外とスイスイと進むことができました。オペレーションが上手いんだね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港1日目その4】NH859(ANA 羽田→香港)



搭乗時間になったので、ラウンジを離れ搭乗口へ。



今回利用したのは、プレミアムエコノミーのシート。
シートがプレミアムなだけで、サービスはエコノミーと全く同じでした。



全部で2列しかないシートを何とか確保。前の席だったから、足元はかなり余裕あって快適です。



一瞬広く感じますけど、考えたら新幹線のシート程度なんですよね。



コントローラーはシンプルに。基本タッチパネル操作ですからね。



ちゃんと電源も用意されています。ここでスマホをフル充電に。



シートモニターの地図表示が、なんかカッコイイことになってる?



いろんな表示の仕方があり、最初のうちは面白がっていじくり回すものの、そのうち飽きてきます。



…ということで、見損ねてた「君の名は。」を鑑賞。



話題ほどストーリーは…と思ってたら、みんなから「映像美を映画館で見るべき」と言われました。そういうものだったのか!



そんなこんなで、機内食の時間。あくまでエコノミーの食事です。プレミアムエコノミー固有のサービスは、特に無かったなぁ。



選んだのはハンバーグ。デミソースが美味しく、半熟玉子が嬉しいですね。



サラダ?もいい味。ちゃんとカニの味がしましたけど、カニカマかな?



セットのケーキも甘すぎず落ち着いた味で、悪くないです。食後のコーヒーとともに、軽くひとときを。



窓から眺める空の色は、どこまでも続く深い青にすい込まれそう。



そうこうしているうちに、そろそろ香港。空港混雑のため、ぐるっと旋回しながらの時間調整でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港1日目その3】ANA SUITE LOUNGE@羽田空港(その2)



太陽がしっかりと昇ってきました。今日1日のスタートですが、まだまだラウンジ内は人がおらず静かな雰囲気。



だったら…ということで、室内を散策♪
長い廊下で、大きくふたつのエリアに分かれています。



廊下に面して、ビジネスデスクも。



廊下を抜けると、こちらはソファを中心としたエリア。
一般ラウンジのように、ファミレスみたく人がうじゃうじゃしていないのが、落ち着けていいですね。



食事するというよりも、落ち着いて過ごすためのエリアって感じ。



こちらは、ダイニングエリアとでも言うのでしょうか。



こちらはには、ホットミールも用意されています。



きれいに並べられたオムレツ。
それにしても、朝時間の料理はプレミアムっぽくないなー。



コンシェルジュデスクも雰囲気いいのですが、まだ早朝だからか人がおらず。



自席にもどってきて、出発までのゆったり時間。



香港のホテルで用意されているアメニティがどんなのか分からなかったから、こちらで一通りのものをいただくことに。
こういう対応してくれるのも、普通のラウンジとの違いですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港1日目その2】ANA SUITE LOUNGE@羽田空港(その1)



今回利用するのは、航空会社ラウンジ。
いつもだと左側ですが、今回は初の右側利用です♪



こじんまりとした受付は、普通のラウンジよりちょっと落ち着いた感じ。



滑走路に面したスペースには、ブースがずらりと並びます。



マッサージチェアも完備!あとで使おうと思ってたけど、結局利用せず。



普通のブースはこのような感じ。飛行機のファーストクラスのような雰囲気。



大きなテレビモニターにハンガー。音声はヘッドホン利用ということで、室内は静かです。



ちょっとしたソファエリアもあります。複数人数だったら、こういう場所がいいのかも。



今回腰をおろしたのは、この滑走路を眺める開放的なシート。



椅子に座ったら、スタッフが飲み物を持ってきてくれました。お願いしたのは、シャンパーニュ コレ ブリュット。
日の出を眺めながらの朝シャン、ちょっと贅沢でしょ。



落ち着いたら、早速朝ごはん♪
朝一番だから、料理もきれいに並んでます。



おにぎり類が、ひとつの空白も無くきれいに並んでいる姿は、朝一番でしか見られない光景。



和惣菜もある程度あります…が、このエリアにはホットミールが無いんですね。



そんなわけで、今日の朝ごはん。おにぎりを中心に、炭水化物の盛り合わせ。



おかずの盛り合わせは、野菜を多めにしておきました。



お酒類も充実しています…が詳しくないのと、まだ朝なので口にすることは無く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【香港1日目その1】羽田空港国際線ターミナル



今回の香港行きは、現地集合現地解散の、食に関するフィールドワーク。
団体行動と違う便利さを享受します…ということで、初めてのANA SUITE CHECK-INで。



専用のカウンターです。全く人が並んでないので快適!



ファーストクラス用ですが、今回乗る機材にファーストクラスは無いです(笑)



この赤い絨毯で迎えられるの、ちょっとは嬉しいのですが…成田のほうが扱いいいんですよね。



出国審査を終えて、振り返ったところ。
ここで千住博さんの作品を見届けて出発するのが、いつもの私のパターン。



正面には、カードラウンジへと続くエスカレーター。
このシンメトリー性が好きです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バンクーバーの旅(2015年9月)まとめ

0_2

30年振りに降り立ったバンクーバーの地。
前半は天候に恵まれなかったため若干消化不良でしたが、
後半は晴天に恵まれ、バタバタながら満喫してきました!
また行きたい!

00
【0日目】
テイルウィンド@ロイヤルパーク ホテル ザ 羽田
BEER CLUB Verre Tokyo@羽田空港国際線ターミナル
機内食@ANA116(羽田→バンクーバー)
半沢直樹@ANA116(羽田→バンクーバー)
軽食@ANA116(羽田→バンクーバー)

01
【1日目】
シャングリ・ラ ホテル バンクーバー
マーケット by ジャン・ジョルジュ@シャングリ・ラ ホテル バンクーバー

02
【2日目】
朝食@マーケット by ジャン・ジョルジュ(シャングリ・ラ ホテル バンクーバー)
スタンレーパーク@バンクーバー
バンクーバー水族館
ジャパドッグ@バンクーバー
ロブソンストリート@バンクーバー
オイシイ オイシイ(Oysi Oysi)@バンクーバー

03
【3日目】
朝食@ホテルの部屋
GLC(GARIBALDI LIFT Co.)@ウィスラー
THE KEG@ウィスラー

04
【4日目】
朝食@ホテルの部屋
Nature Trail to Lost Lake@ウィスラー
ウィスラービレッジ
GONE@ウィスラー
乗馬@ウィスラー
Lift coffee company@ウィスラー
Green Lake(Whistler Airport)
水上飛行機(ウィスラー→バンクーバー)
forage@バンクーバー

05
【5日目】
マーケット by ジャン・ジョルジュ@シャングリ・ラ ホテル バンクーバー
グランビル・アイランド@バンクーバー
グランビル・アイランド・パブリック・マーケット@バンクーバー
エディブル・カナダ(Edible CANADA)@グランビル・アイランド(バンクーバー)
フォールス・クリーク・フェリー(グランビルアイランド → イェールタウン)
イェールタウン@バンクーバー
ギャスタウン@バンクーバー
フードコート@バンクーバー国際空港
機内食@ANA(NH115:バンクーバー→羽田)
軽食@ANA(NH115:バンクーバー→羽田)

| | TrackBack (0)

コメダ珈琲店 ダイエー大島店

コメダ珈琲店 ダイエー大島店

コメダ珈琲店 ダイエー大島店

コメダ珈琲店初訪問!
やっぱ話題のシロノワール…と思ってたら、季節限定のチョコノワールですと!?
迷った挙句、チョコノワールのノーマルサイズで。
感想は…美味しいんだけど、ちょっと期待値が大きすぎたかな(汗)
豆がついてくるコーヒーも、まぁこんな感じ?
ただ、各テーブル間に仕切りがあって、席もゆったりしているためか、
まったり寛いでしまいますね。
新聞や雑誌も充実しているし。
他のお店はまた雰囲気が違うのかもしれないけど、
このまったり感はたまらないね~★

| | TrackBack (0)

心らん@清澄白河

心らん@清澄白河

心らん@清澄白河

天ぷらを中心とした小料理屋さん。
前から気になっていただけに、やっと来れた!という想いです。
もちろんランチでの訪問です。

注文したのは、天ぷら御膳(1100円)。
からっと揚がった天ぷらは、くどくない衣に仕上がってます。
ししとう、穴子、舞茸、かぼちゃ、鶏、さつまいも、海老という構成。
海老はプリプリだし、舞茸の香りはいいし、衣の食感は気持ちいいしで、
お値段以上の満足度があります★
こういう天ぷら、つゆで食べるか塩で食べるか、
両方用意されると迷っちゃうんですよね。

そうそう、添えられた筑前煮も美味しいかったです♪

| | TrackBack (0)

虎子食堂@渋谷

虎子食堂@渋谷
ランチでは初めての訪問。
お店までのアプローチのグラフィティ、雑然とした店内と、ちょっと変わった雰囲気。
でも、よく細かく見ると、構成しているそれぞれがいい味していて。
楽しいお店です。

ランチは基本カレーのみで、自分で注文をし、料理を運び、片付ける「給食方式」を採用。
4種類のカレーのなかから好きなものを選ぶようになっていて、
カレーの数で値段もかわってきます。
今回は、カレー2種1400円を注文。
番号札の代わりに、トランプを渡されます。

しばらく待って、私の番。
器を見て、思わず嬉しくなっちゃうかわいさ。
カレーが、こんなに華やかに提供されるなんて!
メインのカレーだけじゃなくて、副菜がいっぱい!
茄子、さつまいも、玉ねぎフライ、おくら、紫キャベツ、玉子、鶏肉、人参ピクルス…
しかも、そのどれもがスパイスの効いたもの。
美味しいだけでなく、身体にも良さそうな予感です♪

そして忘れてならないのが、メインのカレー。
今回選んだのは、野菜のカレーと冬野菜のクットゥー。
適度な辛さがよく、スパイスたっぷり。
とにかく、スパイスを上手に使っている感じで、スパイスを食べてるみたい。
どちらも野菜しか入ってないけど、満足感だけはしっかり感じます。

いやはや、ここのカレー、とにかく嬉しくなっちゃいます★

| | TrackBack (0)

ア ビエント@渋谷エクセルホテル東急

ア ビエント@渋谷エクセルホテル東急

ア ビエント@渋谷エクセルホテル東急

ちょっと前の話、すっごく久しぶりの訪問。
リニューアルしてからは初めてで、落ち着きのある空間に変化してました。
渋谷では高いほうの建物で、眼下には109前の交差点、遠くには代々木公園・新宿副都心と、眺めは最高です。



今回いただいたのは、コースのディナーセット。



前菜のパテ ド カンパニューはしっかりとした味わいで、スパークリングワインに合いますね。



魚料理は鮮魚のムニエルで、確か金沢の真鯛だったかな。カリカリの皮の食感、焦がしバターの香りが美味しいです。



続く肉料理は、国産牛頬肉の煮込みで。赤ワインのソースでしっかり煮込まれてて、大きな塊なのにやわらかい!



最後のデザートは、泡の中に洋梨のコンポートが入ったもの。甘さ控えめなチョコレートムースとともに。
ずーっとワインで通していましたが、最後はコーヒーでシメて。
なかなかの美味しさ、楽しい時間でした♪

| | TrackBack (0)

ON THE WAY, coffee pit stop@御成門

ON THE WAY, coffee pit stop@御成門

ON THE WAY, coffee pit stop@御成門

10月3日にオープンした、下北沢にあるON THE WAYの2号店。
ビル内の駐車場に小さな小屋を建てた、ちょっと不思議な営業スタイル。
その駐車場にアウトドアの椅子・テーブルが並んでいるので、お店で飲んでいくこともできます。
近隣で勤める方は、テイクアウトにされるみたいですけどね。

いただいたのは、豆乳チャイ(380円)。
ほんのり甘さは、ハチミツを入れてるとのこと。
シナモンが効いたやさしい味わいは、ほっとする優しさ。
寒い日には嬉しくなっちゃう一杯です。
お店の方がオススメするのには、訳がありますね!

ちょっとしたクッキーやサンドっぽいものも用意されていたけど、
これらを載せてる波佐見焼の器がなかなかカワイクて。
ぼーっとお店の方と話していたら、他のお客さんも仲間に入って、みんなでワイワイ。
こういうコミュニケーションが自然に生まれるのも、
カフェならではの楽しさですよね♪

| | TrackBack (0)

DRIP CURRYMESHI@渋谷駅

DRIP CURRYMESHI@渋谷駅

DRIP CURRYMESHI@渋谷駅

山手線内回りのホームにある、スタンド形式のカレーごはんのお店。
第一印象は「ラボ」、そう実験室。
好きなタイプを選び、好きなフレーバーを選ぶと、
あとはドリップコーヒーのように淹れるスタイル。

今回は、シーフード×かつお節で挑戦。
2番目に人気とのこと。
目の前で、かつお節が躍るかのようにお湯が注がれます。
その様子は、まさにコーヒーそのもの。
お湯をドリップし、5分したら完成。

ぐるっと混ぜて食べると…思ってた以上に、インスタントっぽくない!
シーフードの具材が寂しいのは仕方ないとしても、カレー味はしっかり。
そして、かつお節のダシが意外と合う!
和風カレーといった感じで、美味しいよ。
これが290円。
高いか安いか意見が割れそうだけど、人件費を考えるとすぎパフォーマンスです。
何より、面白いのがいい!
駅のホームを行きかう人々を眺めながら、静かな店内でカレーメシを食べる。
この関係性もまた、面白いんですよね★

それにしても、コーヒーを淹れたらどうなるんだろう…
そんな冒険はできなかった…

| | TrackBack (0)

« January 2017 | Main | March 2017 »