« December 2016 | Main | February 2017 »

バインミーバインミー@渋谷・東急フードショー

バインミーバインミー@渋谷・東急フードショー

バインミーバインミー@渋谷・東急フードショー

デパ地下の先駆けともいえる、東急フードショー。
賑やかなお惣菜売り場にとどまらず、スタンド形式のイートインスペースまで完備。
フロア内で売られているお弁当類をその場で食べれるという、画期的なシステムです。
お弁当だけでなくドリンクも売れるから、一石二鳥ですね。

今回訪れたお店は、バインミー専門店。
種類が多く迷ったものの、ランチボックス(810円)があるとな。
好きなバインミーのハーフを2つ選べる…これでしょ!
ひとつはポーク。ベトナム風チャーシューに特製ソース・ハチミツネギ風味で。
もうひとつはアボカド・チーズのオリエンタルソース。
どちらもなかなかの美味しさで、異なるテイストの組合せだから飽きません!
そして、バケットが思ったよりも柔らかいものを使っていて、食べやすいのもポイント。
あー一度はベトナムに行って本場のバインミーを食べたいなー

…と思いつつ、セットのミニサラダを。
嬉しいことに、オールパクチーのサラダっすよ!
バインミーにもパクチー入ってたけど、サラダでムシャムシャ、口の中で広がる香り。
このランチボックス、なかなか魅力的です★

| | TrackBack (0)

ラ カーサ ディ ナオ 渋谷店

ラ カーサ ディ ナオ 渋谷店

ラ カーサ ディ ナオ 渋谷店

渋谷マークシティで休日ランチ。
落ち着いた雰囲気のイタリアンで、奥のほうはゆったりソファ席。
夜だと埋まるのでしょうけど、ランチタイムはずーっと空いてました。
代わりに、手前のテーブル席に座る感じ。
弧を描き、壁と天井が一体となったつくりのお店です。

ランチに注文したのは、パスタランチ(1500円+税)で、ボロネーゼ。
最初に簡単なサラダ・バケットが出てきて、メインのパスタ。
程よいアルデンテで、食感が気持ちいいです。
具だくさんの食べごたえあるボリューム。
上品な味わいで、トマトの甘さ、お肉の旨味、チーズのコクがしっかり。
割と美味しいです。
食後には、デザートとコーヒーで。
ほっとする内容で美味しいんだけど、ちょっとお値段が…。
やっぱり休日価格かしら。

| | TrackBack (0)

山半@秋葉原

山半@秋葉原
ヨドバシの上の飲食店街にある、伊予うどんのお店。
注文したのは、肉うどん(980円)。
うどん自体は、わりともちっとした食感で、いわゆる讃岐よりも九州に近いかも。
私は好きだなー★
肉につけられた甘めの味が全体になじみ、だし本来の味から変わってるような。
これはこれで美味しいんだけど、最初に食べるべきは他のものだったかな?
それでも、生姜のアクセントがさっぱり効いてて、なかなか美味しいです。

横にあったおでんコーナーが気になるところ。
お腹いっぱいになったから止めておいたけど、美味しいんだろうなー…

| | TrackBack (0)

HOTEL EMANON@渋谷

HOTEL EMANON@渋谷
毎度毎度のエマノンランチで、毎度毎度のサラダランチ(1150円)。
たっぷり三浦野菜の根菜は、素材の甘さそのまま!
ほんとにスイートなんですよ!
野菜にかかっているのは、スイートチリソース。
ちっとも辛くないけど、ほんのりアクセント。
トッピングされたパクチーとの相性、バッチリですね。
もちろん、イカやエビといった海鮮との相性も。
全体的にまとまった味だけど、総じて美味しいのが嬉しいサラダです♪

| | TrackBack (0)

Italian BAR KIMURAYA 渋谷東急本店前

Italian BAR KIMURAYA 渋谷東急本店前
1/17、手づかみシーフードで話題になった「カングレホフェスティバル 渋谷」の跡にオープンしたお店。
いや、内装など全く当時のままだから、名前を変えただけなのかな?
それともランチだけ営業?
居抜きにしては、前のお店の名前がそのまま残っているし、お店の雰囲気は全く一緒。
飲食業界の(何考えてるの的な)???案件です。

ランチは500円をウリにしているものの、消費税別で540円なのは、ちょっとガッカリ。
ワンコインのつもりだったのに。。。
それでもランチに注文した鴨ネギスープリゾットは、濃厚なクリームソース仕立てがしっかりした味。
鴨肉も焼き加減がよく、いい香りがします。
ネギもシャキシャキだし。
そりゃ、高価なランチと比べるとチープに思えるかもしれないけど、
これが500円で食べられるなら、十分でしょ!と思える品でした♪

| | TrackBack (0)

永斗麺 神南店

永斗麺 神南店
永斗麺 神南店
古い建物をリノベーションした、カフェっぽいおしゃれなラーメン屋さん。
外観も悪くないですが、エントランスの暖簾がいい感じです。
2階にあがる途中の、サンマの絵が、かわいいアクセントになってます。

ランチに注文したのは、サンマラーメン(780円)。
濃厚でどろっとしたスープに「なにこれ!?」と驚くばかり。
豚骨魚介なんだろうけど、よく食べるのとはちょっと違う感じ。
このオリジナリティ溢れる味は、サンマから取っているからでしょうか?
かといってくどくないのは、無化調だからでしょうか。
そして、博多ラーメンのように細い麺と、いい具合にスープが絡みます。
トッピングは、炙りチャーシューにうずらの玉子、もやし、ネギといった感じ。
このままでも美味しいんだけど、刻み玉ネギを加えると、いい具合にアクセントになって更に美味しいんだな。
このラーメン、なかなかやります!

| | TrackBack (0)

Concept “Oyster” Generations NY@渋谷

Concept “Oyster” Generations NY@渋谷
12月からランチを始めたオイスターバー。
雰囲気のいい1階のカウンター席がいっぱいだったので、2階へ。
こちらはカラオケも完備されており、15人程度で個室利用できそう。
今度、何かの機会に使おうっかな。

ランチに注文したのは、牡蠣フライカレー(900円)。
揚げたての牡蠣は、アツアツでジューシー。
サイズは中程度でしょうけど、味は海のミルクらしく濃厚。
さすがオイスターバーの牡蠣フライです。
合わせるカレーは、とろっとしたルーのいわゆる日式カレー。
具が沢山入っていて、辛さはそれほどでもないかも。
牡蠣フライによく合う味で、バランスのとれた美味しさに嬉しくなります♪

| | TrackBack (0)

麺屋 大和田@渋谷

麺屋 大和田@渋谷

麺屋 大和田@渋谷

オープン1周年記念で、ラーメン1杯500円!
一瞬迷いつつも、お値段に惹かれて入店。
お店のメインともいえる、大和田ラーメンを注文しました。

豚骨醤油のスープは、好みに応じて脂増しも可能なのだとか。
普通で注文したけど、なかなかの濃厚さですね。
かすかに香る魚介の味わいも、風味としていい感じ。
いわゆる家系ラーメンの分類でしょうか。
麺もしっかりしており、
特徴的なメンマやたっぷりほうれん草、おおぶりチャーシューと、トッピングも文句なし。
美味しい部類のラーメン!
…なはずなんだけど、どこか物足りなく感じるのはなぜでしょう?
この手の味に飽きたのか、歳なのか…

| | TrackBack (0)

HOTEL EMANON@渋谷

HOTEL EMANON@渋谷

毎度毎度のEMANOMランチ。
今回のサラダランチは、ブルーチーズと洋梨!
クセのあるブルーチーズと、あっさりとした洋梨の組合せ、想像以上に美味しかったです。
生ハムとメロンの組合せとも違う、新境地の味わい。
これクセになりそう。
またやってほしいなー♪



そして、同じプレートに載せられたフレンチトースト。
ふわーり・とろーりとして、これまた美味。
単独でも美味しいんだけど、ブルーチーズのしょっぱさとの相乗効果は見事。

お店の方から「今週のサラダランチはとにかくオススメだから!」って言われてきたけど、
確かにこれは、なかなか食べることのない、嬉しくなっちゃう組合せです★

| | TrackBack (0)

astral lamp@渋谷

astral lamp@渋谷

astral lamp@渋谷

屋根裏的雰囲気が、ほっとくつろげるカフェ。
女性が多くを占める店内は、ウッディな空間でなごめます。
雑居ビルの最上階で、適度に喧騒から離れているのもポイントなのでしょう。

ランチに注文したのは、厚切り豚肩ロースステーキのライスプレート(1000円)。
豚肩ロースは、塩胡椒で下味がつけられてます。
仕上げのラタトゥイユで、味にアクセントといいますか、トマトの酸味がいいバランス。
ズッキーニも入り、豚オンリーとは違う美味しさです♪
豚肉の下には、ホクホクなじゃがいもも。
豚肉ラバーには嬉しいボリュームで、これが女子中心のカフェごはん?というパワーですね★

ランチには、他にもスープとドリンクもセットで。
今回はアイスコーヒーを注文。
期待はしてないけど、食後のアクセントとして気分転換になるから、ドリンクセットは嬉しいよね♪

| | TrackBack (0)

サラマンジェ・ガラ@渋谷

サラマンジェ・ガラ@渋谷
サラマンジェ・ガラ@渋谷
お目当てのお店がいっぱいで入れなかったので、こちらへ逃避行。
ものすごく久しぶりの訪問じゃないかな…と過去ログを調べたら、約7年ぶり!
渋谷でこれだけ続く個人店は、貴重な存在です。

ランチは、オードブル・メインを選び、飲み物つきで900円。
オードブルで選んだ玉ねぎのキッシュ、ふわっとした食感が気持ちいいうえに、チーズもたっぷりで濃厚。
メインで選んだのは、ほうれん草とベーコンのペペロンチーノ。
焦がされたガーリックの香りが広がり、かなりいい感じ。
味付けは控えめで、上品な仕上がり。唐辛子も軽い辛さでいいアクセントになってます。
タバスコとか粉チーズとかくれたけど、そのまんまで食べるのが一番美味しい!

お水の追加は、ニワトリのポットで。
口から水が出てくる様子は、ちょっとシュール。
…と思っているうちに、食後のドリンクの登場。
今回はホットコーヒーで。
この手のコーヒーとしては、香りもちゃんとしてて美味しいほうかも。
ほっとひと息ついたら、また仕事に戻らなきゃ!

| | TrackBack (0)

アリービーチ@渋谷

アリービーチ@渋谷

アリービーチ@渋谷

先週、1/12にオープンしたばかりのハワイアンカフェ&ダイニング。
新宿から拡大移転してきたとのことです。
ハワイをイメージさせるこのお店の特徴は、何といってもサンドカーペット!
モルディブのレストランのように裸足で…なんてことはなく、靴のまま入店してもOK。
気になる人は、砂をガードするような履物も用意されています。

ランチに注文したのは、ガーリックシュリンプで、ホット&スパイシープレート(1000円)。
ハワイでガーリックシュリンプが有名な「ジョバンニーズ」の味が楽しめるとのこと。
ここはノーマルを頼むべきなんでしょうけど、辛いのが食べたかったので、つい。
相当辛いですよ?と店員さんに念を押されての注文でしたが…

辛おいしい!

ちゃんとガーリックが効いてるものの、わずかにしか伝わらないくらいの辛さ。
それでも、ただ闇雲に辛いのではなく、美味しいのがポイントです。
レモン絞れば、いい具合に優しいテイストに変化。
これもまた、美味しい秘訣ですね。
そうそう、ガーリックはしばらくして効いてくる感じかも。

食後には、セットドリンクの中からアイスコーヒーで。
サンドカーペットを眺めつつ・感じつつ、まったりとクールダウン。
割と気分よく過ごせます♪

| | TrackBack (0)

韓の台所 道玄坂店@渋谷

韓の台所 道玄坂店@渋谷
韓の台所 道玄坂店@渋谷
多分人気店。
お店を出るとき、お客さんいっぱい待ってたもん。
店内も広いけど、お客さんでいっぱいだったもん。
だけど、今回が初めての訪問です。
靴脱いであがるんですね。
どの卓にも、焼き台が置かれているんですね。
これは、焼肉系を食べなきゃいけませんよね。

…ということで、選べるお肉ランチ(3種・1200円+税)を注文。
お肉の量は、合計で150g。
選んだのは、ハラミ・ロース・豚カルビ。
もちろん、目の前の網で、自分で焼きます。
この手のランチ焼肉にしては、いいお肉使ってるんじゃないかな。
だって、ちゃんと柔らかいんだもん。
サラダやドリンクなどはセルフ式のとり放題。
しっかり野菜を食べれるのは、嬉しいポイントです。
食後はコーヒーでも飲みながら…と思ってたけど、入店までそれなりに待ったので、タイムアウト。
ゆっくり休めずに終わってしまったのが、ちょっと残念でした。

| | TrackBack (0)

かえりやま@溜池山王

かえりやま@溜池山王

かえりやま@溜池山王

ちょっと前、周囲の喧騒から一歩距離を置く、落ち着いたカジュアルフレンチのこのお店へ行ってきました。
丁寧な接客で、客席についているだけでも気分がいいです。



いただいたのは、オードブル・メイン・デザートを選ぶ5300円のコース。
オードブルは、スモークサーモンとクリームチーズをのせたジャガ芋のガレットで。
見た目にも美しいガレット…というんですね、こういう形でも。
想像していたものとは全く違う形で、ハッシュドポテトのような土台が下にあります。
そして、サーモンのスモーキーな香りがものすごい!
この香りに誘われて、ワインもつい進んでしまいます。

メインに選んだのは、真鯛のパイ包み焼き。
パイ包み焼きが人気とのことで、迷わずの選択です。
確かに、サクサクした食感が見事な美味しさ。
中には真鯛がぎゅっと詰まっていて、上品な味わいのソースがパイを引き立てています。



最後、デザートに選んだのは、黒ごまのブラマンジェ。
濃厚な黒ゴマの香りにノックアウト。
添えられたアイスやフルーツが、いい脇役を果たしています。

そして食後に、エスプレッソでしめて。
本家同様、黒砂糖を入れてきゅっと。
…と思ってたら、付け合せの砂糖菓子が美味しくって。
こんなのが出てくるんだったら、普通のコーヒーにしとけばよかったかな?



とにかく美味しいコース料理で、今回選ばなかったものも食べてみたい衝動に駆られます。
このお店、とにかくいいです★

| | TrackBack (0)

サッカール 清澄白河店

サッカール 清澄白河店
清澄白河が注目される以前から、この街にお店を構えるインドカレー屋さん。
以前から気になっていたけど、やっと訪問することが出来ました。
店内は、正直最近流行りのお店とは縁遠い、ちょっとだけインドテイストな雰囲気。
逆にそれが落ち着くんですけどね。

いただいたのはカレー2種類のセット(1100円)で、キーマと野菜を辛口で注文。
無難に美味しい味わいで、もちもちの焼きたてナンとの相性はバッチリ。
ただこのナン、ボリューム多すぎなのが嬉しい難点です。
セットには、サフランライスもついているから、食べ残しちゃうほど。
タンドリーチキンは、味こそいいものの、作り置きで温かくないのが残念。
まぁこれはランチだから仕方ないかな。
セットにはドリンクがついてくるので、ラッシーを注文。
カレーまみれになった口のなかを、いい感じで中和してくれます。
おなかいっぱいランチ、いただきました★

| | TrackBack (0)

HOTEL EMANON@渋谷

HOTEL EMANON@渋谷

HOTEL EMANON@渋谷

毎度毎度のエマノンランチ。

今日は身体を休ませるための、サラダランチ(1150円)。

…のつもりだったけど、白レバー・ベーコンがしっかり入ったサラダ。

レバーが苦手な私でも美味しく食べちゃったほどの質の良さ。

ベーコンも、旨味たっぷりな美味しいやつです。

もちろん、葉ものを始めとした野菜もいっぱい。

これを、温泉卵を崩して、全体を和えていただきます。

お肉の街フランス・リヨンをイメージしたとのことですが…やっぱ美味しいわ★



セットのごぼうのスープも、玉ねぎたっぷりの食べるスープで、なかなか美味しかったです♪

それにしても、今日は混んでたなー…

| | TrackBack (0)

KINKA@渋谷

KINKA@渋谷

KINKA@渋谷

比較的最近オープンした、カナダで和食店を展開するグループの、日本初上陸店。
西海岸風にアレンジされた寿司や刺身が提供される、とのこと。
落ち着いた店内はモダンな雰囲気で、それこそ西海岸風。
日本の寿司屋とは違う、おしゃれな雰囲気です。
いつの間にかランチ営業してたんですね。
ちょっと時間が経ちましたが、やっと訪問です。

ランチに注文したのは、アブリシャス(1480円+税)という8貫のセット。
基本的に炙り寿司が中心になっているセットで、ビジュアル的にも美しいアレンジです。
まずはサーモンから。安定の美味しさで、脂ののりがすごいから、炙ったときの香りがいいです。
サバは「これでもか!」というくらい脂がのっており、大根おろしのアクセントはベストマッチ。
そしてエビは、上にかけられたマヨネーズっぽいものを炙ったもので、定番の組み合わせ。
どれも普段口にする寿司とは違い、西海岸っぽいテイスト溢れる品。味がついているから、そのままいただけます。

そして最後の、キンカロール。
うに・カニ・鮭・きゅうり・とぴっこの巻きずしで、海苔を内側に巻くスタイル。
カナダで食べたドラゴンロールみたいな感じで、うにの濃厚な味わいに、とぴっこの食感がいい感じ。
普段たべない分、たまーに食べたくなる美味しさですよね。

ランチのセットについてきた味噌汁は、海老のダシがしっかり効いた甘い白味噌ベース。
ポテトサラダが意外にも美味しく、お酒欲しくなる味です。ドレッシングがかかってるからかな?
全体的には、たまにはこういうお寿司食べたくなる!って思わせる美味しさでした。
普段使いには、ちょっと高めです…。

| | TrackBack (0)

道産小麦のパスタ屋さん meer lounge@新千歳空港





帰りの新千歳空港へは、余裕をもって到着。
飛行機の時間までまだ間があるので、晩ごはんをこちらで。
ウッディな店内は、それほど広くないものの落ち着いた気分にさせます。
壁に掲げられた北海道の絵(地図)、そしてその上にちょこんと乗るリスがかわいいね♪



注文したのは、道産イクラと大葉の和風海苔クリームソース(1,180円)。
北海道産小麦を使用したフィットチーネは、モチモチ感が豊かで、食べている感覚がしっかり。
海苔クリームソースが思いのほか美味しく、海苔の豊かな香りとクリームソースが見事にマッチ。
大葉の上に乗ったイクラは醤油漬けで、口の中で弾ける食感が気持ちいいです。
同じ海の幸とはいえ、この海苔とイクラの組合せが見事。
食べるまではどうかなーって思ってたけど、海苔の風味とイクラの濃厚な味が、見事に一体化してます。
期待してなかっただけに、いい意味で裏切られました!

今回は200円追加して、サラダセットに。
選べるドレッシングは、バルサミコで。
こちらも、いい味してました。総合的に満足ですね。
ドリンクもセットにしようと思ったけど、
ラウンジで搭乗直前までコーヒー飲みながらゆったり待ってるほうがいいから、止めときました。
ラウンジ使えなかったら、遅くまで開いてることもあり、追加注文してまったり過ごしてたんでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ソフトクリーム@金山PA上り線(札樽道)



帰り道、休憩で立ち寄った金山パーキングエリア。
時間に余裕があったので、ニセコ高橋牧場のソフトクリーム(300円)を注文。
牛乳本来の味わいが、そのままソフトクリームになったような感覚。
しつこくない濃さで、甘さひかえめ、やわらかく優しい美味しさ。
たとえそれが雪景色の屋外だろうと、美味しく食べてしまう、不思議なソフトです♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カフェ クレスト@キロロリゾート(北海道)





ゲレンデにあるログハウス風の建物。
パトロール隊の基地やレストハウスにもなっているこの建物、
ランチ時はカフェとしても営業しています。

注文したのは、ホットドックセット(1,080円)。
ちょっと高いですが、ホテルの部屋付けにできるのは便利。
リフトでしか上がれない場所だからか、食事は軽食中心。
しかも、レンジが故障しちゃうし。
そんななか、温かいホットドック・温かいコーヒーをいただけるのは、
それだけでご馳走です。
ちょうど雲もきれて、遠くの山々を眺めながらの休憩ランチ。
滑り疲れた身体が、ほっと休まる時間です♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

旬彩@キロロ トリビュートポートフォリオホテル(北海道)



今シーズンのホテルリニューアルでオープンした、ステーキハウス。
北海道産和牛、アンガスビーフ、北海道産シーフード等がメニューに並びます。
ただ、店内は清潔感がありすぎて、あんましステーキハウスっぽくないけど。

夕食に選んだのは、1ポンドステーキセット(10,000円)。
2名で食べるのにちょうどいい量です。



まずは前菜盛り合わせ…サーモンとローストビーフ?のサラダが登場。





スープ、ニセコ産きたあかりのベイクドポテトと運ばれつつ、
メインの北海道産牛モモ肉のステーキが登場。



1ポンド=約450gはなかなかの迫力。



ナイフを入れると、いい具合にミディアムレアじゃないですか。
ジューシーな赤身肉は、グリルな香りがして食欲をそそります。



シンプルに塩で肉の旨味そのものを楽しむもよし、
オリーブオイルとシェリービネガーのオニオンソースで、美味しさを引き立てるもよし。
赤身だから、見た目以上にさっといただけます。
このあたりのお肉のチョイスは、シェラトンっぽいですね。
そして食後に、デザートとコーヒーでしめて。



恐らく街なかのステーキハウスだと、同じ値段だともっといいお肉が出るのでしょうけど、
ここリゾートホテルで、このクラスのお肉を食べれるなら、何の問題もないです。
美味しかった!
ごちそうさまでした!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ダブルブラックカフェ@キロロリゾート



2週間ぶりの訪問(笑)
今回はホットラテを注文。
ALLPRESS ESPRESSOの豆で、ちゃんとしたエスプレッソマシンで抽出したものだから、味は確かです。
きめ細かいクリーミーな泡が、口当たり気持ちいいんですよね。
ラテアートを描いてもらいつつ、雪景色を眺めながららのんびり。
今日はゲレンデ、適当に出ればいいやって感じ。
ちょうどみんなゲレンデに出ているのか、カフェ内は静かで落ち着いています。
さっきまでは、英語などの外国語が飛び交ってましたけどね。
なんか、日本じゃないみたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジュラ@シェラトン北海道キロロリゾート



ホテルのバンケットルームを一般開放。
「焼きそばビュッフェ」なるレストランとして営業してました。
今シーズンのキロロは、従来のルミエールだけでなく、
バーガーエリアだったり焼きそばエリアだったりと、
バリエーションを増やそうとしているようです。

食べ放題の焼きそばは、ソース・塩・トマトの3種。
ちゃんと作りたてが提供されているためか、割と美味しいです。
ラードで炒める系の焼きそばって、独特な美味しさありますよね。
トマト味は食べるまで「?」でしたが、小エビやイカが入ったパスタみたいな感じで、これもアリ。
他にも鳥唐揚げ・フライドポテト・サラダ・スープもお代わりし放題。
高いゲレンデメニューを考えると、なかなか悪くないです。

今回はちょっと早めに入ったけど、12時を過ぎるころには、あっという間に満席。
焼きそばの供給が追い付かないほどで、ちょっと待たされます。
そこだけが、注意ポイントかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ルミエール@キロロリゾート(北海道)





お昼前にゲレンデへ到着。
まずは混む前にお昼ごはん…ということで、カフェテリアへ。
何度もくると、代わり映えしないメニューだな…と思いつつも、担々麺(980円)を注文。
福龍の担々麺とのことですが、無難な美味しさにまとまってます。
決してイケてない訳じゃないけど、専門店と比べて味が劣ってるのは、仕方ないかな。
ゲレンデのカフェテリアで、このクオリティを食べれるなら、何の問題も無いでしょう♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

空弁工房@羽田空港第2ターミナル





早朝の飛行機で羽田を出発。
飲食店はまだ開いてないので、こちらで空弁を購入し、ラウンジで食べることに。

購入したのは、佐藤水産の「石狩鮨」。
新千歳空港の空弁ですが、ここ東京でも売られています。
酢飯のうえには、ズワイガニと鮭がぎっしり。
想像通り、安定の美味しさ。
カニがちゃんと美味しいのは嬉しいです。

ちょっと足りなさそうだったので、
「ヨネスケのこだわり天むす」も購入。
こちらは時間の都合上、機内でいただきました。
狭い機内でも食べやすいサイズ。
ほたて・えび・えび胡椒・れんこん・とりの5種類が、一口サイズで並んでます。
天つゆジュレが入っていて、どれも個性的な美味しさ!
種類が多く、飽きがこないのは嬉しいのですが、
これだけだとちょっと足りないかも。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sauce Bar Jack@渋谷

Sauce Bar Jack@渋谷
青学近くの裏路地に、ひっそりとたたずむお好み焼き屋さん。
看板もほとんど出てないから、お店の存在に気付かないかも…というほど地味な構え。
お店が入る建物も、飲食店というよりアパレルか美容院っぽいし。
それでも人気なのか、狭い店内はお客さんでいっぱい!
みんな、よくこのお店知ってるなー。

ランチは週替わりの1種類のみで、今回は四日市とんてき(700円)のみ。
ご飯とキャベツととんてきを一緒に、ワンプレートでの提供。
見た目以上にボリュームはしっかりしており、食べ応えあります。
お肉は柔らかめのちょうどいい火加減で、厚みがあり存在感もしっかり。
味付けは、ウスターソース的な甘めなソースで。
マヨネーズと合わせても、いい感じの美味しさです。
このあたり、四日市とんかつというより、お好み焼きをベースにしてるのかな?
いずれにしても、工業化されてない、手作りの味は嬉しいですね。
普段以上のお客さんだったらしく、提供までちょっと時間かかったけど、
そんなの気にならないランチでした♪

| | TrackBack (0)

ポールバセット 渋谷ヒカリエ店



お正月明けに、待ち合わせで訪問。
フラットホワイトをお正月バージョンで、ってお願いしたら、オーダーがそのまま「フラットホワイト お正月バージョンでー」
どんなのが出てくるかと思いきや…粋な計らいです♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

利久庵 日本橋店

利久庵 日本橋店
2016年・大晦日の年越し蕎麦を食べに、こちらのお店へ。
回転がいいので、それほど待たずに入店できました。
店内は昔ながらの蕎麦屋さんといった感じで、お勘定場にその名残を感じます。

いただいたのは、大ざる(900円)。
更科っぽい上品な蕎麦で、細さがさらに上品さを演出。
それでもしっかりとした食感なのが、技なんでしょうね。
本物の蕎麦を使っているからこその、優しいヌメリがいい感じです。
辛めのつゆとの合わせは江戸風で、蕎麦湯で割って飲むのがいい味。
さらに、蕎麦の上の海苔が美味しいこと。日本橋ならではの粋だねーと思いつつ、
気分のいい年越しとなりました♪

| | TrackBack (0)

和達 宇田川店

和達 宇田川店
東急ハンズの近く、牛かつ 石斛があった場所にオープンしたお店。
いつの間にかランチ営業始めてたらしく、早速訪問です。
木を中心にした店内は、前のお店の居抜きで。
状態がいいから、新規店舗のような気持ちよさです。

注文したのは、カキフライ定食(900円)。
割といいサイズの牡蠣が5個のったメイン皿のほか、小鉢などいつくかの器が並びます。
肝心のカキフライはジューシーでしっかり旨味のする美味しさ。海のミルクって感じ。
ちゃんと揚げたてで、アツアツなのが嬉しいですね。
中濃ソースとタルタルソース、お好みでいただけるようですが、
ここはやはり、レモンをきゅっと絞ってタルタルソースで。
十分に満足のいく内容です♪

| | TrackBack (0)

ITALIAN真源@渋谷

ITALIAN真源@渋谷
白木のカウンター席がある、和テイストなイタリアンのお店。
半地下という立地もあってか、落ち着いた雰囲気です。
奥は個室になっていて、そこだけ喫煙可。
こういう分煙は、嬉しい配慮です。

ランチに注文したのは、ベーコンとレンコンのペペロンチーノ(1000円)。
最初に身体があたたまるスープを出された後、パンとパスタの登場。
軽くアルデンテな加減がいい食感。
オイルがしっかり使われており、ニンニクもきっちり。
ただし唐辛子を使っていないから辛くなく、代わりに胡椒でアクセント。
レンコンのシャキシャキ感は、ペペロンチーノとしては新鮮な感覚。
味としては一般的だけど、このレンコンアクセントがいい仕事してます。

食後のセットコーヒーでまったりできるのも嬉しいポイント。
マシンだけど、ちゃんと一杯ごとに出してくれるんですよ♪

| | TrackBack (0)

kawara CAFE & DINING 宇田川店

kawara CAFE & DINING 宇田川店

kawara CAFE & DINING 宇田川店

すっごく久しぶりに訪問。
赤い螺旋階段をのぼり、正面の黒いファサードという色のコントラスト。
店内に入るとDJブースにミラーボール…
夜くると楽しい流れなんでしょうね。

ランチにいただいたのは、日替わりの和定食(980円)。
メインの鶏ささみカツは、衣に梅しそが入ったもの。
柚子胡椒おろしとあわせて、さっぱりとした味わい。
梅しそや柚子単体は主張していないものの、アクセントとしていい具合に入ってます。
薬味のミョウガも、引き立て役として十分活躍。
カツが揚げたてでないのは残念だけど、お弁当もそうだしね。
それよりも筑前煮・ひじき・サラダ・卵焼き…充実した副菜が嬉しいですね。
特に筑前煮はしっかりと味が染みているうえに、柚子のアクセントも効いているし。
これに味噌汁が加わって。
十分な和定食です★。
そして…お店の名前通り、瓦にのってるんですね。
瓦といえば瓦そば…やってくれないかなー…。

| | TrackBack (0)

あじさい 新千歳空港店



帰り道。
新千歳空港でちょっと時間があったので、晩ごはんを食べていくことに。
もちろんラーメンでしょ!
空港内の「北海道ラーメン道場」には、いろんな有名店が集結。
何度来ても飽きないし、クイックな提供なのが空港では便利です。

今回選んだのは、あじさい。
行きに通過した、函館ラーメンのお店です。
注文したのは、もちろん塩(780円)。
澄んだスープがビジュアル的にも嬉しくなる一杯。
塩の味がしっかりしていて、美味しいです。
一見あっさりしているようで、実は油のコクもしっかり効いてます。
ダシもちゃんと効いているのかな?
シンプルな塩味だからこそ、味の良し悪しもはっきり出ますが、ここはやっぱり美味しいですね。
ほんと、食べに来たの久しぶりだよ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ダブルブラックカフェ@キロロリゾート



ショップやレンタル・スクール等が入るマウンテンセンター。
ここの片隅に、カフェがあるなんて知らなかった!
以前は名物のメロンパンを売っていた場所が、今ではおしゃれなカフェスペースに。
しかも、ALLPRESS ESPRESSOですと!
こんな場所で出会えるなんて思ってなかったから、嬉しくなっちゃうじゃないの!

コーヒーを注文しつつ、オーナー?のお兄さんとおしゃべり。
オーストラリア出身で、今は赤井川村人なのだとか(笑)
かなり日本語が堪能で、この地に来てからもう4年になるのだとか。
ちょうど配布されてた冊子に彼が載っていて、自慢気にいろんなこと教えてもらったり。
近所のカフェのようなノリで過ごせるお店、居心地よすぎです。
バスの時間があるから、テイクアウトであまりおしゃべりできなかったけど…次回ゆっくり、だね!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ランチ@リビエルージュ(シェラトン北海道キロロリゾート)





いわゆるゲレンデ食堂以外にも、ランチを提供する場所としてオープンしたようです。
とはいっても「バーガーテラス」という名の通り、バーガー専門で提供しているようですが。

いただいたのは、USオーロラアンガスビーフハンバーガー(1200円)。
お肉が真っ黒…と思いつつも、意外とジューシーでボリュームもしっかりなのに、ビックリ。
高級なグルメバーガーとまでは言わないけど、このレベルなら十分に美味しいです。
300円追加すると、コーヒー・紅茶のフリードリンクがセットに。
ゲレンデを眺めながらゆったり過ごせるのって、気分いいですよね。
南国の人が、ここでリゾート気分を味わうの、わかる気がするわ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アラ・モーダ@トリビュート・ポートフォリオホテル北海道
















今宵の晩ごはんは、同じキロロリゾート内のもう一つ、トリビュート・ポートフォリオホテル北海道にあるイタリアンで。
前から気にはなっていたけど、何気に初めての訪問です。
大きな吹き抜けのなか、バルコニーのように突き出た場所でいただくのは、気分いいです。
クリスマスということもあってか、館内が華やかです。

せっかくなので、クリスマス スペシャルコースを注文。
まずはシャンパン ルイ・ロデレール・ブリュット・プルミエで乾杯。
コースの構成は
・アミューズ
・牡丹エビと帆立貝のマリネ サンダニエーレ産プロシュート 柚子風味
・北海道産タチのムニエル 茸のソテとポルト酒ソース
・寒ヒラメのロティ 厚岸産浅利と白菜のアラクレーム
・牛フィレ肉のポワレ フォアグラ添え
 北海道産じゃがいものガレット添え
・ドルチェ ホワイトチョコレートケーキ
というもの。

美味しいのはもちろん、ゆったりと料理が提供されたのは嬉しいですね。
お代わりのワインをいただきつつ、眼下にフロントを行き来する旅行者たちを眺めながら。
やっぱり、夕食はこうしてゆったりと過ごしたいものです。
シェラトンでのバタバタがあったから、尚更感じました。
今回はピザを頼まなかったけど、ちゃんとピザ釜もあるようだし、生地を伸ばすところから作ってるし。
ここはリピートしてもいいかも♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朝里ビュー@キロロリゾート







キロロゴンドラの終点「ゴンドラ山頂駅」にある、標高1,180mのゲレンデレストラン。
天気がいいと眺めも最高なんですけど、今回はちょっと視界が悪かったかな?
それでも、遠くの山なみが見えるだけでも十分!
吹雪いて、視界不良なことも多いですからね。
この山頂には鐘があって、タイの映画ではメインの一番の盛り上がりの場面なのだとか。
そのためか、雪山遊びではなく、この鐘目当てにゴンドラで往復するタイ人観光客がいっぱいいました。
そういえば、いつの間にか日本語よりも他の国の言葉がいっぱい聞こえてくる…

ランチにいただいたのは、担々鍋セット(1180円)。
外は氷点下何度だろう?
ちゃんと煮込んで作られた鍋だから、身体暖まります。
もう、それだけで十分なひと品。
そのうえ、ごまスープにラー油がしっかり効いているから、美味しく感じちゃいます。
これぞ、ゲレンデマジック!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

炉端「北帰」@シェラトン北海道キロロリゾート







この日の晩ごはんは、炉端焼のお店で。
予約でいっぱいになる店内は、ビュッフェと違い落ち着いた雰囲気。
障子の向こう、ゲレンデを眺めながらの炉端焼きってシチュエーションって、なかなか無いですよね。
SPG会員割引が無くなったのは、ちょっと痛いですが。

気をとりなおして、まずは日本酒から。
昨シーズンにはあった利き酒セットが、今シーズンは無くなっていたのが残念。
旭川の一夜雫をいただきつつ、料理を選ぶのが面倒なので忍路コース(4700円)で。
コースメニューも、昨シーズンはもっとラインナップがあったのになーなんて思いつつ。

今回のラインナップは、
・先付:日高産冬鮭の揚げ煮と旬のお浸し
・お造り:瀬棚沖寒ぶり、根室沖甘海老
・炉端焼き:野付産活帆立貝浜焼き・前浜沖産ししゃも・北海道産とうもろこし
・炉端焼き(追加):焼きタラバガニ
・海鮮茶碗蒸し 松前餡流し
・北海道産ゆめぴりか五目釜飯 いくら添え
・デザート

美味しいんだけど、どこかバタバタしていたのは何でだろう?
なんか、追い立てられるような接客が、シェラトンクオリティじゃないなー、
以前のマウンテンホテルのクオリティだなーって思いつつ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カフェテリア「ルミエール」@シェラトン北海道キロロリゾート





ホテルのレストランという位置づけですが、いわゆるゲレンデレストラン。
ここだけは、なぜかメニューが変わらないんですよねー。
…ということで、醤油ラーメン(980円)を注文。
真っ黒なスープは、富山のブラックラーメンみたいな感じ。
味もしょっばめで、富山ラーメンに近い感じがします。
でもまぁ意外と汗かいてるから、このくらいの塩分を身体は欲しているんですよね。
欲しているからといって、スープを全部飲むのはキケン行為ですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リビエルージュ@シェラトン北海道キロロリゾート







定刻を24時間ほど遅れて、今宵の宿に到着。
長かったー!
北海道ってやっぱり遠いんだー!
…なんて思いつつ、ホテルのメインダイニングへ。











ビュッフェ方式のこのレストラン、基本的な造りは以前と同じ。
ただ、提供されるメニューが、欧米向けに変化したかも。
昔は、もっと中国向け要素があった気がするのですが…
タイ資本になって出てきたグリーンカレー好きだったのに…
でも一番大きいのは、カニの扱いが小さくなったこと!
以前は中国人観光客に受けてたからか、中央にどーんとあったのに。
今、中央のテーブルを占めているのは、オードブル類。
それはそれで嬉しいのですが、アルコール飲み放題が無くなったのは残念。
ただ、料理のクオリティは全体的に上がっている気がして、
どれ食べても美味しいのは嬉しいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

陸海喰@桑園(札幌)





快速エアポートで小樽まで移動…のはずが、積雪によるポイント故障で、札幌駅の隣、桑園駅に停車。
しばらくしても動く気配が無いので、本来は停車駅でないものの、ドアを開放することに。
小樽まで向かいたい人は、札幌駅まで戻ってバスで行って。
のんびり待つ人は食料でも調達してきて、とのこと。
粋な計らいとはいえ、いつになったら動くんだろう…。
幸いにしてuシートに座っていたので、まったりと過ごしていたのですが。

そんなわけで、私も一度電車を降り、改札の外へ。
ふらふら歩いていると、高架下で唯一開いていた飲食店が。
しかも、テイクアウトのランチもあるですと!
迷わずホルモン丼(600円)を購入し、車内に戻って食べることに。
できたてで、アツアツなお弁当。
あったかいうえに生姜がきいてるから、身体がいい具合にあたたまります。
しかもここまで弁当が続いていたから、出来立ての食事が身体に沁みます。
これだけで、美味しさ10倍です。
味は北海道っぽくなく、濃すぎず食べやすいもの。
なんでも数年前まで築地のお店にいらっしゃった方が運営しているのだとか。
だから味も関東風、テイクアウトもクイックな提供。
ホルモンも柔らかく煮込まれていて、食べやすいです。

uシートだから、電車のなかでゆっくり食べれるのはいいね。
今回はこのシートを予約しておいてよかったー
…と思ってたら、ポイント故障が直って、発車ベルもなくいきなりの出発。
ゆっくりお店探ししてたら、危うく乗り遅れるところでした。
あぶないあぶない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

函館みかど@新函館北斗





朝イチに新青森駅を出る新幹線で新函館北斗駅へ移動。
駅弁を購入し、接続する特急北斗に乗り込むも、車内は満席!
事前に指定席を買えなかったばかりか、自由席に座ることもできず。
通路で大人しくしていることに。

そんな車内で食べた朝ごはんは、函館駅名物みがき弁当(880円)。
鰊の文字が大きく描かれた包み紙を開けると、中からは鰊と数の子が。
ぷちぷち感がしっかりした数の子と、濃いめの味付けに仕上がったにしん甘露煮。
そしてその下には、いいアクセントとなった茎わかめの醤油漬が。
シンプルな構成ですが、これが美味い!
北海道らしさを感じさせるもので、これぞ駅弁と言いたくなる逸品。
近年の豪華さを競うようなものでなく、駅弁の王道を進んでいると言えるでしょう。
ただし、数の子を除いて全体的に味は濃いめ。
味噌漬けのおしんこも、塩気がしっかり。
ごはんが進む味わいは、まさに北の駅弁!という感じです。
でも、また出会えたら買いたいな♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

駅弁屋 祭@東京駅



フライト出発時間から6時間経過。
本来なら目的地に着いている時間ですが、今いるのは東京駅。
自宅から20分もあれば着くところに、実に9時間かけて来たことになります。
それでも、なんとか青森までのチケットを確保。
北海道に向けて、これから出発です!

で、気付くと晩ごはんの時間。
車内持ち込み用に、味噌カツ・ひつまぶし風弁当(1230円)を購入。
東京とは全く関係ない、名古屋的なお弁当です。
蓋をあけてみると、味噌カツと鰻が並んでました。
味噌カツは甘めの味噌だれで、わりと美味しいほうなのではないでしょうか。
カツのお肉の質は、まぁ普通かな。
鰻もちゃんとしたもので、こちらも美味しいです。
ただ、量が少なすぎるのが残念ですけど。
「ひつまぶし風」の意味がわかりませんでした。
まぁ、値段相応の内容なんでしょうけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

空弁工房@羽田空港第2ターミナル



ちょっと遅めのお昼ごはん。
かといって飛行機まで時間が無い…ということで、空弁を調達。
購入したのは、人形町今半 すき焼重(1674円)。
飛行機が遅延しているので、機内ではなくラウンジでいただきました。

お弁当ながら、この見た目は嬉しいですね。
黒毛和牛を使っているとのこと、十分に美味しいお弁当です。
ただ、人形町今半のお店で食べることを考えると、高い気もしますが…。
お店の味と比べると…となってしまうけど、お弁当としてはいい味してます。
お肉も柔らかいしね。

それよりも、飛行機が欠航になり、陸路を1泊かけて行く羽目になるとは思わなかった…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

羽田→新千歳の飛行機が欠航すると、こうなる(その5)



結局、もうしばらく待った後に出発。車窓は札幌駅すぐ近くとは思えないほど自然豊かな景色。北海道大学のキャンパスってすごいわ。



しばらく…というか札幌からひとつ隣の桑園駅になぜか停車。
本来は通過する駅だけど、この先ポイント故障で進めないんですって。
時間もお昼ということで、いつ運行が再開するかもわからないので、ドアを臨時に開けて、札幌駅に戻りたいひとはどうぞ!という感じらしい。



ホームの端っこに行ってみると、この駅でも雪かきをしている作業員が。さて、このまま電車に乗って運行再開を待つか、札幌駅に戻ってバスで移動するか。判断の迷うところです。



車掌さんに相談したところ、どーしても小樽観光したい!って人はバスを勧めるけど、そうじゃなかったら運行再開を待ったほうがいいって。そういえば地元っぽいお客さんはゆっくり電車で待ってるし、何てったってこの快適シートで過ごせるなら問題ないでしょ♪
一度駅を出てお昼ごはんを買い込み、遅めの昼食をたべながら、このまま車内で待つことに。



しばらくして…2時間は経たないくらいかな?運行再開のアナウンスとともに、静かに発車。一度改札を出ていただけに、これ乗り遅れてたら怖かったよーなんて思いつつ、次の停車駅手稲からは、各駅停車扱いに変更。ダイヤ乱れまくってます。



途中の各停しか停まらない駅で、ホームをみた様子。完全に雪に埋もれてる…道民でも大変だって言ってた。



車窓から見える日本海は、冬らしく荒々しい感じ。でも快適な場所から眺めてるから、海って広くて気分いいなーって思ったりして。



そうこうしているうちに、無事小樽駅に到着!定刻より3時間遅れで着いた!後で知ったのですが、この日はJRのダイヤも乱れまくりで、運休になった列車も多かったそうな。新函館北斗駅での判断は、正しかった!





小樽駅に飾られている、ガス灯をモチーフにしたガラスの照明、雰囲気よくて好きです♪



次に目指すは、小樽駅前にあるバスターミナル。



振り返ると、立派な小樽駅の駅舎。上野駅とかと同じ造りですね。



ずらーっと並ぶバスターミナルの一番はじっこに、キロロ行きのバス停が。予約制とのことですが、窓口で聞いたら乗せてくれるって!よかった!そして1日に3本程度しかないバスに、なんとか間に合った!これも、新函館北斗駅での判断次第では乗れなかったんですよね。



そんなこんなでバスに揺られて1時間ほど、やっとシェラトン北海道キロロリゾートに到着!
本来の到着予定時刻から20時間ほど遅く着いたけど、1日滑れなかったけど、無事到着できて思わずバンザイ!しちゃいました!
後で聞くと、空港は3日間ほど乱れて新千歳空港では延べ6000人ほどが夜を明かしたとか、JRは運休しまくりで10万人に影響が出たとか。
ほんと、無事にたどり着けてよかったです!









今回乗った電車たち。
これだけの切符の電車を、欠航や運休の隙間を縫うように乗り継いで、無事たどり着いて。
最初は困ったなーだったけど、結果的には面白い旅になりました!
スキーに出かけたはずなのに!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

羽田→新千歳の飛行機が欠航すると、こうなる(その4)



そうは言いつつも、この自由席には耐えられない!ということで南千歳駅で下車し、快速エアポートに乗り換えることに。ここまで3時間ほどかけて連れてきてくれた北斗さん、ありがとう。



ふと見渡すと、駅は深い雪で覆われている!?



そして、隣のホームには接続する快速エアポートが停まってる!



…と思ったら、雪の影響による除雪作業で、30分ほど停まったままなんですって。しばらく待合室で時間調整するとともに、今停まってる電車の指定席取れるんじゃない?



ということで、急遽窓口に並んでみた。結構行列できてたけど、なんとか席を押さえることができたぜ!
過去に走り去った(はずの)電車の席を押さえるなんて、バック トゥ ザ フューチャーみたいだぜ!



ま、相変わらず電車は停まったままだけどね。だいたい1時間くらいの遅れみたい。でもおかげで、1本(=30分)前の電車に乗れる!



多少待ったものの、ここからは快適なuシートで。北斗の窮屈な自由席で立ち往生してたかと思うと、雲泥の差だわ。



一面雪景色の原野を眺めてたかと思えば…



やがて電車は札幌の中心地へ。



札幌駅に到着!



今回乗ってる快速エアポート。



行き先は、しっかり「小樽」と書かれてます。



駅の案内板を見てみると、この時点で1時間10分ほどの遅れ。出発までゴタゴタしてるけど、無事いけるのかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

羽田→新千歳の飛行機が欠航すると、こうなる(その3)



翌朝、ほんとに仮眠状態でチェックアウト。予約してたタクシーが来るのを待ちます。
同じような人が他に2組もいたよ!



そのまま新青森駅に到着。まだ夜は明けておらず、真っ暗です。



駅にあったねぶたの像。今回唯一の青森っぽい点。



目指すは新青森始発のはやてで、新函館北斗へ。



こんな早朝なのに、窓口には行列が!飛行機の影響だよね、きっと。



本当の本当に始発で、ここ新青森駅から出る新幹線です。
さて、乗り込みますよ!



当然車内はガラガラ。全車指定がデフォルトですが、この区間だけ特別に「立席特急券」という、実質的に自由席と同じ扱いのきっぷで安く乗車しました。



しばらくして、やっと空が明るくなってきたかなー。



気が付くと青函トンネルを通過。このあたりは三線軌条といって、新幹線と在来線で幅が違う線路が同居した状態になってます。これに萌える人、いるよね?



1時間ほどで、新函館北斗に到着。



この乗換改札が使えれば便利だったのですが、新幹線が停車したのはあいにく反対側のホーム。急いで上って、急いで在来線ホームに向かって…



札幌行きの北斗3号の自由席乗り場へ。本当は指定席を取りたかったけど、残念ながら無理でした。



ホームには人がいっぱい。混むんだろうな…



この電車で一度函館まで出て、函館始発の自由席を狙おうかな…



と思いつつも、列車が動いてるうちに先へ進みたいため、接続する北斗3号へ。自由席は予想以上の混み具合で、ずーっと通路!辛くて通路に座っちゃったけど、これで3時間半は辛いわ!



そう思いつつ視線を外にやると、噴火湾を望む風景が広がってました。のんびり座席から眺めてると、いい旅気分なんだろうなー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

羽田→新千歳の飛行機が欠航すると、こうなる(その2)



とにかく満席だらけの新幹線、なんとか確保できたのはグリーン車!



この扉の先に向かうわけですな♪



ちょっと贅沢だけど、この際仕方ない!
この落ち着いたシートは気持ちいいぜ!



フットレストは電動らしく、ここまで倒れると、ゆっくり寝れます。落ち着いたら、もちろん落ちてました(笑)



意外とあっという間に、新青森駅へ到着。



結構お客さん降りてくるなー。



新青森駅周辺には宿が無いので、宿泊先を確保した青森駅まで移動。



一気にローカルな電車へとチェンジします。



ドアはもちろん、自分で開閉する方式。
東京から来た人、やっぱり慣れてないなー。私は高校時代に使ってたから勝手知ったる状態で(神奈川県だったけどね)



車内はそれなりに混んでます。とても深夜の青森って感じじゃないですよね。



そんなこんなで、青森駅に到着。



ホームに設置されてたベル?か何かが、林檎仕様になってました。



深夜の青森駅。青森ベイブリッジも、暗闇の中です。



駅を出ると、雨降る風景。そういえば1年半ほど前にも来たような。まさかこんな形で再訪するとは!



羽田空港で確保できた宿は、駅から徒歩2分ほどの「ハイパーホテル パサージュ」。



安宿の割には、しっかりしたフロント。



ロビーもちょっとおしゃれ。



クリスマスということで。こういう演出もしている点、好感もてます。しかもミネラルウォーター付き!



無料のコーヒーだって飲めちゃいます!



でも部屋は…いろんなタイプがあるんでしょうけど…大人数対応のこの部屋、子どもかいって言いたくなる二段ベッドに笑っちゃいました!
でも、よくここまで来れたもんだ。おやすみなさーい!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

羽田→新千歳の飛行機が欠航すると、こうなる(その1)



旅は不定調和。天気予報では、事前の連絡では天候が荒れると言われてたものの、どうやら時間をずらして飛ぶらしい。



…なはずが、数時間の見直しの後、見事に欠航が決まったのが17:30頃。
欠航になるなら、もっと早く言ってよ!
翌日の便に変更しようとしても、3日後まで席が予約できる便は無いらしい。マジか!?でもせっかくの連休、北海道には行きたい…



ということで、急遽陸路で移動することに。預けた荷物を何とかピックアップしつつ(1時間もかかった)、気づくとモノレールの駅へ。



モノレールが到着。珍道中はここからスタート。ただ、夕方の帰宅時間帯は、各駅停車しか走ってないんだね。



時刻表通りにモノレールは浜松町駅へ到着。大きな荷物を持ったまま、帰宅ラッシュの京浜東北線へ乗り込むことに。



汗かきながら、やっとの思いで東京駅に到着。



新幹線の切符売り場は、かなりの混雑!窓口のお姉さん曰く、飛行機が欠航になると、こうなるパターンが多いんですって。無事に切符を購入するも「北海道内で列車が無事に走ってくれればいいんですが…」と不吉な言葉を告げられて、切符売り場を後にすることに。



ほとんどの新幹線はチケット完売。というか航空会社の対応の遅さで、新青森行きの最終で。行けるとこまで行こうぜ!



新幹線のホーム。家から直接来れば30分もかからないところ、8時間半かけてやっと到着したぜ!



乗車する東北新幹線はやぶさが到着。



せっかくなので、こまちとの連結部を見学。ふたつ並んでるのって、多分貴重ですよね???
さて、乗り込みますか!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2016 | Main | February 2017 »