« September 2016 | Main | November 2016 »

Molino coffee@蓼科(茅野)

Molino coffee@蓼科(茅野)

Molino coffee@蓼科(茅野)

ドリップした珈琲をいただけるのかと思ってたら、豆専門店なんですね。
人気店のようで、私の前後、続々とお客さんが入店してきます。



丁寧に豆を選別し、自家焙煎を行っている様子。



用意された豆は10種類程度で、お店の奥にはお洒落なビンテージ焙煎機もあります。
シンプルなお店の雰囲気と合わせ、トータルデザインがいい感じです。



そしてどの豆にするか迷った挙句、エクアドルのアンデス マウンテン オーガニックの豆を購入。
すぐに飲みたいのでお店でミルしてもらい、山荘に戻って早速淹れてみました。
紅葉した森を眺めながらの、夕方のひととき。
浅煎りながらもしっかりしていて、酸味はほどほどの穏やかな感じ。
豊かな味わい、少ない苦味であと味もよく、口の中でいつまでも華やかな香りが広がってました。
いやはや、美味しい時間です♡

カップ1杯だけ放置されてたものがあったので、数時間後にいただいたのですが、美味しさそのままだったのにもビックリでした。
店頭でドリップをしないのは、ニーズの問題だけでなく、豆のクオリティに専念するためでもあるのでしょうね。

| | TrackBack (0)

しもさか@茅野(蓼科)

しもさか@茅野(蓼科)

しもさか@茅野(蓼科)

森の中の一軒家そば屋さん。
建物の横には小川が流れ、テラスや窓からは見事な紅葉が。







広くないお店ですが、落ち着いた雰囲気がここにはあります。



いただいたのは、せいろ大盛(2200円)。
太めで締まりのある蕎麦は、しっかしかみごたえ。
香りもよく、喉ごしではなく味わう美味しさですね。
つゆも、やわらかいダシと醤油で構成された、優しい味。
美味しいです。



蕎麦のあと、メニューを見て気になっていた、そばがき(1200円)を追加注文。



ボリュームあるそばがきは、重量感・存在感もしっかり。
もちっとした弾力ある食感が見事ながらも、香り含めた蕎麦の感覚はしっかり。
そのままでも美味しいのですが、醤油を少しつけて海苔にのせ、山葵・大根おろしと一緒に。
ヤバいほどの絶品です。

入れ違いで、ビジネスの場として使っているグループがいたようですが、
人里離れた場所ながらも、そうさせるだけの魅力、わかる気がします。
それほどシチュエーション・味・雰囲気が揃ったお店です★

| | TrackBack (0)

ギャルソンバーガー@談合坂SA下り線

ギャルソンバーガー@談合坂SA下り線
ギャルソンバーガー@談合坂SA下り線
夜の移動では、フードコートといえども限られる選択肢…
そんななか、24時間営業しているこのお店は、重宝します。

注文したのは、サバサンドのセット(850円)。
焼きサバをパンで挟んで、ちょっとソースやら玉ねぎやらをつけてるだけなのに、
なんで美味しいんでしょうね♡
夜だからか、注文して提供されるまで、時間がかかりました。
作り置きしていない?、できたてなのも美味しいポイントでしょうか?

| | TrackBack (0)

番外地 百軒店@渋谷

番外地 百軒店@渋谷
プレオープンを経て、本日10/31にグランドオープンした、旭川ラーメンのお店。
カウンターだけの狭いお店で、特製味噌ラーメン(950円)を注文。
もやし中心のたっぷり野菜炒めがトッピングされて登場。
深みのある味噌味に、鶏ガラや豚骨・魚介・野菜で取ったスープで、優しくもあっさりした感覚。
その上に被せるように、表面のラード?がこってりさを演出し、熱さをキープ。
このあたりのコンビネーション、なかなかいい感じです。
ただ丼が大きくて、ボリュームがすごい!
食べすすめるうちに、味に飽きが…と思ったところで、辛味噌を投入。
味の変化を楽しみつつ、最後まで完食。
美味しいラーメンではあるけど、もっと寒い季節になると、身体に沁みるんじゃないかなー♪

| | TrackBack (0)

花花@渋谷

花花@渋谷
ものすごく久しぶりに訪問した、鉄板焼き系のお店。
多分、10年以上も間があいてるよ。
店内の雰囲気もレイアウトも以前のまま。
ついでに、オバちゃんの態度も以前のまま。
メニューも、ほぼほぼ以前のまま。
いいのか悪いのか、わかんないけど、とにかく変わってないです。

ランチに注文したのは、ビッグハンバーグ。
8種類の選べるソースのなかから、塩だれおろし を選択。
鉄板焼きのお店らしく、ちゃんと鉄板で焼いてくれます。
カウンター席だと、リアルタイムで焼いている様子を、目の前で見れます。
こういうライブ感っていいですよね。

そしてハンバーグは、昔懐かしい味。
玉ねぎが入るスタイルは、今となっては懐かしい部類に入るのでは?
それでも肉汁溢れるジューシーなお肉で、さっぱりした大根おろしとの相性はバッチリ。
黒胡椒の効いた塩だれも、いい味してます。
この内容で720円は、嬉しい値段設定。
こういう個人で頑張っているお店が残っていることこそ、渋谷の面白さだと思ってます♪

| | TrackBack (0)

ちゃのくん@恵比寿

ちゃのくん@恵比寿

ちゃのくん@恵比寿

昨日10/26にオープンした、エスニックカレー&濃厚かき氷の専門バー。
オープンのタイミングで行けるかなーと思ってたけど、なんとかスケジュール詰め込みました!
本当に小さなバーで、隠れ家的。
本格的な営業となると落ち着いた雰囲気なのでしょうけど、如何せんオープン記念。
特別イベント?もあり、関係者やらお友達やら…賑やかです!
お店にいるというより、まるで宅飲みのような雰囲気(笑)

いただたいたのは、エスニックカレー(1200円)。
鶏の骨から8時間以上かけて取った濃厚白湯スープを使った、サラサラの優しいルウ。
レモングラスなどの香辛料、唐辛子もしっかり効いていて、じわっと汗かきます。
添えられたパクチーも、いいアクセントになってます♪
優しさと強さが同居しており、看板商品とするだけの美味しさですね。

せっかくなので、もうひとつの名物・かき氷も。
今回は、濃厚クリーミーなカスタードミルクとベリーの抹茶かき氷(1300円)を注文。
抹茶は京都の老舗 辻利一の特別ブレンドで、かき氷の表層にかけるだけでなく、何層にも渡ってかけてくれます。
だから、食べてる途中で味が薄くなるなんてことなく、最後までしっかりと味わえます。
かき氷だけど、香り含めて抹茶を「食べる」感覚。
濃厚なカスタードミルクや、酸味のきいたフランポワーズソースが合わさって、確かにこんなかき氷食べたことないわ。
トッピングされたナッツの食感が、またいいアクセントになってて「食べる」感が増すんですよ。
プレミアム感あります!

バーにはおつまみメニューも揃い、本当はもっといろいろ試したかったところ。
そして、オープン記念に振る舞われた、福岡・糸島にある杉能舎のクラフトビール。
無濾過な「生」でいただいたクラフトビールは、フルーティーな香りと飲みやすいほのかな甘さが最高!
これを東京で飲めたなんて、やばいねー★

…ということで、落ち着いたらまた行かなきゃ♪

| | TrackBack (0)

GARAGE COFFEE SHIBUYA

GARAGE COFFEE SHIBUYA

GARAGE COFFEE SHIBUYA

以前フェラーリが展示されていた、それこそガレージだった場所。
今ではワゴンカーが入り、カフェとして営業しています。
ガレージの半分には椅子が並べられており、
低めのテーブル席に腰をおろすもよし、カウンター席で外を眺めながらもよし、といった感じ。
本当のガレージだった場所なだけに、リアル感を伴ったワイルドさを感じる空間です。

いただいたのは、ドリップコーヒー(500円)で、お店オススメのルワンダをチョイス。
適度な酸味に軽い飲みやすいさは、シングルオリジンの浅煎りならでは。
渋谷の繁華街に近い場所で、こうしてホッと過ごせる場所は、貴重かも。
味もだけど、居心地いいから、長居しちゃいそうです。

| | TrackBack (0)

バルタ渋谷

バルタ渋谷
本日10/27にグランドオープンした、格安スペインバル店。

同じく格安ピザで有名?なNAPOLIと同じ会社が経営する新業態で、渋谷は3店舗目です。

店内は狭く、ハイカウンター・スタンディング形式。

カジュアルに楽しめるとともに、ランチタイムはかなり回転率よさそうです。



ランチにいただいたのは、豚肉とブロッコリーのパエリア(500円)。

アツアツの鉄鍋で供されるパエリアは、一応火にかけているみたい。

鍋に面した部分が、軽くパリパリになっていて、いい食感です。

味付け具合は割りとあっさりめで、食べやすいです。

マヨソース?をかけると、コクが出ていいですね。

値段が値段なだけに、食材はチープ感あるけど、質・種類ともにしっかり。

見た目にも華やかだから、満足感は得られます。

値段相応というか、文句ないですね。

1000円で時間無制限飲み放題というのも気になりますが…

| | TrackBack (0)

ラ シゴーニュ(LA CIGOGNE)@水天宮前

ラ シゴーニュ(LA CIGOGNE)@水天宮前
ラ シゴーニュ(LA CIGOGNE)@水天宮前
日本ではあまり馴染みのない、フランス・アルザス地方の郷土料理「タルトフランベ」の専門店。
ピザのようでピザでないフレンチを本格的にいただける機会って、意外とないですよね。
そして、大勢で食べたほうが美味しいよね?ということで、みんなで行ってきました。

まずは、スパークリングワインで乾杯。そのあとはワインとともに、
オリーブ好きにはたまらない「肉詰めオリーブのフリット」、
イカの美味しさが引き出されている「季節のミルティコロール 白イカとズワイガニ」、
写真映えして、とにかくワインに合う「シャルキュトリー」、
トロンペットというキノコの香りがステキでふわっとした食感がいい「フランス産キノコのスフレオムレツ」。

お目当てのタルトフランベはハーフ&ハーフにできるということで、
まずは「トラディショネル」と「サーモン」で。
「トラディショネル」は薄く延ばしたパン生地にフロマージュブランというチーズや玉ねぎ・ベーコンがトッピングされた、甘味・塩味・酸味・食感をピュアに味わえるもの。
「サーモン」は自家製サーモンマリネの相性がバッチリで、サラダたっぷりなうえにアボカド・レーズン・ヒマワリの種などのアクセントがいい感じ。

もうひと品は「クレヴェット」と「カナール」で。
「クレヴェット」は、とにかく桜海老の風味が素敵すぎ!柚子胡椒と合わせたりと独特なアレンジが日本人に合い、マッシュルーム・トマトピューレ・ニンニク・鷹の爪・そしてブルゴーニュバターのバランスが見事です!
「カナール」は、何と言っても鴨のローストの存在感。バルサミコの甘さが引き立つのは、フォアグラやクッキーも入っていたからかな?

その後も、美味しい生ハムや、フォアグラのマカロン(スイーツなの?食事なの?)と軽くつまみつつ、食後のデザートへ。
小瓶に入ったデザートを、くるくる回しながら説明してくれるデザートトラック。
8種類のスイーツの説明を聞いて、好きなものを選びます。
私が選んだの…結局なんだったっけ?
甘さ控えめで美味しかったよー!

最後は、かわいいカップで出されたコーヒーでおしまい。
ラ シゴーニュって、コウノトリっていう意味なんですね。
ショップカードがカワイイです♪
そして、このお店、とにかく美味しかったです!
ご一緒した皆さま、ありがとうございました★

| | TrackBack (0)

HOTEL EMANON@渋谷

HOTEL EMANON@渋谷

HOTEL EMANON@渋谷

「ハロウィン限定メニューあるよ」って呼ばれたので、久しぶりのランチ訪問。
メニューに無い…と思ってたら、真っ黒メンチカツバーガーがあるんですって。
迷わず注文です。
しかも、後から聞いたら限定5食ですって。
よくありつけたもんだ…。

真っ黒なバンズに真っ黒なカツ、ソースはもちろん黒いし。
これに紫キャベツの組合せが、ハロウィンっぽい!
添えられたポテトサラダも紫芋でできたもの。
でも、見た目で遊んでいるだけでなく、ちゃんと美味しいのがポイント。
サクッと焼かれたバンズに、ジューシーなメンチカツ。
ボリュームたっぷりだから、押しつぶしても食べるの大変だけど、これをかぶりつく楽しさも♪



店内はちょこっとハロウィンテイストで、押しつけがましくないのがいいセンス。



オープンキッチン前のカボチャもだけど、
ドリンクカウンターの天井近くのコーナーに仕掛けられた蜘蛛の巣が、ハマりすぎてヒットです★

| | TrackBack (0)

なぎ食堂@渋谷

なぎ食堂@渋谷

なぎ食堂@渋谷

ちょっと胃袋を休めたいお昼ごはん…
そんな時は、ヴィーガン仕様のこちらの食堂へ。
小上がりの席でいただいたのは、ソイミートの唐揚げ定食(1050円)。
お肉のようですが、大豆でできたソイミート。
唐揚げなこともあって、食べごたえ十分!
ニラ醤油の味付けもよく、相変わらずの美味しさです。
定食には、健康的な玄米ご飯・ほっと味噌汁・小鉢。
食後には、ほっとコーヒーでひといき。
やっぱ、こういうランチはいいですねー★

そういえば、今日の店内にはお客さんがいっぱい。
外国人もいたりして、華やかな雰囲気でした♪

| | TrackBack (0)

ウルフギャング・パック エクスプレス 大手町ビル店

ウルフギャング・パック エクスプレス 大手町ビル店
味のある建物・大手町ビルの地下にあるカジュアルレストラン。
雰囲気のある店内は、夜にくるとその威力を発揮するのでしょうね。
今回は朝時間の訪問で、モーニングメニューのプレーンドックセット(450円)を注文。
お代わりOKなコーヒーは、軽めのアメリカン。
ホットドックは、ケチャップをかけるだけのシンプルなもの。
本当に軽めの、軽食的なモーニングセットです。
長居するならコーヒーお代わりしたのでしょうけど、今回は1杯だけで。
喫煙コーナーが充実しているので、タバコ吸う人には居心地いいでしょうね。

| | TrackBack (0)

東京麺通団@新宿

東京麺通団@新宿

東京麺通団@新宿

うどんを学ぶクラスの懇親会で利用した、讃岐うどんのお店。
懇親会…つまり宴会です。
さくっと食べてさくっと帰る、そんなイメージのお店ですが…
実際ほとんどのお客さんがそうでしたが…
実は飲み放題込の宴会メニューまで用意されています!



枝豆・サラダ・刺身盛合せ・揚げ物・骨付鶏・うどん・デザートに飲み放題で4000円。
骨付鶏はうどんと並ぶ香川名物で、しっかり効いたガーリックの香りがすごく、ジューシー!
うどんは専門店らしく、うどんメニューから好きなものを選べるとな!
今回はしょうゆうどんを2玉で。しっかりしたコシが小気味いい食感で、飲みのシメに丁度いい感じ。
想像以上に、宴会として充実した内容でした♪

| | TrackBack (0)

LIL’LA@渋谷

LIL’LA@渋谷
LAMEX Mexican Cantinaが移転してきたことに伴い、
1階:リルリール/2階:LAMEXという新スポット「LIL’LA」が新登場。
LIL’LAは、小さなLAという意味も込めているそうで。
夜はお互いのテイストで分けての営業のようですが、昼は両方合わせてのランチ営業。
特に区別はしていないようです。

今回は、禁煙席設定の1階で食事。
せっかくなのでメキシカンっぽいメニュー…チキンブリトー(980円)を注文。
セットのドリンクはお代わりOKということで、まずはジャスミンティーを。
一緒に出されたサラダは、ジャーサラダのような器。
中にはしっかり野菜が入っていて、食べごたえあります。
メインのブリトーは、2種のチーズと辛くないサルサソース。
中身はライス中心で、鶏肉とかアボカドとかも入ってるけど、もっとお肉とかがよかったなー。
それでも、スパニッシュライス&ビーンズが添えられていたりと、メキシカンっぼい感じ。
炭水化物の割合が多いな、と思いつつも、味は悪くないので完食。

食後には、お代わりの珈琲でほっとひといき。
この時間が持てるのは、嬉しいポイントです♪

| | TrackBack (0)

谷や@水天宮前

谷や@水天宮前
本場讃岐うどんが食べられるとして、人気なお店なんですってね。
知らずに、連れられての訪問です。
ランチながらちょっとずれた時間だったためか、待つことなく入店することができました。
お店に入ってすぐ、麺打ちの実演が見える場所で。
お店の奥では、麺の仕込みで小麦粉を踏み込む工程も行われているようです。

いただいたのは、かしわ天つけうどんを冷・大(400g・1000円)で注文。
肝心なうどんは、もちっとしつつ、コシもしっかり。
そのままでも、ほんのり小麦の甘さを感じます。
あっさりとしたつけ汁から香るダシもまた、美味しいんですよ。
これにレモンをきゅっと絞ると、さっぱりとした柑橘系アクセントの風味がいいアクセントに。
いやいや、これは美味しい!

今回のは、トッピングに鶏天が3つ、野菜が3種。
この鶏天もまた、あっさりしたささみで、揚げ加減が絶妙な美味しさ。
全体的にバランスが取れていて、人気店なのも納得です。
次は、明太釜玉とかいってみたいなー★

| | TrackBack (0)

EN VEDETTE@清澄白河

EN VEDETTE@清澄白河

EN VEDETTE@清澄白河

昨日オープンしたパティスリー アン ヴデット。
清澄白河に有名ケーキ屋さんはあるけど、こうした本格的なパティスリーって初めてかも。
白を基調としたお店には、開業祝いのお花がいっぱい。
ショーケースには、そのうちいろんなケーキが並ぶのでしょう。

この3日間は、オープニングメニューということでケーキセット、バームクーヘン、焼き菓子詰め合わせのみ。
購入したのは、2000円相当のケーキセット(1500円)。
5つのかわいらしいケーキは、どれも納得の味わいです。
何個でも食べられそうで、ちょっとヤバいかも。
特に抹茶のムース、中にある柚子ムース?の香りがものすごく豊か。
抹茶の香りを包み込むような感じで、新鮮な感覚の組み合わせ方です。
シュークリームも、生地がいい感じです♡
今回はベーシックなものが多い組み合わせだけど、
お店が本格的に稼働したら、どんなケーキが並ぶのかな?
今から楽しみです♪



唯一の難点は、隣から鰻のこうばしい香りが漂っていること。

スイーツモードでお店にきても、身体が鰻に反応してしまう・・・

| | TrackBack (0)

ピエトロ 錦糸町店

ピエトロ 錦糸町店
ピエトロ 錦糸町店
ドレッシングで有名なピエトロによる、イタリアンの店舗。
オリナス錦糸町にあり、ここ最近のテナント入替えからも免れての営業です。
天井が高く広い店内で、錦糸公園を眺めながらゆったり過ごすことができます。

ランチにいただいたのは、ルッコラとローストチキンのごま風味セット(1500円)。
パスタには、ごま・ごま油の風味がいい感じに効いています。
ただ、ローストチキンというには無理があるような、唐揚げっぽいのもトッピングされてたような…。
それでもまぁ、良しとしましょう。
セットのサラダは、ビュッフェ形式で。
野菜の種類はそれほどでもないのですが、ドレッシングは6種類が揃ってます。
このあたりさすがピエトロで、どのドレッシングも美味しいから、少量ずつお代わりするのがいいかも。
もちろん、気に入ったものがあれば購入することも可能です。
パンの食べ放題もついてきて、こぶりのパンがいろいろ。
こちらも、この手のパンにしては美味しいほうではないでしょうか。
これで、パスタがもう一歩美味しければ文句ないんですが…。

| | TrackBack (0)

金王庵@渋谷

金王庵@渋谷

久しぶりの訪問!
コンパクトな造りながら、きちんとした構えは相変わらず。
そしてランチの構成も相変わらずです。
それなりの美味しさだからか、下手にメニューを変えなくても続いているのでしょうね。

いただいたのは、ねぎ飯+やまと豚のつけ汁そばのセット(880円)。





蕎麦そのものは普通の味わいながら、豚のダシと柚子の香りが効いた濃いめなダシがいい味してます。
結構なボリュームだからそのまま飲む…には濃いな…と思ったてたら、最後に蕎麦湯くれました。



丼のねぎ飯は、とろーり玉子の甘さとネギのシャキシャキ感、そぼろでしっかり食べごたえ。これらを纏めるごま油の存在も大きいです。
全体的にしっかり食べた感のある、満足のいく安定の味わいです。
久しぶりの再訪だったけど、また間をあけて来るんだろうなー。

| | TrackBack (0)

私立珈琲小学校@渋谷(代官山)

私立珈琲小学校@渋谷(代官山)

私立珈琲小学校@渋谷(代官山)

渋谷と代官山のちょうど中間あたりにある珈琲屋さんで、シンプルで落ち着いた雰囲気。



ただ奥に目を送ると…ギャラリーがあるみたい。
「LOKO GALLERY」という場所で、天井の高い白の展示スペース。
今日みたいな日は天井のスリットから自然光が入り、荒木由香里さんによる赤い展示と相まって、なかなか気分いい空間。
話を伺ってると、カフェにギャラリーを併設したのではなく、ギャラリーにカフェを併設したんだって。
それにしても、天神のstereo coffeeといい、ギャラリーとカフェの一体化が進んでますね。
今のトレンドなのでしょうか。



そんな感じで、ギャラリー←→カフェと好き勝手に空間を満喫しつつ、
ハンドドリップのケニア(400円)を注文。
浅煎りならではのフレッシュ感溢れる一杯で、レモンテイストなフルーティな味わい。
すっきりしていて、苦味のないピュアさを堪能しました。
本当はカフェでまったり過ごしたかったところですが、職場に戻らなければならないのでテイクアウトで。
今度はゆっくり訪ずれたいな♪



| | TrackBack (0)

HyLife pork Table@代官山(渋谷)

HyLife pork Table@代官山(渋谷)

HyLife pork Table@代官山(渋谷)

渋谷と代官山の間、八幡通り沿いにあるダイナー。
カナダ育ちの三元豚ブランド「ハイライフ」が提供する豚肉料理をいただけます。
豚を育てるにあたってのこだわりは…いろいろ!
その美味しさをストレートに味わえるお店、ということで。



今日みたいな日には気持ちいい、広々としたテラス席。



天井が高く大きな窓で開放的な店内。
どちらも気分のいい雰囲気です。



私が座ったカウンター席も、目の前で料理が作られるライブ感が楽しいです♪

ランチにいただいたのは、スモークローストポーク(1200円)。
スモークチップでゆっくり燻製にした後、オーブンでしっかりと焼き上げた品。
プレートから溢れだす、スモーキーな香りがとにかくすごい!
一見薄そうで、実はしっかりボリュームのあるお肉。
脂身の甘さは、なんとも言えません。
バルサミコを使ったソースもいい味で、スモークポークの美味しさを十分に引き出してます。
なかなかの美味しさですね。雰囲気もいいし♪
次は、ステーキランチなどお肉そのものをしっかりと味わいたいです!

そして、プレートには野菜もたっぷり。
生野菜だけでなく、お惣菜・温野菜と種類もいろいろ。
炭水化物も少ないし、ちょっとは罪悪感も軽減されるよね???

| | TrackBack (0)

メアリージェーン@渋谷

メアリージェーン@渋谷

メアリージェーン@渋谷

1972年に開業した、渋谷では老舗のジャズ喫茶でランチ。
往年のジャズは詳しくないけど、大きなスピーカーから流れる、温かみのあるアグレッシブなジャズを聴きながら過ごす時間は、気分いいです。
ランチタイムの、気分転換にはピッタリ。

いただいたアンチョビのパスタランチ(1000円)は、喫茶店の今時珍しいもっちり食感。
ちょっとアンチョビの風味が効きすぎかな!?

食後は、エスプレッソ片手に音楽に耳を傾けて。
この時間こそ、メアリージェーンならではの価値ある時間です。
気分いいからって、お昼休みが終わる頃には職場に戻らないと!


| | TrackBack (0)

メゾンカイザーカフェ 丸の内店

メゾンカイザーカフェ 丸の内店
朝の丸の内。
選択肢が無いようで、意外と多くのお店が開いてます。
ここメゾンカイザーも、そんなお店の一軒。
存在は知っていたものの、朝時間に初訪問です。

いただいたのは、パンオショコラセット(470円)。
サクサク生地が気持ちいいパンで、思ったよりも大ぶりです。
食べごたえありますね★
落ち着いた店内は、ハロウィン仕様。
朝からのんびり時間を過ごしたら、仕事に行かなきゃ(汗)

| | TrackBack (0)

三浦のハンバーグ 渋谷店

三浦のハンバーグ 渋谷店

三浦のハンバーグ 渋谷店

食べログでは「掲載保留」となってましたが、ちゃんと営業してました。
食券を購入し、テーブルで渡す方式です。
ちょっとお客さん少ない…と思ってたら、このあと他のお客さんもはいってきました。

ランチにいただいたのは、目玉焼きつきランチセット(580円)。
120gのハンバーグ単体だと480円という、平日限定驚異の値段設定!
しかも、ご飯の量は大盛りもOK!
しかもしかも、入口に置かれていたチラシ持参で、唐揚げ2個トッピングサービス!
かなり太っ腹なお店です。



ソースは6種類から好きなものを選べます。
今回は、デミグラスソースを選択。
熱々の鉄板に乗せて運ばれてきたハンバーグ、ソースがじゅわーっと沸き立ってます。
しっかりソースがかかっているので、お肉というよりデミグラスソースの味。
それでも、ボリュームしっかりで食べごたえバッチリです。
トッピングで追加してる目玉焼きの黄身が、アクセントとしていい役割を果たしてくれました。

鉄板の上には、コーンやポテトもついてきます。
そしてクーポンの唐揚げは、下味として生姜醤油がしっかり。
とにかく、安くしっかり食べたい人向きですね。
そうそう、クーポンは10月末までらしいので、気になる人はお早めに!

| | TrackBack (0)

The Cream of the Crop Coffee 渋谷ヒカリエ店

The Cream of the Crop Coffee 渋谷ヒカリエ店
実は朝8時から開いている、貴重なコーヒースタンド。
でもコーヒーだけじゃ…と思ってたら、パン類が意外にも充実!
そしてモーニングセットまであるなんて!
今回は、デニッシュとのセット(650円)を注文。
選んだのは、パン オ レザン。
サクサクな生地に、レーズンとカスタードクリームが程よく混ざったもの。
甘すぎないのがちょうどよく、ハンドドリップで淹れたコーヒーとの相性もバッチリ。
これでテーブル席もあれば完璧なんだけど…仕方ないかな。

| | TrackBack (0)

スターフライヤー(福岡→羽田)

スターフライヤー(福岡→羽田)

スターフライヤー(福岡→羽田)

…そして機内では、タリーズのコーヒーとビターチョコ。大手キャリアにはない、オシャレなデザイン・コンセプトコード。機内の居心地も快適で、機会があれば乗りたいエアラインです✈︎

| | TrackBack (0)

ハニー珈琲 福岡空港店

ハニー珈琲 福岡空港店
ハニー珈琲 福岡空港店
友人によると、日本でも有数の豆の仕入力を持っているらしいロースター。
数店舗あるらしいのですが、まさが空港内にもスタンド形式で展開しているとは!
…ということで、保安検査前に立ち寄り、本日のコーヒー(S・200円)を注文。
本日はホンジュラスのラ・フエルタという豆だとか。
テイクアウト用にカップの蓋がしてあったのですが、外してみると華やかに広がる香りが!
時間が経っても持続する香りに、フレッシュで華やかさのある味わいが美味しいです。
しかも、カップのまま保安検査場を通り抜け、制限エリアに持ち込みができるらしい。
飛行機待ってる間、制限エリア内でこのコーヒー飲みながら待てるのは、ポイント高いですね♪

| | TrackBack (0)

大砲ラーメン 天神今泉店

大砲ラーメン 天神今泉店

大砲ラーメン 天神今泉店

久留米系のラーメン屋さんということで入店。
有名店らしいですが、大きな荷物を持った人が多数。
地元というよりは、観光客に人気なのかな?

いただいたのは、ラーメン(650円)。
東京なみの値段設定だな…と思いつつ、食券を事前に購入。
席に座ってから提供されるまでの時間は早いです。
味はこってりしつつも、脂っこくなくあっさり気味。
トンコツらしい香りもちゃんとしていて、泡がでてるタイプのスープ。
久留米のお店と比べるとあっさり気味らしいですが、今はこれでも十分な美味しさ。
それにしても、なぜこういう味のトンコツラーメンを、東京では食べれないんでしょう?

| | TrackBack (0)

REC COFFEE@薬院(福岡)

REC COFFEE@薬院(福岡)
一見、チェーン系コーヒー店のような構えですが…
今年のワールドバリスタチャンピオンシップ準優勝の岩瀬さんがいるお店らしいです。
お店の入り口まわりの席は明るく、ドアも開けはなっているから、テラス席でくつろいでるような気分。
実際お店の外にもテーブルを出していて、今回みたいな天気の日は気分良さそうです。

いただいたのは、カフェラテをブレンドコーヒーベースで(470円)。
きめ細やかなクリーミーさが、気持ちいいです。
そして、ミルクの甘さとエスプレッソの苦みのバランスがとれた美味しさ。
お店の見た目や雰囲気でなく、本当に実力で勝負しています。
すごい!

| | TrackBack (0)

stereo coffee@渡辺通り(福岡)

stereo coffee@渡辺通り(福岡)

stereo coffee@渡辺通り(福岡)

古民家をリノベーションしたカフェ。



細長い建物で、カウンター周りは吹き抜けで開放感ある空間。



奥はウッディな空間で、椅子のない完全スタンディングエリア。



備え付けられた大きなスピーカーが特徴的で、気持ちいい音色で満ちた空間です。

いただいたのは、ハンドドリップコーヒーでケニアン(500円)を。
目の前でゆったりと淹れるのをのんびりと待つのは、悪くないですね。
お店のロゴが入ったかわいいマグカップで提供されたのは、浅煎りの豆らしく透明感のある珈琲。
フルーティですっきりとした香りに、酸味がすくなく飲みやすい味わい。
なかなかの美味しさです。
なんでも、久留米の有名ロースターcoffee countyの豆を使っているのだそうで。



そういえば2階もあるんだよね…と思い階段を上がってみると、そこはギャラリー。



今回は「江戸コミック」さんによる展覧会「平成仮想浮世」が行われていました。



そういえばギャラリーに最近顔出してなかったな…なんて思いつつ、作品や作家さんとの会話を、コーヒー片手に堪能。
彼の世界観がヤバすぎで、なかなか面白い作品が展示されてました。



次の展示企画も教えていただいたのですが…
ここのカフェ、ギャラリー含めて世界観が楽しすぎです。
こんな場所、東京にもあったらいいのに!

| | TrackBack (0)

吉塚うなぎ屋@中洲川端(福岡)

吉塚うなぎ屋@中洲川端(福岡)

吉塚うなぎ屋@中洲川端(福岡)

創業明治6年のうなぎ屋さん。
建物は新しく、落ち着きのあるエントランスの1階、テーブル・カウンター席の2階、個室の3階という構成です(恐らく)。
人気店なのか、12時前に到着したときは、すでに順番待ちでした。



いただいたのは上うな重(3,088円)。
女子のお弁当箱のようなお重で提供されます。
蓋を開けたときにふわっと広がる香りのかぐわしさ。
鰻とご飯が別の器で提供されるだけでなく、タレまで別皿というのが独特です。



肝心の鰻は、西日本風の蒸し工程のない仕上げ。
かりっかりの皮に、ふっくらとしながらも脂がしっかり乗った身。
鰻を喰らってる感がきっちりとするのは、東京では味わえない感覚です。
味付けもいい感じで、鰻そのものからはタレに火が通ったときに広がる香り。
別皿のタレからは、しっかりとした甘辛めの味。
この2種が組み合わさった味わいは、なかなかの面白さ。
薬味の山椒も、いい香りしています。



添えられた肝吸いからも、いい感じのダシの香り。
柔らかく臭みのない肝も、十分な美味しさです。
優しく上品な味付けで、お新香とともに口の中がさっぱりしました。

絶対的には高く感じるかもしれないけど、
この内容・ボリュームでこの値段は、東京と比べるとお得感あります。
さすが福岡!

| | TrackBack (0)

赤坂味一 亀戸店

赤坂味一 亀戸店

赤坂味一 亀戸店

そこは、雑然とした店内。
店内に入るとすぐ食券を購入しますが、奥の厨房に貼られた力強いメニュー。
ラーメン一筋なお店です。

注文したのはチャーシュー麺(750円)を大盛り(+100円・麺400g)で。
煮干し系のあっさりしたスープは、シンプルで澄んだ醤油味。
調味油とのバランスもよく、飽きることなく、物足りなくならない味わい。
これに合わせるのが、太めでコシのあるちぢれ麺。
なかなかの美味しさです。
恐らく自家製であろうチャーシューは、昔ながらのシンプルな味付け。
メンマも、なかなか他では味わえない美味しさです。
全体的に、昔ながらの中華そばのうまいやつ、そんな感じでした。
時間を外しての訪問でも、お客さんで溢れ返っているの、わかる気がします。

| | TrackBack (0)

牛丼並盛@吉野家 渋谷109前店

牛丼並盛@吉野家 渋谷109前店
牛丼並盛@吉野家 渋谷109前店
ソフトバンクのキャンペーン「SUPER! FRIDAY」にのっかって、クーポンで食べてきたよ。
それにしても、かなりの混雑っぷり。行列できてるよ!
しかも、場所柄か女性客がいっぱいだし。
店内のカウンター席、1/3は女性でした。

ランチにいただいたのは、もちろん牛丼並盛。
通常380円が、クーポンで無料!
60円だけ支払って、玉子つけてもらいました。
味は…安定の味ですね。久しぶりに食べたかも。何年振りだろう?
それにしても、並盛の380円って安いね!
クーポンでのお得感が少ないよーな気も…

| | TrackBack (0)

シュシュ@渋谷

シュシュ@渋谷

シュシュ@渋谷

先週オープンしたばかりの、自然派ワインとフランス郷土料理のお店。
カウンター席は落ちついたバーのテイスト。
フロアは、ゆっくりとくつろげるテーブル席。
落ち着いた雰囲気のお店で、お店のアイコンが可愛らしいです。



いただいた本日のランチ(900円)は、ポークシチュー。
前菜のラタトゥイユは、トマトの酸味が爽やかな味わい。
バケットと一緒にいただくの、いいね

そしてメインのポークシチュー。
しっかり煮込まれたデミグラスソースはトマトの酸味がきっちり効いており、いい感じで味に深みがあります。
中には、器いっぱいの大きな豚の塊。フォークで崩れるほど柔らかく煮込まれており、味もきっちり染みこんでます。
豚肉だけじゃなく、骨つき鶏肉・じゃがいも・玉ねぎなど具だくさん。
複雑な味わいが、なかなかの美味しさです。
日替わりランチは1種類だけですが、明日はこのソースを使った別のメニューなのだとか。
今日のシチューも、昨日のトマトソースを活用しているのだとか。
素材を無駄にせず、かつ日を重ねて作られつづけるランチ。
丁寧に料理を提供してくれるお店のようですね★

| | TrackBack (0)

SHIBUYA COFFEE

SHIBUYA COFFEE

SHIBUYA COFFEE

10月下旬に開店予定、現在テストオープンのカフェスタンド。
…と言っても、ウッディで広い客席が広がる店内。
明るいお店は、スペイン坂に面する建物の2階。
電源が完備された窓際のカウンター席からは、スペイン坂を行き交う人を眺めることができます。
居心地、悪くないです。
ちょっとしたパーテーションの奥とか、個室っぽい雰囲気で面白そう。
店内には遊び心がいっぱい…と思ってたら、リゾットカフェ東京基地が運営しているそうな。



現在はテストオープンとのことで、限定メニューで営業。
いただいたのは、チリドッグのドリンクセット(680円)。
ミートソースたっぷりで、もちっとした生地。
美味しいのは美味しいけど、ランチには足りないかな?
プレートメニューにしておけばよかったかな…
ホットのSHIBUYA COFFEEは、軽めで飲みやすいもの。
デザート類も充実してるから、お茶するにはいいお店かな。

聞いてみると、本オープンではドリンク等な充実させるものの、
フード類は軽食が中心になるんですって。
スタッフ含めて面白そうなお店なので、本オープンに期待。
それにしても最近、スペイン坂にカフェ業態が増えてるような気が…。

| | TrackBack (0)

金太郎@渋谷

金太郎@渋谷
テッチャン鍋のお店ですが、昼は普通に居酒屋ランチを提供しています。
店内にやたらとサインが並んでいるのですが、プロ野球選手が多そうな感じ。
実は人気なお店だったりする?

いただいたのは、豚バラねぎ塩焼定食(750円)。
安定の味で、ネギたっぷりなうえに、生レモンが嬉しいですね。
サラダの塩タレが、ちょっと焼肉っぽいかな。
赤だしも、ちょっと煮詰まってたけど、それが逆に名古屋の田舎っぽい感じがして、懐かしい味。
全体的に、いい印象です。
そういえば、BGMはずーっとピチカートファイブ。
私の世代だと懐かしいって感じるけど、若い世代だとどう捉えられるのかな?
リオ・パラリンピックの閉会式でも使われてたし、今きてるのかな?

| | TrackBack (0)

和風らーめん 金子@木場(塩浜)

和風らーめん 金子@木場(塩浜)
駅から少々離れた、陸の孤島のようなエリア。
狭い路地に入ったところにある、テーブル8席・カウンター3席の小さなラーメン屋さん。
昭和な雰囲気ただよう、どこか懐かしいお店です。

いただいたのは、和風らーめん+半チャーハンセット(900円)。
無化調の醤油ラーメンは、むちゃむちや優しい味!
とにかく澄んだスープは、豚骨・鶏ガラ・煮干・本鰹・鯖・羅臼昆布等のダシの味そのもの。
これに柚子・九条ネギ・揚げ玉ねぎのアクセントがサッと決まります。
調味油が入っているためか、あっさりしながらも力強さが伴っている味。
ボリュームたっぷりトッピングには、あっさりメンマ、過剰な味が付いてない煮卵。
ほろほろなチャーシューにも、過剰な味が付いてないのが嬉しいです。
とにかく飽きない、美味しいラーメンここに有り★

セットのチャーハンもシンプルな美味しさで、
優しいタレの味がしっかりと効いています。
セットは卵かけご飯も選べるのですが、きっと美味しいのでしょうね。

せっかくなので、餃子(400円)も注文。
カリッカリに焼かれた皮の食感も良く、もちろん餡もよく、
こちらもシンプルな美味しさです。

自分で勝手に入れるお水も、アルカリイオン水というこだわり。
同じお水でラーメンも作っているんですって。
あと、セルフで取り放題の自家製お漬物。これがまた美味しい!
ラーメンがくるまでの間、ポリポリと食べ続けてしまいます。
さらに、子どもには食後のお菓子がおまけにもらえるサービス。

狭いながらも丁寧さが感じられるトイレなど、
とにかく細かいところに、お店の方の気遣いが感じられます。
とにかくこのお店、オススメできます!

| | TrackBack (0)

【2日目】与那国島その12(海響(いすん))



駐屯地を後にし、車を宿に置いて徒歩で向かったのは、日本最西端の居酒屋「海響(いすん)」。
Dr.コトー診療所撮影時は、クリーニング屋として使われていた建物です。



外観とは違って、店内は割と新しい感じ。



靴を脱いで店内に入ります。リラックスできますね。



まずは生ビールで乾杯!もちろんオリオン!



かじきの骨の唐揚げ。ほねのまわりについた身を食べる感じで、ふぐみたい。



続いてかじきバター焼き。うまい。バターのコクとカジキがいい感じに合います。



与那国産 車海老の塩焼きは、身がプリプリしていて、弾力がすごいです。塩ももちろん与那国産です。



長命草のかき揚げは、かなり細切りにされています。それでも独特な香りはしっかりしていて、揚げたことで苦味が軽くなって、なかなかの美味しさです。



そして最後、チャーハンでシメ。塩がいいのか、醤油味のラード炒めがいいのか、素直に美味しいです。
全体的にそこまで期待していなかっただけに、この美味しさは意表をつく嬉しさ。
そして、またカジキマグロ…と思いつつも、美味しいから許せちゃいます♪
そうそう、人気店なので予約は必須。私も、宿が決まった段階で予約しておきました。
早めの時間にもかかわらず、予約無しのお客さんが次々とお断りとなってましたよ。



早めに切り上げたのは、日本で最後に沈む夕日を見に行くため。
ちょっと雲に隠れちゃったのは残念だけど、いい色してました★



夕日が沈み、空が暗くなる頃。北斗七星が、ものすごく低い位置でしっかり!



そして、天の川がはっきりと見えたのには感動!
写真の腕がイマイチだかた伝わりにくいけど、ものすごく迫力のある天空でした★

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【2日目】与那国島その11(自衛隊与那国駐屯地)



2016年に自衛隊の配備が始まった与那国島。今回は偶然にも、駐屯地を開放しての夏祭りが行われる日にあたりました。島の人の理解を得るための交流活動なんでしょうね。



もちろん、島には反対活動をしている方もいます。離島、しかも国境に接した島の置かれた立場の複雑さを物語ってます。



そうはいっても、今回は純粋に観光客として入場。このゲートを通り抜けて、臨時駐車場に車を停めます。ここから先は、撮影禁止エリアも多数存在する自衛隊の駐屯地です。



基本的には、この広大な広場を中心としたイベント。



周辺には、自衛官が運営する屋台が並んでいます。



ステージでは、音楽隊による演奏。自衛隊の音楽隊ってほんとレベル高いですよね。



与那国駐屯地-Camp YONAGUNIのワッペン。自衛官の制服についていました。



各種施設が建ち始めています。実はまだ工事中なのだとか。



ちょこっとだけ建物内にもおじゃましました。



若い自衛官…デートですか!?



各種車輌の展示も。こちらはkawasakiのバイク。



特殊車両(名前がわかんない…)。



こちらは展示用ということで撮影OK。運転席はこんな感じ。



主要装備は外されていますが、この運転席に座った感覚は独特ですね。



横から見たところ。



後ろから車内を見たところ。天井のハッチを開けて身を乗り出し、銃を構えます。
撮影禁止だったのですが、実際に配備されている車輌にも乗せてもらいました。このハッチに立ちながら走るのは、軽いダートでも結構ハードな乗り心地でしたよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【2日目】与那国島その10(東崎)



再び車を走らせ、島の最東端「東崎(あがりざき)」へ。この道路が、軽自動車でもドライブしてて気持ちいいんです♪



駐車場に車を停め、歩道を歩き始めると…行く手を馬が立ち塞ぎます(笑)
この辺りも東牧場として、馬が自由に過ごしている場所になってます。



岬の先端は、断崖の上に続く草地の向こう。



のんびーりと歩いていきます…が、足元は要注意です!



やがて、東崎の先端にある灯台に到着。最西端の島の最東端地点です。意味わかんね。



灯台と馬。なんとなく与那国馬っぽいけど、たてがみの色が濃いから違うかな?



海と馬と草原と。



東崎を後にし、宿に帰る途中で買い物がてら祖納地区へ。ここにあるのが与那国町役場。



八重山諸島でも、西表島や竹富島のように、いくつかの島がまとまった竹富町として町役場は石垣市内にありますが、さすがにここまで離れていると、ひとつの行政区になっているんですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【2日目】与那国島その9(立神岩)



再びドライブで移動、次に訪れたのは立神岩。透明なブルーの海に囲まれた、荒々しく孤立した岩。この辺りにぶつかる波、潮、台風などが創りあげた造形。



アップで見ても荒々しい姿。与那国の言葉でトゥンガンと呼ばれる岩には、ここでは触れませんが二人の若者の伝説があります。



立神岩を見るには、2か所の展望台があります。ひとつはきちっと整備された場所ですが、ちょっと遠方から眺めることに。もう1か所は、この小さな駐車場の目印が頼りです。



車を停めると、崖に向かって細い歩道が続きます。行きついた先が、立神岩を眺めるビュースポット。ただお供え物があったから、無碍な対応をとってはいけないのでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【2日目】与那国島その8(志木那島診療所)



そして、ここ比川地区といえば、Dr.コトー診療所(2003年)の舞台ともなった、志木那島診療所のセットがある場所。ドラマをタイムリーに見ていただけあって、この風景、懐かしささえ覚えます。



建物もそのまんま。昔からこの場所にある雰囲気ですが、あくまでセットとして作られたんですって!



待合室の様子。



片隅の畳コーナーに島の住人が集まっているシーンもありましたよね。



この入院ベッドも、そのまんま。



病室の窓からみた砂浜の風景。



手術室もリアルな造り…ですがドアを開けたら物置になってました(笑)



そして、診察室。



細かい張り紙も、リアル感を演出。なんだか時間が止まったかのような雰囲気です。



この屋上も、よく出てましたよね。



診療所の看板も、そのまんま。



そして、目の前に広がる砂浜。
つい最近のドラマのような気がしていたのですが、もう10年以上も経ってるんですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【2日目】与那国島その7(比川地域共同売店)



南牧場を抜けると、比川の集落に到着。
コンビニのように、広い駐車場を完備したひときわ青が目立つ建物を発見。



こちら、比川地域共同売店。形式は、地域で運営する昔ながらの商店です。



地域のコミュニティ施設の役割もあるのか、お店の奥には座敷スペースまで!ゆんたくできますねー。



「ごゆっくりお休みください どぅぐいわりよー」との張り紙が。なんと無料WiFiまで完備です!



隣には図書コーナーまで!そして若いお客さんが多い!
後で知ったのですが、オリジナルトートバッグを作ったりと、いろんな取組みをされている売店なんですって。



沖縄といえば、マルマサのミキ。3種類揃ってました。



お弁当やお惣菜も揃ってます。お店オリジナルかと思いきや、久部良集落の大朝商店で並んでたのと同じものでした。



このドリンクは初めて見たなー



沖縄っぽいレトルト食品も充実。てかこの共同売店、棚を見てるだけでも楽しいっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【2日目】与那国島その6(南牧場)



久部良集落を後に、反時計回りで島を周遊します。
集落を抜けてすぐ、道路に現れた溝のようなもの。
「テキサスゲート」といって、幅広の溝を嫌い馬がここから外に出ない仕掛けになってます。
つまり、ここから先は牧場地ということね。



南牧場に入りました!海を眺めながらの快適なドライブ…とはならず、道路を馬が横切ります。



横切るだけでは済まなくて、馬に囲まれた!あくまで牧場内の道路なので、馬優先です。すれ違うタクシーも徐行していましたよ。
ただここの馬、ほとんどが大型のもので、与那国馬は見つけることができるか!?というレベルしか居ません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【2日目】与那国島その5(久部良集落)



与那国島の海の玄関口、久部良集落をぶらり。
日本最西端のバス停は、かなり雑な造り。バスは1日7本みたい。



日本最西端の郵便局。



日本最西端の信号機。ここでは全てのものが、日本最西端になります(笑)



今度は、日本最西端のお店「大朝商店」。



商品のラインナップはなかなかで、お弁当やお惣菜も売られています。



新聞や雑誌も並びます。島にコンビニは無いけど、コンビニのように何でも揃ってる商店ですね。



ここで、資生堂が売り出している長命草のドリンク発見。資生堂では、長命草を「与那国島のパワーベジタブル」として、美容にもいい商品群として発売しているそうです。
このドリンクもそうで、リンゴ、オレンジ、ブドウ、レモンをブレンドした、飲みやすくすっきりした仕上がりになってます。ただ、最後は口のなかに長命草の粉が残る感じがしましたけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【2日目】与那国島その4(最西端の地)



食事を終えたら、日本国最西端の地へ。
とうとうここまで来たぜ!
最北端(宗谷岬)、最東端(納沙布岬)にも行ってるから、残るは最南端(波照間島)だけ!



最西端の碑の裏側に広がる大海原。残念ながら台湾は見えなかったけど、青く広がる海や空が美しかった!



岬の先端にある灯台。真夏な風景。



岬の先端には、最西端の碑、灯台以外にも、展望台などが整備されています。
案内板のオブジェはもちろん、カジキマグロ!



展望台から見た、久部良集落の様子。先ほどのナーマ浜は見えないけど、漁港を中心とした集落の全体像ははっきり。



今いる場所、せっかくなのでGoogleマップをキャプチャ。
台湾からものすごく近く、本当に西の端に来たんだなーと痛感。
後になって、日本全体の地図でキャプチャ取ればよかったと後悔(汗)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【2日目】与那国島その3(海人食堂)



海馬遊びを終えたら、久部良の漁港へ。



漁船が入港したら、ここに魚が並ぶんでしょうね。



建物のすぐ向こうは、船が接岸する岸壁。港なのに、やばいくらいキレイな海が広がっています。



そんな漁港の建物の一画で、食事することができます。「海人食堂」とストレートな名前です。



座敷やテーブル席が並ぶ店内。



離島の漁港の食堂って雰囲気がプンプンただよう、いい感じなお店。
たまたまお客さんが少ないタイミングでしたが、この前後は溢れるほど賑わっていました。



座敷席はもちろんオーシャンビュー。



窓からの眺め、気持ち良すぎです。



カジキマグロで有名な与那国島。黒潮が直接ぶつかっている、日本では唯一の島だからというのもあるのでしょう。店内には日本記録のクロカワカジキの写真が飾られていました。



メニューは意外とシンプルな構成…というか、カジキとそばだけです(笑)



いただいたのは、魚カツカレー(800円)
カジキマグロのカツがのったカレーに、カジキマグロの刺身がセットになってます。



まずはカジキマグロの刺身から。新鮮さはさすがで、旨い!
甘口の刺身醤油とわさびが合います。



続いてカレーを。カツも美味しくて、サクサクした衣の食感、ホクホクした身がいい感じ。
カレー自体はサラサラしていて、最初甘いと思ったら意外とスパイシー。
カジキマグロのカツに合うカレーってのがいい感じです。



せっかくなので、与那国そばも味見。こっちもデフォルトでカジキマグロの刺身がついてきます。
やっぱり、カジキマグロな島なんですね。



そばは、塩味がしっかりしているダシの効いた美味しさで、本島とも宮古とも違うスープは、なかなかの味わいです。



トイレに張られていた写真。与那国島から台湾が見えたときのものです。ここまで大きく見えるなんて!
…と思ったら、これだけ条件がいいのは、年に数回しか無いらしい。しかもこれだけ見えるのは、嵐がくる前兆なのだとか。

店内にはイベント等のいろんなチラシが張られていたのですが…自衛隊の駐屯地が一般開放されるとは!しかも偶然ながら、今日みたいですよ。これは要チェックです!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【2日目】与那国島その2(ヨナグニウマ/海馬遊び)



今日の午前中は、与那国馬あそび!
NPOの方に宿まで迎えにきてもらい、軽トラの荷台で連れて行ってもらう。
離島ではたまにやるパターンだけど、本州では有りえないよね。
これがまた、気持ちいいんだ♪



今回、私の相棒となってくれた子。
天然記念物でもある与那国馬はポニーのように小型で、ほんとうに大人しいです。
他の品種との交配もなく、その系統た保たれている貴重な馬で、2012年時点では120頭しかいないんだとか。
この馬を単に保存するだけでなくk、ホースセラピーとしても活用しているのが、今回お世話になった「NPOヨナグニウマふれあい広場」さんです。



私が横に立つと、その小型っぷりが目立つでしょ?



もちろん乗馬しましたよ。写真に写っている海岸まで、1時間弱ののんびり外乗。これがまた気分いいんですよね♪



与那国島の西にある集落・久部良にあるナーマ浜で、海に浸かりながらの乗馬!
普段身体を水で洗わない馬にとっても、この海遊びは身体を洗う絶好の機会で、気持ちいいんですって。



とにかく透明度のいい、キレイな砂浜をホーストレッキング。最高な気分だよ!



さらには、馬の尻尾につかまって引っぱってもらう海馬遊び。毛の部分を掴むから、馬にとっても痛くないらしい。
そしてこんなことをしても嫌がらないほど、大人しい馬。
とにかく、最高に気分いいです!
こんなことできるの、日本でもここだけなんじゃないかな?



とにかくフレンドリーに。声をかけるとしっかり聞いてくれている馬。
声をかければかけるほど、なでなですればするほど、心が通じあうというか。
いっぱい触れ合ってたら、なんかすごい距離に近づいちゃった!



海馬遊びが終わったら、ゴロゴローって身体に砂をこすりつける仕草。身体を乾かしているんですって。



こうして、午前中の与那国馬との触れ合いはおしまい。
遊んでいたナーダ浜は、こんな風景のビーチ。
こんなに素敵なのに、集落からもすぐ近くなのに、だーれもいないなんて!
このビーチを貸切状態、最高の贅沢ですよね★

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【2日目】与那国島その1(Villa エデンの幸 旅物語)



1日のはじまりは、朝ごはんから。
昨晩おじゃました「サザンコール」が、宿の朝食会場になります。



食事は、割と典型的な宿のメニュー。
クーブイリチーなどが入るところ、沖縄っぽいですけどね。
全体的にあっさりしていて、食べやすい味付けです。



壁にかけてあった布。不思議な紋様だなと思ってたら…



与那国島で昔使われていた象形文字なんですって。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

bonbori 渋谷道玄坂店

bonbori 渋谷道玄坂店
以前坂の上にあったお店が移転して以来、はじめての訪問。
事前に食券を買うものの、店内は落ち着いた雰囲気です。

ランチに注文したのは、牛100%ハンバーグステーキの溶岩焼(1030円)。
熱い鉄板の上に、既に焼かれたまんまるハンバーグが鎮座してます。
かりっと焼かれた表面に箸を入れると、中から肉汁が溢れだす!
そしてその肉汁が、アツアツの溶岩にふれて、じゅわーっと湯気が出る!
この演出は、なかなかの面白さです。
油が飛び散るから、紙エプロンは必需品ですね。
ハンバーグ自体は、まぁまぁの美味しさ。
食前にサラダ、食後にデザートのミニシュークリームがついてきました。
お肉食べたい!ってときの、選択肢のひとつのお店ですね♪

| | TrackBack (0)

Bouteille@渋谷

Bouteille@渋谷

Bouteille@渋谷

7月にオープンしてたワインショップ&デリ。
近くにあるCUJORLの姉妹店になるのかな?
ホールのようにシンプルなレイアウトの店内で、
片側にオープンカウンター、片側にワイン庫という構成です。

ランチタイムにはテイクアウトのお弁当もありますが、
今回は豚ひき肉のキーマカレー 半熟たまごのせ(900円)を注文。
セットのサラダは、CUJORLのドレッシングと同じ味。
そしてキーマカレーには、豚ひき肉がたっぷり。
辛くはなく、ミートソースのように優しい味が特徴的かも。
トッピングたまごの黄身が、マイルド感たっぷりです。

食後には、セットのコーヒーでひといき。
言葉にしがたい、まったりとした空気で包まれる店内でぼーっと。
自然体の気持ちよさ、とでもいいましょうか。
こういう感覚のお店って、ありそうでなかなか無いです。
特に渋谷では貴重です♪

| | TrackBack (0)

ビストロ ビンゴ@渋谷

ビストロ ビンゴ@渋谷

ビストロ ビンゴ@渋谷

一昨日、10/3にグランドオープンしたばかりのビストロ。
ビンゴ=BINGO=備後
ということで、夜は備後の素材を活かした料理を中心にラインナップ。
お店のロゴは、瓶で5の数字を描いたもの。
古民家を改装した建物で、2階が気になるものの、喫煙エリアとのことでしたので、
1階の厨房+カウンター席に腰を下ろしました。

ランチにいただたいのは、六穀豚のハンバーグ 温玉添え(1300円)。
最初にレバーのパテを乗せたサラダと、あっさりオニオンスープが登場。
続くメインのプレート、ハンバーグが小さく見えますが、中が詰まってるのかボリュームあります。
表面をしっかりと焼きあげられており、箸を入れると中から溢れだす肉汁の勢いがすごい!
これを塩で食べるもよし、おろし醤油で食べるもよし。
そして、温玉につけて食べるもよし♪
規格品でないハンバーグは、なかなかの美味しさです。
ただ、ちょっとお値段はしますがね(汗)

| | TrackBack (0)

麺屋和利道@池尻大橋(渋谷?)

麺屋和利道@池尻大橋(渋谷?)
ちょっと渋谷からは離れますが…歩いて行ける距離でした!
人気なのか、食券を買ってから行列に並びます。
店内かつベンチがあるから、待つのもラクかも。
そして回転がいいから、それほど待たずにカウンター席に座ることができました。

いただいたのは、味玉つけめん(900円)を麺大盛300gで。
並んでいる間に注文・麺の量を聞かれていたから、着席するとほどなく完成。
魚介豚骨のスープは、美味しいけど最近流行りの味。美味しいんだけどね。
大ぶりなチャーシューも、しっかり入っていましたよ。
太めのストレート麺は、まるで讃岐うどんかのような食感。
コシがしっかりしてます。

食べ終えたら、スープ割りで。
ここまでは普通なのですが、熱い石を入れるのが特徴的。
冷めかかったスープが、再び熱くなります。
軽く焦げるような香りが、再び食欲を刺激します。
ちょっとした工夫なんでしょうけど、明らかな違いが面白いですね。

| | TrackBack (0)

亜寿加@渋谷

亜寿加@渋谷

亜寿加@渋谷

久しぶりの訪問!
何も考えずに、いつもの排骨担々めん(980円)を注文。
辛さを纏いつつも胡麻のマイルドさで包まれる担々めんに、からっと揚がる豚肉の排骨。
スープに浸かってても衣がしっかりしており、美味しさキープです。
オリジナルな麺も、このスープ、この排骨とのマッチングが見事です。
相変わらず美味しいな~★

サービスの小ライスには、辛子高菜を加えて。
これもまた美味しくて、ご飯が進んじゃうんですよね。
たまーに食べたくなる逸品です♪

| | TrackBack (0)

サブウェイ 野菜ラボ 丸ビル店

サブウェイ 野菜ラボ 丸ビル店

サブウェイ 野菜ラボ 丸ビル店

植物工場併設型店舗…ということで、店内の中央にはどーんとサラダの人工栽培。
これを眺めながらカウンター席で食べるという、シュールな光景です。

いただいたのは、朝のBLTセット。ドリンク込で500円と、丸ビルでは嬉しい値段設定です。
オーダーしてから具を挟むのは、他のサブウェイと同じシステム。
ちょっとお願いして、パルメザンチーズをたっぷりめに。
シーザーサラダで味付けしてもらいました。
野菜たっぷりで、オリーブも入ってて、サブウェイらしい安定した美味しさ。
狭い店内でカウンター席しかないため、ゆっくりしにくい雰囲気ではありますが、
中央でレタスが育っているシチュエーションは、なかなか楽しいです♪

| | TrackBack (0)

上野の森パークサイドカフェ

上野の森パークサイドカフェ

上野の森パークサイドカフェ

上野公園の中にあるカフェ。
緑に囲まれており、テラス席も十分に用意されていますが、店内でも木をふんだんに使った建物は窓ガラスも多用し、天井も高く開放感はしっかり。
恐らくテラス席同様、気分よく過ごせる空間です。

ランチにいただいたのは、揚げ茄子と3種トマトのナポリタン(1290円)。
揚げ茄子が、甘くて美味しい!
トマトも甘さたっぷりで、ナポリタンらしくソーセージや玉ねぎも。
とにかく具がたっぷりで、量だけでなく美味しいのがポイント。
王道のトマトソースも、酸味しっかりで気持ちいい味わいです。
思ってた以上に美味しい品でした。

気分のいい場所なので、せっかくですから食後にお茶を。
いただいたのは、フレッシュハーブティー(+390円)。
乾燥させてない、フレッシュなレモングラスの香りが、すごく広がります。
ポットで提供され、最初は香りを中心に楽しんで。
最後のほうになるとだいぶ濃くなってきて、甘さを感じるから不思議。
リフレッシュできる味のハーブティーを、上野の杜のなかで、天然素材に囲まれていただくのって、気分いいです♪

| | TrackBack (0)

« September 2016 | Main | November 2016 »