« June 2015 | Main | August 2015 »

加藤牛肉店 シブツウ@渋谷

加藤牛肉店 シブツウ@渋谷
渋谷ということで、新しい方向性での出店。
ソファの雰囲気やカウンター席など、ちょっと凝っているうえに、席の間隔に余裕のある空間。
夜は山形牛などがいただけるそうですが、
昼のランチメニューには、入っていないようですね。

イチオシは特撰三元豚を使用したトンカツみたい。
せっかくなので、上ロースかつ定食(1850円)を注文。
ふわっとサクサクした食感の衣が、小気味いいです。
ジューシーなお肉は柔らかく、豚の脂のあまみもしっかり。
塩をつけて食べるのが、一番美味しさを引き出せるような感じ。
もちろんソースもあり、かなり濃厚なので、かけるよりもつける感じで。
ボリュームもしっかりで、美味しいトンカツです。
ただしそれなりの値段なので、値段相応の美味しさかも。

| | TrackBack (0)

まめひろ@渋谷

まめひろ@渋谷
おでん屋さんのようですが、カレー中心のランチもやってます。
普通の定食もあるなか、まかないカレー(750円)を注文。
出てきたのは…キャベツの千切りがエベレストのようにそびえるカレー。
なぜか、カレーのルーだけが入った別皿も一緒に。
このルー、キャベツにかけて食べるんだろうか…謎だ…
食べてみると、甘みがある一方で、スパイシーさもしっかり。
いわゆる日本式のカレーライスなんだけど、かなり個性的な味わいです。
そして別皿のルーに、カレーが飲み物であることを再確認させられました!

| | TrackBack (0)

タコベル 渋谷道玄坂店

タコベル 渋谷道玄坂店
タコベル 渋谷道玄坂店
日本再上陸からしばらく。
少し落ち着いてきたみたいなので、やっとランチしに行けました!
それでも私の前後は比較的列が出来ていて、ほんと偶然入れたような感じです。
厨房の様子がガラス越しで見られ、ライブ感はバッチリ。
商品が出来上がるまでの間も、飽きることがないです。

注文したのは、クランチラップセット(918円)。
お肉はビーフ、辛さはミディアム、サイドはメキシカンポテト、ドリンクはセルフ式飲み放題で。
渡されたプレートには、たっぷりフライドポテトと、グリルされたトルティーヤで完全に包まれた商品。
ナイフを入れて、食べやすいサイズに切り取ると…
中にはタコミート・レタス・トマト、サワークリーム、チーズソース、トスターダ。
見た目なかなかジューシーな感じ。
もっと野菜たっぷりなイメージだったけど、やはり米系ファストフードの味なのが残念。
メキシコで食べた、新鮮野菜たっぷりな本場のタコスが懐かしい…。
でも、久しぶりのジャンクフード!
ドリンクも、ドクターペッパー飲んでやったでい!
今日はジャンク祭り!!!

| | TrackBack (0)

鮨のぶ@渋谷

鮨のぶ@渋谷
以前はバーか何かだったのか、狭い店内はバーのようなカウンター席があるだけ。
ちょっとお寿司屋さんっぽくない、落ち着いた雰囲気です。

ランチにいただいたのは、にぎり10カン(1200円)。
ちょっと甘めの小ぶりな酢飯の上には、この時期でも美味しいネタ。
弾力のあるタコも、脂ののったマグロも、本物の中落ち軍艦も、新鮮な赤貝などなど。
目の前で握ってくれるのは、シャリとネタが一体となったお寿司。
どれも丁寧で上品な握り具合です。
ランチ価格ならではなのでしょうけど、
この値段でこの内容、十分満足のいくものです★

| | TrackBack (0)

キッチン グラン@神保町

キッチン グラン@神保町
昭和なたたずまいの洋食屋さん。
以前から気になっていたのですが、意を決して晩ごはんで訪問。
厨房をL字型のカウンターが囲む形で、スローな空気が流れています。

注文したのは、とんかつ しょうが焼き 盛合せ(960円)。
かなりのボリュームでお皿に乗るのは、
しっかりとした味のしょうが焼きと、昔ながらのとんかつ。
いい意味で洗練されていない、懐かしい味わいです。
見た目だけでなく、味も昭和テイストさながら。
ケチャップのスパゲッティがついてくるのも、昭和な定食らしいポイント。
懐かしさすら感じる感覚は、家庭のごはんに近いところがあるかも。
こういうお店が残っている街は、いい街です。

| | TrackBack (0)

渋谷珈琲研究所

渋谷珈琲研究所
JR渋谷駅新南口改札の正面という、
便利なのか不便なのか微妙な場所にあるお店。
朝のメニューがリニューアルしたので、早速いただきました。

注文したのは、フレッシュレタスサンド(570円)。
トーストに無農薬レタス、もち豚ベーコン、ゴーダチーズをサンドしたもの。
シャキシャキしたフリルレタスの食感がいい感じ。
これまでのホットサンドも良かったけど、
やっぱり野菜が入ったサンドのほうが美味しいですよね。
セットのドリンクは、いつものモーニングコーヒー。
暑くてもホットを注文するのは、サイフォンで淹れてくれるから。
この手のお店では貴重です★

| | TrackBack (0)

オステリア バッカーノ@渋谷

オステリア バッカーノ@渋谷
人気イタリアンのお店。
一昔前はランチ時に行列が出来ていたけど、最近は落ち着いてるんですね。
久しぶりの訪問です。

いただいたのは、生ハム・サラミ・モルタデッラのペペロンチーノ(1188円)。
最初に出されるサラダのドレッシングの美味しさに嬉しくなり。
メインのパスタに盛られた生ハムなどに嬉しくなり。
いい具合にアルデンテの食感に嬉しくなり。
オイルベースながら、シンプルな塩・ガーリック・唐辛子のあっさりした味に嬉しくなり。
嬉しすぎて、思わずオイルを飲みそうになったり。
そんなパスタ・オイル・生ハムの調和が見事だったり。
食後のコーヒーがちゃんとした味でほっとしたり。
やっぱり、ここはいいお店だと再認識されられました★

| | TrackBack (0)

田舎そば のぶや 深川ギャザリア店



ここの商業施設は、飲食店のラインナップがよくて、たまに訪れる場所。
今日みたいな暑い日は、食欲もないし、でもしっかりと食べないと…
ということで、こちらのお店へ。

20食限定の江戸前穴子天ざる(1280円+税)を注文。
ランチタイム、そば大盛りOKなのは嬉しいサービス。
メニュー表のなか、思いっきり手書きで書かれているのが、いい味してます。
割とちゃんとした蕎麦の味がするのは、期待してなかっただけに嬉しいです。
天ぷらは、揚げたてでサクサク。
穴子の1本揚げはボリュームたっぷり。ふわっとしていて食べ応えあり。
天つゆは薄めでダシの味。
夏バテ、少しは解消できたかな?




| | TrackBack (0)

TAROS CAFE@清澄白河(森下)



古着屋だったお店がカフェに転向。
アメリカンな雰囲気で、雑然とした様子がガレージのような感じ。
でも、意外と落ち着くんですよね。
おしゃれで、なかなか居心地いいです。



今日は、4種類のランチメニューからチキンカレー(900円)を注文。
最初のカップスープはカレー味で、カボチャなどの野菜がたっぷり。
野菜と肉で仕上げたカレーは、
ブレンドされたスパイスのバランスがいい具合で、適度なホットさ。
無水なのか、旨味がぎゅーっと濃縮されています。
雰囲気メインのカフェご飯のつもりが、
思ってた以上に美味しいのがビックリです。



せっかくなので、食後にオリジナルコーヒー(400円)を注文。
コーヒー豆は、The Cream of the Crop Coffeeのもの。
バランスのとれたスムーズな味わいで、軽い苦みにしっかりとしたコク。
すーっと抜けるフルーティな後味も爽やかです。
PC持ち込んでお茶している人見かけたけど、わかる気がするよ。

| | TrackBack (0)

ARiSE COFFEE ROASTERS@清澄白河

ARiSE COFFEE ROASTERS@清澄白河
久しぶりに訪問。
店主との会話も久しぶり。
ブルーボトルコーヒー開業以前のような、
まったりとした時間の流れが心地よいです。
暑いので初めてアイスコーヒーをいただいたけど、
こちらもなかなか美味しいですよね。
コーヒーを凍らせた氷も入っていて、
溶けても薄くならないようにしているんですって。
さすが!

| | TrackBack (0)

パッポンキッチン@渋谷

パッポンキッチン@渋谷
パッポンキッチン@渋谷
スナックなどが入る雑居ビルの2階。
昼間は薄暗くて静かなこの廊下に、ひとつだけ温かみのある光が漏れている、
そんな雰囲気のタイ料理屋さんです。
店内はほぼカウンターだけで、シェフも接客もタイ人みたい。
他のお客さんが簡単なタイ語をしゃべれるみたいで、店内ではタイ語が飛び交っています。

ランチは日替わりの1種類のみ。
今回は、前菜に牛挽肉のラープ、たくあん豚玉子炒め。
サラダは、人参のソムタム。
そしてメインは、米中細麺の魚団子入りそば。

まず席につくと、冷されたお水のペットボトルとコップが出てきます。
お水のサーブとしては、なんと合理的な方法!

人参のソムタムは、ナンプラーが効いたほどよい酸味がするもの。
干し海老や砕いたナッツ類も加わり、タイらしさを感じるひとしなです。

牛挽肉のラープ。あっさりしつつもしっかりとした味わいは、
魚醤で味つけられたっぽく、ほのかな酸味がいい具合です。

たくあん豚玉子炒めは、火が通ることでたくあんの甘さが引き立つもの。
和とタイがいい具合に合わさっています。

そしてメインのそば。透明なスープは鶏ガラかな?あっさりしているけど、味わいはしっかり。
パクチーやらネギやらの薬味が、いいアクセントになっています。魚団子もタイらしさを演出。

どの料理も、多少は日本人に合うようにアレンジしているのでしょうけど、基本的にタイ料理。
美味しい本場の味をそのままいただけるのは、さすがタイ人シェフならでは。
これだけの料理が揃って1000円とは、なかなかお値打ちです!

| | TrackBack (0)

麺 KAWAKEI@渋谷




JR渋谷駅のガード下にある蕎麦屋さん。
戦後まもなくより、この地で渋谷の変遷を見つめてきたこのお店、
7月26日朝9時をもって、再開発のため閉店とのこと。



24時間営業でリーズナブル、しかもチェーン店ではないという貴重な存在。
何度もお世話になったこちらに、最後の訪問です。



いただいたのは、昔よく食べてたカツカレー(750円)。
そば屋のダシの効いたカレーではない、ごくごく普通のカレーライス。
ボリュームたっぷり、揚げたてアツアツのカツ。
普通の味なんだけど、それがいいんですよね。
飽きずにいつでも食べれる、そんな美味しさです。



店内には、代表による閉店のメッセージ。



壁には、お客さんからこのお店へのメッセージがいっぱい。
渋谷で、こんなに愛されているお店って貴重だよ。



またひとつ、渋谷から歴史が消えていくんですね。
そして、新しい渋谷がまた現れるんですね。

| | TrackBack (0)

LIVING ROOM CAFE by eplus@渋谷

LIVING ROOM CAFE by eplus@渋谷
LIVING ROOM CAFE by eplus@渋谷
LIVING ROOM CAFE by eplus@渋谷
7月15日に開店したばかりの、夜のライブをメインとした飲食店。
昼間はランチ・カフェ営業しており、電源・Wi-Fiも完備。
アメリカのライブハウスっぽい感覚のエントランス。
バーカウンターなど、様々なシーンに合わせた店内。
客席は、店名のとおりソファを中心としたリビングのような空間。
ゆったりとした落ち着きのある雰囲気で、なかなか居心地いいです。

ランチにいただいたのは、ホウレン草とベーコンのアーリオ・オーリオ(1200円+税)。
300円追加して、サラダ+ドリンクのセットにしてもらいました。
パスタは、もちっとした食感がいい感じ。
ほうれん草やベーコンがたっぷり。松の実も入って、食べごたえあります。
オリーブオイルにガーリックのアクセント、そして軽い塩気がほどよい味付けですね。
ただ、これで1200円+税は高いなぁ。
空間の居心地良さを考えると、カフェとしてゆったりと滞在する使い方がいいのかも。
もちろん、夜のライブは気分よく過ごせるのでしょうね★

| | TrackBack (0)

機内食@MIATモンゴル航空OM501(ウランバートル→成田)




朝ごはんなのか昼ごはんなのか、判りづらい時間帯に出る機内食。
ビーフとチキンから選べ、帰りもビーフを選択。
ウランバートル発の食事は…まぁこんなものかな。



ただサラダのドレッシングが、オリーブオイル+バルサミコというのは嬉しいです。



お肉はパサパサで、トマトソース?がいい味なんだけど、ちょっと少ないのが残念。
ラビオリがたっぷり過ぎて、食べれません(汗)
せっかくなのでモンゴルビールを…と思ってお願いしたら、ドイツビールだったというオチ。



ケーキは、バタークリームに何かが入っているような感じ。まぁこんなものかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チンギスハーン国際空港(モンゴル)



そうこうしているうちに、送迎車は空港に到着。
ここで、乗馬だけでなく、いろんな遊びを教えてくれた、非常によくしてくれたガイドさんとサヨナラ。



キリル文字で書かれたMIATモンゴル航空のカウンターでチェックインをし、
出国手続きをしたら、そのまま正面1カ所が搭乗ゲート!





免税店はひとつ上のフロアという、非常にコンパクトな造りです。
友人へのお土産を購入しつつ、自分用にはカシミア製品を。
モンゴルの名産?品です。
本当は有名な岩塩も買いたかったけど、空港内では売られていなかったみたい。
ちょっと残念。

1カ所しかない搭乗口、東京行きの前はモスクワ行き。
雰囲気のいいカフェはロシア人っぽい人でいっぱいで、なんか異国って感じ。
初めてのモンゴル訪問は、これにておしまい。
ちょっと名残おしいな。。。また来たいな。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

出発 from エレステ ツーリスト キャンプ(モンゴル)



早朝5:30。
空が少しだけ明るくなり始めたころ、
宿泊していたツーリストキャンプを出発しました。



朝ごごはんは、キャンプで食べれないので、サンドイッチのお弁当。
スパムのようなお肉にチーズ、レタス。
シンプルだけど、十分な朝食です。



空が明るくなるころ、貨物列車が併走している様子が見れました。
本数が少ないだけに、貴重な光景。



近代的な体育館を横目で眺めつつ、
ウランバートルに朝日が昇る、美しい風景を堪能。



もう日本に戻るのみだけど、1日が始まるぞーってテンションが上がります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

満天の星空@エレステ ツーリスト キャンプ(モンゴル)

満天の星空@エレステ ツーリスト キャンプ(モンゴル)
夕日が沈み、赤く染まった空。
明朝は5:30の出発。
そろそろゲルに戻って、帰り支度をして早めに休むことに。

そして真夜中、犬の鳴き声で目を覚ますと…そこには満天の星空!
北斗七星もくっきり、高さのある北極星もはっきり。
ダイナミックな夏の大三角形。
そして、くっきりと見える天の川!
プラネタリウムのように光り輝く星空が、モンゴルの草原に広がっていました。
今回の滞在中、あまり天気がよくなかっただけに、
最後の最後にこの星空が見れて、最高な思い出になりました★

| | TrackBack (0)

3日目の夕食後@エレステ ツーリスト キャンプ(モンゴル)




最後の夜、食後に外で弓矢で遊び。
的に当てるゲームだけど、一人前だと70m飛ぶのだとか。
簡単なようで意外と難しい!
そして楽しい!
自然の中で、自然とともに過ごすスタイル、最後まで気持ちいいです。



この時間になって、ようやく陽がさしてきて、私の影も草原に長く映しだされました。



特別に、イベントなどで使う大型のゲルを見せてもらうことに。
壁面に絵画のような装飾。そしてシャンデリア。
やはり他とは違う特別感が。



自由に遊ぶこと午後10時。日が暮れる時間。
草原の丘に、大きくてくっきりとした太陽がしずみます。
最後の夜もこれでおしまい。楽しかったなー★

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3日目夕食@エレステ ツーリスト キャンプ(モンゴル)




まだまだ明るい午後7時にいただく夕食。
最初に、ニンジンとレーズンのサラダ。



メインのスープは、羊肉に野菜たっぷりなもの。
白いのは羊のしっぽで、プルプルしてて、コラーゲンたっぷり。
春雨のようなものも入ってたのが、ちょっと意外です。
羊のダシが出た味ながらも、薄味で食べやすいです。



パンはナンのように焼いた感じで、スープにつけていただきます。



最後のデザートは、焼き菓子みたいな感じ。
練乳で甘くしているけど、基本やさしい味です。
どの料理も、日本でありそう!なやさしい感じなので、とっても食べやすかったです。
これが最後の食事になるのかと思うと、ちょっと寂しいな。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

モンゴル馬たち@エレステ ツーリスト キャンプ(モンゴル)




乗馬の前後は、馬たちにとってもリラックスタイム。
いつもくっつき合う、仲のいい馬たち。



1日のツアーが終わると、その辺りの草をもしゃもしゃ。
この子たちの様子を見ているだけでも、癒されます★

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3日目の乗馬(午後)@エレステ ツーリスト キャンプ(モンゴル)




短い旅の最後の乗馬は、遊牧民のゲルに遊びに行くツアー。



相変わらずポクポクのんびり揺られて、眠くなる気持ちよさ。



そして迎えてくれたのは、3人暮らしのゲル。



ソーラーパネルがあり、衛星放送用のパラボラアンテナがあったりと、現代的です。
馬にも乗るのでしょうけど、普段は車やバイクみたい。





中に通されて、軽く塩味のついた牛乳や、ヨーグルトでできたお菓子を振る舞われつつ、
おじさんによる伝統楽器での演奏。



ガイドのみんなも歌ってたから、有名な歌なのかな?
続いて日本人組が、日本の歌を披露…意外と出てこないものですね(汗)
こういう地元ならではのふれ合いの旅、楽しいです。





| | Comments (0) | TrackBack (0)

3日目昼食@エレステ ツーリスト キャンプ(モンゴル)




一番のお楽しみの昼食。
生野菜が嬉しいサラダに続いて、油で揚げたパンの登場。



一見菓子パンのようだけど、甘くないのが特徴的。



スープは具沢山のチキンスープ。
しっかりとダシだ出ているうえに、ショウガのアクセントがしっかり。



メインは、羊肉のパイ包み揚げ。
食べ進むと、中に閉じこめられていた肉汁がじゅわーっと溢れ出てきます。
ジューシーながらも、あっさりした味つけがいいです。



最後のデザートはプリン。カスタードみたいに濃厚で、バニラで軽くアクセント。
全体的に優しい味付けで、午後の乗馬にも負担にならない食事。
美味しいです★

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3日目の乗馬(午前)@エレステ ツーリスト キャンプ(モンゴル)




丘の向こうまで、片道1時間の道のり。
途中、山羊と羊を放牧している群を通り抜け、
見晴らしのいい丘で途中休憩。



休めている馬がかわいいです。
広い丘を眺めていると、遠くに何かがあるみたい。



双眼鏡で確認すると…巨大なチンギスハーンの像!
約5km離れていて見えるのですから、近くだと相当な迫力なのでしょうね。



休憩してると、モンゴル馬に乗った子どもが現れて。
乗馬の様子がかっこよくて、さすが乗り慣れてるって感じ。

休憩を終えると、丘をぐるっと回り込むように違う道から帰ることに。



途中、牛の骨が散らばっていたりして、自然を感じてみたり。



丘を回り込むと、遠くにツーリストキャンプが。
これでも多分4kmくらい?
ゆっくり、のんびりとした歩みで揺られるのは、眠くなるくらい気分いいです♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3日目朝食@エレステ ツーリスト キャンプ(モンゴル)

3日目朝食@エレステ ツーリスト キャンプ(モンゴル)
ビュッフェ方式の朝ごはん。
今朝はパンの上に、スパムのようなものとチーズ。
そしてバゲット数種。
ドリンクは、昨日と同じサジのジュース。
普通に美味しくいただけることは、十分な幸せです。

| | TrackBack (0)

夜10時夕方@エレステ ツーリスト キャンプ(モンゴル)

夜10時夕方@エレステ ツーリスト キャンプ(モンゴル)
ゲルのある草原に陽が落ちる刻。
雲が多く、太陽の光が草原の空を、わずかにピンク色へと染めています。
楽しみだった星空は、今夜は無理かな。
おやすみなさい!

| | TrackBack (0)

伝統的な遊び@エレステ ツーリスト キャンプ(モンゴル)

伝統的な遊び@エレステ ツーリスト キャンプ(モンゴル)
食事を終えたら、モンゴルの伝統的な遊びを教えてもらいました。
羊のくるぶしの骨を使った、すごろくのような遊び。
「競馬」と言ってました。
サイコロのように4つの骨を投げ、
その向きで「馬・ラクダ・羊・山羊」の4種類の呼び名が。
馬が出ると、その数だけ自分の駒(骨)を進めるもの。
4つが全てバラバラだと4マス、
4つ馬が揃うと8マス進めるという、逆転要素もあり。
素朴な遊びですが、これが意外にもハマる!
なかなか面白いです。

| | TrackBack (0)

2日目夕食@エレステ ツーリスト キャンプ(モンゴル)



メイン料理は羊の骨付き肉!



スープは羊肉からダシをとったもの。独特な味わい。



骨付き肉は、骨から肉をそぎ落とすようにして切り出し、
ピクルスのような野菜と一緒にいただきます。



単独だとBBQのような炭火の感覚とともに、独特の臭いがありますが、
ピクルスと一緒だと、いい具合に中和され、なかなかの美味しさ。
ちょっとモンゴルらしい料理かな?
つけあわせの炭水化物が「ごはん」なのは、ちょっと嬉しいかも。



食後のデザートは、ここで作られたケーキ。
表面はちょっと固めだけど、中は軽くふわっとした感じ。
アクセントでレーズンが入っています。
甘すぎず、やさしいバランスがいい具合。

食事やデザートは、お茶とともにいただく感じ。
完全にノンアルコールの世界。
ボリュームも適度で、なんか身体にいい感じです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夕方@エレステ ツーリスト キャンプ(モンゴル)

夕方@エレステ ツーリスト キャンプ(モンゴル)
晩ごはん前、夜7時でこの明るさ★

| | TrackBack (0)

2日目昼食@エレステ ツーリスト キャンプ(モンゴル)

このキャンプでの食事は、ランチが一番充実。
サラダからはじまりデザートに終わる、コース形式です。



最初のサラダは、ジャガイモをビーツで煮たもの。軽い塩味がいい塩梅です。



続いてチキンのクリームスープ。あっさりとした味付けで、脂肪分が少ないのが特徴的。



メインは羊肉のオムレツ。たっぷり羊にたっぷり野菜。ボリュームあるけど優しい味付けで、抵抗感が全くありません。



最後のデザートはクランベリー。粒がそのまんま入っていて、甘さもそのまんま。
全体的に素朴でピュアな味付け。
かといって物足りないこともなく、しっかりとしているバランスは見事。
そして、欧米のようにボリュームが多すぎず、日本人にちょうどいい量。
ここが日本ではないことを、忘れてしまう内容です★

| | Comments (0) | TrackBack (0)

乗馬その1@エレステ ツーリスト キャンプ(モンゴル)



朝食のあと、軽く休憩して乗馬へ。
最初なので、慣らし運転のようにのんびり草原を歩きます。
遊牧民に従って、引き馬ではなく、一人で外乗。
ぱーっと広がる風景のなか、馬の足音や静かな風、虫たちの命を感じながらの行程。
日本ではなかなかできない、かなり楽しい体験です!



2時間ほどの乗馬タイムは、
小1時間ほどして軽い休憩をとり、ツーリストキャンプに戻るスタイル。
モンゴルの馬は、サラブレッドよりひと周り小さいです。
かわいらしく、性格もおとなしいので、安心して馬に揺られてきました★





| | Comments (0) | TrackBack (0)

2日目朝食@エレステ ツーリスト キャンプ(モンゴル)

2日目朝食@エレステ ツーリスト キャンプ(モンゴル)
共用棟のレストランでいただく朝ごはんはビュッフェ形式。
パンが思いのほか美味しいです。
ドリンクはサジという果実。ホットでいただきます。
爽やかな酸味がして、ホットレモンみたいな感じ。
味覚や種の食感は、パッションフルーツに近いものがあるかな?
このほかには、水餃子のようなものも。
軽めの朝ごはんですが、これでちょうどいい具合です。

| | TrackBack (0)

エレステ ツーリスト キャンプ(モンゴル)の朝

エレステ ツーリスト キャンプ(モンゴル)の朝
一夜あけると、そこは草原のなかにゲルが建つ世界!
突き抜けるように奥行きのある風景。
標高1800mのこの場所、空気が澄んでいて気持ちいいよ!

| | TrackBack (0)

初日の夜食@エレステ ツーリスト キャンプ(モンゴル)





到着後、本来は共用レストランでいただく夜食。
特別に、部屋まで持ってきていただきました。
軽めの食事は2種類。
野菜炒めは、人参・ピーマン・玉ねぎ・パプリカ。
アクセントにニンニクも入ってます。
塩味をベースとした軽く優しい味付けで、日本人でも何の抵抗もなくいただけます。
もう一品は、羊肉のスープ。
こちらも野菜がいっぱいで、米も入っています。
食べるスープといった感じ?
スパイスやハーブが効いていて、身体があたたまります。
モンゴル料理がどんなものか、よくわかりませんが、
少なくともこの夜食は、安心していただける美味しさです★

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゲル@エレステ ツーリスト キャンプ(モンゴル)

ゲル@エレステ ツーリスト キャンプ(モンゴル)
ゲル@エレステ ツーリスト キャンプ(モンゴル)
すっかり夜もふけた時間に、今回の宿泊地に到着。
レストランやトイレ・シャワーの共用棟、そして宿泊はゲルにて。
中央の2本の柱の間は、通り抜けてはいけない場所。
しっかりしたつくりですが、夜はかなり冷え込みます。
そんなときは、中央の薪ストーブに感謝。
火を入れると、あっという間に室内が暖まりました。
暑いくらいで、効果抜群です。
ベッドの寝心地は、まぁなぁかな。

| | TrackBack (0)

雲の上

雲の上
どこまでも続く雲の海。
その上に気持ち良く広がる青空を、びゅーんと飛び抜けるMIATモンゴル航空機。
昼間便ならではの、旅の楽しみ★

| | TrackBack (0)

機内食@MIATモンゴル航空OM502(成田→ウランバートル)



お昼ごはん的位置づけな機内食。
ビーフとチキンから選べ、ビーフを選択。
ちなみにチキンはカレー味+ごはん(お米)という構成。

選んだビーフは、外資系エアラインエコノミーとしては、美味しい印象でした。
旨味のしっかりしたデミグラスソースがかかった牛肉は、十分な柔らかさ。
添えられた野菜は軽く塩味、マッシュポテトも優しい味つけ。
サラダが生野菜なのも嬉しい点。
キユーピーの焙煎胡麻ドレッシングが添えられてました。
マロンクリームのスイーツも甘すぎず、食後のコーヒーによくあう感じ。
ウエットティッシュのデザインもかわいくて、センスあります。
MIATモンゴル航空、見直したぜ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

らあめん花月 嵐 成田国際空港店

らあめん花月 嵐 成田国際空港店
第1ターミナルの、滑走路を見渡せるフードコート。
お昼に注文したのは、嵐げんこつらあめん(650円)をしょうゆ味で。初めて食べたけど…かなりこってりなんですね。
丼を覆い尽くすように、背脂たっぷり!
二郎とはまた違うこってりさ。
ジャンキーなラーメンここにあり、って感じですね。

| | TrackBack (0)

DOOR@渋谷

DOOR@渋谷
NYのブルックリンバルをイメージしたお店。
ワイルドな雑居ビルは、階段もウォールペイントで覆われたもの。
気分よく4階まで上がると、木のテーブルやカウンター・DJブースが印象的なおしゃれ空間。
雰囲気よくて、なかなか居心地いいです。
週末の夜はイベントやってたりするそうで。楽しそう!

ランチにいただいたのは、チキンオーバーライスセット(800円)。
NYのストリートフードとのことで、現地よろしくランチボックスで提供されます。
ターメリックライスの上にチキン・レタス・トマト。
これを、ガーリックの効いたホワイトソースでがっつりと。
チリソースを加えると、辛さがいいアクセントに加わって、さらに食欲が増します。
ジャンクなテイストな、いかにもアメリカのストリートフードって感じ。
クセになりそうな美味しさですね。
カップに入ったコンソメ?スープも、
ガーリックが効いているうえにキノコたっぷりなので、なかなかいい味。
選べるドリンクは、ジャスミン茶をチョイス。
ジャンクなごはんの免罪符に…なるなか????

| | TrackBack (0)

ボングウ ノウ@渋谷

ボングウ ノウ@渋谷
ボングウ ノウ@渋谷
落ち着いた、おしゃれなフレンチビストロ。
夜が中心なお店ですが、最近ランチを始めたので、早速訪問。
窓側のスタンディングエリアは、夜さくっと立ち寄るにはいいのでしょうね。
奥のフロアからは、ダイナミックな厨房の様子が見えます。

注文したのは、野菜もりもりプレート(1000円)。
最初に出てきたパンとサラダ。
美味しいものの量は普通で「野菜ってこれだけ?」と思っていたら、後からメインプレートが登場。
大きなキッシュが載ったお皿には、ラタトゥイユ、オクラと豆の和え物、人参、トマト等など。
少しずつ、いろんな種類が並ぶのは嬉しいですね。
どれもしっかりとした味付けながらも、野菜中心で優しさが感じられます。
メインのキッシュは、サクサクの生地に、アボカド・ブロッコリー・クリームチーズのしっとり濃厚さ。
ヨーグルトの上には、桃のコンポート。
これに、濃厚な冷製コーンポタージュ、選べるドリンクがついてきます。
ワインも選べるのが嬉しいポイントですが、仕事中ですし、今回は身体に気をつかってジャスミン茶に。
こういうランチは嬉しくなっちゃいますね★

| | TrackBack (0)

ぼくじん@銀座

ぼくじん@銀座
ぼくじん@銀座
ぼくじん@銀座
フィールドワークで青森に行った仲間と訪問。
青森に飢えていたので、青森産の刺身やお肉が味わえる点で選びました。
雑居ビル5階にあるお店は、銀座とは思えぬカジュアルさ。
それでも、吉兆で修業した板前さんのお料理が食べられるのは嬉しいです。
スタッフの方も丁寧な接客で、好印象です。

トマトのジュレがけから始まり、刺身盛り、目の前の七輪で焼くラム肉や野菜…
アラカルトで選んだもの、どれも美味しい!
いい感じで酒のつまみになっているうえに、お酒の種類も充実。
いつまでも居座り続けてしまいます。
シメの食事は、イクラ丼。
こぼれんばかりのイクラ、味の良さはもちろん、ビジュアル的にも最高!
トータルの値段もそれほどではなく、かなりいいお店です★

| | TrackBack (0)

アートマサシヤ@渋谷

アートマサシヤ@渋谷
身体にやさしいラーメンを提供するお店
化学調味料等を一切使用しない「天然素材100%」のスープは、
純天然だしに無化調・無添加の自家製醤油たれ、自家製香味油を使ったもの。
今回注文した濃口チャーシューメン(950円)は、ベースとなる旨口よりさらにしっかり味付け。
見た目にも濃い色してます…が、味はあっさり!
ラーメンというよりも蕎麦に近い感覚の麺。
ダシがきいたスープは、蕎麦つゆに近い感じながらも、
自家製ラードから作られた香味油・焦がしネギがアクセントになってたりと、
確実にラーメンなのが不思議な感覚。
素材の段階や調理の過程で流出してまう、カルシウム・マグネシウム・鉄などのミネラルが、
この丼には、しっかりと詰まっているそうです。
ラーメン食べて身体が喜ぶなんて、珍しいひと品です。

| | TrackBack (0)

あずみ野珈琲店@末広町

あずみ野珈琲店@末広町
時間調整で立ち寄った、昔ながらの喫茶店。
店内には絵画などが飾られ、表には植木鉢が置かれています。
窓際の席に腰をおろすと、意外にもほっと落ち着く空間でした。

いただいたのは、ブレンド珈琲のホット(450円)。
香り豊かでまろやかな味わい。
酸味の少ないバランス型は、昔ながらの喫茶店の味わい。
たまたま今回は喫煙者がいなかったけど、お店自体は喫煙可。
昔の私だったら、煙草を一服しながら過ごしてたんでしょうね。

| | TrackBack (0)

蒼龍山 渋谷道玄坂店



日差しが照りつけるなか、こちらでランチ。
いただいたのは、季節限定の冷やし青山椒坦々麺(920円)。
お皿の上には、冷たい麺・白ゴマのコクたっぷりスープ、そして薬味。
青山椒の軽く効いた、ピリッとシビレる辛さと香りがいいアクセント。
食欲が進みます。
たーっぷりパクチーの香りで心癒されつつ、
シャキシャキの白髪ネギが心地いい食感を産みだしています。
なかなかいい組み合わせ。美味しいです。
さっぱりとしていて、暑い日にはもってこいなメニューですね★

| | TrackBack (0)

バダビン プエブロ(BadaBing Pueblo)@渋谷



道路に面して緑がいっぱいある、イタリアン?のお店。
店内も、雑然としたナチュラルテイストという、割と居心地のいい雰囲気です。
夜に来たら、気分いいかも。

今回もお昼の訪問で、サラダランチ(980円)を注文。
運ばれてきたのは…これでもか!というボリュームのサラダ。
お皿というより、ボウルに近いくらいの深さ・大きさです。
元々小さめなスープカップが、さらに小さく見えてしまうほど。
肝心のサラダは、
ワイルドな人参、ベビーコーン、不思議な星形の野菜、不思議な模様のカブ、
カリフラワー、ブロッコリー、インゲン豆、赤キャベツ、レタス、キュウリ…
ボリュームたっぷりなうえに、みんなフレッシュシャキシャキ!
野菜たちだけでも美味しいのですが、
塩味の効いた自家製ベーコングリルがアクセントに加わり、
飽きずにモシャモシャ食べ続けることができます。
まるで、ウサギさんになった気分?

食後にはドリンクがついてくるので、アイスコーヒーを注文。
ちゃんと淹れてくれたと思われる、しっかりした味わいでした。
こういうところも、手を抜かずに用意してくれているのは、嬉しいですね。
全体的に、かなり満足度高かったです★

| | TrackBack (0)

唐苑@テレコムセンター(臨海副都心)


この辺りで、日曜日もランチ営業している貴重な中華料理店。
暑い日中、ワゴンカーのランチというのも辛いですからね。
明るい日中でも、店内はブラインドを下げて落ち着いた雰囲気。
中国人?の店員さんが美人さんなのは、ちょっと嬉しいポイントです。

20種類ほどあるランチメニューのなかから、四川そば(920円)を注文。
辛さを普通・小辛・中辛・大辛から選べ、今回は中辛を注文。
どうやらラー油の量で調整しているようで、
四川らしい花椒の雰囲気が無い点は残念。
ただし、かなりの具沢山なのは嬉しいポイント。
麺まで、なかなかたどり着けないほどです。
肉・魚介・野菜がまんべんなく入っており、
豚肉やエビは、片栗粉をつけて炒めたものを、卵とじにしている感じ。
キクラゲのコリコリ感、野菜のシャキシャキ感もしっかりと残っています。
場所柄ちょっと高い?と注文時には思ってたけど、
食べてみて納得のいく満足さです!

| | TrackBack (0)

三田製麺所 渋谷道玄坂店



前から気になっていたチェーン店に、とうとう潜入!
ランチはもちろん、つけ麺(730円)。
ボリュームがわからず、大(400g)にしたら…麺多すぎ(汗)
うどんと言っても過言ではない極太麺。
濃厚な豚骨魚介スープは、チェーン店らしからぬ味わい。
大振りのチャーシューもジューシーです。
みんなが美味しいって言うの、よくわかりました。

| | TrackBack (0)

Cafe & Meal MUJI 渋谷西武

Cafe & Meal MUJI 渋谷西武
軽めの晩ごはんを食べたい…そんな時に重宝するお店。
身体に良さそうなデリのセットを、温かみのある空間でいただけます。
今回は選べるデリ3品セット(850円)を注文。
備中鶏の青菜入りハンバーグは、オーガニックの小松菜・ほうれん草・春菊に豆腐を加えたもの。餡のやさしい味付けもなかなかです。
カラフルトマトのサラダは、3種類のトマトを塩麹とオリーブオイル・バジルで仕上げたもの。トマトの甘みが引き立ちます。
夏野菜と茶美豚のもろみ和えは、みょうがの爽やかな香りが、クセのない豚肉と見事にマッチ。清涼感たっぷりのひと品です。
これに100円を追加して、ごはんを十穀米に。
ほっとする味わいに心身ともに癒されつつ…あ!味噌汁追加するの忘れてた!

| | TrackBack (0)

ヴァンダリズム@渋谷

ヴァンダリズム@渋谷
センター街にありながらも、
その喧騒から地下に逃れるかのように存在するオルタナティブスペース。
平日の朝から映画・落語・演劇・お笑いなどがステージで展開されるものの、
それ以外の時間は、ステージも客席となったカフェ・バーとして営業してます。

今回のランチは、ハンバーガーセットのブルーチーズバーガー(1200円+税)を注文。
お肉は脂したたるわけでもなく、赤身の旨味が詰まっているわけでもなく、わりと普通。
だけど、ブルーチーズのアクセントがいい具合に効いています。
添えられたフライドポテトにブラックペッパーが効いていて、これはなかなかいい味。
セットのドリンクは、かなりの種類から選べるのはポイント高いかも。
だって、チョコクッキーホイップラテとか、クレームブリュレホイップラテなんてのも選べるんですよ!
魅力的だけど、カロリーを気にしてジャスミンティーにしちゃったけど。

朝のイベントはもちろん、
メニューがカルチャー系フリーペーパーになってたり、
電源やWi-Fiが使えたり、24時間営業だったり、お酒が500種類以上用意されてたりと、
いろいろと面白そうなお店です。

| | TrackBack (0)

szechwan restaurant 陳@渋谷

szechwan restaurant 陳@渋谷
セルリアンタワー東急ホテルにある、オーナーシェフ陳建一の名を冠した四川料理のお店。
本格的な四川料理がいただけて、何かの時に使うお店でもあるのですが…
今回は普通にランチ訪問なので、サービスランチ(1500円+税)で陳建一の麻婆豆腐を注文。
大きなお皿で提供されるそれは、澄んだ辣油が見た目にも美しい一品。
辣の辛さがしっかりとしつつ、麻のシビレ・香りもきちんと効いてます。
これらの香辛料が、強すぎずに見事なバランスで調和されており、
上品な味わいを創り出しています。
ネギのシャキシャキとした食感も加わり、単調になりがちな麻婆豆腐にいいアクセント。
竹をイメージしたガラスの仕切り越しで、ダイナミックに料理をするシェフの姿に躍動感を感じつつも、
お店の雰囲気は落ち着いており、居心地いいですしね。
普段使いするにはちょっと高めですが、たまーにどうしても食べたくなるのです★

| | TrackBack (0)

渋虎 渋谷店

渋虎 渋谷店
7/4にオープンしたばかりの、とんこつ醤油ラーメン店。
当初の告知日から、だいぶ遅れてのオープンです。
オープン記念で、一番ベーシックな「渋虎ラーメン」が500円とのこと。
お店に入ると、ずらーっとボタンが並んだ食券機が。
いつもだと、ここで迷い焦る私ですが、今日は500円の「渋虎ラーメン」狙いなので迷いません。
…いや、ボタンが小さすぎて迷いました。高いラーメンのボタンが大きかったので…

運ばれてきたラーメンは、たしかにとんこつ醤油っぽい色。
表面には、きっちり幕がはられるほどの脂。ジャンキーだね。
とろっとしたスープは濃厚で、しっかり豚骨しています。
麺の太さを選べるので細麺にしたのですが、割と太め。
ただこのスープには、この程度の太さが合っているかも。
とろとろに煮込まれたチャーシュー、海苔、メンマが入って500円は、満足価格。
定価の680円だと…文化村通りでは安い方なのかな?

| | TrackBack (0)

ブリスラウンジ(Bliss Lounge)@渋谷

ブリスラウンジ(Bliss Lounge)@渋谷
ブリスラウンジ(Bliss Lounge)@渋谷
渋谷区役所の手前にあるイタリアンカフェ。
NYで話題のフローズンスモアが食べれるとのこと。
非常にそそられますが、ランチ訪問なので素直に黒毛和牛ラグーのボロネーゼ(980円)を注文。
生パスタを使っているとのことですが、ちょっと火が通りすぎてるかな?
それでもラグーソースはたっぷりかかっているは、チーズもしっかりかかっているはで、
なかなか嬉しい内容。
最初に、ちゃんとシーザーサラダも出てきたしね。
シメのコーヒーはLAVAZZAみたい。
白と木と青を基調とした店内の雰囲気もいいし、
食後に美味しいコーヒーでくつろげるのは嬉しいですね。

| | TrackBack (0)

山食堂@清澄白河



店内に並べられた小物や味のある雰囲気は昭和テイストながら、
コンクリート打ち放しにフローリング、木の什器というオシャレテイスト。
夜の、気の利いたお酒も気になりますが、今回はランチでの訪問。

注文したのは、パンとスープとサラダのセット(1080円)。
バケットは、TARUI BAKERYの美味しいパン3種。
シャキシャキしたサラダはいろんな野菜が入っていて、しっかりと噛む感覚。
黒豆もアクセントに入っているところ、にくい演出です。
軽くビネガーが効いたドレッシングも、主張しすぎずでいい具合。
スープは、野菜と豆のポタージュ。
濃厚だけど優しい味わいで、野菜の食感がしっかりとするのも嬉しいね。
添えられたポテトサラダにも、いろんな野菜が入っている!
とにかく身体にやさしい、ほっとする美味しいランチです。
12時の開店と同時に、店内は満席。
外で順番待ちができるのも、納得です。

| | TrackBack (0)

日清ラ王 袋麺屋@渋谷

日清ラ王 袋麺屋@渋谷
JR渋谷駅の内回りホームにある、立ち喰いラーメン屋さん。
名前のとおり、日清ラ王が提供されるという、珍しいパターンです。
今は期間限定で冷し中華を提供中。
お店の構えも、パッケージに合わせた青色バージョンです。
店内も電車の中をイメージしてるのか、中吊り広告まであります(笑)

いただいたのは、日清ラ王 冷し中華 しょうゆだれ(263円)。
お店の冷し中華らしく、チャーシュー・きゅうり・卵・カニカマ・ミニトマトがトッピングされています。
味は…うん、ラ王の味(笑)
でも茹で加減のせいか、お店で食べているせいか、
家で食べるのとは違って、さらに美味しく思えるのは、なぜでしょう?
インスタントらしからぬ美味しさ、ここにあります。
販促とはいえ、面白いですね。

| | TrackBack (0)

ラ ベレッツァ(la bellezza)@渋谷



青学の学生さんが行きかう青山通りにあるイタリアン。
赤い革張りのソファに、落ち着いた照明。
シャープなドリンクカウンターとともに、雰囲気のいいお店です。

ランチにいただいたのは、やまと豚のロースト(1080円)。
たっぷりサラダに続いて出てきたのは、なかなかのボリュームのお肉。
肉汁したたる赤身は柔らかく、通り過ぎない火加減が絶妙な具合。
シンプルに塩で下味されたお肉に、シンプルな濃厚トマトソース。
普通の豚肉料理を越えた、ジューシーな美味しさです。
お肉の向こうには、ズッキーニなどのグリル野菜。
バケットに添えられたオリーブオイルに入っている塩が、なかなかの味わい。
全体的に、美味しさのバランスが取れたランチです。

食後はセットのコーヒーでひといき。
この内容・この立地でこの値段は、お値打ちです。

| | TrackBack (0)

香港ロジ@渋谷

香港ロジ@渋谷
お粥で有名な中華料理店。
厨房からも客席からも、中国語が聞こえてきます。
雑然とした店内の風貌といい、ここは香港かと一瞬勘違いしてしまいそう。

いろんなランチメニューのなかから選んだのは、ザーサイ鶏肉粥セット(880円)。
塩とゴマ油のきいた、香港粥っぽい味。薄めで優しい味わいです。
ザーサイや鶏肉が美味しいアクセントになっていて、単なるお粥のはずが、どんどん食べれてしまう不思議。
添えられた大根は、大陸風に味がしみ込んでいて、これもいいアクセント。
おこわのシューマイは独特なテイスト。しっかり味がついています。
そして食後の杏仁豆腐。かなり濃厚で、なかなかの美味しさ。
ちょっと炭水化物多めですが、満足度の高いランチでした。

| | TrackBack (0)

京橋千疋屋 丸ビル店

京橋千疋屋 丸ビル店
今日の朝ごはんは、こちらのイートインスペースで。
冷ケースのスイーツ類に目が奪われつつも、モーニングメニューからサンドイッチセットを注文。
下手したらケーキ単品より安い値段で、ミックスサンド・デザート・サラダ・ドリンクがいただけます。
具沢山なミックスサンドは、食べごたえ十分なうえに、ほわっと優しい食感。
昭和テイストなクリームがのったデザートは、フルーツがたっぷり入ったヨーグルト!
このあたり、千疋屋らしさが出ていますね。
そしてシャキシャキなサラダは、ドレッシングも美味しいもの。
コーヒーは、わりかし普通だったかな?
この内容で、しかも丸ビルという立地で600円というのは、破格値と言ってもいいかも。
満足度、言うこと無しです!

| | TrackBack (0)

« June 2015 | Main | August 2015 »