« April 2015 | Main | June 2015 »

かね松@門前仲町

かね松@門前仲町
暑い日が続きますね。
こんなときは、鰻が食べたくなるもの。
深川不動前にある、うなぎ割烹のお店にきました。
入り口が狭く細長い店内ですが、3階まで客席があるとのこと。
法要とかでも使われるのでしょうね。

お昼にいただいたのは、うな重(大串・3240円)。
関東風の蒸しが入った仕事で、ふわっとした仕上がりに。
それでも、脂がしっかりのってるのは嬉しいですね。
ちょっと濃いめだけど甘めのタレは、上品さというよりも、下町っぽい味付け。
粋な味わいで、なかなかです。
大串には、やさしい味の肝吸もついてきます。
ボリュームもなかなかあり、食後には満足感で満たされました。
これで少しは元気出たかな?

| | TrackBack (0)

湾岸食堂@芝浦ふ頭

湾岸食堂@芝浦ふ頭
湾岸食堂@芝浦ふ頭
昨日のフィールドワーク前に、ランチで訪問。
迫力あるレインボーブリッジビューなお店で、開放的な店内。
気分よくて、これだけでも価値のあるお店です。

いただいたのは、海鮮丼(1250円)。
マグロ・カンパチ・マダイ・ウニ・イクラ等々。
極めつけは、ぷりっぷりな大振りのエビ。
築地から仕入れる海鮮は、なかなかの味わいです。
さらに、取り放題のサラダビュッフェには、なんと空豆まで!
最初は静かだったお店も、やがて近隣でお仕事をされる方々でいっぱいに。
この辺りで食事を取れるお店が少ないとはいえ、納得ですね。

| | TrackBack (0)

オコノミマン@渋谷

オコノミマン@渋谷
奥渋谷と呼ばれることが多くなった神山町に最近オープンした、広島風お好み焼きのお店。
真っ赤なファサードが目立つお店は、鉄板の厨房を中心とした店内も赤と木のシャープな感じ。
カウンター席が狭いのは、鉄板からへらで直接食べるため!
東京でこのスタイル、意外と少ないんですよね。
もちろんテーブル席では、切れ目を入れたうえで、お皿で出されますが。

今回いただいたのは、チーズ入りそば肉玉。プレオープン価格で980円+税。
目の前の鉄板で作ってくれるライブ感。
広島風らしく、キャベツがしっかり。
そばにはダシを軽くかけて。
やがて出来上がると、目の前の鉄板に、湯気を立てたまま移されます。
味は、オタフクソースを使っているからか、安定の広島風の味。
ただチーズをトッピングしているだけあっけ、濃厚です。
ソースとの相性、いい感じですね。
鉄板の上にあるから、麺がかりっとしてくるのも、飽きずに食べ進められるポイント。
鉄板の上にあるから、溶けたチーズがカリカリになって風味を増すのもポイント。
やっぱり私、広島風が好きみたい★

| | TrackBack (0)

マタハリ@渋谷

マタハリ@渋谷
東急本店近くの、1フロア1飲食店な雑居ビルにあるインドネシア料理店。
ただし、タイやベトナムなどの要素も混ざっているようです。
シンプルながらも手造り感のある店内は、それがかえって雰囲気の出る仕上げに。

ランチにいただいたのはパッタイ(750円)。タイ料理ですね(笑)
もちもちの米粉麺に、少し甘めのソースで味付けられた焼きそば。
タマリンドの酸味が効いていないのが残念だけど、
日本人向けにアレンジされていると考えると、マイルドな味わいは食べやすくて美味しいです。
干しエビがいっぱいトッピングされていて、いい感じな風味。
具材として、イカやエビ、野菜もたっぷり入っています。
パクチーの風味もいい感じ。大盛りも可能だったけど200円追加はちょっと辛い。
追加料金がもう少し安ければ…。
そして、見た目以上にたっぷりボリュームで、食べごたえあります。

サラダのかわりに、野菜の生春巻きが出されたのが、独特で面白いかも。

| | TrackBack (0)

ばくだん屋 渋谷店

ばくだん屋 渋谷店
5月25日にオープンしたばかりの、廣島つけ麺のお店。
それ何?という気分で、大(950円)醤油ダレ・5辛で注文。
辛さは20段階で選べるそうで、5辛はいわゆる中辛だそうです。

運ばれてきたのは、茹でキャベツ、キュウリ、葱がたっぷり載ったつけ麺。
チャーシューや半熟玉子、海苔もトッピングされています。
麺もつけ汁も、どちらも冷たいです。
つけ汁にはゴマがたっぷり。
軽く酸味が効いているためか、それほど辛さを強く感じません。
逆に、辛さがアクセントになって、甘さすら感じます。
これってどこかで食べた味…と思ってたら、冷やし中華みたいな感じ!
なかなか美味しいし、面白いじゃないの。

辛さが足りなかったら、特製辛味を自分で追加可能。
ついでにゴマの追加可能なので、注文後に自分好みで変えることができるのも嬉しいポイント。
これから暑くなる季節、選択肢としては申し分ない味わいです。

| | TrackBack (0)

生麺亭 EBi2@渋谷

生麺亭 EBi2@渋谷
クロスタワー1階にある、蕎麦屋さんと言っていいのかな?
夜はお酒やつまみが揃っているようですが、ランチは蕎麦のセットが中心。
今回は、かき揚げ丼セット(880円)を、もりそばで注文。
富良野産の蕎麦を石臼で挽いた蕎麦粉を使っているのだとか。
わりとしっかりした麺は、やや太めで弾力がしっかり。ちょっと変わった蕎麦です。
かき揚げ丼は、かき揚げというより野菜のフリット!
玉ねぎ、インゲン、ニンジンでしょうか。それぞれが独立しています。
これもまた、ちょっと変わった天ぷら。
タレが薄めで、蕎麦と一緒に食べるにはいいバランス…と思ったけど、
フリット状の天ぷらは、食べ進むうちに重いかなーと思ってみたり。
食後にコーヒーを出してくれるのは、オフィスワーカーが多いためのサービスか。
それにしても、不思議なお店です。

| | TrackBack (0)

ドーナツアトリエ シバタ@談合坂SA上り線

ドーナツアトリエ シバタ@談合坂SA上り線
渋滞にはまる前に軽く休憩。
ピンクの目立つ屋台に誘われてみたら、
岐阜・名古屋で活躍する、パティシエの柴田武さんが開発したドーナツ屋さんなんですって。
ソフトフランス生地に塩を練りこんだという「どーしお。なっつ」。180円。
プレーン・シナモン・キャラメルの3種類が用意されており、今回はシナモンを注文。

注文後、やがて揚げたてのドーナツを渡されます。
ひとくち食べた最初の感想。「ハワイのマサラダみたい!」
ふわっとしつつも、もちっとした食感の生地は、確かに軽い塩味。
これに甘いシナモンパウダーが加わるので、ほんのり甘さがさらに強調されます。
この塩加減と甘さのバランスが絶妙な美味しさ。
隣にはスターバックスコーヒーもあるし、
運転の途中には、いい休憩になります。

| | TrackBack (0)

ベーシックビオ@蓼科

ベーシックビオ@蓼科
2014年にオープンしたオーガニックスタイルをテーマにした複合施設。
昨年に続き、今年も遊びにきました。
去年と比べると、少しはバージョンアップしたのかな?
施設構成は腸詰屋とアロマブルームを中心に、
オーガニックの野菜や卵、牛乳、ハチミツ、パン、ジャムなどが並ぶお店という構成。
それよりも、
野草の花が咲き乱れる、緑いっぱいのテラス席でのんびりできるのが、
ここの最大のリラックスポイントです。

お昼は、ここの腸詰屋カフェで、ソーセージ盛合せのドリンクセット(1480円)を注文。
いろいろ選べるドリンクは種類も多く、ルイボスティーまであったりします。
ソーセージは5種類。味は腸詰屋そのもの。
添えられたサラダには、ドレッシングではなく、オリーブオイルと岩塩で。
十分に美味しいのですが、
この野山を眺めながら、時間を気にせずに、テラスでのんびり過ごす。
これこそが、最高なスパイスですよね★

| | TrackBack (0)

遊膳長田@原村

遊膳長田@原村
遊膳長田@原村
遊膳長田@原村
高原野菜がたくさん獲れる、信州諏訪の原村にある創作料理のお店に、晩ごはんで訪問。
平屋の一軒家で、それほど広い客席というわけでもないものの、
40人ほど入れる和室も完備されている充実っぷり。
しかも立派な床の間があるうえに、
3分割しても、それぞれの個室には玉砂利の床の間風のポイントが。
きっと、地元での宴会需要に応えるべくなのでしょう。
急な大人数での予約でしたが、気さくな店主の人柄にほっとします。

まずは焼きアスパラガス(500円)を注文。
火を通して出てくる、独特な甘み。シャキシャキした食感。
そして中から出てくるジューシーな水分。
シンプルに塩とレモンで味付け。最高な美味しさです。

せっかくなので、信州高原サラダ(800円)も注文。
シャキシャキした野菜は、さすが新鮮なだけあります。
透明で白くコリコリしたものは何?と思ったら、「海藻クリスタル」という新感覚のサラダ麺。
こういう素材を使うところが、創作料理なのでしょうか。
野菜の味を引き立てるべく、ドレッシングは控えめの味。
こちらもなかなかです。

そしてメインの注文。
場所柄、野菜料理を期待して訪れたら…おすすめはなんと海鮮!?
言われるがまま、刺身定食(円)を注文。
まず最初に運ばれてきたのは、エグミのない、柔らかくて素朴な味わいのタケノコ。
味噌汁は、もちろん信州味噌。
刺身はというと…ヤバい。見た目にも美味しそう。
臭みと無縁のかつお。
脂ののりきったハマチ。
生の刺身のように絶妙な加減のタコ。
タイの身の柔らかさに悶絶。
定番のマグロは、安心の味わい。
ほっき貝も軟らかいながらも身が崩れてないです。

こんなに海から離れた場所なのに、こんなに美味しい刺身が食べれるなんて。
驚きとともに、大満足の晩ごはんでした★

食べ終わって帰るころには、外は真っ暗。
照明が照らされたお店の雰囲気は、なかなかいい感じ。
あらかじめ予約しておくと、会席だったり鍋だったりもできるとか。
次回は、要予約ですね!

| | TrackBack (0)

グラスリーぺぱん@茅野

グラスリーぺぱん@茅野
グラスリーぺぱん@茅野
八ヶ岳を望む高原にある、手作りアイスクリームのお店。
店主の実直さが、味にストレートに出ています。
コーンに2種類の好きなアイスを選んで400円という良心的な値段設定。

気持ちいい風が吹き抜けるなか、緑の中のベンチでいただいたのは、
「森のいちご」と「カムカムアップル」。
「森のいちご」にはストロベリー・ラズベリー・ブルーベリーの3種のベリーがミックス。
優しい味わいのソルベは、程よい酸味と濃厚な果実の美味しさが口の中で広がります。
「カムカムアップル」とはアマゾンのスーパーフルーツで、輸入できない果実だそうで。
スモモに近い味わいに掛け合わせたのは、すりおろしリンゴ。
爽やかさ溢れる美味しさで、ベリーとの対比が面白いです。
珍しい果実らしく、お店に並んでいたのは、なんとこの日限り!
貴重な体験させてもらっちゃいました♪

| | TrackBack (0)

蓼科そば メルヘン

蓼科そば メルヘン
蓼科そば メルヘン
別荘エリアにあるお蕎麦屋さん。
客席も広く座敷もあるので、大人数で訪れるには使いやすいお店です。

今回は、天ぷらざるそば(1700円)を、追加200円で中盛りにしてもらいました。
蕎麦は更級系かな?まぁまぁの美味しさ。
普通にわさびで食べるだけでなく、
わさびマヨネーズをつけて食べるのが、意外にも美味しかったです。
それよりもこの時期ならではの、旬の山菜を使った天ぷらがなかなか。
天つゆにつけてもいいですが、わさび塩で食べるのもいい感じ。
サクッと揚がっている感覚が、食べてて気持ちいいです。

時期が時期ですから、新蕎麦の時期にくると、もっと風味もよくなるのかな?

| | TrackBack (0)

荒木屋@渋谷

荒木屋@渋谷
渋谷駅の南側、246号を渡った桜丘町にあるとんかつのお店。
一見わかりにくい入口の、急な階段をおりると現れるお店の様子。
店内はそれほど広くないものの、テーブル席・カウンター席から小上がり席まで、
幅広いラインナップです。

お昼にいただいたのは、とんかつ定食(950円)。
サクサクした衣、やわらかいお肉がいいバランス。
大根おろしも一緒についてくるので、おろし醤油で食べてみることに。
豚肉の脂身がいい具合に中和され、あっさりとした味わいに。
普通だったらソースをかけるところですが、なかなか美味しいです。
激戦区渋谷で長く営業しているだけあって、
こういう地に足のついたお店ならではの味わい、確かにありました。

| | TrackBack (0)

リストランテ寺崎@渋谷

リストランテ寺崎@渋谷
渋谷マークシティのそばにある、小さなイタリアンのお店。
それほど広くない店内の、ロフトっぽい客席に通されました。
客席数の少なさからか、店内は静かで落ち着いてます。
天井が低いとはいえ、雰囲気のいい空間です。

お昼にいただいたのは、パスタランチでトスカーナラグー(1200円)。
最初に運ばれてきたのは、シャキシャキのフレッシュサラダ。
続いてメインのパスタ。
平打ちのもちもちした食感がいい感じ。
ワイルドなラグーがたっぷりで、まるで肉料理みたいなボリューム。
さらにパン粉やチーズのアクセントがいい感じに効きながら、全体の一体感が見事。
最近来てなかったけど、やはりここのパスタは美味しいです。
食後はコーヒーでほっとひと息。
落ち着いたランチタイムは、いい気分転換になりますね♪

| | TrackBack (0)

L.S Cafe@清澄白河

L.S Cafe@清澄白河
L.S Cafe@清澄白河
L.S Cafe@清澄白河
もう何度も訪問しているオーガニック系カフェを、夜に訪問。
まず最初は、上富良野町産のアスパラガス。もちろん季節もの。
ヒマラヤ岩塩とオリーブオイルでシンプルにいただきました。
香りが豊かなアスパラガスは、旬ならではの瑞々しさ。

米沢ポークのしょうが焼きは、とにかくお肉がジューシー!
豚肉の脂の甘さとタレの美味さが、見事な相乗効果を醸し出しています。

そして、燻製ベーコンと季節のお野菜のタジンポット蒸し鍋。
十分に柔らかく蒸された野菜類が、ベーコンやソーセージから出た塩気や風味とあいまって、とにかく美味しい。
鍋の中のスープは、野菜からたっぷり出た水分。ジューシーです。
ベーコンやソーセージも適度に蒸されており、美味しさそのままで脂っこさが抜けたような感じ。
決してパサパサになっていないのも、ポイント高いです。
このままでも問題なく美味しいのですが、これに岩塩を中心とした調味料をかけて。
硫黄の香りがする不思議な調味料は、ミネラルたっぷりで、野菜の旨味をさらに引き立てます。

このお店、やはり侮れないです。

| | TrackBack (0)

ミックスナック@渋谷

ミックスナック@渋谷
ミックス+スナック=ミックスナック。
店頭でのお弁当販売は以前からしていたのですが、
いつの間にか店内ランチはじめたみたいなので、早速訪問です。

いただいたのは、日替わりの「鶏からあげコショー味(800円)」。
テリつやのある鳥肉の表面には、黒胡椒とゴマがまぶされています。
どこかで見たことある…と思いつつ口にすると、
世界の山ちゃんの手羽先に、かなり似た味!
醤油をベースとした甘めのタレがかかる鳥肉に、パンチの効いた黒胡椒とアクセントのゴマ。
皮の部分も、いい具合にカラッと揚がっています。
かなり美味しい部類の唐揚げと言えるのではないでしょうか。
手羽先と違い骨がないぶん、こちらのほうが食べやすいかも。
スナックのランチと侮るなかれ、なかなかのクオリティです。

| | TrackBack (0)

ミラフローレス@渋谷

ミラフローレス@渋谷
渋谷駅の南側、桜丘町の住宅街にあるペルー料理のお店。
ペルー料理ってどんなの?という感じですが、とても日本人に馴染みやすい味わいで、美味しくいただけます。
久しぶりに訪問したら、ずいぶん賑やかなお店に変化していたのにビックリ!
以前のランチタイムは、ほとんどお客さんいなかったのに…。

ランチにいただいたのは、オーガニック豆の煮込み 自家製チョリソー添え。
最初に出てくるスープからペルー風。豆なのか?言葉にできない、やさしくほっとする味です。
サラダに続いて、メインのプレート。
豆の煮込みにライスがついてくるんだ…と思いつつも、
余計なスパイスや味付けをしてないのか、豆そのものの美味しさがしっかりと伝わってきます。
こちらも、とにかくやさしい味わい。
緑色のちょっと辛味のきいたソースが別皿で出されるのですが、
それほど辛いわけでもなく、いいアクセントになる程度。
添えられたチョリソーは、スパイスこそ軽く効いているものの、辛さはそれほどでも。
肉の味がしっかりしているうえに、ちゃんと腸詰めな味わいが嬉しいです。
豆との相性は、もちろんバッチリ。
食後には、米由来だったかな?のデザート。
素材の味わいを最大限活用した、ほんのりとした甘く独特なフルーティーさ。
さらに食後のドリンクまでついて、お値段880円。
味・値段ともに大満足です!

| | TrackBack (0)

ダブルサンドイッチ 大手町店


オフィスビルの吹き抜けに面したカフェ。
葉山の天然酵母ベーカリー「ワカナパン」のプロデュースということで、
美味しいパンがいっぱい!
…と思ってたけど、朝はまだパンが揃ってないみたい。
並んでいたなかから、フォカッチャサンドを注文。
ふわっとしたフォカッチャの間に、ハム・クリームチーズ・ドライトマト・水菜。
ジューシーで美味しいバランスここにあり!といった感じです。
ただ、別注文のドリンクと合わせると、それなりの値段になるのが辛いかも。。。

| | TrackBack (0)

Laap SHIBUYA

Laap SHIBUYA
宮益坂に面した雑居ビルにあるエスニック料理のお店。
ランチに、ガイヤーン丼(900円+温玉100円)を注文。
鶏もも肉をスパイスとハーブに漬け込んでローストしたものが、タイ米の上にのってます。
パリパリになった皮の食感がよく、ちょっと甘めな味付けがタイらしいです。
そのままでも美味しいですが、唐辛子をつけたナンプラーをかけると、
ちょいとピリ辛感が加わり、風味も増してさらに美味しく。
温玉を崩すと、マイルドな黄身と相まって味が深まるのもポイントですね。

最初に出されるスープが、タイっぽくないコンソメ味なのが残念かも。
もっとも、具だくさんで美味しいですけどね。
食後に、セットドリンクのアイスコーヒーをいただいて、ひといき。
微妙に落ち着かないのは、お店の仕上げとテーブルのレイアウトのせいかな?

| | TrackBack (0)

pipal deux 渋谷宮益坂

pipal deux 渋谷宮益坂
pipal deux 渋谷宮益坂
先日オープンしたばかりのビストロ。
ランチも始まり、今週からかわいい子が入るとのことで、遊びに行くと…
かわいい子、確かにいらっしゃいました☆

いただいたのはサラダランチ(1100円)。
玉ねぎのポタージュスープはかなり濃厚で、まるで食べているかのよう。
メインのニース風サラダは、最後まで食べるのが大変なほどボリュームがすごい!
シャキシャキのたっぷり野菜にブラウンマッシュルーム、トマトなど。
自家製ツナや温泉玉子も入ってるから、タンパク質もしっかり。
オリーブやアンチョビの塩気が、アクセントとしていい感じに効いています。
なかなかの美味しさですが、いっぱい噛むから、お腹いっぱいになっちゃうんですよね。
選べる主食には、古代米と玄米のごはんをチョイス。
ちょっとかためですが、噛めば噛むほど出てくる素朴な味わいです。

いっぱい食べた後には、優しい味わいの健康茶。
カワラケツメイ、ビワの葉、柿の歯、ドクダミ、シソ、クマ笹、クコ、ヨモギ、オオバコが入っているそうで。
野草のお茶は、身体にやさしそうです。
とにかく、食後の満足度の高いランチでした♪

| | TrackBack (0)

宮武讃岐うどん ららぽーと豊洲店

宮武讃岐うどん ららぽーと豊洲店
フードコートにある、セルフ式うどん屋さん。
讃岐にある宮武讃岐製麺所の生地を使用、店内で製麺から行っています。
オープンキッチンになっていて、製麺の様子を見れるのも面白いところ。

今回は生醤油 冷中(350円)のみ注文。
天ぷらも注文したかったけど、ちょっと我慢!
でも、コシのある麺がシンプルに美味しいのは嬉しいですね。
すだちのフルーティーさ、生姜・おろし・ネギといった薬味のアクセント。
そして、麺を味わうための最小限な生醤油。
フードコート料理でありながら、これだけのものが食べられるのはいいですね。
次は天ぷらも頼もうっと。

| | TrackBack (0)

House Aoyama@渋谷

House Aoyama@渋谷
名前とは裏腹に、渋谷駅の南側、セルリアンタワーの裏手にあるイタリアン。
夜はちょっと雰囲気のいいお店ですが、ランチは1000円以内でいただけるカジュアルな雰囲気です。
近隣の会社の社食状態になっていますが(汗)
ランチは3種類で、どれもスパゲッティの上にのる感じ。
そしてライスも別皿でついてきます。
これぞ、炭水化物のマリアージュ!

今回いただいたのは、ローストポーク トマトソース(870円)。
ボリュームのあるローストポークは、しっかりと焼かれた、きっちり塩味。
一応スパゲッティの一部ではあるのですが、ちょっと浮いた存在?
トマトソースの具というよりも、ご飯のいいおかずです。
食前に簡単なサラダ、食後にドリンクがついてきて、この値段。
味も悪くないので、かなり良心的です。
ひとつだけ言うなら、アイスコーヒーを最初から甘くするのはやめてほしいな…。

相席で私の前に通されたのが、かなりな美人さん。
ちょっとあがってしまったのは、ここだけの秘密です★

| | TrackBack (0)

タロス@渋谷

タロス@渋谷
イタリアン・サルディーニャ島料理のお店。
白壁に青い木扉、絵画・お皿と、店内は地中海気分。
雰囲気だけでなく味もオススメできるこちらには、久しぶりの訪問です。

ランチに注文したのは、春キャベツとサルシッチャのオイルベーススパゲッティ(1000円)。
ドリンクは別料金になりますが、種類豊富でフレッシュなサラダバーが待っています♪
肝心なスパゲッティは相変わらず期待を裏切らない美味しさ。
しっかりオイルベースながらしつこくなく、あっさりとした仕上がりが上品。
味のバランスも整ってて、やっぱいいです!
「渋谷のイタリアンでお勧めのお店は?」と聞かれると、いつもここを紹介してますが、
やっぱり美味しいですね★

| | TrackBack (0)

再来軒@清澄白河

再来軒@清澄白河
交差点からすぐ近く…だけど静かな住宅エリアにある大衆中華料理店。
ぱっとしない外観、年季の入った店内ながら、常連さんと思われるお客さんで盛況!
お客さんもお店の方も、シニアパワー炸裂でした。

晩ごはんに食べたのは、半チャンラーメン(750円)。
ラーメンは昔ながらのあっさり醤油味で、決してグルメではないひと品。
定番のコショウをかけて食べると、ちょうどいいかも。
チャーハンはラードで炒められたもの。改めて豚の脂身は調味料であることを認識。
塩分控えめなのは嬉しいけど、旨味調味料をしっかりと使っている味。
こちらも、昔ながらの大衆中華料理店で出される味。
この中で一番印象的だったのは、手作りのぬか漬けでしょうか。

このお店は味ではなく、昭和レトロを味わいましょう!

| | TrackBack (0)

Trattoria Doni@渋谷

Trattoria Doni@渋谷
渋谷マークシティと246号に囲まれたエリアにあるイタリアン。
淡路島の恵みにこだわるお店で、淡路島産のいろんな食材が使われているよう。
今回は、ベーコンと玉葱のトマトソース アマトリチャーナ。
もちもちした食感のパスタに、さわやかな酸味のトマトソースがいい感じ。
なかなか美味しいです。
具材もしっかりと入っているし、サラダやバケットもついているし、ドリンクもついてくるし。
ランチにはいいバランスです。

| | TrackBack (0)

大村庵@渋谷(神泉)

大村庵@渋谷(神泉)
神泉駅ちかくの商店街にあるお蕎麦屋さん。
トラディッショナルな構えの入口を開けると、中はサラリーマンのオアシス!
見事なまでに、オヤジ率が高いです。

お米が食べたかったので、かつ丼 小たぬきセット(1100円)。
たぬきは蕎麦・うどん、冷・温を選べるようなので、冷たいお蕎麦で注文。
運ばれてきたのは、見事なまでに想像通りの品。
かつ丼は、これぞ蕎麦屋のかつ丼と言いたくなるくらい、ダシのきいた安定の味。
蕎麦は、思ってた以上にコシがあるもので、なかなか美味しいです。
これだったら、普通にもりそば注文してもよかったかな?
しかしこのセット、かなりのボリュームで、お腹いっぱいです。
午後、確実に眠くなるなぁ…

| | TrackBack (0)

カレー居酒屋 ジャイアンツ茶房@渋谷

カレー居酒屋 ジャイアンツ茶房@渋谷
5/10にオープンしたばかりのカレー専門店。
その本領は、全てのメニューがカレー味という夜に発揮されるのでしょうけど、今回はランチでの訪問。
潔く、角煮カレー(800円)のみというラインナップです。
席に座ると、自動的に運ばれてくるカレー。
大きめのお皿になみなみと注がれるルー、その中心に角煮がトッピングされているスタイル。
食べてみて感じるのは、辛さよりも甘さ。
野菜か何かが、いっぱい煮込まれているのでしょうか。そんな甘さです。
もちろんスパイスも効いているので、食べ終える頃にはしっかりと感じることができます。
角煮もやわらかくて、スプーンで簡単にほぐせるほど。
セルフ式で、アイスコーヒーやアイスティーが飲み放題なのも嬉しい点です。

| | TrackBack (0)

銀座ホール@砂町銀座

銀座ホール@砂町銀座
銀座ホール@砂町銀座
東京で賑わう商店街のひとつ、砂町銀座商店街。
狭い路地を行き交う人々をかきわけつつ、数々の誘惑に負けずとつき進むと、
こちらのお店にたどり着きます。
中華・丼・定食・麺・魚…なんでも揃う、昔なつかしいレトロテイストなお店。
小さな四角いタイル張りの壁やテーブルなど、味があっていい感じです。

メニューのバリエーションがとにかく豊富で、どれにするか迷うなか、
ソースかつ丼(850円)を注文。
結構ボリュームのあるご飯…と思いきや、ご飯の中にもカツが入る二重仕様。
これはサプライズです!
衣がサクサクしたカツにかかっているのは、恐らくブルドックのウスターソース。
これがまたレトロ感といいますか、懐かしい味わいなんですよね。
どおってことないはずなのに、美味しいんですよー。

ついでに名人うまうま餃子(300円)も注文しました。
小ぶりながら餡がぎゅっと詰まっていて、
さっぱりしつつネギのシャキシャキ感がいい具合。
ビール欲しくなりますね。
店内のゆるーい空気といい、すぐにリピートしたくなるお店でした。

| | TrackBack (0)

ブリジェラ(Brigela)@清澄白河

ブリジェラ(Brigela)@清澄白河
ブリジェラ(Brigela)@清澄白河
5月3日にオープンした、ブリオッシュにジェラートをサンドするシチリア発のスイーツ専門店。
狭いながらも、店内にはイートインスペースが完備。
お店のマークはピクトグラムのようなシンプルなデザイン。
店内の雰囲気も、おしゃれな感じ。
それでいて客層は、子どもから力士までと幅広いです。

日本初の食べ方、ブリオッシュ・コン・ジェラートとは、パンにジェラートを挟んで食べるスタイル。
バターと卵をしっかり使ったパンは少々甘めで、割と軽い食感。
16種類ほどあるフレーバーから、定番のバニラを挟んでみましたが、軽く溶けかかったジェラートをブリオッシュが包み込む感じで、なかなかいい相性。
バニラとかチョコ系とか、割としっかりとしたフレーバーが合いそうな感じですね。

ジェラートのみでの注文も可能で、
選んだヨーグルトは、さわやかな酸味でジェラートの濃厚さが気にならないくらい。
オレンジもフレッシュな風味がいい感じで、ピールも加わって果実感がしっかり。

これからの季節、人気が出そうな予感です。
それにしても清澄白河、おしゃれなお店が増えてきてますね!

| | TrackBack (0)

機内食@PR436(セブ→成田)



お昼過ぎにセブを出発した飛行機は、安定飛行に入るとすぐに昼食が用意されました。
ビーフか魚を選べ、ビーフを選択。
行き同様お弁当スタイルで出され、お箸で食べます。
お肉自体はバター醤油味でわりと美味しいけど、パサパサごはんは仕方ないか。
副菜の筍が、あっさりしてて意外といけます。
こういうのは、期待値が低いほうほど、お得に感じますね(^^;;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最終日の朝食@シャングリラ・マクタン(クラブラウンジ)

チェックアウトの日。
飛行機の時間がお昼過ぎなので、のんびり朝ごはん食べてから、荷物の片付けをすることに。



オーダーメニューは、パンケーキを選択。
ほわほわクリームは無いですが、メープルシロップとシナモンシュガーで。
バナナの甘さがいいアクセントになってました。



お粥もちょっとだけ。
単体だとプレーンな味ですが、ゴマ油を加えると香港風になるのが面白いかも。
軽く塩を加えると、お粥単体で食がどんどん進みそうです。



他にもフルーツ盛合せなどを食べつつ、緑豊かな景色を堪能。





もうしばらくすると、日常に戻ってしまう〜(>_<)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

月夜



最後の夜は、満月の翌日。
これまで見てきた夜空のなかで、一番雲がなく澄み切った夜空。
夜空で爆発するかのように光を放つ月の存在感がすごいです★

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tide@シャングリラ・マクタン

最後の晩ごはんは、宿泊者が一番利用するカジュアルレストランでのビュッフェ。
前回来たときの美味しさ・ダイナミックさ・オシャレさを期待してきたのですが…
最近リニューアルされたようで、思ってたよりも平凡な客席レイアウトにちょっとがっかり。



それでもずらーっと並ぶ料理のディスプレイは見事で、
目の前でオーダーして、自分好みで作られる料理をする様子、





北京ダックも目の前で作ってくれます。



豚の丸焼きを丸ごと捌く様子など、ライブ感溢れる演出はいいですね。



…って、日本だとマグロの解体ショーに喜んでいるようなものかな?
料理の種類は豊富で、各国料理が揃っているというだけあって、
中華、韓国、日本、フィリピン、洋食、シーフード…





さらにメインの料理だけでなく、スイーツも充実。
チョコレートファウンテンしかり、スイーツツリーしかり。





一応ビールを頼んだけど、お水は普通にもらえるし、
大人同伴の場合、子どもは料金無料だったりと、カジュアルに使える点でもポイント高いです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブリーズ@シャングリラ・マクタン

丸1日滞在は最後となる日は、ビーチを中心に過ごすことに。



リゾートに隣接するプライベートビーチには、足下にもお魚がいっぱい!
波もおだやかで、ちょっとシュノーケルするだけで、ソフトコーラルやクマノミなども見れちゃいます。

遊び疲れたら、ビーチサイドにあるこちらのお店でお昼ごはん。





ソファー席の雰囲気がかなりいいのですが、暑いので素直にテントの下の席へ。



オレンジマンゴースムージーは、マンゴーの濃厚さがしっかり出ているもの。
オレンジのアクセントが、いい具合にさわやかな風味へと仕上げてくれています。



プライムアンガスビーフバーガーは、肉汁しっかりのボリューミーなパテ!
こういうお肉のハンバーガーって、意外と日本では食べれない?
いやこのシチュエーションが、そう思わせているだけ??
ちなみにパンの間には、トマト、グリュイエールチーズ、チェリーウッドスモークベーコンも。
ベーコンがしっかり入ったハンバーガー、ウマウマっす!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朝食@クラブラウンジ(シャングリラ・マクタン)

いわゆる朝食会場のレストランもいいけど、
やっぱりクラブラウンジでゆっくり朝の時間を過ごすほうが気分いいです。
席に着くなり飲み物を聞かれて、珈琲を注文。



ひといきついたら、書斎のように落ち着いた空間に並べられたパンやサラダなどを。









ビュッフェ形式ですが、小綺麗にディスプレイされているのが、また気分いいです。
一品だけ注文できるアラカルトは、スモークサーモン入りのスクランブルエッグで。



レストランでもエッグステーションはあるけど、
こちらのように落ち着いて注文できるのは、やっぱり気分いいです。
最後は、フルーツ盛り合わせで。



この時期旬なマンゴーも取り放題。完熟ならではの甘さ、しっかりといただきました!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大島ラーメン 渋谷店

大島ラーメン 渋谷店
ご存じチェーン店で、ランパス利用の醤油ラーメン。
鶏ガラのスープに、昆布やかつお節などのダシ。
背脂が少々入っているものの、全体としてあっさりとした仕上がりに。
リピートしても飽きない味つけですね。
一番ベーシックなメニューながら、
海苔、わかめ、メンマ、チャーシュー、煮玉子、ネギという豪華トッピング。
これが500円(ランパス利用)なら、文句ないでしょう!

| | TrackBack (0)

和楽@渋谷(神泉)



商店街から少し路地に入ったところの雑居ビル地下にある、ちょっと目立たない居酒屋さん。
ランチののぼりを頼りにお店へ入ると、大きめのカウンター席とテーブル席2つというコンパクトなつくり。
カウンター席の向こうは厨房になってて、料理している様子を間近で見ることができます。

お昼ごはんにいただいたのは、牛カルビ焼(950円)。
割といいお肉を使っているのか、柔らかいです。
塩味をベースとしたタレで味付け。
カルビの脂の旨味と玉ねぎの甘みが混ざり、いい具合に美味しいです。
小鉢の大根も、やさしい味付けでなかなか。
定食としてはシンプルな構成ですが、なかなか嬉しい内容です♪

| | TrackBack (0)

すなだ どんどん 東京箱崎T-CAT店

すなだ どんどん 東京箱崎T-CAT店
日本に帰国し、成田空港からエアポートリムジンでT-CATへ。
バスを降りてそのまま向かったのが、道路を挟んだ反対側にあるセルフ式うどん店。
一応チェーン店らしいですが、東日本ではここだけという貴重な存在?

注文したのは、ぶっかけ冷中(450円)。
正直、よく見かけるうどん店と変わらぬ美味しさ。
ただ外国から戻ってきて食べると、ものすごく美味しく感じられます。
醤油の味、ダシの深み、麺のコシ、どれもが慣れ親しんだもの。
生姜やレモンのアクセントも、日本の食ならではだな、と感心したり。
冷水器の水道水ですら、軟水で美味しく感じられたくらいです!
食を求めて来日する観光客が、こういうチェーン店に行くのも納得しました。

| | TrackBack (0)

満月@シャングリラ・マクタン


光の道ができていた昨日の月夜もよかったけど、満月の今晩の月夜は見事。
満月の明るさ…を通り越して眩しさすら感じた、静かな夜です。
盛りだくさんな1日の終わりに、バルコニーからこの景色を眺めて、最後きちっと締まりました。
また明日も遊びまーす!
おやすみなさい★

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブゴバー@シャングリラ・マクタン


基本的に日中営業のプールサイドバーですが、
週に2回ほど、カルチャーショーが夜に行われます。
今夜は、こちらを訪問。







料理はビュッフェ方式で、炭火の串焼き、豚の丸焼きなど豪快なメニューも。
フィリピン料理とのことでしたが、中華の要素も入っていて、わりと国籍関係ないかも。





どれも美味しくいただけるのは、さすがシャングリ・ラの味です。
食事をはじめてしばらくすると、フィリピン各地の舞踊・音楽・ダンスが繰り広げられます。





今回は、ミンダナオ島のものが多かったみたい。
バンブーダンスは、もちろんここでも!



グアムのホテルで行われているショーみたいな雰囲気でしたが、
ホテルで、カジュアルに楽しむには、いい感じのショーでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イブニングカクテル@クラブラウンジ(シャングリラ・マクタン)



セスナ機の体験飛行から帰ってきて、晩ごはんまでの時間。
ホテル内のクラブラウンジで夕方行われるカクテルタイム。
アルコールの種類も豊富でおつまみの種類も豊富ですが、
どれも美味しくて、昨日はついつい食べ過ぎ&飲み過ぎで、晩ごはんが食べきれないくらいに。
昨日の教訓を反省に、今日の過ごし方に反映。
晩ごはんを楽しむべく、おつまみ3種+ライトビールで、軽めの夕方のひとときを過ごすことに。
自分で操縦するフライトって、当たり前ですが緊張するもので、意外と疲れていたみたい。
ビールが美味しい!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ランチクルーズ@ロボク川・ボホール島



セスナ機の体験フライトでセブ国際空港からボホール島のタグビララン空港まで、約40分の体験フライト。
自分で操縦桿を握り、離陸〜チョコレートヒルズを上空から見学〜着陸を飛ばす気持ちよさは最高でした!



ボホール島では、愛くるしい世界最小級のメガネザル「ターシャ」を見学。



その後ロボク川まで移動し、船上ランチクルーズを楽しんできました。
大型の観光バスが何台も乗り付けるほど観光客が多いみたいで、
船が何隻もでているにもかかわらず、待合室で1時間ほど過ごすことに。
この待合室、空調が効いているうえに、Wi-Fi完備。
あっという間に、自分たちの番が回ってきました。




船に乗り込むと、オジサンの生演奏とともに昼食タイム。
ビュッフェ方式で並んでいるのは、主にフィリピン料理。
観光客向けにアレンジされているのか、なかなかの美味しさです。
スープがなかなかいける味で、何杯もおかわりしたような。
アルコールは別料金のようですが、甘みのついたアイスティーは飲み放題です。







リバークルーズの途中、岸にあるステージのような場所に横付けされると、
地元の人による歌や踊りのショータイム!
バンブーダンスが入るのも、お約束ですね。





クルーズの途中、地元の子どもたちが木に吊したロープを使って、川にジャンプ!
ただ単に遊んでいるだけなのでしょうけど、立派なアトラクションです。
正直クルーズには期待していなかったけど、意外にも楽しかったです★

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブリーズ@シャングリラ・マクタン






ビーチ沿いにあるカジュアルバー。
日中のみの営業で、通常は夜ごはんの提供をしていません。
…が、今回は特別なBarefoot BBQが行われるとのこと。
ビーチには絨毯が敷かれ、蝋燭で照らされた白いテーブルをセット。
蝋燭や松明がともされ、BGMには波打ち際の音とともに、バンドによる生演奏。
日中とは異なり冷たい感触となった砂浜を素足で歩く気持ちよさ。
かなりいい雰囲気ですが、客層含めてカジュアルなのも、リゾートならでは。

肝心のバーベキューはシーフードが中心で、
目の前に並んだ好きな魚介類を選び、炭火で焼いてもらうスタイル。
このハタがオススメだよと教えてくれたシェフは、最近まで東京のピャチェーレにいらっしゃったとか。
焼かれた魚介類は、そのまま砂浜の白いテーブルへ。
これがまた、バーベキューらしからぬ美味しさ!
ハタのジューシーさや味付けは、かなりいい具合。
イカは、その肉厚さを感じさせないやわらかさ。
エビのジューシー感もしっかり。
他にも蛤などいろいろいただいたけど、どれも焼き加減と味付けが絶妙な美味しさ。
日本人好みな味付けかも。
ホテルのバーベキューとはいえ、大味になっていないのが嬉しいです。

そしてデザートは、マンゴータワー!
スタッフが実を切り取ると、グラスを使ってくるっと皮をむく仕草が見事!
楽しくも美味しいディナーの宴は、あっという間でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブゴバー@シャングリラ・マクタン


今回のランチは、プールサイドにあるこちらのバーでカジュアルな軽食を。
とは言っても、日本人からすると、しっかりなボリュームでしょうけど。
肉系に行きたいところですが、あえての外しでグリル野菜のパニーニを注文。
運ばれてきたのは、予想以上に野菜がたっぷりのパニーニ。
ボリューミーなチーズが入り、バジルペーストでしっかり味がついているので、食べ応え十分です。
ヘルシーなつもりが、ヘルシーと思えないくらい(笑)

一緒に注文した飲み物は、ジンジャーオレンジスムージー。
フルーティでフレッシュなオレンジスムージーに、生姜のアクセントが加わったような爽やかさ。
軽やかな感覚は、暑いプールサイドでいただくのに、ちょうどいい具合です。

そういえば、座った席は風が吹き抜けて気持ちいいです。
直射日光が当たらないだけでなく、天井のファンからの風もいいのかな。
本当のプールサイドは真夏のように暑く、テントのソファ席はそれなりの暑さだったのに、ここだけは違う世界。
プール遊びの間の、いい息抜きになりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クラブラウンジ@シャングリラ・マクタン


ルームサービスで食事をしたあとは、クラブラウンジでクールダウン。
ここの静かで落ち着いた雰囲気が好きで、久しぶりの訪問。
食後のコーヒーとともに、夜をまったり。
やっぱ気分いいね。
今日も1日が終わろうとしています。
やっと、のんびりGWのはじまりです!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ルームサービス@シャングリラ・マクタン




移動日の初日は、明日からに向けてゆっくり身体を休めるべく、部屋ごはんです。
種類が多く迷うなか、メインにプルコギ・ビビンバを注文。
コリアン・チリソースが旨辛で、食べ進むうちにじわっとくる感じ。
具だくさんで、お肉もしっかり。
かりっとなったご飯もいい具合。
安定の味わいで、なかなかの美味しさです。
一緒に出されたのは、韓国味噌汁とのこと。
わかめたっぷりで、日本で食べる味噌汁より美味しいんじゃない?

一緒に注文したのが、生春巻き。
皮がモチモチしてて、中にはフレッシュな野菜がたっぷり。
サラダのように食べる感覚かな?
こちらもなかなかな美味しさ。
チリソースもいい感じな旨辛加減で、生春巻きをいい具合に引き立てます。
ホテルスタッフの対応も併せて、ホッとする晩ごはんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

機内食@PR433(成田→セブ)


お昼と夜の間の中途半端な時間ですが、機内食が出てきます。
牛肉かお魚を選べたので、牛肉を選択。
運ばれてきたのは和食ベースで、見た目お弁当のような感じ。
それでも、ホットミールはちゃんと熱々です。
そしてフォークやナイフではなく、お箸が一緒に配られました。
外資系エアラインの機内食っぽくないですね。
時間帯を考慮してか、ボリュームはそれほどでもなく、逆に軽めかも。

味付けも和風で、ご飯に添えられている牛肉には、醤油ベースのスパイシーあん。
添えられた大根には、ダシの味がしっかりと染み込んでます。
副菜にがんもときんぴら、サラダのドレッシングはキユーピーの和風醤油。
デザートにはフルーツとともに、
広島県庄原市の寿製菓による抹茶餡の最中。
期待してなかっただけに、意外な美味しさは嬉しくなります!
中途半端な時間だけど、搭乗前にお昼たべたけど、全部食べちゃったよ(^^;;

| | TrackBack (0)

おぼん de ごはん@成田空港第2ターミナル




今回のランチは、滑走路がよく見えるこちらのお店で。
商業エリアのはじっこにあり、ちょっと存在がわかりにくいですが、
空港らしからぬ値段設定は敷居が低く、
見渡すと、空港内のスタッフも食事に来ているようです。

いただいたのは、本日のお肉ランチ(1080円)で、鶏と厚揚げの生姜おろしあん定食。
ご飯は黒米入りや五穀ひじきが選べるそうですが、今回は白米で。
ご飯と味噌汁のお代わりOKなのは嬉しいですね。

メインのお皿には、鶏肉の唐揚げ、厚揚げ、揚げ茄子、揚げ蓮根に、
ダシの効いた、あっさりとしたあんがかかっています。
さらにその上には、たっぷり生姜と大根おろし。
和食らしい、さっぱりする味わいです。
さらには、副菜としての小鉢もいろいろとついてくるので、身体にもよさそう。
全体的に味付けは薄めで、ほんのりとしたダシの美味しさが効果的に現れてます。

でもどこかで食べたような…と思っていたら、
デパ地下などで展開する「えん」プロデュースのお店なんですって。
納得です。
これ、日本に帰ってきたときに食べたら、かなり嬉しいんだろうな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

割烹天竜@清澄白河

割烹天竜@清澄白河
清澄庭園に隣接する、旧東京市営店舗向住宅で営業する和食店。
どんどん新しくなる街ですが、ここはその変遷を見守っているかのよう。
小さくも粒のきいた構え。店内はこじんまりとつつも、落ち着いたおもむきです。

お昼にいただいたのは、昼ご膳セット(1300円)。
お刺身と天ぷらがセットになった定食のようなものですが、
用意しているあいだ、厨房から聞こえてくる天ぷらを揚げる音。
これだけでも丁寧な雰囲気が漂ってます。

運ばれてきたお膳は、一見普通。
だけど天ぷらは、からっとした揚がり具合が、軽やかでなかなか。
プリプリしたエビの食感は見事です。
お刺身も丁寧な仕事がなされており、その美味しさが十分に引き出されてます。
ただ単に脂がのっているのではなく、上品さを兼ね備えてるのがポイント。
なかなかクオリティの高いご膳ですね★

| | TrackBack (0)

ブルーボトルコーヒー 清澄白河ロースタリー&カフェ

ブルーボトルコーヒー 清澄白河ロースタリー&カフェ
ブルーボトルコーヒー 清澄白河ロースタリー&カフェ
ブルーボトルコーヒー 清澄白河ロースタリー&カフェ
オープンしてだいぶ経ちましたが、最近の平日朝は行列ができないらしい。
…そんな話を聞きつけて行ってみたら、見事に行列がない!
もちろん、そのまま入店でしょ!
店内は、開店すぐの第一陣が過ぎた、ほんの瞬間の落ち着いた時間。
高い天井に広い空間。
大きな開口部から広がる明るい空間。
職人のように、計算されたようにコーヒーを淹れるスタッフ。
奥の焙煎機から漂ってくる、濃厚な珈琲の香り。
おしゃれだけど落ち着いた空間が、ここにはあります。

今回いただいたシングルオリジンのコーヒーは、ケニヤ・キリニャガ・カリミクイ。
華やかでフルーティーな香りと、若干強めの酸味。
ピュアな味わいは、なかなかの美味しさです。
一緒に注文したワッフルは、焼きたてでアツアツ。
甘すぎず、ふんわりと軽い食感。
単体での美味しさもそうだけど、コーヒーとの相性が見事。
人気があるのもわかるような気がします。

本当はもう少しお客さんが少なくて、お店に時間的余裕があって、
じっくりとコーヒーを淹れてくれるバリスタと、
コーヒーの香りを楽しみつつ、
ゆったりおしゃべりしながら過ごせると楽しいんでしょうね。

| | TrackBack (0)

« April 2015 | Main | June 2015 »