« October 2014 | Main | December 2014 »

円山町わだつみ@渋谷

円山町わだつみ@渋谷
渋谷駅の西側、ラブホテル群のなかに残る元料亭の建物。
立派な敷地の片隅、木で組まれた細長い回廊を奥に進んだところに入口のある、
静かな小料理店です。
昭和モダンを思わせるような客席からは、太鼓橋のかかる小さな坪庭が眺められ、
ここが渋谷だということを忘れるくらい、落ち着いた気分になれます。

ランチは2000円の極上にぎり24種のみ。
今日の先付は、練った里芋でひき肉を包んで揚げたもの。
まわりの餡をからめていただきます。
餡はダシが前面にくる上品な味付けで、里芋の風味をかき消すことがないほど。
丁寧です。
続いて、メインのにぎり。
板の上に並べられているのは、全く種類の異なる、小さな握りや軍艦たち。
とにかく見た目、宝石箱のようで、華やかです!
嬉しくて楽しくて、つい小躍りしてしまうくらい。
丁寧に24種全てのネタを説明していただきましたが、覚えきれません(笑)
一般的なネタから普段食べないようなネタもあり、
食べ進むごとに変化する味が、なかなか面白いとともに、
小さいながらも手を抜いていない点が、嬉しいです。
女性向けかな?と思ってたけど、男性でも十分おなかいっぱいになりました。
かなり、穴場なお店ですね★

| | TrackBack (0)

酒と肴 ぼたん@清澄白河

酒と肴 ぼたん@清澄白河
最近オープンしたばかりの、日本酒をメインにした飲み屋さん。
地下鉄駅出口のすぐ近くの小さな商店街。
どのお店も閉まって暗くなった通りに、全面ガラスの店内からほのかに溢れる光。
飲み屋というよりは、カフェのような雰囲気。
ただし、カウンターは気持ちのいい一枚の白木の板。
女将さんは割烹着と、いい感じな飲み屋さんです。

今回はビールを飲みながら、軽くつまんでみました。
京みぶ菜と湯葉のおひたしは、ゆずの香りがする気分のいいつまみ。
ハート新玉葱と豆鯵の南蛮漬は酢の加減が絶妙で、噛んでいるうちに出てくる豆鯵の旨味もいい具合。
どちらも上品な味わいで、東京というよりは京都の味付けに近いかも。
先日、福井に行ったからそう感じたのかな?
そして黒毛和牛炙り 鬼おろしポン酢。とろける脂が、中に入ってる大根おろしでさっぱり。こりゃ美味い。
ビールを2杯飲んでこれだけつまんで、3000円しない良心的価格でした。
メニューの裏面をみると、いろんな日本酒が揃ってる!
今度はビールじゃなくて、熱燗かな♪

| | TrackBack (0)

宮益バール&ダイン(miyamas’ bar & dine)@渋谷

宮益バール&ダイン(miyamas’ bar & dine)@渋谷
渋谷駅の東側、宮益坂にオープンしたばかりの複合飲食店。
1階はカジュアルなバールスペース、2階はダインスペースという構成。
上質なillyのコーヒーをいただけることがウリのようです。
早速、ランチで2階に訪問してきました。

いただいたのは、サーモンとサラダほうれん草の和風パスタ(750円)。
かなりあっさりした、淡泊な醤油味。オイルも使ってないんじゃないかな?
サーモンやほうれん草の味がはっきりとわかる程度です。
薄味できちんと食べれるパスタって、ちゃんとした技が必要ですよね。
そして食後には、エスプレッソを追加注文。
250円しますが、これがウリのお店ですからね。
出されたのは、確かにいい香りのするエスプレッソ。
きゅっと飲んで、口の中に広がる香りを堪能。
ひょっとしてパスタが薄味なのは、エスプレッソを美味しく口にするためだったのでしょうか。
それであれば、完璧な演出ですね★

| | TrackBack (0)

KollaBo@渋谷

KollaBo@渋谷
渋谷駅の西側、東急本店向かいの雑居ビル2階にある、韓国料理のお店。
店名の通り、何店かの韓国料理屋さんの味が集まる、コラボレーションの形態をとっているみたい。
今回注文した純豆腐チゲ(850円)は、ソゴンドン・トゥペギというお店のレシピ。
韓国純豆腐チゲ発祥のお店で、50年の伝統だそうですが…純豆腐チゲって新しい料理だったんですね。

注文時、辛さを普通、中辛、激辛から選べるとのことなので、中辛をチョイス。
沸き立つ石鍋からは、辛さだけでなく、魚介のいい香りがしてきます。
具材にカキとアサリが入っていて、香りだけでなく、旨味もしっかりと出ています。
確かに辛いんだけど、安っぽい辛さじゃないのがいいですね。
玉子を溶いて味をまろやかに…と思いつつも、辛さはそのまま。
なかなか美味しいです。
そういえば、韓国料理のお店って、キムチでレベルわかりますよね。
添えられたキムチもいい味してました★

| | TrackBack (0)

CAVE dEST ぶどう酒や@渋谷

CAVE dEST ぶどう酒や@渋谷
渋谷駅の東側、六本木通りの坂を上りきった辺りにあるワインバー。
人気カフェや有名ラーメン店も同じ建物に軒を連ねる場所ながら、
このお店は、ぱっと見、華がありません。
…が、店内に入るとお客さんでいっぱい!
ワイン庫をイメージした雰囲気で、それなりの広さがあるにもかかわらず、
ほぼ全席が埋まっているどころか、持ち帰りのお客さんまで。
この地域では、かなり支持されているお店のようです。

ランチに注文したのは、手こねビーフハンバーグ(900円)。
選べるソースは、一番ベーシックなデミグラスソースにしてみました。
表面がかりっと焼かれていて、箸を入れると中からじゅわっと脂が出てくるジューシーさ。
ソースは最低限といった感じで、牛肉の味がしっかりとしています。
丁寧に作られているからこその味わい。
煮込みハンバーグとは違う、焼きならではの美味しさが存分に活かされています。
ドリンクは+50円とのことで、ハンバーグの余韻に浸るべく追加注文したら、
結構煮詰まってるホットコーヒーが出てきたのが、ちょっと残念。
アイスコーヒーにしてたら、ちょっと違ったのかな?

| | TrackBack (0)

越前 田村屋 プリズム福井店

越前 田村屋 プリズム福井店
最後の福井の味覚は、こちらで購入した駅弁。
焼き鯖やのどぐろなど、魅力的な駅弁が並ぶなか選んだのは、せいこがに 姫ちらし(2000円)。
せいこがにが獲れる期間の、11月15日〜12月31日だけ販売される駅弁です。
酢飯の上にのるのは、せいこがにの外子、内子、脚、肩身。
これらがふんだんに使われている、せいこがにを丸ごと楽しめるちらし寿司です。
ついてくる特製のかに酢は、三国にある望洋楼で使われているものと同じレシピ。
もう、とにかく甘くて、ヤバいくらいに美味しい!
豪快ではなく、上品なカニが、このちらし寿司に入っています。
「姫ちらし」とは、うまく言いあてたネーミング。
昨日のことなのに、また食べたいです!

| | TrackBack (0)

買う座呑む座@福井駅

買う座呑む座@福井駅
帰りの特急の中で飲む地酒を、高架下の商業施設内の店舗で購入。
福井37蔵中ほとんどのお酒が揃っており、試飲もできる嬉しいお店です。
ただ時間もなく、利き酒なんて無理と思ったので、
お店の人に辛口なお酒ということで選んでもらい、試飲した結果選んだのが「悠々福井 福居城」。
田嶋酒造という福井市内の蔵の日本酒で、
大野市で特別に栽培した「蛍の里」というお米を使い、桜の花から分離した「さくら酵母」を使用した限定仕込。
奥行のある味わいとキレ・後味が良く、飲んでいて飽きないお酒で、とにかく美味しい!
買い込んだ寿司にも合うけど、これを飲みつつ、流れる車窓を。
あっという間の福井滞在だったなー…

| | TrackBack (0)

北のおやじ@福井

北のおやじ@福井
帰りの電車の中では何を食べよう…と迷うなか、
駅の商業施設内にある回転寿司で持ち帰り用に握ってもらいました。
せっかくなので手書きのホワイトボードから、
天然ぶり3種、へしこ、いか3種、生たこ、平目、真鯛、穴子。
しめて3000円程度という、良心的な値段です。
そして美味しい!
回転寿司とはいえ、ちゃんと職人さんが握ってくれている寿司。
ネタも新鮮なものを使っているうえに、かなりの大きさ。
へしこも、寿司になるとまた違った味わいで面白いです。
電車の中でつまんでいると、地酒がすすんで仕方ないです(笑)

| | TrackBack (0)

あみだそば 遊歩庵@福井

あみだそば 遊歩庵@福井
福井駅のすぐ近く、アーケードのある商店街に位置するお蕎麦屋さん。
せっかく福井にきたのですから、越前そばを食べずに帰るわけにはいきません!
それほど広くない店内は、木のテーブルを中心とした、落ち着いた雰囲気。
中途半端な時間なため、お客さんは他にいませんでしたが、
店員さんは丁寧な対応をして下さり、感謝です。

いただいたのはもちろん、越前おろしそば(600円)。
蕎麦そのものは、食べごたえがありコシの強いもの。
蕎麦の香りもしっかりとしているのは嬉しいですね。
添えられているのは、大根おろしがたっぷり入ったつゆ。
蕎麦をつゆにつけるも良し、つゆを蕎麦の器にかけるも良し。
私はつゆを蕎麦の器にかけていただきました。
大根おろしは思っていたほど辛くなく、程よいあんばい。
そばつゆは普段口にするものと違い、ダシが効いたつゆといった感じ。
かなりあっさりしてるとともに、かなり上品な味わいです。
ネギや鰹節の薬味と合わさって、独特なバランスを形成しています。
これは美味しいです!
何皿でも行きたいところですが、おやつ的な時間なので、この程度にしておきました。

| | TrackBack (0)

えち鉄CAFE@勝山(福井)

えち鉄CAFE@勝山(福井)
えちぜん鉄道勝山駅の駅舎内にあるカフェ。
今のレトロ風駅舎に建て替わった際にできたようで、
駅内ギャラリーのように、史料やガイド・パンフレットが用意されています。
カフェ自体、落ち着いたレトロな雰囲気。
店内からは、行き来する電車や乗り降りするお客さんの様子が見えます。
30分毎に出発する電車を1本見送り、こちらでゆったりと過ごしました。

いただいたのは、えち鉄ブレンド(380円)。
浅煎りだけどコクがしっかりしているのは、ブレンドならでは。
軽い苦さとともに、すっと香りが広がる飲みやすさ。
若者からご年配の方まで、みんなに愛される味です。
本当はケーキセットにしたかったけど、連休のためかケーキが売り切れ。残念!
ちなみにアイスコーヒーは水出しで、なかなか濃厚で魅力的味。
コーヒーゼリーも美味しそうだったなぁ。

| | TrackBack (0)

ディノ(Dino)@勝山(福井)

ディノ(Dino)@勝山(福井)
恐竜博物館内にあるカフェレストラン。
近くスキージャム勝山を運営している、東急リゾートサービス社に委託しているようです。
博物館内のカフェながら、食事メニューも充実しているので、
こちらでランチしてきました。

いただたいたのは、ボルガライス(1530円)。
カツとトッピングしてハッシュドビーフソースをかけた、福井発のオムライス。
恐竜の足跡のトッピングが、博物館オリジナルでしょうか。
博物館内カフェということもあり、出てくるのも早いです。
この辺り、ゲレンデ飯で培ったノウハウでしょうか。
あらかじめ用意されているカツなので揚げたては期待できませんが、そこそこの味。
ソースが特徴的で、トマトの酸味が若干強めな感じ。
恐竜の足跡は、卵白でできています。
オムライスの中身が、ちゃんとケチャップご飯なのは嬉しいです。
クオリティはそこそこですが、博物館内ということで(笑)

| | TrackBack (0)

民宿なかじま@三国港

民宿なかじま@三国港
漁船オーナーが切り盛りする、三国温泉の民宿。
この季節、もちろん越前ガニフルコースプランの晩ごはんです。
全てがタグ付きの、皇室にも献上されたというブランド蟹。
まずは炭火で焼いた焼き蟹で甘さを堪能。
続いて茹で蟹が一人一匹。尋常じゃないサイズで、グラスと比較するとその大きさが分かるのでは?
街なかだと2万円くらいするのでは?
これをオーナーが、目の前でボキッと足と本体を分けてくれます。
甲羅には、濃厚な蟹味噌がいっぱい。
足に詰まった蟹肉はするっと抜けて、そのままでも甘み十分なのですが、
蟹味噌につけて食べると、もう最高!
続いて目の前に、40分ほど真水につけた生きたままの蟹が出されます。
この大きさで10年物だとか。
これも、目の前でバキッと包丁でさばき、そのまましゃぶしゃぶ。
一部はそのまま水につけ、しばらくすると花が開くかにしゃぶに。
本体の部分は鍋に入れて、カニのダシとして鍋料理に。野菜が美味しいこと。
シメは鍋で使った蟹の味噌を使って蟹雑炊。蟹味噌がたっぷり濃厚な味わいで、かなり贅沢です。
これみんな、タグ付き越前ガニですからね。
鮮度が命の蟹の美味しさは、東京では楽しめない美味しさ。
たまには日本海に出かけて、どうしても食べたくなるんです★

| | TrackBack (0)

三國湊座@三国

三國湊座@三国
多くの見所が集まっている、三國湊きたまえ通り。
その入口にあるのが、こちらのお店?です。
街の情報発信拠点として、イベントやシンポジウム、アートプロジェクト、上映会やお芝居などが行われる施設。
普段はカフェとしても営業しており、らっきょを使った三國バーガーというご当地バーガーを提供しています。
かなり気になるところですが、豪華な晩ごはんを控えているので、コーヒーをいただくことに。
丁寧に煎れているのか、割と美味しいです。
それよりも、木材屋の倉庫だった建物をリノベーションして作った、天井の高いこの空間で過ごすことの気持ちよさ。
しかもマンガが揃っているので、つい読んでしまい…
非常によくない施設です(笑)

| | TrackBack (0)

三国散策

三国散策
北前船交易で栄えた湊町。
材木業を営んでいた豪商の建物が、今でも残っています。
表の構えも立派ですが、奥に長く延びる建物。
その坪庭には、紅葉する風景が見られました。
当時の商人も、こうして季節の変化を楽しんでいたのでしょうね。

| | TrackBack (0)

カルナ(CARNA)@三国

カルナ(CARNA)@三国
昔ながらの雰囲気の残る通りに建つ、昔ながらの建物。
2階のカフェも気になるところですが、今回は1階のジェラート屋さんを訪問。
いろんな種類があるなか、「三国の海の塩」「あわら市富津・吉村君のさつまいも」を注文。
塩味は、さわやかな風味であっさりとした味わい。
さつまいもは、しっかりとした濃厚なお芋の風味。
まさか、ここで吉村さんのさつまいもと出会えるとは思ってもいなかったから、ちょっと嬉しかったかも。
ベースは、三国にある「おけら牧場」のジャージー牛のミルクを使っているとか。
他の素材も近隣のネットワークを使い、安心して食べられる素材だそうです。
全体的に甘さ控えめのしっとりとしたタイプで、丁寧に作られているのが味を通じてわかります。
三国に来たなら、外せないジェラート屋さんですね♪

| | TrackBack (0)

お食事処 田島@三国港(その3)

お食事処 田島@三国港(その3)
黒板に「がさえび造り(1500円)」のメニューもあるので、これもいっちゃいましょう!
甘エビのようなもので、ごく僅かな漁獲高しかないうえに、足も早いもの。
濃厚な甘さは、甘エビ以上。
海鮮丼で食べた甘エビが霞んでしまうほどです。
このお店、本当にステキな海の幸だらけで、シアワセすぎます!

| | TrackBack (0)

お食事処 田島@三国港(その2)

お食事処 田島@三国港(その2)
黒板の「へしこ焼き(600円)」。
せっかくなので、これもいっちゃいましょう!
へしこは脂ののった鯖を特製の糠漬けした若狭の伝統食。
焼いた時の独特の風味と、塩味の効いた味わいは、何とも言えぬ美味しさで、
運転のため酒が飲めない自分が残念になるほど。
つい、ノンアルコールビールを注文してしまいました。

| | TrackBack (0)

お食事処 田島@三国港

お食事処 田島@三国港
三国港のすぐ近くにある人気店。
開店の15分過ぎに到着したらもう満席で、順番が回ってくるまで1時間ほどかかりました。
それほど待ってでも食べたいものが、この食堂にはあります。
それは彦摩呂が色紙に「宝石箱や〜!!」と書かせるほどの逸品、海鮮丼。
2600円と値は張りますが、三国の甘エビが沢山のってるほか、
今が旬の脂がのった海の幸がいっぱい、さらにはウニやイクラも。
もちろん鮮度も確か、包丁さばきも確かな味わい。
私もこれは「宝石箱や〜!!」と叫びたくなるほどです。

| | TrackBack (0)

四季の花咲く宿 ゆ楽@あわら温泉

四季の花咲く宿 ゆ楽@あわら温泉
さてさて、肝心な温泉です。
弱アルカリ低張性で、加温こそすれども加水はしていないもので、
お湯がやわらかいのが特徴的かも。
肌がするっとする感覚は、気持ちいいです。
男女別の浴場のほか、時間帯によって男女入れ替えのお風呂が。
庭園を眺めながらの朝風呂は、なかなか気持ちいいです。
さすがに他のお客さんがいて写真は撮れなかったので、公式サイトから拝借。

| | TrackBack (0)

四季の花咲く宿 ゆ楽@あわら温泉

四季の花咲く宿 ゆ楽@あわら温泉
今宵は、関東の熱海的存在(?)、あわら温泉に。
夕食会場は大広間で、パーテーションで区切られているものの、
隣の宴会のカラオケが見事に聞こえます。
こういうパターンって初めてですが、微妙に音をはずしているのが気になります(笑)

夕食はふぐを中心としたコースにしました。
ふぐ刺し、ふぐちりを交えつつ、カニ、刺身、甘エビ、茶碗蒸し、天ぷら、そばのようなうどん等々。
全体的に味が上品なのは、ここが関西圏だからなのでしょう。
ふぐ三昧とはいきませんでしたが、なかなか満足な内容。
日本酒が進みます。
温泉入って、海の幸を堪能して、再び温泉に入って、マッサージチェアでリラックスして、そのまま睡眠。
温泉宿ならではの贅沢ですなー♪

| | TrackBack (0)

えちぜん鉄道

えちぜん鉄道
福井からは、えちぜん鉄道であわら温泉へ。
九頭竜川を越えるときや田園風景の中を走る際に見える山並み、
単線なために途中駅で反対方向の電車とすれ違う風景、
車内で案内してくれるアテンダントさんの存在。
のんびり車窓を眺めていると、やがてあわら温泉に到着。
今宵は、こちらで身体を癒すとします。

| | TrackBack (0)

養浩館庭園@福井

養浩館庭園@福井
福井駅周辺を散策。
福井藩主松平家の別邸が、庭園として保存されているこちらへ。
広大な池を中心とする回遊式で、御茶屋も立派ならば、
そこから眺める庭園の風景もなかなか。
和のテイストたっぷりで、畳や縁側に腰をおろし、のんびりひととき。
この季節ならではの、紅葉が見事な風景を堪能しました★

| | TrackBack (0)

ヨーロッパ軒 総本店@福井

ヨーロッパ軒 総本店@福井
福井に来たからには、はずせないのがソースカツ丼。
その発祥とも言える、このお店に訪問。
ちょっと時間をずらしたせか、並ばずに店内に入れました。
ランチ時だったら、かなり混むみたいですね。

いただいたのは、もちろんカツ丼セット(1080円)。
ちょっと薄いかな?と思われるカツは8mm。
カツを噛んだときの肉汁とソースのバランスを考えてのものなんですって。
きめ細かなパン粉の衣を使用していて、サクサクとした食感が小気味いい感じ。
見事に、お肉と衣が一体となっています。
くぐらせているソースは、特製のウスターソース。
ごはんにもたっぷりかかっているのですが、甘さと酸味がいい感じです。
脂っこくなく、意外とあっさりと食べれるのが、このソースカツの特徴かも。
東京で食べるものとは明らかに違う、とにかく美味しいカツです。

| | TrackBack (0)

煮炊き屋本舗 まつおか グランスタ店

煮炊き屋本舗 まつおか グランスタ店
東京駅グランスタにあるお弁当屋さん。
名古屋の和総菜のお店が、弁当を中心とした店舗として初出店。
名古屋らしいお弁当が並ぶなか、赤味噌ロースカツ重(1210円)を購入。
新幹線に持ち込み、ヘビーな朝ごはん。
…と思いきや、意外にもあっさりとしたロースカツ。
南洲ナチュラルポークという、鹿児島の大自然の中で育った豚肉を使用。
お肉の厚みがかなりあるだけでなく、やわらかくて美味しい!
ロースながら、脂身が少ないのもポイント高いです。
薄目な衣には、甘みのある味噌だれがしっかり。
かなり満足度の高いお弁当です。

いろいろと気になったので、タニタ食堂の有機黒烏龍茶と一緒に★

| | TrackBack (0)

野郎ラーメン 渋谷センター街総本店

野郎ラーメン 渋谷センター街総本店
センター街のド真ん中。賑やかな場所だけど、かなり目立つ看板が出てます。
24時間営業ということで晩ごはんに訪問。
メニューは4か国語表記。場所柄か外国人を意識しています。
最初に食券を買うのですが、種類が多くて迷いつつも、一番アタマにあった味玉野郎ラーメン(830円)を注文。
カウンターオンリーな店内は、新しいためか清潔感があります。

しばらくすると、丼の登場。
もやし中心の野菜炒めがどーんと盛られる上に、チャーシューと煮玉子がトッピング。
野菜の下にあるのは、中太かためのしっかりした麺。
背脂たっぷりで、見た目かなりしつこそう!
…だけど、スープ自体はわりとあっさりめでライトな豚骨醤油。
たっぷり背脂で、こってり感を出しているって感じだから、意外と食べやすいです。
ここにニンニクを投入するとさらに美味しくなるのでしょうけど、明日があるのでガマンです。
それにしても、センター街は人が多い!

| | TrackBack (0)

いまここ@渋谷

渋谷駅の西側、道玄坂をのぼりきって、神泉方面に進んだところ。
最寄駅は神泉と言ってもいい、商店街のなかにある和食屋さん。
シャープなファサードが印象的ですが、店内は木を基調とした落ち着いた雰囲気。
それほど広くないお店ながらも、感じはいいです。

ランチは日替わり(1500円)の1種類のみ。
今回は鯖の紀州備長炭干しをメインに、
もずく、淀丸大根のスープ煮、お魚の南蛮漬け、お浸し、香の物という構成。
新米の釜炊きごはんと、青のりいっぱいの味噌汁はおかわりOK。
全体的に、ほっこりとする優しい味付けです。
鯖は適度に脂がのり、ほっこりとした焼き加減がいい具合。
ランチとしてはちょっと高めですが、バランスよく美味しいので満足度は高いです。
しかも食後にはデザートまで。
リンゴの赤ワイン漬け ゼリーがけという、ちゃんと凝った品なのは嬉しいですね。
口直しにピッタリ!Imakoko


| | TrackBack (0)

鉄板二百℃ 秋葉原店

鉄板二百℃ 秋葉原店
アキバル2014、時間的にシメということで、5軒目も肉のお店。
大きな鉄板焼きのカウンターが目を見張るお店で、もちろんカウンター席に。
提供ドリンクは、なみなみグラスワイン。日本酒のように、グラスいっぱいに注がれます。
ワンコインフードは霧島豚厚切りステーキ。
柔らかいお肉が意外にも美味しく、もやし炒めもしっかりあるのが嬉しいところ。
駅のすぐ隣だし、普段使いするにも便利です。
今回は5件回りましたけど、会費の1000円は十分に元とれてますね。
肉喰ったぜー★

| | TrackBack (0)

Heart of Hearts@秋葉原

Heart of Hearts@秋葉原
アキバル2014、4軒目はせっかくなので学園系メイドカフェ&バーへ。
学費500円を払って転入?、最初に学園でのお約束を授業形式でお勉強して、店内へ。
選べるドリンクはシャンディガフだったかな?
ワンコインフードはミニオムライス。
目の前で、メイドさんがケチャップで絵を描いてくれるサービスは通常とかわらず。
美味しくなーれのおまじないで、美味しくいただきました。
他のお客さんがステージの注文をしたらしく、メイドさんのライブステージ楽しんできました。
久しぶりのメイド喫茶だぜ!

| | TrackBack (0)

American Diner Bar&Grill@秋葉原

American Diner Bar&Grill@秋葉原
アキバル2014、3軒目も肉のお店ということで。
カジュアルなアメリカンダイナーっぽいお店。
選べるドリンクからは、黒ビールをチョイス。
ワンコインフードはカットリブ2ピース。
秋葉原UDXのテナントということで期待してなかったのですが、なかなかの美味しさ。
グランドメニューのハンバーグやステーキが気になるところですが、次のお店へGo!

| | TrackBack (0)

Queens Grill@秋葉原

Queens Grill@秋葉原
アキバル2014、2軒目も肉のお店ということで。
ドリンクは500円以内のものから選べるので生ビールを。
ワンコインフードはローストビーフ。
肉厚で柔らかくて、なかなかの美味しさです。
隣の人が食べていたステーキが、非常に気になりました★

| | TrackBack (0)

Meat Winery@秋葉原

Meat Winery@秋葉原
アキバル2014、1軒目は肉のお店ということで。
提供ドリンクはスパークリングワイン、ワンコインフードはコロコロベーコンときのこのグリル。
なかなか美味しいので、生ビールを追加でおかわり。
エレベーターがソフマップの中なので入口がわかりにくいものの、店内は広くて居心地いいです。

| | TrackBack (0)

アキバル2014

アキバル2014
「今宵、われら肉食系」ということで、
秋葉原で行われるイベントに昨日参加してきました。
参加費1000円で、参加店舗のファーストドリンクを飲めるうえ、
イベント限定のワンコインメニューも用意されているとか。
ざっと眺めた感じ、良さそうなお店も入っているので、久しぶりに秋葉原へGo!
メイド喫茶の呼び込みにビクつきながらも、夜のアキバを徘徊しました!

| | TrackBack (0)

カラシビつけ麺 鬼金棒@神田

カラシビつけ麺 鬼金棒@神田
鬼と金棒がモチーフとなったファサードに店内。
BGMが無駄に太鼓な、元気のあるお店です。
店名の通り、ここは唐辛子の辛さと、四川山椒の痺れを楽しめるつけ麺店。
一番ベーシックなカラシビつけ麺(880円)を食券機で購入。
カウンターで食券を出す際に、麺の量、好みの辛さ・痺れを注文できます。
今回は、麺中盛り、辛さ増し・痺れ増しで注文。
出てきたのは…唐辛子パウダーがたっぷりかかっているつけ汁。
つけ汁をグリグリっと混ぜ、麺を投入。
太めでコシのあるしっかりとした麺は、讃岐うどんのような存在感です。
そしてつけ汁ですが、どろっとした濃厚魚介系がベースになっているよう。
つけ汁の美味しさは、このベースがしっかりしているからでしょう。
ただし、辛さや痺れが勝っているので、はっきりとわかりにくいです。
八角の香りがきいたチャーシューやモヤシがたっぷり入っていて、
辛いんだけど、舌がしびれるんだけど、なかなか美味しいです。
これはクセになりますね!
最後スープ割りも出来るんですが、辛いスープといった感じで、これまた美味。
もちろん、食べ進むうちに、じわっと汗が出てきます。
外に出たら寒いので、風邪ひかないように汗拭かないとね。

| | TrackBack (0)

ロッジ@渋谷

ロッジ@渋谷
渋谷駅の南側、桜丘町を越えた閑静なエリアにあるラウンジ。
昼間は健全な「今日の給食」が振る舞われています。
給食だから、自分でトレイを持って、自分で食器に食事を取ります。
給食メニューは日替わりで、給食費は1000円。
栄養士でもある給食のおばちゃん(お姉さん)が、食事を作ってくれます。

今日の給食は、キーマカレー、きのこソテー、ポテトサラダ、コンソメスープ。
飲み物は、給食なので牛乳です(笑)…が苦手な人のため、お茶もあります。
給食の味はちゃんとしていて、キーマカレーと一緒のご飯はターメリックライス。
辛さひかえめで、野菜の甘さがしっかりと出ています。
きのこのソテーはチーズ味で、濃厚さがいい感じ。
ポテトサラダも、ほっこりとする優しい味わい。
コンソメスープは割と薄味で、沢山入っている具の美味しさが伝わってきます。
ほっこりしたランチ…じゃなくて給食は、全体的になかなかの美味しさ。
給食のおばちゃん(お姉さん)とのやりとりだけでなく、
ラウンジのインテリアとのギャップが楽しいです。

| | TrackBack (0)

くうねるあそぶ@渋谷

くうねるあそぶ@渋谷
渋谷駅の西側、東急ハンズのちょっと手前の雑居ビルにある居酒屋さんのランチ。
500円という看板に惹かれての入店です。
店内は夜の居酒屋っぽくて、ランチにはちょっと暗めな雰囲気。
お水もジョッキで出されるので、気分は「飲み」です(笑)

注文したのは、からあげ定食(500円)。
ちゃんと醤油・生姜で下味がつけられた唐揚げです。
味としてはまぁまぁかな。
ボリュームがそれなりにあり、マヨネーズも添えられているので、
大食いな人は、おかわりOKなご飯をぜひ!
私は、一応これでも体重コントロール中なので、控えておいたよ。

| | TrackBack (0)

ガパオ食堂 渋谷

ガパオ食堂 渋谷
11月15日にオープンしたばかりのタイ料理屋さん。
ランチは本日17日から開始とのことなので、早速訪問してきました。
明るいピンクを基調とした客席は割と広く、食堂といった雰囲気です。

注文したのは、もちろんガパオごはん(980円)。
鶏肉のバジル炒めが思ってた以上にボリュームあります。
ちょっとベチャベチャになってるのは残念だけど、
ほのかに効いた唐辛子の辛さ、甘醤美味炒めのバランスがいい感じ。
添えられた目玉焼きの黄身と混ざると、味がさらにまろやかに。
お米はちゃんとタイ米を使ってますが、この料理にはこれが一番。
日本人でも安心していただける内容になっています。
添えられたスープが、思いのほか美味しかったです。

お店についたとき、行列が出来ててビックリしたけど、
テイクアウトのお弁当が、オープン記念で390円なんですって!
11月28日までだから、要チェックですね★

| | TrackBack (0)

江戸深川珈琲本舗@清澄白河(門前仲町)

江戸深川珈琲本舗@清澄白河(門前仲町)
最近、サードウェーブ系カフェが集積してきた清澄白河〜門前仲町エリア。
来年にはブルーボトルコーヒーもオープンするこの地ですが、
流行るよりも随分前から、この地で営業している焙煎所を兼ね備えた喫茶店です。
もちろん豆の販売もしていて、種類はかなり豊富!
喫茶店としても充実した空間で、ジャズをBGMに、
落ち着いた空間で、ゆったりとした時間を過ごすことができます。
テラス席も用意されているから、もう少しいい気候だと、こちらで過ごすのも気持ちいいでしょうね。

いただいたのは、スペシャルブレンド(550円)。
一杯ごとにハンドドリップで淹れてくれるコーヒーは、まさに喫茶店文化。
香りよく、さわやかで飲みやすい一杯が、サービスされました。
終日注文できるモーニングセットや、各種スイーツも気になるところですが、
今回は我慢。
ついでに、カウンターの中の巨大モニタに流れている通販番組も気になるところ(笑)
雑誌や新聞が積まれていて、好きなものを読みながら過ごすという喫茶店文化が残っています。
置かれていたLEONで、ここ数年チェックしていた旅先情報が載っていたのが意外な収穫。
いつか出かけるんだ♪

| | TrackBack (0)

Wonder Bowl@渋谷

Wonder Bowl@渋谷
渋谷駅の西側、ファイヤー通りにあるカフェ&バー。
JRの線路との間の狭い敷地の建物にあるお店で、店内もそれほど広くありません。
が、狭さを感じさせないおしゃれな雰囲気で、秘密基地的パーティースペースっぽい感じです。
この空間で、ぼーっと過ごすだけでも気持ちいいよ。

お昼に食べたのは、ワンダー風ガパオライス(980円)。
運ばれてきたのは、手作り感あふれるプレート。
確かにガパオライスっぽい香りがするけど、それほど強くないです。
それでも、半熟目玉焼きの黄身を崩して、まろやかな味に変化するのは、楽しいかも。
添えられたスープが味噌汁だったせいもあるのか、
タイ料理とは違う、和風な味わいのガパオライス…ワンダー風とはこのことなのね!
バジルの風味もないから、いわゆるタイ料理が苦手な人にはちょうどいいかも。
味自体は美味しいしね。

| | TrackBack (0)

魚力@渋谷(東急東横店)

魚力@渋谷(東急東横店)
フードショーでお買い物。
レジを通るたびに、その先にある暖簾が気になってました。
今回も、お弁当でも買って帰ろうかと思ったのですが、
せっかくなので、以前から気になってたこちらの暖簾をくぐることに。
人気店らしいのですが、カウンターにはお客さんが誰もいない状態。
珍しいこともあるもんだ、と思いながら席につきます。
すると、どんどんお客さんが入ってきて、狭いお店はあっという間に満席。
偶然の瞬間だったようです。

素直に握りを注文すべきか迷いましたが、おすすめ丼(1800円)を注文。
他の人が注文した寿司を握る姿を眺めながら、やがて私の丼が登場。
マグロ・ウニ・イクラ・カニ・赤貝・ネギトロ・シラス・サーモン等が、酢飯の上にきれいに並びます。
ボリュームなかなか、見て楽しい、食べて嬉しい丼。
刺身類の切り口がいい具合なのは、丼ネタとしては嬉しいですね。
ただ、横目で見た握りが気にはなりましたが…。
デパ地下イートインの域を超えたお店です。
こんなお店が、レジの裏の、倉庫みたいな場所にあることにビックリしました。

| | TrackBack (0)

Bentley's British Pub@渋谷

Bentley's British Pub@渋谷
ランチ開始1週間ということで、全品ドリンクつきで200円という太っ腹企画!
渋谷駅の西側、円山町のランブリングストリートの建物前を通過しようとしたのですが、
ランチ200円企画の看板が目に入ったので、迷わず入店。
それほど広くない店内は、店名のとおりイギリスのパブをイメージしたもの…?
メニューを見ると、表には出てなかった「プレスリーサンド」なるものが。
一瞬迷うものの、注文してみました。プレスリーってアメリカじゃん…って、心の中でツッコミつつも。
なんでも、プレスリーが大好きだったサンドイッチを再現したものなんですって。
パンに塗られているのは、ピーナッツバター。
本当はイチゴジャムも使うらしいけど、今回は厨房に見当たらなかったので塗らなかったらしい(笑)
間には、厚めのベーコン、キュウリ、レタス、チーズという構成。
トーストでサンドされています。
マスター?おじさんの完全手造りで、待っている間、ベーコンの焼けるいい香りが店内に。
出てきたサンドは、見た目以上に食べごたえがあります。
美味しいか美味しくないかは別問題。だってプレスリーですよ!?
(でもB級ならではの美味しさはあった)
ピーナッツバターが面白いアクセント。イチゴジャム入り食べたかったなー。

| | TrackBack (0)

なかむら屋@上野毛

なかむら屋@上野毛
環八と第三京浜のインターチェンジのところにあるラーメン屋さん。
かなり小さく狭いカウンター席のみで、
ぱっと見きれいな感じは決してしない、古そうなお店です。
ただ、店内はきちんと清掃がされていて、清潔感はあります。

夜ごはんに注文したのは、つけ麺 中(800円)。
まず出された器を見て、ビジュアル的にびっくり。
つけ汁の器が、ラーメンの丼そのもの!
もちもちした食感の麺を汁につけて口にすると…濃いめでしょっぱい醤油味!
かなり塩気が強く、インパクト絶大です。
これに、ごま油と七味唐辛子が加わり、かなり個性的な味。
最初は慣れない味も、食べていくうちにクセになってくるのが不思議です。

麺を食べ終わって、スープ割を入れてもらうと…豚骨醤油味に変化!
割スープが豚骨ベースなんでしょうね。
豚骨としてのスープはそれほどしつこくなく、どちらかというとあっさりした感じ。
それよりも、この味の変化がおもしろいです!

| | TrackBack (0)

キッチンFeuFeu@上野毛

キッチンFeuFeu@上野毛
環八沿いにあるレストラン。
外観と同じくらい、店内はウッディで山小屋風。
落ち着いた雰囲気は、お昼のリラックス時間にはちょうどいいです。

ランチにいただいたのは、ハンバーグステーキ(1200円)。
200gというボリュームに嬉しくなりますが、
しっかりと火が通った表面が、適度に肉の脂を閉じこめているのか、
ナイフを入れると、程良く溢れ出てきます。
選べるソースは和風をチョイス。
しょうががたっぷりと効いて、軽く酸味のするソース。
肉々しさと、うまい具合に調和しています。
ちゃんとした、なかなか美味しいハンバーグが、ここにはありました。

| | TrackBack (0)

BARRIO@人形町

BARRIO@人形町
11月11日は立ち飲みの日!
3件目、最後はこちらのバルに訪問。
結局どのお店も立ち飲みではなく、普通に座ることができました。
チケット1枚で、カバ、スペインオムレツと交換。
やっぱり泡はいいです。オムレツも具だくさんで、見た目以上にボリュームあります。
味のほうもなかなか。
おしゃれなお店で居心地もよかったので、そのままお酒を追加オーダー。
お腹いっぱいだったから料理は頼まなかったけど、魅力的なメニューが並んでます。
まぁここまでくると、料理云々というより、おしゃべりたのしーって感じでしたが(笑)

今回の企画では一気に3軒回ったけど、どこも個性的で面白いですね!

| | TrackBack (0)

串天 おたぬきさん@人形町

串天 おたぬきさん@人形町
11月11日は立ち飲みの日!
2件目は、こちらのお店に訪問。
チケット1枚と、生ビール、極太グリーンアスパラの1本揚げ&玉葱天麩羅と交換。
天ぷらは茶塩、カレー塩、岩塩の3種類でいただきます。
塩だけなめると味の違いがはっきりしてるのですが、天ぷらにつけたらどれでも一緒!
それくらい、素材の個性が強かったです。
グリーンアスパラは、その大きさにビックリ。結構新鮮で、筋もなくて食べやすい!
玉ねぎも甘さがしっかりとしてます。
生ガキなど気になるメニューもありましたが、次のお店へGo!

| | TrackBack (0)

食彩酒房 蕾@人形町

食彩酒房 蕾@人形町
11月11日は立ち飲みの日!
3枚綴りのチケット(前売り2300円)を買って、いろんなお店に顔を出してきました。
最初に訪れたのは、こちらのお店。
細い路地を入ったところにあるこちらでは、
チケット1枚で、生ビールと串揚げ5本セットと交換。
ちょうどいいサイズの串揚げにかけるソースは、「下北沢ビレッジソース」というオリジナルのもの。
ジャンルとしては中濃ソースになるのでしょうが、
デーツを使って甘みを出しているためか、独特なやわらかさがあります。
このソースの味を一番引き出すのが串揚げ、ということで、このお店をやっているのだとか。
関係ないけど、お店のお姉さんが面白い人でした★

| | TrackBack (0)

老四川@渋谷

老四川@渋谷
渋谷駅の西側、マルイシティの向かいにある中華料理店。
店名からわかるとおり、四川系のお店です。
安っぽいお店やチェーン店が並ぶなか、「全品398円」の看板。
ここもご多分に漏れず、安っぽいチェーン店か…
と思いきや、意外にも本格的な料理人のいるお店のようです。

ランチに注文したのは、麻婆豆腐セット。やっぱりこれは外せないでしょ。
花椒の痺れと香りがしっかりして、辣油の辛さもきちんとする、私の大好きな四川麻婆豆腐です!
四川「風」じゃないところが、大事なポイント。
激辛というわけでもなく、ちょうどいい塩梅の辛さ。
そう思いつつも、食べていくうちに、じわっと汗が出てきます。
確実に身体に効いているようですね。
ひき肉もたっぷりで、第一お皿のボリュームがしっかりあるのも嬉しいポイント。

さらに、どこかのサイトのクーポンで、ご飯をチャーハンにバージョンアップ。
オーダーが入ってから作ったみたいで、ちょいと時間がかかりましたが、
出てきたのは見事なまでに、パラパラに炒められたチャーハン。
お箸で食べようなんて思っても無理。
スプーンですくっても、パラパラこぼれるくらい。
これ単体で食べても美味しいですけど、麻婆豆腐と一緒に食べると、至福なシアワセが口の中に広がります。
サイドのスープ、ザーサイ、杏仁豆腐もみないい感じ。
セットには飲み放題のホットコーヒーがついてきますが、この四川麻婆豆腐の後では無理。
冷たいお水をお代わりするにとどめておきました。
駅近くで、この内容で750円なら、なんの文句もない満足度です!

| | TrackBack (0)

ターブル コンヴィヴィアル(Table conviviale)@渋谷

ターブル コンヴィヴィアル(Table conviviale)@渋谷
渋谷駅の東側、宮益坂と明治通りの交差点にあるパン屋さん「ゴントラン シェリエ」の地下にあるビストロ。
一度パン屋さんの中に入り、右側の階段を下りていきます。
階段はワイン樽のようなつくりで、ここからパン屋さんとは違う雰囲気になります。
店内に入ると、一転して白を基調とした明るい雰囲気に。
地下である窮屈さを感じさせない仕上げになっています。

しっかりとした料理もならぶランチメニューの中から選んだのは、サラダニソワーズ(1280円)。
ボリュームたっぷりのサラダは、見た目にも鮮やか。
野菜が新鮮で、いい香りしています。
大振りのトマト、ブロッコリー、じゃがいも、ゆで卵、玉ねぎ、ツナなどがたっぷり。
ドレッシングは、アンチョビとオリーブオイルと使ったものでしょうか。
適度に塩味がきいており、アンチョビの味がいいアクセントになっています。
この、美味しいサラダに合わせるのは、2種類のバケット。
恐らく上の、ゴントラン シェリエのバケット。
表面のカリカリした食感と、中のもちっとした食感がいい具合。
かるく効いた塩気が、いいアクセントになってます。
バケットだけでも贅沢だわ〜って感じ。
これに食後のドリンクとして、コーヒーをいただきながら、まったり。
渋谷駅のすぐ近くで、このまったり感は嬉しいですね♪

| | TrackBack (0)

和風や 食道楽@アリオ北砂

和風や 食道楽@アリオ北砂
気軽に立ち寄れるIYグループのショッピングセンター。
ここのフードコートは、わりと無難なお店が並んでいるので、
ある意味、どのお店にするか迷ってしまいます。
今回は定食が食べたかったので、こちらで豚バラ肉とナスの味噌炒め定食(790円)。
和風といいながらも、立派な中華。
ナスたっぷりで野菜たっぷりなのは嬉しいけど、ちょっと油が多いかな。
ちょっとジャンクフードを食べているような感覚になってしまいました。
学生だと、味噌と油がしっかりとした、濃いめのこういう味って嬉しいんでしょうけどね。

| | TrackBack (0)

アプリ・ラ・ポルタ@清澄白河

アプリ・ラ・ポルタ@清澄白河
清澄白河と門前仲町の間にある一軒家イタリアン。
かなり前から気になっていたお店ですが、とうとう訪問する機会がやってきました!
休日ランチはそれなりに値段がはり、パスタセットで1600円+税。
ただし、素材にこだわりを見せているのは、サラダの段階ではっきりとわかります。
新鮮な野菜にとどまらず、生ハムもクオリティの高いもの。
オイルベースのパスタには、
大きくて味もしっかりした網走湖産の白魚、
見た目にもちょっと変わったイタリア産ルッコラ、
塩気のアクセントがいい風味のからすみパウダー。
全体的にやさしく繊細な味わいで、甘さすら感じるほど。
クオリティの高さに納得しつつも、
この値段ならドリンク込だったらいいのに…などと思ってみたり。
値段設定は、難しいですね。

| | TrackBack (0)

アティックルーム(attic room)@渋谷

アティックルーム(attic room)@渋谷
渋谷駅の西側、宇田川にある隠れ家カフェ…といっても、今ではすっかり有名店。
そんなお店が、今月に入って移転したので、早速の再訪です。
店内は相変わらずの屋根裏的な、手造り感溢れる空間。
厨房をぐるっと囲むように客席が並ぶという不思議なレイアウトですが、
逆にそれを活かして、隠れ部屋のような落ち着いた空間があったり、
テラスを望む開放的な空間があったりと、変化に富んで面白いです。

ランチにいただいたのは、若鶏と木の子のカチャトーラプレート(1000円)。
しっかりしたトマトソースで煮込まれた、柔らかい鶏肉がいっぱい。
そのソースにも、いろんな種類のキノコがいっぱい入ってます。
酸味はちょっと抑え気味ですが、そのぶん食べやすいかも。
プレートサラダは、付け合せと言う以上にたっぷりの存在感。
シャキシャキした食感が、食べていて嬉しいです。
そして、これらプレート上の料理を繋ぐように、ベースにはオリーブオイルが。
別々のものが、不思議と一体感を感じてしまうんですよね。マジックです。

そんな料理をいただいたあとは、
ソファ席でゆったりと、テラスの緑と雲ひとつない青空を眺めながら、セットのアイスティーで過ごします。
ビルの最上階にあるから、明るい空を眺めているのが気分いいですね。

| | TrackBack (0)

チッチン カフェ&ダイニング(ZIKZIN CAFE&DINING)@渋谷

チッチン カフェ&ダイニング(ZIKZIN CAFE&DINING)@渋谷
渋谷駅の西側、公園通りの裏手のおしゃれアパレルエリアにある建物。
ガラスのファサードが目立つなと思いつつ、1階のセレクトショップを通り抜けて2階へ。
落ち着いた雰囲気のいいお店で、高い天井に大きな窓が、店内に開放感をつくりだしています。
何て読むんだろう?と思ったら韓国語読みするんですね。
なんでも、チャン・グンソクがプロデュースしたお店なんですって。
韓流スターの人気は今でも衰えることなく、ランチタイムが落ち着いた頃から予約客が続々と。
店内でハッピーバースデーの曲が流れてたりしてます。
気が付くとBGMもK-POP。本人の歌でしょうか。
興味のない私にはさっぱり…ですが、ファンか否か関係なく、落ち着けるお店であることは確かです。

ランチに注文したのはバーガーセット(1340円)。
巨大なバーガーに挟まっているソースは、ほんのりキムチの味。
この辺りが韓国なのか個性的な味わいで、キムチ好きにとっては嬉しくなる味です。
パティ自体は普通な感じでしたが、トマトやオニオンがしっかり入ってて嬉しいです。
食後のコーヒーも、淹れたてのようでそれなりの美味しさ。

それよりも、
チャン・グンソクのツアー情報が出ていたり、オリジナルグッズが並んでたり、
オリジナルコースターもらえたり、会計時にはオリジナルステッカーくれたり。
やっぱり、チャン・グンソクのファンにとっては聖地のように楽しいお店なのでしょう。
私が、ふなっしーカフェでテンションあがったように。

| | TrackBack (0)

ナポレオン フィッシュ(Napoleon Fish)@麻布十番

ナポレオン フィッシュ(Napoleon Fish)@麻布十番
先日訪問。
ジャンルとしては中華料理になるのでしょうけど、
少数民族の、発酵調味料を使った、健康的な中華料理らしいです。
店内には、巨大なナポレオンフィッシュの絵が。
店名にもなっている通り、ダイバーならご存知の、あのナポレオンフィッシュが食べれるんですって!

いただいたのは、2時間の飲み放題コースで6500円。
中華料理ということで、紹興酒とともに味わっていきました。
最初の発酵中華風バーニャカウダは、生姜が効いた優しい味。素直に美味しいです。
続いて よだれ鶏。麻辣が程よく効いているものの、しつこくないです。
クラゲはかなり肉厚で、なかなかお目にかけないレベルかも。
青菜の炒め物は、ニンニクが効いた定番の塩味。
もやしベーコンは、巨大なもやしにビックリ。
キノコと海老の炒め物は、干しエビもアクセントに効いてて風味がなかなか。
そしてメインのナポレオンフィッシュは崩れやすい白身魚。味付けがいい感じですが、ナポレオンフィッシュと言われないと気付かないかも?
豚ヒレ炒めまでくると、美味しいんだけど紹興酒がいい感じに効いてきて、味の感覚が微妙に(汗)。
シメの焼きそばは、シメらしく薄めの味付けで(多少の油っぽさはあるものの)さっぱり。

楽しい人たちとの会話を交えながらの美味しい食事が、楽しい時間でした。
幹事さん、ありがとー★

| | TrackBack (0)

TDD Sun&Moon@渋谷

TDD Sun&Moon@渋谷
渋谷駅の西側、道玄坂と246号が交わるあたり、アパホテルの1・2階にあるダイニング。
いつの間にか、お店が入れ替わっているようですね。
店内は無駄と思えるほど広く、イベント等の対応もバッチリ。
雰囲気もおしゃれでいい感じだし、個室っぽい場所もあったりするし。
でもね、ランチにこの広さは、ちょっと持て余してるような感じもします。

ランチに注文したのはソースカツ丼。
サイズいろいろですが、中(880円)を注文。
運ばれてきたのは、見事に大きな丼。
こんもり盛られた中にはたっぷりご飯と、それなりキャベツ千切り。
甘めのウスターソースにくぐらせた、アツアツのカツが5枚だったかな。
これに、別皿にたっぷり入った辛子をつけて食べます。
ソースの甘さと辛子の刺激が、いい具合に絡み合います。
お肉が薄い気もしますが、とりあえず大盛りなご飯は進みます。
そして…気付くと、おなかいっぱい。食べ過ぎたー!

| | TrackBack (0)

まんてん@神保町

まんてん@神保町
白山通りから一歩入った、細い路地にあるカレー屋さん。
場所が地味ながらも、行列ができる人気店です。
木でできた扉、昔ながらのカウンター席と、味わいのあるたたずまい。
威勢のいい店員さんの声。
活気がある、元気なお店です。

注文したのは、カツカレー大盛り。
600円?あれ?大盛りになってない?まぁいいや。
カウンター席に座ると、スプーンが入ったお水のコップと、ナゾの小さなカップが出されます。
小さなほうは濃いめのアイスコーヒー。食後の口直しですね。
しばらくすると、どーんとお皿に盛られたカレーが。
挽肉たっぷりのルーは、インド風・欧風などとは違う、日本式カレー。
辛さを追求せず、旨味とともに甘さすら感じる味わい。
豪快に載ったカツは衣が若干厚め。
ルーに粘度がたっぷりあるから、最後まで同じように美味しくカツをいただけます。
グルメカレーが流行るなか、ずーっとこの味を守っているのでしょうね。
こういうカレーは飽きずに毎日でも食べれそう。
いいですね★

| | TrackBack (0)

ぬくぬく家@渋谷

ぬくぬく家@渋谷
渋谷駅の西側、道玄坂を上がり、少し脇道にずれたところにある和食店。
ちょっと前は「博多」と名乗る水炊きのお店だったような気がするのですが、
いつの間にか「くずし肉割烹」と名乗っています。
背の低い入口を、腰をかがめながら、くぐるように入ります。
靴を脱いで階段を上がると、そこは畳敷きでソファが並ぶ、落ち着いた和空間。
ゆったりと過ごせる、雰囲気のいい空間です。

お昼はメインを選ぶビュッフェスタイル(1000円)で、博多海鮮丼を選択。
脂ののったネタが美味しいだけでなく、ご飯が軽い酢飯。
そして、添えられた醤油が、博多で使ってる甘めのもの!
東京でこの醤油に出会えることって、あまりないですからね。
これだけでテンション上がります!
ビュッフェはというと、トレイの上にある丼以外のもの。
サラダ、お新香、湯豆腐、ふろふき大根、蕎麦、味噌汁などを、好きなように取れます。
どれもあっさりとした和食素材なのが嬉しいです。
みそ汁も、納豆なめこ汁と、この種の味噌汁にしてはきちんとしたもの。
各種飲み物も用意されているので、食後もソファに腰かけて、ゆったり。
なかなかいいお店です★

| | TrackBack (0)

支那そば 王王軒@徳島

支那そば 王王軒@徳島
徳島自動車道 藍住IC近くにある、人気の徳島ラーメンのお店。
お昼前だというのに、行列が出来ているのにはビックリしました。
シンプルな建物のお店は、シンプルな客席と大きな厨房。
意外と客席は多いみたいで、回転もはやいから、それほど待たずに入店することができました。
店内は、豚骨らしい臭いがはっきりとします。
好みが分かれるところですが、私は大好き!早く食べたい!

食券を購入し注文したのは、支那そば肉入り大(750円)。
店内に入ったときからしていた豚骨のにおいが、支那そばからもしっかりしてます。
濃いめの醤油と一緒になったスープは、いわば豚骨醤油味。
ただしその濃厚さは、東京で食べるそれとは全く違います。
それでも、ガツンときそうだけど、見た目、思ってた以上にあっさりしているのが意外です。
生卵を落とすのも徳島ラーメンの特徴らしいですが、卵をとくと、スープがさらにマイルドに。
麺は比較的細めのストレート。だから、粘性のあるスープとの相性がバッチリ。
たっぷりとトッピングされている豚バラ肉はやや甘めに煮込まれていて、ご飯にのせて、そのまま牛丼にしてもいいくらい。
とにかく、食べたあとの満足感がハンパないです!

| | TrackBack (0)

琴平グランドホテル 桜の抄

琴平グランドホテル 桜の抄
こんぴらさんで宿泊したのは、下から22段目のところにある、こちらのお宿。
一応弱アルカリ性の放射線冷鉱泉で、露天風呂からはこんぴらさんの参道が見えます。
食事処は、眺めのいい7階で。
個人客をターゲットに改装した客室同様、食事処も昔の宴会場というよりは、おしゃれなレストランに来たかのようなエントランスです。
日本酒がワインセラーのように並んでいるのも、演出のひとつでしょう。
今回はおまかせコースでお願いしたので、どんなものが出てくるのか期待。
前菜3種、お造り3品は、どれもお酒が進む美味しさ。
薬膳スープ鍋も、あっさりとしたダシのきいたスープでなかなか。
茶碗蒸しにはワカメがしっかり。
選べるメインは鯛鉄板焼きで、フレンチのように出てきたのにはビックリ。ナイフとフォークでいただきます。
中華エビの天麩羅は、身がプリプリしてるのが嬉しいですね。
そして選べるうどん。軽く食べれる醤油うどんにしました。
うどんが「追肴」という位置づけで、その後に炊き込みご飯とお吸い物が出てくるのにはビックリ。
さすが、うどん県です。

| | TrackBack (0)

神椿@こんぴらさん

神椿@こんぴらさん
念願だったこんぴらさんに、お参りしてきました!
門前に並ぶお店の列は、関東でいうと大山のよう。
785段目の御本宮でお参りし、遠く讃岐富士を眺める景色を堪能したあと、
さらに階段を進むこと1368段目、奥社とも呼ばれる厳魂神社を参拝。
下りも含めて全行程約2時間を終えようとする下から500段目、なんと境内にカフェがあります。

資生堂パーラーがプロデュースするこのお店、景観に配慮して一見お店の雰囲気はありません。
が、看板に従って進むと、そこには大きな陶器のタイルに描かれた絵。
階段をおりると、そこがカフェ。
さらに下の階にはレストランがあり、ふたつのフロアをつなぐ空間にもまた、大きな陶板の絵が施されています。
白地の陶板に青の椿(だよね?)のデザインの壁面は、見ていていい気分。
実はしっかりとデザインされている建物は金刀比羅宮文化顧問の田窪恭治氏によるもので、
室内、外の景色、どちらを眺めても落ち着ける雰囲気です。
こちらでいただいたのは、神椿パフェ(900円)。
あんこ・紅白の白玉・わらび餅・寒天を使った和風パフェで、結構なボリュームがあります。
抹茶アイス・バニラアイスを使いつつも、生クリームにかかっているのは黒蜜!?
上品な味わいは、さすが資生堂プロデュース。
美味しいだけでなく、食べ進むうちに味のテイストが変化していくのが、面白いです。

コーヒー(450円)も注文したら、かわいらしい絵が描かれたカップで出てきました。
笑顔はこんぴらさんのシンボルだそうで。
これもまた、境内にあるカフェならではの遊び心♪

| | TrackBack (0)

浪花堂餅店@琴平

浪花堂餅店@琴平
街あるきしてて見つけたお餅屋さん。
こんぴらさんの参道でもお餅を出しており、そちらのほうが有名みたいですが、
作っているのは、こちらのお住宅地の中にある、お店そのものが住宅のような場所。
店頭には、昔売り歩くのに使ってたリアカーが置かれています。
ここの名物は、五色餅(600円)。
よもぎ、豆、きび、白餅、あわの五種類のお餅で、中には甘さ控えめで上品な粒あんがたっぷり。
お餅自体も程よいやわらかさで、もちっとした食感がこれまた上品。
ひとつひとつのボリュームはかなりあるものの、簡単に食べてしまったのが、その証拠でしょう。
見て美味しく、食べて美味しく、そんなお餅です。
こんぴらさんに6代続く老舗だそうですが、この美味しさなら納得ですね。

| | TrackBack (0)

平岡精肉店の肉コロッケ@琴平

平岡精肉店の肉コロッケ@琴平
人の気配のないアーケードの出口にある精肉店。
店内では普通にお肉が売られているのですが、
店頭では様々な総菜が揚げられています。
そんななか人気なのが、肉コロッケ(150円)。
テイクアウトなので、食べながら街あるき。
揚げたてでアツアツ。
サクサクした衣のなかには、なめらかなポテトと、まんなかにジューシーな豚肉。
じゃがいもと挽肉が一体となった一般的なコロッケとは違う、オリジナリティのある一品で、
どこか懐かしい味わいがしつつも、意外と他では出会えないテイスト。
おやつ代わりにつまみ喰いするには、もってこいな味わいですよ。
うどんを食べ続けたあとなので、揚げ物ではあるものの、いい気分転換になりました。

| | TrackBack (0)

元祖しょうゆうどん 小縣家@まんのう町

元祖しょうゆうどん 小縣家@まんのう町
讃岐うどん巡り3軒目は、しょうゆうどんで有名なお店。
元祖と名乗っているので、きっと元祖なのでしょう。
何も迷わずに、しょうゆうどん大(550円)を注文。
注文を済ませると、太い大根とおろし金が。
うどんが運ばれてくるまで、ガシガシと大根おろしを自分で用意します。
これもエンターテイメント。
やがて運ばれてきたのは、すだちだけが入ったシンプルな丼。
ここに、先ほどすった大根おろしを、おろし汁とともに投入。
すだちをきゅっと絞り、すりゴマをたっぷりかけ、ネギ、ショウガの薬味を投入。
最後に醤油をぐるっとかけて、いただきます!
もちっとした冷たい麺。
大根おろしとすだち、しょうがでかなりあっさりとしています。

それにしてもこのお店、駐車場含めてかなり広いです。
大型の観光バスが何台も止まれるほどのスペース。
入口には大きな看板と、大根のイラスト。
不思議な劇場?のような建物があったり、屋上遊園地にあったような古い遊具があったり。
ここが最後のうどん巡りになりましたが、いろんなパターンがあるんですね。

| | TrackBack (0)

山下うどん@善通寺

山下うどん@善通寺
2軒目は、大きな駐車場も完備されているこちらへ。
同じく、田んぼのなかに、小さな建物が建っています。
こちらでは、肉ぶっかけ大(500円)をひやあつで。
コシのある麺に、醤油味がしっかりとした汁。
肉の脂がなかなかなインパクトだけど、レモンでいい感じに中和されます。

こちらでも、おでん気になりました。
トッピングの天ぷらも種類いっぱいで、迷いました。
それでも次に向けて、断腸の思いで追加せず。
考えたら、大にしなければいいんですよね…。
でも、うどんを食べたかったから…。

| | TrackBack (0)

よしや@丸亀

よしや@丸亀
うどん県に、実質初上陸!
この日はうどん屋さん巡り〜ということで1軒目。
かけうどん中(300円)を、あつあつで。
モチモチした麺とダシの香りたっぷりのスープが印象的。
さっぱり讃岐のうどんは美味しい!

讃岐富士を背景に、畑が広がるなかに、建物は小さく構えているんですね。
人気店らしく、お客さんもいっぱい。
行列もでき、店内もお客さんでいっぱい。
でも回転がはやいからか、すぐに自分の番が回ってきました。
おでん、気になりますよね。食べたかったよね。
でも、次のうどん屋さんに行きたいので、ガマンしました!

| | TrackBack (0)

ベイリゾートホテル 鳴門海月

ベイリゾートホテル 鳴門海月
初日の宿泊はこちらで。
温泉でゆっくりと身体を癒やしたあとは、嬉しい部屋食です。
夕食は徳島の幸シリーズ!みたいな感じ。
鳴門鯛のお造り・荒炊き・酢物・釜飯。
阿波尾鶏は白味噌仕立て鍋。
阿波牛の岩塩板焼。
鳴門金時と鳴門蓮根のパリパリ揚げ。
鯛のうろこの素揚げは、チップスのようでまさに目から鱗。
茶碗蒸しには鳴門のわかめがしっかりと入っています。
お澄ましにも、もちろん鳴門のわかめがたっぷり。
どれもが美味しく、全体的にダシを中心とした上品な味付け。
関西風なんですよね。私、この味付け好きですよ!
「温泉×地の美味しいもの=ハッピー」の方程式を、改めて確認しました★

| | TrackBack (0)

カフェ・ド・ジヴェルニー(Cafe de Giverny)@大塚国際美術館

カフェ・ド・ジヴェルニー(Cafe de Giverny)@大塚国際美術館
大きな建物内には、休憩できるソファなどはもちろん、レストランやカフェも2カ所ほどあります。
選んだのは、開放的なこちらのカフェ。
テラス席でいただいたのは、すだちスカッシュ(500円)。
甘さは全くなく、必要ならガムシロップを入れて、とのこと。
私はガムシロップ無しで。
この酸味がさわやかで、館内を歩き回って疲れた身体にはちょうどいいです。
テラス席なので、吹き抜ける風を感じながら過ごせるのもいいですよ。
気持ちいい気分転換になりました♪

| | TrackBack (0)

びんび家@鳴門

びんび家@鳴門
海沿いにある魚の有名店。
店内の客席が広いにもかかわらず、お昼前でも行列ができているほどの人気です。
徳島について、まず初めにこちらでお昼ご飯。
注文したのは、おまかせ定食(2000円)。
はまちの刺身、天ぷら、わかめ汁、小鉢(今回は貝)のセット。
はまちの刺身は脂ののりがハンパなく、鮮度もよく甘い美味しさ。
天ぷらには大振りのエビ、身が厚く柔らかいいか、そしてなると金時。
揚げ立てで、おいしいだけでなくボリュームもすごい!
わかめ汁は、肉厚なわかめの量と風味にびっくり!
東京で、この値段でこの内容はまず食べれませんね。
人気店なのも納得です★

| | TrackBack (0)

エアポートグリル&バール@羽田空港T2

エアポートグリル&バール@羽田空港T2
駐車場の予約がとれなかったので、早めに家を出ました。
飛行機の出発までまだ時間があるので、こちらで朝ごはん。
飛行機や滑走路を眺めながら食事ができる、気分のいいレストランです。

いただいたのは、エッグベネディクトのプレート(1000円)。
半熟のポーチドエッグにナイフを入れると、嬉しいくらいに黄身がトロリとあふれ出します。
しっかりと塩気のする、ちゃんとグリルされたベーコンが美味。
あふれ出す黄身でまろやかな味に変化します。
ちゃんとマフィンをベースにして、オランデルソースなのも嬉しいですね。
セットの、サラダとヨーグルトとコーヒーもいただいてると、そろそろ搭乗の時間。
行ってきます!

| | TrackBack (0)

« October 2014 | Main | December 2014 »