« March 2014 | Main | May 2014 »

坐KURA@渋谷

坐KURA@渋谷
渋谷駅の東側、渋谷東急インのほぼ並びにあるイタリアンのお店。
細長い店内には、白人のカワイイ店員さんがいました。
これだけでテンション上がるバカです(汗)

ランチは曜日毎に決まっていて、4種類から選べます。
今回は、水曜日メニューの中からアンチョビバターのペペロンチーノ(750円+税)をチョイス。
オリーブオイルではなくバターを使っているだけあって、オイルはしっかり。
ガーリックがふんだんに効いていて、適度な辛さがアクセントになっています。
生パスタ特有のモチモチ感も、心地いいです。
全体的に、味としては満足のいくものです。
ただ、この値段だったらドリンクもついていてほしかったなぁ。
清算時に「え?ドリンクは別料金!?」って驚いているお客さんいたから、
同じように思っている人も多そうな予感。
美味しいだけに、ちょっともったいないです。

| | TrackBack (0)

フィールド@清澄白河

フィールド@清澄白河
東京都現代美術館の正面にあるカフェ&バー。
開放的なお店で、大通りに面して大きな開口が。
日によっては開けていて、オープンエアのような雰囲気になります。
アボカド料理をウリにしているらしく、ランチメニューにもアボカドを使った料理がいっぱい。

そして、ランチはハンバーガーがウリのようですが、先日ハンバーガーを食べたばっかりなので、
たっぷり野菜のチリタコライス。アボカド+チーズトッピングを追加で(1180円)。
スパイシーなタコミートは、ほのかに炭火焼きのような香り。
刺激的なチリマヨネーズソースが食欲を増進させるものの、
アボカドと一緒に食べるとマイルドなテイストに。
なかなか美味しくて、ご飯が飲み物のように進みます。
レタスいっぱいなうえに、別にサラダもついてくるのも嬉しいところ。
いいランチですね♪

| | TrackBack (0)

さんるーむ@渋谷

さんるーむ@渋谷
渋谷駅の西側、SHIBUYA109前にあるみずほ銀行の上、グルメタウンにある自然食レストラン。
駅からすぐ近くですが、比較的リーズナブルなお店が立地していることで、穴場なレストラン街。
利用者も、近隣の店舗で働くお姉さんをよく見かけます。
きっとこのヘルシーなお店も賑わっているはず…と思いきや、お客さん少ないです。
いわゆるGW、明日お休みだから?

いただいたのは、さんるーむランチ(980円+税)で、30品目のバランスが取れるヘルシーなもの。
蓮根ハンバーグにはきのこおろしあんがかかり、はと麦サラダには醤油麹ドレッシング。
五目ひじき、冷奴、温野菜サラダ、八穀ごはん。
カロリーも589kcalとおさえめ。
それでも、食後には食べ終えた満腹感が残ります。
とびきり上等な食材を使っているわけではないけど、ほっこりできるランチです。
この週末食べ過ぎたので、今日は調整ランチでした(汗)

| | TrackBack (0)

めぐみ水産@錦糸町

めぐみ水産@錦糸町
まぐろ問屋さんが運営する飲食店チェーン。
最近、オリナス錦糸町にもオープンしたようなので、早速訪問。
回転寿司ではあるものの、他のチェーンとは違い、落ち着いた感じ。
メニューに目をやると、マグロ系が充実しています。

回転寿司なのでいろいろいただいたのですが、
ここはやはりマグロをメインに。
お約束の漬け、トロ、本まぐろトロ炙りなどはどれも美味。
他のチェーン店とは一線を画してます。
珍しいのが、塩漬けまぐろ。その名のとおりですが、醤油とは違いマグロの風味がそのまま。柚子胡椒・レモンのアクセントもなかなかです。
本当は「大トロのひっかき」を食べたかったのに、売り切れですって。残念!
味が全体的に美味しいぶん、格安チェーンとは違ってそれなりの値段。
でも、美味しいものにお金を払うのは当たり前ですものね。

| | TrackBack (0)

フルータス@門前仲町

フルータス@門前仲町
富岡八幡宮の参道入り口。永代通りを挟んだ反対側にあるのが、このフルーツパーラー。
一軒家の1階をリノベーションしたお店は、ちょっとくたびれた感じ。
店内も7席ほどと狭い空間。
トイレに行くにも、果物が入った段ボールの山の横を通り抜けなければならないほど。
それでも、熟れた果物を選び抜く店主の目には、目を見張るものがあります。

今回いただいたのは、メキシコ産マンゴーパフェ(2160円)。
階段裏に鏡が仕込まれていて、マンゴーをカットしている様子をライブで見ることができます。
テキパキとしたナイフ捌きは、それだけでも職人技です。
そしてドヤ顔とともに出されたのは、巨大なパフェ。
なんでも、マンゴー1個分が使われているのだとか。
たっぷりトッピングされたマンゴーは、甘さがしっかりしていて濃厚すぎる!
マンゴー特有のクリーミーな舌触りもそのままで、見事にカットされてます。
一緒にのってるマンゴーアイスも、しっかりとした味わい。
あっさりしているので、果実との相性もバッチリです。
コーンフレークなどが入ることもなく、
このボリュームを最後までマンゴーの味を楽しめるのも嬉しいところ。
というか、マンゴーづくし、ヤバいシアワセです☆

| | TrackBack (0)

Ivorish@渋谷

Ivorish@渋谷
渋谷駅の西側、公園通りを登り、パルコを過ぎたあたり。
最近できた建物の地下1階に、4月20日にオープンしたばかりのフレンチトーストのお店です。
なんでも福岡で人気のお店だそうで、満を持しての東京進出です。
地下のお店に通じる入り口は建物の中なのでちょっとわかりにくいですが、
階段入口には、魅惑的な写真が飾られているので、迷うことはないでしょう。
階段を降りていくと、無機質な空間の中に、木を多用したお店のファサードが突然現れます。
店内もウッディな雰囲気で、天井が高いので落ち着いた感じです。
ガラスの向こうは厨房になっていて、フレンチトーストを焼く様子を眺めることができます。

メニューはスイーツ系と食事系の両方が用意されています。
どちらも美味しくいただけるよう、パンへの味付けは微妙に変えているそうです。
本当はランチに伺いたかったのですが、お昼休みに間に合わない可能性があるので、
時間を外して訪問することに。
せっかくなので、スイーツ系で「クリスピー ブルーベリー」という渋谷店オリジナルのメニューを選択しました。
運ばれてきたのは…すごいボリューム感のフレンチトースト!
そして、フレンチトーストのしっとり感と、フレークのザクザク感のコラボがハンパない食感!
フレンチトーストの間にあるベリーソースが、隠し味的なアクセントに。
さらに、甘さたっぷりの盛りだくさんなベリーたち。
仕上げにさらっとかかったハチミツ。
気分を変えたければ、ホイップクリームも添えてみて。
これだけの役者が揃いながらも、絶妙なハーモニーを醸し出しているのがすごいところ。
かなり魅惑的なヒトシナです☆

| | TrackBack (0)

司@渋谷

司@渋谷
渋谷駅の東側、宮下公園に至る明治通り沿いの雑居ビル2階にある居酒屋さん。
表の通りに出てるランチの看板に気付かないと、見過ごしてしまいそうなお店です。
店内は、いわゆる普通の居酒屋さん。
テーブル席に小上がり席、そして厨房に沿ったカウンター席。
チェーン店ではない、個人店なつくりです。

お昼にいただいたのは焼魚定食(830円)で、今回はほっけ。
しばらくして出されたのは、確かにほっけですが、ちょっと小ぶり?
そして、ちょっと火が通り過ぎているのか、ちょっと硬いかな。
隣のテーブルを見ると、肉系の定食は美味しそう。
このお店では、少なくともランチでは、魚系より肉系のほうがいいかも。
「川田農園のサラダ」とは言うものの、ドレッシングにもう一工夫が欲しいところ。
全体的に、もう一歩という感じがしました。

| | TrackBack (0)

キッチン南海@神保町

キッチン南海@神保町
古本屋街とはいっても、新しい建物が立ち並ぶ通り。
そのなかで、昔ながらのたたずまいを保っている洋食屋さん。
神保町といえばここ!というくらい、あまりにも有名なお店ですよね。
実は、今回が初訪問!
前から気になっていたんですけど、やっと来ることができました!
お店の前には、サラリーマンの長い列。
それでも回転が早いから、あまり待たずに店内に入ることができます。
レトロなショーケースを眺めていたら、あっという間の時間です。

いただいたのは、カツカレー(700円)。
揚げたてのカツはサクサクのアツアツ。やけどに注意です。
黒いカレールウはスパイシー感があって、単純な辛さでないのが美味しい点。
さすがカレーの街神保町です。
千切りキャベツと一緒にいただくと、カレーにシャキシャキ感が加わります。
この食感も、また楽しいもの。
付け合わせには、真っ赤な福神漬け。王道です。
奇をてらわないもののひと工夫、そして良心的な値段設定。
これこそ、このお店が支持されている所以なのでしょうね

| | TrackBack (0)

きくや@渋谷

きくや@渋谷
渋谷駅の東側、渋谷ヒカリエ近くの六本木通りに面した雑居ビルの地下にある居酒屋さん。
昔ながらの、個人が経営するような、いわゆる普通の居酒屋さんです。
細く急な階段を下りると、これまた狭い手動扉。
店内は、厨房を囲むようなカウンター席と小上がりの席。
どんどん新しいものが出来ている渋谷だからこそ、このようなお店が逆に貴重に思えます。

ランチはかなりリーズナブルな設定。
いただいたのは、チキンカツ定食(500円)。
味は大衆居酒屋そのもの。ボリュームもしっかり。
決してグルメレポートに出るようなものではないにしろ、
ほっとするこの感覚は何なんでしょう?
味噌汁がちゃんとしているから、でしょうか。
それとも、おばちゃんの存在感?
何にせよ、女性客も含め店内には常にお客さんがいることに納得です。

| | TrackBack (0)

パン・オ・スリール(Pain au Sourire)@渋谷

パン・オ・スリール(Pain au Sourire)@渋谷
渋谷駅の東側、宮益坂をのぼりきった青山通りから一歩入ったところにあるパン屋さん。
白神こだま酵母や自家製天然酵母を使用し、小麦は北海道産にこだわるパンが並んでいます。
店内にはイートインスペースもあり、ギャラリーとしての展示や絵本など、かわいらしい世界観。
朝8時から営業しているとのことで、使い勝手のいいお店です。

お昼にいただいたのは、パン3種とアイスコーヒーで1020円。
手前はベーコンクロワッサンで、それなりのボリュームのあるベーコンが粒マスタードと共に巻き込まれています。表面のサクッとした食感と中のしっとり感のバランスがいいです。
左奥は塩豆パンで、塩ゆでした枝豆が練りこまれています。表面の岩塩とともに、塩気がいいパランスのハードパンです。
右奥は春限定のさくらあんぱん。白あんに桜の葉をまぜた桜餡がたっぷり詰められており、もちもちとした食感がいい感じです。トッピングの桜葉も塩味のアクセントがいいですね。
パンは全体的に優しい味わいで、バターを控えめにしているのか、ほっとする感覚が美味しいです。
これって、多分そう簡単にはできないですよね、きっと。
ドリンクに今回はアイスコーヒーを選んだものの、ホットコーヒーであればオリジナルブレンドのドリップコーヒーがいただけるとのこと。
朝や午後のひととき、のんびり過ごすのもいいかもしれませんね☆

| | TrackBack (0)

ひつじもん@渋谷

ひつじもん@渋谷
渋谷駅の南側、明治通りを南下した並木橋交差点付近にある羊料理のお店。
お店の看板は派手ですが、店舗は2階にあるので、お店の入口は小さな扉だけ。
その扉には、珍しくハラルのマークが掲げられています。
こういう配慮は嬉しい限りだし、今後はハラル対応のお店、もっと増えていいと思います。
ドアを開けると、細く急な階段。
上りきったところにはワインが並べられ、いろんな羊グッズが。
ショーンもここにいました(笑)
店内は赤を基調としているものの、広い窓のおかげで店内は明るいです。

ランチは鉄板ジンギスカン定食で、ロース(1000円)をオーダー。
熱々に熱せられた鉄板の上で、お肉がジュージューいってます。
味付けはシンプルに、味付き塩をかけるだけ。
ほのかに羊特有のにおいがしつつも、気にならない程度。
それよりも、お肉の柔らかさ、お肉のジューシー感がたまらなく美味しいです。
確かにこれは、ソースやタレよりも塩味でいただくのが正解かも。
ランチでラム肉を、このような形で食べれるのは貴重ですね♪

| | TrackBack (0)

ケーキハウス ミサワ@石和温泉

ケーキハウス ミサワ@石和温泉
ワイン工場見学のあとは、近くにあるケーキ屋さんへ。
緑にかこまれた高原にありそうな雰囲気のお店で、
お店に入ると、屋根が高く開放的で明るい雰囲気に、大きなショーケース。
中には美味しそうなケーキが、ずらーっと並びます。
横にはカフェが併設されており、ケーキをその場でいただくことができます。
気持ちよさそうなテラス席もありますが、今回は室内でいただくことに。

選んだのはフレーズトルテ(432円)。
食感や風味にこだわったお店オリジナルのイチゴショートケーキ。
スポンジとクリームがミルフィーユ状に重なっています。
スポンジ自体は、軽めでふわふわかつしっとり。
クリームは甘さ控えめで、やさしく上品な味わい。
イチゴも極端に甘すぎず、ケーキ全体とのバランスがいい具合にとれています。
適度な軽さを維持しながらも、全体的に美味しさを保っているのがすごいです☆

| | TrackBack (0)

牛かつ 壱弐参@末広町

牛かつ 壱弐参@末広町
末広町と秋葉原の間、パーツ屋さんやメイド喫茶が並ぶなかに混ざって、
雑居ビルの地下1階にあります。
人気店なので、外にまで行列ができてます。
「60秒で揚がります。お待たせしません」の看板を信じるものの、
地下へ降りる階段も埋まるくらい人が待っています。
私のお昼休みは1時間。
果たして間に合うのか!?…と焦りましたが、ギリギリの時間で店内に通されることに。
ほぼカウンターだけのシンプルな店内。
メニューは牛ロースかつのみというシンプルな構成。

今回のランチは、牛ロースかつ麦めしセット(1200円)を。
ミディアムレアで出されるジューシーなお肉に、薄い衣。
わさびをのせて醤油でいただくと、見た目以上にあっさりといただけます。
口の中で広がる肉の脂。美味しい!
山芋のとろろと一緒にいただくもよし、岩塩でシンプルにいただくもよし。
カツとはいえ、お肉のお刺身を食べているような感覚です。
渋谷にも「牛かつ もと村」がありますが、やっぱりいいですね。
お店の雰囲気・味・メニュー構成・値段が一緒だから、何か関係あるのでしょうね。
カツが(渋谷で食べたときと比べて)少々小さい気がするのですが、元々でしょうか?
消費税が上がったぶん値上げせずにサイズを変えたのでしょうか?
気になったのは、そのくらいかなー。

| | TrackBack (0)

さぶちゃん@神保町

さぶちゃん@神保町
神保町駅のすぐ近く、表の大きな通りから一歩路地裏に入ったところにあるラーメン屋さん。
屋台がそのままお店になったような感じで、カウンター数席のみの小さな構え。
通りに面したお店の雰囲気は、香港か台湾かの裏路地にありそうなお店のようなテイスト。
かなりカオスというか、懐かしいノリです。昭和の香りプンプン。
今回は、夜家に帰るまえの訪問です。
実に約20年ぶり。
まだ元気に営業していることに、ビックリしました。
おじさん老けたけど元気にやってるなー。

いただいたのは、半ちゃんラーメン(750円)。
ラーメン+半チャーハンという組み合わせで、このお店がなんと元祖。
ラーメンは、鶏ガラベースでほのかにショウガの香りがする、澄んだ醤油味。
脂が浮いている割には、あっさりといただけます。
チャーハンは作り置きしているものを、提供前に炒め直しているもの。
正直ベチャ感はあるものの、これでいいんです!
濃いめの味付けは、ラーメンのたれと同じものを使っているのでしょうか。
細かくしたチャーシューが入っています。
意外にもクセになる味です。
不思議と、たまーに食べたくなる懐かしの味わいです☆

| | TrackBack (0)

木村屋本店@渋谷桜丘

木村屋本店@渋谷桜丘
もつ鍋としゃぶしゃぶを中心としたメニュー展開の居酒屋さん。
渋谷には109近くにもあるそうですが、
セルリアンタワー裏手にも最近オープンし、ランチ営業も始めたとのことなので早速訪問。
店内は、前に入っていた居酒屋さんの姿がそのまま。
居抜きのようですね。

ランチは牛タン網焼定食をウリにしているようですが、
お店本来の目指すものとは違うので、日替わり定食(900円)をオーダー。
今回は回鍋肉です。
出てきたのは…豚肉とキャベツの煮込み?
確かに辛味噌味ではあるものの、いわゆる回鍋肉ほどのインパクトは無し。
これは回鍋肉とは違う料理、と認識すると落ち着くような感じです。
揚げ餃子もついてきましたが、んーどうかなー。
それでも店内にはお客さんがいっぱいで、結構支持されているようです。
よく見ると…みんなタバコ吸ってる!
そう、ここは禁煙でも分煙でもない、愛煙家にとってパラダイスなお店。
ランチ時に喫煙可なお店ってだいぶ減ってきたから、そういう意味では貴重なお店です。

| | TrackBack (0)

FUGLEN TOKYO@渋谷(代々木公園)

FUGLEN TOKYO@渋谷(代々木公園)
渋谷駅の西側、代々木公園駅とのちょうど間辺りにあるカフェ。
表通りに面しておらず、歩行者のみが通り抜けることのできる緑道に面しています。
今回は、飲み会のあとのターンダウンに訪問。
ほっとしたい気分のときに訪れるには、ちょうどいい感じ。
ノルウェー製のビンテージ家具が置かれている店内には、
落ち着いたゆるりとした空気が流れ、みな思い思いに過ごしています。
外国人の姿もちらほら。
こちらのカフェ、ノルウェーの首都オスロに構えるカフェの海外発進出のお店だそうです。
店内に流れるゆるりとした雰囲気は、オスロの遺伝子を引き継いでいるのでしょう。
そんな店内で、私も日替わりのフルーティーなコーヒーでゆるりと♪

| | TrackBack (0)

松濤倶楽部@渋谷

松濤倶楽部@渋谷
渋谷駅の西側、東急本店を右側にちょっと進んだところにあるバー。
カクヤスの入ってるビルの地下1階にあります。
バーが地下にある、というのはお約束のパターンですね。
店内は意外にも広く、長い木のカウンターが特徴的。
カウンターの向こうには、もちろん多くの種類のお酒が並んでいます。
昼間だけど、落ち着いた雰囲気で過ごすことができます。

ランチにいただいたのは、鶏肉とほうれん草のヘルシーカレー(950円)。
辛さというよりも、やさしい甘さのほうが強く感じられます。
この甘味はほうれん草でしょうか。
シャキシャキした食感が程よく残されており、カレーを食べている感がします。
ここでは、カレーは飲み物ではありません(笑)
一緒についてくる煮玉子は、かなり醤油の味がします。
カレーと一緒に食べるというよりは、福神漬けのような役割でしょうか。
塩気がいい感じで口休めになっています。
ちょっと面白いタイプのカレーですね。
食後には、セットのアイスコーヒーを。
コーヒーらしさがしっかりと残る、ちゃんとしたアイスコーヒーでした。
使われている氷は、さすがバーなだけあります。

| | TrackBack (0)

ローズ(Rhodes)@渋谷

ローズ(Rhodes)@渋谷
渋谷駅の南側、246号を越えた桜丘町にあるイタリアンのお店。
地下に降りていく階段が大きな窓に面してあるので、細いながらも圧迫感はありません。
ただしそこは細い階段。
降り切って店内に入ると、それほど広くなくても、ばーっとした広がりを感じることができます。
テーブル席中心のフロアは、壁際の席や大テーブルはいいのでしょうけど、
中央の席はちょっと居心地悪いかも。

ランチにいただいたのは、スパゲティー牛ラグーソース。
牛ラグーが割と多めに入っていて、いわゆるミートソースに近い感じ。
割と無難な味、無難な美味しさです。コンビニパスタよりは、遥かに美味しいです。
800円という値段設定も無難なので、普段使いにはちょうどいいかも。
ドリンクは別料金になりますが、+100円でオーダー可能。
落ち着いた空間なので、食後にゆっくりくつろぐのもいいでしょう。

| | TrackBack (0)

カフェテオ(CAFE THEO)@渋谷

カフェテオ(CAFE THEO)@渋谷
渋谷駅の西側、東急本店の先、円山町の入口。
通称ランブリングストリートにある、ユーロスペースなどの映画館が入っている建物1階にあるカフェ。
映画の前後や、ここにある学校の学生さんが使えるようなお店で、
室内スペースだけでなく、道路に面したオープンスペースも客席にしています。
ちょっと古い家具や映画のチラシの入ったケースなどに囲まれたテラス席は、この季節、気持ちいい場所です。
例え、目の前にあるのがラブホであったとしても…。

いただいたのはサンドイッチランチ(800円)。
冷ケースに並んだサンドイッチから好きなものを選べるので、今回はクリームチーズとカモとトマトのサンドイッチをチョイス。
テーブルには、ちゃんと温められたものが運ばれてきます。
コーヒーチェーン店のサンドを美味しくしたような感じで、パンのもっちりした食感がいい感じ。
そして、添えられたデリ…昆布とこんにゃくを炊いたのが、意外にも美味です。
食後は、セットのドリンクをいただきつつ、ランブリングストリートを行きかう人々を眺めながら、のんびりと。
もちろん、決してヘンな想像はしてませんよ☆

| | TrackBack (0)

福鳥蔵@渋谷

福鳥蔵@渋谷
渋谷駅の西側、東急本店の向かいにある、通称デリタワー。
各フロア毎に1軒の飲食店が入っていて、
ここの8階に構える居酒屋さんです。
このビル、以前はランチ営業しているお店多かったんですけど、
最近は少なくなったんですよね…。

ランチにいただいたのは、豚甘辛焼き定食(780円)。
豚肉の量はどっさりあります。
味付けは、ちょっと甘め。辛さはそんなにありません。
アクセントが欲しいなーと思っていたら、目の前に七味が。
かけてみると、ピリ辛感がでてきていい感じ。ご飯が進みます。
食後にコーヒーが出てくるのはいいんだけど、思いっきりインスタント。
今どき、かえって珍しいかも。
店内喫煙OKなので、愛煙家には嬉しいかもね。

| | TrackBack (0)

MONZ CAFE@門前仲町

MONZ CAFE@門前仲町
MONZ CAFE@門前仲町
深川不動尊の門前。
昔ながらの和菓子屋さんや深川めしのお店などが並ぶなかにある、今どきのオシャレカフェ。
それでも不思議なほどに違和感なく軒を連ねているせいか、
いろんな世代のお客さんが店内に足を運んでいます。
様々な人々が交流をはかる場所。
カフェらしい姿を体現している、そんな風に感じられるお店です。

店内は杉材や大谷石が使われていて、自然素材だからかほっこりできる空間。
入り口が大きく開かれていて、参道からマシンがすぐ見えるレイアウト。
さらには客席の大きな窓、外に置かれたベンチシートなど、とにかく参道との一体感のある造りです。

肝心のコーヒーは、ニュージーランドのロースター、オールプレスエスプレッソの豆を使っているそうで。
このロースター自体、サードウェーブと呼ばれる存在。
コーヒーの味わいだけでなく、そこに流れるカルチャーも重視する姿勢。
その姿勢がそのままカフェに現れているといっても、過言ではないでしょう。

いただいたのは、ショートブラック(400円)。
いわゆるエスプレッソです。
強めの酸味と軽い苦味が、キュッといただくにはいい具合。
そういえば、店内には抽出されたコーヒーのいい香りで満たされています。
本当はラテ系を頼みたかったけど、ダイエット中なので☆

| | TrackBack (0)

伊勢屋 平野店@清澄白河

伊勢屋 平野店@清澄白河
伊勢屋 平野店@清澄白河
清澄通りに面した場所に位置する和菓子屋さん。
本店は富岡不動尊前ですが、元々は明治40年に、ここ平野の地で創業。
それが証拠に、今でも和菓子工場が隣接して建っています。
当時から、喫茶形式併用で和菓子屋さんとして営業していたようで、
今でも同じようなスタイルで、喫茶店併設のお店として営業しています。
今回は、天気が良かったのでテイクアウトで購入、道路を挟んだ清澄公園で食べました。

焼団子(120円)は、しっかりと焼きの入ったモチモチのお団子。甘醤油の餡がなかなか美味しいです。
塩大福(150円)は、甘さ控えめのつぶあんが包まれたもので、程良い塩加減が上品な味です。
どちらもお店の看板商品ですが、このお店が支持されていることに納得できる味わい。
そして、気持ちのいい天気のなか、公園でいただくというのも、テンション上がった理由のひとつかも。

| | TrackBack (0)

長寿庵 蕎匠@清澄白河

長寿庵 蕎匠@清澄白河
清澄通りに面した場所に位置するお蕎麦屋さん。
このあたりはお寺が多いためか、法要などでも使われているようです。
それなりに前から営業していますが、
最近ファサードがきれいになって、イメージ一新。
気になっていたお店ではあったので、やっと訪問です。

ランチにいただいたのは、季節限定の桜御前(1700円+税)。
メインのさくら蕎麦は、妙高の蕎麦粉を使用した二八そばをベースに、さくらを練り込んだもの。
蕎麦の香り以上に、さくらの香りがふわっと広がります。
甘くない桜餅みたいな感覚。
御前には、深川めしもついてきます。
あさりたっぷりで、香りもしっかり。
醤油ベースながらも薄めの味付けがいいですね。
天ぷらは、山うどとたらの芽。
まさに春の季節ならではの御前です。
女将が、お客さん全員のテーブルに挨拶に回っていたのが印象的でした。

| | TrackBack (0)

ガブリシェア(GABURI SHARE)@渋谷

ガブリシェア(GABURI SHARE)@渋谷
渋谷駅の南側、JR新南口前にあるGEMS渋谷。
各フロアごとに飲食店が入居するこのビルの1階、
以前ナチュラルローソンが入っていた跡地に新たに出店した、アメリカンキュイジーヌ系カフェ。
元々は六本木にあったお店だそうで、装いを新たに出店したのが、ここ渋谷です。
店内はナチュラルモダンなテイスト。
ソファ席やテーブル席がならぶ、いわゆるオシャレカフェ。
外の部分もテラス席に使ったりと、ゆったりとした雰囲気で居心地いいです。

ランチにいただいたのは、エッグベネディクト(1200円)。
たっぷりサラダを従えて出てきたのは、2つのたっぷりボリュームのエッグベネディクト。
ベースになってるのは、マフィンじゃなくてフランスパンかな?
左側はベーコンに濃厚なソース、右側はひき肉にバジルテイストのソース。
ちょっと凝ったソースが使われています。
もちろんどちらもチェダーチーズが挟まれています。
ナイフを入れると、ポーチドエッグの黄身があふれ出してきて、
ソースやチーズの塩気とまじわり、かなりいい具合になります。
見た目以上にボリュームがあるので、おなかいっぱいになります。
セットのドリンクはアイスコーヒーを選んだものの、このボリュームもすごい!
食後、店内でゆっくり過ごすことができますね。
会計の際には、オフィスで飲める用に、テイクアウトのコーヒーも用意されてるのも嬉しいポイントです☆

| | TrackBack (0)

バイエルン グリル@渋谷

バイエルン グリル@渋谷
渋谷駅の西側、東急本店向かいの雑居ビル6階にある、ドイツ料理のお店。
オーナーがドイツ人、店長がバイエルン人という、まさに本場のお店です。
日本在住のドイツ公認マイスターがつくりあげるソーセージや、本格的なドイツビールが味わえます。
本領が発揮されるのは夜なんでしょうけど、
通りかかった時にランチをやっているのを発見したので、そのまま訪問しました。
店内はテーブル席やカウンター席などが並び、
カウンターの向かいでは、ビールサーバーやらソーセージ等の炭火焼きコーナーがあります。
夜は賑わうんでしょうね。

ランチにいただいたのはニュールンベルガー(980円+税)。
豚肉のみでつくったニュールンベルグの名物ソーセージです。
これがまた、ジューシーで美味しい!
下手な脂などなく、塩と香辛料だけで味付けしているから、粗挽きの豚肉の美味しさがそのまま。
一緒のいただくプレッツェルも、表面はカリカリながらも中はしっとりで、塩味がいいアクセント。
サラダも中世から受け継がれたバイエルン地方のレシピで、
ザワークラウトはすっぱ過ぎず、日本人にとっては絶妙な感覚のキャベツ。
ポテトサラダも酸味が効いた水分の多いもので、ちょっと独特な感じです。
最初に出されたスープは、コンソメがベースになるのかな?
パンみたいなのが中に入っている、ちょっと不思議なもの。
全体的に、なかなかの美味しさです☆

| | TrackBack (0)

若狭@渋谷

若狭@渋谷
渋谷駅の東側、青学西門の手前あたりにある和食系御食事処。
ちょっと目立たない場所ですが、看板が出ているので見つけやすいです。
アパレルオフィスが入っていそうなビルの1階にあるのですが、
店内に入ると、そこは昭和の世界。
おばちゃん一人が切り盛りしていて、テーブルはリビングで使うようなセットが並んでいます。
料理ができると声がかかるので、自分で取りに行き、
食後も自分でカウンターへ片付けに行きます。
常連さんと、「じゃあ○○は次の火曜日にでも出そうか」なんて相談してたりして。
なんとゆるい雰囲気!

お昼にいただいたのは、サバ塩焼き定食(800円)。
適度に脂がのっていて、ふっくらとした焼き加減。
なかなか美味しいです。
ほうれん草のおひたしも、おばちゃんの味。
でも極め付けは、卵。割ると弾力のある黄身が現れます。
この卵を使ったたまごごはん、濃厚で美味しい!
なんでも、兵庫県加古川で販売されている「日本一こだわりの卵」という商品名の卵だとか。
養鶏場から直送のこの卵、
末広町の有名店「鳥つね自然洞」の特上親子丼に使われているものと同じだそうです。
そんなブランド卵が食べれる食堂、穴場です。

| | TrackBack (0)

パラッツオ@ロイヤルパークホテル

パラッツオ@ロイヤルパークホテル
パラッツオ@ロイヤルパークホテル
昨日のランチは、水天宮前にあるロイヤルパークホテルにて。
このホテルでランチだと、中華料理が思い浮かぶところですが、
つい先日星ヶ岡に行ったばかりだし…
ということで、最上階の20階にある、パラッツオというレストラン&バンケットで。
平日は3000円(+サービス料10%、消費税)のビュッフェ料理になります。
一休レストラン経由で申し込むと1ドリンクがついてくるので、昼ビールいっちゃいました♪

ビュッフェではあるものの、種類はそれほど多くないです。
ただ、どれもそれなりのレベルなのが嬉しいです。
ステーキも目の前で焼いてくれるし、フォアグラもあるし。
濃厚なオニオンスープもなかなか。
サラダをはじめとした野菜類も充実しています。
スイーツ類が意外にも充実していて、凝ってはいないものの、それなりの美味しさ。
思わずおかわりしてしまいました。
最上階バンケットということで、
エントランスのアプローチ、さらには客席からの眺望はなかなか。
隅田川を眺めつつ、対岸の仙台堀川の桜並木もしっかりと眺めることができました。
かろうじてではありますが、スカイツリーも見えましたよ。

| | TrackBack (0)

アシエンダ デル シエロ(Hacienda del cielo)@渋谷(代官山)

アシエンダ デル シエロ(Hacienda del cielo)@渋谷(代官山)
渋谷駅の南側…というよりも、代官山の八幡通り沿いと言ったほうがいいかも。
ビルの最上階にある、メキシコ料理のお店です。
エレベータのドアが開くと、そこはまっすぐんにのびる赤い通路。
通路を抜けると、開放感溢れる空間が広がります。
中央には、マヤ神話の至高神・Kukulcanをモチーフとしたオブジェ。
ラグジュアリーな空間には、リゾートを彷彿とさせるテラス席も。
それでいてカジュアルに使える、気持ちのいいお店です。
テラス席はさすがに人気のようで、予約が必要みたい。
仕方なく、室内の席に座ります。

ランチにいただいたのは、チキンファフィータ(1000円)。
熱々の鉄板の上には、ハラペーニョバターで表面をカリッと焼いた鶏肉と7種の野菜。
これを、別の器に入れられたトルティーヤで巻いていただきます。
アクセントにトマトソースっぽいものを加えますが、物足りないときにはレッドハバネロを。
適度に辛味が効いて、なかなか美味しいです。
野菜がいっぱいなのも嬉しいし、ジューシーなお肉から溢れる肉汁もいい感じ。
トルティーヤのお代わりOK、ミニスープ、ドリンクつきでこの値段。
満足です☆

| | TrackBack (0)

星ヶ岡@ザ・キャピトルホテル東急

星ヶ岡@ザ・キャピトルホテル東急
星ヶ岡@ザ・キャピトルホテル東急
今日のランチはこちら。
ホテルができる前、この地にあった庭園の茶寮「星ヶ岡」の名を受け継いで、
旧東京ヒルトンホテルの建物から建て変わった今でも続いている中華料理のレストラン。
それほど広くなく、大きな窓から外の景色を眺めつつの、シックで落ち着いた空間。
スタッフの振る舞いも、気分いいです。

土日祝のランチ・ディナーは、101種オーダー式バイキング(11315円)のみ。
バイキング用のメニューかと思いきや、通常のグランドメニューから選べるのがすごいです。
高級食材がふんだんに用意されており、単品で1万円超えのメニューも選べるので、かなりお得感があります。
飲み物は別料金ですが、一休レストランで予約すると、同じ値段でひとつ選べます。
もちろんアルコールも選べるのですが、今回はプーアル茶を選択。
ポットでサーブされて、最後まであたたかくいただけます。

食事でいただいたのは、
・前菜 鮑入り 三種冷菜の盛り合わせ
・白菜甘酢漬け
・ふかひれの姿煮
・つばめの巣のスープ
・蟹肉入りオムレツ
・あわびと椎茸、筍の醤油煮
・オーストラリアイセエビの卵白炒め
・北京ダック
・豚肉とキャベツの炒め(四川風)
・椎茸と青梗菜の塩炒め
・ふかひれ餃子
・シュウマイ
・麻婆豆腐
・パーコーメン(星ヶ岡スタイル)
・マンゴープリン
・黒ゴマあん入り胡麻団子
どの料理も、ひとり分の量で出されるので、いろんな種類を楽しむことができました。
どれも上品な味わいで、日本人好みの美味しさ。
その味わいは、ひとつひとつ語りたくなるほどの美味しさですが、ここでは控えます。
食べてこそ、この満足感を感じることができるものですから☆

| | TrackBack (0)

やしま@渋谷

やしま@渋谷
かつて、宇田川町にあった讃岐うどんの人気店。
再開発のため、惜しまれつつも移転した同店が、いつの間にか渋谷に帰ってきてました。
場所は渋谷駅の西側、円山町。
東急本店から旧山手通りに向かう通りから、ちょっと路地に入ったところです。
昔のお店同様、今回のお店もビルの奥のほうで、ちょっとわかりにくい立地です。
ただ、表に看板が出ているので、迷いはしません。
店内はそれほど広くないものの、奥の箱庭がいいアクセントになっています。
壁面には、レトロなガジェットがいっぱい。
大きな時計は、ボーンと時刻を刻みます。

お昼にいただいたのは、かけうどん(600円)に、天ぷら野菜盛り合わせ(400円)を追加。
注文が入ってから茹であげてくれます。
手打ちなため太さにバラつきがあるうどんは、コシの強いもの。
食べごたえのあるものです。
つゆは、味付け薄めでダシがしっかりしているもの。
ダシの味や香りを存分に楽しむことができます。
ここにネギ・生姜の薬味を入れるわけですが、元が繊細なだけに、がらっと風味がかわります。
ボリュームたっぷりなので、この変化を楽しみつつ味わうのもいいですね。
追加でいただいた天ぷらは、標準的な美味しさ。
このつゆにつけて食べるには、少々物足りないかな。

| | TrackBack (0)

横浜家系ラーメン 道玄坂@渋谷

横浜家系ラーメン 道玄坂@渋谷
渋谷駅の西側、Bunkamuraの正面向かいにあるお店。
豚骨醤油ラーメンがメインのお店で、一番ベーシックなラーメン(680円)をオーダー。
オーダー時に、麺の硬さ、味の濃さ、脂の量を変えることができます。
ガツンとしたラーメンが食べたかったので、味濃いめ、脂多めでオーダー。
出てきたのは、ちょっと太めの麺のラーメン。
オーダー通り、ガツンとくるものがあります。
チャーシュー、ほうれん草、海苔という王道のトッピング。
あっさり身体に優しい系もいいけど、こういうジャンクなものも、たまにはいいですよね。

ただ、商売っ気丸出しなんですよね。
事前に食券を買うのですが、液晶画面の券売機。
大きく表示されているのは、具の多い高い品ばかり。
一番シンプルなのが食べたいんだけど…と探してたら、下のほうに小さなボタン。
店主曰く、本部がどっかにあって、それのFCなんですって。
お客さんに、そんな事言っちゃっていいのかな?

| | TrackBack (0)

ブラホ(Bullajo)@渋谷

ブラホ(Bullajo)@渋谷
渋谷駅の西側、東急ハンズ近くのレコード屋さんが集積していた地域。
今となっては閉店したところも多いものの、そのカルチャーを受け継いでいるのか、
最近個性的な飲食店が増えてきています。
このガーリックステーキのお店も、そんななかの一軒。
青森産のニンニクと、アメリカ産牛肉の組み合わせをウリにしています。
雑居ビルの3階にお店を構えているものの、いたるところにのぼりが出ているので、
お店の存在感は一目瞭然です。

お昼からステーキを…と思ったら、今回は通常メニューではなく、
やわらかサーロインステーキ丼のみとのこと。
お肉の量で値段がかわり、130g990円のものをオーダー。
和風と書いてあったから、てっきりおろし醤油…かと思ったら、全くの見当違い。
醤油味のソースは和風なのかもしれませんが、
したたるお肉の脂、パンチの効いたブラックペッパー、そしてこのボリュームがガツンときます。
それでもお肉は柔らかく、適度な甘みがあるジューシーなもので、意外にもさらっといただけます。
お昼なので、ガーリックが入っていないのが残念。
夜、ガッツリといきたいお店ですね。

| | TrackBack (0)

はかた地どり 福栄組合 渋谷

はかた地どり 福栄組合 渋谷
渋谷駅の西側、109の向かいにあるadidasのビルの7階にある、はかた地どりのアンテナショップ。
まさかこんな所に!?という場所の意外性でビックリ。
ランチ営業の看板が見当たらないのにビックリ。
エレベータの扉が開いても、声をいくらかけても、店員さんの姿が見えないのにもビックリ。
広いエントランスにいるのは、私だけ。
本当にランチやってるんだろうか…と不安になりはじめたころ、店員さん登場。
ほっとしました(汗)
入口で靴を脱いで店内に入る、ちょっといい居酒屋スタイルです。
結構広いお店で、風情のある通路をくねくね曲がりながら通されたのは、まさかの個室。
いや、私一人なんですよ?…と思いつつも、ゆったりと寛げるのは気分いいです。

ランチももちろん地どり系がラインナップ。
迷うところですが、辛旨和風スパイス はかた地どりのもも炙り焼き膳(1180円)をオーダー。
最初に運ばれてきたのは前菜3品で、明太子がのったポテトサラダ・きゅうりの梅和え・鳥のタタキ。
割といい味しています。
しばらくして、メインの膳が運ばれてきます。
鶏肉の皮が、カリカリに焼かれてて食感がいいです。
お肉も、地どりならではの程よく弾力のあるもの。
これらが、ピリ辛な七味で味付けされて供されます。
すだちをきゅっと絞って、大根おろしと一緒にいただくのですが、
ピリ辛感は若干マイルドになるものの、なかなかのアクセント。
ご飯が進む美味しさです。
事前にぐるなびのクーポンを印刷していくと、食後のドリンクがサービスでいただけます。
アイスコーヒーなどが並ぶなか、すだちジンジャーをチョイス。
爽やかな酸味とジンジャーの風味がいい感じで、口のなかの辛さを和らげてくれます。
絶対的には高いかもしれませんが、相対的にはコストパフォーマンスのいいランチです。

| | TrackBack (0)

« March 2014 | Main | May 2014 »