« February 2014 | Main | April 2014 »

東京へぎそば 匠@渋谷

東京へぎそば 匠@渋谷
東京へぎそば 匠@渋谷
渋谷駅の西側、東急本店の向かいにある居酒屋さん。
ランチ営業していないので、なかなか訪れる機会がなかったのですが、
今回は晩ご飯をたべに行ってきました。
まわりがアルコールで盛り上がっているなか、あくまで「晩ごはん」です。

いただいたのはもちろん、へぎそば。中サイズ(2205円)をオーダー。
へぎそばとは新潟県十日町地方のお蕎麦で、つなぎに布海苔を使っているのが特徴的。
「へぎ」と呼ばれる入れ物に、一口ごとに丸めて並べる、独特な盛りつけです。
大きな釜で茹で上げるのがポイントで、かなりコシが強く、かみごたえがあります。
そして、普通の蕎麦とは違う独特の舌触り。
さらに、するするっと喉を通るときの、喉ごしの良さ。
豪快な蕎麦だなーと思いつつも、へぎそばの中でも美味しい部類だなーとも思いました。

せっかくなので、お店の名物メニューでもある「栃尾のジャンボ油揚げ」もオーダー。
あいだに葱だけを挟み込んだもの(840円)をチョイス。
さっと醤油をかけていただきます。
揚げたての油揚げは、カリカリでサクサク。
これに、ねぎのシャキシャキが加わります。
この絶妙なハーモニー、たまりませんよ。
かーっ!酒がほしくなるぜ!

| | TrackBack (0)

奈加野@渋谷

奈加野@渋谷
渋谷駅の西側、西武百貨店の間の井の頭通りを進んだ、フランフランの建物の向かいにあるお店。
雑居ビルの2階で昔から営業している居酒屋さんで、
木調の店内は、一長一短では生まれないしぶさを醸し出しています。
お店のおばちゃんが、またいい味してるんですよ。
ここが渋谷だってこと、忘れてしまいそうです。

ランチにいただいたのは、豚肉の生姜焼(850円)。
第一印象は、ボリュームがしっかり!
お肉の脂身が少なくて、玉ねぎもしっかり入っています。
味付けもしっかりしていて、ちゃんと生姜の味もします。
ほっとする美味しさですね。
付け合せのおかずが昆布を炊いたもの、というのもこのお店らしさです。

| | TrackBack (0)

PORT OF CALL@渋谷

PORT OF CALL@渋谷
渋谷駅の南側、246号を越えた桜丘町をJR線沿いに進んだところにあるお店。
以前pilecafe DAIKANYAMAがあった場所、と言えばわかりやすいでしょうか。
アパレルや雑貨などのストアとカフェが一体となった、最近オープンしたばかりのお店です。
お店のドアを開けると、そこは天井の高いウッディな空間。
入口すぐは、洋服やアクセサリーなどが並んでいるショップになっています。
ショップエリアのさらに奥は、一段上がったカフェスペース。
テーブル席やソファ席があり、私が座ったソファ席は、ゆったりできて気分いいです。
線路に沿った建物の大きな窓からは、山手線や成田エクスプレスなどが行きかう様子を眺められます。
写真撮れなかったけど、偶然にも中央・総武各駅停車の黄色い車両が走ってるのが見れて、ちょっとテンションあがりました(マニアックなネタです)。

ランチにいただいたのは、P.O.C BURGERセット。
ボリュームたっぷりのバーガーは、ぎゅっと押しつぶして、紙袋に入れてかぶりつきます!
挟まれているのは、パリッパリに焼かれたパルメザンチーズ。
パリパリサクサクした食感が小気味いいです。チーズをこのように提供するのは珍しいかも。
手造り感のあるパテは、赤身のお肉でボリューミーかつジューシー。
肉の脂身が少ないのがいいですね。
さらに具材として、マッシュルームソテーがたっぷり入っています。
ソースは、トマトから作り上げた自家製ケチャップ。これが濃厚で実に美味しい!
これにフライドポテト、サラダ、スープ、ドリンクがついて900円。
ゆったりと寛げる雰囲気も含めて、パフォーマンスかなりいいです☆

| | TrackBack (0)

COCORO@渋谷

COCORO@渋谷
渋谷駅の南側、明治通りを恵比寿方面にちょっと進んだところにあるカフェバー。
お昼はスープパスタのお店として営業しています。
昼と夜では雰囲気違うのでしょうけど、
ランチタイムの店内には、どことなくのんびりした空気が漂っています。

いただいたのは、ほうれん草とベーコンのクリームソース(1000円)。
運ばれてきたのは、かなり大きめのお皿。
ほうれん草、ベーコン、マッシュルーム、玉ねぎ…とにかく具だくさん。
パスタは入っているの?と思うくらいです。
味は、わりとベーシックな感じ。
クリームの味がしっかり効いているものの、しつこくないのが嬉しいですね。

| | TrackBack (0)

麺KAWAKEI@渋谷

麺KAWAKEI@渋谷
麺KAWAKEI@渋谷
渋谷駅の真下、ハチ公前交番の横のガード下にある立ち食い蕎麦のお店。
駅の再開発とともに、このお店もそのうち消えるでしょう。
そういう意味もあり、初めて立ち寄ってみました。
このお店の構えに見覚えのある人、きっといっぱいいるはずです。

意外にもメニューは充実していて、
蕎麦だけじゃなく、うどん、ラーメン、カレー、丼などがラインナップ。
迷うところですが、一番ベーシックなざるそばを注文。
大で600円、並で430円という値段設定は、富士そばに慣れた身としてはちょっと高いかな。
それでも、ちゃんと茹でたての蕎麦が出てくるのは嬉しい限り。
細めのお蕎麦で、麺に弾力がある適度な茹で加減。
蕎麦に対するこだわりを感じることができます。
賞賛するクオリティではないものの、立ち食いかつ値段を考えるとなかなかなのではないでしょうか。

| | TrackBack (0)

ズーガンズー(ZOOGUNZOO)@渋谷

ズーガンズー(ZOOGUNZUOO)@渋谷
渋谷駅の東側、青山通り沿いにあるオーストラリア・ニュージーランドのお店。
ただ、ビルの地下1階にあり、かつ入口が奥のほうにあるので、
見逃してしまうような場所です。
そんな階段を下りてお店のドアを開けると、そこは異国の地。
土の壁とワイン棚に挟まれた狭い通路を抜けると、そこは穴倉のような倉庫のような客席。
土のタイルの壁と関節照明が、落ち着いた独特な雰囲気をつくりだしています。

夜はワニやカンガルーを食べられることがウリになっているようですが、
ランチは厳選された野菜をメインとした野菜をたっぷり摂れるメニューがラインナップ。
だったら…ということで、たっぷり野菜のサラダランチプレート(980円)をオーダー。
まず最初に、ワイングラスに注がれた緑茶。
続いてオードブルの野菜とパン。
このパンに、オリーブと「デュカ」という中東のスパイスの、このお店オリジナルブレンドをつけていただきます。
このスパイスの風味が独特で、うまく言葉にできないけど、中東っぽい感じ。
美味しすぎて、パン+オリーブオイルに劇的な変化を与えます。

そして、メインのサラダプレート。
どーんとボリュームたっぷりのサラダに、焼き野菜やキッシュも盛られています。
このサラダ、野菜にこだわっているだけあってなかなか。フレッシュな野菜は身体が嬉しいです。
そしてさらに先ほどの「デュカ」をかけると、味にぐっとアクセントがつきます。
サラダランチで、ここまで充実感が得られるのも珍しいと思います!

| | TrackBack (0)

NoMad@渋谷

NoMad@渋谷
渋谷駅の南側、246号を越えてJR線沿いに進んだところ。
ちょうど代官山駅と同じくらいの距離にあるカフェ。
以前はFRAMES代官山として営業していた場所にできたお店で、
開放的なテラス席はさらに開放的になり、
また全体的にナチュラルな雰囲気に生まれ変わっています。

ランチにいただいたのは、若鶏のから揚げカレー(950円)。
スパイシーだけど、しっかりと野菜が煮込まれているから、ほのかな甘さを感じます。
から揚げは、まぁ普通かな。
サラダ、スープ、カレーのトッピングと、野菜がいっぱいあるのも嬉しい限り。
そして嬉しいドリンクバーは、なんと夕方16:00までOKとのこと。
種類もジュース類や珈琲・紅茶だけでなく、ティーパックのハーブティーも揃っています。
横の道路を眺めながらの、この明るいテラス席で、
時間を気にせずに、お茶しながらおしゃべりできたら、楽しいんだろうなー☆

| | TrackBack (0)

深川亭@清澄白河

深川亭@清澄白河
駅から少し歩いた、東京都現代美術館の近くにある鉄板焼きのお店。
ただし、ちょっと路地裏に入っているので、美術館に行く動線からも離れているため、
地元の人しかわかりにくいかも。
前々から気になっていたお店に、ようやっと入店です。

ランチにいただいたのは、ジュージュー焼き(850円)。
玉ねぎ、長ねぎ、豚肉が入った、醤油味のあんかけ風玉子とじの鉄板焼、といった感じでしょうか。
ちょっとピリ辛なので、食欲がかきたれられます。
このおかずをご飯の上にのせると、丼のような感じになります。
サラダはお店オリジナルのドレッシングで。
玉子スープもそれなりの美味しさ。
食後についてくるコーヒーのカップがかわいかったです。
珍しいタイプの食事でした。

| | TrackBack (0)

みかわ 是山居@門前仲町

みかわ 是山居@門前仲町
みかわ 是山居@門前仲町
再び天ぷらに戻って、今度はめごち。肉厚でふっくらとしており、尾のカリカリ感がいいです。
一緒に出された銀杏も、香りよくてエグミ無しのホクホク。
存在感のある穴子は、やわらかくてフワフワっとした身が上品です。
最後は野菜で、アスパラガスの穂先は香りと柔らかさは絶品。茎は甘みが充分に引き出されています。
しいたけも肉厚で、かむとあふれ出る香りがものすごく豊か。
最後のごはんは、かき揚げ丼で。小柱たっぷりで、濃いめの江戸前のタレです。
赤だしにはかなり大きなしじみがたっぷり入っています。
おしんこも、上品なぬか漬け。
最後のデザートは、巨大な甘納豆?甘さ控えめで、豆そのものの甘さです。

とにかく全体的に上品で、細かいところにまで目が届いている料理の数々。
今まで食べてた天ぷらとは、カテゴリーが違います。
料理そのものも美術品と言っていいくらい、繊細なものでした。
和食が世界文化遺産に登録されたのも、納得なお店です。

| | TrackBack (0)

みかわ 是山居@門前仲町



いただいたのは、お食事コース(10500円)。
先付けは、苦味の全くない菜の花、繊細な味わいで芳ばしい穴子とごぼう、柔らかくて上品な味噌たれ山芋の3品。
最初の天ぷらは海老。甘くて色鮮やか。尾びれの形といいまっすぐのびた形といい、見た目にも華やかです。
海老の頭は、カリっと揚がっていて、口に含むと濃縮された海老の香りと旨味で充満されます。
あおりいかは、イカの天ぷらとは思えないくらいの柔らかさで、噛むほどに味わいが。
キスは、身がふわっとしていて、衣もきめ細かくて繊細です。
口直しのかぶら蒸しは、ダシの旨味がすごくよく出てます。ゆずの香りがさわやかなアクセントに。

| | TrackBack (0)

みかわ 是山居@門前仲町

みかわ 是山居@門前仲町
みかわ 是山居@門前仲町
門前仲町の繁華街から離れた、静かな住宅地のなかにある天ぷらの名店。
茅場町にある同名店の姉妹店です。
そんなこと全くしらずに、突然の訪問。
基本的に要予約だそうですが、快く受け入れていただきました。
風変わりな構えのお店は、さながら小さな美術館。
外観やエントランスも含め、いたるところに、美術品が飾られています。
料理は、基本的に対面で天ぷらをあげてくれるスタイル。
茅場町のお店と同じです。
ただ、今回は予約無しということで、空いていた2階の個室へ通されました。
こちらの襖画ももちろん作品です。

| | TrackBack (0)

石臼挽きそば 石楽@豊洲

石臼挽きそば 石楽@豊洲
石臼挽きそば 石楽@豊洲
晩ごはん。飲みではなく、あくまでごはん。
ららぽーと豊洲ではなく、街なかでいいお店ないかなーと探していたら、
豊洲フロントというオフィスビルに入っているこのお店を発見。
表の道路にも面しているのですが、なかなかいい表情しています。
店内は赤がキーカラーとなった、落ち着いた雰囲気。
まんなかに、石臼が置かれています。

晩ごはんにいただいたのは、桜海老のおろしぶっかけそば(1280円)。
衣をつけずに素揚げした桜海老は、かめばじゅわーっと溢れる旨味。
たっぷり鰹節も、削りたてなのか香りが豊か。
そして大根おろしが、全体をやさしく調和させる役割を果たしています。
毎日挽いてるそば粉を使った二八そば自体も、いい弾力です。
このお蕎麦、まじで美味しいです!

それならばと、サイドメニューの、あさりの酒蒸し(700円)も追加注文。
普通の酒蒸しと違って、ガーリック・オリーブオイル・唐辛子が入ったもの。
香りの良さだけでなく、アサリのダシが出たスープが美味しいこと。
普通だとアサリがメインですが、こちらはスープがメインになりそう。
酒が欲しくなるところですが、今日は車できたので蕎麦茶で。

それにしても、再開発のオフィスビルに、
まさかこんないいお店が入っているとは、思いもしませんでした。

| | TrackBack (0)

マンプク(万福)@豊洲

マンプク(万福)@豊洲
再開発で発展著しい街、豊洲。
そのなかで、昔ながらの集合住宅が立ち並ぶいっかくがあります。
セブンイレブンが日本で初めてお店を構えたのも、この地。
そんなエリアにある、大衆中華料理のお店です。
ただし、看板にわ「中華・和・洋 定食」とも。
実際、メニューは中華を中心としながらも、焼魚定食や各種おつまみなど、
なんでもそろっています。
店内の雰囲気も、中華料理というよりも大衆食堂といったおもむきです。
テーブルに並ぶ塩・コショウ・七味・ラー油などの調味料のフタが、全て外されているのが面白いかも。

ランチにいただいたのは、お店おすすめの長崎ちゃんぽん(900円)。
大きめのエビがたっぷりに、アサリやイカなどの海鮮がしっかり。
いいダシがでているのか、スープがなかなかの美味しさ。
キクラゲもコリコリなのも嬉しいです。
ボリュームたっぷりでガッツリ系なはずなのに、あっさりといただけてしまう不思議。
美味しさのなせる技です。

| | TrackBack (0)

渋谷餃子

渋谷餃子
渋谷駅の西側、センター街を奥に進んだところにある、薄皮餃子専門店。
開店してしばらくは夜のみ営業だったのですが、
最近ランチ営業も始めたみたいなので、やっとの訪問です。

ランチはセットになっていて、選べる餃子1皿で500円+税。2皿で650円+税。
今回は2皿セットでオーダー。
水餃子・焼餃子・揚餃子から選べるので、水餃子と焼餃子をチョイス。
にんにく・ニラ入り/なしを選べるのも嬉しいサービスですが、
美味しくいただくために、入りを選択。
水餃子・焼餃子ともに、確かに皮が薄い!
まるで生春巻きのような薄さ。
これを破らずに焼いているのは、なかなかの技です。
これで餡が上等だったら最高なのですが、ちょっと普通。
だから薄皮の良さが、ちょっと発揮されていないかな…。
餃子はシンプルなようで、奥が深い料理だということを改めて実感しました。

| | TrackBack (0)

ととしぐれ@渋谷

ととしぐれ@渋谷
渋谷駅の南側、渋谷警察署からさらに明治通りを南下した、
並木橋交差点近くにある海鮮系居酒屋さん。
お店は地下にあって、下りていく階段が、なんだか穴倉に入っていくかのよう。
ドアをあけると、靴をぬいで掘りごたつ状のテーブル席に座るシステム。
靴をぬぐと気分もラクになるのって、日本人ならではなのでしょうね。

お昼ごはん、悩みました。
名物の「イクラこぼれ飯」。その名のとおり、こぼれるくらいのイクラがのってる丼。
本当はこれ目当てだったのですが、イクラばっかりなのも身体に良くないよね?
ということで、数量限定のととしぐれ丼(980円)に決定。
運ばれてきたのは…丼いっぱいの海鮮!
イクラもいっぱい、ウニも新鮮、ズワイガニは甘さ溢れてます。
ボリュームたっぷりの海鮮は、ぶつ切りになったマグロや白身魚やタコなどなど。
何種類入っているんでしょう?って感じ。
これでご飯が酢飯だったら最高なんですけどね。
でも値段を考えると、なかなかお得な内容です♪

| | TrackBack (0)

MOJA in the HOUSE@渋谷

MOJA in the HOUSE@渋谷
渋谷駅の東側、美竹公園近くに本日オープンしたカフェ。
RESPEKTがあった場所、といえばわかる方もいるかも。
アメリカンソウルフードが味わえるハウスメイドダイナー。
広い店内にはテーブル席、ソファ席、個室風、電源が備わったカウンター席など様々なシートが用意され、
RESPEKT同様、いろんなシーンで使えそうな感じです。
もちろん、お店の雰囲気もおしゃれでいい感じです。

こちらの名物ということで、ワッフルチキン(1000円)をオーダー。
1930年代NYハーレムで生まれ、その後一気にアメリカ中に広まったものだそうですが、私は初めて目にしました。
サクサクに焼き上げられたワッフルの上に、カリカリにあげられたジューシーなチキン。
これに、どーんとメープルシロップをかけていただきます。
口にするまでは、これってどうなの?と半信半疑でしたが、
いざ食べてみると、チキンの塩味とメープルシロップの甘さが見事にマッチ。
例えて言うなら塩大福、塩キャラメル、塩味のチョコレートといった感じでしょうか。
チキンとワッフルを一体にする役割も、このメープルシロップは持っています。
なかなか美味しいです☆

| | TrackBack (0)

De Salita@渋谷

De Salita@渋谷
渋谷駅の西側、道玄坂を上る途中の、VISIONの隣にあるイタリアン。
LEGARTの系列店のようです。
一歩店内に入ると、天井が高いウッディな空間。
少しずつ階段をのぼりながら、ソファ席やテーブル席が並ぶ2階席へ。
天井の低い2階フロアはロフト的な雰囲気。
構造的な制約をロフトっぽい雰囲気で処理する空間構成、うまくできてます。

ランチにいただいたのは、水菜シャキシャキ海老とキノコの和風パスタ(900円)。
醤油ベースの、ノンオイルであっさりした味付けです。
たっぷり山盛り水菜の下には、コロコロたっぷりな海老と、数種類のキノコがいっぱい。
味付けはあっさりだけど、キノコの風味がいい具合にきいています。
シャキシャキ水菜のアクセントも悪くないです。
一緒に出されるサラダには、数種類の野菜が盛られています。
これも好感触。
食後にはコーヒーもついてきて、ロフトもどきの空間でひと休み。
値段・内容・空間のバランスがいい具合に取れています。

| | TrackBack (0)

サティー@渋谷

サティー@渋谷
渋谷駅の東側、六本木通りと青山通りの間の、青学西門近くにあるインドカレーのお店。
ネパールの国旗やネパール語が店内にあったから、ネパール料理なのかな?
この辺りの違い、いまいちよくわかってません(汗)
店員さんは皆インド(ネパール)人ということもあって、期待度は高まってきます。

ランチにいただいたのは2種セット(1000円)で、ほうれん草とチキンのカレー、マトンカレーをチョイス。
辛さを3段階から選べるので、ミドルにしてみました。
ほうれん草のカレーは、鮮やかな緑色が印象的。ほうれん草の甘みとクリームのせいか、マイルドな味わい。
マトンカレーは、この種のカレーでは定番の味。スパイスたっぷりで、辛さも程よい感じ。
注目すべきはナンで、焼き立ての熱々、そして水分を多めに含むもっちもちな食感。
このナンは特に美味しい部類に入るでしょう。
ナンのおかわりもできるので、お腹に余裕のある人はぜひ!
2種セットには、ナンの上にのっているチキンティカもついてくるのですが、こちらも程よい辛さのスパイスにつけられていて、なかなか美味しいです。
マニアックな立地ながら、味がいいのか、いわゆるお昼時を過ぎても、お客さんがひっきりなしに入ってました。

| | TrackBack (0)

めしや 太治兵衛@渋谷

めしや 太治兵衛@渋谷
渋谷駅の南側、明治通りを南下した並木橋交差点にある居酒屋さん。
店内には炭火焼のコーナーがあって、注文が入るたびにいろんな食材が網にかけられます。
メニューは焼魚系の定食が中心で、お肉系も少々。

迷うところではありますが、
牛炭火&さばしょうゆ干し定食(1080円)をオーダー。
どちらも先ほどの炭火で焼いてくれてます。
さばは脂がのりまくっていて、大根おろしと一緒じゃないとくどいくらい。
醤油味がしっかりとついていて、ごはんが進みます。
牛肉は塩味で。
炭火の香りがしっかりとついていて、こちらもまたごはんが進むシロモノ。
そのご飯は、精米したての「ゆめぴりか」を使ってるとのこと。
全体的に味つけが濃いめなので、ごはんをいっぱい食べたい人向きかな。
メニューにあった「ビール」というものを、オーダーしたくなります(笑)

| | TrackBack (0)

秘密基地@渋谷

秘密基地@渋谷
渋谷駅の西側、道玄坂と文化村通りの間の道玄坂小路にある、串揚げ居酒屋。
かなーり細い通路を入り、古ぼけた階段をのぼった3階にあります。
お店の入口のドアは、昔ながらの公団の団地のようなもの。
この、お店に至るまでのインパクトはかなり大です。
そして店名はどこにも書かれておらず…お店の人に聞いて、初めて知りました。
店名については他のお客さんも不思議だったようで、私が訊ねるのを聞いて納得してました。

ランチは麺類を出しているので、こく旨まぜそばをオーダー。
運ばれてきたのは、麺とタレがあらかじめ混ぜられたもの。
豚骨&鶏ガラ&かつおの旨みの濃厚タレに、もちもちの太麺が絡みます。
どろっとした舌触りは、評価の分かれるところ。
これに自家製ラー油とお酢を加え、自分好みに味をアレンジ。
正直に作っている感じは伝わってくるのですが、もう一歩!が欲しいところ。
でも、これで500円というのは、なかなかのパフォーマンスです。

| | TrackBack (0)

雲林坊@九段下

雲林坊@九段下
神田に本店を構える、担担麺と陳麻婆豆腐のお店の支店。
カウンターだけの小さなお店ですが、
回転がはやいので、すぐ席につくことができました。
夜の訪問ですが、お酒なしで普通に食事をいただけるのがいいです。

今回いただいたのは、汁あり担担麺と小麻婆丼のセット(1000円)。
辣油は四川朝天辣椒と唐辛子をブレンドしたオリジナルで、
辛いなかにも食欲をそそる風味がたっぷりで、複雑な美味しさが特徴的。
これを使った担担麺は、想像通り辛味たっぷり。
鶏ガラとホタテ干し貝柱を煮出したものがベースになっていて、
辛いながらも美味しさを実現しています。
そして麻婆丼。
豆腐からほどんど水分が出ていないので、味が薄まることがありません。
辛さ満点…というか、激辛の味。
舌がヒリヒリして麻痺するくらい、花椒が効いています。
もちろん、香りもぶわぁーっと。
この辛さと香りの組み合わせが、クセになる美味しさです。
もっと麻婆豆腐食べたかったなー。

| | TrackBack (0)

ベルサイユの火鍋城@渋谷

ベルサイユの火鍋城@渋谷
渋谷駅の西側、東急プラザ裏手の飲み屋街にあるお店。
店名からわかるとおり、火鍋をメインにしたお店です。
店名からわからないのが、ベルサイユ…
お店の構えも白く、ベルサイユのばらをイメージしたような感じ。
一歩店内に入っても、なんかベルばら調。
真っ白な壁面に、お花や装飾やシーリングファン。そして赤いアクセント。
火鍋とどういう関係が…ジャンルがまったく違う…
なんでなんで?と思ってたら、オーナーが宝塚の大ファンなのだとか。
それにしても、インパクト大です。

そんな空間でいただいたのは、ベルサイユ火鍋ランチ(1000円)。
豚肉とラム肉から選べるので、ラム肉をチョイス。
写真では普通に見えますが、野菜のボリュームがしっかりとあります。
鍋のスープは、辛いのと薬膳が効いたのの2種類。
辛いほうは、四川風のピリ辛。かなり辛いです。
白いほうはあっさりとしていて、生姜などが効いているのがよくわかります。
とにかく、身体の中から温まるのがよくわかります。
ベルばら調とは全く関係ない、正統な美味しい火鍋です。
ランチで1人でも食べれるのは嬉しい限り。
これ以外にも、サラダビュッフェとフリードリンクがついてきます。
見た目の先入観抜きに入店すると、意外なる満足感を得ることができます☆

| | TrackBack (0)

DEN Rokuen−Tei(デンロクエンテイ)@渋谷

DEN Rokuen−Tei(デンロクエンテイ)@渋谷
渋谷駅の西側、渋谷パルコpart1の8階にある和食屋さん。
全面ガラス張りのテーブル席のほか、水の流れるテラス席もあり、雰囲気いいです。
全体的に落ち着いたトーンなので、まったり過ごすにはいいかも。
パルコのこのフロアって意外と穴場ですよね。

本来はお肉や鍋物がメインみたいですが、
今回は晩ご飯ということで、鰻のまぶし茶漬け(2100円)にしてみました。
専門店じゃないけど、鰻はやっぱりおいしいです。
タレの味付けがいい具合。
そのままでも十分おいしく、薬味をつけるとさらにおいしいのですが、
ここはダシを入れて茶漬け風で。
このダシ汁がなかなかいい風味で、鰻のタレとの相性もばっちり。
今度はゆっくり飲みにでも来たいですね。

| | TrackBack (0)

ストロベリースイーツフェア@サンシャインシティプリンスホテル

ストロベリースイーツフェア@サンシャインシティプリンスホテル
春になると、いろんなホテルで行われているイチゴのスイーツビュッフェ。
この存在を知ったのがつい最近…なのでどこも予約でいっぱい。
そんななか、なんと大人2,400円未就学児無料というすばらしいお店を発見。
それが、サンシャインシティプリンスホテルのロビーラウンジで行われているこのプラン。
早速予約して、訪問してきました。
訪問してみると、昭和な雰囲気の昔ながらのラウンジ。
什器も使い込まれた感じで、古さというより落ち着いた感じ。
なかなか居心地いいです。

平日は純粋にスイーツだけですが、土日祝はパスタなどの軽食もついてきます。
各スイーツに使われているイチゴはちょっと少ないかなーと思いつつも、
イチゴ単品もあるので、食べたければいくらでも。
チョコレートフォンデュにしてもよし、そのまま食べてもよし。
目の前でベリーソースをフランペして作ってくれるクレープもまたよし。
数量限定のイチゴアイスのグラタンもなかなか。
甘いものが続いたら、口直しにしょっぱいものを。
たこ焼きやらフライドポテトなどをアクセントに。
もちろん飲み物も飲み放題なのですが、嬉しいことに紅茶がおいしい!
こういうスイーツに紅茶って合うじゃない?
あとで知ったのですが、日本紅茶協会から、おいしい紅茶の店として認定されているんですね。
コストパフォーマンス、なかなかいいです☆

| | TrackBack (0)

ピヴォワーヌ (Pivoine)@門前仲町

ピヴォワーヌ (Pivoine)@門前仲町
ピヴォワーヌ (Pivoine)@門前仲町
門前仲町のにぎわいから少しはずれた、南に広がる住宅地にあるフレンチ。
不思議なのが、この辺りなぜか飲食店が集中しているんですよね。
こちらのお店は、客席数も少なく、アットホームな感じ。
それでいて真っ白なテーブルクロスにお花が飾られているなど、気分いいです。
こちらでは、本格的なコース料理からカジュアルなものまで、いろいろといただくことができます。

今回ランチにいただいたのは、3000円のコース。
前菜は、ホロホロ鳥とエビのムース。黒のお皿に美しく盛られる様はまさにフレンチ。野菜もいっぱいです。
レンズ豆のポタージュは、一見するとコーヒーのようですが、確かに豆の味のするポタージュ。珍しいですよね。
メインは、クロダイのソテー グリーンペッパーソース。フレンチらしく凝ったソースの風味がきいててとにかく美味。こちらも野菜がいっぱい盛られているのが嬉しいです。
食後のデザートは、イチゴのムースとバニラアイス。濃厚なムースはイチゴそのものを食べているみたい。
フレンチといえばバターを多用しているイメージですが、こちらは全体的に割とあっさりしています。
下町の奥様にも受け入れられやすい、気軽な味といった印象でした。

| | TrackBack (0)

THE ROXY TOKYO@渋谷

THE ROXY TOKYO@渋谷
渋谷駅の西側、井の頭通りとパルコの間の通称ペンギン坂。
この坂に面して、カフェ等複数の飲食店が入るコクサイビルの4階に、
最近できたアメリカンダイナー。
店内の雰囲気もアメリカンな感じで、窓際にはかわいいハンバーガーのクッションが並んでいたり。
この窓側のボックス席から渋谷の風景を眺めるのって、息抜きにはちょうどいいです。

ランチにいただいたのは、ベーコンチーズバーガーのセット(900円)。
サラダ、スープ、おかわりし放題のドリンクつきでこの値段です。
肝心のバーガーですが…ボリューミー♪
かりっと焼かれたバンズからはみ出ているのは、ベーコンだけじゃないです。
パティまでが、はみ出るサイズ!
たっぷりしゃきしゃきレタスに、オニオン、トマトという王道の組み合わせ。
もちろん高さがありますので、ぎゅっと押しつぶすようにして食べるわけですが…
当然のように、パティがはみ出ます。
それでも豪快にかぶりつく!
とにかくこの一言に尽きるでしょう。
ドリンクの種類は変えてもいいとのことなので、
バーガーと一緒に炭酸系を選び、食後はコーヒーでまったり。
パフォーマンスのいいお店です☆

| | TrackBack (0)

MALAY ASIAN CUISINE@渋谷

MALAY ASIAN CUISINE@渋谷
渋谷駅の東側、青学手前の青山通り沿いにあるビルの2階にある、マレーシア料理のお店。
1階のファミリーマートが目立つので、2階の存在は、歩道に出ている看板で気づく程度。
それでもマレーシア料理、しかもハラル食材を使っていてムスリムも安心とくれば、
気にならないわけがありません。
念願かなって、やっと訪問がかないました。

エレベーターで2階にあがりますが、ドアが開くといきなり店内。
全体的にモノトーンの落ち着いた雰囲気。
いかにもマレーシア!な雰囲気でないのが意外です。
それでも店員さんはマレー系の人みたいで、
お客さんもスカーフを巻いたお母さん達など。
店内を行きかう言葉も、英語だったりマレー語(?)だったりと、
それだけでもテンションあがります。
私の隣は、マレーシアとインドネシアのママ友達って感じ。
お互いの国の食生活とかいろいろ話しているのを、横で耳立てて聞いてるのも面白いです。

ランチにいただいたのは、ナシゴレン カンポン(980円)。
マレーシア風チャーハンですね。
干し魚、イカ、エビ、青菜と具だくさん。
魚のかりっとした食感、パラパラに炒められたご飯がいい感じです。
そして何といっても…辛い!
若干ですが、唐辛子の輪切りがそのまま入っています。
隣の赤いソースが辛いんじゃないかと思ってたら、こちらは甘め。
意外です。
味付けは日本人に合わせているのか、食べやすいです。

ランチは、取り放題のサラダ・炭酸飲料を含むドリンク・マレー菓子もセットになってます。
パウンドケーキなどのお菓子が、いかにもマレーシアって感じで、これ好きです。
ドリンク飲み放題のおかげか、マレーシア系の人が何グループも長居していました。
格好の情報交換の場になっているようですね。

| | TrackBack (0)

花田@渋谷

花田@渋谷
渋谷駅の西側、百軒店の入口にあるラーメン屋さん。
カウンターのみの小さなお店で、食券機ですら扉の外にあるというくらい。
厨房もそれほど広くなく、効率的にお店を運営しているようです。

ランチにいただいたのは、味噌らーめん(790円)。
野菜の量を調整できるとのことなので、多めにしてもらうことに。
運ばれてきたのは…確かに野菜(もやし)たっぷりの丼。
いくら食べても麺までたどりつきません。
そのもやしにしっかりと絡むのが、かなり濃厚なスープ。
豚骨味噌といった感じでしょうか。
煮詰めたおかゆのように、とろっとろです。
もちろん味も濃厚とろっとろ。
ついでに渦を巻いたようなチャーシューも、脂身しっかりのとろっとろ。
やがて表れる麺は、ちゃんぽんのように太麺。
でも、スープがとろっとろだから、しっかりと絡みます。
食べ終わったあとに残ったスープも、もちろんとろっとろ。
最初から最後まで、とろっとろなラーメンでした。

| | TrackBack (0)

間人@渋谷(代官山)

間人@渋谷(代官山)
渋谷駅と代官山駅のちょうど中間あたり。
イメージとしては代官山のほうがいいからか、お店では代官山と紹介。
でも、渋谷からでも歩いて行ける距離にある和食屋さん。
夜はしゃぶしゃぶがメインなようですが、お昼は蕎麦が中心です。

看板こそ道路に出ているものの、お店そのものはかなりわかりにくい場所。
勇気を出して階段を下りて、さらに勇気を出して奥のほうほ薄暗いところまでたどり着くと、
目指すこのお店があります。
店内は照度を落とした、落ち着いた雰囲気。
カウンター席が目につきますが、小上がり席があったり、
テーブル席も個室のように落ち着いた空間です。

ランチにいただいたのは、黒豚つけめんそば大盛り(950円)。
簡単に言ってしまうと、肉そばのつけ麺タイプ…なのですが、中身は全く違うもの。
木箱に入った蕎麦は、香りよし、喉越しよし、しまりよしの美味い蕎麦。
普通に、この蕎麦だけでもクオリティが高いです。
このお蕎麦を手前の汁につけていただくわけですが、この汁もまた最高。
そばゆつをスープにしたような汁は、ダシの効いた醤油味。
黒豚の旨味がしっかりと出ているものの、脂っこくないのがいいバランスです。
蕎麦を食べ終わったら、濃いめのそば湯で割るのですが…
これが、上品なラーメンのような感じ。
本当に不思議で美味しいお蕎麦です☆

| | TrackBack (0)

和 ゆずか@渋谷

和 ゆずか@渋谷
渋谷駅の南側、246号を越えた桜丘町。
丘の上にそびえたつインフォスタワーの裏手に広がる住宅街。
そのなかに建つ一軒家の和食屋さんです。
以前「桜ヶ丘」が入っていた場所、といえばわかる人もいらっしゃるかな?
お店の雰囲気は、桜ヶ丘のときと変わらずです。

ランチにいただいたのは、鮭の西京味噌漬け焼定食(1000円)。
メインのお皿にも野菜が、副菜も2皿と揃っているのが嬉しいです。
肝心の西京焼きは、味のつき具合が、濃すぎず薄すぎずでいい感じです。
脂ものってるうえに、ふわっとした焼き加減が絶妙。
バランスのとれた焼魚でした。
こういうのをいただけると、嬉しくなりますよね☆

| | TrackBack (0)

ブレーメンカフェ(Bremen cafe)@森下

ブレーメンカフェ(Bremen cafe)@森下
森下駅からすぐ近くですが、新大橋通りからちょっとだけ奥に入ったところ、
意外感のある場所にあります。
周囲は普通の民家が立ち並ぶなかで、ここだけおしゃれな店構え。
白い壁にコンクリート床の店内は、ゆったりとしたテーブル配置。
ソファ席などくつろげる場所もあれば、カウンターのディスプレイなどがオシャレです。
ここが本当に森下!?と言いたくなるような、都会的な雰囲気。

いただいた日替わりランチ(900円)は、豚の生姜焼き。
しっかりと生姜の効いたおかずで、ほっこりするやさしい味わい。
ブロッコリーなどの野菜もしっかり入っているのもうれしいです。
ランチについてくるスープも野菜やキノコがいっぱいで、ほっと温まります。
にんじんとサーモンのマリネも、過剰に味付けされていない素材を感じられるもの。
食後には、ミニデザートの杏仁豆腐とドリンク。今回は紅茶をセレクト。
ガラスのカップとソーサーの模様がステキです。
もちろん、味もなかなか。
こういうカジュアルでほっこりできるカフェは、近所にあると嬉しいですよね☆

| | TrackBack (0)

« February 2014 | Main | April 2014 »