« September 2012 | Main | November 2012 »

カトルセ@渋谷

カトルセ@渋谷
渋谷駅の南側、渋谷警察署より少し南に進んだ、明治通り沿いにあるスペイン料理のお店。
お店は地下1階にあって、見た目ではちょっとわかりにくいのですが、大音量で音楽を流しているので、目立ちます。
壁と天井が一体となった、赤い階段を降りていくとお店へ。
この階段が、日常昼間モードから、落ち着きモードに気分を変えてくれます。

ランチでいただいたのは、カラスミとズワイガニのクリームソースパスタ(1000円)。
生パスタを使っていて、もちもちの食感。いい具合です。
肝心のソースですが、クリームソースにズワイガニの殻でも混ぜてるのかと思いきや、
ソース自体はピュアにクリームソース。オリーブオイルのアクセントつきで。
ズワイガニは…と見ると、なんと葉っぱの下に、身がいっぱい!
さらにさらに、まわりにまぶされているパウダーがカラスミだよねーと思っていたら、
一見ニンジンのようなオレンジ色のもの、これがカラスミそのものでした。
しかも、ゼイタクにそれなりの量が使われています。
もちっとした独特の食感は、生パスタとはまた違ったもの。
口に含むと同時に広がる、カラスミの香り。
1000円でこれだけのものが出るとは、予想外でした。
パフォーマンスいいです★

| | TrackBack (0)

味源熊祭 おくむら@渋谷

味源熊祭 おくむら@渋谷
渋谷駅の西側、センター街の入り口にあるラーメン屋さん。
5階建ての建物は、どのフロアもラーメン屋さんで、ファサードは見事なグラフィティ。
センター街でも目立つ建物…と言いたいところですが、
賑やかな街なかでは、この壁面はサイン看板に埋没しています。
今回訪れたお店は、このビルの2階にあります。
窓側の席からは、眼下のセンター街を行き交う人々を眺めることができます。
ほんと、いろんな人が通ります(笑)

いただいたのは、札幌味噌(850円)。
濃厚だけど、わりとあっさりしたスープ。
ラードがないからかな?
でも、味噌の香りはいい感じで、とろっとしたスープ。
万人受けする味ですね。
ちじれ麺にスープが絡む具合はいい感じです。
まぁ、立地がいいのと、夜遅くまでやっているというのが、このお店の第一ポイントですね。

| | TrackBack (0)

スカーレット@渋谷

スカーレット@渋谷
渋谷駅の西側、東急プラザの裏側。
ちょうど坂をのぼりきった辺りにある、昔ながらの喫茶店です。
外観からして昭和の雰囲気が漂うのですが、その雰囲気は店内でも一緒。
ワインレッドのビロード?を使った、木製の椅子。
もう、これだけで昭和が成立します。

こういう喫茶店でいただくのは、もちろんナポリタン(690円)。
よく今どきのお店で「昔懐かしいナポリタン」なんてメニューがあったりしますが、
ここは、それを地でいってます。
ケチャップをたっぷり使った、王道の昭和の味。
これに、粉チーズをたっぷりかけて食べるのがいいんですよね。
美味しい、美味しくないの問題じゃないです。
「ザッツ昭和」を味わいましょう!

ところでこのお店、まわりを見渡すとお客さんでいっぱい。
しかも若い人がほとんどで、半数以上が女性。外観からは想像もできない構成です。
なんでだろう?と思っていると…みんなタバコ吸ってる!
昔懐かし喫茶店は、今でも喫煙OKだったんですね。
つまりここは、愛煙家の逃げ場、隠れ家、パラダイス。
タバコの煙が苦手な人は、避けたほうがよさそうですね。

| | TrackBack (0)

圭助@渋谷

圭助@渋谷
渋谷駅の南側、JR渋谷駅新南口の近く、明治通り沿いにある、仙台牛タンのお店。
地下にあるお店は、半個室こそあるものの、客席に長いテーブルが置かれています。
黒を基調としたお店で、地下にあることも加えると、さらに深い感じがします。

ランチでいただいたのは、もちろん牛タン定食。
ここは思い切って、1.5人前(1580円)をオーダー。
運ばれてきたのは、かなりなボリュームの牛タン。
炭火で焼かれていて、特有の香りが口の中に広がります。
味付けは、シンプルに塩。
もぎゅっとした食感の牛タンにはちゃんと切れ目が入っているので、それなりの厚みがあるにもかかわらず、食べやすいです。
なかなか美味しいですよ。
ボリュームもあるから、満足感は大きいです。
ご飯はもちろん麦飯、そしてとろろがついてきます。
他のお店でもそうですが、牛タン定食って、どうしてとろろご飯が一緒なんでしょうね?

| | TrackBack (0)

∞601@渋谷

∞601@渋谷
渋谷駅の西側、道玄坂をまっすぐ進み、246号と一緒になった辺りにあるお店。
これで「ハチロクマルイチ」と読むそうです。
1階のカレー屋さんがやけに目立つので、2階にあるこのお店の存在に、これまで気付きませんでした。
が、季節はハロウィン。
外からも、ハロウィンっぽい雰囲気が見えたので、このお店を発見。
入り口もわかりにくい細い階段をのぼると、このお店にたどり着きます。

ランチでいただいたのは、和風おろしハチロクバーグ(1000円)。
ご飯とハンバーグがひとつのプレートになってます。
ハンバーグ自体は小ぶりだけど、お肉がぎゅっと詰まった感じ。
赤身ベースで、肉汁こそ出ないものの、お肉の美味しさを味わえます。
シンプルな和風ソースは、あんかけ風。ダシがきいた、薄味です。
お肉との相性もばっちり。
柚子胡椒といただくと、アクセントがきいてさらに美味しいです。
欲を言えば、柚子胡椒もうちょっと欲しかったなー。
これに、サラダ、スープバー、ドリンクバーがついてきてこの値段。
いい感じです。

| | TrackBack (0)

ミスミヤ@渋谷

ミスミヤ@渋谷
渋谷駅の西側、センター街をどんどん進んでいったところ、行き止まりとなった辺りにあるお店。
一応イタリアンのお店になるみたいで、ワインも充実しているよう。
白い壁には黒で描かれたハチ公や109など渋谷のランドマークと、シェフのイラストが。
このイラストの、とぼけた感じが、いい味出しています。
なぜかBGMは竹内まりやオンリー。
ちょっと不思議な空間です。

ランチでいただいたのは、牛肩ロース肉のグリル定食(950円)。
肉汁したたるミディアムレアなお肉。
それなりの厚さがあるものの柔らかくて、歯ごたえもいい感じ。
肉の旨みがたっぷりで、「肉食った!」という感覚を味わえます。
バルサミコのソースも、いいアクセントになっていて、全体的に、いい方向でバランスが取れています。
食後にシャーベットとアイスジャスミンティーが出されたのも、嬉しいですね。

| | TrackBack (0)

渋③〜SHIBU-SAN〜@GEMS渋谷

渋③〜SHIBU-SAN〜@GEMS渋谷
今日開業した、野村不動産による商業施設。
JR渋谷駅新南口を出た、すぐの場所にあります。
飲食店8店程度とコンビニが入る、飲食特化型の商業施設。
たしかにこの辺りには、ランチできるお店少ないなーとは思っていましたけど、
ここまで集中的に飲食店が入っているとは、なかなか大胆です。
ただ、施設は今日オープンだけど、ランチ営業を今日からやってるお店は少ないみたい。
今回訪れたお店は、そんななか営業していた、貴重なお店です。

いただいたのは、オムライス(880円)。
とろとろ玉子とデミグラスソースの組み合わせがいい感じ。
ケチャップがアクセントにのっているのも、ちょっとした演出。
そして、中のごはん。
単なるチキンライスでないところが○。ご飯だけでも美味しいです。
そしてなんといっても、この値段でこのオードブル4種の盛り合わせがなかなかのもの。
しめ鯖のバルサミコソースなんてのもあったりして、これがまた絶品!
こういう施設に入ってるお店って、とかく高くなりがちですが、
このお店は、パフォーマンスなかなかいいです。

お店自体は、「鍋選人×ビストロガーデン」ということで、意味よくわかんないですが、
とりあえずオシャレな雰囲気です。
テラス席もあり、8階ということもあって、眺望もなかなか。
スタッフの対応がイマイチなのは、オープン初日なので、慣れてくるのを待ちましょう。

| | TrackBack (0)

ビストロます家@渋谷

ビストロます家@渋谷
渋谷駅の西側、道玄坂と文化村通りを結ぶ細い道、道玄坂小路にあるお店。
一応チェーン店っぽいのですが、ビストロ形式で出店してるのは、今のところ渋谷だけみたい。
今回は特例!ということで訪問です。
新しいお店なので、店内は小奇麗な感じです。

いただいたのは、彩り野菜のペペロンチーノ(780円)。
写真だとわかりにくいですが、奥にあるサラダとあわせて、どちらもかなりのボリュームです。
彩り野菜…というだけあって、紫キャベツやベビーコーン、赤カブ、パプリカ、ブロッコリー、ニンジン等など野菜がいっぱい!
もちろんベーコンも入っているのですが、これは嬉しいです。
サラダと合わせて、野菜がいっぱい採れます★
味は…まぁ普通のペペロンチーノですね。
もうちょっとインパクトがあってもいいけど、万人受けする味に落ち着いたのかな?
この辺りは、チェーン店っぽいです。

| | TrackBack (0)

代官山 鳳鳴館@代官山(渋谷)

代官山 鳳鳴館@代官山(渋谷)
代官山 鳳鳴館@代官山(渋谷)
旧山手通り沿いに、2012年9月にオープンしたばかりの結婚式場。
レンガ造りの洋館風建物で、ゲストハウスウエディングができる施設です。
建物の中は大正モダンを感じさせる雰囲気。
当時の華やかな社交場のような気分を体験できる…と思います。
恐らく平日だけだと思いますが、なんとこの施設でランチをいただけるとのこと。
せっかくなので、訪れてみることにしました。

ランチは前菜とメインを選べるコースで、1500円。
ちょっと高いなーと思いつつも、場所代ということで。
今回は、前菜に自家製サーモンマリネを、メインにキノコと粒マスタードのクリームパスタを選択。
サーモンマリネ、見た目にも美しいです。
クルミがのっている色とりどりのパプリカや野菜の下に、ボリュームのあるサーモン。
まわりには、ビネガーのきいたホワイトソース。
いつも食べるランチでは、こんな前菜出てきませんよ。
そしてメインのパスタ。
キノコがいっぱい入っていて、特に舞茸の香りがものすごく豊か。嬉しくなっちゃうくらいです。
クリームパスタは上品な味付けで、粒マスタードがいい感じでアクセントになってます。
これに食後の珈琲がついていたら、1500円でも何の文句もないです。
気をよくしたので、珈琲を追加オーダーしようとしたら、500円ですと。
さすがに、そこまでは手が出ませんでした(笑)

| | TrackBack (0)

鳳美酒家@渋谷

鳳美酒家@渋谷
渋谷駅の西側、東急プラザの裏手にある中華料理店。
小さな雑居ビルの1フロアがそのままお店になっているのですが、
エレベーターが開くと、いきなり客席!
レジカウンターすら、フロアの奥という、不思議なつくりになっています。
ドアが開いたら、ご飯食べてる人とコンニチハ、ですよ。
かなりビックリです。

ランチでいただいたのは、マーラー麺+半チャーハンセット(780円)。
マーラー麺は味噌ベースのスープに、ラー油がのっているような感じ。
辛さこそあるものの、味は特筆するほどではないかも。
ただ、半チャーハンはなかなか。昔懐かしい味、といった感じです。
チャーシュー、ハム、ネギ、玉子等々、それなりに具も入っています。
全体的評価は、正直微妙ではありましたが、お客さんが結構入っていたので、
メニューを選べば間違いないのかもしれませんね。

| | TrackBack (0)

須坂屋@渋谷

須坂屋@渋谷
渋谷駅の南側、明治通りを挟んだ渋谷警察署の反対側にある雑居ビルの、地下1階にあるお店。
表の通りには看板が出ていなくて、ちょっと見つけにくいのですが、
建物内の階段にお店の名前が。
細くて急な階段を下ると、そこには昔懐かしい蕎麦屋さんがあります。
本当に、昔ながらのお蕎麦屋さんといった感じ。
黒のくたびれた木のテーブルなど、懐かしい雰囲気です。
このお店の名物はへぎそば。
へぎそばと言えば、新潟・魚沼のお蕎麦で、つなぎに布海苔を使っているのが特徴。
そして、波をうつような盛り付けも特徴のひとつ。
そんな特徴をしっかりと打ち出しています。

いただいたのは、へぎそば…と言いたいところですが、
量が多いということで、一人サイズの手振りそば(1300円)を注文。
使い古された木の器いっぱいに盛られたお蕎麦。
ぬるっとした口当たりは、ここでも健在。
つなぎが違うだけで、ここまで違う蕎麦にかわるのか、という驚きを、このお店でも体感できます。
開発が進み、どんどん新しくなる渋谷ですが、こういうお店も、貴重な存在ですよね。

| | TrackBack (0)

秀@渋谷

秀@渋谷
渋谷駅の西側、246号をまっすぐ行ったところにある居酒屋さん。
オフィスビルの地下にある魚をメインとしたお店で、
恐らく夕方になると、仕事帰りのサラリーマンが集まるはず…?

ランチでいただいたのは、大海老天丼(950円)。
大海老が2匹入った天丼。
確かに海老は豪華なのですが、それ以外が茄子とピーマンのみ。
値段を考えると、ちょっと物足りないかな?
天ぷら自体は美味しかったんだけど、ちょっとたれが多すぎ。
とくに、ご飯にかけすぎ。ちょっと辛いです。
これじゃ、せっかくの天丼が台無しです。
まわりを見ると、天丼頼んでる人はいなくて、魚定食の人が多かった。
今回は、メニューの選択ミスかな?

| | TrackBack (0)

喜道庵@渋谷(神泉)

喜道庵@渋谷(神泉)
渋谷駅の西側、旧山手通り沿いにあるお蕎麦屋さん。
神泉駅からもすぐの場所です。
和風のお店は、幹線通り沿いと思えぬたたずまいで、
一歩店内に入ると、囲炉裏(飾りでしょうけど)があったりして、
昔ながらのお蕎麦屋さんって感じです。
こういう雰囲気、好きですね。

蕎麦屋なので、もちろんお蕎麦を。
ランチは、小さな丼がついて800円。今回の丼は、ネギトロ丼です。
丼の味は…まぁまぁ。
カレーとかだと、蕎麦屋っぽい感じするんでしょうね。
でもって、肝心の蕎麦。
嬉しいことに、新蕎麦です。
ほのかに、だけどしっかりとした蕎麦の香り。
手打ちなのか、たまに変形したお蕎麦ば混ざってたのはご愛嬌。
甘めのつゆでいただくのは、江戸前ですね。
下手に上品なお店ではなく、地に足のついた地元の蕎麦屋といった感じで、
ざるに盛られた蕎麦の量もしっかり。
これは嬉しいです。
やっぱり、この季節はお蕎麦ですね★

| | TrackBack (0)

PARCO GIOCHI@渋谷

PARCO GIOCHI@渋谷
渋谷駅の南側、246号を越えた桜丘町にある小さなお店。
桜並木に面していて、テラス席もあったりするものですから、
春先には気持ちいい食事をいただくことができます。
店名にPARCOとついていますけど、商業施設のパルコとは関係ありません。

ランチでいただいたのは、「昔懐かしいナポリタン(800円)」。
この値段で、ドリンクもついてきます。
名前のとおり、ケチャップ味のスパゲッティ。
だけど、ピリ辛のアクセントがきいています。
さらにさらに、ベーコン、ピーマンだけでなく、きのこやエビまで入った、具沢山の豪華版。
まぁ平均的な味ではありますが、具の多さで満足度はあります。
桜の季節、お花見しながらのランチだと、満足度高いんでしょうね。

| | TrackBack (0)

CAFE&BAR R@渋谷

CAFE&BAR R@渋谷
渋谷駅の南側、明治通り沿いにある渋谷警察署の裏手にあるお店。
外から見た、大きなガラス面が目立つのですが、店内に入っても、この窓のおかげで明るい雰囲気です。
窓際には本が並び、のんびり眺めながら過ごすことができます。
おしゃれなソファやテーブル席で構成されていて、ぶら下がったワイングラスや黒板のあるカウンター席も。
お客さんはそれなりにいるのですが、ゆるーくまったりとした、静かな空気が流れています。
時間がゆるせば、ここでまったり過ごしたい!

ランチでいただいたのは、サーモンのグリル タルタルソース(900円)。
普通のカフェごはんを想像していたけど、これがなかなか。
カリッと焼かれているけど、脂もしっかりとのったジューシーなサーモン。
皮がパリッとしてて、この食感もなかなか。
タルタルソースもいい具合で、サーモンをひきたてます。
そして、添えられたベビーリーフがフレッシュ。
プチトマトなんて、フルーツみたいに、ものすごく甘みが詰まってました。
これでドリンクが含まれていたら完璧だったのに、別料金なのが惜しいです。

| | TrackBack (0)

モンスーンカフェ@代官山(渋谷)

モンスーンカフェ@代官山(渋谷)
代官山から旧山手通りを、渋谷方面に進んだところにあるお店。
有名店ですから、説明の必要はないでしょう。
一時は一世風靡したお店ですが、当時の面影は今でも。
中央の大きな吹き抜けに、巨大なシャンデリア。
内装な古き良き中国といいますか、マカオとかで見られるようなアジアンなテイスト。
(って本物のマカオに行ったことないけど)
吹き抜けに面したテラス席、気持ちいいんでしょうね。
ランチでは使ってないみたいですけど。

ランチでいただいたのは、魯肉飯(850円)。
若干ですが、八角の香りがします。
苦手な人にでも抵抗のない、ほんのり程度です。
逆にいうと、本物が食べたい人にとっては、ちょっと物足りないかも。
味付けは、甘めのソースで美味しいんですけどね。
豚肉も、いい感じで柔らかくなってるし。
ご飯の上には、温泉卵がのってます。
そして、嬉しいことにフリードリンク。
種類も豊富なので、ご飯のあとにお茶したい人にはぴったり。
まさにカフェですね。

| | TrackBack (0)

asphalt moon cafe & dining@渋谷

asphalt moon cafe & dining@渋谷
asphalt moon cafe & dining@渋谷
渋谷駅の西側、スペイン坂の途中にあるお店。
坂道から階段になる、あの場所にあります。
最近できたお店なのですが、ごちゃごちゃしたスペイン坂では、ちょっと目立ちません。
路面に面しているのは、白くて細い階段のみ。
その階段を登り、木の扉を開けると、ステキ空間が広がっています。
壁・天井はほぼスケルトン。コンクリートブロックの壁が丸見えです。
床はフローリングで、椅子はテーブル毎に違ったもの。
アンティークっぽいのもあれば、ソファ席もあったり。
心地いい展開です。
そして何よりも、窓から見える景色!
スペイン坂を行きかう人が見えます。
見えるどころか、真下です。
この季節、気持ちいいから、窓は開けっぱなし。
行きかう人々の会話や通りの雑踏が、心地いいBGMになります。

ランチでいただいたのは、日替わりプレートランチ(1000円)で、チキンソテーのラビコットソース。
香味野菜のさっぱりソースごはんです。
トマトたっぷりでお酢がきいた、食の進む食べ応えのあるソースです。
肝心のチキンも、皮がカリッカリ。
ボリュームもそれなりで、なかなか美味しいです。
ドリンクつきで1000円とは、カフェごはんとしては一般的かな?

このお店、夜に来たこともあるのですが、
夜メニューもなかなか美味しいです。
カフェだから、アルコール無しで、お食事とかお茶で使えるのが嬉しいです。

| | TrackBack (0)

富士山と芦ノ湖

富士山と芦ノ湖
東名は3連休最終日の事故渋滞ということで、カーナビさんは箱根越えを指示。
どっちが早いんだろーと思いつつも、ナビに従ってみることに。
恐らく一番高いところ、走行中に車からみえた、一瞬の景色。
富士山と芦ノ湖を一緒に見たのって、今回がはじめてかも。
ちょっと運いい?
なんて浮かれてたら、小田原から先で、ピカッと光るものが。
ひょっとして、オービスにやられた?
ハガキがこないことを、祈るのみです…

| | TrackBack (0)

リサとガスパールカフェ@駿河湾沼津SA

リサとガスパールカフェ@駿河湾沼津SA
焼津からの帰り道は、新東名高速道路で。
かなり快適な道路で、スピードを出してても全然感じさせないのが不思議。
東名と合流する前の最後のSAでひと休み。
ここから眺める駿河湾の景色は最高で、眼下に広がる平野の向こうに、駿河湾や伊豆半島が見えます。
ぱーっと開放的な景色、気持ちいいです。

休憩は、SA内にあるこのカフェへ。
リサとガスパールの世界で、店内のモニターではアニメが流れているほか、
自由に読める絵本も置かれています。
もちろん、リサやガスパールも一緒!
リサのベリーパフェとアイスコーヒーでひと休み。
味はまぁこんなもんでしょう。
ただ、高速でこんなにのんびりできるのは、嬉しいですね。

| | TrackBack (0)

金寿し地魚亭(その3)@焼津

金寿し地魚亭(その3)@焼津
せっかくなので、桜エビの軍艦巻きもいただきました。
生の桜エビです。
丼にも入っていたけど、新鮮じゃないと食べれないよね。
桜エビはちっちゃいから、表面の殻ごといただきます。
この食感がいいんだよね。カルシウムとれるね。
甲殻類らしい香りが、口のなかで広がります。
やっぱ、美味しいわ〜♪

| | TrackBack (0)

金寿し地魚定(その2)@焼津

金寿し地魚定(その2)@焼津
本店はお寿司屋さんのこのお店。
せっかくだから、握りは食べておきたいですよね。
そして焼津。マグロは外せないですよね。
というわけで、マグロ握り(上)もオーダー。
運ばれてきたのは、総勢14貫のマグロづくし。
赤みの旨さももちろんだけど、中トロの絶妙な脂具合、
そして大トロの旨み!
いやらしい脂ののりではなく、あっさりとした上品な味。
全体的に、とにかく美味しいマグロ。
これだけのものは、東京ではなかなかお目にかかれません。
これでしめて、1600円。
パフォーマンスもステキです★

| | TrackBack (0)

金寿し地魚定(その1)@焼津

金寿し地魚定(その1)@焼津
焼津のランチ、迷いました。
今日までイベントで、寿司食べ放題1人1500円なんてのもあったりして、
かなり心惹かれたのですが。。。
ここは予定通り、こちらのお店へ。
焼津港を見渡す場所に立地していて、観光バスもひっきりなしに訪れます。

ここでいただいたのは、看板メニューでもある海鮮丼(上)。
平たい木の器で出される特徴的な丼。
いったい何種類の具がのってるの?というくらい豪華。
マグロだけでも、何種類ものってます。
どれも新鮮で、とにかく美味しい!
シャリは駿河湾深層水を使ってて、これも美味しいです。
この内容で、なんと1600円。
パフォーマンス良すぎです!!!

| | TrackBack (0)

桜エビの天ぷら@やいづマリンパレス(静岡)

桜エビの天ぷら@やいづマリンパレス(静岡)
今夜宿泊するのは、こちらの宿。
別名、焼津船員保険保養所。
船員保険の加入者でなくても、一般の人も宿泊することができます。
もちろん、他と比べるとリーズナブル。
黒潮温泉という、pH8.5の食塩泉で身体をリラックスさせた後は、
お待ちかねの夕食の時間。
船員さん向けの宿らしく、リーズナブルながらも食事はなかなか。
焼津ということで、マグロの刺身はなかなかの旨さ。
金目鯛の煮付けも、脂がいい具合にのっているうえに、上品な味付け。
そして極めつけは、この天ぷら。桜エビです。
天ぷら自体はサクサク、中の桜エビはカリカリの食感。
口の中に含むと、桜エビの風味が広がります。
これで1泊2食で1人1万円程度とは、パフォーマンス良すぎです★

| | TrackBack (0)

レン(REN)@千頭(静岡)

レン(REN)@千頭(静岡)
帰りのSLが出るまでは、こちらのカフェで休憩。
古い建物がたちならぶ駅前で、ここだけが今時のオシャレな空間。
木造2階建の奥行きのある建物で、奥までまっすぐ吹き抜けに、トップライトから光が広がります。
吹き抜けの片面は真っ白の壁で、黒で描かれたイラストが一面を埋めています。
2階はギャラリーになってて、同じ作家さんの作品が展示されてました。

カフェは1階にあって、木造の構造がそのまま見えます。
地元の作家による陶器や絵本、お店オリジナルブレンドの緑茶なども売られています。
いただいたのは、もちろんこの緑茶。
川根緑茶のRENオリジナルブレンドのセット(500円)です。
黒い器に一度お湯を入れ、適温になったところで急須に入れていただきます。
熱すぎない温度でいただくお茶は、ものすごく芳醇な香り。
そして、まろやかでやさしい味。渋みなんて、まったく無いです。
お茶菓子は、抹茶羊羹。
甘さ控えめで、メインのお茶の味わいを邪魔することなく、逆にひきたててくれます。
珈琲や紅茶だけでなく、静岡なら緑茶ですよね。
SLの車窓からの景色も、茶畑が広がっていましたっけ。

| | TrackBack (0)

丹味@千頭(静岡)

丹味@千頭(静岡)
大井川鉄道のSLの終点、千頭に到着。
ちょうどSLイベントをやっていて、作業用点検車に乗せてもらいました。
駅構内で実際の線路を走れるなんて、なかなかない機会ですよ。
オープンエアの車両?で、線路を走るのも近くで体感できて、おもしろいです。
さらに、SLの運転台に乗って、自分の手で汽笛を鳴らすなんて、マニアが羨ましがりそうな体験も★

遊んだあとは、お昼ごはん。
駅前にいくつかあるお店のなかから、こちらのお蕎麦屋さんへ。
ちょうど新蕎麦の季節ということで、迷いはないです。
いただいたのは、天ざる(1200円)。
それなりにボリュームのある蕎麦は、二八でしょうか。
香りがものすごく豊かで、味がしっかりしてます。
細めだけど、しっかりとした歯ごたえ。
辛めのつゆでいただくお蕎麦、なかなか美味しいです。

| | TrackBack (0)

大井川鉄道のSL

大井川鉄道のSL
新金谷からは、もちろんSLに乗りましたよ。
今回は、特別に重連!
つまりSL2台が連なった形での運転です。
結構珍しいらしく、沿線では手を振ってくれる人、写真を取る人がいっぱい。
客車も国鉄時代の古いタイプのもので、ボックス席には灰皿や栓抜きがあったりして。
扇風機も、いい味してます。洗面台は、なんとタイル貼り。
ゴトゴトのんびりゆられながら、ボーっという汽笛を聞きながらの旅程。
車掌さんがやってきて、ハーモニカの演奏をやってくれたりして。
車窓から眺める大井川の景色も気持ちよくて、かなり楽しいです。
もちろん、片手にはThis is Cafeのカフェラテを持ちながら♪

| | TrackBack (0)

大井川鉄道のSL

新金谷からは、もちろんSLに乗りましたよ。
今回は、特別に重連!
つまりSL2台が連なった形での運転です。
結構珍しいらしく、沿線では手を振ってくれる人、写真を取る人がいっぱい。
客車も国鉄時代の古いタイプのもので、ボックス席には灰皿や栓抜きがあったりして。
扇風機も、いい味してます。洗面台は、なんとタイル貼り。
ゴトゴトのんびりゆられながら、ボーっという汽笛を聞きながらの旅程。
車掌さんがやってきて、ハーモニカの演奏をやってくれたりして。
車窓から眺める大井川の景色も気持ちよくて、かなり楽しいです。
もちろん、片手にはThis is Cafeのカフェラテを持ちながら♪

| | TrackBack (0)

This is Cafe@新金谷(静岡)

This is Cafe@新金谷(静岡)
昨日行ったカフェと同系列の、テイクアウト専用のお店。
SLで有名な大井川鉄道の、SL始発駅の中にあります。
もちろん、ここで買ってSLに持ち込むのもよし。
かわいいSLのラテアートをしてくれて、木造の新金谷駅の模型と一緒に記念撮影。
味はもちろん美味しいですけど、この状況が楽しいです★

| | TrackBack (0)

This is Cafe@牧之原(静岡)

This is Cafe@牧之原(静岡)
晩ご飯を食べたあとは、近くにあるこちらのカフェへ。
こんな場所に!?意外なオシャレカフェです。
夜のファサードは、横にのびるガラスの窓からあふれ出る暖かい光。
お店の入り口は、その光の中央にある木の扉から。
白を基調とした店内は天井が高く、床はフローリング。
そして居心地のいいソファ。
居心地がいいのは、お店のつくりだけでなく、ここにコミュニティがあるから。
みんなが集まって、お店で交流している。
私も、このお店に私を招いたお友達とおしゃべりしている。
はじめてお会いする方ともおしゃべりしながら。
気持ちいい絵画に囲まれながら、自由に振る舞える環境。

そして、このお店でいただくカフェラテ。
クリーミーできめの細かい泡。芳醇な珈琲の香り。
極めつけは、このかわいいラテアート。
ノックアウトです★

| | TrackBack (0)

T&T@牧之原(静岡)

T&T@牧之原(静岡)
静岡まで遊びにきたついでに、たまたま宿泊地から近かったので、晩ご飯食べに訪れました。
御前崎が近いせいか、サーファーなどの利用も多いらしい、30年くらい営業している喫茶店です。
雰囲気は、地方のオリジナリティのあるファミレスのような感じ、でしょうか。
でも店内では英語が飛び交っていたりして、悪くない雰囲気。
店員さんも人のいい感じだし。

ここでいただいたのは、醤油味ピラフとハンバーグのセット。
通常だと945円ですが、150円追加で大盛りにしました。
具には、イカ、アサリ、ツナが入っています。
味は、簡単に言うとバター醤油味。
バターがかなりきいていて、こってりしてます。
ただこれがまた絶妙な旨さで、かなりクセになります。
一緒についてくるハンバーグは、まさに手造り。
形も不揃いで、肉汁うんぬんなんて関係なく、しっかりとフライパンで焼かれてます。
そう、家でつくるハンバーグみたいな感じ!
この素朴な味わいが、なかなか美味しいです。
かなりいいお店ですね★

| | TrackBack (0)

麺屋十@渋谷

麺屋十@渋谷
渋谷駅の西側、道玄坂をのぼる途中にある百軒店。
ラブホだったり、風俗だったりするなかで、
名曲喫茶ライオンとかムルギーなどの有名店も並ぶエリア。
そんななか、最近新しくラーメン屋さんがオープンしました。
東京豚骨ラーメンとのことですが、果たしてその味は?
涼しくなってきたので、やっと訪れる気になりました(笑)

いただいたのは、ベーシックに「ら〜麺(680円)」。
まず値段。正直な設定です。
ただ、メインに出しているのは、高付加価値のあるトッピングいろいろでしたが。
一番ベーシックなものでも、ボリュームのあるキクラゲやメンマ、大ぶりのチャーシューと、それなりの具がのってます。
これに紅しょうがを加えれば、替え玉しても何の問題もない充実っぷり。
麺は細めと太めから選ぶことができます。もちろん硬めの細めでオーダー。
肝心のスープは、背脂がそれなりにのってて、確かに九州系とは違います。
でも、思ったほどしつこくなく、見た目ほど強烈ではないです。
醤油っぽい味が若干するものの、スープは確かにトンコツ味。
これはこれで、なかなか美味しいです。
高くて美味しいのは、あたりまえ。
この値段でこの内容は、文句ないでしょう。

| | TrackBack (0)

本郷@渋谷

本郷@渋谷
渋谷駅の南側、東横線渋谷駅と渋谷川に挟まれた、狭い場所にあるお店。
木造の小さなお店ですが、渋谷川に面しているためか、店内は明るいです。
窓側の席に腰をすえると、草の向こうに渋谷川。
もちろん水量のない川ですから、水の存在などわからないのですが、
それでも、雰囲気を感じることはできます。
水や植物といった自然の要素って、心をほっとさせますよね。

ランチでいただいたのは、ねぎ豚定食(850円)。
和豚と長ネギは、丁寧に炭火で焼かれています。
口に含むと、ほのかな塩味と、口いっぱいに広がる炭火の香り。
豚肉の甘みを感じる、丁寧な焼き方です。
これだけでも満足なのですが、ポイントは塩味が薄めなこと。
これを、つけ合わせの味噌と一緒いただきます。
この味噌に工夫がされてて、中には青唐辛子が入っています。
甘めの味噌の奥に、ほのかにぴりりとする辛味。
これを、豚肉とネギと一緒にいただくと、もう最高な気分です。
風景も味の要素のひとつかもしれませんけど、なかなかの味。
こんないいお店が、こんなわかりにくい場所にあったとは。
新しい、嬉しい発見です。

| | TrackBack (0)

匠@渋谷

匠@渋谷
渋谷駅の西側、道玄坂と246号が交わった先にあるお店。
何やら職人さんの創る繊細な料理のお店…な名前ですが、実際は普通の定食屋さん。
夜はいわゆる居酒屋さん、という感じです。
しかも、昼夜ともにリーズナブルな値段設定が嬉しいです。

いただいたのは、カツカレー。
650円という、チェーン店なみの値段設定。
肝心の味も、なかなかのレベル。
いわゆる定食屋さんのカレーといった、懐かしい感じ。
ほどほどの辛さに、ほどほどにまとまった味。
いかにも手作りって感じだけど、家庭の味ではなく、ちゃんとお店の味になっています。
カツは厚すぎず薄すぎずの、微妙なバランス。
カレーがかかってても、サクッとしているのが嬉しいです。
この値段でこの内容は、なかなかのパフォーマンスです。

| | TrackBack (0)

尊@渋谷

尊@渋谷
渋谷駅の南側、246号を超えた桜丘町にあるお店。
九州をコンセプトにした居酒屋さんです。
最近は「大分」「宮崎」「博多」「鹿児島」など、もっと絞ったお店が多いなか、
九州という大雑把なくくりってどうなの?と思いつつも店内へ。
店内のつくりは、まぁ普通の居酒屋です。

ランチはいろんな種類があるのですが、一番左上にあった「宮崎チキン南蛮定食(850円)」を。
出てきたのは…普通の鶏の唐揚に、ピンクのタルタルソースがかかったもの。
いや、これで「宮崎」って名乗っちゃいけないでしょ。
サーモンロールを「日本の伝統的な寿司」って言ってるようなもの?
味は、これはこれとして悪くはないんだけど…いかんせん、「宮崎」。
他にも「博多」「熊本」「筑前」「大分」「枕崎」「門司港」「佐賀」「長崎」と並んでいるのですが、
これって外国の日本料理屋さんで、
「寿司」「とんかつ」「てんぷら」「うどん」「親子丼」「焼き鳥」が並んでるようなものですよね??

| | TrackBack (0)

consequence(コンスクエンス)@渋谷

consequence(コンスクエンス)@渋谷
渋谷駅の東側、金王八幡からさらに南下した、國學院大學の手前に広がる住宅地にある一軒家。
駅からはちょっと歩く場所で、住宅街のせいか周辺は本当に静か、のんびりとしています。
本当にまわりには住宅しかなく、よくこんな場所でお店開いているなーとビックリ。
小さな店内は、気持ちのいいソファ席や、スタッフとおしゃべりのできるカウンター席。
センスのいい仕上げに、かわいい飾りつけ。
落ち着いたBGMと、かなり雰囲気のいいお店です。
おばんざいをはじめ、季節にあった食材を使った定食などを出してくれます。

いただいたのは「おばんざい定食(1200円)」。
メインを肉か魚から選び、さらに日替わりのおばんざい7種から5品を選べます。
通常の定食でも、おばんざい3品を選べるそうです。
今回は、メインに豚ロースのブラジリアンモーリョソースをチョイス。
トマトたっぷりの、ビネガーがしっかりときいた塩味のソース。さっぱりしてて、最高に美味しいです!
選べるおばんざいは、玉子焼き、きゅうりと薬味の胡麻酢、ひじきサラダ、自家製がんもどき、ザーサイのせ冷奴。
どれもほっこりとしたやさしい美味しさ。
特に冷奴は、細かく刻んだザーサイの食感が良く、ほのかな塩味が豆腐とも合っていて、かなり気に入りました。
若いスタッフの方も対応がよく、ほんとにのんびりできるお店。
立地の不便さは、わざとそうしているのでしょうか。
ここまで足を伸ばす価値のあるお店です。

| | TrackBack (0)

« September 2012 | Main | November 2012 »