« August 2012 | Main | October 2012 »

俺流らーめん塩〜塩とタンメン〜@渋谷

俺流らーめん塩〜塩とタンメン〜@渋谷
渋谷駅の西側、246号をまっすぐ進み、旧山手通りを代官山方面にちょっと行ったところにあります。
数店展開しているお店ですが、渋谷のこの辺りだけで2店も出すとは!
しかもこの辺り、オフィスビルとかができても、周辺に飲食店が少ないから、
このお店にも、必然的にお客さんがやってきます。
そんなわけで、広めのお店も、ほぼ埋まっています。

塩らーめんがウリのお店ですが、店名に「タンメン」とわざわざ書いているくらいなので、
俺流タンメン(700円)をオーダー。
大量の鶏ガラと大量のネギを使って、旨み甘みたっぷりのスープに仕上げたのは他のお店と同じ。
そして、そんなスープにあうのが、このたっぷり野菜。
スープにネギが入っているせいか、丁寧な味付けをしているせいか、野菜との相性はバッチリ。
野菜がデフォルトのように感じられます。
麺を固めにオーダーしたら、ほんとうにちょっと固め。
普通の固さでいいかも。
塩ラーメンが好きな人には、おススメのお店です。

| | TrackBack (0)

神泉町 香格里拉倶楽部@渋谷(神泉)

神泉町 香格里拉倶楽部@渋谷(神泉)
渋谷駅の西側、旧山手通りから路地を入ったところにあるお店。
これで「シャングリラクラブ」と読むそうです。
当て字?こういうノリ、以前どこかで見かけたような…
と思いながらお店に入ると、カウンターには、ずらーっと並ぶ「男」達。
ただならぬオーラが、店員さんから漂ってます。
素人の私でもそう思うのですから、きっと本物でしょう。
「大人のめし処・酒処」と書かれていますが、「男の」といったほうが適切かも。
最近オープンしたということで、お花が飾られていたのですが、差出人は「空手道連盟 新極新会 代表」。
納得です。

お店自体は、地下にありながらも明るい空間で、カウンター席も居心地いいです。
男達とも、おしゃべりしてみると楽しい!
中華と魚のお店のようですけど、夜来ると楽しいんでしょうね。

で、ランチでいただいたのは「海鮮かき揚げ丼(800円)」。
丼の上には、大きめのかき揚げが。
からっと揚がっていて、サクサク感が絶妙。
つゆをかけて、多少しなっとした状態でいただくも、また良し。
口に含むと海鮮の香りが広がりますが、肝心の具はどこ?
よく見ると、小さく刻まれた魚やエビなどが入っているのですが、どうしても大きな玉ねぎが目立ちます。
なかなか悪くない味です。
でも、このお店の一番の「味」は、やはり「男」でしょう!

| | TrackBack (0)

横浜スパゲッティ SPAPA@渋谷

横浜スパゲッティ SPAPA@渋谷
渋谷駅の南側、明治通りをすこし南下したあたりにあるお店。
雑居ビルの1階とはいえ、裏側に面した、決していい立地とは言えないお店。
なんと言っても、お店の前にきても、お店がどこにあるのかわからない、ってくらいです。
中に入ると、かなり小さな空間。
ちょっとした喫茶店といった感じで、ご夫婦で切り盛りされているようです。
客席数も少ないのですが、意外にもお客さんは入れ替わり立ちかわり。
近隣の人には人気なお店なのかしら?

ランチでいただいたのは、なすとベーコンのパスタ和風味(680円)。
写真は+100円の大盛りです。
生麺を使っているらしく、かなりもちっとしています。
ほんと、必要以上にもちっとしています。
和風ということで、醤油味ベースなのでしょうけど、かなり薄めの味付けです。
奥に写っている、おまけのガーリックトーストのほうがしっかりした味、というくらい。
だからこそ、もちっとした食感がひきたちます。
B級生麺パスタ、って感じですね。

そうそう、お昼時は完全禁煙です。
狭いお店ですから、こういう気遣いは嬉しいですね。

| | TrackBack (0)

舞踏の国のアリス@渋谷

舞踏の国のアリス@渋谷
渋谷駅の西側、センター街側のスペイン坂入口にあるテーマレストラン。
名前からわかるとおり、不思議の国のアリスの世界観をモチーフとしたお店。
地下へ降りる階段を進み、扉をあけると、そこは舞踏会場。
吹き抜けの広い空間の中央には、華やかなメリーゴーランド。
フロアに降りていく階段が、心躍らせてくれます。
店内はチェシャ猫やウサギ、メイド姿の店員さん。
女子力アップなお店です。
先日の夜に訪問したときは、かわいくも甘美なカクテルが用意されていました。

今回ランチでいただいたのは、ベーコンと温泉卵のカルボナーラ(880円)。
茹で上げ生パスタを使っているとのことですが、
もちっとした食感はあるものの、まぁ味はこんな感じでしょ。
でも、メイドさんがお給仕してくれて、目の前でブラックペッパーをかけてくれたりして、
それなりのコミュニケーションも楽しめます。
夜はメイドさんの数も増えて、アルコールの勢いも借りつつ、いっぱいおしゃべりしたりして、もっと楽しいです★
やはりここはテーマレストラン。
この雰囲気を楽しみましょ♪

| | TrackBack (0)

牛の蔵@吉祥寺

牛の蔵@吉祥寺
吉祥寺にはまるっきし疎い私。
どこにしようか、東急百貨店の裏を歩きつつも、天気は雨。
あまりさまよいたくもないので、目についたこのお店へ。
このお店、どうやらA5等級の牛肉しか使っていない焼き肉屋さんだそうで。
お店に入り、いきなり個室に通されて知りました。
しかも、同じA5等級のなかでも、特別な部分しか使用していないそうで。
生産者は九州にいらっしゃる方で、生産者の顔が見える焼き肉のお店。
ちょっとビックリ。

肝心のお値段は…1500円のランチがある!
迷わずこれにしました。
それでも、カルビ、ロース、極上ツラミ、ホルモンの4種が盛られたお皿。
ランチにありがちな、切れ端のお肉ではなく、ちゃんとしたキレイなお肉です。
かなりいい感じで、さしが入っています。
網焼きではなく、穴のあいた鉄板のようなので焼きます。
タレもいいけど、ここは塩で。
柔らかくって、肉の旨みがしっかりして、最高っす。
シメのデザートに杏仁豆腐がついてくるのですが、これも濃厚クリーミーでなかなか。
この内容でこの値段、パフォーマンスいいです!

| | TrackBack (0)

Cafe&Restaurant 道玄坂 119@渋谷

Cafe&Restaurant 道玄坂 119@渋谷
渋谷駅の西側、道玄坂と渋谷マークシティで囲まれた飲み屋街。
ごちゃごちゃしたエリアですが、その中でも通り抜けできない路地という、
極めてわかりにくい場所に立地するお店です。
お店はかなり大箱で、フラットにテーブルが並ぶエリア、バーカウンター、ソファ席と
様々な表情を見せています。
元々はイベントスペースか何かだったんでしょうね。

ランチでいただいたのは、エビとブロッコリーの明太子クリームパスタ。
メインのパスタ以外にも、ビュッフェ方式の料理がついて850円。
ビュッフェは、サラダの種類も豊富で、レタスがしなっとしてないのが嬉しいです。
おかずもラタトゥイユやキッシュ、ピザ、鶏唐揚げなど、かなりな種類が揃っています。
これでこの値段は、なかなかのパフォーマンスです。
おなかいっぱい食べたい人には、もってこいのお店ですね。
ただし、ドリンクは+100円になりますが。

味はというと…まぁこんなもんでしょう。
ただ、パスタにはエビもブロッコリーもいっぱい入っていたので、これはこれで嬉しいです。
ぱっと見、時間制限もなさそうなので、
時間に余裕がある人、とにかくビュッフェに価値を見出す人には、もってこいのお店ですね。

| | TrackBack (0)

茶寮伊勢 藤次郎@渋谷ヒカリエ(その2)

茶寮伊勢 藤次郎@渋谷ヒカリエ(その2)
食事を終えるころに運ばれてきたのが、このお団子と伊勢茶。
これは私の好きなみたらし団子では!
お団子自体はちょっと堅めで、しっかりとした歯ごたえ。
ちゃんと焼かれている、もちもちのお団子です。
かかっている餡は、醤油ベースのほのかな甘み。
完全に、私好みの味です。
なかなか東京では、この味に出会えないんですよね。
もう1本は、黒ごまベースの餡。
こちらも、口に含むと豊かな風味が広がります。
どちらのお団子もウマウマ。
一緒に出された伊勢茶は、ほうじ茶のような感じ。
お団子の口直しには、もってこいのお茶です。

このお団子もついてきて1580円なら、納得します。
いずれ変化する渋谷駅の景色、首都高を流れる車のライトを眺めながら、
伊勢茶を飲みつつぼーっとする。
これ、なかなか気分いいですよ★

| | TrackBack (0)

茶寮伊勢 藤次郎@渋谷ヒカリエ(その1)

茶寮伊勢 藤次郎@渋谷ヒカリエ(その1)
残業でご飯食べて帰るとき、どこにしようか迷います。
チェーン店でもいいのかもしれないけど、
せっかくお金出して食べるんだったら、美味しいもの食べたいし。
そんな時重宝するのが、渋谷ヒカリエ。
飲みでなく、食事も対応しているダイニングフロアは、使い勝手がいいです。
まぁ、ちょっと高いのが難点ですが…。

今回訪れたのは、前から気になっていたこのお店です。
夜の定食っぽいメニューもいくつかあって、
そのなかから「伊勢うどんの膳(1580円)」をチョイス。
私の大好きな、伊勢うどんと手こねずしがセットになったものです。
まずは伊勢うどんから。
丼の底にある醤油タレを絡ませていただきます。
もちっとしたうどんの食感はなかなか。
一見濃そうな醤油タレも、色こそ濃いものの味はマイルドです。
旨いです。
続いて手こねずし。
酢飯の加減はやさしいあんばいで、醤油づけのマグロもほんのりとした感じ。
ごはんとマグロのやさしさが、絶妙なハーモニーです。
かなり上品な部類に入るでしょう。
細切りの伊勢タクアンもなかなか。
この内容でこの場所だったら、この値段でも許せるかな?

| | TrackBack (0)

つけ麺 大臣@渋谷

つけ麺 大臣@渋谷
渋谷駅の南側、渋谷警察署の並びの明治通り沿いにあるお店。
このあたりには、やたらとラーメン、つけ麺、油そばのお店が集まっているのですが、
何かあるんでしょうか?不思議です。
有名店も立ち並ぶなか、ひっそりと佇んでいます。
それでも、行列ができるほどではないにしろ、カウンター席のみの店内はお客さんでいっぱいで、
食券を買い、しばらく待つことになります。

今回いただいたのは、トリ白湯つけ麺中盛り(780円)。
麺の量、450gとそれなりのボリュームです。
運ばれてきたのは、太めのストレート麺に、見事に白濁したスープ。
国産鶏のみで2日間かけてつくってるそうです。
とろっとした感じで、麺にいい具合に絡みます。
コクと甘みがあり、食べ応えがありながらも、どこか淡白で口にしやすいです。
このバランス、なかなかいい感じです。
麺を食べ終わったあと、スープ割りを入れてもらうのですが、これがどうも魚介系のダシ?
それまでのスープの味からがらっと変化し、その差を感じるのも楽しいです。

| | TrackBack (0)

かたつむり&ファーマーズヒル@湯ヶ島(中伊豆)

かたつむり&ファーマーズヒル@湯ヶ島(中伊豆)
宿をチェックアウトして、本当は下田散策の予定だったけど、
3連休の最終日ということもあり、渋滞が怖いので、そのまま帰路へ。
途中湯ヶ島にある、このカフェにてランチを。
ウッディな建物を抜けると、そこには手作りのウッディな空間が。
手作りピザ教室用の専用石窯があるかと思えば、
木のブランコや滑り台、さらにはツリーハウスまでも。
そんな庭を眺めながらの、ランチタイムです。

いただいたのは、自家製薫製ベーコンのピッツァ。
薄目のぱりっとした生地に、カリッと焼きあがった濃厚チーズ。
ベーコンの香りとあいまって、かなり美味しいです。
テラスを吹き抜ける涼しい風が気持ちいいです。
こんな場所でいただくのも、ひとつのスパイスですよね。

食後にはベイクドチーズケーキとレモングラスティーを。
爽やかな風味だけど味わいのある濃厚なケーキで、
わりとはっきりとした味だけど、ほっこりといただけます。
ぼーっとしたくなります。

| | TrackBack (0)

観音温泉の夕食@下田

観音温泉の夕食@下田
お楽しみの夕食の時間。
ここの食事の特徴は、超軟水の温泉水を利用して調理している、という点。
ダシの出がいいらしく、かなり繊細な味。
煮物ははっきりと味の差が出ます。旨い。
ご飯は目の前で炊く釜飯で、桜エビとグリーンピース。ほんのり醤油味といいダシがきいていて、最高です。
豚しゃぶも温泉水を利用。豚肉がものすごくやわらかいです。
下田ということで、刺身も最高。
そしてそして、アワビの踊り喰い。アワビってコリコリな印象が強いのですが、これがものすごく柔らかいのがステキです。
普通アワビの内蔵(ひも?)って苦味があるけど、これは苦味どころか旨みたっぷり。
思ってた以上に美味しい料理に出会えて、大満足です★

| | TrackBack (0)

観音温泉@下田

観音温泉@下田
ビーチのあとは、街から少し離れたところにある観音温泉へ。
山のなかの一軒宿。ひなびた風情を想像していたら、なんか温泉テーマパークみたい!
宿も本館のほかに数軒、日帰り専用のお風呂から、専用の菜園、さらにはヘリポートや道場までと、なんでもアリです。
今回は、ピグマリオンという建物に宿泊。
廊下からエレベーターまで畳敷きの豪華な建物。
部屋に入ると、さらにビックリ。
部屋付けの露天風呂があります。
湯船は信楽焼。しかも源泉かけ流し。
2つの源泉からは、毎分330リットルのお湯が出ているそう。
大浴場も個部屋も、みんな源泉かけ流しという贅沢。
源泉の温度は51度で、pH9.5のアルカリ性単純温泉。
肌がぬるっぬるです。いかにも温泉〜って感じが嬉しいです。
しかも、山なみを眺めながらの入浴。
かなり気持ちいいです。

しかもこのお湯、飲めます。
超軟水で、ものすごくマイルドでやわらかい味。
身体の内側からも、リフレッシュ!

| | TrackBack (0)

Ombak Beach Cafe@下田

Ombak Beach Cafe@下田
今日はぐぐーっと伊豆半島を南下して、下田までやってきました。
街から少しはずれた、入田浜。
真っ白い砂浜が続くビーチです。
それなりに波があるので、サーファーがいっぱい。
残暑厳しい毎日が続くなか、サーファーに混ざって最後の海水浴です。
海水は結構温度が高いので、気温も高いから快適です。
波とたわむれて遊ぶの、楽しいです♪
これで、夏が終わっちゃうのねー。

ランチは、ビーチ沿いにあるこのカフェで。
いただいたタコライスは、サルサソースがきいてていい感じ。
ご飯がサフランライスなのが、オリジナリティあるかも。
ビーチに面したカウンター席からは、もちろん海を眺めながらのんびり。
アイスティーが美味しいです。
このビーチ、なぜか白人の姿をよく見かけました。
そのせいか、店内も白人ファミリーがいたりして。
ここでのんびり過ごしてると、なんか外国のリゾートに来たみたい★

| | TrackBack (0)

山中旅館 古月@根津

山中旅館 古月@根津
根津駅のほど近く、言問通りから1本入った路地にたたずむお店。
かなり古い和風の建物で、てっきり食事のみかと思っていたら、宿泊もできるんですね。
道路に面した門から、さらに細長く続く小路を進むと、建物にたどりつきます。
通されたのは、立派な掛け軸のかかる床の間に、縁側、さらにはライトアップされた中庭まであるお部屋。
隠れ家的な和のテイスト満載の本格的空間でいただく、本格的中華料理。
このミスマッチ感、さらに細やかなスタッフの対応が、いい感じです。

今回はコース料理で予約。
冷やし冬瓜海鮮添えから始まり、繊細な前菜の盛り合わせに、ハタの強火炒め松茸風味、牛ほほ肉と平貝のオイスターソース風味、フカヒレと地鶏の蒸しスープ、スルメとハチノスの豆鼓蒸し、野菜と湯葉の葛引き、手打ち担々麺、デザート。
食後のドリンクには、プーアル茶をチョイス。
季節の料理を取り入れたヘルシー東京チャイニーズ。
どの料理もやさしい味付けで、なんだか身体が元気になりそう。

とにかくこのお店はオススメできるのですが、
建物の古さゆえ、平成25年2月末で、しばらくの間お休みとなるそうです。
食事自体は、新しくできる店舗でいただけるそうですが、
この雰囲気を味わいたい方は、今のうちです!

| | TrackBack (0)

SHIBUYA GIRLS POP(渋谷ガールズポップ)@渋谷パルコ

SHIBUYA GIRLS POP(渋谷ガールズポップ)@渋谷パルコ
渋谷から世界に「ガールズ・ポップ・カルチャー」を発信するプロジェクト。
これまでイベント等に遊びに行ってましたが、とうとう本日、渋谷パルコにリアル店舗オープン!
店舗のメイン・アートワークは玉石佳世さんが担当。
ナチュラルな感じが、かわいくてお店の雰囲気に合います。
店内には、知っている人の作品も並んでて、
さらにはさらには、知人とお店で会ったりして、テンション上がっちゃいます♪
そしてなんとなんと、今日は「その名はスペィド」のメンバーが1日店長やってます。
お店にいたのは、ロッタちゃん(左)とアリスちゃん(右)。
二人が華をそえてくれます☆

| | TrackBack (0)

アジアの味@渋谷

アジアの味@渋谷
渋谷駅の西側、センター街にあるお店。
随分と前から、この地に構えています。
微妙に気になっていたのですが、とうとう訪問です。
タイ料理やベトナム料理といった東南アジアの料理を扱っているお店で、
特にどこ料理に特化しているわけでもなさそうです。
お店の人も東南アジアの人っぽいけど…どこの国でしょう??

ランチはセットメニューで850円。
メインを選び、ドリンクやサラダ、スープなど5種類から2つを選ぶものです。
今回は、バアッカバァオをオーダー。
挽肉とバジルを炒めた、タイの定番料理です。
第一印象は、かなり日本人の舌にあわせた味だなー。
辛い料理と書かれていたものの、ほんのり辛い程度。
特有のスパイス等も使ってるのかもしれないけど、あまり感じず。
タイ料理はちょっと…なんて人にも、食べやすい味です。
その分、本格的なのを求める人にとっては、物足りないでしょうけどね。
私も、ナンプラーを追加で入れたのですが…
ほのかな香りが一応するものの、いわゆるナンプラーっぽさが無いです。
ちょっと残念。
でも、これはこれで別の料理、と考えると美味しいです。

昔から営業している、ということで、
当時はこのような味付けじゃないと受け入れられなかったんでしょうね。

| | TrackBack (0)

立ち呑み処 EVANS@渋谷(神泉)

立ち呑み処 EVANS@渋谷(神泉)
渋谷駅の西側、神泉駅のほど近くにある商店街にあるお店。
お店の名前のとおり立ち飲み屋さんで、カウンター数席と2席テーブル2つという、細長いお店。
ぱっと見、スナックのような雰囲気です。
お店のお姉さんも、ママって感じに見えてしまいます。

もちろん夜がメインなんでしょうけど、種類は少ないものの、なぜかランチもやってます。
前から気になってた「喫茶店のナポリタン」をオーダー。
通常サイズは650円ですが、大盛りは+100円です。
おなかすいていたので、大盛りをオーダー。
いそいそと作ってくれるママ(?)の姿が、けなげです。
で、出てきたのは…普通のナポリタン。
ひと口食べてみても…普通のナポリタン。
でも、この「普通」ってのが、意外と大事なのかも。
万人に好まれる、クセのない味です。
パルメザンの粉チーズをたっぷりかけるという、定番の食べ方もそのまま。
こういうお店好きです。
きっと、夜も正直なお店なんでしょうね。

| | TrackBack (0)

cheers cafe@渋谷

cheers cafe@渋谷
渋谷駅の西側、東急プラザの裏手に広がる飲み屋街。
夜はショットバーとして営業するこのお店、昼はランチ提供するお店としてオープンしています。
建物の1階にあるお店で、道路に幅広く面している形を活かした、オープンエアのお店。
季節のいいときには、ドアを開いて、開放的な雰囲気になるのですが、
この時期はさすがに冷房をつけているので、ドアは閉じられています。

店内は、外に面するテーブル席とカウンター席というシンプルな構成。
バータイムであれば落ち着いた雰囲気であろう、カウンターに着席。
昼間はのんびり〜とした雰囲気で、これはこれで居心地いいです。
しかもバー仕様のボトルを背景に、目の前で美人店員さんが、てきぱきと料理をしている様子を眺めていられます。
これは、ポイント高いです(笑)

いただいたのは日替わりで、「若鶏のグリル 濃厚トマトソース(900円)」。
軽い酸味と濃厚な旨味のソースはいい感じ。
下味の施された鶏肉も、ほどよくグリルされてます。
ドリンクがついてきてこの値段は、納得でしょう。
まぁ、コタキナバルでワイルドな香りのする鶏肉をいただいてしまうと、
日本の鶏肉はどこか物足りないのですが…

| | TrackBack (0)

amber@目黒

amber@目黒
渋谷の宇田川町で営業してきた、料理の美味しいカフェが、
ここ目黒にもオープンしました。
場所は目黒駅の東側。
首都高の近くにあるのですが、慣れない場所なので、駅から離れるにしたがってお店が減ってくるとちょっと不安に(笑)
ただ、そこには渋谷以上に、こじんまりとした、あたたかみのある空間が広がっています。
厨房に入っているのは、きちんと和食の修行をした料理人。
元々渋谷のamberにいた知人で、久しぶりにお会いできた!って感じです。

夜なのでいろいろと頼んだのですが、まずはお約束のだし巻き玉子。
こういうシンプルでベーシックな料理こそ、はっきりと差が出ます。
うん、やっぱり美味しい♪
ほかにもいろいろいただいたけど、やっぱり料理が美味しいわ〜★

| | TrackBack (0)

渋谷 大人のハンバーグ

渋谷 大人のハンバーグ
渋谷駅の西側、東急本店の向かいに最近オープンしたお店。
名前のとおり、ハンバーグにこだわるお店で、ランチは堂々とハンバーグのみ。
それでもお客さんはどんどん入ってくるから、ハンバーグ人気がうかがえます。

いろんなトッピングパターンがあるようですが、ここはベーシックに「大人のハンバーグ」。
ボリュームによって値段がかわり、今回は200gで1380円のをオーダー。
黒毛和牛100%のハンバーグに、福岡県産地黄卵の目玉焼きとレッドチェダーがのっています。
アツアツの溶岩石の上にのって出されるから、目の前でジューッ!
あふれ出す脂が飛び跳ねるから、紙エプロンは必需品。手にかかると、熱いです。
3種類から選べるソースも、ファミレスだったらハンバーグにかけるところですが、
この溶岩石にかけると飛び弾けること必死なので、ハンバーグをソースにつけていただきます。
選んだのは、熟成大人のソース。ワインとニンニクが効いた甘めのさらっとしたソースです。

で、肝心のハンバーグの味ですが…肉の脂身が甘い!
必要以上に脂身を強調しているような気もするのですが、これが日本人好みの味、ということでしょうか。
今まで漠然と美味しいと思っていたものが、脂身の旨さであったことが発覚。
こんな発見も、赤身中心のコタキナバルにいたおかげですね。

| | TrackBack (0)

洋風食堂ベニヤ@門前仲町

洋風食堂ベニヤ@門前仲町
門前仲町の交差点近くにあるお店。
レンガ造りのファサードは気合いが入っていて、以前から気になっていた存在。
でも、土日休みという高いハードルのもと、これまで訪問することができず…
だったのが、とうとう入店することができました!
ほぼ8年越しです。
店内に入ると、レトロモダンといいますか、
白の内装に木の什器で構成され、厨房の一部がオープンキッチンになっていて、
ここが白のタイル貼りでちょっと洒落た感じ。
明るくていい雰囲気の洋食屋さんです。

ランチでいただいたのは、ポークソテー(1050円)。
ショウガの風味がすごく豊かな醤油味ベースのソース。いわゆる生姜焼きよりも、さらに風味が豊かです。
お肉はそれなりの厚みがありながらも、しっとりとした柔らかさ。そして、なかなかのボリューム。
上等なポークソテーです。
一口いただいたエビフライも、薄い衣がからっと揚がってます。
ハンバーグのデミグラスソースも、なかなかの味。
思っていたとおり、ここの洋食は美味しいです。

| | TrackBack (0)

虎子食堂@渋谷

虎子食堂@渋谷
渋谷駅の西側、東急ハンズ近くの雑居ビルにあるお店。
このあたりは、おしゃれなカフェや雑貨屋さんなどがいっぱい。
元気なエリア。
元々はレコード店が集積していたエリアでもあるから、その流れを汲んでいるのかな?

こちらにはランチで伺おうとしていたのですが、何度行っても開いておらず…
「営業時間12:00〜」と書かれてるのにーと思いつつも、
残業で夜ごはんを食べる機会があったので、こちらを訪問してみました。
店内は軽快な音楽とともに、写真やポスターで壁一面が飾られています。
かなり陽気な雰囲気なのですが…お客さんは私一人。
時間がちょっと早かったのかな?

晩ごはんでいただいたのは、豚味噌炒め定食(1000円)。
お店の名前通り、定食が用意されているのは嬉しいです。
味付けは私好みの赤味噌ベース。
味噌味といえば、やっぱり赤味噌はコクがあって美味しいですよね。
味噌汁にも、油揚げ、大根、茄子がいっぱい入っていて、かなり家庭的。
お酒メインのお店っぽいのに、こんなに本格的な定食が食べれるなんて、
それだけでもシアワセなのに、
味付けが私好みなのが嬉しいです★

| | TrackBack (0)

寿園@渋谷

寿園@渋谷
渋谷駅の南側、246号を超え、桜丘町を越えたさらに南側にある中華料理屋さん。
隣にサルバトーレがある以外には周りにお店はなく、静かな場所です。
場所柄のせいか、お客さんの姿はまばら。
外観的にも、確かにちょっと入りにくいお店かも。
店内は、コンクリートブロックにピンクのペンキを塗っただけ、という、
まるで東南アジアにでもきたかのようなテイストです。

特にランチメニューを用意しているわけでもなく、いただいたのは炒飯(850円)。
ごはんがパラパラになるまで炒められているのは嬉しいです。
ふわっとした玉子に、ハム、ネギ、グリーンピース。
ラードで炒めた、塩味のシンプルな味付け。
どこか懐かしさというか、ノスタルジックさを感じさせます。
こういう昭和の味、いいですね。

| | TrackBack (0)

ROONEY@渋谷

ROONEY@渋谷
渋谷駅の西側、渋谷マークシティの中の通路を通り抜けた、道玄坂上にあるスポーツバー。
お店自体は地下にあるけれども、地下に降りる階段が大きなガラス張りで、それなりに目立つお店です。
店内はスポーツバーらしく、モニターがいっぱい並んでます。
サッカーとか、盛り上がるんでしょうね。
席はスタンド席とテーブル席の両方が。店内を効率的に使ってます。

ランチでいただいたのは、ポークジンジャープレート(900円)。
肉3枚乗っていて、それなりのボリューム。
でもお肉は柔らかいので、どんどん食べてしまいます。
ソースは程よい甘さで、若い人のお店らしく、ガッツリとしっかりとした味付けです。
つまり、ご飯が進む、ってやつです。
ご飯大盛りもOKなので、よく食べる人には嬉しいかも。
フリードリンクもついているから、暑い日には嬉しいです。

| | TrackBack (0)

東京夢屋台@渋谷

東京夢屋台@渋谷
渋谷駅の西側、センター街をどんどんまっすぐ進んだところにあるお店。
ちょっと寂しく…いや、落ち着いたエリアになりかけた場所にあります。
店内は、お店の名前の通り、屋台をイメージしたかのような感じ。
ざっくばらんとした雰囲気です。

いただいたのは、唐揚定食。
まず、600円という値段設定がいいです。500円ランチもあるんですよ。
で、この唐揚ですが、ちゃんとニンニク生姜醤油で下味がつけられています。
衣薄めで、からっと揚がってるです。
最後に、甘めの醤油たれがかかっています。
いわゆる「ガツめし」系ですね。
ボリュームもあるし、ご飯の大盛りもできるし。
夏の暑いときこそ、ガツンとお昼も食べましょう!

| | TrackBack (0)

ジャーマンファームグリル@渋谷

ジャーマンファームグリル@渋谷
渋谷駅の西側、道玄坂と246号が交わるあたりにあるお店。
渋谷でドイツ料理を語るには、このお店を外すわけにはいかない、そんなお店です。
天井高も結構あり、一部はロフトっぽくなっている開放的な雰囲気。
全体的に木を使った店内で、あたたかみがあります。
本当に、ドイツの片田舎にでも来たかのようです(想像)。
ただ、ランチ営業が不定期だというのが残念で、足を運ぶもやってない…の繰り返し。
ところが今回、偶然にもランチ営業していたので、とうとう念願が叶いました!

ランチでいただいたのは、黒トリュフ風味のハンブルグステーキ(1000円)。
運ばれてきたハンバーグ(ハンブルグ)にナイフを入れると肉汁が…出てこない!
下手に脂身のない、見事な赤身のお肉です。
作り方が特別なのか、いわゆるハンバーグとは違う食感です。
きめが細かい、みたいな感じでしょうか。これがドイツ風?
肉の味がしっかりとした赤身で、これもなかなか美味しいです。
ソースに入っているのか、ハンブルグに入っているか考えなかったのですが、
胡椒ベースのスパイシーさもいい感じです。
そして、中央にのる黒い物体…黒トリュフ!
口に含むと広がるこの香り、ゼイタク〜★
つけあわせのザワークラウトも、酸味がきつくなく食べやすいです。
これは日本人向けにアレンジされているのかな?
ごはんはバターライスという手の入れよう。
これにドリンクがついてきて、この値段。
パフォーマンスのいいランチです。

| | TrackBack (0)

香港→羽田の機内食@キャセイパシフィック

香港→羽田の機内食@キャセイパシフィック
今回最後の機内食。
日本時間でちょうどいいタイミングで出されたのは、チキンの炒飯かパスタ。
昨夜も炒飯をいただいたので、今回はパスタをチョイス。
トマトソースのパスタは、ちょっと塩味が強めだったな。
他にはピンク色の蕎麦、パン、ハーゲンダッツのアイス。
味は悪くないんだけど、なんか主食ばっかりだなー。
そのかわり、乗った飛行機は最新鋭のものみたい。
外観も特別仕様で、シートピッチも広め。
パーソナルモニターも横長のタッチパネル。
コントローラーはなく、音量調整や読書灯、客室乗務員を呼ぶのもタッチパネル。
テンションあがるね!
ちなみに、ちょっとのぞいたビジネスクラスは、最新設備でした。

| | TrackBack (0)

ローストポーク@正斗(香港国際空港)

ローストポーク@正斗(香港国際空港)
トランジットの時間は、ショッピング&ひと休み。
バックを買いたいなーと思っていたので、COACHのバックを衝動買いw
そして、軽いお茶&食事を出発ロビーのフードコートで。
ここのフードコートはなかなか充実してて、どれにしよう…と思いつつも、見つけちゃいました。
ローストポーク。
約1週間、コタキナバルでは宗教上の理由から食べれなかったものです。
久しぶりに楽しむ豚肉の味。
かりっとした皮の食感。
そして、塩味のきいた、豚の脂身特有の甘み。
そうそう、これが食べたかったの〜!
豚の脂身をこんなに美味しく感じたの、はじめてかも!

| | TrackBack (0)

Disny×村上隆?限定Tシャツ@香港ディズニーランド

Disny×村上隆?限定Tシャツ@香港ディズニーランド
月変わりで、香港ディズニーランドが発売しているコラボTシャツ。
9月1日からは村上隆さんとのコラボバージョン???と思わせるようなデザイン。
あのキャラクターがミッキーとコラボする時代がくるとは!
しかも香港で!
とビックリしたのでした。

| | TrackBack (0)

ポメラDM100(KING JIM)@機内

ポメラDM100(KING JIM)@機内
今回の旅行中、飛行機やホテルで大活躍したのが、キングジムのポメラ。
比較的新しい機種です。
最初に出たのは折りたためるバージョンですが、こちらはスレートタイプ。
キーボードをPCのように打てるから、文字だけなら十分です。
文章はQRコード化でき、iPhoneのカメラ機能を使って専用アプリで読み込むだけ。この簡単さも魅力的。
薄いので、カバンの隙間にすぽっと入ります。
コンパクトだから、飛行機のエコノミークラスの狭いシートでも、十分使えます。
しかも単三電池2本で30時間近く稼働するので、旅行にはもってこいのツール。
便利だから、家で使うこともあります★

| | TrackBack (0)

コタキナバル→香港の機内食@マレーシア航空

コタキナバル→香港の機内食@マレーシア航空
中途半端な時間に機内食が出されると非常に困るのですが、今回はちょうどお昼ごはんの時間。
時差が少ないから、普段の生活通りのタイミングでいただけます。
鶏肉と魚の2種類から選べ、今回は鶏肉をチョイス。
マレー料理をベースとしたものですが、これがなかなか美味しいです。
まずは鶏肉。カレー味で、程良くスパイスがきいているものの、マイルドな味わい。
ご飯はチキンライスっぽい感じで、かるくスパイシー。
つけ合わせの野菜はきゅうりとにんじんで、粒マスタード味。
サラダは鶏のササミで、レモンをぎゅっと絞ると、さわやかな味わいです。
デザートはレアチーズケーキ。甘さ控えめで脂っこくなく、食べやすいです。
満足度高し!
ちなみに、魚は香港風の味付けでした。
それにしても…飛行機のなかうるさいです。
大声の中国語だけならいざしらず、iPadで見てる映画、ゲームの音があちこちから。
みんな、ヘッドホンくらい用意しようよー。

| | TrackBack (0)

コーヒーショップ@コタキナバル空港

コーヒーショップ@コタキナバル空港
とうとうコタキナバルから離れる日がやってきてしまいました。
出発時間は11:35。
ホテルでのお迎えは9:15だったので、チェックアウトをすませてから、時間まで朝ごはん。
時間に余裕があるのは、ゆっくりできていいです。

空港に移動し、チェックイン、出国手続き、お土産買って、時間まで制限エリア内のコーヒーショップでひと息。
スタバもあったけど、ここはローカルのお店へ。
いただいたのは、いわゆるサバのホットコーヒー。
日本で飲むコーヒーとは、全く違う独特な感覚で美味しいです。
例えて言うと、ベトナムコーヒーの粉っぽくないバージョン、といった感じでしょうか。
苦味がなく、ものすごくいい香りです。
同じテイストかどうかわからないけど、パック入りのコーヒー買っちゃいました。

| | TrackBack (0)

SUNSET BAR@Shangri-La's Tanjung Aru Resort & Spa

SUNSET BAR@Shangri-La's Tanjung Aru Resort & Spa
その名のとおり、サンセットを見るためにある、と言っても過言ではないバー。
島のような形になっていて、その存在自体が、サンセットの風景のひとつになります。
でもやっぱり、このバーから眺めるサンセットは最高!
今夜はパイレーツパーティということで、ドクロの旗がたっています。
スタッフも海賊の格好をしていて、入り口で自分の名前をタブレット端末に入れると、海賊名が与えられます。
名札に海賊名を書かれて、レッツパーティー!
海を抜ける風が気持ちよくて、正直東京よりも過ごしやすいです。
そしてサンセットを背景にDJプレイ!
ノリのいい外国人(白人)が踊ってます。
こんなパーティー、楽しくていいね!!!

| | TrackBack (0)

サンセット@タンジュンアル・コタキナバル

サンセット@タンジュンアル・コタキナバル
南シナ海に沈む夕陽をながめるサンセットポイントは、コタキナバルにも何カ所かあります。
一番有名なのが、市街地にあるサンセットポイント。
地元の人に人気なのが、タンジュンアル・ビーチ。
でもやっぱり、シャングリラ・タンジュンアルのビーチから眺める夕陽は最高!
サンセットバーがシルエットになって、かなりいい雰囲気です。
今日は水平線に太陽が沈む様子は、残念ながら雲に隠れて見れなかったものの、
空が白〜オレンジ〜赤〜青に変化する様子はロマンチックです★

| | TrackBack (0)

Coco Joes Bar & Grill@Shangri-La's Tanjung Aru Resort & Spa

 Coco Joes Bar & Grill@Shangri-La's Tanjung Aru Resort & Spa
お昼ごはんは、先日も食べたこのレストランで。
ハンバーガーを食べたいな〜とガイドさんに美味しいお店を聞いても、バーガーキングと返ってくるだけ。
では、コタキナバルで美味しいハンバーガーは?と調べると、なんとホテル内のこのレストランでした。
ということで、再訪です。
今回いただいたのは、スモークダックバーガー。
バルサミコソース、玉ねぎとトマトのソース、レタス、そしてゴルゴンゾーラのチーズ!
バンズは珍しいフォカッチャベース。

ひとくち食べると、口の中で広がるスモーキーな香り。
一見普通のハンバーグのようですが、どうやらスモークダックをミンチにしたもののようです。
初めて食べる感覚。これ美味しい!
単体でも美味しいけど、ゴルゴンゾーラと一緒に食べると、口の中で広がる香りがさらに複雑に。
意外ですが、これがなかなかいい組み合わせです。
水着のまま海を眺めながら、というシチュエーションも最高です★

| | TrackBack (0)

Chi Spa@Shangri-La's Tanjung Aru Resort & Spa

Chi Spa@Shangri-La's Tanjung Aru Resort & Spa
1日ホテルステイなので、これまでの疲れを癒すべく、スパでトリートメントを。
敷地内でも独立した島のような部分に、スパがあります。
レセプションを抜けると、1棟ごとにわかれたトリートメントルーム。
ほぼ裸になって、あとは身体をまかせるまま。
お願いしたのは、このスパでは定番の「Chi Balance」。
90分の至福の時間です。
途中でホットストーンも使われて、超気持ちいい!
マジで、よだれ出ました。

| | TrackBack (0)

« August 2012 | Main | October 2012 »