« July 2012 | Main | September 2012 »

水中エアロ@Shangri-La's Tanjung Aru Resort & Spa

1346425655979.jpg
コタキナバル滞在最終日は、翌日のフライトに備えてのんびりホテルステイ。
昨日まで、いっぱい自然に親しんだけど、その分疲れたからね。
午前中のプールでは、インストラクターさんが登場して水中エアロ。
こういうのやってるお兄さんがオネエ系なのは、世界共通なのね。
マッチョな筋肉で、オネエ系(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

家庭のマレー料理@ボルネオ

1346348863663.jpg
リバークルーズから戻ってくると、もうまわりは真っ暗。
夕ご飯の時間です。
船着き場は民家が経営しているようで、ここでいわゆる家庭料理をいただきます。
奥からナシゴレン、鶏肉のカレー、キャベツの甘酢炒め、エビ、目玉焼き、パパイヤ、バナナの天ぷら。
どれも美味しくて、ほっとする味わいです。
しばらく外食が続いていたから、こういう手作り料理が落ち着くんですね。

食事のあとは、ナイト蛍ツアー。
ボートに乗ってしばらくすると、蛍の集団を発見!
川岸の木にとまってる蛍がいっせいにチカチカと輝きます。
その様子は、まるでクリスマスツリー!
LEDでは決して出せない、自然が奏でるやさしい色、そして雰囲気。
幻想的、という言葉を体現できる貴重な機会でした。
ボルネオに来たなら、一度は体験するべし!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

テングザルに会えた!@ガラマ川・ボルネオ

1346348582321.jpg
大きなツアーとは違って、今回お願いしたのは少人数ツアー。
大人数では入れない小さな川、ガラマ川をボートはゆっくりと抜けます。
数日前は干潮で、船を出すのも困難だったとか。
実際今回も、一度船が動かなくなったりして。。。
でもガイドさんが探してくれたおかげで、テングザルの群れを発見!
もちろん、野生のテングザルです。
ものすごく近くで見ることができましたよ。
長い鼻、長い尾が特徴で、おなかがぷくっと大きいです。
これ、おなかの中にいる微生物が分解したガスのせいなんですって。
甘い果物などを食べてしまうと、微生物の活動が活発になり、おなかが破裂するのでNGだそうで。

本命のテングザル以外にも、シルバー・リーフ・モンキー、大きなトカゲ、カワセミからさらには水牛の群などなど、野生の生物にいっぱい出会いました。
リバークルーズ自体も、マングローブを見ながら、細い川を行くスリリングなもの。
小さなボートならではの楽しみがありました★

| | Comments (0) | TrackBack (0)

テングザルと蛍のリバークルーズ@ガラマ川・ボルネオ

1346348176667.jpg
ボルネオに来たからには、テングザル!
オランウータンという考えも最初はありましたが、正直日本の動物園でも見れます。
ボルネオでしか見られない、テングザルを探しに行きましょう!
コタキナバルから車で2時間半ほど。
やってきたのは、ガラマ川のほとりにある、ガラマ村の民家。
まずはここでトイレ&お茶の休憩。
普段はもっとシンプルなお菓子だそうですが、ラマダンの後ということで、残ってたぶんのお菓子で豪華めに。
ひと休みしたら、リバークルーズに出発!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Korean stone pot rice@Cafe TATU(Shangri-La's Tanjung Aru Resort & Spa)

1346342706134.jpg
お昼には、一緒に石焼きビビンパ(?)もいただきました。
こちらは豚肉使ってなくても、美味しくいただけるでしょう!
運ばれてきたのは、熱くない石の器。
確かに「hot stone」とはどこにも書かれてないし。
しまったー勘違い!
でも、普通のビビンパと考えれば、普通に美味しいです。
ゴマ油もきいているし、キムチも悪くないし。
野菜もたっぷりだから、身体にもいいしね♪
青菜がサバベジなのが、この地らしさでしょうか。
ごはんが、日本で食べるようなお米だったのが、なんか嬉しかったよ~!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Cafe TATU@Shangri-La's Tanjung Aru Resort & Spa

1346338256106.jpg
今日のお昼はホテル内で。朝食会場にもなっている、このお店です。
朝夕はビュッフェ形式ですが、お昼はアラカルト形式。
なにを頼もうか迷った末に選んだのは、ペンネカルボナーラ。
結果としては普通に美味しいのですが、いつも食べるカルボナーラとは大きな違いが。
実はこのベーコン、ビーフベーコン!
イスラムでは豚肉はダメなので、朝のベーコンもビーフベーコン。
そしてカルボナーラで使ってるのも、ビーフベーコン。
同じベーコンでも、牛肉と豚肉では、脂身の旨さが違います。
ビーフベーコンなんて、アメリカ人には耐えられるのかしら?
豚肉のベーコンに慣れてる身としては、ベーコンは豚肉に限る!と思った旅でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

KEDAI KOPI FATT KEE@コタキナバル

1346283457917.jpg
コタキナバル市街を歩いていて、気になっていた中華料理のお店。
キナバル公園に行ったガイドさんに聞いたら「そこ美味しいよ」。
行くしかないでしょう!
本来ですとツアーはホテルまでの送迎なのですが、このお店の前で降ろしてもらいました。
で、早速入店。
コタキナバルでは、どこもかしこもハラルのせいで「No Poke」。
でもこのお店は、イスラムなんて関係ないです。
中国人がいっぱいで、活気ある店内は中国のお店っぽい雰囲気です。

アルコールがおかれてないようなので、レモン水を。適度な甘みとレモンの酸味で、さっぱりとした美味しさ。レモネードみたいかも。
サバベジ(サバ州の野菜)は、ニンニク風味の塩味炒め。ラードで炒めてるのでしょう、シンプルだけどいい感じ。でもサバベジ独特のややぬるっとした感覚は残ってます。
豚肉に飢えていた私は、お店の人に勧められるまま豚足を。醤油ベースですが
、かくし味で茶葉でも入っているのかな?プリプリコラーゲンたっぷりで、豚肉のありがたさを実感しました。
シーフードチャーハンも、ラードを使って炒めているみたい。シンプルな塩味です。エビがうまいっ!白身魚のフライまで入っている!
そして、このお店の名物ともいえる、手羽先。醤油味の甘めの味付け。ソースにナッツが入っています。何度も経験しているけど、この地域の鶏肉は旨いです。

食事を終えて、お会計してたら、外で待っている人がいっぱいいるのを発見。
やっぱり地元でも人気店のようです♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラフレシア@ポーリング温泉(コタキナバル)

1346260630543.jpg
世界最大の花、ラフレシア。
そして強烈なにおいのする花、ラフレシア。
有名なものとは別種らしいですが、ポーリング温泉の近くで見れるらしいです。
いつも見れるわけではないのですが、今回偶然にも咲いている、とのこと。
もちろん、行くしかないでしょ!
車に揺られること数分。入り口で四駆に乗り換えて、山の中へ。
途中で川になってるような道路を進んだ先には…1軒の民家が。
民家の庭のおばちゃんにRM30/人を渡して(計算ができないのでおつりを申告する)、裏庭へ。
フェンスで囲まれたエリアに入ると、そこにはあのラフレシアが!
近づけないので確認できなかっけど、ハエとかが飛んでたから、たぶんきつい臭いだと思う。
通常のラフレシアの花びらが5枚なのに対して、この花は6枚と特別バージョン。
たぶん、四つ葉のクローバーみたいな感じなのかな?
ラフレシアは寄生植物で、つぼみの期間は約9ヶ月。
そして花が咲いているのは、1週間もないとか。
今日は、開花して3日目。運がいいです★

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ポーリング温泉@コタキナバル

1346257943654.jpg
こちらもお約束の観光地で、ジャングルの中に突然広がる、温泉地。
元々地元の人が利用していたわけでなく、日本軍がこの地を占領していた際に開発したものだとか。
源泉はかなりの高温で、硫黄の香りがプンプン。
「ゆで玉子作っちゃダメ」の看板には笑えました。確かに作れそう。
お風呂の入り方は独特で、空の浴槽がいっぱい並んでいます。
お風呂に入る際は、蛇口をひねってお湯(恐らく源泉かけ流し)を出し、浴槽にためます。
もちろんお湯だけだと熱いので、適温になるようお水も入れることができます。
このお湯の出があまりよくなく、浴槽がいっぱいになるまで時間かかります。
けど、お湯が入ってしまえば、こっちのもの。
水着着用ではありますが、屋根付きの露天風呂です。
浴槽には硫黄のにおいがたちこめ、まさに温泉!

敷地内には山水を利用したプールもあって、こっちは冷たい!
ほてった身体をプールで冷まし、またお風呂に戻る。
大自然のなかで、かなり気持ちいいです★

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キャノピーウォーク@ポーリング温泉(コタキナバル)

1346250734139.jpg
今回のツアーのイベントのひとつ、キャノピーウォークです。
ポーリング温泉の敷地を抜けた、さらに奥。
温泉から550mほど山道を登ると、木々の間に巡り張られた吊り橋があります。
ツリーハウスのように、木の上のほうをつないでいる吊り橋。
人ひとりが通るのがやっとの細さで、歩くとゆらゆら揺れます。
一度に通れるのは最大6名。木に負担がかかるし、何より吊り橋が落ちると。。。
吊り橋自体は相当高いところにあって、その高さは30から40m。
下を見ると、くらくらーときます。
ジャングルの森の上を歩く感覚。楽しいです!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Round Inn@ポーリング温泉・コタキナバル

1346244727689.jpg
今日は1日、キナバル公園とポーリング温泉のツアーに参加。
ツアーといっても、私たちのグループだけなので、実質貸し切り状態の贅沢ツアーです。
途中の休憩場所からは、キナバル山をはっきりと見ることができました。
東南アジアで一番高い山。
雲に隠れて見えないことも多いらしいのですが、運がいいです。

キナバル公園を散策したあとは、ポーリング温泉に移動。
入り口周辺にはお店が何軒か並んでいて、その中の中華料理屋さんに寄りました。
甘めのコーンスープ、辛くないエビチリ?、牛肉のオイスターソース炒め、野菜の塩味ニンニク炒め、塩胡椒チャーハンという構成。
味のレベルは、街の中華屋さんって感じ。
ガイドさんに聞いたら、ここのお店も豚肉は一切使用してないんですって。
豚肉を使用することで、観光客の半分=イスラムのお客さんを取り逃がすことになるから。
納得です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Kopi Ping Cafeのお食事。

1346160156315.jpg
続いては、ランチでいただいた食事。
写真は海南チキンライス。ベーシックに美味しいです。
パラパラのご飯は、鶏のダシ汁で炊かれてます。
鶏肉も、ワイルドな鶏そのものの旨さ。
骨からでるダシそのものに、塩などで軽く味付けされているシンプルなもの。
シンプルでありながらも旨いのは、嬉しい食事です。

今回は、一緒にPrawn Noodleもいただきました。
直訳すると、エビ麺。
干し海老の風味が豊かな、ちょいとスパイシーなスープ。
具には鶏肉も入ってます。
麺はちょいと太めで、沖縄そばのような感じ。
ダシがきいていて、なかなか美味しいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Kopi Ping Cafe@Kota Kinabalu

1346157728621.jpg
ランチは、中心地からちょっと外れた、Damai地区にあるこちらのお店へ。
住宅地のなかにあるショッピングゾーンといった感じの場所で、
いくつかの複合施設(と言ってもお店が並んでるだけ)のなかにある1軒です。
オープンエアのオシャレカフェ、といった感じでしょうか。

まずは飲み物から。
右はKopi Ping。お店の名前にもなってる、オリジナルドリンク。甘いコーヒーで、これだけ暑いと、この甘さは嬉しいです。味は…MAXコーヒーみたいな感じ!
左はRed Bean Milk。下のほうにRed Beanが入っていて、上のほうには甘いミルク。どこかで口にした味…と思ったら、あずきミルク!
本当は、ここではオリジナルのオーガニックのLime Sodaが有名らしく、それを飲みたかったんですけど、残念ながら売り切れでした。
またの機会…なんてないよねー!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Pasta Mariana at Little Italy Kotakinabalu

1346101527614.jpg
サンセットを眺めてから夕食に訪れました。
街の中心部の、メインストリートにあるお店です。
お店の雰囲気は、周囲と違ってここだけイタリア。
テラス席の雰囲気も、イタリアっぽいです(行ったことないけど)。
何でもお店のオーナーがイタリア人だとか。

シーザーサラダをいただいたあとは、ピザとパスタを。
ピザはベーシックにマルゲリータ。
軽く薄めでパリパリ感のある特徴的な生地。
かみ応えがあり、食べていると生地から塩味がしてきます。
チーズもしっかりしていて、美味しいです。
パスタはフィットチーネで、オリーブオイルベースの白ワインソース。
ガーリックがしっかり効いたソースは程良い塩加減。
シーフードたっぷりで、エビもプリプリ。
ビールも飲んで、結構リーズナブルにいただけるのが嬉しいです!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Party Play@コタキナバル

1346074683547.jpg
お昼ごはんのあとは、お茶&デザートの時間。
同じくJalan Gayaにある、最近できたカフェにやってきました。
古い建物をリノベーションしているのですが、これがかっこいい!
天井がスケルトンだったり、カウンターがスタイリッシュかと思えば、窓枠や扉などは昔のものをそのまま使ってて、味があります。
表の通りにはオープンエアとなっているものの、店内は適度に空調が保たれてます。
天井の大きな扇風機が風を送ってくれるから、暑すぎず涼しすぎることもなく、快適です。
とにかく、コタキナバルらしからぬ?オシャレなお店です。

いただいたのは、Party Play caramel cheese cake。
チーズケーキが濃厚で、ちゃんとしっとり感もあり、バランスがきちっととれてます。
そして、これにかかってるキャラメルソースがまたいい味してます。
甘すぎず、それでもキャラメルの味はしっかり。
チーズケーキとの相性もバッチリ。
日本人にも合う、というか普通の日本のお店よりも美味しいかも。
一緒にいただいたドリンクは、青リンゴのフレッシュジュース。
抜けるような爽やかさが、暑さを忘れます。
グラスには、ちょうちょの形に切り抜かれた青リンゴが。
オシャレです。

しかもしかも、スタッフがイケメンなうえに、超フレンドリー!
かなりまったり過ごしてたら、目の前でマジックしてくれたり。
楽しいぜー!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

YEE FUNG@コタキナバル

1346059781644.jpg
午前中はホテルのプールで遊んで、お昼ごはんを食べに市街地にやってきました。
今回訪れたのは、地元でもラクサで有名なお店。
屋台のようにテーブルが並んでいて、まさにアジアって感じ。
地元の雰囲気を味わえるのはいいですね。
いただいたラクサは、ココナッツミルクカレー味のヌードル。ラーメンみたいな麺や、フォーみたいな麺がありました。
スープはライムが入っていてマイルド。辛くないです。
辛いのは別についてきて、自分で調整できます。
ほかにもチキンライスをいただきましたが、土鍋で炊いてるもにで、想像してたものと違います。
魚醤系の味かな?
茶色が強い色で、結構味も濃いです。
鳥肉も煮込まれてるみたいで、塩分強いです。
でも玉子と一緒にたべると、マイルドになっていい感じ。
どちらも美味しいです★

| | Comments (0) | TrackBack (0)

香宮@Shangri-La's Tanjyng Aru Resort & Spa

1345993141807.jpg
ヘリコプターで新郎新婦が登場する披露宴を見物し、
水平線に見事に沈む夕陽(初めて見た!)を眺めるという、豪華な1日の締めくくり。
晩ご飯は、ホテル内の中華料理店にしました。
一見お客さんが少ないようだけど、豪華な個室ではしっかりとしたパーティーが行われていました。
何にするか迷ったあげくに、RM88のコース料理に。
ドリンクもセットになっているので、ビールをチョイス。
最初に鶏肉の入ったスープ。クコなどの入った薬膳系のあっさりとしたもの。
続いて出てきたのが写真の料理。
通称?サバベジの干し海老炒め。ぬるっとした食感が独特です。ガーリックもきいていて、なかなか旨いです。
そして、海老チリ。ぷりっぷりの身は食べ応え満点です。
麺料理は、鶏肉の入った焼きそば。XO醤味かな?麺は細めのちょい固め。特徴のある麺です。
追加でチャーハンをオーダー。鶏肉とパイナップルが入っていて、あっさりしています。パイナップルって、すごくいいアクセントになるんですね。油をあまり使っていないようですが、お米がパラパラ。上品な味です。
しめのデザートは、マンゴークリームの何か。上にグレープフルーツがのってます。口直しにぴったりな爽やかな味。
最後に、中国茶でしめ。
いやいや、中華料理は安心して食べれるうえに、美味しいときてると、満足度高いです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Private Beach@Shangri-La's Tanjyng Aru Resort & Spa

1345968258697.jpg
ホテルの敷地内には、規模こそ大きくないものの、プライベートビーチがあります。
一応泳げることになっていますが、周辺の離島と比べると、海自体はイマイチ。
でも、単にビーチで時間を過ごすだけだったら。。。この景色、最高かも。
白い砂浜が、青い空に映えます。
そのビーチにセッティングされたテーブルで、食事などをいただくこともできます。
ディナーなんか、きもちいいんでしょうね。
ビーチの向こう、岬のようになっているところは、同じくホテル内のレストラン。
滞在中に1度は行かないと!!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Coco-Joe's Grill@Shangri-La's Tanjyng Aru Resort & Spa

1345966237070.jpg
ランチー★
ホテルでのんびりと決めたので、ランチももちろんホテル内のレストラン。
プールサイドにある、うみとプールの両方を見渡せるグリル。
もちろん水着のままでOKなので、楽ちんです。
これでこそリゾートライフ!って感じ!
いただいたのは、ダブルビーフバーガー(RM50)。
ちゃんと炭火焼きなグリルで、スモーキーな香りがいいです。
お肉がちゃんとしっかりと肉の味がして、いい感じ。
日本人好みな「肉汁したたる」なんてものじゃなく、ちゃんと肉の味を味わえます。
旨いです。
ダブルだから2段かと思ったら、横に並ぶというおもしろい形です。
パンはパニーニみたいな食感。オリジナリティがあり、なかなかいい感じです。
付け合わせのフライドポテトも、日本では食べないようなテイストで、こちらもなかなか。
カルビーのポテチとカルディで売られてるポテチみたいな差、と言えばわかるかな?
せっかくなので、ドリンクもオーダー。
トロピカルに、ブルーベリー、アップル、ヨーグルトのスムージー(RM22)。
さっぱりとしつつも、フルーティーでいい感じ。泡がかなり強いです。
暑い日にいただくには、こちらも最高なドリンクでした♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

POOL@Shangri-La's Tanjyng Aru Resort & Spa

1345962355065.jpg
昨日は移動で1日を費やしたため、今日は1日ホテルでリラックス。
このホテルはプールが程良く充実してて、子ども用のウォータースライダーは、大人も使えて、意外にも楽しかったです。
プールサイドでノリのいい音楽が急に流れ出したと思ったら、アクティビティで、水中エアロ。
もちろん参加。気持ちいい日差しの下で身体を動かすのって、気持ちいい!
インストラクターのお兄さんが、マッチョながらもオネエっぽいのは世界共通なのね。
大人用のインフィニティプールは、まさに海とプールが一体となった感じ。
海とプールの間には、沖合に浮かぶ島のように、木々が配置されています。
かなりリラックスできる時間です★

| | Comments (0) | TrackBack (0)

南シナ海の夕日

1345899284455.jpg
飛行機はゆっくりと緯度を下げながら、コタキナバルに向かいます。
現地到着は夜のはじまり。
飛行機のなかから、きれいな夕日を眺めることができました。
移動で1日がつぶれてしまうの、もったいないと思いつつも、
こんな景色が見れるんだったら、文句のつけようがありません。
テンションあがるー↑↑↑↑

| | Comments (0) | TrackBack (0)

香港→コタキナバルの機内食@マレーシア航空

1345897951441.jpg
巨大な香港のターミナルビルからバスで移動し、アイランド型のスポットから搭乗した飛行機。
乗客は香港の人ばっかりで、完全にアウェー感いっぱいです。
飛行機のなかでも、アナウンスはマレー語、広東語、ちょびっと英語。
BGMも思いっきりマレーな感じで、やっと海外旅行にきた!って感じです。

3ー3列の小さな飛行機にはパーソナルモニタなるものも存在せず、日本から持ってきた新聞や雑誌で時間をつぶします。
そんななかでいただいた機内食。
チキンと魚から選べるのですが、どちらにするか広東語で聞かれました。
やっぱりアウェー(笑)
「わかんねーから英語でお願い」って言ったら、「日本人?」って笑われながら英語で聞かれました。
で、いただいたのはチキン。
香港発の便らしく、XO醤炒めです。ニンニクがきいてます。
チキンの下にはヌードルが入っているのですが、これ美味しい!
デザートのチーズケーキも安っぽくない味。
フルーツもドラゴンフルーツ、スイカ、パパイヤ。
なんかテンションあがります♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

羽田→香港の機内食@キャセイパシフィック

1345897679111.jpg
4時間にも満たないフライトですが、
・おつまみ+ドリンク
・機内食
・免税品販売
と忙しい機内の時間。
キャセイパシフィックの機内では、香港のエアポートエクスプレスのチケットが
通常よりもディスカウント価格で買えるので、覚えておいて損はないと思います。

そして、機内でも大きなエンタテイメント、機内食。
シーフードとビーフから選べ、ビーフをチョイス。
お肉がパサパサしておらず、ソースはBBQ風味でなかなかの味。
ついてくるお蕎麦はちゃんと茶蕎麦で、S&Bの生おろしわさびがついてきます。
味のレベルは、欧米系エアラインよりもいいですよね。
でも…メインのご飯、パン、茶蕎麦と、見事に主食バンザイ!な機内食です(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

つるとんたん@羽田空港

つるとんたん@羽田空港
今日から夏休みをいただきます★
今回も、羽田空港から出発。
前回のセブは成田発だったけど、やっぱり羽田のほうが便利です。
このターミナルで必ずといっていいほど訪れるのが、このうどん屋さん。
今回も、チェックインを済ませ、機内で読む本を購入後に、朝ごはんで食べにきました。

朝から営業しているとはいえ、モーニングセットがあるわけでなく、
グランドメニューが並んでいます。
いただいたのは、「たっぷり夏野菜 豚しゃぶのおうどん(1380円)」。
冷たいうどんかと思ってたら、熱いのでした。
その名のとおり、パプリカ、茄子、ズッキーニ、トマト、オクラがいっぱい。
ラー油が入っていて辛さがアクセントになっているものの、スープ自体には適度な酸味。
よって、朝から食が進みます。
やっぱつるとんたんは美味しいですよねー♪

| | TrackBack (0)

ヴィノイタリア@渋谷

ヴィノイタリア@渋谷
渋谷駅の東側、渋谷警察署の裏手の金王八幡のさらに裏手にあるお店。
並木橋から六本木通りに続く道沿いで、この辺りには個性的でいい感じのお店が集まっています。
そんなエリアに、1年ほど前(だったと思う)にオープンしたお店です。
白を基調とした店内の床は白・黒のモノトーン。什器は木製で、やわらかい照明と、落ち着く店内です。

ランチでいただいたのは、ベビーホタテとトマトのアーリオオーリオ、スパゲティーニ。
サラダ・バケット・ドリンクがついて、950円です。
スパゲッティはアンチョビとガーリックの入ったオイルベース。
トマトそのものが入っているせいか、トマトの酸味がしっかりしていて、暑い日でもあっさりいただけます。
細めのパスタで、少々固めの具合がいい感じです。
わざわざ行くほどではないかもしれないけど、近所だったら重宝するお店ですね。

| | TrackBack (0)

寿亭@渋谷

寿亭@渋谷
渋谷駅の西側、渋谷マークシティと道玄坂の間にある、飲み屋街。
この焼肉屋は、そんなエリアの地下1階にあります。
この辺りはお店の出入りが激しいですが、ここは結構長いこと営業しています。
渋谷の街の移り変わりを見続けている店、とも言えるかもしれませんね。

いただいたのは日替わりランチ(880円)。
お肉の種類は…豚かルビと牛肉の何か(忘れちゃいました)。
肉質は、まぁこんな程度でしょうか。
それよりも、ランチで、自分で焼く焼肉で、このボリュームで、この値段。
これだけでも価値があります。
もちろん、低価格にはそれなりの理由が。
無煙ロースターとは無縁の世界。店内は煙モクモク。
きっと服や髪や身体に焼肉臭がしみついているんだろうなー。。。

| | TrackBack (0)

ラーメン渋英@渋谷

ラーメン渋英@渋谷
渋谷駅の西側、スクランブル交差点−shibuya109−渋谷マークシティで囲まれた、ちょっとあやしいエリア。
風俗やらパチンコやらが立ち並ぶなか、1軒だけぽつんと建っているお店です。
お店があるブロックの他の部分は、大手パチンコ屋さんに買収され、新たに建物を建てようとしています。
つまり、パチンコ屋は凹型。
このへこんだ部分にあるのが、このお店。
パチンコ屋の(立退き)攻撃をかわしてまで、この地に構え続けてます。
きっと、背景にはいろんな事が。。。???

いただいたのは、ラーメン(700円)。
博多ラーメンと考えず、豚骨ラーメンと考えれば、無難な味です。
九州の人には物足りないけど、東京の人には受け入れられやすい、そんな感じでしょうか。
あっさりめの豚骨スープです。
麺は細めで、わりといい感じです。

ただ、お店はある種個性的。
まず、メニューを見ても、いろんなトッピング(高い)ラーメンしか見当たりません。
よーく探すと、下のほうに小さく「ラーメン」の表示が。
そしてランチ時に無料でついてくる小ライスを頼んだら、
100円追加の、おかずのせご飯を勧める始末。
とことん、商売に走っています。

店員さんも、お客さんと話すとき以外は、基本中国語。
戦後の闇市時代、この辺りは中国・韓国系の人が仕切っていたとか、
今でも裏社会での勢力バランスがあるとか、
そういったことを脳裏にかすめながら、いただいたラーメンでした。

| | TrackBack (0)

スタジオ@渋谷

スタジオ@渋谷
渋谷駅の西側、東急ハンズのななめ向かいにあるカフェ。
残念なことに夕方からしか開いていないので、ランチで訪れることができないのですが、
残業したこの時こそ!ということで、訪れてみました。
店内は木を基調とした落ち着いた空間。
やさしい照明、革張りで適度な硬さの、座り心地のいいソファ。
たしかに、夜をメインにしたくなる気持ちもわかります。

夜訪れても、お酒やドリンクを注文することなく、食事のみでもチャージなしでOKなのが嬉しいです。
いただいたのは、タコライス(850円)。
軽くピリ辛感のあるミートソース。
中には、とろーりとろけるチーズ。
砕いたチップスが、いいアクセントになっています。
もうちょっとレタスがのってても嬉しいかなーと思いつつも、
タバスコを追加でかける必要もなく、
全体のバランスがいい、美味しいタコライスです。

| | TrackBack (0)

しまぶくろ@渋谷

しまぶくろ@渋谷
渋谷駅の西側、東急ハンズのちょっと先に建つ雑居ビルの5階にある、沖縄料理のお店。
このビルかなり味がありまして、グラフィティといいますか、落書きといいますか、
階段からエレベーターから、とにかくそれらに囲まれています。
ちょっと入りにくいかもしれないけど、その一歩を越えると、このお店にたどり着きます。
ドアを開けると、いきなり沖縄な雰囲気で、このギャップが面白いです。

ランチはチャンプルー系と沖縄そば系の大きく2種類。
私が選んだのは、王道の「ゴーヤーチャンプルー定食」。
沖縄そば(小)がついて900円。
メインのゴーヤーチャンプルーは、見た目にもゴーヤがいっぱい入ってるのが嬉しいです。
シャキシャキした食感で、苦味をきれいに取ってくれています。
「苦味がないとゴーヤとは言えん」なんて人もいるでしょうけど、これはこれで美味しいです。
口に入れるとともに広がる、風味豊かな鰹ダシの香り。なかなかインパクトあります。
味付けもバランスが取れていて、上等です!
沖縄そばは、まぁ普通かな?
それでも、小麦粉ベースの特有の麺をいただけるのは嬉しいです。
コーレグースを入れると、インパクトがあってなかなか。
いい汗が出てきます。
東京で食べれる沖縄料理としては、上等なお店なのではないでしょうか。

| | TrackBack (0)

吉田屋@清澄白河

吉田屋@清澄白河
清澄白河駅から清澄通り沿いに北に向かったところ。
森下駅とのちょうど中間点あたりにあるお店。
付近には高橋商店街(のらくろーど)がある、のんびりしたエリアで、門前仲町にある有名な大衆居酒屋「魚三」の森下店の隣あたりです。

いただいたのは、シンプルにラーメン中(750円)。
構成もシンプルで、チャーシュー1枚に海苔、ほうれん草がトッピングされている程度。
麺の硬さや味の濃さ、脂の多さをお好みでオーダーできますが、ここはシンプルに全部普通を。
中太のストレートな麺に、家系というんですかね?トンコツ醤油っぽいスープ。
ただトンコツ系にしては、あっさりしているほうです。
味もくどくないから、食べやすいですね。逆に物足りないっていう人もいるかも。
コショウ以外にも薬味が、にんにく、ピリ辛にんにく、豆板醤、特製味噌、生姜と用意されているので、お好みで味を変えれます。
生姜を入れると、スープがさらにあっさりして、飲みやすくなります。
途中で入れる薬味を変えたりして、味の変化を楽しむのもアリですね。

| | TrackBack (0)

RACE PIT CAFE@所ジョージpresents 第44回全日本マルトコ板金自動車ショウ2012

RACE PIT CAFE@所ジョージpresents 第44回全日本マルトコ板金自動車ショウ2012
渋谷ヒカリエで、8月19日まで行われているイベント。
所さんが所有するカスタムカーの数々。
会場に並んでいる分だけでもすごいのに、ここに入りきらないくらいのクルマを所有してるんですよね。
今の車は、エコとか効率とかいった面が注目されがちですが、
こういう遊び心こそ大切ですよね。見てて楽しくなります。
会場内は写真撮影もOKで、みんな記念写真撮ってましたよ。
私も撮りましたけど、お楽しみということでそこは掲載しません(笑)

で、会場内にはサーキットのピットをモチーフにしたカフェも登場。
こういう場所での飲食は、値段や味の問題ではありません。
とにかく雰囲気!いーじゃないの!!

そして隣には、グッズコーナー。
所さんオリジナルTシャツなどが並んでて、どれもかわいい!
思わず、Tシャツとキャップを買ってしまいました♪

| | TrackBack (0)

ラ・ボエム クアリタ@渋谷

ラ・ボエム クアリタ@渋谷
渋谷駅の西側、西武AB館の間の道路を抜けたところにあるお店。
建物の地下にお店があるものの、道路から直接入れるよう、大きなファサードがあるので、比較的わかりやすいです。
でも、お店に入ってみると、その広さにびっくり。
てっきりこじんまりとしたお店だと思っていたら、手前にはバーカウンターがあって、
一段下がった大きなフロアに並ぶテーブルの向こうには、オープンキッチン。
夜が楽しそうなお店です。

ランチでいただいたのはパスタで、「蒸し鶏と青ネギの和風ソース(750円)」。
ゴマ風味のペペロンチーノ、といった感じでしょうか。塩味とガーリックがきいています。
たっぷりのっているネギが、この季節は嬉しくなります。
味は…まぁベーシックなライン、といった感じでしょうか。
決して不満な味ではないですよ。
そして嬉しいことに、この値段でフリードリンク付き!
コーヒー・紅茶以外にもフルーツ系、さらにはバーカウンターで使うホース状の炭酸系飲料も飲めます。
食後もまったりしたい人には、嬉しいサービスです。
今回はオーダーしなかったけど、+250円でサラダバーも利用できます。
お店のランチサービスをフル活用したら、かなりパフォーマンスいいとおもいます。

| | TrackBack (0)

ガハハ食堂@渋谷

ガハハ食堂@渋谷
渋谷駅の西側、東急本店方面に進み、左側へ。
ランブリングストリート沿いのラブホ街の片隅にあるお店です。
路地に入ったとこにあるから、ぱっと見わかりにくいかも。
そんな怪しい場所ではありますが、店内は南国っぽい雰囲気で、お客さんもいっぱい。
みんな知ってるんですね。

ランチでいただいたのは、つけ麺で「海老出汁醤油(750円)」。
スープに麺をつけて口につけた瞬間は、普通の醤油味。
だけど口に含んだ瞬間、伊勢エビと甘エビでとったダシの香りがふわーっと広がります。
このギャップはすごいです。
ただ、思ったほど甲殻類臭さがないのはいいです。安心していただける味です。
スープに入っているチャーシューやメンマは普通の味なので、ちょっと一体感がないかな?
でも、麺の上にトッピングされた揚げ小エビと一緒にいただくと、スープとの一体感はバッチリ。
一般的なラーメンに飽きたら、この個性的なつけ麺をオススメします!

| | TrackBack (0)

花花@渋谷

花花@渋谷
渋谷駅の南側、246号を超えた桜丘町にあるお店。
雑居ビルの2階にあって、表からは狭くて急な階段を上ります。
店内はわりとごちゃっとした感じで、厨房の中心ともいえる鉄板で料理を作っている様子が見えます。
カウンター席はその鉄板の前。
ここに座ると、ごはん作ってるところを目の前で眺めながら、自分の料理が運ばれるのを待つことができます。

このお店のランチのウリはハンバーグ、ということで私もハンバーグに。
ソースが8種類あり、今回は塩ダレおろしをチョイス。
味は、正直平凡な感じ。でもボリュームはあります。
塩ダレと大根おろしという組み合わせが、新鮮です。
やっぱり大根おろしがのると、さっぱりしていいですね。
そして、チェーン店でもないのに、680円という値段設定。
この値段で、目の前でミンチの塊からハンバーグを作って、鉄板で焼いてくれるのは、
かなりパフォーマンスいいです。
これだけでも、価値ありですね。

| | TrackBack (0)

渋谷更科

渋谷更科
更科系のお蕎麦屋さんで、創業60年近く守り続けてきた、ちゃんとしたお店。
こんなお店が、若者の街渋谷の、しかもセンター街に入ってすぐのところにあるなんて信じられますか?
ものすごく賑わうセンター街から一歩階段を下りると、そこは別世界。
まわりの喧騒がうそのように静かな、和の空間が広がっています。
もちろんオシャレ系和空間なんてことはなく、昔からの蕎麦屋の空間です。

いただいたのは、もり大盛り(704円)。
細めで、わりとしっかりした歯ごたえ。蕎麦の香りもほのかにします。
特別美味しいというわけでもないけど、不味いわけでもない味。
つゆは若干甘めで、蕎麦湯もわりとあっさりしています。
でもこの場所で、普通なものが普通の値段でいただける、
不自然なくらい蕎麦の香りを強調しない、
そして店員さんの下町的な愛想。
これだけでも奇跡な気がします。
私は仕事合間のランチで来ましたが、昼から蕎麦屋で一杯、なんてこともできます。
このお店の最大の魅力は、ここにあるような気もします!

| | TrackBack (0)

中華屋台 一杯屋@渋谷

中華屋台 一杯屋@渋谷
渋谷駅の西側、スクランブル交差点−shibuya109−渋谷マークシティで囲まれた、ディープエリアにあるお店。
雑居ビルの5階にあるのですが、エレベーターは4階まで。
最後の1フロアは、外についている螺旋階段を上がっていきます。
お店は、建物の最上部…本来は物置や機械室なんだろうな、みたいな場所。
細長い空間に、細長いキッチンと客席が並びます。
そして、室内には屋上に上がる梯子が。あやしいです(笑)

290円おつまみなど、安さをウリにしているお店のようですが、ランチは普通の値段。
一部500円ランチもあったりするけど、多分美味しくないんだろうなー…
ということで、無難に鶏とナッツのピリ辛炒め定食(750円)を。
てっきりカシューナッツかと思っていたら、ピーナッツでした。
鶏肉は一度小麦粉か何かにつけて揚げたものを、一緒に炒めてる感じ。
暑い日に辛い料理は、汗こそかくものの、食はどんどん進みます。
味も、可も無く不可もなく、といった感じ。
所々で感じるセコささえなければ、いいお店なんだろうけど。。。

| | TrackBack (0)

道玄坂 漁@渋谷

道玄坂 漁@渋谷
渋谷駅の西側、東急プラザの裏手の飲み屋エリアにあるお店。
よく渋谷は「若者の街」と言われますけど、このエリアは確実に「オヤジの街」です。
そんななかにあるこのお店、間口は狭く、正直ぱっとしません。
ただ一歩店内に入ると、木と石で構成された店内にともる、白熱色の間接照明。
奥のほうは広がりがあり、なかなか落ち着いた感じです。
表とのギャップが面白いです。

ランチでいただいたのは「魚の贅沢御前(1000円)」。
刺身、焼魚、煮魚が一度にいただける、たしかに贅沢な御前です。
しかもどのおかずも、手を抜いていないのがいい!
刺身は新鮮で、安かろうのお店にありがちな、変色や臭いなどのない、ちゃんとしたもの。
煮魚は甘めに炊いたもので、ほっこりやわらかいのがいい感じ。
焼魚は脂がものすごくのっていて、大根おろしとそのままいただくと見事なあんばい。
そして味噌汁にもこだわりが。味噌自体もこだわりのものを使っているらしく、しかも青海苔入り。
この内容で、この立地で1000円とは、パフォーマンスいいです★

| | TrackBack (0)

八山@渋谷

八山@渋谷
お店の名前のとおり、鉢山町にあるお店。
渋谷駅からは、南側、246号を超えて、さらに桜丘町・南平台町を越えたところにあります。
代官山よりは渋谷のほうが近いですが、どこかのんびりとした雰囲気のエリアです。
東京スリバチ学会風に言うと「2級スリバチ」の底の部分になります。

丼などのメニューも並んでいるのですが、基本はお蕎麦屋さんのようですので、蕎麦を注文。
暑いので、冷やしぶっかけそば(850円)に。
はこばれてきたお皿に、びっくり。薬味がたっぷりです!
ミョウガ、シソ、ネギ、大根おろし、生姜、鰹節、海苔、カイワレ、揚げ玉。
そして温玉。
蕎麦自体の旨さ云々を語る段階ではないでしょう。
この暑い日に、このさっぱりとした蕎麦をいただける。
これだけで最高です。
食べるだけで気分転換になるなんて、最高のランチです★

| | TrackBack (0)

カナリア(Canaria)@渋谷

カナリア(Canaria)@渋谷
渋谷駅の西側、109左側の道玄坂をまっすぐ登りきったとこにあるダイニングバー。
外観がガラスの細長い建物の1・2階で、1階はカウンター席、2階はソファ席という構成。
2階席はラウンジっぽい雰囲気で、ソファや照明、壁面のデザインがPOPな感じです。
ランチをいただくには、微妙に落ち着かないかもw

いただいたのは、ローストポークランチ(900円)。
豚肩ロースを塊で焼き上げた、自家製のローストポークです。
何が嬉しいって、このボリューム。
写真だとわかりにくいでしょうけど、横の粒マスタードの粒の大きさと比較すると、その大きさは一目瞭然。
火の通りが絶妙で、ほんのりピンク色がいいですよね。
やわらかくて味もしっかりしています。粒マスタードとの相性もよく、なかなか美味しいです。
サラダが付け合せ程度でなく、どーんと乗っているのも嬉しい限り。
なんとアボカドまで入っているんですよ!カボチャもついているし。
このドレッシングも、ちゃんとした味です。
これにさらに、フリードリンクがついてきます。
コーヒー・紅茶・オレンジジュースなどの一般的なもの以外にも、コーラやジンジャーエール、トニックウォーターまで飲み放題。
炭酸系はバーでよく使ってる、あのホースのようなので自分で注ぎます。
ソファ席がゆったりとしているので、食後にドリンクでのんびり過ごすことできるし。
なかなかいいお店です。

| | TrackBack (0)

勝栄@中延

勝栄@中延
東急大井町線中延駅のすぐ近く、アーケードの商店街からほんの一歩入ったところにあるお店。
とんかつ・ステーキのお店ですが、居酒屋のように縄暖簾があります。
今回は不意打ちの外回りだったので、特に下調べせずに来たのですが、
お店の構えや漂わせる雰囲気などから、ちょっと期待できそうです。
店内にはいると、こじんまりとした世界。力士の手形があったりします。
カウンター席中心のお店で、目のまでとんかつを揚げてくれます。
自信があるからできる形式。
なんか小料理屋というか、お寿司屋さんのようなノリですね。

やっぱり夜が充実しているようですが、ランチもしっかり。
いただいたのはロースかつ定食(1300円)。
薄くからっと揚がった衣。
豚肉への火の通り加減も絶妙で、固くならず、もちっとした食感です。
まずは全体にレモンをぎゅっと絞って、特製ソースでいただきます。うん、美味しい。
せっかくだから、塩でいただきますと…旨い!
肉の旨味といいますか、甘みを感じることができます。
暑い日だから、身体が塩分を欲しているからでしょうか。
暑さを差し引いても、このロースかつは旨いです。
こういうお店や料理との出会いがあると、嬉しいですね★

| | TrackBack (0)

Groots@渋谷

Groots@渋谷
渋谷駅の南側、明治通りを恵比寿方面に向かったところにあるお店。
だいたい、JR新南口あたりでしょうか。
ここまでくると、渋谷駅の改札のひとつから近いとはいえ、駅からちょっと離れた感はあります。
雑居ビルの地下1階にあるお店は、道路から直接アプローチできる形。
オープンキッチンのカウンター席がほとんどの小さなダイニングです。
イタリアンになるのかな??

いただいたのは「ふわふわオムライス(800円)」。
3種類のソースからひとつを選べ、今回はトマトソースをチョイス。
トマトの酸味がぎゅーっと溢れるソースで、わずかにつぶつぶを感じる食感。
ケチャップでは味わえない、本物トマトの感覚です。
肝心の玉子は、崩さずに形をとどめた、厚みのあるもの。
中がふわふわになってて、食べ進むうちに形が崩れてきます。
普通は形を崩して、ふわふわ部分を表に出すパターンですから、ちょっと独特です。
ふんわり具合は、いい感じなのではないでしょうか。
ドリンクこそついてこないものの、カウンターには自由にいれられる冷たいお茶が用意されているので、
これで十分です★

| | TrackBack (0)

L.S Cafe@清澄白河

L.S Cafe@清澄白河
半蔵門線清澄白河駅の出入口そば、清洲橋沿いにあるカフェ。
オーガニック系のお店らしく、店頭にはフレッシュな野菜が並べられてます。
店内にも糖度の高いトマトが冷ケースに並べられていたり、こだわりのドレッシング、ヒマラヤの岩塩などが売られていたりと、食に対するこだわりがかいま見れます。
お店自体はオシャレなテイストを出しつつも、木を多用しているためか、ほっこりした空間。
天井の高い開放的な造りで、通りに面する部分は天井までつづく大きな窓ガラス。
道行く人々を眺めながらゆっくり過ごすことができます。

ランチでいただいたのは、米沢ポークオリジナルソース(850円)。
豚肉は、ヒマラヤ岩塩と胡椒でソテーしただけのシンプルなもの。
シンプルなだけに、肉の柔らかさ、脂身の旨さ、岩塩の含むミネラルがひきたちます。
さらには、オリジナルのトマトソース。
恐らく、売りにしているトマトを使っているはず。
適度な酸味と甘み、さらに深い旨み。
このソースが、豚肉の旨味を引き出しています。
添えられた野菜たちはみな新鮮で、箸休め的なものではなく、準主役といってもいいくらい。
この値段でこれを出されちゃ、ほっておく訳にはいかない内容です!

| | TrackBack (0)

澤乃井@渋谷

澤乃井@渋谷
渋谷駅の東側、宮益坂をのぼりきったところにある釜あげうどん屋さん。
一見チェーン店のような、安っぽいつくりのお店ですが、
前店主が宮崎うどんの名店「重乃井」で修行し、昭和59年に開業したお店です。
色あせた色紙がずらーっと並んでいるのも、このお店が長年にわたって愛されている証拠です。

いただいたのは、梅豚うどん(850円)。
細めのもっちりうどんは、1日熟成させたもの。
ダシは昆布、鰹節、椎茸だそうで、口から鼻にすーっと抜ける香りが実にかぐわしいです。
醤油は宮崎ヤマエ醤油を使用。本家よりは濃い目っぽいですけど、暑い夏には程よい塩分。
これに梅干が加わり、酸味が絶妙なアクセントになってます。
ここのうどん、あなどってはいけませんよ!

| | TrackBack (0)

いなば@渋谷

いなば@渋谷
渋谷駅の南側、246号をこえた桜丘町にある小さな居酒屋。
この地に店を構えて31年。
渋谷にサッカー協会があった縁で、いつしかサッカーファンの集うお店に。
店内に飾られる、サインやユニフォームなどのサッカーグッズの数々。
最近でこそ、サッカー観戦で盛り上がるお店も多いですが、ここはまさに老舗。
そんなお店が、この9月に閉店することになったそうで、営業しているうちに行ってきました。

以前は牛タン料理が中心だったのですが、狂牛病以来普通のお店に。
それでも、麦飯、とろろの組み合わせは、今でもかわらずです。
いただいたのは、黒豚ロースとんかつ定食(900円)。
久しぶりの来店だったのですが、この雰囲気、この味。かわりませんね。
私が新入社員の頃によく来たお店だから、懐かしいです。
珍しく、料理の写真を撮るのを忘れました。
でも、お店の風景はしっかりと。
この雰囲気こそ、記録しておくべきものだから。

| | TrackBack (0)

The Cream of the Crop Coffee@渋谷ヒカリエ

The Cream of the Crop Coffee@渋谷ヒカリエ
コーヒー工房が自宅の近くにあるのですが、工房で豆を焙煎してから、ベストなタイミングで提供しているのが、ここ渋谷ヒカリエにある店舗。
工房では、数十種類のなかから厳選したコーヒー豆を、これまたこだわりの焙煎機にかけているとか。
お店で新鮮な豆を挽き、目の前でドリップ、入れたてをいただくことができます。
いただいたのは、何も考えずにドリップコーヒー(400円)。
あとで考えたら自分で種類を選んでもよかったのかしら、と思いつつも、いただいたコーヒーは酸味が結構きいていて香りもよく、苦みが少ないという美味しいものでした。
カップの大きさもそれなりにあり、味・こだわりに加え立地も考えるとかなり良心的な値段だと思います。
関係ないけど、お店のロゴがカワイイです。

| | TrackBack (0)

« July 2012 | Main | September 2012 »