« October 2011 | Main | December 2011 »

ヴァンテオ@渋谷

ヴァンテオ@渋谷
渋谷駅の西側、東急本店の右側の道をさらに進むと、そこは最近脚光を浴びる神山町。
その入口ともいえる場所にあるのが、このフレンチレストランです。
NHKの裏側近く、というほうがわかりやすいかな?
半地下にあるお店は昼間でも落ち着いた明るさ。
電球色のほの明るい照明が、いい雰囲気を作りだしています。
内装も木や石などナチュラルテイストで、とても落ち着きます。
何よりも、ほどよい狭さが、ほっこり感を産み出します。

ランチでいただいたのは、「鴨肉のハンバーグデミグラスソース 玉子のせ」(900円)。
ワンプレートですが、かなりの大きさのハンバーグです。
で、これにナイフを入れると。。。じゅわっと肉汁が溢れます。本当に溢れ出てきます。
鴨肉ってこんなにジューシーなの!と驚くほどの溢れっぷり。
そして、お肉は臭みもなく、鴨肉特有の香りがほんのりするものの、いい感じで処理されてます。
こんなに贅沢なハンバーグが900円でいただけるなんて、パフォーマンスいいです!!

| | TrackBack (0)

大内@渋谷

大内@渋谷
渋谷と表参道の間のエリアは、たとえ渋谷駅に近かろうと青山な雰囲気が漂います。
やっぱり青学があるからでしょうか。
たとえそれが、インフォスタワーのすぐ裏側でも。
今回訪れたお店も、そんないっかくにあります。
まわりにはオシャレなイタリアンやカフェやらが並んでるなか、1軒だけ間口の狭い地味なお店が。
それこそが、ここ大内です。
店内はちょっとレトロな民芸調な雰囲気。
「オーガニック鮨レストラン」というかわった肩書きをもつこのお店、
夜しかやってないと思い込んでたら、なんとランチもやってました。
しかも、私の手のとどく範囲の値段で!

ということで、何のためらいもなくお店に入りました。
ランチには数千円する握りも用意されていましたが、一般的会社員な私は、海鮮ちらし「そよよ」(1000円)を注文。
運ばれてきたちらし寿司は、なかなか美味しそう。
切り身がものすごく優しい味なのは、包丁さばきの違いなのでしょうか?
それとも、店主がこだわりぬく食材のおかげ?

オーガニックとうたうだけあって、とにかく食材にはこだわりが。
しゃりは有機農法米。
お酢は醸造アルコールを使わない天然醸造酢を使用。
醤油はもちろん添加物を使用しない国産丸大豆で作られたもの。
塩はフランス産自然海塩とモンゴル産塩湖の塩をブレンドしhた天然塩。
卵は広々とした鶏舎で育った鶏の有精卵。
ガリも国内産生姜に純米酢・オーガニックシュガーを使用したもの。
そして主役の魚は毎日築地で仕入れたもので、すべて天然もの。
マグロももちろん生の近海物。

この小さな器の中には、ものすごいこだわりが凝縮されています。
このこだわりを考えると、かなりパフォーマンスのいいちらし寿司です。

| | TrackBack (0)

マンドゥーカ@渋谷

マンドゥーカ@渋谷
渋谷駅西口、スクランブル交差点を渡り北側に線路と平行に進んだ、タワーレコードの手前にある「LUMINE MAN」。
最近は有楽町にLUMINEができて「駅ソト初進出」などと言ってますが、実はここ渋谷のほうがもっと先に駅ソトに出てます。
そんなお店の1階、道路に面して入居しているのがこのお店。
全体的にウッディでナチュラルテイスト。ソファーまで茶系という徹底ぶり。
高い天井が気持ちよく、床に高低差をわざとつくって空間を演出しています。
演出といえば中庭スペースがあったり、道路に面している部分も歩道より高くなってたりして、いろんな工夫がされてます。

そんなお店でいただいたランチは、「三元豚のグリル エスニックジンジャーソース」(950円)。
ソースはエスニックジンジャーって感じではなかったけど、
豚肉はいい感じでグリルされていて、いい感じで焦げた特有の香りがします。
ご飯は白米と十穀米が選べます。もちろん十穀米をチョイス。
ドリンクもついてくるので、フレーバーティーをチョイス。
ドリンクの選択肢が多いのが嬉しいです。
全体的にバランスのとれた、好印象なランチ。
場所や空間の居心地を考えると、パフォーマンスいいのではないでしょうか。

| | TrackBack (0)

寿徳庵@金沢文庫

寿徳庵@金沢文庫
寿徳庵@金沢文庫
昨夜行ったお店です。
金沢文庫駅から山側に入ったところ、恐らく旧道と思われる道沿いにあるお店。
周辺は普通の住宅地ですが、直前に行った「赤井温泉」のすぐそば、ということでこのお店に決定。
お店自体はこじんまりとしつつも、いろり席があったりと味のある雰囲気。
道路からも、蕎麦打ちの様子を見ることができます。

新蕎麦の季節ですので、ここは十割蕎麦(900円)を。
北海道産の蕎麦を自家製粉たもので、もちろん手打ちです。
十割蕎麦特有の、ややぬるっとした舌ざわり。
香りもいいです。
つゆは2種類で、ひとつは大根おろし。ぴりりとした感じがいいアクセントです。
もうひとつは、普通のつゆ。濃すぎずちょうどいい感じ。蕎麦の美味しさを十二分に引き出してくれます。
蕎麦をいただいた後の蕎麦湯がものすごく濃厚で、真っ白とろっとしてるうえに、蕎麦の香りもしっかり。
蕎麦湯にしっかりと味がするのがいいです。
そしてこのお蕎麦についてくる、蕎麦粥。
軽くとろみがきいており、薄い塩味がちょうどいいあんばい。
蕎麦粥までついてきてこの値段とは、パフォーマンスいいです。

いつもだったら2枚いただくところですが、
メニューにのってた「そばいなり(500円)」が気になったので、こちらをオーダー。
想像とおり、いなり寿司の、ごはんの代わりに蕎麦が入っているパターン。
寿司というだけあって、中には大量の蕎麦はぎゅっと凝縮。
甘めの醤油味のお揚げの味が、蕎麦にまでしっかりと染みています。
なかなか食べ応えもあり、新鮮な感覚でした。

| | TrackBack (0)

能見堂赤井温泉@横浜市金沢区

能見堂赤井温泉@横浜市金沢区
八景島シーパラダイスの帰りに立ち寄ったのが、この温泉。
金沢文庫の住宅地のなかにあって、銭湯として機能してる様子。近所の人達が日常的に使ってるようで、地域密着型のお風呂です。
お値段も450円と銭湯価格。
泉質はナトリウムー炭酸水素泉・塩化物泉で、pH8.02と弱アルカリ性。
お湯は茶色を通り越して墨のように真っ黒。ちょっと足を入れただけでも、足の先がもう見えなくなります。
成分かなり濃いです。
鉱泉なので沸かしてるのですが、成分が濃いせいか、かなりあたたまります。
風呂あがりに薄着で外歩いても、湯冷めしません。

レトロな雰囲気が懐かしい銭湯でした。

| | TrackBack (0)

イルミネーション@八景島

イルミネーション@八景島
ペンギンによる点灯式がすっごくかわいかった!

| | TrackBack (0)

イルカさん@八景島

イルカさん@八景島
イルカの親子。癒されます★

| | TrackBack (0)

アザラシ@シーパラ

アザラシ@シーパラ
かわいいですっ!!!

| | TrackBack (0)

カゴメの株主優待

カゴメの株主優待
毎回楽しみにしてるカゴメの株主優待が、今日届きました〜
今回はイタリアントマト鍋、ケチャップ、太陽のトマトハヤシ、野菜生活100オリジナル、野菜生活100伊予上柑ミックス、野菜生活100ブラッドオレンジミックス。
トマト鍋はチーズを加えていただきたいですね★

| | TrackBack (0)

らーめん七志@渋谷

らーめん七志@渋谷
渋谷駅の西側、道玄坂の途中にあるお店。
複数店舗で展開しているようですが、ここ渋谷のお店が本店のようです。
1階はカウンター席中心、2階はテーブル席という構成。
お店のカラーは黒のようですが、店内の雰囲気は明るいです。

いただいたのは、「七志ラーメン」(700円)。
お店の名前がつく…ということは、一番基本のラーメン。
豚骨ラーメンですが、中太ストレート麺というめずらしい組み合わせ。
スープにはゴマとニンニクの焦がし油が入っていて、これがいい香ばしさ。
ただスープは濃い目ではあるけれど、普通といえば普通の味。
美味しいの?美味しくないの?と聞かれれば、まぁ美味しいほうかな。
でもベーシックなスープだからこそ、焦がし油が引き立つのでしょうね。

| | TrackBack (0)

MOVE CAFE@新宿

いつも渋谷ばっかり書いてますが、たまには新宿にも出没します。
かといって、詳しくない…というか全く知りませんが(汗)
ということで、半ば飛び込みのような感じで入ったのがこのカフェ。
新宿五丁目の交差点すぐとのことですが、その交差点がどこかもわからない(笑)
ついてみて、「あぁ花園神社のすぐそばね」と知る次第。

細長い古い建物で、1階はシルバーアクセサリーのお店。
カフェは2・3階の2層になっていますが、2階は厨房が独占。
平行して、カウンター席が並んでいる程度です。
メインの客席は3階。わりとこじんまり。
ちょっとした個室のような部屋があって、なんか隠れ家っぽくて楽しそうな席。
ナチュラルな手作りリノベーション感があふれてます。
壁に展示されている絵がかわいくて、いい雰囲気。

ここでいただいたのは、MOVEシトラスティー(700円)。
レモンとミントのすっきり感がいい感じ。癒されます。
癒されるといえば、ろうそくの火をのんびり眺めてるのも、いいですよね。

| | TrackBack (0)

だれんち@渋谷

だれんち@渋谷
渋谷マークシティの横にあるお店。
マークシティと246に挟まれたエリアは、
駅に近い場所は繁華街だけど、このお店のある高台は、閑静なエリア。
オフィスがあったり、ちょっとしたカフェや飲食店があったり。。。
「だれんち」もそんなお店の1軒です。

半地下の階段を下りてお店に入ると、目にとびこむのは大きな厨房の鉄板。
そう、こちら鉄板焼きのお店です。
夜はいろんなメニューが用意されているけど、昼はシンプルに数種類のみ。
そのなかから今回は、「ポークステーキ定食(950円)」をオーダー。
ソースは4種類からえらべ、おろしぽん酢をチョイス。

運ばれてきたのは。。。ボリュームのあるお肉。
さらにその上には、たっぷり大根おろしとたっぷりシソの葉。
これだけあると、豚肉のボリュームにもかかわらず、あっさりといただくことができます。
肉質はそれほどでもないにしろ、このソース(大根おろし)で豪勢なランチに見えます。
食後は、セルフ式のドリンクで。
今回は、オレンジジュース、アイスコーヒー、アイスティーが選べました。

| | TrackBack (0)

Paris@渋谷

Paris@渋谷
渋谷駅西口。ハチ公広場前のスクランブル交差点を渡った、マークシティ近くのエリアは、
昔ながらの闇市の雰囲気が今でも感じられるエリア。
ごちゃごちゃした道路に、パチンコ屋や大衆酒場、アダルト系のお店などが軒を連ねます。
そんななか、時間が止まったかのように1軒の喫茶店が営業しています。
木のレトロな雰囲気の店内。
喫煙OKなためか、店内はタバコの煙で溢れています。
あまりにくもったときには、ドア開けて換気してましたがw

そんな喫茶店ですが、コーヒーにはこだわり。
ちゃんとサイフォンでいれてくれます。
いただいたのは、ブレンドコーヒー(450円)。
程よい苦味と酸味が、悪くないです。
カップやお皿をよく見ると、お店のマークのバラの花が。
そういえばこのカップ、丁寧に扱われています。

最近、こういうピュアな喫茶店って少なくなってきましたよね。
貴重なお店です。

| | TrackBack (0)

三年 ぶた蔵@渋谷

三年 ぶた蔵@渋谷
タワーレコードのななめ向かい、坂をパルコ方面に向かう途中にあるお店です。
名前のとおり、豚肉をメインにしているお店。
夜は三河ポークなどのブランド豚を扱うお店のようですが、
昼はカジュアルな豚肉料理がならんでいます。

ランチでいただいたのは、「帯広ぶた丼(680円)」。
まず何がいいって、こういうお店でこの値段設定。
そのうえ、あふれんばかりのお肉。しかも炭火焼きときたもんだ。
炭火焼き特有のこうばしい香りがします。
味は甘くなくがっつり醤油系。だから玉ねぎとの相性もばっちり。
七味をかけながらいただくも良し。
最後まで、美味しくいただきました。

| | TrackBack (0)

松濤つね松@渋谷

松濤つね松@渋谷
渋谷駅の西側、東急本店を右側に進んだ、アップリンクのすぐ先に最近できたお店。
和食のお店のようで、夜はそれなり…な気もするのですが、ランチは普通にいただけます。
テラス席があったり、スタイリッシュな内装だったりと、老舗の和食屋さんとは違ったイメージです。
ただ、カウンター越しに見える厨房の板前さんのオーラはなかなかなもので、夜の料理が気になります。

ランチでいただいたのは、日替わり定食(1200円)で、今回は「しまほっけ」。
大ぶのお魚は脂がのってて美味しいです。絶妙な焼き加減なのが嬉しいです。
嬉しいといえば、おしんこの糠漬けや味噌汁と言って出される豚汁。
これらも丁寧な仕事しています。
豚汁なんて、これでもかというくらい具沢山。豚肉もいっぱい。
ご飯や豚汁がおかわりOKなのも嬉しい限り。
これだけの内容だったら、ついご飯進んでしまいますもん!
食後にはデザートまで用意されてます。
このデザートも、小ぶりながらもきちんとしたもので、美味しかったです。

お店のテイストからか、お客さんはどちらかというと年配の方が多かったです。

| | TrackBack (0)

長崎飯店@渋谷

長崎飯店@渋谷
渋谷駅の西側、道玄坂をのぼっていくと、左手に古い建物があります。
新大宗ビル。
この不思議な建物の、不思議な場所に、昔から続くこの中華屋さんがあります。
いや、メニューこそあれど、実質「ちゃんぽん・皿うどん」のお店です。
そんなお店なので、メニューは迷いません(笑)

今回ランチでいただいたのは、皿うどん(850円)。
同じ値段でランチセットとしてご飯・おしんこがついてきますが、ただでさえボリュームがあるので単品でオーダー。
皿うどんは硬麺と柔らかい麺があるのですが、もちろんからっと揚げた硬麺を。
運ばれてきて驚くのは、そのボリューム。山になってます。
味のほうは、鶏ガラベースの塩味あんがかかっていて、タコ・イカ・カキ・アサリなど海鮮系の具が充実。
お酢をぐるりとかけると、味がマイルドになります。
辛子を入れると、ぴりりといいアクセントになります。
美味しいかどうか?と聞かれれば、普通かなぁ。
リンガーハットの皿うどんが好きな人には、同じく美味しいと思います。

店内に貼られた、色あせたグラバー邸のポスターが「長崎なんだよっ」って主張しているようでした。

| | TrackBack (0)

Shateau T.S(シャトーT.S)@渋谷

Shateau T.S(シャトーT.S)@渋谷
渋谷駅東口のすぐ北、みずほ銀行の隣のビルの地下にあるお店。
駅からの距離を考えれば一等地ですよね。
でも地下にあるせいか、なんとなく地味といいますか、私も何度も通り過ぎていました。
一応表にも看板出てるんですけどね。

階段を下りていくと、明るい昼の世界から、薄明るい落ち着いた雰囲気に。
ワイン倉庫をイメージしているのでしょうか。ワイン樽やビンが並ぶ店内です。
割といい雰囲気で、それなりに賑わっています。

いただいたのはハンバーグで、「ベーコン・チーズ・ジャガイモのクリームのデミグラスハンバーグ季節の野菜沿え」。
セルフサラダ、フリードリンクがついて1000円です。
味のほうは、まぁまぁかな。
注文してからすぐ出てきたから、ランチ用にあらかじめ用意してあるものなのでしょう。
サラダは野菜6種にドレッシング3種。
コブサラダドレッシングはなかなか美味しかったです。

一応禁煙席・喫煙席がわかれているのですが、割合は喫煙席のほうが多いです。
とくに仕切りがあるわけでもないから、煙モクモク。
駅近・フリードリンクということも考えると、愛煙家にとっては嬉しいお店かもしれませんね。

| | TrackBack (0)

プチ・ゾウ(Petit Zou)@あざみ野

プチ・ゾウ(Petit Zou)@あざみ野
用事があって田園都市線のあざみ野までやってきました。
ちょこっとだけ時間あったので、せっかくなのでお茶でもしようかな♪
駅の近くでどこかないかなーと急遽探してみつけたのが、このお店。
外が気持ちいいので、テラス席に座ることに。
このエリアらしく、テラス席と一部の店内席は、ペットOKとのこと。
道路に面したテラス席でのんびり過ごすの、気持ちいいです。

いただいたのは、「和栗カスタードシュー」
栗のペーストが入っていて、栗のつぶつぶ入りです。
この食感がいい感じ。
クリーム自体は濃厚だけどしつこくない甘さ。
和栗のほっこりとしたやさしい甘さがいい感じです。
なんでも、スタッフが栗の皮をひとつずつむいて作ってるんですって。

それにしても、田園都市線の街って、どうしてこんなオシャレなお店が多いんでしょうね。
人工的な街の雰囲気はどうもしっくりこないのですが、
こういうお店がいっぱいあるのは、うらやましいです。

| | TrackBack (0)

TEAMまこぷり@TWS本郷

TEAMまこぷり@TWS本郷
先日からTWS本郷で開催されている「会田誠 美術であろうとなかろうと」展のオープニングレセプションに行ってきました。
一人くらいは見知った人いるかなーと思って顔だしたら、ご無沙汰な人にお会いしました!

…で、写真はまこぷりこと渡辺真子さん。先日のシブカル祭。にひきつづいてお会いしました。
彼女を中心として作られた作品。後ろにある、れっきとしたアウトドア用テントが、すごい世界になってました(^_^;)

| | TrackBack (0)

マダムシェンロン@有明

マダムシェンロン@有明
ビックサイトで用事があるので、せっかくだから近くでいいお店ないかな。。。と探したところ、
有明ワシントンホテルの20階にあるこのお店がヒット。
高層階にあるだけあって、眺めがいいです!
あいにくの天気ではあるものの、有明テニスの森・お台場・レインボーブリッジ…と一望できます。
この開放感はいいですよね。

このお店、坦々麺が有名とのことなので、迷わずに坦々麺セット(1180円)をオーダー。
坦々麺のほかに、豚の角煮と杏仁豆腐がついてきます。
坦々麺自体も、麻辣坦々麺・四川坦々麺・無辣坦々麺から選べるそうで、今回は麻辣坦々麺をチョイス。

運ばれてきたのは…汁なしの坦々麺。
わりかし細めの麺のうえには、かぼちゃと豚肉がのっています。
ぐりぐりっとかきまぜて、辛味噌のたれををまんべんなく絡めてからいただきます。
まず、この辛さに驚き。いや、メニューにはちゃんと激辛って書かれてるんですけどね。
ラー油と四川山椒がぴりりと利いてます。
それと、麺が細いわりにはモチモチしてる不思議な食感。この意外性がいいです。

今日みたいな寒い日には、こんな身体が温まるランチが似合います。

| | TrackBack (0)

Cafe Belami@渋谷

Cafe Belami@渋谷
渋谷区役所の裏手、NHKの職員用の入口の前にあるお店。
看板はいまどきのカフェっぽいのですが、一歩店内にはいると、そこは昭和の世界。
昔ながらの喫茶店です。
お客さんは常連さんが多いみたいで、地元の人だったり、役者さんっぽい人だったり。
なんか、みんな居心地よさそうです。

で、いただいたのは喫茶店王道メニューのカレーライス(1050円)。
出てきたのは昔ながらの、いわゆる日本のカレー。辛口です。
なかなか旨いっす。
決してインドカレーやら欧風カレーやらネパール風やら、なんてものではないです。
ご飯にかけていただく、あのカレーライスです。
それこそ、「ベラミカレーライス」。
たまにはこういうカレーも食べたくなります!

そうそう、セットについてくるドリンクをホットコーヒーにすると、
ちゃんとサイフォンでいれたコーヒーが出てきます。
このあたりも、喫茶店としてのこだわりかしら。

| | TrackBack (0)

油そば商店 油坊主@渋谷

油そば商店 油坊主@渋谷
渋谷駅から東急本店に向かい左側、ドンキを過ぎたところにあるラーメン屋さん。
賑やかなエリアからちょっと離れますが、この辺りにも、ぽつぽつと飲食店があります。

お昼はランチ(650円)もあるのですが、今回は「塩 肉のせ油そば」を大盛りで。
通常980円のところを、大盛りで100円追加。
単なる「塩 油そば」が680円なのを考慮すると、それなりの値段なので、躊躇しますが。。。
ただ、お肉は高いだけあります!
ちょいと厚めの炙りチャーシュー。柔らかくていい香りして、食べ応えありです。
肝心の麺は、中太麺。
丼の底に塩タレが入っているので、ぐるぐるっと混ぜていただきます。
味の感想は…「塩やきそばみたいな感じ!」
元々塩やきそばが好きなだけに、この味は私好み。
嬉しく食べ進んでいくと、店員さんから「お酢や七味を加えて味を変化させても美味しいですよ」。
早速お酢を投入。油そばなだけに元々油っぽかったのが、一気にマイルドな感覚になります。
これで、食べ進むハードルが一段下がります。
そしてさらに、七味投入。ピリ辛感が、食欲をそそります。

なかなかいい油そばです。
しいて言えば、値段かなぁ。。。

| | TrackBack (0)

魚幸@砂町銀座

魚幸@砂町銀座
砂町銀座といえばここ!というくらい有名なお寿司屋さん。いつ行っても行列があり、今日のランチでも並びました。休日ならともかく、平日ですよ!?
商店街のなかに鮮魚店がありますが、夕方には売切れになるくらい。仕入れもしっかりしているようですね。
いただいたのは厳選海鮮丼(1890円)。
どーんとイクラやウニ、ネギトロ、カニ、サーモン、えんがわ、サンマ、赤貝、穴子、エビ…とにかく盛り沢山。
山盛りになってますが、ご飯じゃないんですよ。ネタで盛り上がってるんです!
味のほうはもちろん!かなりのボリュームですが、最後まで美味しくいただきました★

せっかくだから握りもいただきたいので、ご奉仕品の本まぐろ315円を。大トロ、マジでうまいです。口の中で溶けるっていうのを初めて体感しました!

| | TrackBack (0)

スイーツ&カフェ ルクプル(Sweet & Cafe Le Couple)@砂町銀座

スイーツ&カフェ ルクプル(Sweet & Cafe Le Couple)@砂町銀座
VIVA!下町!な砂町銀座になぜかある、こ洒落たカフェ。白と木を基調とした店内で、赤い椅子がアクセントになってます。
厨房の様子が木の壁の間の、横に細長くのびる窓から見えます。
厨房横の長い廊下を抜けると客席。窓の外には小さいながらも気持ちいいテラス席があったので、迷わずこの席へ。写真だと暗く写ってるけど、実際は明るくて気持ちいいです。

いただいたのはストロベリーレアチーズケーキとコーヒー。
甘さ控えめでおいしい!
シンプルだけど、手作り特有のやさしい雰囲気が伝わってきます。レアチーズ特有のクセもマイルドな感じで、なかなかいいです。

買い物で、買い食いで疲れたら、迷わずここへ(笑)

| | TrackBack (0)

418KAMIYAMA@渋谷(神山町)

418KAMIYAMA@渋谷(神山町)
渋谷駅の西側、東急本店の右側の道をまっすぐ進んだところ。
住所でいうと神山町で、代々木八幡とのちょうど間くらいでしょうか。
ここまでくると、いわゆる渋谷のテイストではなく、落ち着いた、でも最近ちょっとオシャレなテイストです。

お店の奥はちょっと低めの天井。コンクリート打ち放しの壁に木のカウンター。床もフローリングで、ちょっと暗めの電球と落ち着いた雰囲気。
対照的にお店の入口は天井は高く、壁だけでなく床もコンクリート打ち放し。道路に面した部分は窓ガラスで、開放的で明るい雰囲気です。
なかなか居心地のいい店内。

夜はキャッシュオンデリバリースタイルになるようですが、昼は普通にランチをオーダー。
3種類程度あるなかから、パンのランチ、ということで「チェダーチーズバーガー(980円)」をオーダー。
いわゆるグルメバーガーとまではいかないまでも、お肉美味しかったです。肉汁溢れるようなタイプではなく、お肉をしっかり味わう感じ。
フレッシュなトマトとレタス、チーズがいい感じです。

写真に写っている、お水の入ったグラス。お店のロゴがしっかりと書かれていて、これがまたオシャレ。
セットになってるドリンクのなかからアイスコーヒーをいただいたんだけど、きちんとコーヒーの香りがして、なかなか美味しいです。
きいてみたら、ちゃんとエスプレッソマシンで抽出してるんだって。
こういう細かい点でも妥協してないのが、いいですね。

| | TrackBack (0)

WIRED CAFE<>FIT@渋谷

WIRED CAFE<>FIT@渋谷
この週末は、渋谷区民まつりでバタバタ…
でも、いろんなブースを食べまわって、それはそれで楽しかったです。
自分のブースでも、子ども達の笑顔がステキだったし★

じつは休憩時間には、食べ歩きだけでなく、ちょっと落ち着きたいなーということで、
会場に隣接した場所にある、こちらで一休みしてました。
最近のWIRED CAFEは大きいところが多いけど、ここは小ぶりで居心地いいです。
芝生の見える隣の部屋ではヨガやってた。なんか気持ちよさそー。
隣の席では、音楽関係の面接やってたりして。
ガレージみたいな空間は、不思議と落ち着きます。

いただいたのは、ドリップコーヒー(380円)。
マグカップでたっぷりのカフェ。
ほっと一息。いいね!

| | TrackBack (0)

豚丸@渋谷

豚丸@渋谷
渋谷駅の西側、道玄坂をのぼる途中にあるお店。
お店の構えからすると、吉野家のようなチェーン店なのかな?
基本カウンター席というのも、チェーン店っぽい気がするのですが。。。
こちら、帯広豚丼のお店で、お肉が数種類あって、それを選びます。
玉子などのトッピングも可能みたい。
ごはんの量は小(200g)・中(300g)・大(400g)・特(500g)と選べ、どれでも同じ値段。
いっぱい食べる人には嬉しいけど、少なめで注文するとなんか損した気分。

そんな感じで、いただいたのはバラ丼(650円)のごはん中盛り。
豚肉は吟味のうえ選んだ「つくば三元豚」を使用してるとのこと。
焼きすぎず、柔らかい食感がいい感じです。
甘辛い、うなぎのタレみたいな味で、量があるのでずーと食べてるとちょっと飽きてくるかも。
で、七味・山椒・黒胡椒と薬味を変えながらいただくことに。
こうすると、味のバリエーションといいますか、変化を楽しみながら味わえます。
こんな食べ方もあるんだーと勝手に作ってみました。

一度、本場の豚丼食べてみたいなー。。。

| | TrackBack (0)

紅あぐー

紅あぐー
以前にも紹介した、沖縄の「がんじゅう」さんが生産したブランド豚「紅豚」。
その生産者が、更なる美味しい豚肉を追求してできたのが、この「紅あぐー」。
今回は、その生産者を囲んで、紅あぐー豚のステーキをいただく機会があったので、参加してきました。

正直な感想を言うと、「うまい」。
豚肉特有の臭みなんて、全くありません。
それどころか、脂身の旨さがたまりません。
肉汁したたるジューシーさで、赤身もやわらかくて美味しいです。
岩塩でいただくと、旨さがさらにひきたちます。
とにかく豚肉の概念をくつがえす旨さです。

そして、この生産者親子がいい人なんです。
実直で美味しさを追求する研究熱心なお父さん。
そしてそんな姿を見て、応援すべく販路展開を図る娘さん。
今回も、このお肉に対する想いを手書きで綴った「続・紅豚物語 紅あぐー編」という冊子をいただきました。

そして、紅あぐーを通じて繋がる仲間たち。
こういう機会に恵まれて、シアワセです。

| | TrackBack (0)

ちんとんしゃん@渋谷

ちんとんしゃん@渋谷
渋谷駅の西口、道玄坂を少しのぼったところ、ユニクロの裏あたりに細い路地があります。
その名も道玄坂小路。
この辺りは昔はバラックといいますか、小さなお店が密集していたエリアで、恋文横丁などもこの辺りにありました。
そんな当時の面影をなんとなく残すのが、この道玄坂小路。
その入口にあるのが、この沖縄料理のお店です。
考えてみると、渋谷には沖縄料理のお店が多くない?目立つだけ??

店内は普通の沖縄の居酒屋。
オリオンビールのちょうちんがぶら下がって、壁にはお客さんの写真がいっぱい。
夜は盛り上がるんでしょうね。
ランチメニューもよくよく見ると、ランチビール(390円)なんてのもあるし。
私を誘惑するんじゃないよー(汗)

ランチでいただいたのは、自家製ミートのタコライス(700円)。
サルサソースといいますか、ソースがいい感じでピリリと辛いです。
こういうのが、食欲を進めるんですよね。
お肉もいっぱいで、焼きチーズもたんまりで、食べ応えあります。
中央のチーズの下には、さらに半熟卵が。
混ぜるとまろやかな味になって、なかなか美味しいです。
ひとつの料理で、2つの味が楽しめるのはいいですよね。

おまけ情報ですが、出されたお茶はさんぴん茶でした。
この辺り、ちゃんとこだわっている姿勢が素敵です。

| | TrackBack (0)

とん豚彩台所屋@渋谷

とん豚彩台所屋@渋谷
渋谷駅の南側、桜丘町にあるお店。
246号を渡ってすぐの辺りは飲食店も多く、このお店もそんなエリアにあります。
看板こそ大きく出ているものの、お店の入口といいますか、ファサードは目立ちません。
ドアが木製で中が見えないので、「本当にここでいいの?」「今日お店やってるの?」と心配になりながら、そーっとドアを開けました。
あけた途端目にしたのは、賑やかな店内の様子。活気あります。
さすが韓国料理だねーと思いつつ、案内された席へ。
店員さんは韓国人、周囲のお客さんも韓国人で、ハングルが飛び交ってます。
たまたまでしょうけど、なんか本場の韓国にでも来たかのような気分です。

いただいたのは、石焼ビビンバ(780円)。
熱々の石の器に、ビビンパが運ばれてきます。
あとはこれに辛味噌をお好みで入れて、ぐりぐりぐりとかき混ぜます。
軽くカリカリになるご飯がいい感じ。
味のほうは平均的な美味しさ。
うーん、素直にスンドゥブチゲとかにすればよかったかなー。
まわりの韓国人、誰も石焼ビビンパなんて食べてなかったし。。。

| | TrackBack (0)

« October 2011 | Main | December 2011 »